パソコンやゲームなどをほかの画面で楽しみたい時に使う「DVIケーブル」。最近は、高精細な画面表示ができるものから、音声や制御を送受信できるものまで登場しています。しかし、DVIケーブルで使われる規格が多くて、選び方に迷ってしまいがちです。

そこで今回は、DVIケーブルの選び方とおすすめの製品をご紹介。会議やプレゼンで使いたい方はもちろん、ゲームやテレビの映像を楽しみたい方もぜひ、チェックしてみてください。

DVIとは?

By: amazon.co.jp

DVIとは「Digital Visual Interface」の略で、主にパソコンとディスプレイをつなげる接続規格のこと。デスクトップパソコンを操作したり、テレビモニターを使ってパソコン操作したりする際に使われます。

DVIのほかに「VGA」規格がありますが、VGAがアナログ通信なのに対して、DVIはデジタルで通信するのが特徴。DVI規格を発展させたものが「HDMI」や「Display Port」といった規格です。

また、それぞれ接続できる端子の形が違いますが、「DVI」「VGA」「HDMI」「Display Port」をDVIに変換できるケーブルもあります。それぞれ入力や出力のみで使えるものや、相互変換できるものがあるので注意して選びましょう。

DVIケーブルの選び方

端子の種類で選ぶ

DVI-I

By: amazon.co.jp

出力または入力する機器が「DVI-I」端子の場合は、「DVI-I」に対応したDVIケーブルを選びましょう。端子の形は、端に米印のような穴があるのが特徴。主に、アナログ機器と通信する際に使われます。

アナログで使われる端子は「ミニD-Sub15ピン」と呼ばれ、対応するDVIケーブルを使ってアナログとの変換が可能。変換する時は、ミニD-Sub15ピンとDVI-Iで通信できるDVIケーブルを選ぶのがベストです。

DVI-I端子とDVI-D端子で通信する時は、DVI同士で変換できるケーブルを選ぶのが最適。DVI-Iの端子にはDVI-D端子型のケーブルを挿入できるので、通常はDVI-Dに対応したケーブル仕様です。

所有している機器がDVI-I端子であれば、アナログ通信をするかデジタル通信をするかで、適切なDVIケーブルを選択しましょう。

DVI-D

By: amazon.co.jp

出力または入力する機器が「DVI-D」端子の場合は、「DVI-D」に対応したDVIケーブルを選びましょう。端子の形は、端に一本の細い横穴があるのが特徴。DVI-D端子はデジタルの変換のみが可能です。

実際に、DVI-D端子と変換するのは「DVI-I」「HDMI」「Display Port」といった端子。お手持ちの機器がDVI-D端子であれば、アナログ端子との変換はできないので注意が必要です。

DVIとHDMI、DVIとDisplay Portを変換できるもの、相互変換できるものなどさまざまなので、変換したい機器の端子をよく確かめてから、購入を検討しましょう。

ケーブルの長さで選ぶ

By: elecom.co.jp

DVIケーブルを選ぶ時は、長さも注意して選ぶのが大切です。一般的に短ければ短いほど、送れる電気信号が強く、正常に映像が流れます。しかしケーブルが短すぎると、張力がかかって、ケーブルの端子や機器の入出力端子が破損してしまいかねません。

接続する機器の距離に1m程余裕を持たせて、ケーブルを選ぶのがベスト。DVIの仕様では、最大5mまでと規定されているので、範囲内であれば正常に映像を送信できます。なかには5mを超えるDVIケーブルも存在しますが、映像伝達の正確さを求めるなら、規定内のDVIケーブルを選びましょう。

DVIケーブルのおすすめ

アマゾンベーシック(AmazonBasics) ディスプレイケーブル HL-002573

アマゾンベーシック(AmazonBasics) ディスプレイケーブル HL-002573

DVI-Dの端子が両方についたおすすめのDVIケーブル。DVI-IまたはDVI-Dに対応する端子との通信が可能です。液晶モニターやパソコン、プロジェクターといった一般に使われることが多い機器から、デジタルCRT、HDTVといった用途に合わせた機器までさまざまに通信できます。

ケーブルの長さは2mと、出力機器と入力機器の距離が1m程であれば、余裕をもって繋げます。自身で使うパソコンとモニターを接続する時や、パソコン画面を近くのテレビに映し出したい時に活躍。

また、本製品はデュアルリンクなので、機器の入出力端子がデュアルリンク仕様であれば、高い解像度で映像を視聴できます。ちょうどよい距離で接続しやすい、おすすめのDVIケーブルです。

アマゾンベーシック(AmazonBasics) ディスプレイケーブル HL-002572

アマゾンベーシック(AmazonBasics) ディスプレイケーブル HL-002572

DVI-D端子に接続できるおすすめのDVIケーブル。DVI端子同士の通信を補助します。パソコンなどの出力機器から、DFPやLCDタイプを含めたフラットパネルディスプレイなど、使用シーンに合わせて機器へ接続できます。

また、ケーブルは3mと少し長め。会議やプレゼンテーションの際にパソコンとモニターの距離が多少離れていても、機器の位置を調整することなく接続できるので安心です。ただし、アナログ接続ができない点に注意してください。

さらに、電気信号の減衰を防ぐフェライト仕様を採用。長いケーブルに特有の欠点を補うので、電気信号の減衰が心配な方でも安心です。価格は約1000円で購入可能。3mと少し離れた場所でも接続できる、おすすめのDVIケーブルです。

SHD ディスプレイケーブル BJDVI-10

SHD ディスプレイケーブル BJDVI-10

青色が目立つおすすめのDVIケーブル。端子は両方DVI-Dで接続できます。LED・LCDモニターをはじめデジタルCRTディスプレイといった機器へ接続可能。もちろん、パソコンへも繋げるので、DVI機器同士の映像出力に最適です。

また、ケーブルの長さは10mと長いので、大ホールや屋外など出力機器と入力機器が離れていても映像の伝達が可能です。ケーブルには、遮蔽用アルミニウム箔の三十信号保護を利用しているので、距離が離れていても信号を安定して送信します。

ケーブルには、耐久性が高いストレインリリーフコネクターを採用。長期間利用し続けても、ケーブルと金属部が傷みにくい仕様です。価格は約2000円で購入可能。遠い距離で接続可能な、おすすめのDVIケーブルです。

バッファロー(BUFFALO) DVI-Iアナログ変換ディスプレイケーブル BSDCDA15

バッファロー(BUFFALO) DVI-Iアナログ変換ディスプレイケーブル BSDCDA15

D-Sub15ピン端子へ接続できる、おすすめのDVIケーブル。DVI-I端子の機器とD-Sub15ピンケーブル端子の機器を相互接続できます。入力・出力の端子が入れ替わっても映像出力できるのがうれしいポイント。

また、長さは1.5mと近距離の接続に最適です。パソコンと、デジタル・アナログ液晶ディスプレイで接続可能。本製品は特定有害物質使用制限命令の「RoHS」に準拠しているので、子供がいても有害物質を気にせずに映像出力できます。

ケーブルには同軸ケーブルを採用しているので、アナログでも高解像度で映像を見られるのが魅力。価格は約700円とリーズナブルに購入できます。安価で購入できるアイテムを探している方におすすめです。

エレコム(ELECOM) 変換ケーブル CAC-DVA15BK

エレコム(ELECOM) 変換ケーブル CAC-DVA15BK

D-Sub15ピン(ミニ)端子へ接続できるおすすめのDVIケーブル。DVI-I端子からD-Sub15ピン(ミニ)へ、D-Sub15ピン(ミニ)からDVI-I端子へ、どちらも接続できるので、違う規格の出力端子機器を複数持っているときに便利に使えます。

ケーブルの長さは1.5mと、近距離の通信であれば十分に使える長さです。映像を使った説明をする時などに、モニターやプロジェクターへ画像をくっきりと映し出します。本製品に採用された「二重シールドケーブル」は、外部のノイズ干渉をシャットアウト。

また、接続端子ごとに色が分かれているのが特徴です。DVI-I端子側は白色、D-Sub15ピン(ミニ)端子側は青色と分かれているので、接続に慣れていない方でも安心。白と青で端子の違いが分かりやすい、おすすめのDVIケーブルです。

アマゾンベーシック(AmazonBasics) HDMI-DVI変換ケーブル HL-007348

アマゾンベーシック(AmazonBasics) HDMI-DVI変換ケーブル HL-007346

HDMI端子へ接続できるおすすめのDVIケーブル。出力端子がDVI-D、入力端子がHDMIであれば、HDMI入力に変換して利用できます。

ケーブルの長さは3.0mと長め。パソコンとモニターの距離が離れている場合でも接続することが可能です。DVI端子の出力機器から、ハイビジョンの映像を存分に楽しめます。

また最適に映像信号を送る、金メッキ加工が施されているのもポイント。電気信号のロスが少なく、効率的に入力端子へデータを送信します。

シンクワイヤー(Syncwire) HDMI-DVI変換ケーブル SW-DV083

シンクワイヤー(Syncwire) HDMI-DVI変換ケーブル SW-DV083

HDMI端子とDVI-D端子で接続できる、おすすめのDVIケーブル。相互通信ができるので、出力機器にHDMIとDVIの二つの機器を持っていても便利に使えます。

本製品は、「拡張モード」と「複製モード」を搭載しているのが大きな特徴。拡張モードは、出力機器の画面に加えて、入力機器のディスプレイに拡張エリアとして別画面を表示できる機能です。複数アプリを同時起動しているときに便利に使えます。

複製モードは、出力機器と入力機器のディスプレイに同じ画面を映し出す機能です。Power Pointを使ったプレゼンが多い方にうれしい機能。相互通信が可能な、機能性に優れたおすすめのDVIケーブルです。

アマゾンベーシック(AmazonBasics) DisplayPort to DVIケーブル HL-007267

アマゾンベーシック(AmazonBasics) DisplayPort to DVIケーブル HL-007267

Display PortからDVI-Dへ変換できるおすすめのDVIケーブル。パソコンに保存されているHDビデオなどを、大きな画面のディスプレイに映し出せます。所有している機器の出力端子がDisplay Port、入力したい端子がDVIであれば使用可能。

また、デスクトップの拡張機能やクローンモニター機能を使えるのがうれしいポイント。映像出力する用途に合わせて、便利に使えます。本製品はDP・DP++・Display Port++規格で接続でき、対応する機器であれば、最大1920×1200または1080pの高精細な画面で楽しめるのが魅力です。

ケーブル長さは、0.9mと決して長くはありませんが、通信する機器同士が近ければ安定した速度でデータを送れます。近い距離で接続できる、Display Port出力専用のおすすめのDVIケーブルです。

ICZI Displayport→DVI-D変換ケーブル IZEC-A30

ICZI Displayport→DVI-D変換ケーブル IZEC-A30

Display PortとDVI-Dの端子がついたおすすめのDVIケーブル。通信はDisplay PortからDVIのみ可能です。高精細な映像でゲームをしたい方や、ビデオストリーミングをしたい方におすすめ。

ケーブルの素材には、純度の高い「錫メッキ無酸素銅」を採用し、快適に通信できるのが魅力です。たくさん通信しても耐久性に優れ、腐食しにくいので、購入から長期間安心して使えます。

ケーブルの長さは3mと少し離れた機器同士でも、スムーズに通信できます。ケーブルには「アルミシールド付きツイストペア」が採用され堅牢なので、大切なデータを外部ノイズの侵入から守れて安心。耐久性に優れたおすすめのDVIケーブルです。