ドイツワインと言えば甘口白ワインが代表格ですが、実は甘口よりも辛口のほうが生産量は多く、最近では上質な赤ワインの生産も増加してきています。自分好みのドイツワインを見つけるためには、産地やぶどうの品種、格付けなどを参考にするのがおすすめです。

そこで今回は、ドイツワインの選び方とおすすめの銘柄をご紹介します。ぜひ自分好みの1本を見つけてみてください。

ドイツワインの特徴

By: rakuten.co.jp

ドイツは世界最北のワイン生産地です。たっぷりの日光を浴びて短期間で熟す南方のぶどうに比べて、比較的短い日照時間でゆっくり熟成するため、デリケートで上品な甘みがあるのが特徴。

なかでもリースリングの白ワインは、フルーティーな味わいと豊かな香りが楽しめることで人気です。また、南部で生産されるシューペートブルグンダーというぶどう品種の質が向上したことにより、赤ワインの人気も上昇しています。

ドイツワインの選び方

産地で選ぶ

ラインヘッセン

ラインヘッセンは、ドイツ内で最大の栽培面積を誇る生産地です。上質なドイツワインの等級である「Q.b.A」に格付けされるものも多数生産されており、国外への輸出も盛んに行われています。また、ドイツの伝統的なブドウ品種であるシルヴァーナー種の生産は世界最大。温暖な気候を生かして赤ワインの生産が増加した産地でもあります。

モーゼル

モーゼルはドイツ最古のワイン生産地で、フルーティーな香りと繊細な酸味を楽しめるのが特徴。最もエレガントで洗練されたリースリングを作ると言われる地域です。また、急斜面に位置する畑が多いため、機械が入れず手作業で収穫が行われることから手間暇がかかったワインとも言われています。

フランケン

フランケンで生産されるQ.b.A以上のワインは、「ボックスボイテル」と呼ばれる特有の丸い形のボトルに入れられているのが特徴。ドイツの伝統的なブドウ品種であるシルヴァーナーが有名で、後味がすっきりとした辛口のドイツワインが主流です。

ナーエ

ナーエはさまざまな地質の土壌に恵まれているため、いろいろな種類のワインの生産が可能なことで知られます。なかでも最も多いのはリースリングの栽培で、しっかりした風味のライトボディのドイツワインが人気です。

ミッテルライン

ミッテルラインは、リースリングに理想的な条件が揃った畑が多いため、同品種が多く栽培されています。同範囲にユネスコ世界遺産に登録された地域なども含まれており、観光地として整備されているのであまり輸出されることがありません。作ったワインを消費者に直販する中小規模生産者が数多くいるのが特徴です。

ファルツ

ファルツはラインヘッセンに続いて2番目にブドウの栽培面積が広い生産地です。ドイツで購入されるワインの3分の1はファルツ産と言われ、リースリングが最も多く作られています。最近では赤ワインの生産が伸びており、ブドウ品種はドルンフェルダーが中心。赤ワインにおいては、ドイツ国内で最大規模の産地です。

バーデン

バーデンはドイツ最南端のワインの生産地です。フランスと隣接していることもあり、シュペートブルグンダー(フランス名でピノ・ノアール)などフランス品種のブドウの栽培が盛んです。

ラインガウ

ラインガウは、ここに挙げた8つの産地のなかでは最も面積の狭い生産地で、そのほとんどがリースリングの栽培に充てられています。酸味が強い辛口のリースリングを楽しめるのが特徴です。

味わいで選ぶ

辛口

辛口の白ワインはブドウを発酵させることで糖分がアルコールに変化し、糖度が低くなったワインのことです。酸味が強くすっきりした味わいになるため、魚介類や和食によく合います。

赤ワインはほとんどが辛口であるため、甘口・辛口という表現はほとんど使用されません。代わりに、フルボディ(重い)・ライトボディ(軽い)・ミディアムボディという表現が使われます。

これらは渋み・酸味・コク・香りなどを表したもので、フルボディは渋みがあり、香りや味が濃厚で濃い色味が特徴です。対してライトボディは色が薄く、渋みが少なくすっきりした味わいで初心者でも飲みやすいと言われています。両者の中間の風味を持つのがライトボディです。

甘口

甘口の白ワインはブドウの発酵を途中でストップさせることで糖分を残し、糖度が高い状態にさせたワインのことです。酸味が少なくフルーティーで飲みやすいので、アルコールが弱い方や女性に人気があります。デザートワインと呼ばれる極甘口の白ワインを、食後のデザート代わりに飲むのもおすすめです。

ブドウの品種で選ぶ

赤ワインは皮の色が黒いブドウを使って作られます。ブドウ品種ではフランス名でピノ・ノワールとして有名な最高品種と言われる「シュペートブルグンダー」や、濃い色味が特徴の「ドルンフェルダー」、お手頃価格でデイリーワインとして販売される「ポルトギーザー」などが代表的です。

白ワインは主に皮が黄緑色の白ブドウを使って作られます。ブドウ品種では果実味が感じられる「リースリング」がドイツを代表する品種です。ほかに、ドイツの伝統的な品種の「シルヴァーナー」やお手頃価格のワインに使用される「ミュラー・トゥルガウ」などさまざまな品種があります。

格付けで選ぶ

ドイツワインは産地やアルコール度数、作り方などの規定により4段階に区分されており、格付けの低い方から順に「テーブルワイン」「地酒」「上質ワイン(Q.b.A)」「肩書付上質ワイン(Q.m.P)」となっています。

Q.m.Pはぶどうの熟し具合によって「トロッケンベーレンアウスレーゼ」「アイスヴァイン」「ベーレンアウスレーゼ」「アウスレーゼ」「シュペトレーゼ」「カビネット」の6段階に区分されています。このような格付け表記を参考にしてドイツワインを選ぶことも可能です。

ドイツワインのおすすめ銘柄

マドンナ リープフラウミルヒ

マドンナ リープフラウミルヒ

マドンナは1786年に創業したドイツの老舗ワインメーカーであるファルケンベルク社の看板ブランドです。本製品はQ.b.Aという上質ワインに格付けされ、ラインヘッセン地方で栽培されたリースリングを中心とした甘口白ワインを生産しています。リーフプラウミルヒは聖母の乳という意味で、聖母教会のぶどう園で作られた元祖ワインから名付けられました。

本製品は、フルーティーな香りと穏やかな酸味の果実感が魅力のすっきりと飲みやすいのが特徴です。ボトルデザインも優しく華やかなのでパーティーシーンにもぴったり。価格が安いので試しやすく、初心者にもおすすめです。

モーゼルランド リースリング アウスレーゼ

モーゼルランド リースリング アウスレーゼ

モーゼルランドは、モーゼル地方のぶどう生産者が作った共同体から始まり、現在では他地方の組合とも合併してドイツ最大規模に成長した協同組合です。本製品は、品質重視を第一に掲げて丁寧に作られたリースリングのひとつ。

ドイツワインの最上級に格付けされるQ.m.Pのなかで、アウスレーゼは中程度の糖度に当たります。バラの花のような香り立つ風味と優しい甘みが特徴で、エレガントさが印象的なドイツワインです。モーゼル型とも呼ばれる背が高くスリムなボトルは佇まいが優雅なので、手土産などにもおすすめします。

ヨアヒム・フリック ホッホハイマー ケーニギン・ヴィクトリアベルク リースリング カビネット エアステ・ラーゲ

ヨアヒム・フリック ホッホハイマー ケーニギン・ヴィクトリアベルク リースリング カビネット エアステ・ラーゲ

ヨアヒム・フリックはラインガウに多数のブドウ畑を所有するワイナリーですが、なかでもケーニギン・ヴィクトリアベルクはヴィクトリア女王が自身の名前を付けることを許した銘醸畑として有名です。ラベルには大英帝国の紋章がデザインされ、荘厳で華やかな雰囲気を醸し出しています。

本製品にはリースリングが100%使用され、芳醇なフルーツの香りが特徴です。控えめな甘みのカビネットに分類されるため、食中酒にも向いています。ラインガウのお手本とも評されるドイツ最高レベルのワイナリーが作るおすすめのドイツワインです。

テッシュ ディープ・ブルー

テッシュ ディープ・ブルー

本製品は赤ワインのブドウ品種であるシュペートブルグンダーから作られていますが、公式に白ワインとして国から認められています。グラスに注ぐとかすかなピンク色が美しく、パーティーシーンやお祝いの席におすすめ。

テッシュは1723年に創業した家族経営のナーエ地方のワイナリーですが、1997年のオーナー交代により斬新な発想でドイツワイン界を牽引する革新的なワイナリーへと生まれ変わりました。辛口に特化したワイン作りをしているため、きりっとした酸味とフレッシュな飲み口が楽しめます。

ラッツェンベルガー バハラッヒャー リースリング ゼクト ブリュット

ラッツェンベルガー バハラッヒャー リースリング ゼクト ブリュット

ドイツの2003年度最優秀醸造家に選出され、ミッテルライン地方のトップ生産者として知られるラッツェンベルガーのドイツワインです。ゼクトとはドイツの高級スパークリングワインのこと。ドイツではゼクトの人気が高く、世界のスパークリングワイン生産量の約4分の1を消費していると言われるほどです。

本製品は瓶内二次発酵製法という伝統的な製法で作られ、3年以上熟成させています。熟成させることで得られるクリーミーで勢いのある泡は低価格帯のゼクトとは一線を画し、エレガントで華やかです。ベースワインの品質にもこだわっているので、リースリングの芳醇なアロマの香りが楽しめます。すっきりとした風味の辛口なので食前酒はもちろん、食中酒にもおすすめです。

ペーター&ペーター ピノ・ノワール

ペーター&ペーター ピノ・ノワール

ファルツ地方で生産量を伸ばしているピノ・ノワール(ドイツ名でシュペートブルグンダー)を使用したミディアムボディの赤ワインです。数々のワインが登場する人気漫画でも紹介され、フランス産のブルゴーニュのようだと評されています。

本製品は、野生のベリーの香りが広がるフルーティーな口当たりが印象的で、タンニンの渋みが控えめなまろやかな飲み心地です。お手頃な価格で購入できるため、普段の食卓をワンランクアップするデイリーワインとしておすすめします。

ベルンハルト・フーバー マルターディンガー シュペートブルグンダー Q.b.A. トロッケン

ベルンハルト・フーバー マルターディンガー シュペートブルグンダー Q.b.A. トロッケン

フーバーはドイツ内で最南端のワイン生産地であるバーデンにあり、世界的に有名なワイナリーのひとつです。ドイツの権威あるワインガイドブック「ゴー・ミヨ」の赤ワイン部門で三冠を獲得したこともあります。

本製品は、比較的若い樹齢のブドウを使用し1年以上熟成させた、しなやかでどっしりしたミディアムフルボディの赤ワインです。渋みと酸味のバランスが心地よく、丸みのあるエレガントな味わいが楽しめます。フランス産ブルゴーニュにも引けを取らない深みのある一品です。

クロスター醸造所 アマリエ ナーエ ドルンフェルダー Q.b.A.

クロスター醸造所 アマリエ ナーエ ドルンフェルダー Q.b.A.

濃い色味が特徴的なドルンフェルダーというブドウ品種を100%使用した赤ワインです。多様なワイン作りで知られるナーエ地方で作られたミディアムボディのワイン。赤ワインには珍しい甘めの飲み口で、ほどよい酸味があり飲みやすく仕上がっています。

ハートが描かれたラベルデザインが可愛く、女性へのプレゼントやパーティーシーンの手土産にもおすすめ。重くて渋いイメージがある赤ワインが苦手な方にも試してほしい一品です。

ハインフリート デスクハイマー アルツァイヤー ローテンフェルス ジーガレーベ ベーレンアウスレーゼ

ハインフリート デスクハイマー アルツァイヤー ローテンフェルス ジーガレーベ ベーレンアウスレーゼ

ベーレンアウスレーゼは極甘口で、ドイツワインで最高の等級であるQ.m.Pに格付けされています。原料に使用されているジーガレーベは、ゲヴュルツトラミナーとフランスの食用ぶどうの交配品種で糖度が高く、両親品種由来の華やかさとみずみずしさが特徴です。

濃い甘みに加えてほどよい酸味も感じられるバランスのよい味わいなので、食前酒や食後のデザートワインとしてだけではなく、食中酒としても楽しめます。375ml入りで比較的高価ですが、高級ワインにふさわしいメタリックカラーのラベルはスマートな上品さがあり、濃厚な風味が至福のときを演出するご褒美ワインとしておすすめです。

ハイマースハイマー・ゾンネンベルグ シルヴァーナ・アイスヴァイン

ハイマースハイマー・ゾンネンベルグ シルヴァーナ・アイスヴァイン

シルヴァーナー品種のブドウを100%使用した極甘口のアイスヴァインです。アイスヴァインは、完熟したブドウを樹に実らせたまま凍結させることで果汁を凝縮し、糖度を上げて作ります。

採れる果汁も少量で、収穫時期や管理もデリケートさを要求されるため、希少で高価なワインです。蜂蜜のようなとろりとした甘い香りが特徴的で、後味はさっぱりとした上品な甘さが感じられます。よく冷やして、少量を食後のデザート代わりに飲むのがおすすめです。