新鮮かつおいしい水が手軽に飲める「ウォーターサーバー」。飲料用のほか、料理や赤ちゃんのミルク作りなどにも活躍する便利なアイテムです。

そこで今回は、おすすめのウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。ウォーターサーバーのメリットとデメリットや選び方についても詳しく解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

ウォーターサーバーのメリットとデメリット

メリット

ウォーターサーバーは、冷水や温水がいつでも素早く供給できるのがメリット。また、天然水やRO水など、水道水では味わえない水を飲めるのも魅力です。水質や放射性物質などの安全検査を通過した水を用いており、安心して飲用できます。

配送業者が直接水を届けてくれるため、わざわざ買いに行く手間が省けるのもポイント。災害時など、いざというときに使える常備水としてストックも可能です。

デメリット

ウォーターサーバーは、水代のほかにサーバーレンタル代や電気代などがかかるため、ペットボトルの水や浄水器に比べてトータルコストが高い傾向にあります。また、ボトル交換やメンテナンスの手間がかかるのもデメリット。

さらに、ウォーターサーバーの設置場所に加え、ストック用の水を保管するためのスペースが必要な点にも注意が必要です。メリットとデメリットを理解したうえで、ウォーターサーバーを導入すべきか判断しましょう。

ウォーターサーバーのおすすめメーカーランキング

第1位 プレミアムウォーター(PREMIUM WATER)

By: premium-water.net

一人暮らしの方からファミリー層まで、幅広い世帯に人気の「プレミアムウォーター」。まろやかな味わいと口当たりのよさが際立つ非加熱処理の天然水を、12Lのワンウェイ方式ボトルで提供しています。

採水地は、富士吉田・北アルプス・朝来・金城・南阿蘇の5つから選択が可能。水のおいしさにこだわりたい方にもおすすめです。ウォーターサーバーのラインナップが豊富なのも魅力。レンタル代がかからない機種からデザイン性や機能性を重視した有料モデルまで幅広く揃います。

生産管理が難しい非加熱処理の天然水を提供しているため月額料金がやや高めですが、3年間の長期契約プランを選べば比較的安く利用できます。

第2位 フレシャス(FRECIOUS)

By: frecious.jp

一人暮らし向けの卓上タイプやコーヒーの抽出機能を備えた多機能モデルなど、さまざまなウォーターサーバーが揃う「フレシャス」。なかでも、グッドデザイン賞をはじめとした数々のアワード受賞歴を持つ「フレシャス・デュオ」は、おしゃれに敏感な方から高い支持を得ています。

定番人気の「フレシャス富士」に加え、全3種類の天然水を用意。いずれも硬度が低い軟水のため、赤ちゃんのミルク作りにも利用できます。

7.2Lのウォーターパックおよびボトルを採用しており、力の弱い方でも容易に水交換が可能。使い切った後は家庭用不燃ゴミとして捨てられるため、空き容器を回収まで保管する手間が省けます。

第3位 コスモウォーター(cosmo water)

By: cosmowater.com

デザイン性と実用性を兼ね備えたウォーターサーバーを展開する「コスモウォーター」。天然水の価格は他社と比較して割高ですが、ウォーターサーバー本体のレンタル代や水の送料が無料なのに加え、業者メンテナンスも不要なため、低コストで利用できます。

静岡・京都・大分の採水地から直送される天然水をワンウェイ方式のボトルで提供。汲みたての天然水を48時間以内に出荷する「鮮度キープシステム」や、サーバー内部を衛生的に保つ独自の特許技術「クリーンエア」を採用しており、最後の一滴まで安全かつおいしい天然水が味わえます。

人気機種の「スマートプラス」は、ボトルを本体下部に収納する仕組みになっており、ラクラク水交換が可能。子供の誤操作を予防するチャイルドロックや消費電力を最大60%カットできるエコモードを搭載するなど、機能面も充実しています。

第4位 クリクラ(CreCla)

By: crecla.jp

業界内で長い歴史を持つ老舗メーカー「クリクラ」。不純物や雑味を除去した純水に近いRO水を提供しており、赤ちゃんのミルクおよび離乳食作りにも安心して使えます。

「ガロンボトル」と呼ばれる硬質な容器に入れた水を自社配送しているのが特徴。空ボトルは回収して洗浄を行い、再利用する仕組みになっているため、環境に配慮したい方にも適しています。

12Lの通常サイズに加え、力の弱い方でも持ち運びやすい6Lの「クリクラキュートボトル」も展開。定期配送はもちろん、都度注文にも対応しており、ライフスタイルに合わせて利用できます。

また、サーバーのレンタル料や解約金などがかからない点も魅力。水の送料も無料のため、コスパのよさを重視する方にもおすすめです。

第5位 アクアクララ(Aqua Clara)

By: aquaclara.co.jp

クリクラ同様、宅配水の老舗メーカーとして知られる「アクアクララ」。ネスカフェのコーヒーマシンが一体となった「アクアウィズ」やデザイン性を追求した「アクアファブ」をはじめ、5種類のウォーターサーバーを展開しており、用途やシーン合わせて選べます。

逆浸透膜でろ過した高純度水に、ミネラル成分をバランスよく添加したデザインウォーターを提供。繰り返し使えるリターナブル方式ボトルを採用しており、環境に配慮したい方にも適しています。

容量は、7Lと12Lからライフスタイルに合わせて選択が可能。どちらも取っ手を備えており、力の弱い女性や高齢者でも持ち運べます。水代のほか、月々に必要となる「あんしんサポート料」を含めても、低コストで利用できるおすすめメーカーです。

第6位 サントリー(SUNTORY)

飲料メーカーとして有名な「サントリー」が提供するウォーターサーバー。国内で圧倒的な知名度を誇るミネラルウォーター「南アルプスの天然水」が手軽に飲めるとあって、高い人気を集めています。

サントリーのウォーターサーバーは、4段階の温度調節機能を備えているのが特徴。また、厳重なチャイルドロック機能を備えており、用途や家庭環境を問わず使用できます。

2重構造のウォーターサーバーをダンボール内に収めた7.8Lの「天然水ボックス」を採用しているのもポイント。最大5箱まで積み上げられるため、保管スペースの大量削減が可能です。また、箱ごとセットする仕組みになっており、力の弱い方でもラクラク水交換できます。

ウォーターサーバー本体のレンタル代や初期費用、メンテナンス料などが0円で導入できるのもメリット。大手ならではの安心感と品質の高さから、多くの方に選ばれるおすすめメーカーです。

第7位 ワンウェイウォーター(One Way Water)

By: onewaywater.com

業界最安クラスの低価格を実現するRO水が人気の「ワンウェイウォーター」。定期配送を基本としており、サーバーレンタル代や水の送料、初期費用なしで利用できます。

ワンウェイウォーターが提供するRO水は、天然水由来の原水を利用しているのが特徴。ミネラル成分がバランスよく配合された良質な水が気軽に飲めます。また、3種類の天然水も選択が可能。いずれもワンウェイ方式のボトルを採用しており、空容器の保管や回収の手間がかからないのが魅力です。

水の取り替え位置を足元に配置した最新型モデルのほか、省スペース設計の卓上タイプやロボット掃除機が付属するユニークなモノまで、多彩な機種を展開しているのもポイント。価格の安さに加え、使い勝手のよさにもこだわりたい方におすすめです。

第8位 信濃湧水

By: shinanoyusui.jp

北アルプスの標高1220mに湧く「矢沢水源」から採水した天然水を提供する「信濃湧水」。硬度わずか16mg/Lの超軟水のため、口当たりがなめらかで飲みやすいのが特徴です。

クセがないため、料理の味や香りを邪魔しないのもメリット。また、赤ちゃんのミルクや離乳食作りにも安心して使えます。水のおいしさにこだわりたい方におすすめのメーカーです。

サーバーレンタル代が0円で利用できるスタンダードな機種のほか、エコモードや自動クリーニング機能を備えた最新型モデルを展開しており、予算や好みに合わせて選べます。

メーカーのおすすめモデル

トーエル アルピナウォーター(alpina water)

水の分子だけを透過させる逆浸透膜でろ過した北アルプスの天然水を提供する「アルピナウォーター」。硬度が1.05mg/Lと非常に低く、赤ちゃんのミルク作りにも使えるおすすめのウォーターサーバーです。

毎月の注文ノルマがないうえ、サーバーのメンテナンス代がかからないのもうれしいポイント。12Lのリターナブル方式ボトルは、1本あたり1,134円(税込)とリーズナブルで、コスパを重視する方にも適しています。さらに、レンタル代が初月0円になるキャンペーンも実施しているので、初期費用を抑えられるのも魅力です。

床置き型と卓上型から選べるスタンダードモデルに加え、エコモードを搭載した省エネタイプのサーバーも展開。いずれの機種も安全性を高めるチャイルドロック機能を搭載しており、小さな子供がいる家庭でも安心して使用できます。

コスパのよいウォーターサーバーのおすすめランキング

第1位 プレミアムウォーター(PREMIUM WATER) QuOL(キュオル)

天然水の送料が無料になるサービスに加え、各種プランが充実しており、コスパを重視する方におすすめのウォーターサーバー。冷温水に加え、常温水も利用できる汎用性の高いモデルです。

各種操作をジョグダイヤルに集結。音声ガイダンス機能も備えており、直感的に操作できます。トレイは高さ調節が可能。背の高い鍋や水筒も置いたまま出水できて便利です。

夜間や外出時の消費電力を抑える省エネモードや、子供のいたずら防止に役立つ2重チャイルドロック機能などを搭載しているのも魅力。使い勝手のよいウォーターサーバーを探している方にも適しています。

第2位 ワンウェイウォーター(One Way Water) Smart

By: onewaywater.com

狭いスペースにも設置できるスリムな形状のウォーターサーバー。水代のみの支払いで利用できるため、月額料金を抑えたい方に適しています。

12Lのワンウェイ方式ボトルを採用。業界最安クラスの価格設定を実現するRO水「プラスプレミアム」、または3種類の天然水から選べます。いずれも1回あたり2本からの注文に対応。なお、プラスプレミアムは1ヶ月で3本以上、天然水は月2本以上の注文が必要です。

ウォーターサーバーを使用しない時間帯の消費電力を、最大60%カットする省エネ機能を搭載しているのもポイント。低コストで使えるおすすめのウォーターサーバーです。

第3位 コスモウォーター(cosmo water) Smartプラス

By: cosmowater.com

天然水代のみで利用できるウォーターサーバー。初期費用に加え、サーバーレンタル代や水の配送代がかからないため、コスパを重視する方におすすめです。

12Lのワンウェイ方式ボトルを採用。外気が入りにくく、衛生面が気になる方にも適しています。ボトルは、1回あたり2本以上の注文が必要。配送間隔は7・14・21・28日、さらには1ヶ月から選べます。

買い物カゴから着想を得た専用バスケットを本体下部に配置しているのもポイント。ボトルを入れ、片手でスライドするだけで簡単に水交換ができます。消費電力を最大60%カットするエコモードや安全性を高めるチャイルドロック機能を備えており、使い勝手も良好です。

一人暮らし向けのウォーターサーバーのおすすめランキング

第1位 フレシャス(FRECIOUS) Slat

足元で水交換できるボトル下置き型のウォーターサーバー。マットな質感と上品なカラーで、部屋に違和感なく馴染みます。

冷水と温水に加え、常温水まで選べる温度設定機能を搭載。約80℃の温水を3~4分ほどで約90℃まで再加熱できるリヒート機能も備えており、さまざまな用途に使えます。

天然水は、1~4週間おきの自動定期配送に対応。使い切ったボトルはそのまま家庭用不燃ゴミとして捨てられるため、空き容器を保管する必要は不要です。静音設計でワンルームや寝室に設置できるのも魅力。一人暮らしの方にもおすすめのモデルです。

第2位 クリクラ(CreCla)

By: crecla.jp

停電時でも使用できるコックタイプの給水口を採用。安全性を考慮したシンプル設計で、誰でも簡単に使用できるおすすめのウォーターサーバーです。サーバーレンタル代や水の送料が無料のうえ、解約金もかからないため、月額費用を抑えたい方にも適しています。

不純物や雑味を取り除いたRO水を、環境に優しいリターナブル方式のボトルで提供。1本あたり12Lとやや重いものの、取っ手が付いているため女性でも持ち運べます。

3ヶ月の利用本数が6本未満の場合、月額1,100円(税込)のサーバーレンタル代が発生してしまうため、月換算で2本の注文が必要。一人暮らしの場合、飲料用に加えて毎日の料理や炊飯にもおいしい水を使いたい方におすすめです。

第3位 フレシャス(FRECIOUS) SIPHON+ ショートタイプ

By: frecious.jp

UV-LED殺菌機能により、天然水を新鮮な状態に保つと謳うウォーターサーバー。水の取り換え位置は上部ですが、7.2Lの軽量ウォーターパックを採用しており、女性や高齢者でもラクラク水交換できます。

ワンウェイ方式でボトルの保管や回収が不要な点も魅力。4パック単位で1~4週間毎の定期配送を行っており、一人暮らしの方でも使い切りが可能です。

部屋の明るさを感知して自動で節電を行う光センサーを搭載しているのもポイント。電気代を節約したい方にもおすすめのモデルです。

おしゃれなウォーターサーバーのおすすめランキング

第1位 プレミアムウォーター(PREMIUM WATER) amadana ウォーターサーバー

東京発のデザイン家電ブランド「アマダナ」とのコラボにより誕生したおしゃれなウォーターサーバー。シンプルながら存在感のあるデザインで、インテリアとしても楽しめます。

7Lと12Lから選択できるワンウェイ方式のボトルを採用。富士吉田や北アルプス、南阿蘇など、さまざまな採水地の天然水を選べるため、水のおいしさにこだわりたい方にも適しています。

なお、省エネ機能が非搭載なのに加え、毎月1,100円(税込)のサーバーレンタル代がかかるため、ランニングコストよりデザイン性を重視する方におすすめです。

第2位 フレシャス(FRECIOUS) Slat+cafe

By: frecious.jp

コーヒーメーカーの機能を備えた1台2役のウォーターサーバー。専用のドリップポッドまたは市販のコーヒー粉を使用して、天然水で淹れる本格的なコーヒーを味わえます。

無駄を省いたミニマルなデザインとマットな質感が高級感を演出。幅広いテイストの部屋に馴染むおすすめモデルです。

冷水と温水に加え、常温水にも対応。熱湯に近い温度まで再加熱できるリヒート機能や消費電力を抑えるエコ機能も搭載しており、使い勝手も良好です。

使い切ったらそのまま破棄できる9.3Lのワンウェイ方式ボトルを採用しているのもポイント。ボトル下置き型のため、ラクラク水交換できます。

第3位 フレシャス(FRECIOUS) dewo

シンプルかつモダンなデザインでインテリアに調和するウォーターサーバー。カラーバリエーションが豊富で、部屋の雰囲気に合わせて選べます。

7.2Lのワンウェイ方式ウォーターパックを採用。軽量かつ柔らかなので抱えて持ち上げやすく、力の弱い方でも簡単に水交換が可能です。

チャイルドロック機能が搭載されているのに加え、操作ボタンが本体上部に設置されており、子供のいたずらや誤操作による予期せぬ事故を防げるのも魅力です。

赤ちゃんがいる家庭向けのウォーターサーバーのおすすめランキング

第1位 フレシャス(FRECIOUS) Slat

温水の温度を約70℃に下げて消費電力を抑えるエコ機能を搭載。節電になるだけでなく、調乳にも活躍するウォーターサーバーです。全3種類の天然水から自分好みの水を選択できるのも魅力。いずれもミネラル分が少ない軟水のため、赤ちゃんのミルク作りにも利用できます。

冷水と温水の両方に対応可能なチャイルドロック機能を搭載しており、小さな子供がいる家庭でも安心して使用可能。また、操作ボタンが子供の目に付きにくい本体上部に配置されているのもポイントです。

どんな空間にも馴染むシンプルかつスタイリッシュなデザインも魅力。機能性はもちろん、見た目のおしゃれさにもこだわって選びたい方におすすめです。

第2位 サントリー(SUNTORY) 天然水ウォーターサーバー

冷水・温水ともに2段階の温度設定が可能。季節や体調、シーンなどに合わせて利用できるおすすめのウォーターサーバーです。1日1回サーバー内に熱水を循環させ、清潔な状態を保つ機能を搭載。衛生面が気になる方にもおすすめのモデルです。

注水に加え、全操作を一時的に無効にする2重のチャイルドロック機能を備えているのもポイント。小さな子供がいる家庭でも安心して使えます。

7.8Lの天然水が入った2重構造のポリエチレンバッグは、ダンボール製のボックスに収められており、抱えたり積み重ねたりしやすいのが魅力。ボックスに非常用コックを取り付ければ、手動の常温給水器としても使えて便利です。

第3位 フレシャス(FRECIOUS) dewo mini

設置場所を選ばないコンパクトサイズの卓上ウォーターサーバー。給水口をひとつにまとめることで、スッキリとした見た目に仕上がっているのが特徴です。トレイが広めに設計されており、小鍋などにも手軽に水を注げます。

殺菌効果が期待できるUV-LEDを搭載。クリーニングボタンを押さなくても常に清潔な水が飲めます。軽量で抱えやすい4.7Lのワンウェイ方式ウォーターパックを採用しているのもポイント。女性や高齢者でも簡単に水効果が可能です。

節電に加え、調乳にも役立つエコモードや安全性を高めるチャイルとロック機能などを備えており、使い勝手も良好。小型ながら充実した機能を備えたおすすめモデルです。

ウォーターサーバーを選ぶときのポイント

月額費用

ウォーターサーバーは、宅配される水の料金と送料のほか、本体のレンタル代や電気代、メンテナンス費用などの維持費がかかります。なかでも、料金の大半を占めるのが水代。実際にかかる水の月額費用は1ヶ月あたりの消費量に比例します。

料金体系はメーカーごとに異なるため一概に比較はできませんが、月々の水消費量を把握したうえでトータルコストを考慮し、自分に合ったプランを検討しましょう。

また、初期費用の有無にも注意が必要。設置費用や事務手数料などがかかるメーカーもあるため、価格重視でウォーターサーバーを選びたい方は併せて確認しましょう。

毎月の注文ノルマの有無

ウォーターサーバー各社のなかには、月々500~1,500円程度かかるサーバーのレンタル代が無料になるメーカーもあります。

ただし、月に注文しなければならない水ボトルの最低本数、いわゆる注文ノルマが定められているケースがほとんど。一人暮らしなどで水の消費量が少ない方は、トータルコストで考え、注文ノルマがないウォーターサーバーを選ぶのがおすすめです。

解約金や最低契約期間も確認

ウォーターサーバーには、基本的に半年~2年間の最低利用期間が設けられています。定められた期間内に解約した場合、5,000~10,000円ほどの違約金、またはサーバーの返却費用などが発生するため注意が必要。

メーカーによって条件が異なるため、契約前に必ずチェックしておきましょう。

サーバーの種類やデザイン

床置き型

By: frecious.jp

直接床に設置するタイプのウォーターサーバーは、安定感があって転倒の心配が少ないのが特徴。デザインバリエーションが豊富で、部屋の雰囲気に合ったモノを選べます。

高温のお湯を出せるモデルや省エネ機能を搭載したモノなど、さまざまな機能を有したウォーターサーバーが揃うのも魅力。月々の電気代は卓上型とほとんど変わらないため、設置スペースを確保できるのであれば床置き型を選ぶのがおすすめです。

卓上型

By: frecious.jp

棚やカウンターの上に置いて使用する卓上型。床置き型に比べて軽量かつコンパクトで設置場所を選ばないのがメリットです。一人暮らしの方や少人数の家庭に適しています。

ただし、卓上型はボトルを本体上部にセットするモデルが多く、設置場所が高すぎると膝や腰に負担がかかる点に注意が必要。重いモノを持つのが苦手な方は、高さを調節するか、容量が少ないボトルに対応するモデルを選びましょう。

水の種類

自然の風味を楽しめる天然水

自然のミネラル成分を含む天然水。特定水源地からくみ上げた地下水に、沈殿・ろ過・加熱殺菌を除いた物理的および化学的な処理を行っていないのが特徴です。

土地によって口当たりや味が微妙に異なるのがポイント。自然の風味を楽しみたい方におすすめです。ただし、採水コストがかかるため、RO水と比べて値段がやや高い傾向にあります。

料理や調乳に便利なRO水

水道水もしくは天然水を特殊なフィルターでろ過することにより、不純物を限りなく除去した安全性の高い「RO水」。ミネラル成分が少なく無味無臭なため、料理や調乳に適しています。

RO水のなかには、ろ過後にミネラル成分を人工的に添加する「デザインウォーター」と呼ばれるモノも存在。日本人の味覚に合うおいしい水が安心して飲めます。

宅配方法

環境に優しいリターナブル方式

By: aquaclara.co.jp

業者が空ボトルを回収し、洗浄を行って再使用するリターナブル方式。水を使い切ったらボトルを保管し、返却する必要があります。

空ボトルの保管に場所を取るものの、ワンウェイ方式に比べてボトルにかかるコストが割安になるのがメリット。無駄なゴミが一切出ないため、環境に配慮したい方にもおすすめです。

空ボトルをすぐに処分できるワンウェイ方式

飲み終わったらそのまま捨てられる手軽さが魅力のワンウェイ方式。リターナブル方式と異なり、空ボトルを保管するスペースを確保する必要はありません。

多くの業者が軟質ボトルを採用しているのもポイント。水を使用した分だけボトルがへこんで真空状態を保てるため、衛生面を重視したい方にもおすすめです。

ボトルの交換のしやすさをチェック

By: aquaclara.co.jp

水交換の際、重いボトルを持ち上げる必要があるウォーターサーバー。とくに、力の弱い女性や高齢者にとっては大変な作業です。そのため、ボトル交換がしやすいかどうかをチェックするのも大切。

水交換のしやすさは、入れ替え位置や容量によって決まります。本体下部にボトルを設置するモデルなら、腰や腕に負担がかかりにくく、ラクラク交換が可能。また、5〜7L程度の軽量ボトルなら持ち上げやすく、スムーズに交換できます。