鉛筆をきれいに削ってくれる「鉛筆削り」。小学生の頃はよくお世話になっていたという方も多いはずです。大人になると疎遠になってしまいがちですが、趣味のデッサン、ぬり絵、オフィス用にと使うシーンは多岐にわたります。

今回はタイプ別におすすめの鉛筆削りをピックアップ。安全性や機能性についても解説するので、使いやすい鉛筆削りを探している方は参考にしてみてください。

鉛筆削りの種類

電動タイプ

By: amazon.co.jp

電動タイプの鉛筆削りは、素早くきれいに削れるのが最大の特徴。鉛筆を挿入口に差し込むだけで、1本につきわずか数秒で削れるので、ひんぱんに多くの鉛筆を削る方や子供の多い家庭におすすめです。

力やテクニックも必要ないので、力の弱い小さな子供でも大人と同様にきれいに削ることができます。ただし、削れすぎて鉛筆が消耗しやすいことが難点。また、削る音が大きいので深夜など静かな時間帯に使用したい方には不向きです。

電動タイプには、コンセントに差して使うコードタイプ、乾電池で動く電池タイプ、USBに接続して使う充電タイプがあります。すべてに対応できるタイプを選んでおくと、利用シーンを選ばないのでおすすめです。

手動タイプ

By: amazon.co.jp

鉛筆を挿入口に挟んでハンドルを回しながら削る手動タイプ。壊れにくく長持ちするという点が人気の理由です。電源が不要なので、どこでも削れる上に、エコなことも大きなメリット。

デメリットとして多く挙げられるのが、削る本数が多いと時間がかかることと手が疲れてくるという点です。慣れないうちは、芯が途中で折れてしまったり均一に削れなかったりといったこともあります。

とくに子供が使う場合は、クリップに指が挟まったり安定性が悪く転倒してしまったりといった危険性があるため、注意が必要です。

しかし、最近の手動タイプは従来品に比べ少ない力でも削れるなど、小さな子供でもスムーズに使える工夫が施されています。手動タイプには、収納や持ち運びに便利な「小型タイプ」もあり、学校や職場でも鉛筆を削る方におすすめです。

鉛筆削りの選び方

ダストボックスの容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

たくさん鉛筆を削るという方なら、鉛筆の削りクズを収納する「ダストボックス」の大きさに注目しましょう。ダストボックスの容量が小さいと、すぐに削りクズで満杯になってしまい、捨てる回数も多くなってしまいます。

満杯になった状態でさらに削り続けると、ダストボックス自体が引き出せなくなってしまったり、電動式なら故障の原因となる場合もあるため注意が必要です。

「小型タイプ」では削りクズを大量に収納することは難しいですが、自宅や職場で使う据え置きタイプなら、捨てる手間が少ない大容量のダストボックスを備えたものがおすすめです。

ストッパー機能をチェック

By: amazon.co.jp

鉛筆削りを選ぶ際には、安全性もあわせてチェックしておきましょう。とくに小さな子供が電動タイプを使う場合「オートストッパー機能」が付いていると安心。ダストボックスが完全に閉まった状態でなければ作動しない安全設計です。

さらに、挿入口にスライドカバーなどが付いていると、小さな子供がうっかり指を入れてしまう心配も軽減できます。

削り具合が調整できるか

By: amazon.co.jp

さまざまな用途に鉛筆を使いたいなら、削り具合が調節できる鉛筆削りがおすすめ。勉強などの通常利用なら折れにくい太めの芯先、細かな字を書きたい場合は鋭い芯先、デッサン用には少し丸みを帯びた芯先など、シーンに合わせて調節できるのが魅力です。

最適な太さに削れたら自動でストップしてくれる「無駄削り防止機能」が付いていれば、鉛筆の削りすぎも防止できます。さらに、鉛筆の軸の太さに合わせて削れるモノや、芯の硬さに合わせて削れるタイプもあるので、芯の柔らかい色鉛筆も使うという方は検討してみましょう。

鉛筆削りのおすすめメーカー

レイメイ藤井

By: amazon.co.jp

洋紙や文具、事務機器の総合商社であるレイメイ藤井。九州を拠点に、全国各地でステイショナリー事業を展開しています。とくに文具においては、ビジネスシーンに最適なシステム手帳から、学習に適したハサミや鉛筆削りといった豊富なラインナップが魅力。優れたデザイン性と使い勝手のよさで、幅広い年代に愛されています。

ソニック(sonic)

By: amazon.co.jp

事務用クリップのメーカーとして昭和26年に創業したソニック。現在では学童文具を中心に、日常的に使える事務用品などを幅広く展開しています。とくに学童用の鉛筆削りは、独自の発想から生まれたユニークなデザインと安全性が魅力。子供が楽しく学習できると高い評価を得ています。

三菱鉛筆

By: amazon.co.jp

明治20年に「眞崎鉛筆製造所」として創業。三菱鉛筆のシンボルマークである赤い菱形の「スリーダイヤ」は、眞崎家の家紋である三つ鱗をモチーフにしたものです。定番品でもある事務用鉛筆には、現在でもしっかりとロゴマークが配置されています。

本メーカーの鉛筆削りは手動が主流。昔から変わらぬスタイルと優れた技術力で、長きにわたり愛され続けています。

鉛筆削りのおすすめ|電動タイプ

レイメイ藤井 電動鉛筆削器 RT453A

レイメイ藤井 電動鉛筆削器 RT453A

シンプルで安全性を重視した電動鉛筆削り。削り途中で折れてしまった芯を取り除く「折れ芯除去ボタン」を搭載し、芯の詰まりを防止してスムーズに鉛筆を削ることができます。

また、無駄削りを防ぐ「オートストップ機能」のほか、ダストボックスを取り出すと自動で停止する「安全スイッチ機能」、連続使用による過熱を防ぐ「オーバーヒート機能」など、子供が1人でも安全に操作できる機能を備えているのが特徴です。

本製品はACアダプターで接続するタイプ。手のひらにすっぽりと収まるコンパクトサイズで、削りクズを捨てに行く時も本体ごと持ち運べます。省スペースで置けて学習の妨げにならない、おすすめの鉛筆削りです。

ソニック(sonic) リビガク イージーピージー 電動鉛筆削り LV-8735

ソニック(sonic) リビガク イージーピージー 電動鉛筆削り LV-8735

子供の行動や動きに合わせた設計で、ストレスなく使えるのが特徴の電動鉛筆削り。挿入口を斜め15°上に傾けることで、鉛筆を差し込みやすく芯折れなどを防いでくれます。

JIS規格に対応した鉛筆であれば、六角形・三角形・丸形どれでもきれいに削れるのも大きな魅力です。「オートストップ機能」で削りすぎもしっかり防止してくれます。

電源はACアダプタータイプです。リビングの隅に置いても邪魔になりにくいシンプルデザインとコンパクト設計もポイント。ACアダプターを取り外せば、そのままゴミ箱の上で削りクズが捨てられます。

AFMAT 電動シャープナー

AFMAT 電動シャープナー

ACアダプターのほか、USB・乾電池に対応した3WAYの電動鉛筆削り。コンセントが届かなくても好きな場所で使えるのが特徴です。鈍い・ミディアム・シャープと3つの芯先に調整できるので、あらゆるシーンで鉛筆を使いたいという方にもおすすめ。

本製品は真上に配置された挿入口に鉛筆を差し込むタイプです。ステンレススパイラル刃で、素早くなめらかな削り上がりを実現します。強力なドリルは、鉛筆が約1万本削れる耐久性とパワーが魅力。折れた芯が詰まりにくいのもポイントです。

また、ダストボックスを閉めなければ作動しない「安全オートストッパー」のほか、挿入口への指入れを防止する「挿入口スライドカバー」を搭載。小さな子供がいる家庭でも安心して使用できます。

ナカバヤシ(Nakabayashi) 電動鉛筆削りき 鉛筆タイプ

ナカバヤシ(Nakabayashi) 電動鉛筆削りき 鉛筆タイプ

かわいい鉛筆型の鉛筆削り。ACアダプターのほか単三乾電池も使用できるので、場所を選ばず削ることができます。手の平にものるコンパクトサイズで、デスク上に置いても邪魔になりません。

フォルムはユニークですが、機能は本格派。芯の削りすぎを防ぐ「ムダ削り防止機能」に加え、誤作動を防ぐ「オートストップ機能」を備えています。

鉛筆は上から差し込むだけとシンプル設計なので、子供から大人まで使い勝手がよいのもポイント。小学校の入学準備や贈り物として検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

AMERTEER 電動シャープナー

AMERTEER 電動シャープナー

一見すると、鉛筆削りとはわからないほど近未来的なデザインがおしゃれな電動鉛筆削りです。スタイリッシュなフォルムながら、機能性や安全性も充実。直径6.5〜11mmの鉛筆や色鉛筆が削れるほか、ダイヤルを回すだけで芯先の太さが3段階に調節できるのも魅力です。

削り終わった鉛筆を抜くと、自動的に電源がOFFになるので省エネ効果も抜群。また、故障の原因となりやすい折れ芯が、スムーズに除去できるのもポイントです。

大容量のダストボックスで、たくさん鉛筆を削るという方にはとくにおすすめ。スマートで機能的な鉛筆削りを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アスカ(Asmix) 電動シャープナーDUO

アスカ(Asmix) 電動シャープナーDUO

硬い芯も柔らかい芯も、両方きれいに削れる電動鉛筆削り。「ハード」と「ソフト」2つの挿入口を備えており、ダイヤルを回すことで芯の硬さに合わせて削り分けすることができます。芯の柔らかい色鉛筆を削りたいという方に最適です。

さらに、ハードの挿入口には「芯先調整機能」が搭載されているので、シーンに合わせて3種類の芯先に削れるのもポイント。コンセントに差しっぱなしでも、削っている時だけしか電力は使わないので、節電効果も期待できます。

「安全オートストッパー機能」「オーバーヒート防止機能」も備えているので安全性も充実。シンプルデザインで使う人を選ばない、おすすめの鉛筆削りです。

鉛筆削りのおすすめ|手動タイプ

三菱鉛筆 鉛筆削り KH-20

三菱鉛筆 鉛筆削り KH-20

スタンダードな外観がどんな場所にもマッチする鉛筆削り。コンパクトでありながら優れた安定感で、スムーズな削り心地が楽しめます。別売りのクランプで机と本体を固定すれば、削る時のグラつきをさらに抑えることができます。

男性でもスムーズに回せる大きめのハンドルが魅力。ハンドル部分についた赤いボタンを押すことで、芯先を好みの太さに調節することも可能です。重さはわずか310g。さまざまな場所で鉛筆を削りたいという方におすすめです。

カール事務器 鉛筆削り エンゼル5 プレミアム

カール事務器 鉛筆削り エンゼル5 プレミアム

昔ながらのシンプルデザインで、幅広い年代の方に愛用されている鉛筆削りです。特殊鋼を使った削り刃は高品質な日本製で、たくさん削ってもシャープな切れ味が長持ちするのが魅力です。

ボディには耐久性に優れた「鉄」を採用。適度な重量感で転倒しづらく、安定した削り心地が味わえます。鉛筆がしっかりと削られると、ハンドルが自動で軽くなって削り上がりを知らせてくれるのも嬉しいポイントです。

流行に左右されないレトロなフォルムも魅力。長く愛用できる高品質な鉛筆削りを探している方は、ぜひチェクしてみてください。

ソニック(sonic) かるハーフ 手動鉛筆削り スケルトン

ソニック(sonic) かるハーフ 手動鉛筆削り スケルトン

スケルトンタイプの手動鉛筆削り。内部の機構が透けて見えるので、子供はもちろん大人も楽しみながら鉛筆が削れるユニークな1台です。アシストギアを搭載し、削る力は従来品の約1/2という軽さが特徴。

クリップに鉛筆を挟み込む必要もなく、挿入口に鉛筆を差し込むだけで削れるのも魅力です。芯の先端は、小学生に最適な太い仕上がりで削りすぎも防止。

さらに、ダストボックスにはロック機構が搭載され、うっかり落としてしまっても床に削りクズが散らばる心配もありません。小学校の入学準備品としてもおすすめの鉛筆削りです。

クツワ STAD スーパー安全鉛筆削り

クツワ STAD スーパー安全鉛筆削り

使いやすさと安全性を重視した手動タイプの鉛筆削り。2007年にキッズデザイン賞を受賞し、子供が使いやすいと感じる工夫が随所に施された1台です。新品の鉛筆を削る回転数はわずか17回。少ない労力で素早く削れるため、忙しい朝の登校準備にも最適です。

しっかりと本体を押さえやすいユニークな形状で、削っている途中のグラつきや転倒を防止。六角軸・丸軸・三角軸と3種類の軸形に対応しているのもポイントです。

さらに、筆圧を調節しづらい子供のために、芯先の角度は約25°に設定。尖りすぎないので筆記途中でポキっと芯先が折れる心配を軽減します。リーズナブルな価格もポイント。豊富なカラーバリエーションのなかから、子供の好みに合わせた1台を選んでみてください。

ナカバヤシ(Nakabayashi) 半自動手動式シャープナー PACATTO

ナカバヤシ(Nakabayashi) 半自動手動式シャープナー PACATTO

ダストボックスを引き出さなくても削りクズが捨てられる鉛筆削り。ボタンをワンプッシュするだけで、底蓋が開き片手で削りクズを捨てることができます。手やダイニングテーブルを汚すことなく捨てられるので、リビング学習にも最適です。

鉛筆を軽く差し込んでハンドルを回すだけで、自動で鉛筆が引き込まれていく仕組みを採用。最適な芯先になったらハンドルが軽くなるため、無駄削りも軽減します。また、ハンドルを逆回転すると鉛筆が排出されるので、通常の手動式鉛筆削りでは削れなかった短い鉛筆も、無駄なく最後まで使うことが可能です。

グリップつきの安定したデザインで、ハンドルが回しやすいのも嬉しいポイント。リビングに置いて家族全員で使いたい方におすすめです。

ステッドラー(STAEDTLER) ノリスクラブ 蓋付きシャープナー

ステッドラー(STAEDTLER) ノリスクラブ 蓋付きシャープナー

ドイツの文具メーカー、ステッドラーの小型鉛筆削り。削り刃を3ヶ所で固定させているため、鋭くなめらかな仕上がりが体感できます。通常の鉛筆用と太軸の鉛筆や色鉛筆にも対応できる2穴仕様。製図やデッサンを仕上げる時に、さまざまな鉛筆を多用するという方にもおすすめです。

どちらの穴も、削れる角度は30°。あまり鋭く仕上げたくない方にぴったりです。削りクズが散らばらないコンテナタイプのほか、挿入口にもしっかりとフタが付いているので、携帯する際も隙間から削りクズがこぼれ落ちる心配もありません。

ドイツメーカーらしい、スタイリッシュでおしゃれなデザインもポイント。プロ仕様で美しく削れる、おすすめの鉛筆削りです。

ファーバーカステル(FARBER CASTELL) スリーブ付シャープナー

ファーバーカステル(FARBER CASTELL) スリーブ付シャープナー

ドイツの優れた画材メーカーでもあるファーバーカステルの鉛筆削り。鉛筆のみならず、太軸の色鉛筆やクーピータイプの色鉛筆まで削れるのが特徴。標準用と太軸用の2穴を備えている上に、丸形・六角形・三角形の鉛筆も削ることができます。

スリーブの中にシャープナーを収納することができるため、コンパクトに持ち運びができ、移動中の削りクズの飛び散りも防いでくれるという優れもの。人間工学に基づいて作られたというフォルムは、使い勝手がよいと好評です。

使う人を選ばないベーシックなカラーとデザインも魅力。オフィス用や通学用にひとつ持っていると何かと重宝する、おすすめの鉛筆削りです。