ねじ穴をあけたり、ポールを通すために貫通穴をあけたりする場合に便利な「木工ドリル」。活躍の機会が多いツールですが、使用するドリルの軸によって適合する電動工具が変わるので、どれを選べばよいか迷うという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの木工ドリルをご紹介。タイプごとの違いや選び方もあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

木工ドリルと鉄工ドリルの違いは?

By: amazon.co.jp

木工ドリルは先端部中心の尖った部位とその周囲に「ケガキ刃」「スクイ刃」と呼ばれる刃がついているのが特徴。木材の穴あけに特化した形状になっており、鉄工ドリルとは外観が異なっています。

鉄工ドリルは先端が中心にかけて盛り上がっているのが特徴。木工ドリルと違って先端全体で材料を削るように穴をあけられます。

鉄工ドリルでも木材に穴をあけることは可能ですが、穴の周囲にバリが多くなり、綺麗な仕上がりになりません。そのため、木材加工で綺麗な穴をあけたい場合は木工用として販売されているドリルを用意するのがおすすめです。

木工ドリルの種類

電動ドリル用

By: amazon.co.jp

電動ドリルを木工用として用いる場合は、木工用のドリルビット(ドリル刃)を電動ドリルの「チャック」という部分に装着します。手の力を使う場合より、スピーディーに材料へ穴をあけることが可能です。

なお、ドライバーの種類によって装着できるドリルの軸が異なります。丸軸や6角軸など、自分の電動工具に適合する軸の木工ドリルを選ぶようにしましょう。

ハンドドリル

By: amazon.co.jp

ハンドドリルは、電気やモーターを使わずに手の力だけで手軽に材料へ穴あけをおこなう工具。薄い木材やジオラマなどへの穴あけなど、精密さが求められる作業におすすめです。

AC電源やバッテリーを使用しないため手軽に使用できる反面、手動なので厚い木材や直径の大きい穴あけには適していません。また、穴あけのスピードも電動ドリルに比べると大幅に遅くなるため留意しておきましょう。

木工ドリルの選び方

ドリル刃の性能で選ぶ

By: amazon.co.jp

木工ドリルは、先端に尖ったねじがついた「先ねじタイプ」、先ねじの代わりに先端部分が三角形になった「先三角タイプ」、先端が鋭角の「鋭角タイプ」があります。

先ねじタイプは、ドリルの回転によってねじが引き込まれるため、ドリルを常に木材へ押し付ける必要がありません。先三角タイプは、ドリルを材料へ押さえつけている間だけ進むので、止め穴加工などに向いています。

鋭角タイプは、穴あけの際に抵抗が少ない形状の「二条タイプ」を採用。穴あけのスピードを調節しやすいのが特徴です。

チャックの種類で選ぶ

丸軸

By: amazon.co.jp

丸軸のドリルは高負荷時に刃が破損したり、折れたりするリスクが低いのがメリット。安全性が高く、無理な負荷がかからない構造なので、ドリルビットの寿命も長持ちなのが魅力です。

一方、軸が丸いため高い負荷がかかると滑りやすいのがデメリット。パワーが必要な場面では力がダイレクトに伝わらず、思うように作業が進まない場合もあるので留意しておきましょう。

6角軸

By: amazon.co.jp

6角軸のドリルビットはチャックがしっかりと軸を掴むため空回りが起きにくく、効率よく力を伝えられるのが特徴。硬い素材を扱う場面で役立ちます。

また、汎用性が高く、初めて電動ドリルなどの導入を検討している方におすすめ。さらに、必要に応じて電動工具本体を使い分けたい場合にも向いています。ただし、あまり負荷をかけすぎると刃が欠けたり、折れたりすることもあるので注意が必要です。

ドリルの径で選ぶ

必要なドリルビットの直径は変わるので、ドリルの径もしっかりとチェックしておきたいところ。ねじ穴なら、数mm程度の細いモノが適しています。

なお、最初はどのドリルが適切か判断に迷う場合もあるため、複数のサイズが揃っているセット品も要チェック。木工ドリルを用いることの多いねじ穴をあける用途には、1.5〜6.5mm程度のサイズが数本揃っていれば不便を感じにくくおすすめです。

シンニング加工の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

シンニングとは、チゼルを研磨することで、通常よりも刃を中心近くまで広げる加工のこと。これによりドリル先端が材料へ食いつきやすくなるため、穴あけ効率が向上します。加工の際の切削抵抗を減らしたり、穴位置精度を高めたりしたい方はぜひチェックしてみてください。

木工ドリルのおすすめ

ボッシュ(BOSCH) 木工ドリルビットセット PR-WD7

3・4・5・6・7・8・10mmがセットになった木工ドリルです。DIYで使いやすいサイズを集めたセットアイテム。ケースに収納されているため、持ち運びしやすいのがポイントです。

ハイスと呼ばれる高速度鋼を採用しており、回転する際に生じる温度による摩擦を軽減。価格も安いので、初めての木工ドリルにもおすすめの製品です。

コンヨ(KONYO) SUN UP 木工ドリルビット 5本組 SWD-51

きれいな真円に仕上がる木工ドリルビットです。6・8・9・10・12mmの5本セットで、電気ドリル・充電式ドライバー・インパクトドライバーに対応。一般木材・合板・集成材・普通合板などの穴あけに適した製品です。

誘導ネジが付属しているので、穴ずれの心配が少なくスムーズに作業できるのもポイント。6角軸を採用しており、直径6.35mmの穴がスムーズにあけられます。

サンドリー(SUNDRY) 角利 六角軸下穴ドリル・両頭ビット10本組 SDR-34

下穴ドリルと両頭ドライバービットの10本組セットです。電気ドリルと電動ドライバーに使用できるタイプで、10本まとめて収納できるケースが付属しているのがポイント。木材だけでなく、鉄・銅・アルミ・樹脂など、幅広い素材の穴あけにおすすめです。

下穴ドリルにはシンニング加工が施されており、切削抵抗を軽減しているのが特徴。切りくずを素早く排出する効果もあり、スムーズに穴あけできます。また、ハイス鋼にチタンコーティングを施しているため、耐久性が高く長く愛用できるおすすめの製品です。

スターエム(STAR-M) #7S-220

1923年創の老舗木工ドリルメーカー「スターエム」が発売する木工ドリルです。6角軸を採用しており、先端は先ネジタイプを採用。先ネジの回転力を利用して、力を使わずにスムーズな穴あけが行えます。

直径22.0mm、長さ130mmで貫通穴あけにおすすめ。また、先ネジとケガキ刃を小さくすることで切削抵抗を抑え、インパクトドライバー使用時のバッテリーの消耗を抑える効果も期待できます。できるだけ長時間作業したい方におすすめの製品です。

スターエム(STAR-M) 7L-100 インパクトビット ロング 10mm

6.35mmの6角軸を採用したドリルビットです。構造用合板28mmの穴あけにも対応したロングタイプ。先ネジとケガキ刃を小さくすることで、切削抵抗を抑えます。バッテリーの消耗を抑える効果が期待できるため、長時間作業にも適した製品です。

先ネジの回転力を利用して、木材に抑えつけなくてもスムーズに穴があけられるのもポイント。ロングサイズのほか、ショート・ミドルサイズもラインナップされているのであわせてチェックしてみてください。

スターエム(STAR-M) 先三角ショートビット NO.5B 6MM

電動ドリル・インパクトドライバー・ドリルドライバー・ボール盤などで使用できる木工ドリルです。止め穴に適した直径6mmの先三角タイプを採用しています。

低速での回転でも切削可能なので、正確な穴あけが可能。木材のほかに竹やダボ穴加工にも適しています。なお、毎分3000回転以上の高速回転する電動工具では使用できない点に注意が必要。DIY初心者の方など、ちょっとした穴あけを行いたい方におすすめの製品です。

スターエム(STAR-M) 六角軸ドリルソー 502X0

穴をあける以外にも穴を拡げたり、切断したりすることが可能な木工ドリルです。電気ドリルやインパクトドライバーに対応しており、耐久性に優れたチタンコーティングを施しているのがポイント。摩擦熱と高速回転に強い高速度鋼を採用しているので、耐久性が高いのも魅力です。

直径6mmの中径サイズの穴あけに向いているタイプで、作業時の抵抗が少なくスムーズな穴あけ加工が可能。木材やアルミ板以外にも、厚さ1.2mmの鉄板にも対応しています。深掘りにも向いているため、貫通穴をあける機会が多い場面にもおすすめです。

スターエム(STAR-M) 六角軸しいたけビット 41X-092

原木しいたけの栽培を行うときの穴あけに適した6角軸の木工ドリル。直径は9.2mmで、しいたけ菌を埋め込むのに適した穴があけられるのがポイントです。

先端は先ねじタイプになっており、穴をあける際に力で押し込む力必要がありません。しいたけの原木以外にも硬い木材に穴をあける場合にも役立つおすすめアイテムです。

リリーフ(RELIFE) 木工・樹脂用ドリル刃 10本組 26808

鋭い先端が木材に食い込んで、穴がずれずに正確に穴あけができる木工ドリルです。頑丈なハイカーボン鋼を採用し、木材や樹脂などの穴あけに向いているのが特徴。10本セットで、素材や場面に応じて穴の大きさを自由に調節できます。

また、先端部分が材料に食い込みやすい「クロスシンニング加工」を施しているのもポイント。先三角タイプで、安定した穴あけが行えます。価格も安いため、初めての木工ドリルにもおすすめです。

グレートツール(GREATTOOL) 木工用ドリル刃セット WDS-8

充電式ドリルドライバー・電気ドリル・ボール盤などで使用できる丸軸タイプの木工ドリルです。8本がセットになったタイプで、木材の下穴を調節するときなどに向いています。

先端は先三角タイプを採用しており、安定感が高く正確な穴あけが可能です。1mm間隔で細かくサイズを調節できるので、デリケートな作業にもおすすめ。木製の棚やテーブルなどに配線用の穴あけを行うなど、ちょっとしたDIYにも適しています。

カコー(KAKOO) 8本ドリル

多種材の穴あけに向いている木工ドリルセットです。3〜10mmまで7種類が揃っており、丸軸タイプを採用。付属の6角棒レンチを使用して、電気ドリル・ドリルドライバー・ボール盤などに固定できます。

また、穴の深さを自在に調節できる「調節ドリルストッパー」を搭載。使用する素材の大きさに合わせた加工が施せます。先端部分は鋭角タイプで刃は二条タイプになっており、切削時の抵抗が少なく、スピードのコントロールがしやすいのも魅力。専用の収納ボックスが付いているので整理しやすく、持ち運びにも便利な製品です。

大西工業(OnishiKogyo) ストッパービット 13.5mm

プロ向けの工具も多数製造している大西工業が発売する木工ドリルです。特殊先ネジ加工で止め穴と貫通穴の2種類があけられるタイプ。軽い力で押した分だけ穴があくため、深さの調節をしたい場合におすすめです。

止め穴加工終了後は電動工具の回転を逆回転にする必要はなく、正回転のまま空回しするだけで簡単にビッドが引き抜けるのもポイント。また、ボール盤で使用する際に、木材が持ち上がってしまうことがないのも魅力です。

大西工業(OnishiKogyo) ショートビット 21mm

特殊合金鋼を採用した木工ドリルです。摩耗が少なく耐久性が高いのがポイント。木材への食いつきがよく、木くずの排出性が高いので効率よく作業が行えます。

穴径21mmの大きめの仕上がりで、6.35mmの6角軸を採用。電気ドリルだけでなく、インパクトドライバーとドリルドライバーでも使用できるおすすめの製品です。

木工ドリルのAmazonランキングをチェック

木工ドリルのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。