振動を加えながら回転することで、普通の電動ドリルよりも高度な穴あけを可能にした「振動ドリル」。コンクリートのように硬い素材に穴をあける際など、より難しいDIYに挑戦したい方におすすめの工具です。

今回は、振動ドリルのおすすめ製品をご紹介。ハンマードリルとの特徴の違いや、選び方もあわせて解説します。

振動ドリルとは?

By: amazon.co.jp

振動ドリルは、一般的な電動ドリルと違い、回転時に振動が加わるドリルです。ドリルの先端が回転すると同時に、前方に向かって振動を与えることで穴をあけることができます。

振動ドリルなら、コンクリート・モルタル・石材への穴あけなど、電動ドリルでは不可能な作業にも対応可能です。もろくて欠けやすい素材にも綺麗に穴をあけられるのも特徴。日曜大工や、家のリフォームなど本格的なDIYにおすすめの製品です。

振動ドリルとハンマードリルの違い

By: amazon.co.jp

どちらもコンクリートなどの硬い素材に穴をあけるという点は同じですが、振動ドリルは穴をあける際に細かく振動するのに対して、ハンマードリルは強い打撃を与えて穴をあけます。また、振動ドリルは回転、回転と振動のみの使い方ですが、ハンマードリルは回転、回転と打撃、打撃の3種類の使い方が可能です。

細かく振動を与える振動ドリルは綺麗に穴をあけられますが、ハンマードリルは強く打撃するため穴の周囲が欠けやすいので注意しましょう。コンクリートをはつる時などは、パワーのあるハンマードリルがおすすめですが、タイルや壁の目地など細かい箇所への穴あけには振動ドリルをおすすめします。

振動ドリルの選び方

振動機能の切り替え

By: amazon.co.jp

振動ドリルは振動機能をOFFにして、回転のみで使用できる製品もあります。振動機能をOFFにすると、普通の電動ドリルとしても使用できるため、用途が広がります。振動ドリルを選ぶ際は、振動機能の切り替えスイッチが付属している製品を選びましょう。

また、ドライバー機能が共用できる製品であれば、電動工具をいくつも購入せずにすみます。まだ電動ドライバーなどほかの工具を揃えていない場合は、一台でマルチに活躍できる製品を選ぶのがおすすめです。

あけられる穴の大きさ

By: amazon.co.jp

振動ドリルは、壁にアンカーボルトを埋め込む穴をあけたり、コンクリートプラグを埋め込んだりするのに使用することがほとんどです。そのため、一般的には穴あけ能力は8~10mm程度あれば十分です。

ただし、重たい物を固定する目的がある場合などは、太いアンカーを用いる必要があります。あけたい穴の大きさが事前に分かっている場合は、使用目的に合わせたサイズの穴があけられるかどうかを確認しておきましょう。

メーカーをチェック

By: amazon.co.jp

振動ドリルはさまざまなメーカーから販売されています。なかでも有名なのはドイツの工具メーカーの「ボッシュ(BOSCH)」や、国内の電機工具シェア60%以上を誇る「マキタ(Makita)」、日立工機から名称を変更した「ハイコーキ(HiKOKI)」です。

ボッシュは安全性にこだわった設計が人気で、マキタはコードレス製品のラインナップが豊富、ハイコーキはメーカー保証が充実しているなど、メーカーそれぞれの特色があります。自分のこだわりに合わせてメーカーの特色をチェックしておきましょう。

振動ドリルのおすすめ

マキタ(Makita) 震動ドリル M816K

マキタ(Makita) 震動ドリル M816K

小物入れがついたプラスチックケース付きの振動ドリル。マキタでは振動ドリルを「震動」と表記しています。本製品は振動モード切り替えや、ロックボタンの切り替えなどがボタン操作で手軽にできるのがポイント。シンプルな操作性で、振動ドリルが初めての方でも使いやすいのが特徴です。

また、ワンタッチで通常の電動ドリルとして使える「ドリルモード」と、振動ありの「震動ドリルモード」の2種類の切り替えが可能。用途に合わせて幅広く使えます。穴あけはコンクリートなら16mm、鉄工なら13mm、木工なら30mmまで行えます。

回転数は3,200回転、打撃数は4万8,000回と、DIYには十分なパワー。コード式のため充電切れを気にせず使用できます。高性能で安い振動ドリルを探している方におすすめの製品です。

マキタ(Makita) TP141DRGX 充電式4モードインパクトドライバ

マキタ(Makita) TP141DRGX 充電式4モードインパクトドライバ

「震動ドリルモード」のほかに、「電動ドリルモード」「インパクトモード」「ネジ締めモード」の全部で4つのモードが使える製品です。インパクトドライバー機能をあわせもつ製品は珍しく、これからDIYグッズを揃えたい方や、一台でオールマイティにこなしたい方におすすめです。

電気のロスが少なく作業の効率化につながるブラシレスモーターを搭載。打撃力やトルク設定をボタンで簡単に設定できるのもポイントです。ねじ締めモードのクラッチ段数やバッテリー残量は表示パネルで確認可能。穴あけ能力は別売りの先端ビッドによって変更できます。

ボッシュ(BOSCH) 振動ドライバードリル PSB450RE

ボッシュ(BOSCH) 振動ドライバードリル PSB450RE

450Wのハイパワーモーターを搭載したボッシュのエントリーモデル。本体重量1.5kgと軽量コンパクトな形状で、充電切れを心配することなく作業に集中できます。

穴あけ能力はコンクリートなら10mm、鉄工なら8mm、木工なら20mmに対応。回転数は2,600回転、打撃数は4万1,600回あります。ワンタッチで振動ドリルから電動ドリルに切り替えられるため、さまざまな用途に対応可能です。

ボッシュ(BOSCH) 振動ドライバードリル PSB10.8LI-2

ボッシュ(BOSCH) 振動ドライバードリル PSB10.8LI-2

充電式の振動ドリルドライバーです。10.8Vのリチウムイオンバッテリーを使用しており、他シリーズとのバッテリー共用が可能。バッテリーを保障するボッシュ独自の電子セル保護システムやECP機能を搭載するなど、信頼性の高い製品です。

穴あけ能力はコンクリートなら6mm、鉄工なら8mm、木工なら20mmに対応。回転数は毎分1,300回転、打撃数は1万9,500回です。振動ドリルとして使用する以外にも先端のビットを交換すれば、電動ドライバーとしても使用できるなど、幅広い用途で活躍します。

暗い場所での作業に便利なLEDライトや、正転・逆転が一目でわかるインジケーターなど便利機能も標準装備。振動ドリルからネジ締めへの切り替えもワンタッチで行えるなど、初心者のDIYから高度なDIYまでオールマイティに使える製品です。

ハイコーキ(HiKOKI) 振動ドリル FDV18V

ハイコーキ(HiKOKI) 振動ドリル FDV18V

360°好みに合わせて位置設定ができるサイドハンドルや、滑りにくいソフトグリップを採用した振動ドリル。作業内容に合わせて「回転+打撃」と「回転のみ」をワンタッチで切り替えられます。

720Wのハイパワーモーターを搭載しており、穴あけ能力はコンクリートなら18mm、鉄工なら13mm、木工なら30mmに対応。回転数は毎分3,100回転、打撃数は4万9,600回あります。

微調整ダイヤルと、手元のスイッチの握り加減で回転数を無段階に調整できる「無段変速機構」を採用。本体重量約1.7kgと取り回しのしやすさも人気の製品です。

高儀 EARTH MAN 振動ドリル DR-180LiVA

高儀 EARTH MAN 振動ドリル DR-180LiVA

振動ドリル・電動ドリル・電動ドライバーの3つの機能を搭載したパワフルな充電式振動ドリルです。2.0Ahの大容量バッテリーで、長時間の作業でも電池が長持ちします。

穴あけ能力はコンクリートと鉄工で13mm、木工なら32mmまで対応。スイッチひとつで低速と高速2つのスピードに切り替えられます。回転数は低速時に毎分400回転、高速時1,500回転。打撃数は低速時6,000回、高速時2万2,500回あるため、DIYに十分なパワーがあります。

作業に便利なLEDライトや、スイッチの引き具合で回転数を調節する「無段変速機能」も搭載。先端部分は交換が簡単で固定力の高いロック機構付のキーレスチャックを採用するなど、オプション機能も豊富な製品です。

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) コード式振動ドリル KR554RE

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) コード式振動ドリル KR554RE

550Wのハイパワーモーターを搭載した振動ドリルです。本体に力をかけやすいサドルデザインになっているため、両手でしっかりおさえて作業できます。女性や力の弱い方でも使いやすいのが特徴です。

穴あけ能力はコンクリートと鉄工で13mm、木工なら20mmまで対応。回転数は毎分2,800回転、打撃数は4万4,800回あります。穴の深さを調節する「深度調節ストッパー」が付属しており、初心者でも思い通りの穴をあけることが可能です。

リョービ(RYOBI) 振動ドリル PD-1301VR

リョービ(RYOBI) 振動ドリル PD-1301VR

操作性に優れた小型で軽量タイプの振動ドリルです。握りやすいソフトグリップ形状で、重さ1.6kgと取り回しがしやすいのもポイント。穴をあける位置が簡単に決められる無断変速スイッチを採用した製品です。

穴あけ能力はコンクリートと鉄工で13mm、木工は18mmまで対応。回転数は毎分2,600回転、打撃数は4万6,800回あります。コードの長さも2.5mあるため、長時間の作業でも電池切れを気にせず作業できるのがポイントです。

新興製作所(SHINKO) 変速振動ドリル SVV130

新興製作所(SHINKO) 変速振動ドリル SVV130

ダイヤルを回すだけで簡単にスピード調節ができる変速タイプの振動ドリルです。回転+振動の振動ドリル以外にも、回転だけの電動ドリルや、電動ドライバーとしても使用できます。

穴あけ能力はコンクリートと鉄工で10mm、木工なら25mmまで対応。回転数は50Hzで毎分2,200回転、60hzで2,100回転あります。深さ調節ゲージと補助ハンドルを使用することで作業の正確性を高め、思い通りの穴あけが可能。初めての方でも安心して使用できます。

リリーフ(RELIFE) 電気ドリル兼用型振動ドリル ROD-510

リリーフ(RELIFE) 電気ドリル兼用型振動ドリル ROD-510

回転と振動を与える振動ドリル以外にも、回転のみの電動ドリルとしても使える製品。ハンドル部分が360°回転するため、あらゆる角度での作業が可能です。デプスゲージが1本付属しており、自分があけたい深さまで穴をあけられます。

穴あけ能力はコンクリートなら13mm、鉄工なら10mm、木工なら30mmまで対応。回転数は毎分2,700回転、打撃数は4万3,200回あります。回転速度はダイヤル操作で自由に調節可能。レバーの引き具合によってゆっくり~高速回転するため、自分のペースで穴をあけられるのがポイントです。

パナソニック(Panasonic) 振動ドリル&ドライバー EZ79A2

パナソニック(Panasonic) 振動ドリル&ドライバー EZ79A2

振動ドリルと電動ドライバーの機能をあわせもち、サイズ・パワー・耐久性・使い勝手すべてが高水準な製品です。モーターやギアを薄型化した全長188mm・重さ1.85kgの小型で軽量なボディが魅力。

タイルやレンガなど、高い負荷作業を行う時に、モーターに負担がかかりすぎないブラシレスモーターを採用。モーターに負荷がかかりすぎるのを軽減でき、モーターの劣化や故障を防ぎます。

ほこりや雨、水しぶきに強い防塵・耐水設計やハイブリッドスイッチを採用することで、本体の劣化や摩耗も予防しているのもポイント。長く愛用できるおすすめの振動ドリルです。

イーバリュー(E-Value) 振動ドリル EID-650VA

イーバリュー(E-Value) 振動ドリル EID-650VA

連続作業に便利なスイッチロックボタンのついた振動ドリル。回転数無段階調節機能が付いていて、一定のスピードで一定の穴をあけることが可能です。

穴あけ能力はコンクリートなら13mm、鉄工なら10mm、木工なら21mmまで対応。回転数は毎分2,600回転、打撃数は4万6,800回あります。ドリルチェックは1.5~13mmで多様な穴あけに対応。振動を防いでくれる防振ゴムグリップを採用しているため、長時間の作業でも疲れにくいのがポイントです。

シュレーマン(SHUREMAN) 振動ドリル KID-550

シュレーマン(SHUREMAN) 振動ドリル KID-550

使用頻度がそこまで高くなく、簡単なDIYに使いたい方におすすめの製品。価格が安いにもかかわらず、振動ドリルと電動ドリルの2段切り替えや回転方向の切り替え、変速回転など基本性能は標準搭載されています。

穴あけ能力はコンクリートと鉄工で10mm、木工なら16mmまで対応。回転数は毎分2,500回転あります。ディープアジャスターが付属しているため、穴あけの深さも思いのまま。ちょっとしたDIY用など安価な振動ドリルを探している方におすすめです。