空間を演出するアイテムのひとつである「ルームフレグランス」。部屋の香りは目的にあった空間をつくりだしたり、来客があるときに自分らしさを表現したりと、部屋のインテリアのひとつとして重要な役割があります。

発売されている香りの種類はもちろん、タイプもさまざま。そこで今回は、ルームフレグランスのおすすめアイテムをご紹介します。素敵な香りで部屋をより居心地のよい場所にデザインしてみてください。

ルームフレグランスの選び方

タイプで選ぶ

リードタイプ

By: amazon.co.jp

「リード」と呼ばれるアシや藤のスティックを使用するタイプ。フレグランスが入ったボトルに挿すだけで、リードがフレグランスを吸い上げて香りを広げます。挿すリードの本数によって香りの強さを調整できるので、香りの強さを好みに応じて調節したい方にもおすすめです。

ほとんどのリードは長さが30cm程度あるので、転倒には注意が必要。リードを挿した状態のルームフレグランスはフタを開けっ放しにする必要があるため、小さな子供やペットが届かない場所に設置しましょう。

スプレータイプ

By: rakuten.co.jp

スプレータイプのルームフレグランスは手軽に使えることが魅力。空間やカーテンなど香りが欲しい場所にもピンポイントで拭きかけられ、その日の気分に合わせて違う香りを楽しみたい方にもおすすめです。また、倒しても中身がこぼれる心配が少ないので安心。安価で購入できるアイテムも多く発売されています。

キャンドルタイプ

By: rakuten.co.jp

キャンドルタイプのフレグランスは「アロマキャンドル」などとも呼ばれ、ゆれる光とともに香りを楽しめます。ロウにも「パラフィンワックス」「ビーズワックス」など種類があり、燃焼時間や香りの広がり方はさまざま。値段もバリエーションに富んでいるので、使うシーンや予算次第でチョイスしましょう。

つけたまま寝てしまうと危ないので、火の始末には注意が必要です。必ず安定した平らな場所に設置し、周りに燃えやすいものがないことを確認して使いましょう。

置き場所をチェック

玄関

建物と家のなかを区別する場所であり、家に帰ってきたときやお客さんが来たときなどに印象・雰囲気を決めるのが玄関です。住み続けると慣れてしまいがちですが、靴や生活臭などさまざまなニオイに注意が必要な場所でもあります。

玄関には清潔感や明るさ、清々しさのあるオレンジ・ベルガモットなどのシトラス系の香りがおすすめ。メーカーごとに玄関・エントランスに合う香りが発売されているので、チェックしてみてください。

リビング

団らんを楽しんだり、本を読んだりとリラックスできる部屋、リビング。多目的な空間であり、食事から勉強・仕事までさまざまな使い方がされるうえに、お客さん・家族など人が集まる場所です。好みの分かれる香りはなるべく避け、紅茶やシトラスなどクリアでクセの少ない、誰もがリラックスできる香りがおすすめです。

ベッドルーム

眠ったり、寝転んで体を休めたりと安らぎの場所であるベッドルーム。ムスクなどの深みのある香りや緊張を和らげるような包容力のある香りがマッチします。

つけたまま寝てしまうと危ないので、キャンドルタイプは不向き。スティックタイプで部屋全体に香りを広げたり、スプレータイプなどで枕やカーテンなどに好みの香りをつけたりするのがおすすめです。

水回り

身だしなみを整えたり、メイクをしたり、毎日使用する場所であるパウダールームやバスルーム。清潔感のあるシトラス系の香りは明るい印象があるうえに、安らぎを与えてくれるのでおすすめです。また、水や自然などを想起させる香りを使うと水回りのイメージとマッチして空間に統一感を演出できます。

ルームフレグランスのおすすめブランド

ドットール・ヴラニエス(Dr. Vranjes)

By: amazon.co.jp

1983年にイタリア・フィレンツェで設立されたフレグランスとコスメティックブランド。入念に抽出された高品質のエッセンシャルオイルを使用し、地中海にインスピレーションを受けたアイテムを提供しています。ルームフレグランスはシーンや部屋の目的に合わせて香りを選べるので、空間の個性を表現したい方におすすめです。

ミッレフィオーリ(Millefiori)

By: amazon.co.jp

イタリア・ミラノで1994年に創設された総合フレグランスブランドです。”Air Design”というコンセプトのもと、空間や人の個性をイメージづけるさまざまなアイテムを展開。リードを使用するタイプのアイテムはもちろん、カー用品やランドリー用品まで幅広く手がけています。

リナーリ(LINALI)

By: amazon.co.jp

2003年に、ドイツ出身のレイナー・ディエシェによって設立されたフレグランスブランド。空間を演出する香りはもちろん、インテリアとしてのデザイン性にまでこだわった製品は世界中のセレブリティや高級ホテルから愛されています。ルームフレグランスの見た目にもこだわりたい方におすすめです。

ルームフレグランスのおすすめブランド|スティックタイプ

ドットール・ヴラニエス(Dr. Vranjes) ROSSO NOBILE SET BOX

ドットール・ヴラニエス(Dr. Vranjes) ROSSO NOBILE SET BOX

ルームフレグランスに加えて、デキャンタとリードがセットになったラグジュアリーなアイテム。赤ワインをモチーフにした香りは、ストロベリーとブラックベリーをベースにスミレやバラの香りが溶け込んだ華やかさが特徴です。容量は750ml。1本でおよそ6〜8ヶ月ほど持ちます。

付属のデキャンタは刻印されたブランドロゴと存在感あるフォルムが魅力。使い始めはデキャンタにフレグランスを注ぎ、付属しているぶどうのリードを30分ほど浸し、逆を向けると香りが広がります。自宅用としてリビングやダイニングなどに置くのはもちろん、ワイン好きな方への贈り物としてもおすすめです。

リナーリ(LINALI) ESTATE

リナーリ(LINALI) ESTATE

エントランスやリビング、洗面所などにおすすめのルームフレグランス。トップノートのベルガモット・レモン・グリーンリーフのみずみずしさのあとに、ベースノートに使われたアンバーやムスクのセクシーな香りが余韻を残します。

光沢のあるボトルと木目の栓がおしゃれ。アーバンな雰囲気のインテリアにもマッチします。内容量は500mlで、6〜8ヶ月ほど香りが持続。爽やかな香りが心地よい、あたたかかい季節におすすめのアイテムです。

ミッレフィオーリ(Millefiori) フレグランスディフューザー オレンジティ SDIF-S-008

ミッレフィオーリ(Millefiori) フレグランスディフューザー オレンジティ SDIF-S-008

エレガントで控えめな、清流のせせらぎを思わせる個性的な香りが特徴のシリーズ。甘酸っぱいオレンジと紅茶の香りがフレッシュでくつろぎの空間を演出します。

落ち着いた雰囲気のボトルがインテリアとしても存在感を発揮。内容量は100mlで香りはおよそ2ヶ月持続します。リードも付属しているので、上下を入れ替えたり、本数を調節したりして使うのがおすすめです。

アシュレイ&バーウッド(Ashleigh&Burwood) リードディフューザー ジャスミン&チュベローズ

アシュレイ&バーウッド(Ashleigh&Burwood) リードディフューザー ジャスミン&チュベローズ

イギリス・ロンドンで1993年に誕生した「アシュレイ&バーウッド」のルームフレグランス。ジャスミンとチュベローズを調合したシンプルな香りは初心者の方にもおすすめです。

厳選された天然由来のエッセンシャルオイルを使用しており、ナチュラルで心地よい香りが空間に広がります。内容量は100mlで持続期間はおよそ1.5ヶ月。リードも付属しているので、本数や上下を変えながら香りの強さや広がりを調整してみてください。

ルームフレグランスのおすすめブランド|スプレータイプ

リナーリ(LINALI) オセアノ

リナーリ(LINALI) オセアノ

「永遠へと続く願い」というテーマがついたルームフレグランス。シトラスやラベンダーなどの海をイメージさせるようなトップノートに続き、ゼラニウムとウッドがふんわりと香り、気分を落ち着けてくれます。

海の色を思わせるようなダークカラーのボディも魅力。ベッドルームや水回りなど、穏やかに過ごしたい場所におすすめのアイテムです。

アンティカ ファルマシス(Antica Farmacista) ルーム&リネンスプレー カサブランカリリー

アンティカ ファルマシス(Antica Farmacista) ルーム&リネンスプレー カサブランカリリー

2003年にアメリカ・シアトルで設立されたブランド「アンティカ ファルマシス」のルームフレグランス。百合のなかでも真っ白な大輪の花を咲かせるカサブランカリリーの華やかな香りを再現しています。魅惑的なイランイランやクローブの香りを加えたエレガントさが魅力です。

空間だけでなく、ベッドカバーやカーテンなどの布に香りをつけるのもおすすめ。2〜3プッシュほどで部屋の空気をリフレッシュし、心地よい空間をつくりだします。女性への贈り物としてもおすすめのアイテムです。

ノルコーポレーション(Nol Corp.) ルームフレグランス Johns Blend ホワイトムスク OA-JON-2-1

ノルコーポレーション ルームフレグランス Johns Blend ホワイトムスク OA-JON-2-1

安価で購入できる容量280mlのルームフレグランス。サボン系を思わせる爽やかさとホワイトフローラルのやわらかさを併せ持ったホワイトムスクの香りが特徴です。甘すぎず、リビングやベッドルームなどでマルチに使えます。

シンプルなパッケージはカフェ風インテリアにもマッチするおしゃれな印象。スプレーするときに手を掛けやすく、カーテンなどにしっかり香りをつけたいときにも便利です。

ドットール・ヴラニエス(Dr. Vranjes) フレグランスリネンスプレー ジンジャーライム

ドットール・ヴラニエス(Dr. Vranjes) フレグランスリネンスプレー ジンジャーライム

カーテンやベッドリネンに吹きかけて使うルームフレグランス。スパイシーなジンジャーとフレッシュライムの香りが調和し、雨に濡れた草原を思わせます。

内容量は250ml。ファブリックに吹きかける際は30cm程度離して吹きかけ、目立たないところでシミにならないか確認してから使用しましょう。フェミニンすぎず、クセの少ないアイテムを探している方におすすめです。

フェルナンダ(FERNANDA) ルームスプレー プリメイロ アモール

フェルナンダ(FERNANDA) ルームスプレー プリメイロ アモール

洗練された上品な香りのルームフレグランス。繊細な印象のフルーティローズと甘酸っぱさのあるフルーティカシスが重ねられており、後からライラックがかすかに香ります。

内容量は180ml。パッケージのデザインも魅力のひとつで、部屋に置いておくだけでフェミニンに部屋を飾ります。

ルームフレグランスのおすすめブランド|キャンドルタイプ

ボルスパ(Voluspa) ジャポニカ リミテッド ティンキャンドル S ゴージ&タロッコオレンジ

ボルスパ(Voluspa) ジャポニカ リミテッド ティンキャンドル  S ゴージ&タロッコオレンジ

ボルスパ独自のココナッツワックスをブレンドしてつくられたキャンドル。ゴージベリーの程よい甘さにタロッコオレンジとマンゴーを加えたバランスのとれた香りが広がります。

直径が7.5cmと小ぶりながら、およそ25時間燃え続けることが可能。「ジャポニカ」コレクションは日本の和紙にインスパイアされたパッケージのデザイン性も魅力で、ラグジュアリーさを求める方におすすめです。

トッカ(TOCCA) フレグランス キャンドル タヒチ4340

トッカ(TOCCA) フレグランス キャンドル タヒチ4340

フランス領ポリネシアの国花であるティアレとココナッツの甘さを調合した南国を思わせる香りのキャンドル。ガラス製の洗練された容器がきれいでインテリアのひとつとしても存在感を発揮します。

約30時間燃焼するので、バスタイムなどのんびり過ごしたいときにも便利。夏の雰囲気に合う香りを探している方や、南国リゾート風インテリアが好きな方へのプレゼントとしてもおすすめです。

タン(THANN) アロマティックキャンドル OE Oriental Essence

タン(THANN) アロマティックキャンドル OE(Oriental Essence)

厳選された自然素材とアロマセラピー技術がベースになったホームスパブランド「THANN」の100%ヤシ油のキャンドル。人工香料は使われておらず、レモングラス油とカフィルライム油をブレンドし、オリエンタルな香りが楽しめます。

約28時間も燃焼が持続。ヨガやマッサージなどをしながらリラックスしたいときにおすすめのアイテムです。

ディプティック(dyptyque) フレグランスキャンドル ベス

ディプティック(dyptyque) フレグランスキャンドル ベス

ディプティックのオードトワレ「ロンブル ダン ロー」を思わせる香りが調合されたキャンドル。たっぷり60時間使え、カシスの葉とバラの花束のフルーティでジューシーな香りが魅力です。

モノトーンでシンプルにデザインされたボトルはさまざまなインテリアにマッチし、シックな雰囲気を演出。使用するときはあらかじめ芯を2〜5cmに切っておくとススが出にくくなります。

パークス(Parks) フレグランスキャンドル ラベンダー

パークス(Parks) フレグランスキャンドル ラベンダー

ロンドンのナチュラルキャンドルメーカー「パークス」のアイテムです。リラックスできるようなラベンダーの天然エッセンシャルオイルを100%使用。また、パラフィンフリーのワックスなので安心して使えます。

大きさは直径8×高さ9cmで、燃焼は約45時間持続。ほかにもさまざまな香りを選べるので、毎日の気分に合わせて違った香りを楽しみたい方にもおすすめです。