冬の寒い時期に、ライダーの防寒対策として有効な「バイク用電熱グローブ」。寒い時期の快適な走行をサポートする電熱グローブは、給電方法や備わっている機能などをチェックし、ライディングスタイルに適したタイプを選びましょう。

そこで今回は、バイク用電熱グローブの選び方やおすすめのモデルをご紹介。各製品の特徴も解説するので、ぜひ自分に合ったバイク用電熱グローブを選ぶための参考にしてみてください。

電熱グローブとは?

By: amazon.co.jp

電熱グローブとは、バイクに乗るときなどに使用するヒーター内蔵の手袋のこと。バッテリーや電池などから電源を供給して、グローブ内の電熱線をあたためることで、寒さから手を保護します。

冬場の雪かき作業や、スノーボードなどのウィンタースポーツでも活躍するアイテムです。厳しい寒さの中では諦めていたツーリングも、電熱グローブであれば手をしっかり保護して快適に楽しめるのが魅力。指先や手の甲など手全体をあたためられて、特に冬場のライダーたちから重宝されます。

電熱グローブのほとんどは防寒防風仕様なので、十分な保温効果もあり防寒具としてひとつ持っていると便利なアイテムです。

電熱グローブのメリット

By: amazon.co.jp

電熱グローブとよく比較されるのがグリップヒーター。グリップヒーターはグリップをあたためるので、握っている部分はあたたかくても、手の甲や指先などは走行風で冷えてしまう場合があります。しかし、電熱グローブであれば手全体をあたためるので、しっかり防寒対策できるのがメリットです。

また、バッテリーや電池で動作するため、手軽に使用できるのもポイント。車体から電源を供給するタイプであれば長時間の使用もできて、寒い時期に重宝します。なかには、インナータイプもあり、自分の持っているアウターグローブと重ね着けすることで厳しい寒さ対策もできるのがポイントです。

電熱グローブの選び方

給電方法をチェック

車体給電(シガーソケット)タイプ

By: amazon.co.jp

バイクのバッテリーや、シガーソケットから給電するのが車体給電タイプの電熱グローブです。車体から直接給電するため、電力供給が安定するのが特徴。電池式と違いバッテリー切れの心配がないので、長時間使用したい方におすすめのタイプです。

しかし、使用するには別売りのシガーソケットを取り付けたり、配線を繋いだりなど専門知識が必要。自分でできない方は業者に依頼して取り付けてもらう必要があるので、別途料金が掛かってしまいます。より手軽に利用したい方は、電池式やバッテリー式をチェックしてみてください。

USB式・バッテリー式

By: amazon.co.jp

モバイルバッテリーや、専用のバッテリーに接続して使用できるのが、USB式・バッテリー式の電熱グローブです。専門知識を要する配線作業などを必要とせず、充電するだけで手軽に使用できるのがメリット。コードレスで使えるので、雪かきやウィンタースポーツなど幅広く活躍するのが魅力です。

しかし、車体供給タイプに比べてパワーは劣ります。また、バッテリー切れするため、連続使用時間に限りがあり長時間の使用には向きません。長時間の使用を目的とする方は、車体供給タイプを検討するか、交換用のバッテリーを用意しておきましょう。

電池式

グローブ付属のバッテリーボックスに、電池を入れて給電するのが電池式の電熱グローブです。複雑な配線が必要なく、電池を入れるだけで手軽に使用できるのがメリット。しかし、電池切れの心配があるため、長時間の連続使用には向いていません。また、電池からの給電なので車体給電タイプや、バッテリー給電タイプに比べるとどうしてもパワーが劣ってしまいます。

通勤や通学など近距離での乗車や、街中でのちょっとした移動など短時間の使用におすすめのタイプ。長時間使用したい方は、交換用の電池を持ち運ぶと安心です。

発熱箇所をチェック

By: amazon.co.jp

寒い時期にバイクで走行する場合、手の甲と指先が冷気の影響を受けやすい傾向にあるのが特徴。バイク用電熱クローブは、ヒーターが内蔵されている場所によって発熱する部分が異なります。手の甲部分だけが発熱し、指先までぬくもりが届かないタイプでは、指の感覚が鈍りスムーズな操作を妨げる場合もあるので注意しましょう。

そのため、手の甲から指先まであたためられる製品かをチェックして選ぶのもポイント。指先までヒーターが配線されているタイプを着用すれば、寒い時期でもあたたかく、快適なハンドル操作をサポートします。

グローブ自体の断熱性にも注目

By: amazon.co.jp

電熱グローブ自体の断熱性をチェックするのもポイント。革が厚めで、電源が入っていなくても体温のぬくもりを逃しにくくてあたたかいタイプなども展開されています。一方で、革が厚すぎる分、操作がしにくいモノもあるので注意が必要です。

革が厚めのモノは、バッテリータイプの着用時に充電が切れてしまった場合でもしばらくあたたかさをキープできる傾向にあります。長距離走行の際は、状況に応じて電力を節約しながら使用できるのもメリットです。

装着したままスマホ操作ができると便利

By: amazon.co.jp

指の先端部分に特殊な素材が搭載され、タッチパネルの操作に対応できるタイプも展開されています。電熱グローブを装着したままの状態でスマホの操作ができるので、外す手間が省けるのがメリットです。

特に、スマホのナビゲーションアプリを使用している場合には、停車した際に目的地までの詳細などもすぐに確認できて便利。グローブを外さずに済むため、スマホの操作時に手が冷えるのも抑えられます。

薄手のインナータイプもおすすめ

By: amazon.co.jp

薄手タイプの電熱グローブは、通常のグローブと異なり生地が薄めに作られているのが特徴。普段使用しているグローブを上から装着できるので、防寒作用も高まるのがメリットです。

また、重厚感のあるグローブに比べ、インナーグローブはちょっとした作業も快適にできます。ゴワゴワしたバイクグローブが苦手という方におすすめのモデルです。

電熱グローブのおすすめモデル|車体給電

コミネ(KOMINE) アドバンスドプロテクトエレクトリックグローブ EK-205

新型カーボンファイバーヒーターを採用した電熱グローブです。電源は別売りで、用途に合わせて適したモノを選べます。

通勤やちょっとした移動で利用する方には、配線不要なバッテリータイプの電源がおすすめです。長距離での使用が目的の方には、バッテリー残量を気にしなくてもよいシガーソケットから給電するタイプの電源を選びましょう。

また、ファッション性のあるグラフィックプリントを取り入れたカラー展開も魅力です。ジャケットなどのアイテムとコーディネートしやすいのもポイントのひとつ。トータルコーディネートで購入を考えている方におすすめの電熱グローブです。

Hompres 電熱グローブ

耐摩耗性に優れ、柔らかく保温性のあるヤギ革を使用した電熱グローブです。手の甲側にはカーボンプロテクターを採用し、摩耗抵抗による衝撃を抑える効果が期待できる仕様。撥水加工もされており、雪や雨の水気から手を保護できるのがメリットのひとつです。

4段階の温度調整が可能。寒さに合わせてあたたかさを変えられるので、しっかり防寒対策できます。グローブ内部には高熱伝導カーボンナノチューブを採用。線状ではなく面状になったカーボンナノチューブは、加熱の温度分布を均一に保ち、手全体をあたためられるのが魅力です。

また、スマートフォンなどのタッチパネルに対応。グローブをつけたままスマホを操作したい方におすすめのモデルです。

BORLENI 電熱グローブ

防風・防水機能を搭載しており、雨や雪の日でも使用できる電熱グローブです。給電方法は2種類。付属のハーネスを使用して、バイクのバッテリーから給電するか、リチウム電池に接続して給電できます。長距離の移動では車体から、短距離ではリチウム電池と用途に応じて選べるのが魅力です。

あたたかさは3段階に調整可能。寒さによって自分の好みのあたたかさに変えられます。また、人差し指にはタッチスクリーン対応の素材を採用。手袋を外さずにスマホやタブレットを操作できるので、グローブを付け外しする煩わしさもありません。

MIDIAN バイク用電熱グローブ

多層複合断熱技術で、柔らかな感触と耐摩耗性を備えた電熱グローブです。柔らかい羊皮素材は、手のひらを快適に動かせるほか、ハンドルやブレーキ操作も快適にできるのが魅力。防水機能と通気性にも優れており、外の水気から手を保護し、内側の湿気を逃して蒸れを予防できます。

手の甲部分にはカーボンファイバー保護ギアを採用。打撃や衝突に対して優れた耐性を持っているのが特徴のひとつです。手のひら側は補強パッチにより縫い付けられているため、耐切断性を高めています。

また、寒さに合わせて3段階にあたたかさを調整できるのもおすすめのポイントです。

電熱グローブのおすすめモデル|USB・バッテリー

SabotHeat 電熱グローブ

指先までしっかりとあたたまる電熱グローブ。電熱材線ではなく面状に配置されています。3秒で急速加熱できるので、厳しい寒さの中でも快適に使用できるのがメリット。非常に柔らかなカーボンナノチューブを採用しており、軽量なのもおすすめポイントです。

4段階の温度調整機能で寒さに合わせてあたたかさを変えられるのが特徴。リアルタイムで温度監視できる、4つの温度制御技術を搭載しています。PVCパッドが内蔵されており、衝撃に強いので耐久性にも優れたモデルです。

給電方法は、シガーソケットからもしくは3000mAhの大容量バッテリーから、用途に応じて選べます。長距離のツーリングから、雪かきなどの屋外作業までさまざまな状況で使用可能。幅広く使えるおすすめの電熱グローブです。

VIGOUROUS ヒートグローブ

内蔵の電熱線により手の甲から指先まで均一に加熱できる電熱グローブ。3秒で手全体をあたためられるのが魅力です。保温性を高めるために裏起毛を採用しているのも特徴。寒さに合わせて3段階から好みのあたたかさに調節できます。

また、グローブを付けたままでもスマートフォンやタブレットを操作可能です。4400mAhのリチウムバッテリーが2個付属しており、同時に充電できるのも魅力。充電が切れたときの予備として持ち歩くのにも便利です。

見た目もシンプルで上品な質感。プレゼントとしても、おすすめの電熱グローブです。

Hidden Guardian 電熱グローブ

電熱ヒーター複合繊維を内蔵した電熱グローブ。手の甲や指全体をしっかりあたためられて、厳しい寒さ対策ができます。加熱ボタンを3秒押すことで、急速加熱を開始。わずか1分で指先まで全体があたたかくなるのが魅力です。

内層には高品質のTPUコーティングを施した素材を採用しているのも特徴。雨や雪などでグローブの表面が濡れても、内部への水分の侵入を防げます。また、通気性にも優れているので、内側にこもった熱気を逃して蒸れを予防するのがメリットです。

人差し指はタッチパネル対応になっており、スマートフォンやタブレットなどが操作可能。スマホの操作にわざわざグローブを脱ぐのが面倒という方にはおすすめのアイテムです。

MJIIM 電熱グローブ

4000mAhのリチウムポリマー電池を搭載した電熱グローブ。最大6時間の使用が可能です。加熱機能は3段階から調整ができるので、状況や必要に応じてあたたかさのバランスをカスタマイズできるのがメリット。指も含め手全体が加熱ワイヤーで覆われており、均一にあたためられるのも魅力です。

本製品はスクリーンタッチ機能を搭載。グローブを外さなくてもスマートフォンやタブレットが使用できます。また、調整可能なリストストラップが採用されており、しっかり固定できるので不意に外れてしまうこともありません。

釣りやキャンプなどのアウトドアや、スキー、スノボーなどのウィンタースポーツにも幅広く使えるおすすめの電熱グローブです。

アールエスタイチ(RSタイチ) e-HEAT グローブ RST650

冷えやすい指まわりと甲の部分に発熱ユニットを搭載した電熱グローブ。手全体を効率よくあたためられるのでおすすめです。気候や状況に応じて、3段階で温度調節できます。

防水性と透湿性に優れた「ドライマスター」素材を採用。気候に左右されず、快適に装着できるのがメリットです。また、リストベルトでしっかり固定でき、雨や風の侵入を防げます。

タッチスクリーンに対応しているのもポイント。電熱グローブを装着したまま、スムーズにスマホの操作が可能です。

Telguua 電熱グローブ

5500mAhの大容量バッテリーを搭載し、長時間の使用に対応できる電熱グローブ。50℃・55℃・65℃の3段階で温度調節が可能です。

裏面に厚地の綿素材を採用し、保温性を高めているのが特徴。表面の素材は防水性を備えているため、雨や雪のなかでも快適に使用できます。バイクはもちろん、釣りやウィンタースポーツなどのアウトドアシーンにもおすすめです。

安全性の高さも本製品の魅力。手のひらにはシリコンの滑り止めが施され、手が滑りにくく安心です。また、甲部に反射ストリップが付いており、夜間や暗い場所での走行をサポートします。

Peabownn 電熱グローブ

防風・防水機能のある素材を使用した電熱グローブです。裏地に裏起毛を採用し、保温性にも優れているのが特徴。軽量設計で柔らかく、長時間でも快適に着用できるアイテムです。

5000mAhの大容量バッテリーを備え、気候に合わせて3段階で温度調節が可能。衝撃吸収性に優れたPVCパッドにより、バッテリーをしっかり保護できるのもポイントです。

手首部分に調節ベルト、袖口部分にドローストリングを採用し、装着時のフィット感を高めています。風の侵入を防ぎ、あたたかさをキープできるのでおすすめです。

電熱グローブのおすすめモデル|電池

コミネ(KOMINE) カーボンプロテクトエレクトリックグローブ EK-200

CE規格の衝撃吸収フォームを指に採用した、耐久性にも優れた電熱グローブです。フローティング構造のカーボンプロテクターを拳に使用し、握りやすさを実現。しなやかさがあり、断線や腐食に強いマイクロカーボンファイバーヒーターを搭載しています。

電熱線の配置を改良することで、指先まで包み込むようにあたためられるのが特徴。3段階の温度調整が可能で、気温に合わせてあたたかさを変えられます。また、タッチパネル操作に対応しているので、スマートフォンやタブレットの操作もグローブを付けたままできるのが魅力です。

whites 電池式 電熱グローブ

通気性と撥水性のあるPU生地を使用した電熱グローブ。立体調整ボタンを広げることにより、締付け効果を高め冷気の侵入を予防します。また、熱気も漏れにくく、グローブ内側をあたたかく保てるのが魅力。耐摩耗性に優れているのもメリットのひとつです。

高速加熱により、手を素早くあたためられるのが特徴。高温調節チップが内蔵されており、最高温度は55℃まででキープされるため、熱くなりすぎるということもありません。

価格も非常にリーズナブル。コスパの高いモデルを求めている方におすすめの電熱グローブです。

ホットグローブ 乾電池式

単三の乾電池3本であたためられる電熱グローブ。厚手の生地なので、屋外でも快適に使いやすいのがポイントです。生活防水程度の水であれば使用可能。近所へちょっとした買い物などでの外出に向いています。

また、充電が切れても乾電池を交換するだけで使用可能。手首部分には電池ケースが入れられるため、スキーやスノボーなどウィンタースポーツ時の使用にもおすすめのアイテムです。

電熱グローブのおすすめモデル|インナータイプ

コミネ(KOMINE) ヒートインナーグローブ12V EK-204

通常のグローブの下に装着できるインナータイプの電熱グローブです。車載バッテリーから給電するので、電池残量を気にせず長時間のツーリングなどに向いているモデル。バッテリーがない分、着用感が軽いのも魅力のひとつです。

温度は3段階で調節可能。一番強いTURBOモードでは約70℃まであたためられるので、厳しい寒さの中でも快適にライディングできます。

また、グローブを着用したままでもスマートフォンを操作できるのもメリットです。

TWR インナーグローブ めちゃヒート

二種類の糸を使用し、ほつれくく強度のある縫製方法を採用した電熱グローブです。極細のマイクロカーボンファイバーヒーターを指の外周に沿って配置。指先からあたたかくなっていくので、冷え性の方でも快適に使えるのがおすすめのポイントです。

専用の7.4Vリチウムイオンバッテリーを搭載しているため、電圧が高く非常にあたたかいのが魅力。ボタンひとつで簡単に3段階の温度調節が可能です。アウターグローブと併用することで、さらに効果を発揮。薄手のインナーグローブを探している方はぜひチェックしてみてください。

SNOW DEER 電熱インナーグローブ

通気性の高いフリース素材を外側に使用した電熱グローブです。内側にはライクラ、ネオプレン素材を使用。さわり心地も柔らかく、薄手でスッキリとした使用感を実現しています。手首には面ファスナーを採用し、冷風から手を保護。厳しい寒さにもしっかり対応できます。

遠赤外線ファイバー発熱体を使用して、手と指全体を保温。厳しい寒さの中で作業するときや、ウィンタースポーツにもおすすめのアイテムです。2200mAhの充電式リチウムポリマー電池は3〜4時間のフル充電で、最大2.5〜6時間の加熱が可能。3段階に調整できる温度調整コントローラー付きです。

Goldfox 電熱インナーグローブ

日本製の繊維複合発熱体を採用した電熱グローブ。表面にはポリエステル60%・シープスキン40%、裏面にはシルクコットンポリエステル・ベルベットを採用しています。手首部分はベルクロにより調整可能。冷風の侵入を予防して、寒さから手を保護します。

温度は低・中・高の3段階に調整可能。35〜65℃まであたためられるのが特徴です。電源を入れると、15秒という早さで指先から手首まで加熱されるのがメリット。急な外出時もすぐにあたたかく使えるのが魅力です。

手のひら部分には、滑り止めシリコンを採用。運転・釣り・アウトドアなどさまざまなシーンで活躍するおすすめの電熱グローブです。

電熱インナーグローブ

フィンガーレスの電熱グローブ。指が覆われていない分、スマートフォンやタブレットなど、タッチパネル操作できるのがメリットです。3段階の温度調整が可能で、状況に応じて適切な温度を設定できるのが魅力。45〜55℃まで加熱できます。

内蔵のバッテリーはUSB充電対応。2000mAhで、約3時間の連続使用ができるので、ちょっとした買い物に出かけるときにもおすすめのアイテムです。