車のメンテナンスやタイヤ交換を行うときに便利な「フロアジャッキ」。簡単に車を持ち上げられるので、普段目にできない箇所も気軽に点検できます。最近ではさまざまなフロアジャッキが発売されているため、何を基準に選べばよいのか迷いがちです。

そこでこの記事では、おすすめのフロアジャッキをピックアップ。選び方やおすすめのメーカーについても解説しますので、ぜひチェックしてみてください。

フロアジャッキとは?

By: amazon.co.jp

「フロアジャッキ」とは、油圧の力で車やトラクターを持ち上げる工具のことです。レバーを動かすだけで車体が持ち上がるので、整備工場にあるような専門の機械がなくても車の整備やタイヤの交換ができるのが魅力です。

一方で、フロアジャッキは使用方法や環境に注意しないと事故につながる工具なので注意が必要。タイヤ留めとジャッキスタンドでしっかり車を固定し、傾斜地を避けてかならず平坦な地面で使うようにしましょう。

フロアジャッキの選び方

最低位と最高位の高さをチェック

By: amazon.co.jp

フロアジャッキを選ぶ際には、最低位と最高位の高さをチェックしておきましょう。最低位とはフロアジャッキ本体の高さのこと。最低位が高いと、場合によっては車高の低い車や農機などを持ち上げられないことがあるので注意が必要です。

一方の最高位は、車をどこまでの高さまで持ち上げられるのかを表しています。最高位が高いほど車と地面の間に広いスペースができ、作業を効率よく行うことが可能です。

耐荷重をチェック

By: amazon.co.jp

フロアジャッキは、アイテムによって持ち上げられる重量の限度が違います。多くのモデルは普通乗用車が持ち上げられるように1〜2tで設定されていますが、大型車両の場合、3t以上に対応したモデルを選ぶ必要があります。普段乗っている車両の重量に合わせてアイテムを選ぶのがおすすめです。

また、車両を持ち上げている途中に挟まれてしまうなどの事故を防ぐためにも、最大耐荷重は余裕を持って考える必要があります。例えば普段乗っている車が2tの場合は、2.5〜3tのモデルを選択するのがポイントです。

耐久性をチェック

By: amazon.co.jp

車体を持ち上げている最中にフロアジャッキが破損してしまうと、大きな事故につながる可能性があります。そのため、フロアジャッキを選ぶ際には、耐久性もチェックしておく必要があります。

なかでも確認しておきたいのが材質です。スチールでできたモデルや鉄製のモノは耐久性が高いのでおすすめ。また、携行する前提で購入を検討している方は、耐久性と軽量性の両方を併せ持つ、アルミとスチールのハイブリッドモデルがおすすめです。

フロアジャッキのおすすめメーカー

大橋産業

By: amazon.co.jp

「大橋産業」は、1957年に立ち上げられた大阪府にある自動車用品メーカーです。日本国内のみならず中国本土や台湾にも進出しています。

大橋産業で主に扱っているのは、ドライブレコーダーやエアーコンディショナーなどの車内用品と、ジャッキやけん引ベルトなどのメンテナンス用品です。なかでもフロアジャッキは油圧式のモデルを多く取り扱っています。

エマーソン(EMERSON)

By: newrayton.co.jp

「エマーソン」とは、自動車部品の輸入販売や自動車用品の製造を行う「ニューレイトン株式会社」が手掛けるブランドです。フロアジャッキやジャッキスタンド、タイヤ交換用工具セットなどがラインナップされています。

エマーソンのフロアジャッキは、SG規格に適合しており、安心安全に使用できるのが魅力。2t対応モデルや3t対応モデルが多く、軽自動車から車高の高い車まで幅広い自動車に対応したアイテムが取り揃えられています。

フロアジャッキのおすすめ

大橋産業(BAL) 油圧式フロアジャッキ3トン No.1339

本体サイズ幅255×長さ635×高さ158mm、重量17.7kgとコンパクトながらも、3tまでの車をジャッキアップできる油圧式フロアジャッキ。ハンドルスリープにハンドルを差し込み上下に動かすだけで、ミニバンなどの両輪をらくらく持ち上げられます。

揚幅は140~430mm。ハンドルの先をリリースバルブに差し込み、反時計方向に回すことでジャッキダウンできるのもポイントです。また、ボディ下部にはミニタイヤが付いているので、持ち運びが楽に行えます。

大橋産業(BAL) 油圧式フロアジャッキ2.5トン No.1366

最大耐荷重が2.5tの油圧式フロアジャッキ。ハンドルスリープにハンドルを差し込み、上下に動かすことで車体をジャッキアップできます。本体重量は12.9kgと軽量。ボディにはタイヤが付いているので、移動も楽に行えます。

揚幅は125~410mm。軽自動車や普通自動車、ミニバンのタイヤ交換やカスタマイズに適しています。また、カバーを開けオイルプラグを開栓するだけでオイル交換ができるなど、簡単にメンテナンスが行えるのもポイントです。

大橋産業(BAL) 軽自動車用フロアジャッキ タートル2t No.1395

ハンドルスリーブが180°回転するのが特徴の油圧式フロアジャッキ。取り回しがよく、狭いスペースでも使えるのが魅力です。本体サイズ幅231×長さ510×高さ140mm、重量11.5kgとコンパクトで、携行性にも優れます。

最大耐荷重は2t。揚幅は100~350mmで軽自動車や小型乗用車に適しており、車高の低い車にも対応。また、安定してジャッキアップするためのアダプターが付いているのもポイントです。

エマーソン(EMERSON) ハイリフトジャッキ2.25t EM-227

最低位が135mm、最高位が410mmのハイリフトフロアジャッキ。最大耐荷重は2.25tで、ミニバンやSUVなど車高の高い車種のジャッキアップに適しています。総重量は約11.75kg。キャスター付きで取り回しがよいのも特徴です。

一般財団法人「製品安全協会」が定めた基準をパスした証であるSGマークが付いているのもポイント。また、価格が比較的安いので、コスパに優れたおすすめのアイテムです。

トリン(TORIN) アルミジャッキ3t T830011L

受け皿部分に保護用のゴムパットを備えており、滑りにくくなっているフロアジャッキ。最大耐荷重は3t。揚幅は100~465mmで、幅広い車種をジャッキアップできます。

デュアルピストンを採用しており、少ない力で持ち上げられるのもポイント。手や腕にかかる負荷を低減できます。また、海外製品ながら日本語の取扱説明書が付いているので、初心者の方でもすぐに使い始められるのがポイントです。

アルカン(ARCAN) ガレージジャッキ 3.25t

最大耐荷重3.25t、最高位542mmのフロアジャッキ。大型セダンやハイエースはもちろん、トラックなどの大型車両もジャッキアップできます。強力な油圧シリンダーとデュアルピストンを搭載しており、最高位まで到達しやすいのが特徴です。

耐久性のあるスチール製のボディに強化フレームを組み合わせており、安定感をプラスさせているのもポイント。受け皿部にはゴムパッドを施しているので、初めての方でも安心して使用できるおすすめのアイテムです。

ウェイモール(WEIMALL) アルミジャッキ3t

長さ1210mmの長尺ハンドルを採用しているフロアジャッキ。腰を屈めたり座ったりすることなく、立ったままで作業を行えるのが魅力です。また、デュアルポンプ型の油圧式ジャッキで、素早く車を持ち上げられます。

揚幅は95~485mm。3tまで対応しており、低床の車など、さまざまな車種をジャッキアップ可能です。また、ハンドル部には保護スポンジが付いているので車を傷つけにくいのもポイント。ボディにはサビにくく、軽量性に優れたアルミを採用しています。

ウェイモール(WEIMALL) ローダウンジャッキ

キャスターとハンドル付きでポイントまでスムーズに移動できるフロアジャッキです。本体寸法が幅268×横690×高さ230mmで重量は33kg。ボディにはスチールを採用しており、耐久性に優れるのがポイントです。

最低位が約75mmのローダウンモデルで、3tまでの車高の低い車をジャッキアップできます。また、ハンドル部には保護スポンジが付いているので、車に傷が付きにくいのもポイント。サドルにはゴムパッドを備えており、滑りによる事故も予防できます。

デジキャン(DIGICAM) ハイブリッドアルミ&スチールフロアジャッキ 3.0t

アルミとスチールを組み合わせることにより、耐久性と軽量性に優れたフロアジャッキ。本体の両サイドに、持ち運びに便利なハンドルが備わっているのが特徴です。

デュアルポンプを搭載しているほか、ロングタイプのハンドルを採用しているので、軽い力でジャッキアップできるのもポイント。最大耐荷重3t、最低位が100mmで、軽自動車やコンパクトカーを扱うのに適したおすすめアイテムです。

ミナトワークス(MINATO WORKS) スチール製ローダウンジャッキ3t MHJ-ST3.0S

最低位が85mmのローダウンモデルで、車高の低い車両もジャッキアップできるフロアジャッキ。車体下に潜り込ませやすいようにボディが流線型になっているのが特徴です。受け皿部にはゴムパッドが付いているので、滑りによる事故も防げます。

ボディはつや消し加工が施されており、反射を防ぐので屋外の使用に適しています。また、ハンドルは分解式になっており、収納しやすく持ち運びやすいのもポイントです。