ねじ穴をあけたり、ポールを通すために貫通穴をあけたりする場合に便利な「木工ドリル」。木材加工はDIYにおいてポピュラーなものなので、活躍の機会が多いツールですが、使用するドリルの軸によって適合する電動工具が変わるため、どれを選べばよいか迷うという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの木工ドリルをご紹介。タイプごとの違いや選び方もあわせて解説するので、自分にあった製品を見つける参考にしてみてください。

木工ドリルと鉄工ドリルの違いは?

By: amazon.co.jp

木工ドリルは先端部中心の尖った部位とその周囲に「ケガキ刃」「スクイ刃」と呼ばれる刃がついているのが特徴。木材の穴あけに特化した形状になっており、鉄工ドリルとは外観が異なっています。

鉄工ドリルは先端が中心にかけて盛り上がっているのが特徴。木工ドリルと違って先端全体で材料を削るように穴をあけられます。

鉄工ドリルでも木材に穴をあけることは可能ですが、穴の周囲にバリが多くなり綺麗な仕上がりになりません。そのため、木材加工で綺麗な穴をあけたい場合は木工用として販売されているドリルを用意するのがおすすめです。

木工ドリルの種類

電動ドリル用

By: amazon.co.jp

電動ドリルを木工用として用いる場合は、木工用のドリルビット(ドリル刃)を電動ドリルの「チャック」という部分に装着します。手の力を使う場合より、スピーディーに材料へ穴をあけることが可能です。

なお、電動ドリルに似た製品として「インパクトドライバー」と呼ばれる製品があります。モーターだけでエネルギーを生み出す電動ドリルと違い、回転方向に打撃を加えることで高いパワーを与えられるのが特徴。

そのほか、「ドリルドライバー」と呼ばれる製品もあります。電気ドリルと似ていますが、ドリルドライバーは「クラッチ」という機構を搭載しているのが特徴。一定以上の不可がかかると軸が空回りしてねじの破損を防ぐ仕組みです。

なお、電動ドライバーやインパクトドライバーなどドライバーの種類によって装着できるドリルの軸が異なります。丸軸や6角軸など、自分の電動工具に適合する軸の木工ドリルを選ぶようにしましょう。

ハンドドリル

By: amazon.co.jp

ハンドドリルは、電気やモーターを使わずに手の力だけで手軽に材料へ穴あけをおこなう工具です。

AC電源やバッテリーを使用しないため手軽に使用できる反面、手動なので厚い木材や直径の大きい穴あけには向いていません。また、穴あけのスピードも電動ドリルに比べると大幅に遅くなります。

かわりに、薄い木材やジオラマなどへの穴あけなど、精密さが求められる作業に最適です。自分の思い通りに少しずつ穴をあけられるのがハンドドリルの大きな魅力といえます。

木工ドリルの選び方

ドリル刃の性能で選ぶ

By: amazon.co.jp

木工ドリルは、先端に尖ったねじがついた「先ねじタイプ」、先ねじの代わりに先端部分が三角形になった「先三角タイプ」、先端が鋭角の「鋭角タイプ」があります。

いずれもドリルビットを木材に突き立てた際、先端部分がドリルを安定的に回転させるガイドのような役割を果たすのが特徴。

先ねじタイプは、ドリルの回転によってねじが引き込まれるため、ドリルを常に木材へ押し付ける必要がありません。先三角タイプは、ドリルを材料へ押さえつけている間だけ進むので、止め穴加工などに向いています。

鋭角タイプは、穴あけの際に抵抗が少ない形状の「二条タイプ」を採用し、穴あけのスピードの調整をしやすいのが特徴です。

そのほか、木工ドリルは「スクイ刃」と呼ばれる刃がついており、穴あけ時に出た削りかすなどを外へかき出す役割を果たします。これによりスムーズな穴あけ作業が可能です。

チャックの種類で選ぶ

丸軸

By: amazon.co.jp

丸軸のドリルは主にドリルドライバーで使用します。通常、そのままではインパクトドライバーには装着できないため、注意が必要です。

また、軸が丸いので高い負荷がかかると滑りやすいのがデメリット。そのため、パワーが必要な場面では力がダイレクトに伝わらず思うように作業が進まない場合もあります。

そのかわり、高負荷時に刃が破損したり、折れたりするリスクが低いのがメリット。安全性が高く、無理な負荷がかからない構造なので、ドリルビットの寿命も長持ちなのが魅力です。

6角軸

By: amazon.co.jp

6角軸のドリルビットは電気ドリルとインパクトドライバーのどちらでも使用可能です。汎用性があるので初めて電動ドリルなどの導入を検討している方におすすめ。また、必要に応じて電動工具本体を使い分けたい場合にも向いています。

6角軸のドリルビットはチャックがしっかりと軸を掴むため、空回りが起きづらく効率よく力を伝えられるのが特徴。硬い素材を扱う場面で役立ちます。ただし、あまり負荷をかけすぎると刃が欠けたり、折れたりするので注意が必要です。

ドリルの径で選ぶ

穴あけをする目的によって、必要なドリルビットの直径は変わります。ねじ穴なら数mm程度の細いものを使用しましょう。また、止め穴なら20mmや30mm程度のドリルビットを使用する場合もあります。

直径が大きいドリルビットほど抵抗が大きくなるため、切削できる穴の深さは浅くなります。どのくらいの深さの穴が必要なのか、目的に合わせて的確な製品を選ぶようにしましょう。

なお、最初はどのドリルが適切か判断に迷う場合もあるため、複数のサイズが揃っているセット品を購入してみるのもおすすめです。木工ドリルを用いることの多いねじ穴をあける用途には、1.5〜6.5mm程度のサイズが数本揃っていれば不便を感じることがありません。

シンニング加工の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ドリルビットは、先端を正面から見ると2枚の刃が交差しているような構造になっています。この2枚の刃が交差する地点を「チゼル」とよび、この部分は切れ味を持ちません。

ドリルで安定的に穴をあけるためには、このチゼルよりも大きい穴をあけて食いつきをもたせる必要があります。シンニングとは、チゼルを研磨することで、通常よりも刃を中心近くまで広げる加工のこと。

これによりドリル先端が材料へ食いつきやすくなるため、穴あけ効率が大幅に向上します。

木工ドリルのおすすめ

SK11 ボアビット 20mm

SK11 ボアビット 20mm

効率よく木材の穴あけ作業を実施できる「ボアビット」。本製品は直径20mmの先3角タイプなので、止め穴や斜め穴などの加工に向いています。

また、材料への食いつきがよく切れ味も良好で、穴あけ作業時の抵抗を軽減して竹などの硬い素材にもきれいに穴をあけられるのが特徴です。そのほか、6角軸を採用しているため、電動ドリル・インパクトドライバー・ドリルドライバーなど幅広い電気工具に対応しています。

スターエム(STAR-M) #7S-220

スターエム(STAR-M) #7S-220

電動ドリルやインパクトドライバーで使用可能な6角軸採用の木工ドリルです。本製品は直径22.0mm、長さ130mmで貫通穴あけに有効な先ねじタイプ。

また、ケガキ刃を低くして先ねじを小さくしたことにより、穴あけ作業時の抵抗を減らしてバッテリー消耗を軽減します。電力消費の激しいインパクトドライバーにおすすめの木工ドリルです。

リリーフ(RELIFE) 木工・樹脂用ドリル刃 10本組 26808

リリーフ(RELIFE) 木工・樹脂用ドリル刃 10本組 26808

頑丈な「ハイカーボン鋼」を採用し、木材や樹脂などの穴あけに向いているドリルセットです。2.0〜5.5mmまでの10本セットなので場面や素材に応じて穴の大きさを調整できます。

また、先端部分が材料に食い込みやすい「クロスシンニング加工」を施した先3角タイプのため、穴がずれにくく正確に穴あけできるのもポイント。価格も安いので、はじめての木工ドリル選びに迷っている方におすすめです。

ワンドットツー(1DOT2) 半自動 ハンド ドリル・ピンバイスセット

ワンドットツー(1DOT2) 半自動 ハンド ドリル・ピンバイスセット

らせん状の軸「ウォームギヤー」とスプリングを搭載した、ドリルビットを押し当てるだけで回転する木工用ハンドドリルです。押し込んで回転させたあと、スプリングの力でリバウンドするため連続的な切削作業が可能。通常のハンドドリルより効率的に作業できます。

また、本製品のハンドル部分は航空機にも使用される「高品質アルミニウム合金」を採用しており、耐久性と防錆性に優れているのも特徴。

また、チャック部分は滑りづらい「3つ爪チャック」を採用しているため精密な穴あけにおすすめです。0.6〜2.0mmまで10種類のサイズが揃っているので精密作業をスムーズにこなせます。

zmart ミニマイクロアルミハンドル HSS

zmart ミニマイクロアルミハンドル HSS

0.3〜3.2mmのドリルビットが10本付属したハンドドリルセットです。本製品は非常に小さいサイズのドリルビットに対応しているため、精密な穴あけ作業を必要とする場面に向いています。

また、ボディには耐久性の高い「アルミ合金」を採用。小型でも強い力に耐える頑丈さを備えています。

さらに、ドリルビットには「高速度鋼」を採用。穴あけ作業時の摩擦によって発生する熱で耐久性が下がるのを軽減させているため、硬い素材に連続で使用しても破損するリスクが低いのも魅力です。

グレートツール(GREATTOOL) 木工用ドリル刃セット WDS-8

グレートツール(GREATTOOL) 木工用ドリル刃セット WDS-8

電気ドリル・ドリルドライバー・ボール盤などで使用可能な丸軸タイプのドリルビットセットです。3〜10mmの8本入りで、木材の下穴を調整するときなどに向いています。

また、先端に先3角タイプを採用しているため、木材への食いつきがよく、正確な穴あけ加工が可能。1mm感覚でサイズを調整できるため、木製の棚やテーブルなどに配線用の穴あけをおこなう場合などにおすすめです。

カコー(KAKOO) 8本ドリル

カコー(KAKOO) 8本ドリル

3〜10mmまでの7種類のサイズが揃った丸軸タイプの木工ドリルセットです。本製品は、付属の六角棒レンチを使用して固定し、穴の深さを自在に調節できる「調節ドリルストッパー」を搭載。多様な材料や加工用途に対応できるのが特徴です。

また、先端は鋭角タイプを採用しているため切削時の抵抗が少なく、穴あけのペースを調整しやすくなっています。電気ドリル・ドリルドライバー・ボール盤に対応。

そのほか、専用の収納ボックスが付いているので整理しやすく、持ち運びにも便利です。

スターエム(STAR-M) 先三角ショートビット NO.5B 6MM

スターエム(STAR-M) 先三角ショートビット NO.5B 6MM

止め穴づくりに最適な直径6mmの先3角タイプ木工ドリルです。押し込んだ分だけ穴あけができるため、深さ調整が容易にできるのが特徴。

また、木材のほかに竹にも使用でき、低速での回転でも切削可能なので正確な穴あけが可能です。

そのほか、6角軸のチャックに対応。電動ドリル・インパクトドライバー・ドリルドライバーなどで使用できます。

スターエム(STAR-M) クギ切りドリル ショート 32mm 9S-320

スターエム(STAR-M) クギ切りドリル ショート 32mm 9S-320

釘に強く、優れた耐摩耗性を備えた6角軸のドリルビットです。木材の穴あけ作業において、通常の木工ドリルでは釘と遭遇した場合にケガキ刃が大きく摩耗し、能力が著しく低下します。

しかし、本製品は先ねじタイプのケガキ刃をあえてなくしたことで摩耗のリスクを減らし、次々と釘を切断しながら穴あけ可能。特に、パワーを出しやすいインパクトドライバーとの併用に適しています。

そのほか、3枚刃を採用したことで回転の抵抗が少なく、摩擦を軽減する「フッ素加工」を施したことで木クズの排出がスムーズにおこなえるのも特徴です。

スターエム(STAR-M) ロングS型仮枠ビット 72S

スターエム(STAR-M) ロングS型仮枠ビット 72S

頑丈な炭素鋼を使用し、貫通力に優れたドリルビットです。切れ味のよい先ねじタイプの先端を備えた本製品は、コンクリートの型枠に使用される頑丈なコンクリートパネルのような木材を2枚重ねても簡単に貫通できるのが特徴。

6角軸を採用し、インパクトドライバーとの相性が抜群です。テーブル作成に使用するような硬い木材にも対応可能なため、DIYの家具造りにはとても重宝します。

そのほか、「回転式ストッパー」を備えているため、無駄な抵抗が起きにくく、バッテリー消費を軽減できるのも特徴のひとつです。

スターエム(STAR-M) 六角軸ドリルソー 502X0

スターエム(STAR-M) 六角軸ドリルソー 502X0

耐久性に優れたチタンコーティングを施し、摩擦熱と高速回転に強い「高速度鋼」を採用した、インパクトドライバーと相性のよいドリルビットです。

本製品は直径6mm、穴あけ時の抵抗が少なくスムーズな穴あけを可能としているほか、一度あけた穴を拡張する時などにも重宝します。

また、木材やアルミ板、厚さ1.2mmの鉄板まで対応可能。深掘りにも向いているため、貫通穴をあける機会が多い場面におすすめです。

スターエム(STAR-M) 六角軸しいたけビット 41X-092

スターエム(STAR-M) 六角軸しいたけビット 41X-092

原木しいたけの栽培向けに、しいたけ菌を埋め込む穴あけ用途に造られた直径9.2mmの6角軸ドリルビットです。抜群の切れ味で次々と原木へ穴を開けられます。

また、本製品は先ねじタイプなので穴あけ時に押し込む力が必要なく、硬い木材に穴をあける場合にも役立ちます。パワーを必要とする場面を想定して作られているため、インパクトドライバーとの相性がよいのも魅力です。