冬の寒い時期に、ライダーの防寒対策として有効な「バイク用電熱グローブ」。寒い時期の快適な走行をサポートする電熱グローブは、給電方法や備わっている機能などをチェックし、ライディングスタイルに適したタイプを選ぶのがポイントです。

そこで今回は、バイク用電熱グローブの選び方やおすすめのモデルをご紹介。各製品の特徴も解説するので、ぜひ自分に合ったバイク用電熱グローブを選ぶための参考にしてみてください。

電熱グローブのメリット

寒い時期のバイク走行は、手や指先が冷えて感覚が鈍り、ハンドル操作がしにくくなるのが難点。しかし、グローブを重ねて着用しても指が不自由になり、ブレーキやクラッチが握りにくい場合があります。

バイク用電熱グローブは、内蔵されているヒーターによってグローブをあたためるため、手の冷えを抑えてスムーズなハンドリングをサポートします。グローブ内を手軽にあたためやすく、低温な環境でも安定して快適な温度をキープできるのも魅力です。

電熱グローブの選び方

給電方法をチェック

車体給電タイプ(USB・シガーソケット)

By: amazon.co.jp

バイクに搭載しているバッテリーへの直結、もしくはシガーソケットに接続する仕様の車体給電タイプ。配線やシガーソケットの設置が必要となるものの、充電切れがなくツーリングなどでの長距離走行におすすめです。

また、モバイルバッテリーにUSBポートを接続して使えるタイプも展開されています。バイクに接続するタイプと比較して出力は劣る傾向がありますが、手軽に充電しながら使えるのがメリット。長時間使用するのにおすすめのタイプです。

バッテリータイプ

By: ec.rs-taichi.com

通勤・通学など、街乗りで手軽に使いやすいバッテリータイプです。専用バッテリーへの充電により、配線などの手間もなく手軽に使えるのがメリット。ただし、使用時間は充電残量によって決まるので注意が必要です。

そのため、バッテリーの容量をチェックして使用する時間や用途に適した製品を選ぶのがポイント。また、長時間走行などで使用する場合には、予備のバッテリーを準備しておくのがおすすめです。

発熱箇所をチェック

By: amazon.co.jp

寒い時期にバイクで走行する場合、手の甲と指先が冷気の影響を受けやすい傾向にあるのが特徴。バイク用電熱クローブは、ヒーターが内蔵されている場所によって発熱する部分が異なります。手の甲部分だけが発熱し、指先までぬくもりが届かないタイプでは、指の感覚が鈍りスムーズな操作を妨げる場合もあるので注意しましょう。

そのため、手の甲から指先まであたためられる製品かをチェックして選ぶのもポイント。指先までヒーターが配線されているタイプを着用すれば、寒い時期でもあたたかく、快適なハンドル操作をサポートします。

グローブ自体の断熱性にも注目

By: amazon.co.jp

電熱グローブ自体の断熱性をチェックするのもポイント。革が厚めで、電源が入っていなくても体温のぬくもりを逃しにくくてあたたかいタイプなども展開されています。一方で、革が厚すぎる分、操作がしにくいモノもあるので注意が必要です。

革が厚目のモノは、バッテリータイプの着用時に充電が切れてしまった場合でもしばらくあたたかさをキープできる傾向にあります。長距離走行の際は、状況に応じて電力を節約しながら使用できるのもメリットです。

装着したままスマホ操作ができると便利

By: amazon.co.jp

指の先端部分に特殊な素材が搭載され、タッチパネルの操作に対応できるタイプも展開されています。電熱グローブを装着したままの状態でスマホの操作ができるので、外す手間が省けるのがメリットです。

とくに、スマホのナビゲーションアプリを使用している場合には、停車した際に目的地までの詳細などもすぐに確認できて便利。グローブを外さずに済むため、スマホの操作時に手が冷えるのも抑えられます。

電熱グローブのおすすめモデル

ハンドルキング(HANDLE KING) めちゃヒート MHG-01

高温・中温・低温の3段階に温度が調節できるバイク用電熱グローブ。手首部分に設けられているスイッチで温度の切り替えが行えます。スイッチをONにすれば10秒で素早くあたたまるのも特徴です。指先部から手首部まで熱が伝わる構造で、冬場でも手全体をあたためて快適に使えます。

また、バッテリータイプなので、街乗りなどで手軽に使いやすいのも魅力。フル充電時には高温モードは約2.7時間、中温モードは約3.8時間、低温モードは約5.5時間の連続使用が可能です。

さらに、親指と人差し指の先はタッチパネルに対応しています。グローブを装着したままでスマホの操作も可能。防寒性の高さやスタイルに応じて選びたい方にもおすすめのバイク用電熱グローブです。

ORIGINCOM realtime 12V 簡単接続バイク保温手袋

バイクに搭載されている12Vのバッテリーに直結して使用する、車体給電タイプの電熱グローブ。充電切れがないので長距離のツーリングなどでも安心して使えます。コードに付いているワニ口クリップをバッテリーの端子に接続するだけで、簡単に接続できるのがポイントです。

ヒーターは指の甲部分に集中して配置されており、風圧の影響を受けやすい手先や甲が冷えるのを抑えます。また、素材は外側にナイロン、内側にはフリース生地を採用。電源に接続していなくてもあたたかく、汎用的に使いやすいのも特徴です。

さらに、滑り止めの加工も施されているので、ハンドルの操作性も良好。あたたかさと運転のしやすさにこだわって選びたい方におすすめのバイク用電熱グローブです。

アールエスタイチ(RSTaichi) e-HEAT プロテクション グローブ RST639

甲の部分にハードプロテクター、手の平や手首にはカーボン素材を採用したバイク用電熱グローブです。ブラックカラーベースでスマートなフォルムが魅力。快適かつおしゃれに着用できます。

指の周囲と甲の部分にヒーターが配置され、効率よくあたためられるのも特徴。発熱レベルは、ハイパワー・ノーマル・エコノミーの3段階に調節できます。また、防水性と透湿性に優れる「ドライマスター」素材の採用により、天候を気にせず使用できる点もメリットです。

さらに、タッチパネルにも対応しているので、グローブを装着したまま便利にスマホが操作可能。アプリでナビゲーションを確認することが多い方におすすめのアイテムです。

OUYe ヒーターグローブ

指4本・手の平・手の甲を両面あたためられるバイク用電熱グローブ。手の平部分に備わっているタッチボタンで3段階にあたたかさを調節できます。

また、5層の素材で出来ているのが特徴。2層目と4層目には3M断熱綿を採用しています。断熱性が高く、柔軟性に優れているのもポイント。手や指を動かしやすくスムーズなハンドリングをサポートします。

さらに、表層の生地は撥水性に優れ、スイッチやジッパーは防水仕様なのも魅力。運転のしやすさと快適性を重視する方におすすめのバイク用電熱グローブです。

コミネ(KOMINE) エレクトリックヒートグローブ GK-804

マイクロカーボンファイバーヒーターの採用により、指先までしっかりとあたたまるバイク用電熱グローブ。ボタンの操作で、温度が3段階に調節できます。ロングタイプなので手首までをカバー。手首部に備わっているアジャスターとドローコードで冷気の侵入を防ぎ、ぬくもりをキープします。

また、同モデルは別売りされている電源で、充電式バッテリー式とシガーソケット接続式の使用が選べるのもポイント。自分のスタイルや用途に適した給電方法が選択できます。

マットなブラックカラーでスマートなデザインもかっこよく、おしゃれにこだわる方にもおすすめのバイク用電熱グローブです。

コミネ(KOMINE) デュアルヒートプロテクトエレクトリックグローブ EK-215

表地にナイロンや人工皮革、裏地にはポリエステルなどの素材を採用したバイク用電熱グローブ。雨風などの悪天候でも使用しやすいのが特徴です。

また、温度調節や発熱箇所の切り替えができる、新型コントロールシステムを採用。スイッチの操作で、3段階に温度が調節できるうえ、指先・手の平・指先と手の平といった切り替えが行えます。

あたたかさを細かく調節しやすいおすすめのバイク用電熱グローブです。

QcoQce 電熱グローブ JRS-SB

USB充電式で手軽に使えるバイク用電熱グローブ。配線をバイクに繋げる必要がないので、キャンプや登山など多用途で使用できます。温度は、高・中・低の3段階に調節が可能です。

4200mAhの大容量バッテリーを採用しているため、低温モードでの使用時には最大で8時間と長時間使用できるのも魅力。また、人差し指にはタッチパネルに対応する特殊素材が搭載されており、装着したままでのスマホ操作も行えます。

さらに、手の平部分には滑り止めも施されているため、安定したハンドル操作をサポート。バイクの運転や冬のアクティビティなどで、汎用的に使える電熱グローブを探している方におすすめのモデルです。

ヒートマスター(HEATMASTER) 12Vカーボンスポーツグローブ 5078052

あたたかくおしゃれなバイク用電熱ウェアやギアを取り扱うメーカー「ヒートマスター」が展開するモデル。カーボン素材のナックルガードを搭載しており、操作性に優れた電熱グローブです。

また、同モデルはバイク車載の12Vバッテリーに対応。電源を入れると高温モードからスタートしますが、5分経過で自動的に中温モードに下がる仕様です。そのため、熱くなりすぎるのを抑え、電力ロスも軽減。ハイスペックで快適なライディングを満喫したい方におすすめのバイク用電熱グローブです。

Hompres 電熱グローブ

線によるヒーター配置ではなく、面状に発熱する構造のバイク用電熱グローブ。均一で包み込むように手の甲から指先までをあたためます。給電方法は、大容量のバッテリーに加え、シガー電源ケーブルが付属しているため、用途によって使い分けられるのも魅力。発熱温度は4段階の調節が可能です。

また、指の内側と手の平に柔軟性や保温性に優れるヤギ革を採用。さらに、親指と人差し指の先端部分にはタッチパネルに対応する特殊素材を搭載しており、装着したままでもスマホが操作できます。

利便性の高さと運転のしやすさに優れたおすすめのバイク用電熱グローブです。

山城(yamashiro) IDEAL HEAT2 ID-202

高性能なバイク用品を手掛けるメーカー「山城」が展開するモデル。ヤギ革製でブラックカラーのシックかつクラシックなデザインが魅力のバイク用電熱グローブです。

アメリカンタイプやクラシックタイプのバイクに似合う、オールレザーの質感が特徴。コンフォマックスの中綿素材をインナーに採用しているため、レザー特有の冷たさも感じにくく、冬場でもあたたかく快適に着用できます。

また、同モデルはバッテリータイプで、最長で5時間30分の使用が可能。レザー仕様で大人っぽいデザインのバイク用電熱グローブです。