冷水やお湯がすぐ使える「ウォーターサーバー」。水道水と比較して安全な水を使用しているため、赤ちゃんのミルクづくりにも使えます。また、美味しい水を使って料理を楽しみたい方にもおすすめです。

そこで今回は、おすすめのウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。選び方についても詳しく解説しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ウォーターサーバーの種類

床置き型

By: frecious.jp

床置き型とは、直接床に設置するタイプのウォーターサーバーです。卓上型と比べて種類が豊富で、おしゃれなデザインのウォーターサーバーも数多くラインナップされています。インテリアにあわせて選びたい方におすすめです。

また、床置き型は機能が充実したモデルが多いのもポイント。高い温度のお湯を出せるモデルや、省エネ機能で電気代を削減できるモデル、自動で内部をクリーニングするモデルなど、さまざまな機能を持ったウォーターサーバーがあります。月々の電気代も卓上モデルとほとんど変わらないため、設置スペースを確保できるなら床置き型がおすすめです。

卓上型

By: frecious.jp

卓上型は、テーブルやシンクの上などに設置するタイプのウォーターサーバーです。床置き型と比べてコンパクトなモデルが多く、設置場所を選ばないのが大きなメリット。ファミリーはもちろん、一人暮らしの方にもおすすめです。

卓上型はボトルを上にセットするモデルがほとんど。高いテーブルの上に置くと、ボトル交換が大変になるので注意しておきましょう。重いモノを持つのが苦手な方は、高さを調節するか、小容量のボトルをセットできるモデルがおすすめです。

ウォーターサーバーの選び方

水の種類をチェック

By: kirala.jp

天然水

天然水とは、特定水源地からくみ上げた地下水をろ過・沈殿・加熱殺菌した水のこと。土地によって水に溶けだしたミネラルの成分が異なるので、口当たりや味が微妙に異なります。採水コストがかかるためRO水と比べて値段はやや高めですが、自然の風味を楽しみたい方におすすめです。

RO水

RO水とは、RO膜と呼ばれるフィルターによってろ過した水のことです。フィルターを通すと微生物や不純物、ミネラルなどが取り除かれて純水に近い水となります。しかし、このままでは無味無臭のため、あまり美味しくありません。そこで、メーカーが人工的にミネラルを添加することで風味を調えています。

RO水の元となるのは、水道水がほとんどです。天然水と比べて水源から水をくみ上げる必要がないので、コストが安いのがポイント。月々の費用を抑えたい方におすすめです。

水道水

天然水やRO水を使わず、水道水を使用するタイプ。水道管とサーバーをチューブでつないで直接水を注入する「水道直結型」と、タンクに手動で水道水を入れる「水道水補充型」の2種類があります。

ウォーターサーバーをレンタルしている会社から水を購入する必要がなく、ボトル交換もいらないので利便性に優れているのが特徴。気になる方は、あわせてチェックしてみてください。

ボトルの配送方法をチェック

ワンウェイ方式

By: frecious.jp

ワンウェイ方式とは、ボトルを回収しない方式です。使い捨てのボトルまたはビニールパックに水が入っており、飲み終わったらそのままゴミ箱に捨てられます。ウォーターサーバー会社に空ボトルを返却する必要がないので、保管スペースを節約できるのがメリットです。しかし、リターナブル方式と比べて料金がやや高めに設定されています。使い勝手を優先する方におすすめです。

リターナブル方式

By: alpina-water.co.jp

リターナブル方式とは、ボトルを回収する方式です。ボトルは頑丈なプラスチック製であることがほとんど。使い終わったら空ボトルを保管しておき、ウォーターサーバー会社に返却する必要があります。回収してもらうまでスペースを圧迫するというデメリットはありますが、ボトル代のコストを節約することが可能。少しでも出費を抑えたい方におすすめです。

ボトル交換のしやすさをチェック

By: frecious.jp

ウォーターサーバーを選ぶ際は、ボトル交換のしやすさをチェックしておくのも重要。最近では下部にボトルを設置できるモデルも増えており、腰や腕に負担がかかりにくく楽に交換できるのでおすすめです。

また、上部にボトルを設置するモデルを選ぶ際は、設置場所の高さも確認しておきたいところ。ボトルが自分の胸より高い位置にあるモノだと、持ち上げにくくなるため注意しておきましょう。

さらに、ボトルの容量も要チェック。5〜7L前後のコンパクトなボトルを設置するモデルであれば、比較的楽に交換できるのでおすすめです。

ランニングコストをチェック

ウォーターサーバーには、水の代金や送料、サーバーレンタル代、メンテナンス代、電気代などがかかります。水の代金は基本的にボトル本数で決まっており、1人あたり1か月約12L、1Lあたり100円前後が目安です。

しかし、料理に使う場合や夏場だとさらに多くの水を消費するため、使用シーンにあわせて選ぶことが大切。1か月あたりの最低発注本数があるメーカーも多いので、あらかじめ自分の消費容量を計算しておくのがおすすめです。

また、ウォーターサーバーには月1000円前後の電気代が発生します。電気代を抑えたい方は、エコ機能を搭載したモデルもあわせてチェックしてみてください。

水の送料は、基本的に無料のメーカーがほとんど。サーバーレンタル代やメンテンナンス代を無料にしているメーカーもあるため、ランニングコストを重視する方は要チェックです。ただし、2本以上注文といった条件を設けている場合も多いので留意しておきましょう。

子供がいる家庭はチャイルドロックもチェック

By: rakuten.co.jp

ウォーターサーバーは、レバーを引いたりハンドルを回したりするだけですぐに水が出てくるのが魅力。一方、床置き型の場合は小さな子供でも手を伸ばしやすい位置にあるので、誤って熱湯を出し火傷するといったリスクがあります。

子供の誤用を防ぐためには、チャイルドロック機能のついたモデルがおすすめ。温水のみ・冷水のみ・完全解除など、ロック機能を細かく使いわけられるモノや、子供からはチャイルドロックボタンが全く見えないモデルなどもラインナップされています。

インテリアの雰囲気とあうデザインかチェック

By: frecious.jp

ウォーターサーバーは大きく存在感があるモノも多いので、適切なデザインを選ぶのも重要なポイント。部屋のインテリアの雰囲気にあわないデザインを選ぶと、サーバーだけが浮いて見えてしまうため注意が必要です。

最近では、インテリアとしてもなじみやすいおしゃれなモデルも展開しています。気になる方は、あわせてチェックしてみてください。

ウォーターサーバーのおすすめランキング

第1位 フレシャス(FRECIOUS) dewo

フレシャス(FRECIOUS) dewo

シンプルモダンなラウンドフォルムが目を引くウォーターサーバーです。グッドデザイン賞・キッズデザイン賞を獲得しており、デザイン性に優れているのが特徴。自宅のインテリアとしても活躍します。

チャイルドロック機能つきなので、小さな子供のいる家庭にもおすすめ。操作ボタンも上部にあるため、子供のいたずらや誤用を防げます。トレイは約25.5×10cmと広めで、小鍋などを置いて給水できるのも魅力です。

また、7.2Lのワンウェイ式軽量パックはやわらかいので抱えやすく、握力の弱い方でも簡単に交換できます。ボトル設置位置は上部ですが、小柄な方でも簡単に設置可能です。家族で美味しい水を毎日飲みたい方は、ぜひチェックしてみてください。

第2位 フレシャス(FRECIOUS) Slat

フレシャス(FRECIOUS) Slat

ボトル下置き型のウォーターサーバーです。足元で水の交換ができるため、小柄な方でも簡単に水を補充できます。一方で、給水口はやや高めに配置。トレイもあるので、小鍋などに水を入れて運びたいときにも重宝します。

また、本製品は冷水・温水のほか、常温水ボタンも配置しているため、薬の服用・調乳などにもおすすめ。さらに、約80℃の温水を約3~4分で約90℃まで再加熱できるリヒート機能もあり、カップラーメンなどを食べたいときなど、用途にあわせてさまざまな使い方ができます。

静音性に優れているので、ワンルームや寝室にも設置可能。天然水は、1~4週間おきの自動定期配送に対応しています。一人暮らしの方にもおすすめのモデルです。

第3位 コスモウォーター(cosmo water) Smartプラス

コスモウォーター(cosmo water) Smartプラス

インテリアとしても映える、シンプルなデザインが魅力のウォーターサーバーです。下部に取手つきの給水ボックスを設けており、小柄な方でも簡単に水の交換ができます。

ボトルは毎月2本以上の定期配送に対応。無料で1か月間休止できるため、一人暮らしの方でも無駄なく使えます。なお、ボトルの容量は12Lとやや重いので、持ち運ぶ際は注意が必要です。

静音性も良好で、リビングや寝室で使いたい方にもおすすめ。チャイルドロックは「常時ロック」「常時フリー」「ボタンを押したときのみ作動」の3段階で設定できるため、小さな子供のいる家庭にも適しています。

第4位 プレミアムウォーター(PREMIUM WATER) amadana ウォーターサーバー

プレミアムウォーター(PREMIUM WATER) amadana ウォーターサーバー

木製の置き台や一体感のあるボトルカバー、シックなカラーリングなど、おしゃれなデザインが魅力のウォーターサーバーです。北欧調のお部屋から和室まで、さまざまな空間に溶け込みます。

チャイルドロック機能を搭載しているため、小さな子供のいる方に最適。しかし、エコモードはなく、1100円のサーバーレンタル費用も毎月かかるので、ランニングコストよりデザイン性を重視する方におすすめです。

また、ワンウェイタイプのボトルを採用しており、7Lと12Lから選択できます。7Lは富士吉田の天然水、12Lは金城・南阿蘇など、さまざまな種類から選べるのもポイント。水の美味しさにこだわりたい方はチェックしてみてください。

第5位 プレミアムウォーター(PREMIUM WATER) cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー

プレミアムウォーター(PREMIUM WATER) cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー

シンプルで立体感のあるデザインが魅力のウォーターサーバーです。利便性を考えてボトルを下部に設置しているのが特徴。小柄な方や年配の方でも、12Lの重いボトルを簡単に交換できます。

中央にはタッチパネルを搭載しているので、直感的な操作が可能。また、電気代を節約できるエコモードも搭載しているため、電気代を抑えたい方にもおすすめです。

なお、月額1100円のサーバーレンタル代がかかるので、トータルランニングコストはやや高め。しかし、機能性や水交換のしやすさなど、使い勝手に優れたおすすめアイテムです。

第6位 アクアクララ(Aqua Clara) アクアウィズ

アクアクララ(Aqua Clara) アクアウィズ

水だけでなく、コーヒーも楽しめるウォーターサーバーです。ボタンを押すだけで簡単にコーヒーが楽しめるので、忙しい朝に重宝します。

デザインはシンプルかつスタイリッシュのため、リビングに置いても違和感なくなじむのもポイント。また、RO水を使用しているので、ランニングコストに優れているのも魅力です。機能性とデザイン性に優れたウォーターサーバーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第7位 ダイオーズ(Diohs) ピュレスト タンクモデル

ダイオーズ(Diohs) ピュレスト タンクモデル

水道水をミネラルウォーターにできると謳うウォーターサーバーです。水道水をタンクに補充するだけでミネラルウォーターが飲めるため、ボトル交換や処理の手間がないのがメリット。水量が限られていないので、料理などにも気兼ねなく使えます。

また、本製品には下部にローラーが付属。キャリーバッグのように移動させやすく、水道水を補充しやすいのが特徴です。小柄な方でも手軽に水の入れ替えが可能。ちなみに、水代がかからない代わりに月額2980円からのサーバーレンタル料に加え、初期費用が1万円がかかります。重たい宅配ボトルから解放されたい方におすすめのモデルです。

第8位 キララ(Kirala) スマートサーバー

キララ(Kirala) スマートサーバー

炭酸水がつくれるウォーターサーバーです。ボトルをシェイクする回数によって、炭酸度合いを調節できるのが特徴。本体にはガイドも付属しているので、はじめての方でも簡単につくれます。

奥行が約18cmとスマートなのもポイント。立体的な装飾を施した上品なラウンドフォルムを採用しているため、部屋のインテリアとしても重宝します。

また、温水・冷水ともにチャイルドロック対応なのも魅力。ボトルは7.2Lのワンウェイ方式なので、1~4週間おきに4パック単位で定期配送されます。見た目と使い勝手のどちらにもこだわりたい方におすすめです。

第9位 フレシャス(FRECIOUS) SIPHON+ ショートタイプ

フレシャス(FRECIOUS) SIPHON+ ショートタイプ

業界初のUV-LED殺菌機能を搭載しているウォーターサーバーです。クリーニングボタンを押さなくても常に新鮮な天然水が飲めると謳っているのがポイント。外気に触れにくいウォーターパックを使っており、美味しさを長期間キープできます。

水の取り換え位置は上部ですが、ウォーターパックは7.2Lと軽く簡単に取り換え可能です。回収不要のワンウェイ式で、飲み終わった後は小さく畳んで捨てられます。

また、本製品は光センサーを使ったエコモードがついているため、電気代を節約したい方にもおすすめ。500ml約80円の天然水なのでトータルコストは高めですが、美味しい水を毎日飲みたい方に適しています。

ウォーターパックは4パック1~4週間ごとの定期配送に対応しており、一人暮らしの方でも使い切りが可能。ボタン音やモーター音が静かなため、寝室やリビングに近い部屋への設置を考えている方はチェックしてみてください。

第10位 フレシャス(FRECIOUS) dewo mini

フレシャス(FRECIOUS) dewo mini

4.7Lのワンウェイ方式パックを採用しているウォーターサーバー。水の交換位置は上部ですが、軽量で抱えやすく、小柄な方や年配の方も水の交換が簡単にできます。

天然水を新鮮な状態でキープするUV-LED技術を採用。クリーニングボタンなどを押す必要もなく、常に清潔な水が飲めるのもポイントです。

また、本製品は静音性に優れているため、寝室やリビングダイニングのカウンターなどにも設置できます。サイズは約幅25×奥行29.5×高さ47cmとコンパクトなので、ワンルームにもおすすめ。トレイは広く、小鍋などにも手軽に水を注げます。

さらに、チャイルドロックやエコモードにも対応。小さな子供のいる家庭でも活躍します。エコモードでは温水温度を70℃まで下げられるため、赤ちゃんのミルクづくりなどにもおすすめです。

第11位 プレミアムウォーター(PREMIUM WATER) スリムサーバーIII ショートタイプ

プレミアムウォーター(PREMIUM WATER) スリムサーバーIII ショートタイプ

シンプルな機能を備えたウォーターサーバーです。コックを押すだけで温水と冷水が使用可能。部屋の明るさを検知して自動でエコモードに切り替わるため、月額約630円まで電気代を抑える効果が期待できます。

チャイルドロック機能も備えており、小さな子供がいる方にもおすすめ。ダブルロックカバーをつければボタン操作を防止できるので、いたずらなどによる誤作動も防げます。

なお、水交換の位置は上部から行い、7Lまたは12Lのワンウェイ方式ボトルから選択可能。やや交換をしにくいのが難点ですが、天然水を採用しているため、美味しい水が飲めるおすすめのモデルです。

第12位 アルピナウォーター(alpina) スタンダードサーバー 卓上タイプ

アルピナウォーター(alpina) スタンダードサーバー 卓上タイプ

リーズナブルなRO水を採用しているウォーターサーバー。エコモードは搭載されていませんが、ランニングコストが抑えられているので価格重視の方におすすめです。

また、ボトルは12Lもしくは18.9Lの回収式、さらには8Lのワンウェイ式から選択可能。温水の蛇口にはチャイルドロックが搭載されており、子供のいたずら防止にも配慮されています。できるだけコストを抑えて美味しい水を楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

第13位 ワンウェイウォーター(One Way Water) スタイリッシュウォーターサーバー

ワンウェイウォーター(One Way Water) スタイリッシュウォーターサーバー

独特なラウンドフォルムが特徴的な卓上型のウォーターサーバーです。天然水のほか、500mlあたり52円のRO水に対応。本体サイズが約幅30×奥行30×高さ54cmとコンパクトなので、リビングはもちろん、キッチンや寝室など、さまざまな場所に設置できます。

また、サーバーレンタル代や定期メンテナンス代、水の配送料が無料なのもポイント。さらに、チャイルドロックもついており、小さな子供のいる家庭でも安全に使用できるおすすめのモデルです。

第14位 クール・クー(CoolQoo) ウォーターサーバー

ROろ過フィルターを搭載し、水道水をRO水に変えて供給するウォーターサーバー。水道直結型で、水道管からチューブを配線し、サーバーへ直接水を引きます。重いボトルの交換やタンクに水を足す作業を必要とせず、誰でも簡単に使用できるのが魅力です。

月々の費用は、サーバーレンタル料・水道代・電気代のみ。水にかかる費用も安く、月々の費用を抑えられます。美味しい水を手軽に飲みたい方はチェックしてみてください。

第15位 安心本舗 オーケンウォーター

さまざまな美味しい天然水が飲めるウォーターサーバー。天然水は、バナジウムを含む「富士山の銘水」、亜鉛が豊富な「天領の銘水」、ミネラルが多い「京都丹後の銘水」の3種類から選べます。

サーバーレンタル代と宅配水の送料が無料なのもポイント。また、天然水は500mlあたり約79円とリーズナブルなので、コスパに優れたモデルを探している方に適しています。

さらに、カラーラインナップが豊富なのも魅力。自分好みのひとつが見つかりやすいおすすめのモデルです。