かつては携帯ラジオを聞く際に使うイメージが強かった「片耳イヤホン」。しかし、最近はワイヤレスや通話に対応したモデルが増え、ビジネスシーンやドライブ時に活用している方も数多くいます。

そこで、今回は片耳イヤホンの選び方とともにおすすめ機種をご紹介。仕事柄、常に片耳イヤホンを付けていたい方や車内通話用のイヤホンを必要としている方は、ぜひチェックしてみてください。

片耳イヤホンの選び方

ワイヤレスタイプが主流

51tKcj6s6QL

By: amazon.co.jp

片耳イヤホンは、有線タイプとワイヤレスタイプに分けることができます。このうち、最近注目が集まっているのがワイヤレスタイプの方です。スマホやデジタルオーディオプレイヤーに接続して音楽が聴けるのはもちろん、マイクを内蔵している製品ならばハンズフリー通話も可能。特にビジネスパーソンからの需要が増えています。

ワイヤレスタイプの片耳イヤホンを大きく分けると、通話品質を重視するものと、イヤホンの音質を重視するタイプに分かれます。用途に応じて選びましょう。

Bluetooth接続タイプの片耳イヤホンを使う場合は、音声などを圧縮・展開する規格「コーデック」に注目。イヤホン側がAACなどの高音質コーデックに対応していても、送信側がそのコーデックに対応していなければ音質が低くなってしまいます。高音質の片耳イヤホンを探している方は注意しましょう。

有線タイプは主にラジオ用

41DmaZjWFbL

有線の片耳イヤホンは、昔からラジオ音声を聞くために使われてきました。両耳イヤホンと比べてコードの長いタイプが多く、価格もリーズナブルです。ただし、音質はそれほど高くありません。とりあえず内容がチェックできればいいという方にはおすすめです。

有線タイプではプラグタイプに注意

311tW9kmSZL

有線タイプの片耳イヤホンを選ぶ際に注意したいのが、接続プラグ部分。一般的な音楽再生機器に有線接続するには、3.5mm径ミニプラグ規格でなければいけません。ところが、モノラルイヤホンのなかには、一部のラジオで今も使われている2.5mm径超ミニプラグのものがあります。使う機器に応じたプラグなのかどうかを確認しましょう。

フィット感と装着感が重要

51SaRwfCzYL

By: amazon.co.jp

両耳タイプのイヤホンでも同じですが、フィット感と装着感は重要です。特にカナル型は耳の穴に挿入して使用するため、違和感があると音声に集中できなくなってしまいます。また、フィット感が悪いと耳から外れやすくなる点にも要注意。音質も重要ですが、形状にも注目してください。

片耳イヤホンのおすすめ人気モデル|ワイヤレス

プラントロニクス(Plantronics) Explorer110

片耳ヘッドセットの定番メーカーによる人気機。プラントロニクスは主にビジネス用向けのヘッドセットを販売しており、いずれも通話品位の高さで高評価です。また、オーディオメーカーはあまり手掛けない片耳タイプに力を入れているのも特徴。

本機は、連続通話時間や電池残量などの利用状況を確認できるステータス通知機能を搭載。また、自動ノイズ軽減機能によって屋外はもちろん、運転中でもクリアに通話することが可能です。

機能だけではなく、使い勝手がよいのもポイント。軽量設計のため長時間装着していても疲れにくいように配慮されています。さらに、1回の充電で1日使えるロングスタミナ。忙しいビジネスパーソンにもおすすめです。

ジャブラ(Jabra) BOOST

ジャブラは高品質なイヤホンやヘッドホンをリリースしているオーディオメーカー。グループ収益の10%以上を研究開発費に再投資することで、業界の最先端を歩み続けています。

Bluetoothのヘッドセットを得意にしており、ビジネス用途を中心に広く使われています。本機はバッテリー残量などの利用状況を確認できる音声ガイダンス機能付き。また、バッテリーパワーに優れているのもポイント。通話は最長9時間、待ち受け時間は最長1年です。外出時でもバッテリー残量を気にせずに使用することができます。

サウンドピーツ(SoundPEATS) D4

近年、急激に人気を高めている中国メーカー・サウンドピーツによるワイヤレス片耳ヘッドセットです。低価格でありながら高音質というハイコスパな製品が多く、世界中で話題になっています。

本機はローコストモデルには珍しい高音質コーデックのaptXに対応。さらに、USB接続タイプの専用充電ケースも付属しており、デスク上や車のダッシュボードなどに設置しやすいのもポイントです。また、取扱説明書やガイダンスが日本語に対応しているので安心。ハイコスパなワイヤレス片耳イヤホンを探している方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) BSHSBE200

国内大手メーカー・バッファローのリーズナブルなワイヤレス片耳ヘッドセット。低価格帯では珍しいマルチポイント機能を有しているのが特徴です。2台と同時待ち受けできるのでスマホで通話待機しながら、パソコンではスカイプ待機といった使い方もできます。また、接続情報は最大8台まだ記録可能。事前に登録しておけば、あとは電源を入れるだけで自動接続されるので便利です。複数機器とのワイヤレス接続したい方におすすめです。

イェメンレン(YEMENREN) S2

低価格を武器に人気のBluetooth片耳イヤホンです。本体サイズ2.5×1.5×1.5cm、本体重量は4gという小型・軽量タイプ。人間工学に基づいたデザインで耳にしっかりフィットしつつ、快適な装着感も両立しています。30分でフル充電できるのも便利。1回の充電で最大6時間音楽再生、最大8時間の連続通話ができるのもポイントです。

ひとつのボタンで音楽・通話の操作が簡単にできるワンボタン設計。bluetooth4.1+EDRに対応しているので、接続機器と10mほど離れても音声を聞くことができます。イヤーピースも3サイズ付属。初めてのBluetooth片耳イヤホンとしておすすめです。

EnacFire CF8001

本体重量わずか3.7gと世界最軽量級クラス。人間工学設計により、フィット感も良好です。コンパクトサイズでありながら、連続通話時間が最大6~8時間というパワースタミナもポイント。

付属品としてワイヤレスタイプのUSB充電器が2つ付いてきます。自宅用と会社用など、共用したいときに便利です。紛失防止用収納ケースも付いているので、屋外でも安心して利用できます。

ZEN Z-spro

片耳イヤホンとして最高レベルの防水性を持つワイヤレス機。完全な防塵性と水中に沈めても壊れないIP68の高性能です。付けたままの入浴はもちろん、水泳にも対応。スポーツ用のタフな片耳イヤホンを探している方におすすめです。

密閉性の高い独特なイヤーピースをしっかりと装着することが使いこなしのポイントです。防水性が必要ないシーンならば、イヤーキャップを交換することで付け心地もアップします。日常使い用としてもおすすめです。

TAROME X2T

モノラルの片耳イヤホンとしても使える完全ワイヤレスイヤホン。100円玉よりやや小さいボディで、重さはわずか4.5g(片側)。ワンボタンで音楽の再生・停止、通話の開始・終了など、さまざまな操作ができます。

1回の充電で最大7時間以上の連続再生ができるのも魅力。専用の携帯式充電収納ケースが付いているので、外出先でも簡単に充電可能です。カラーバリエーションも全6色と豊富。ビジネスはもちろん、プライベートの使用にもおすすめです。

ソル・リパブリック(Sol Republic) AMPS AIR

片耳で接続してモノラルイヤホンとしても使用もできる完全ワイヤレスイヤホンです。1回の充電での再生時間は3時間とやや短めですが、バッテリーを内蔵したケースは最大15回分の充電が可能なので、ケースを持ち運べば長時間使用にも対応できます。

ボディの溝によって通気性をよくしているのもポイント。汗をかきづらいように配慮されています。コーデックはSBCのみ対応。性能と価格のバランスのよさでおすすめの完全ワイヤレスタイプです。

片耳イヤホンのおすすめ人気モデル|有線

オーディオテクニカ(audio-technica) DMK-32

エントリーモデルからハイエンドモデルまで、幅広いオーディオ製品をリリースしているオーディオテクニカの片耳イヤホンです。現在主流のカナル(耳栓)型イヤホンながら、大口径の11.5mmのダイナミック型ドライバーを採用。これにより、スケール感のあるパワフルな高音質を実現しています。

幅広い音域を聴きやすく調整した音で、テレビやラジオ聴取はもちろん、音楽鑑賞用としてもおすすめ。また、劣化しづらい金メッキプラグを使用。耐久性も良好です。コスパ重視の方にピッタリの片耳イヤホンです。

ソニー(SONY) ME-L93D

3mのロングコードが特長の片耳イヤホンです。離れてテレビを見る時にも延長コードを使う必要がありません。長年ラジオやテレビを作り続けてきたメーカーならではの配慮です。有線タイプの片耳イヤホンとしては音質が高いので、音楽再生用としてもおすすめです。

ヤザワ(YAZAWA) TMS1061BK

国内メーカー製ながらお手頃価格の片耳イヤホン。直径10mmのダイナミック型ドライバーユニットを使用。再生周波数範囲も20Hz~20kHzのワイドレンジと内容も十分です。イヤーパッドがL・M・Sの3タイプが付属しているので、フィット感を調整できるのもポイント。ケーブル長は1mなので、ラジオ用としてはもちろん、スマホやポータブルオーディオプレイヤー用としてもおすすめです。

エレコム(ELECOM) EHP-MC3540RBK

コード巻き取り機能が特長の片耳イヤホンです。ケーブルは5段階の長さで巻き取りできます。取り回ししやすく、からまりを防ぐフラットケーブルも相まって、いつでも快適な長さで装着可能。巻き取りリールには、襟元やシャツのポケットなどに付けられるクリップが付いているのもポイントです。

対応機種は3.5mm径4極ミニジャックのスマートフォン。マイクを搭載しているのでハンズフリー会話も楽しめます。応答・着信終了ができるボタンが付いているのも魅力。スマホ用のイヤホンを探している方におすすめです。

エレコム(ELECOM) EHP-TVIEM0230BK

インナーイヤー型の片耳イヤホンです。14.8mm径の大口径ダイナミック型ドライバーの採用により、迫力のあるサウンドを出力できます。ケーブルのからまりを防ぐクリップや短くまとめられる結束バンドも付いているのも便利です。ボリュームコントローラーが付いているので手元で音量を調整できるのもポイント。テレビ用の片耳イヤホンとしておすすめです。

オーム電機(OHM) EAR-C210N

ラジオ向けの片耳イヤホンです。オーソドックスな形状のカナル型を採用。ステレオ音声をミックスして出力できるため、FMラジオの視聴にもおすすめです。また、プラグには経年劣化に強い金メッキを使用。低価格帯ながら、イヤーチップがS・M・Lの3種類入っているのもポイントです。