「片耳イヤホン」は周囲の音を聞きながら作業したい方におすすめのアイテムです。以前はラジオ用として使用されることの多かった片耳イヤホンですが、Bluetooth対応の端末が増えたことにより、活躍の場が増えています。

そこで今回は、片耳イヤホンの選び方やおすすめの製品をご紹介。デザインが似通っているモノでも、異なった機能をもっているので用途やシーンなどを考えながら選びましょう。

片耳イヤホンのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

片耳イヤホンは、イヤホンをしていないほうの耳で周囲の音を聞き取れるのが魅力です。装着感に優れたモデルならズレにくく、ランニング中やサイクリング中も便利に使えます。

マイクを搭載したヘッドセットタイプのモノは、音声通話にも便利。周囲のアナウンスを聞き取りながら通話をしたい方や、オフィスなどで周囲の会話を聞き取りながら通話したい方におすすめです。

デメリット

By: amazon.co.jp

片耳イヤホンは片耳だけに装着するため、モノラル再生のみに限定されるのがデメリット。ステレオ再生で音楽を楽しみたい方よりも、通話をメインに使用する方へおすすめです。

ただ、片耳イヤホンのなかにはモノラルとステレオの両方に対応したモデルもあります。片耳イヤホンで音楽も楽しみたい方はチェックしてみてください。

片耳イヤホンの選び方

接続方式をチェック

ケーブルから解放される「ワイヤレス(Bluetooth)」

By: amazon.co.jp

ワイヤレスの片耳イヤホンはBluetoothなどを使用して無線接続します。有線のモデルよりも比較的音や接続が途切れやすいのがデメリットですが、運動時や移動時などの邪魔になりにくいのがポイントです。

無線接続するためには、片耳イヤホンを接続するスマートフォンやオーディオ機器も、Bluetoothに対応している必要があります。あまりに古い機種だと接続できない場合があるので要注意。

また、イヤホン側のBluetoothのバージョンが高くても、接続する機器のバージョンが古い場合は最大限性能を発揮できないこともあります。Bluetooth5.1などの比較的新しいモデルを購入する際は、接続する機器のバージョンもチェックしましょう。

安定したサウンドが魅力の「有線」

By: amazon.co.jp

有線の片耳イヤホンは、オーディオ機器に直接プラグを接続して使用します。主にラジオを聴くために使われてきたタイプです。

有線の片耳イヤホンのメリットは、音質が劣化しにくい点。音を安定して伝えられるため、ぶつぶつと途切れません。また、価格も比較的リーズナブルで手に入りやすいのも特徴です。

便利機能などで選ぶ

マイクの有無

By: amazon.co.jp

片耳イヤホンを使って通話をしたい場合は、マイク機能が搭載されたモデルを選びましょう。口元で自分が話した音声を拾い上げて通話相手へ届けるので、ランニングや車の運転など、目の前に集中しなければならない状況でも、ハンズフリーで通話が楽しめます。

また、イヤホン本体に通話対応のボタンが搭載されたモデルなら、着信への応答・拒否・終話の際にわざわざバッグからスマホを取り出す必要がないため便利です。

ノイズキャンセリング機能

By: amazon.co.jp

音楽を聴く際や通話する際の音声に集中したい場合は、ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルがおすすめ。外界から聞こえてくる環境音や雑音と逆位相の音波を発生させることで、雑音を打ち消すのが特徴です。音がクリアに聴き取れるので、音楽や通話が快適に楽しめます。

また、マイク側にもノイズキャンセリング機能が搭載されていれば、通話品質が向上するのもポイント。周囲が風や電車、車などの環境音で騒がしい状況でも、通話相手にクリアな音声を届けられるので、スムーズに会話ができます。

防水・防塵性能

ランニングやワークアウトなどの運動中にも片耳イヤホンを使用したい場合は、防水・防塵性能を備えているモデルがおすすめです。大量に汗をかいたり、急な雨や砂埃に見舞われたりしてもイヤホンが壊れて使えなくなるリスクを軽減できるので、音楽や通話を楽しみながら安心して運動を進められます。

片耳イヤホンなど電気機器の防水性能は「IPX◯」という保護等級で表示されるのがポイント。◯部分の数値が大きくなるほど防水性能も向上しますが、ランニングやワークアウトで使用する場合は生活防水を意味する「IPX4」以上に対応するモデルがおすすめです。

一方で、防塵性能は「IP◯X」という保護等級で表示されます。防水性能ほど重視されないものの、粉塵による故障を懸念する方はIP5X以上のモデルを選びましょう。

装着感をチェック

インナーイヤータイプ

インナーイヤータイプの片耳イヤホンは、耳の穴の入り口を覆うようにして装着します。耳へ引っ掛けているだけなので、簡単に付け外しできるのが魅力。耳の穴へ入れないため、圧迫感が抑えられます。軽いつけ心地が好みの方におすすめです。

また、インナーイヤータイプの片耳イヤホンは耳が疲れにくく、長時間通話などをする方にもおすすめ。ただ、インナーイヤータイプの片耳イヤホンは外れやすいため、運動中や移動中よりも、オフィスなどで座っているときの使用に向いています。

カナルタイプ

By: amazon.co.jp

カナルタイプの片耳イヤホンは、耳の穴の中へイヤーチップをはめ込んで使うタイプです。耳の穴へ入れるため外れにくく、ジムなどで激しく身体を動かしている最中でもしっかりと固定できます。

また、カナルタイプは耳栓のように耳の穴を塞いで使うため、遮音性が良好。低音や細かい音も聞き取りやすく、リスニングにより集中したい方におすすめです。

さらに、カナルタイプの片耳イヤホンは音漏れがしにくいため、電車内など周囲への騒音が気になるシーンでも便利。イヤーチップが複数個付属しているモノなら、より自分の耳に合わせやすく、フィット感や遮音性も高められます。

耳掛けタイプ

耳掛けタイプの片耳イヤホンは、イヤーフックを耳に引っ掛けて使います。カナルタイプやインナーイヤータイプよりも装着に時間はかかりますが、安定感があるので激しく動いても落ちにくく、街歩きやジムなどでのトレーニングシーンにもおすすめです。

また、カナルタイプのように耳の穴へしっかり入れずに使えるため、耳の形にフィットするモノを選べば圧迫感を軽減できます。耳への負担も軽減できるので、長時間通話をする方などにもおすすめです。

ステレオ再生に対応しているかをチェック

By: amazon.co.jp

有線タイプの片耳イヤホンで音楽を聴きたい方は「ステレオ再生」に対応しているモデルがおすすめ。モノラル対応のイヤホンでステレオ音源を聴こうとすると、音のバランスが悪くなる場合があります。

通話やラジオなどをメインで使用する方はモノラル対応でも十分ですが、音楽を聴く時間が長い方はステレオに対応しているかチェックしましょう。

片耳イヤホンのおすすめモデル|ワイヤレス(Bluetooth)

バッファロー(BUFFALO) BSHSBE500シリーズ BSHSBE500

屋外での音声通話にもおすすめの片耳イヤホンです。「デュアルマイクCVC」を搭載しており、2つのマイクでノイズを低減。さらに、大音量でも音割れしにくいスピーカーユニットを採用することで、街中でもよりクリアな音声が届けられます。

また、「HD Voice」に対応しており、高音質通話が可能。相手の話声もよりクリアに聞こえます。

内部には「3Dメタルアンテナ」を搭載。全方位からの電波をキャッチし、通信が安定するよう設計されています。街中など、電波の乱れやすい場所でも使いやすいモデルです。

プラントロニクス(PLANTRONICS) VOYAGER 5200 203500-108

業界トップクラスのウインドノイズリダクション機能を搭載した片耳イヤホンです。4つのマイクを組み合わせて、周囲のノイズを軽減。街の喧騒や風が吹くなかでも使いやすく、通話相手にクリアな音声を届けられます。

また、「P2iナノコーティング」を採用。IPX4相当の撥水機能があり、小雨に降られたり汗をかいたりしても快適に使えます。

約1.5時間の充電で最大7時間の連続通話が可能と電池持ちも良好。仕事などで長時間通話をすることが多い方にもおすすめです。NFCペアリングに対応しているので毎回設定する手間が省け、必要なときに素早く使えます。

さらに、耳に装着しているかどうかを自動判別する「スマートセンサー」を採用。自動的にBluetoothのオンオフを設定したり、音楽再生を一時停止できたりします。

Link Dream ワイヤレス ヘッドセット LC-B41

大容量バッテリーを搭載した片耳イヤホンです。最大24時間の通話や22時間の音楽再生が可能。わずか2〜3時間でフル充電できるのもうれしいポイントです。

また、明瞭な通話を実現する「CVC6.0ノイズキャンセリング」を搭載。環境音などのノイズを低減できるので、クリアな通話をしたい方にもおすすめです。

同時に2つのデバイスと接続できるのも魅力のひとつ。ビジネスとプライベートでデバイスを使い分けて使用する方にもピッタリです。

Glazata Bluetoothイヤホン H-EC200-1

ハイスペックながらリーズナブルに購入できるインナーイヤータイプの耳掛け型片耳イヤホン。CSRのスマートチップを搭載しており、多機能な点が特徴です。バッテリーには260mAhの大容量電池を内蔵。最大30時間の連続通話や40日間の待機時間など、充電する手間を省けるのもうれしいポイントです。

Bluetoothプロセッサーは音響エコーやノイズ除去機能をもち、雑音のないクリアな通話が可能。スムーズに通話したい方にもおすすめです。また、同時に2台のデバイスと接続できるのも魅力のひとつ。ビジネスとプライベートで使い分けられるのも便利です。

Anpoow Bluetoothヘッドセット G3EJ

多機能ながらリーズナブルに購入できるコスパに優れた片耳イヤホンです。バッテリーには110mAhの大容量充電池を採用。8時間の音楽連続再生や10時間の連続使用が可能なため、こまめに充電する手間を軽減します。さらに、わずか1.5時間でフル充電できるのも特徴。朝の忙しい時間帯でも外出前に手軽に充電できます。

また、CVC8.0のノイズキャンセリング機能を搭載。マイク部分に装着している「ウインドフィルター」により外部の雑音を軽減し、会話に集中できるのも魅力です。iPhoneやiPadなどのiOS端末の音声アシスタント「Siri」に対応しているのもポイント。待機中にSiriボタンを押せば音声で操作できるので、快適にハンズフリー通話を楽しみたい方にもおすすめです。

Walless Bluetoothイヤホン B5

大容量のバッテリーを搭載した多機能な片耳イヤホン。Bluetooth5.0を採用しており、安定した接続と機能性の高さが特徴です。本体のヘッド部分は180°、通話マイクは270°回転可能。耳の形に合わせて装着できるため、耳に負担がかかりにくいのもうれしいポイントです。

イヤー部分にはやわらかいシリコン素材を採用。長時間装着しても圧迫感が少ないので、長時間通話や音楽再生を行う方におすすめです。

また、同時に2台のデバイス接続が可能なため、プライベートとビジネスなどシーンごとに使い分けられます。収納ケースも付属しているので、外に持ち運んで使用する予定の方にもピッタリです。

LAMA Store ハンズフリー Bluetooth ワイヤレスイヤホン

Bluetooth5.0を搭載し、高速で安定した通信ができるワイヤレスイヤホン。大容量バッテリーの採用により、約42時間の連続会話、約36時間の音楽再生が可能です。また、ノイズキャンセリング機能を備えているため、クリアな音質を実現しています。

IPX4の防水機能を有しているのもうれしいポイント。汗や水しぶきなどに強く、ランニングやスポーツをしながらも会話を楽しめます。人間工学に基づいて設計されたフィット感のよさも魅力。有線イヤホンも付属しているため、利用シーンに応じてさまざまな使い方ができます。

ワンタッチで各デバイスとのペアリングが可能。使い勝手がよく、長時間使えるイヤホンを探している方におすすめです。

QCY ワイヤレスイヤホン QCY-MINI2

コンパクトで持ち運びに便利な片耳イヤホン。本体重量がわずか3.8gと軽量設計のため、長時間のリスニングにも適しています。Bluetooth5.0にも対応しており、安定したワイヤレス接続が可能。人混みでも音が途切れにくいので、屋外で通話をする機会が多い方にもおすすめです。

また、クリアなサウンドを実現したノイズキャンセリング機能を搭載。音声認識を向上しながら環境騒音を軽減させ、騒音の大きい屋外でも高音質が楽しめます。ペアリングが簡単で、2回目以降自動接続するので、手軽に使えるのも魅力のひとつ。多機能かつ持ち運びに便利なモデルを探している方におすすめです。

Eleproof Bluetoothイヤホン HBQ-Q32

Hi-Fiに対応した高音質片耳イヤホン。「CVC6.0」機能により通話中の雑音や周囲のノイズを抑制できるため、クリアでバランスの取れた高音質を楽しめるのが特徴です。Bluetooth5.0を搭載しているのもポイント。より安定した通信が可能なため、人混みで使う方にもおすすめです。

1450mAhの大容量バッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。電池切れの心配が少ないので、充電切れの手間を省けます。通話・音楽再生のバランスが取れたモデルを探している方におすすめです。

HXホームライフ Bluetoothイヤホン XG-U12

コンパクトで耳にフィットしやすい片耳イヤホン。本体重量がわずか3gと軽量設計のため、耳への負担が少なく長時間着けても疲れにくいのが特徴です。小型ながら最大120時間まで待機できる大容量バッテリーを内蔵しているのもポイント。持ち運びに便利なモデルを探している方におすすめです。

Bluetooth5.0に対応しているのも魅力のひとつ。音飛びや音ズレなどを軽減できるので、安定した操作が可能です。クリアな音質を実現するため、通話用としても適しています。

明誠(meisei) 超小型 最高音質 ワイヤレスイヤホン Bluetooth 4.1

小型軽量な片耳イヤホンです。約4gと軽いため、長時間快適に装着できます。人間工学に基づいて設計されているので小型でも落ちにくく、安定感も良好。街を歩きながら通話したい方などにもおすすめです。

ハウジングにはボタンを搭載しており、音楽再生・一時停止・通話開始・リダイアルなどを片手で操作可能。2台までスマホを接続できるので、仕事用やプライベート用などで使用デバイスを分けている方にもおすすめです。

また、電池持ちもよく、約1.5時間でフル充電が完了。1回の充電で、約7時間の音楽再生と約6時間の連続通話ができます。小型ながらも60mAhのバッテリーを搭載しており、外出時の使用にもおすすめです。

片耳イヤホンのおすすめモデル|有線

ソニー(SONY) モノラルイヤホン ME-L91D

Hi-Fiにも使える有線片耳イヤホン。プラグ形状がL型のため、コードが断線しにくく、デバイスに接続しやすいのが特徴です。ケーブルの長さも1mと余裕をもった設計。テレビやラジオなどさまざまなシーンで使いやすいのもうれしいポイントです。

モノラルイヤホンのため音の立体感や迫力はやや控えめですが、ラジオなど音声の聴き取りやすさは良好。語学の勉強やラジオのリスニングをメインに使用する方にピッタリの製品です。

オーディオテクニカ(audio-technica) モノラルイヤホン DME-35

テレビ用に開発されたインナーイヤータイプの片耳イヤホンです。深夜や早朝など、テレビの音量が気になるときに使いやすいモデル。耳への負担が少ないので、長時間のテレビ視聴にもおすすめです。

接続端子には汎用性の高い3.5mmプラグを搭載しており、プラグ部分には経年変化に強い金メッキプラグを採用。スタンダードなデザインと機能を搭載しており、長く愛用できます。

エレコム(ELECOM) マイク付きモノラルヘッドホン EHP-MC3520

遮音性が高く通話に適した片耳イヤホン。片耳のため周囲の環境音を適切に取り入れながら、安全な通話が可能です。マイクには着信応答・通話終了スイッチが搭載されており、スマホを取り出さずに通話ができます。また、ケーブルには、取りまわしやすく絡まりにくいフラットケーブルを採用。断線しにくい設計のため、携帯しやすいのもうれしいポイントです。

イヤー部分は遮音性が高く耳にフィットする耳栓タイプを採用しており、通話時も相手の音声が聞き取りやすいのもポイント。さらに、XS・S・M・Lのイヤーキャップを付属しているので、フィット感を選べます。コスパの優れたモデルを探している方におすすめです。

エレコム(ELECOM) カールコード片耳イヤホン EHP-CCS100CMM

伸び縮みさせやすいカールコードを採用した片耳イヤホンです。取り回しやすいのが特徴で、デバイスから離れた場所でも手軽に使用できます。

ケーブルにはマイクが付いているので、音声通話にも便利。カールコードは絡まりにくいので学校や職場へも持ち運びやすく、テレワークやオンライン学習にもおすすめです。

また、イヤーチップにはオープンイヤーキャップを採用しているため周囲の音が聞こえやすく、オフィスで使いたい際にも便利。3.5mmプラグは汎用性が高く、さまざまな機器と接続して使えます。

エレコム(ELECOM) ヘッドセット HS-EP13TBK

マイクを搭載した有線タイプの片耳イヤホンです。3.5mmの4極ミニプラグを採用しており、スマホ・タブレット・PCで使用できるのが特徴。ドライバ不要で、接続するだけで使用できるので、初心者の方にもおすすめです。

イヤーフックが左右兼用な点も魅力のひとつ。自在に曲げられるため、自分好みに角度調節できます。マイクにはノイズを軽減する「ウィンドスクリーン」を搭載。クリアなサウンドで通話できるのもうれしいポイントです。

バッファロー(BUFFALO) 片耳イヤフック式ヘッドセット 4極 BSHSECM105BK

3.5mmの4極ミニプラグを採用したモデルです。パソコン・タブレット・スマホ・PlayStation4などに接続して、簡単に使えるのが特徴。対応デバイスが幅広いほか、コンパクトで持ち運びがしやすいので、さまざまなシーンで利用できる人気の片耳イヤホンです。

27mmの大口ドライバーユニットを搭載しているため、クリアで高音質なサウンドが特徴。ゲームでも臨場感あふれる音質を楽しめます。ビジネスからプライベートシーンまで、マルチで活躍するおすすめの片耳イヤホンです。

WEUTOP 片耳イヤホン WE-ESRCWH

リーズナブルかつハンズフリー通話に対応した片耳イヤホン。有線のため、Bluetoothに比べて音の遅延も少なくスムーズな通話が可能です。片耳イヤホンなので車内アナウンスや子供の声、呼び出し音など周囲の音が聞こえやすく場所を選ばず使えるのが便利。通話ボタンが搭載されているので、スマホを取り出さずに通話できるのも特徴です。

ステレオに対応しているため、片耳でも立体感あるサウンドを楽しめるのも魅力のひとつ。機能がシンプルかつ低価格で購入したい方におすすめです。

エフファクトリー(F-Factory) カナル型片耳イヤホン VM-4081

左右の音を片耳にまとめて聴けるカナル型片耳イヤホン。3.5mmステレオミニプラグに対応しており、テレビやラジオなどの機器に使えるのが特徴です。カナル型なので、遮音性が高く通話や音楽のリスニングに集中したいときにも便利。片耳なので完全な音の遮断はできませんが、環境音を聞きながら安心して使用できます。

1mと長めのケーブルを採用しているのもポイント。テレビに接続して使用する際もケーブルに余裕がもてるので、さまざまなシーンで使いやすい片耳イヤホンです。

多摩電子工業 スマートフォン ハンズフリー iPhoneタイプ T6116iBK

高感度マイクを搭載したハンズフリーイヤホン。カナル型のため遮音性が高いほか、音漏れもしにくいので、クリアな音質を楽しめます。

着信スイッチを押して、ワンタッチですぐに会話できるのもポイント。また、コードが1.3mと長く、少し離れたところにスマホを置いても会話ができます。SS・S・M・Lサイズのシリコンイヤーパッドが付属しており、ジャストサイズが選べるのもうれしいポイントです。

車の運転中など、ハンズフリーで会話ができるイヤホンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アイコム(ICOM) 耳掛け型イヤホン SP-28

左右兼用で使える有線タイプのオンイヤーイヤホン。耳掛け型なので長時間着用しても疲れにくいのがポイント。業務用として使用する予定の方にもピッタリです。

ただ、ケーブルの長さが0.56mとやや短めな点に注意が必要。テレビやラジオなど自宅で使用する際に使いにくいこともあるので、購入する前にチェックしましょう。

本製品には、交換可能なイヤーパッドを付属。業務用途の片耳イヤホンとしては価格が手頃なので、ぜひ検討してみてください。

アイコム(ICOM) 耳掛け型イヤホン SP-16B

耳掛け型で長時間の使用にも適した有線タイプの片耳イヤホンです。イヤーフックは取り外しが可能なため、必要ない方は好みに合わせて調節できます。イヤー部分の交換パーツも付属しており、耳にフィットするサイズを選べるのも特徴です。

ただ、ケーブルの長さが約0.5mとやや短めな点に注意が必要。テレビやラジオに使用する予定の方は延長ケーブルが必要になる場合もあるので、チェックしておきましょう。

業務用として設計されているため、音声の聞き取りやすさは良好。別売のアイコム業務用無線やデジタル簡易無線、特定省電力トランシーバーなどと組み合わせて使用できるのも特徴です。

プラネット(Planet exa) 耳掛け式イヤホン PL-EA310C

イヤーフックが搭載されたリーズナブルな有線タイプの耳掛け型片耳イヤホン。3.5mmのプラグを採用しており、スマホ・タブレット・PCに接続できるのが特徴です。

また、ケーブルが絡まりにくいカールコードを採用しているのもポイント。ケーブルが伸縮するため、さまざまなシーンに対応できて便利です。音声が聞き取りやすい設計なので、ラジオのリスニング用としても適しています。

エージーピーテック(AGPTEK) イヤホンマイク AC02BE

イヤホンとマイクが一体になった多機能な片耳イヤホン。マイクが搭載されているため、録音や動画撮影の使用に便利です。付属のマイクアダプターと接続することで、スマホやタブレットだけでなく、PCや拡声器などの機種に接続できます。

ケーブルは約2mと余裕をもった設計。マイクは360°全方向から音声を拾えるので、会議や会談、授業などさまざまなシーンで使えます。高性能ながらリーズナブルなモデルを探している方におすすめです。