まったりとした口当たりと力強い味わいが魅力の「にごり酒」。さらりと透明な「清酒」に対し、白濁した色と独特のクセが特徴で「普段の日本酒では飽き足らない」という日本酒通はもちろん、海外の日本酒ファンからも注目を集めています。

そこで今回は、米本来の旨みを存分に楽しめる、おすすめの「にごり酒」をご紹介。製法や選び方についても解説するので、気になっている方はぜひチェックしてみてください。

にごり酒とは?

By: amazon.co.jp

にごり酒とは、一般的に「白く濁った日本酒」のこと。日本酒を造る工程のなかに、もろみを搾り日本酒と酒粕に分ける「上槽」と呼ばれる作業があります。法令上の日本酒(清酒)と名乗るには、この工程が不可欠です。

目の細かい酒袋で圧搾すれば、透明な清酒となりますが、にごり酒はあえて粗目の酒袋で圧搾し、原料の残りかすである「おり」を多く残すことで、白濁した清酒に仕上がります。

似ている酒にどぶろくがありますが、もろみを圧搾せずにそのまま瓶詰めしているため、法令上「清酒」には分類されません。

おりには米の旨みがぎゅっと濃縮されているため、「にごり酒」は透明な清酒に比べ、米本来の旨みや甘味が強いのが特徴です。火入れを行わずそのまま瓶詰めしたモノは瓶の中でも発酵が進むため、わずかな発泡感があります。

にごり酒の選び方

製法で選ぶ

By: rakuten.co.jp

にごり酒には2通りの製法があります。ひとつは、火入れを行わずそのまま瓶詰めする方法です。別名「活性原酒」とも呼ばれ、瓶に詰めた後も酵母菌が生き続け、二次発酵します。

わずかな発泡感があり、口に含むとシュワっとした微炭酸が楽しめるのがポイント。加熱殺菌していない日本酒は、一般的な清酒に比べデリケートなため、長期保存ができません。とはいえ、常に発酵し続けることで、飲むタイミングによって絶妙な味の変化を楽しめるのも魅力です。

もうひとつは、火入れを行う方法です。加熱殺菌することで発泡感はなくなるものの、濃厚でよりまろやかな味わいに仕上がります。品質も安定することから常温保存も可能です。すぐに飲みきれない場合は、火入れを行った無炭酸のにごり酒を選ぶとよいでしょう。

アルコール度数で選ぶ

By: rakuten.co.jp

にごり酒は、おりが残って白濁しているだけで、原料や製法は一般的な透明の日本酒と変わりません。アルコール度数も同じく「22%未満」と定められています。

にごり酒のアルコール度数も平均して15%前後と、一般的な日本酒とほぼ同じ。一方、焼酎などは20〜25%前後とやや高め、ワインは日本酒と同じく15%前後です。

とはいえ、同じにごり酒でも、アルコール度数が20%以上と高いモノや、10%前後の低アルコール度数のモノなどさまざまあります。アルコールがあまり強くないという方なら、低アルコール度数のにごり酒からはじめてみるのがおすすめです。

白濁の濃淡で選ぶ

By: amazon.co.jp

にごり酒と一口にいっても、にごり度合いによって味わいも異なります。「おり酒」と呼ばれる、おりが多く沈殿したにごり酒は、酵母菌も多く含まれているため、酸味が強いのが特徴。ややクセは強いものの、クリーミィーで濃厚な米の旨みが味わえます。

一般的には沈殿したおりと上澄みをゆっくりと混ぜてから飲みますが、上澄みと沈殿したおりを別々に味わう「通」な飲み方もおすすめです。

また、「ささにごり」と呼ばれるにごりの少ないものは、ややスッキリとした味わいが特徴。クセも少なく甘い口当たりで「にごり酒」初心者の方にも好まれます。

さらに、にごりの少ない「うすにごり」は、より透明で日本酒に近い味わいが楽しめます。さらりとした口当たりで、まったり感が苦手な方でも飲みやすいのが特徴です。

にごり酒のおすすめ銘柄

八海山 発泡にごり酒

八海山 発泡にごり酒

米どころ、新潟県魚沼の銘酒「八海山」のにごり酒は、微発泡タイプのスッキリとした味わいが特徴。炭酸が心地よく弾け、フレッシュな酸味とフルーティーな香りが楽しめます。さっぱりとした口当たりで、にごり酒初心者の方にも飲みやすくおすすめです。

アルコール度数は15%。スパークリングワインにも似た爽快感は、乾杯酒や食前酒としてもぴったりです。火入れを行わない「活性原酒」のため、冷蔵庫で保管し、よく冷やして早めに飲みきりましょう。贈り物にも喜ばれる、おすすめのにごり酒です。

旭酒造 獺祭 純米大吟醸 スパークリング45

旭酒造 獺祭 純米大吟醸 スパークリング45

日本のみならず、世界中の日本酒ファンからも評価の高い「獺祭」。伝統や手造りに甘んじることなく、新しい日本酒造りに取り組む獺祭のにごり酒は革新的です。

見た目はにごり酒というよりスパークリングワイン。酒造好適米でもある「山田錦」の旨みと甘みを最大限に引き出した仕上がりです。瓶内で発酵が進んだ爽やかな発泡感で、スッキリとした喉越しが楽しめます。

アルコール度数は14%。よく冷やして飲むとよりキレ感が引き立ちます。デイリーに飲める価格も大きな魅力。普段の食事と一緒に楽しみたい方におすすめです。

南部酒造場 花垣 純米 にごり酒

南部酒造場 花垣 純米 にごり酒

福井県にある「南部酒造場」の代表銘柄「花垣」。純米酒にこだわった、まったりとした舌触りが特徴的なにごり酒です。荒目の酒袋で、できるだけおりを残しながら圧搾することで、どぶろくのようなとろみと濃厚さが味わえます。

絹のようななめらかな口当たりとほのかな甘みの本銘柄は、ストレートで楽しむのが「通」の飲み方です。ぬる燗にすればさらに甘みが引き立ち、キリリと冷やせば食前酒やデザート酒としてもぴったり。季節ごとにさまざまなアレンジを楽しみたい方におすすめです。

小西酒造 白雪 純米にごり酒

小西酒造 白雪 純米にごり酒

兵庫県「小西酒造」の主力銘柄「白雪」といえば、日本最古の日本酒銘柄としても有名です。「白雪」の伝統を受け継いで作られたにごり酒は、スッキリとした飲み口と柔らかな甘さが特徴。

乳白色の曇り瓶にシンプルなラベルがおしゃれです。アルコール度数も13.5%と控えめなので、にごり酒初心者や、普段はビールやワイン党の方でも手軽に楽しめます。

沈殿したおりをゆっくりと撹拌して飲んだり、あえて上澄みだけを飲んだりと、さまざまな味わい方ができるのも魅力。ソーダ割りにすれば、さらにアルコール度数も低くなるので、お酒があまり得意でないという方にもおすすめです。

白龍酒造 にごり酒の上善如水 純米吟醸

白龍酒造 にごり酒の上善如水 純米吟醸

濃厚でまろやかな口当たりでありながら、スッキリとした後味が特徴の純米吟醸にごり酒。150年続く新潟県の老舗「白龍酒造」が、湯沢に湧く豊富な清水で造ったこだわりの逸品です。

にごり酒といえば、火入れを行わずそのまま瓶詰めするのが一般的ですが、本銘柄はあえて火入れを行い、米の甘みと旨みを引き出した仕上がり。発泡感はなくクリーミーな舌触りが楽しめます。

アルコール度数は17〜18%とやや高めですが、ついついお酒が進んでしまう喉越しの軽さが魅力。「活性原酒」でありながら常温保存ができるので、少しずつじっくりと味わいたいという方にもおすすめです。

三輪酒造 白川郷 純米吟醸 ささにごり

三輪酒造 白川郷 純米吟醸 ささにごり

岐阜県「三輪酒造」の純米にごり酒「白川郷」は、どぶろく祭りから誕生したのが始まりです。どぶろくとは異なり、もろみを上槽した清酒ですが、もろみの旨さを引き出した仕込みと火入れによって、まったりとした濃厚な味わいが楽しめます。

なかでも「ささにごり」は、白濁が少なく香り高いまろやかな味わいが特徴。火入れを行わない発泡タイプの酸味や独特のクセが苦手な方でも、飲みやすくおすすめです。

アルコール度数は15.5%と平均的。よく冷やすことでさらにキレのある喉越しが味わえます。白川郷ではささにごりのほか、にごり酒のラインナップが豊富なので、普段の食事に合わせてチョイスしてみてください。

木内酒造 菊盛 純米吟醸にごり酒 春一輪

木内酒造 菊盛 純米吟醸にごり酒 春一輪

文政6年創業の「木内酒造」のにごり酒。透明な清酒に近い「うすにごり」は、にごり酒のなかでも白濁やおりが少ないタイプ。とろりとしたクリーミィー感はなく、スッキリと爽やかな味わいに仕上がっています。

しぼりたてのフレッシュ感を楽しめるよう、火入れを行わずに酵母が活性化したまま瓶詰めしているのがポイント。瓶の中でも二次発酵が起きているため、シャンパンのようなシュワシュワとした発泡感が味わえます。

また、瓶の中で常に酵母が変化し続けているため、開封するタイミングによって酒質の違いが楽しめるのも魅力です。アルコール度数は15〜16%。やや辛口のにごり酒が好みの方におすすめです。

菊水酒造 五郎八

菊水酒造 五郎八

濃厚でコクのある味わいが特徴的な「五郎八」は、新潟「菊水酒造」が秋冬限定で出荷するにごり酒です。粗めに搾ることで粒々とした食感が残り、昔ながらの素朴な口当たりが楽しめます。

米の甘みや旨みは感じるものの、やや辛口に近い分類。後味がスッキリとして、食後酒としてもぴったりです。アルコール度数は21%と、にごり酒のなかではかなり高め。

冷やしたりロックにしたりと、スタンダードな飲み方に加え、ソーダやミルク、梅酒などで割ったカクテルもおすすめです。ぜひ、新しいにごり酒の飲み方にチャレンジしてみてください。

千曲錦酒造 純米 藤村のにごり酒

千曲錦酒造 純米 藤村のにごり酒

文豪、島崎藤村の名作でもある「千曲川旅情のうた」から名付けられたにごり酒。濃く白濁したとろみ感と純米ならではの旨みが活きた、昔懐かしい味わいが特徴です。

クリーミィーな口当たりでありながら、酸味もほどよくあるため意外にも辛口。冷やして飲めば、よりスッキリ感が引き立ちます。アルコール度数は15%。本酒の旨みを余すことなく感じたいなら、しっかりとおりと上澄みを撹拌して飲むのがおすすめです。

にごり酒本来の酸味や甘味、とろみ感を味わいたい方におすすめしたい、伝統手法で造った本格派のにごり酒です。

三笑楽酒造 三笑楽 蔵出にごり酒 生

三笑楽酒造 三笑楽 蔵出にごり酒 生

富山県の地酒「三笑楽」は、「三笑楽酒造」の代表銘柄。本酒は、酒造好適米「山田錦」を原料にしたにごり酒です。精米歩合は70%。発酵に使う酵母を後から入れるのではなく、もともと蔵に棲みついている菌を利用する「山廃仕込み」で醸し、時間をかけてじっくりと仕込んだ逸品です。

火入れを行わず、瓶詰めされた後も穏やかに発酵し続けるため、「にごり酒」らしいしっかりとした米の旨みとバランスのよい酸味が味わえます。封を開けるタイミングで、酒質の変化を楽しめるのも魅力。

アルコール度数は18〜19%とやや高めなので、アルコールを中和する「和らぎ水」を間に入れながらゆっくり味わうのがおすすめです。普段の日本酒に物足りなさを感じてきたら、ぜひチャレンジしてみてください。

千代酒造 篠峯 純米吟醸 にごりざけ 山田錦 Azur

千代酒造 篠峯 純米吟醸 にごりざけ 山田錦 Azur

奈良県「千代酒造」は年間醸造量はわずかですが、玄人好みの良質な日本酒が多く販売されていることから、全国的に注目が集まる酒蔵です。なかでも期間限定でしか味わえない銘酒「篠峯」のAzurは、奈良県産の山田錦を100%使用したにごり酒。

55%まで米を磨き上げ、透き通ったキレのある喉越しが特徴です。華やかな香りとともに、果実感のあるほんのりとした酸味がバランスよく楽しめます。

アルコール度数16%。生酒なので、しっかりと冷蔵庫で冷やすのが美味しく味わうポイントです。和食はもちろん、魚介類などの洋食とも相性抜群。ワイングラスでおしゃれに飲める、女性にもおすすめのにごり酒です。

中埜酒造 國盛 にごり酒

中埜酒造 國盛 にごり酒

300年以上の歴史を誇る、中埜酒造の銘酒「國盛」のにごり酒。瓶詰め時に瞬時に加熱した後、急速冷却を行うため、蔵出し直後のフレッシュな味わいと米の濃縮された旨さが味わえます。

まろやかな舌ざわりでありながらも、喉越しはスムーズ。蔵元でしか味わえないような、もろみの風味がしっかりと生かされた贅沢な仕上がりです。

アルコール度数は14%。「花冷え」といわれる10℃前後が飲み頃温度とされています。たたずまいのよい酒器を揃えて、じっくりと味わいたい「通」好みのにごり酒です。

北鹿 北あきた にごり酒

北鹿 北あきた にごり酒

「北鹿」の北あきたは、秋田県産の米と清らかな天然水で醸したにごり酒。精米歩合73%で、米の旨みや甘みが存分に感じられる、まろやかな味わいが特徴です。

甘口に分類されていますが、ほどよい酸味と辛味があるため、すっきりとキレのある後味が楽しめます。アルコール度数は15.5%。とろりとしたにごり酒があまり得意でない方には、本酒のようなやや酸味の強いすっきり系のにごり酒がおすすめです。

1.8L瓶でも、1000円台で買えてしまうリーズナブルな価格も魅力。気軽に夕食のお供や毎日の晩酌に合うにごり酒を探している方にもおすすめです。

八鹿酒造 八鹿 にごり酒

八鹿酒造 八鹿 にごり酒

大分の銘酒「八鹿」のにごり酒は、米本来のほのかな甘みと旨みが特徴。目の粗い酒布で圧搾することで、おりを多く残し、純白の濃厚な味わいに仕上がっています。

とろりとしたなめらかなコクに加え、芳醇な香りが口いっぱいに広がり、辛口の日本酒が苦手な方にもおすすめです。アルコール度数は15%。沈澱したおりと上澄みを、ゆっくりと撹拌して味わうほか、カクテルなどさまざまなアレンジが楽しめます。

出羽桜酒造 出羽桜 微発泡 吟醸にごり とび六

出羽桜酒造 出羽桜 微発泡 吟醸にごり とび六

山形県「出羽桜酒造」のドライタイプの微発泡にごり酒。「とび六」は、酵母の発酵を利用し「瓶内二次発酵」で製造。おりを多く残した「おりがらみ」の吟醸酒を瓶詰めすることで、瓶内で酵母が再び発酵。開けた瞬間シャンパンのような弾ける発泡感が楽しめます。

味わいはすっきりとした淡麗辛口。まったりとした甘さが得意でない方も、ぐいぐいお酒が進んでしまう美味しさです。アルコール度数は15%。乾杯酒から食中酒、デザート酒とシーンに合わせて幅広く味わえます。にごり酒初心者にもおすすめしたい、さっぱり系のにごり酒です。

酔仙酒造 活性原酒 雪っこ

酔仙酒造 活性原酒 雪っこ

岩手県「酔仙酒造」のにごり酒「雪っこ」は、40年という長きにわたり愛され続けているロングセラー。酵素や酵母が生きたまま瓶詰めされる「活性原酒」であり、まったりとした口当たりと甘さが特徴です。

「活性原酒」は販売当時、二次発酵することで取り扱いが難しく敬遠されがちでしたが、酔仙酒造は独自の製法で克服。原酒でありながら、常温長期保存が可能なことも大きな魅力です。

アルコール度数は20〜21%かなり高め。可愛らしいラベルと甘い飲み口に、ついついお酒が進んでしまうため「和らぎ水」などで中和しながら飲むのがよいでしょう。ミルク割りやソーダ割り、お湯割りなどにすれば、甘さやアルコールを抑えて、新しい楽しみ方も開発できるのでおすすめです。