片耳イヤホンは周囲の音を聴きながら作業したい方におすすめのアイテムです。以前はラジオ用として使用されることが多かった片耳イヤホンですが、Bluetooth対応の端末が増えたことにより、活躍の場が増えています。

そこで今回は、片耳イヤホンの選び方やおすすめの製品をご紹介。デザインが似通っているモノでも、それぞれ異なった機能を持っているので使用用途やシーンなどを考えながら選びましょう。

片耳イヤホンの選び方

接続方式をチェック

ケーブルから解放される「ワイヤレス(Bluetooth)」

By: amazon.co.jp

ワイヤレスの片耳イヤホンはBluetoothなどを使用して無線接続します。有線のモデルよりも比較的音や接続が途切れやすいのがデメリットですが、コードがないため運動時や移動時などの邪魔になりません。

無線接続するためには、片耳イヤホンを接続するスマートフォンやオーディオ機器もBluetoothに対応している必要があります。あまりに古い機種だと接続できないため確認しておきましょう。

なお、高音質で聴きたい方はコーデックに注目。圧縮・展開するコーデックは音質を大きく左右します。高品質なAACやapt-Xなどのコーデックがおすすめです。ただ、コーデックも送受信する双方が対応していないと意味がありません。Bluetoothの片耳イヤホンを購入する際は、オーディオ側の対応コーデックも確認しておきましょう。

安定したサウンドが魅力の「有線」

By: amazon.co.jp

有線の片耳イヤホンは、オーディオ機器に直接プラグを接続して使用します。主にラジオを聴くために使われてきました。

有線の片耳イヤホンのメリットは、音質劣化しにくい点。音を安定して伝えられるため、ぶつぶつと途切れません。また、価格も比較的リーズナブルで手に入りやすいのも特徴です。

便利機能などで選ぶ

ノイズキャンセリング機能

By: amazon.co.jp

音楽を聴く際や通話する際の音声に集中したい場合は、ノイズキャンセリング機能を搭載したモデルがおすすめ。外界から聞こえてくる環境音や雑音と逆位相の音波を発生させることで、それらを打ち消す働きを持っているのが特徴です。音がクリアに聴き取れるので、音楽や通話が快適に楽しめます。

また、マイク側にもノイズキャンセリング機能が搭載されていれば、通話品質がさらに向上するのもポイント。周囲が風・電車・車など、環境音で騒がしい状況でも通話相手にクリアな音声を届けられるので、スムーズに会話を進められます。

マイクの有無

By: amazon.co.jp

片耳イヤホンを使って通話をしたい場合は、マイク機能を搭載したモデルを選ぶのが最適。口元で自分が話した音声を拾い上げて通話相手へ届けるので、ランニングや車の運転など、目の前に集中しなければならない状況でも、ハンズフリーで通話が楽しめます。

イヤホン本体にボタンが搭載されたモデルなら、着信への応答・拒否・終話の際にわざわざバッグからスマホを取り出す必要がないため便利。また、相手に通話時の音声をクリアに届けたい場合は、前述のノイズキャンセル機能に対応したマイクが搭載されているモデルを選びましょう。

防水・防塵性能

By: amazon.co.jp

ランニングやワークアウトなどの運動中にも片耳イヤホンを使用したい場合は、防水・防塵性能を持っているモデルがおすすめです。大量に汗をかいたり、急な雨や砂埃に見舞われたりしてもイヤホンが壊れて使えなくなる心配がないので、音楽や通話を楽しみながら気持ちよく運動を進められます。

片耳イヤホンなど電気機器の防水性能は「IPX◯」という保護等級で表示されるのがポイント。◯部分の数値が大きくなるほど防水性能も向上しますが、ランニングやワークアウトで使用する場合は生活防水を意味する「IPX4」以上に対応するモデルがおすすめです。

装着感をチェック

By: amazon.co.jp

片耳イヤホンの形状にはインナーイヤー型・カナル型・耳かけ型の3種類があります。インナーイヤー型は耳殻(耳の縁)に引っ掛けて使用するタイプ。簡単に付け外しができ、長時間装着していても耳が疲れにくいので、仕事中などに常時装着できる片耳イヤホンを探している方におすすめです。

カナル型は耳栓のようなイヤーピースを内耳(耳の中)に挿入して使用するタイプ。耳の内側を圧迫する形になるので、長時間使用すると疲れが溜まりやすいのが難点ですが、遮音性が高く、音漏れもしにくいため音質にこだわりたい方におすすめです。

耳かけ型はイヤーフックを耳に掛けて使用するタイプ。遮音性や音漏れの面では最も劣りますが、耳の上に乗せるような感覚で使うため耳への圧迫感が最も少なく、長時間でも快適に使用できます。

片耳イヤホンのおすすめモデル|ワイヤレス(Bluetooth)

Glazata Bluetoothイヤホン H-EC200-1

Glazata Bluetoothイヤホン H-EC200-1

優れたコストパフォーマンスが人気のインナーイヤー・耳かけ型片耳イヤホンです。高性能なCSR社のスマートチップを内蔵し、多彩な機能を備えています。

AACやapt-Xなどの高音質コーデックに対応。iPhoneやAndroidスマホで音楽のステレオ再生が楽しめます。さらに、ノイズキャンセリングやエコー消去などの機能を備えるデュアルマイクも搭載。周囲の雑音を軽減してクリアな音声での通話が可能なので、ビジネス用途としてもおすすめです。

大容量260mAhのバッテリーを内蔵するのもポイント。省電力技術との組み合わせによって、30時間の連続通話、40日間の待機ができます。加えて、価格もお手頃なため手軽に購入できるのも魅力です。

HOLIDA Bluetooth V5.0ヘッドセット b4

HOLIDA Bluetooth V5.0ヘッドセット b4

左右両方の耳で使用できるリーズナブルな耳かけ型の片耳イヤホンです。人間工学に基づいた設計により、イヤーフックを360°回転できるのが特徴。さらに、伸縮によって耳の形にフィットするので、利き耳が左耳の方でも違和感なく使用できます。

最新のBluetooth 5.0に対応しているのもポイント。スマホなどの対応機器と高速でペアリングできるため、接続時のストレスを感じさせません。また、最大2台までのマルチ接続にも対応しています。

180mAhのバッテリーを搭載。省電力設計によって14時間の連続通話、16時間の音楽再生、130時間の待機が可能です。マイクも内蔵するのでハンズフリー通話も利用できます。

Anager 完全ワイヤレス片耳イヤホン NB2

Anager 完全ワイヤレス片耳イヤホン NB2

スポーツやアクティビティを趣味とする方におすすめな完全ワイヤレスのカナル型片耳イヤホンです。最高の保護等級となるIP68規格に対応するのが特徴。水深1.2mで30分間の潜水に耐える完全防水性能があるため、登山やランニングはもちろん、シャワーを浴びながらでも音楽が楽しめます。

重さは約4.6gと軽量。人間工学に基づいたデザインなので快適なフィット感が得られます。また、本体のボタン1つで音楽や通話の操作が可能なワンボタン設計を採用しているのもポイントです。

1回のフル充電で約5〜6時間の連続使用が可能。マグネット方式のUSB充電器を採用しておりケーブルが不要なため、充電にも手間がかかりません。

Walless Bluetooth 5.0ワイヤレスヘッドセット HPS-B5

Walless Bluetooth 5.0ワイヤレスヘッドセット HPS-B5

高い柔軟性を持つ左右兼用タイプの耳かけ型片耳イヤホンです。伸縮可能で180°回転ができるイヤーフックと270°回転ができる通話マイクを採用。装着する耳の形に柔軟に対応できるため、利き耳が左耳の方でも快適に使用できます。また、イヤーフックは肌に優しいシリコンゴム製なので長時間の使用でも疲労をあまり感じません。

通信方式は最新規格のBluetooth 5.0に対応。高い信号品質が得られるため、雑音の少ない安定した高音質で音楽や通話が楽しめます。また、2台までのマルチペアリングに対応しているのも特徴です。

115mAhの大容量バッテリーを内蔵。約1.5〜2時間の充電で、約9時間の連続通話と音楽再生、約200時間の待機ができます。

Bearoam Bluetoothワイヤレスヘッドセット A1JLGCDRJHe

Bearoam Bluetoothワイヤレスヘッドセット A1JLGCDRJHe

長時間装着していても疲れにくい耳かけ型片耳イヤホンです。人間工学により耳の形に自然とフィットするデザインを採用。また、耳を塞がずに使用できるため、長時間装着していても不快感がないのも魅力です。

ノイズキャンセリング機能に対応するのもポイント。人混みや電車の通過音など周囲が騒がしい状況のなかでも単語1つ逃さずにはっきりと聞き取れるので、ビジネスシーンで大切なクライアントからの急な電話にも重宝します。

Bluetooth 4.1を採用しており、2台までのマルチペアリングに対応。バッテリーは最大6時間の連続通話、最大5時間の音楽再生、150時間の待機ができます。ワンボタン設計なので、各種操作がボタン1つで可能なのも魅力です。

Yuwiss Bluetoothワイヤレスヘッドセット GL06

Yuwiss Bluetoothワイヤレスヘッドセット GL06

ビジネスシーンにも使えるインナーイヤー型の片耳イヤホンです。重さ約9gの軽量ボディは人間工学に基づいた設計により、左右両方の耳へ快適に装着が可能。さらに、シリコンゴム製のイヤーフックが付属するので、外れやすい場合は耳かけ型イヤホンとしても使えます。

CSR社の高性能スマートチップを搭載。最大2台の機器とBluetooth 4.1による安定したペアリングが利用できます。また、日本語音声による音声ガイド機能が搭載されているため、ペアリングなどの設定がスムーズに可能です。

ノイズキャンセリング機能を搭載するのもポイント。加えて、デュアルマイクの採用により通話相手へクリアな音声を届けられるので、仕事の打ち合わせでも活躍します。

Eleproof Bluetooth完全ワイヤレス片耳イヤホン HBQ-Q32

Eleproof Bluetooth完全ワイヤレス片耳イヤホン HBQ-Q32

機能性に優れた完全ワイヤレスタイプのカナル型片耳イヤホンです。重さ約3gの軽量ボディはIPX5の生活防水に対応。ランニング中でも小雨や汗を気にせず音楽が楽しめます。

Bluetooth 5.0による安定した高音質な音楽再生が堪能できるのも魅力。HiFiに対応しているので、低音域から高音域まで原音に近く臨場感のあるサウンドが楽しめます。また、ノイズキャンセリング機能も搭載しているのもポイントです。

バッテリーは約4時間の連続使用が可能。さらに、付属する1450mAhの超大容量バッテリーケースはイヤホンを約25回フル充電できるほか、予備のモバイルバッテリーとしてスマホの充電にも使えます。

Three-T Bluetooth ヘッドセット V9

Three-T Bluetooth ヘッドセット V9

忙しいビジネスパーソンにもおすすめな耳かけ型の片耳イヤホンです。本製品は音声によるリモコン操作が可能なのが特徴。着信の際に「YES」と答えると電話に出られ、「NO」と答えると着信拒否できるので、両手が塞がった状態でも簡単に応答ができます。

高機能ステレオコーデックの搭載により、着信拒否時に着信番号を自動音声ガイダンスで読み上げてくれるのもポイント。大事な着信を逃さず対応できます。さらに、ノイズキャンセリング機能にも対応しているため、駅や街中でもクリアな音声で通話が可能です。

スピーカー部は270°回転が可能なので左右両方の耳で使用が可能。バッテリーは最大8時間の連続通話と音楽再生、約20日間の待機ができます。

Aminy 片耳ワイヤレスイヤホン UFO

Aminy 片耳ワイヤレスイヤホン UFO

日本語による音声ガイドが搭載されている生活防水仕様の耳かけ型片耳イヤホンです。ペアリング状況やバッテリー残量などを知らせてくれるので、ワイヤレスイヤホン初心者でも簡単に使用可能。さらに、Siriなど音声アシスタントの呼び出しにも対応しています。

IPX5相当の生活防水に対応するのもポイント。キッチンなどの水場でも安心して使用できるため、家事をしながら音楽再生やハンズフリー通話が楽しめます。

バッテリーを内蔵した柔らかい素材のイヤーフックが2個付属。それぞれ右と左に対応しているので、利き耳が右耳でも左耳でも快適に使用できます。各イヤーフックのバッテリーは最大9時間の連続使用ができ、最大200時間の待機が可能です。

プラントロニクス(Plantronics) Bluetoothワイヤレスヘッドセット M70

プラントロニクス(Plantronics) Bluetoothワイヤレスヘッドセット M70

多言語の音声アラートと快適な使用感が人気の耳かけ型片耳イヤホンです。音声アラートの言語は日本語・英語・韓国語から選択でき、接続状態や電池残量などの通知が可能。また、本体は約8gと軽く、快適な着け心地が得られるので、長時間の使用でも疲れにくいのも魅力です。

ノイズキャンセリング機能にも対応。周囲の雑音や風切音を軽減して、クリアな音声で通話や音楽再生が楽しめます。また、本体のボタンで音楽や通話の各種操作ができるため、スマホをバッグからいちいち取り出す必要がありません。

バッテリーは最大約11時間の連続使用と最大約16日間の待機が可能。さらに、ペアリングされたスマホが通信圏外になると、「DeepSleepモード」が起動してバッテリーの消費を節約できます。専用Androidアプリを使えば、GPSでイヤホンの位置を特定できるので、万が一紛失した場合も安心です。

片耳イヤホンのおすすめモデル|有線

エレコム(ELECOM) テレビ用インナーイヤータイプヘッドホン EHP-TVIEM0230

エレコム(ELECOM) テレビ用インナーイヤータイプヘッドホン EHP-TVIEM0230

コストパフォーマンスの優れた有線タイプのインナーイヤー型片耳イヤホンです。元々はテレビで使用するための片耳イヤホンですが、3.5mmプラグを採用しているためスマホなどでも使用可能。低価格なので、片耳イヤホンを気軽に入手したい方にもおすすめです。

ケーブルの長さは約3mと長め。しかし、フラットケーブル形状の採用により絡まりにくく、付属の結束バンドとコードクリップでコンパクトにまとめておけるため、シーンに応じて使い回しができます。

ボリュームコントローラーが手元に付いているのもポイント。音声品質はモノラルですが、高音域から低音域までバランスがよく聴きやすいサウンドを再現しています。

WEUTOP カナル型ステレオ片耳イヤホン WE-ESBK

WEUTOP カナル型ステレオ片耳イヤホン WE-ESBK

ステレオ音声が楽しめる有線タイプのカナル型片耳イヤホンです。通常の片耳イヤホンにはハウジングが1つだけという構造の制約があるため、モノラル音声の再生にしか対応していないのが大半。しかし、本製品は片耳だけで左右両方向からの音源を聴けるので、より広がりのある豊かな音質の音楽再生が楽しめます。

カナル型の採用のため、遮音性や密閉性に優れているのも特徴。音声に集中して耳を傾けられます。ケーブルの長さは約1mで、取り回しに優れるのもポイントです。

また、多彩な機器に対応しているのも特徴。iPhone・Androidスマホ・ポータブルプレイヤー・テレビなど、使用する機器を選ばないのでさまざまなシーンで活用できます。

アイコム(ICOM) 耳掛け型イヤホン SP-28

アイコム(ICOM) 耳掛け型イヤホン SP-28

左右兼用として使用できる有線タイプの耳かけ型片耳イヤホンです。ハウジング部分を180°回転できる構造を採用しているのが特徴。左右両方の耳に装着が可能なので、聞き耳が左耳の方にも使用できるのはもちろん、長時間使用で耳が疲れたときは反対の耳に付け替えるなどの使い方もできます。

2.5mmのイヤホンプラグを採用している点に注意が必要。元々はトランシーバーやインカムなどの通信機器のために製造された製品ですが、3.5mmプラグへの変換アダプタを使用すればスマホやポータブルプレイヤーなどでも使えます。

交換可能なイヤーパッドが付属しており、業務用途の片耳イヤホンとしては価格が手頃なのも魅力です。

エレコム(ELECOM) スマートフォン用モノラルヘッドホンマイク EHP-MC3520

エレコム(ELECOM) スマートフォン用モノラルヘッドホンマイク EHP-MC3520

スマホで快適に音楽や通話が楽しめる有線タイプのカナル型片耳イヤホンです。3.5mmイヤホンプラグの採用によりiPhoneやAndroidなど多彩なスマホで使用が可能。高い機能性の割には価格も安いので、スマホ用の手軽な片耳イヤホンとしておすすめです。

ケーブル部にリモートコントローラーを搭載。ボタンでは着信応答・終話・音楽と動画の再生・一時停止の操作が可能なほか、スライド操作で音量の調節もできます。さらに、マイクも内蔵しているため、ハンズフリー通話にも対応可能です。

ケーブルの長さは1.2mで、絡まりにくいフラットケーブル構造を採用。また、カナル型の片耳イヤホンなので遮音性が高いのもポイントです。イヤーピースは4種類のサイズが付属するため、自分の耳に最適なフィット感を選べます。

エフファクトリー(F-Factory) ダイナミック密閉型片耳イヤホン VM-4081

エフファクトリー(F-Factory) ダイナミック密閉型片耳イヤホン VM-4081

音楽もニュースもステレオ音声で楽しめる有線タイプのカナル型片耳イヤホンです。左右両方向からの音を片耳だけでまとめて聴けるのが特徴で、モノラル再生と違って臨場感のあるサウンドが楽しめます。また、カナル型の採用によって音声により深く集中できるので、音楽鑑賞・ニュースの聞き取り・語学学習などにもおすすめです。

元々はラジオ用に作られた製品ですが、3.5mmイヤホンプラグを採用しているためスマホやポータブルプレイヤーなどにも使用が可能。ケーブルの長さは1mから4.6mまで3種類の長さが選択できます。価格が安いのも魅力です。