包丁では手間のかかる野菜の薄切りを手軽にできる「スライサー」。調理時間の短縮や料理の幅を広げるのに役立つ人気グッズです。なかには、千切りやみじん切りにも対応できる多機能なモノもあり、どれを選べばよいか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、スライサーのおすすめアイテムを手動と電動に分けてご紹介。人気メーカーの製品もピックアップしたので、お気に入りを見つけてみてください。

スライサーとは?

By: amazon.co.jp

スライサーは、刃に野菜を押し当てて前後するだけで野菜をスライスできるアイテム。テクニックを必要とせず、サイズも均一に仕上げられます。包丁でカットするより時間を短縮でき、調理の手間が減るのがメリットです。

大量の食材をカットしても、疲れにくいのがポイント。また、刃は付いていますが、包丁に比べると安全に使いやすく、子供と一緒に料理したい方にもおすすめです。

なかには、薄切りだけでなく千切りやみじん切りに対応したモノもあります。普段の料理からパーティなど特別な日の料理まで、幅広いシーンで活躍する調理グッズです。

スライサーの選び方

タイプをチェック

手動タイプ

By: amazon.co.jp

スライサーで一般的なのが手動タイプ。刃の付いたプレートに、食材を押し当てて前後してカットします。シンプルでコンパクトなモノが多く、収納場所に困りにくいのがポイント。使いたいときに素早く取り出し、手軽に使えます。

また、さまざまな切り方ができるタイプがあるほか、サイズや形状も豊富で幅広いラインナップが特徴。さらに、リーズナブルな価格のモノが多く、複数のスライサーがセットになったモノもあります。

ただし、食材が硬かったり量が多かったりすると、時間や体力が必要。また、手動タイプは手軽に使えますが、刃に指が触れてケガをする可能性があるので取り扱いには注意しましょう。

電動タイプ

By: amazon.co.jp

電動タイプのスライサーは、食材を自動的にカットできるのが魅力。大量に調理する場合、時間や手間を大幅に省けます。手をケガしたり汚れたりするリスクを予防できるのもうれしいポイントです。

また、スライサーが稼働している間は、ほかの作業ができるため効率よく調理を進められます。ただし、サイズが大きく重たいため、収納やお手入れが大変なのが難点。手動タイプに比べて、価格が高いのもデメリットといえます。

用途に合ったサイズをチェック

By: amazon.co.jp

スライサー本体が小さいと収納には便利ですが、大きな野菜をカットしにくいデメリットがあります。とくに板の幅は重要なポイントで、狭いと食材が収まらず使いにくいので注意しましょう。

収納スペースとの兼ね合いを考慮する必要はありますが、使い勝手を考えるとサイズが大きめのモノを購入するのがおすすめです。

また、刃の幅も大切なチェックポイント。狭いと限られた食材しかカットできず、スライサーでカットするために事前に食材を切る手間が増えてしまいます。刃幅が80mm程度あれば、余裕を持ってカットでき便利です。

安全ホルダーや滑り止め付きなら安心

By: amazon.co.jp

安全ホルダーが付いたスライサーは、指が刃に直接触れないようガードできるのが魅力。小さい食材でもケガのリスクを軽減できます。子供が使う際にもトラブルを未然に予防できて安心です。

また、スライサー本体の裏側に滑り止め加工を施したモノなら、安定した状態でカットできます。まな板やボウルなどからスライサーがズレ落ちず、スムーズに調理できるのがポイントです。

千切りに対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

スライサーは、製品によって対応している切り方が異なります。ベーシックな薄型スライサーは、キャベツの千切りに対応しているため便利。じゃがいも・玉ねぎ・大根などの薄切りにも活躍し、シンプルで使いやすいのが魅力です。スライサーを選ぶ際は、ぜひ千切りの対応有無をチェックしてみてください。

また、千切りだけでなく、細切りやみじん切りにも対応できる多機能タイプも存在。切り方や大きさ、幅などのバリエーションが増えて、料理の幅が広がります。切りたい食材やカットの仕方などに合わせて、使いやすいスライサーを選びましょう。

あると便利な機能をチェック

3枚刃・両刃タイプ

By: amazon.co.jp

3枚刃のスライサーは、一度のスライスで食材を3回カットできるのが魅力です。1枚刃に比べて、約3分の1の時間でカットが完了。大量の食材も素早くカットできます。

両刃タイプのスライサーなら、押しても引いてもカットできるのがポイント。1往復で2回カットするので、調理のスピードを上げられます。

厚み調節機能

By: amazon.co.jp

厚み調節機能があるスライサーなら、調理方法などに合わせてスライスする食材の厚みを変えられます。スライスする前に厚さを設定するだけで、好みの厚みで均一にカット。火を通しやすいよう薄くしたり、食感が楽しめるよう厚くしたりと、用途に応じて調節できます。

収納時に、刃を安全に収められるアイテムが多いのも特徴。ただし、裏面の凹凸が増えるため、多少洗いにくいのが難点といえます。

セット商品ならコンパクトに収納できる

By: amazon.co.jp

セットになったスライサーは千切り・細切り・おろしなど、用途や食材に応じてさまざまなカットができるのが魅力。利便性が高く重宝します。

収納時はコンパクトにまとめられるのがポイント。省スペースで保管ができるため便利です。さらに、デザインにも統一感が出て、キッチンをおしゃれに彩ります。何種類も買い揃えるのが手間に感じる方は、ぜひセットのモノを選んでみてください。

洗いやすさをチェック。食洗機対応のモデルも

By: amazon.co.jp

スライサーは刃が細かいため、食材などが詰まりやすいアイテム。食材が残ったままだと衛生的に使えず、刃が錆びやすいので注意が必要です。

分解できるスライサーだと、細かいところまで洗いやすくて便利。また、しっかり乾きやすく、刃の錆び対策にも効果的です。

さらに、ステンレス製の刃は耐久性に優れ、錆びにくくお手入れが楽。刃を取り替えられるタイプなら、いつでも衛生的に使えます。そのほか、食洗機に対応したスライサーであれば、普段のお手入れが簡単に行えるのが魅力です。

スライサーのおすすめ|手動タイプ

貝印 SELECT100 調理器セット DH3027

人気メーカー「貝印」のスライサーセットです。スライサー・おろし器・千切り器・細千切り器・指ガード・ケースが付属。料理に合わせてさまざまなカットができるのが魅力です。

細切りの刃はアーチ状の2段仕様。鋭い切れ味で押しても引いてもカットできるため、調理時間や手間を減らせます。また、ハンドルに角度を付けた設計を採用しており、持ちやすいのがポイント。シンプルな作りなので、お手入れも楽に行えます。

使わないときは、ひとつにまとめてコンパクトに収納可能。キッチンに馴染みやすいシンプルなデザインもおすすめポイントです。

貝印 SELECT100 スライサー 厚み調節機能付 DH5700

厚み調節機能を搭載した手動スライサー。スライス部分のプレートが裏面のスライドによって可動し、1~2.5mmの間で厚さ調節が可能です。

収納時は、厚さ0mmに設定できるのがポイント。刃を隠せるため、安全な状態でしまえます。サイズは27.8×9.2×1.9cmとスリムで、重さは117gと軽量。使いたいとき手軽に取り出せるのがメリットです。

刃はステンレス刃物鋼。鋭い切れ味で、きれいに野菜スライスが完成します。本体は耐熱温度100℃のABS樹脂を採用。食洗機に対応しており、普段のお手入れを楽に行えるのが魅力です。

幅広プレートなので、キャベツや大根などサイズのある野菜もカットできます。シンプルながら使いやすいモノを探している方におすすめです。

貝印 関孫六 ワイドキャベツスライサー ガード付 DH3304

幅のあるキャベツもしっかり乗せられる、ワイドタイプの手動スライサー。キャベツの千切りをふんわりと仕上げたい方におすすめです。刃にはハイカーボン材を採用しており、2段刃付けなので鋭い切れ味が長持ちします。

プレートの先端には滑り止めが付属。まな板や調理台の上に直置きした際の安定感があります。また、ボウルの上で調理するときも安定しやすいよう、切り欠きが付いており便利です。さらに、安全ガードも搭載しています。

サイズは幅14×長さ37×高さ5.5cm。千切り用のスライサーを探している方におすすめの製品です。

貝印 可変式ワイドスライサー DH7200

カットしたい野菜に合わせて厚みを調節できる手動スライサーです。干し野菜やゴーヤなどに適した5mm、野菜チップスや千枚漬けなどに適した2.5mm、キャベツの千切りなどに適した1.5mmの3段階に変えられます。

さらに、収納時には刃が引っ込められるため安心。そのほか、安全ホルダーを搭載しており、小さくなった野菜も最後までスムーズにカットできます。シンプルながら使い勝手に優れているおすすめのアイテムです。

下村工業 味わい食房 ステン野菜調理器 ASC-606

刃物・金属加工の町、燕三条産の手動スライサーセットです。おろし・スライス・千切り・ツマ切り・皮引きができ、料理の下ごしらえをする際に便利。安全ホルダーが付属しており、小さくなった野菜も指を保護しながら最後までカットできます。

刃はステンレススチールを採用。丈夫で衛生的に使えるのがメリットです。また、専用ケースが付き、使わないときはコンパクトにまとめて収納可能。場所を取らず、取り出す際もスムーズです。

サイズは約縦27.5×横9×高さ10cm。多機能で使い勝手がよいので、マルチに使えるスライサーを探している方におすすめです。

下村工業 フルベジスマイル 厚み調整スライサー FVS-612

3段階の厚み調節機能を搭載したおすすめのスライサーです。食材や用途に合わせて、約1mm・約1.5mm・約2mmの厚さに変更可能。裏面にあるつまみを切り替えるだけで、簡単に厚さの異なるスライスを作れます。

また、指を守るホルダーが付属。小さくなった野菜も、指を保護しながら最後までスライスできるのがポイントです。刃にはステンレス刃物鋼を採用しています。

下村工業 プログレード 野菜調理器セット PGS-05

本職用包丁と同じ刃を使ったスライサーセットです。おろし・スライス・千切り・細千切りの4種類が入っており、切れ味が鋭いため食材をつぶさずにカットできるのが魅力。軽い力でスムーズに切れます。

スライサーは両刃タイプで、押しても引いても切れるのが特徴。素早くカットでき、調理時間の短縮に役立ちます。また、刃を四角く設計しているため、歯応えのあるシャキシャキの千切りを楽しみたい方におすすめです。

さらに、安全ホルダーが付属。野菜を最後まで無駄なく安全にスライスできます。おろし器は目詰まりしにくい形状で、お手入れもしやすいのがメリットです。

容量が大きいので、一度に多くの食材を調理できて便利。ひとつにまとめて収納でき、置き場所に困らないのもおすすめポイントです。

京セラ(KYOCERA) セラミックスライサー 厚み調節機能付き CSN-182WHP

刃にファインセラミックスを採用した手動スライサーです。刃の摩耗が少なく、シャープな切れ味が長持ちします。また、野菜やフルーツなどが変色しにくいのがメリット。錆びにも強く、お手入れが簡単で清潔に使えます。

約0.5mm・約1.3mm・約2.0mmの3段階で変えられる厚み調節機能付き。裏にあるバーを回すだけで調節でき、玉ねぎ・きゅうり・パプリカなど食材や好みに合った厚さでスライスできます。さらに、キャベツの千切りにも対応しており、さまざまな用途で活用可能です。

プロテクターが付属しているのも特徴で、食材が小さくても指をしっかりガードできます。台所用漂白剤でつけおき漂白除菌ができるため、衛生面が気になる方にもおすすめです。

ニトリ 野菜調理器セット S Days 8978126

人気メーカー「ニトリ」のスライサーセット。スライサー・おろし器・千切り・ツマ切りの4種類と、ふた・受け皿がセットになっています。ひとつにまとめて収納できるため便利です。

刃はステンレス刃物鋼を採用。また、指ガードが付属しており、食材が小さくなっても安全に無駄なくカットできます。受け皿にはシリコーンゴムの滑り止めを施しており、調理する際の安定感があるのもメリットです。

なお、受け皿は-30℃まで耐えられるABS樹脂を使用。カバーを外しておけば、スライスした食材を入れたまま冷蔵庫に保管できます。リーズナブルな価格もうれしいポイント。コスパ重視の方におすすめです。

アーネスト(Arnest) 3倍速!トリプルウェーブ A-77107

3枚刃を採用した手動スライサーです。1枚刃に比べて約3倍の速さで調理できるため、時間や手間を大幅に短縮できるのが魅力。きゅうりやじゃがいもなど多くの野菜に使うことができ、キャベツの千切りにも便利です。

波型の刃を採用しているのが特徴。急な角度と緩やかな角度が交互にカットし、食材の抵抗を軽減しながら軽い力でスライスできます。また、食材をスライサーに押し付けなくても、薄いスライスが完成するのがメリットです。

さらに、手指をガードする安全ホルダーが付属。透明で食材が見やすく、鋭利な三角型のリブでしっかりグリップするのがポイントです。使わないときはボディにセットでき、刃の安全カバーとして活躍します。

ベンリナー(BENRINER) スーパーベンリナー No.95

プロ仕様の業務用スライサー。まな板幅が9.5cmと広く、大きめサイズの野菜をスムーズにカットできます。また、0.5~8mmまでの厚み調節機能を搭載。食材や用途に合わせた使い方が可能です。

小歯・中歯・荒歯の交換刃が付属しているのがポイント。野菜のカット幅を変えられ、さまざまな料理に対応できます。さらに、安全器具も付いているので、手指をガードしながらきれいにカットできるモノを探している方にもおすすめです。

本体には滑り止めとひっかけ足を搭載。まな板やテーブルの上だけでなく、ボウルに乗せても安定して使えます。本体・まな板・刃に分解でき、水洗いしやすいのも魅力です。

オクソー(OXO) グレーター&スライサーセット ミニ 11229700

大根おろし・スライサー・千切りの3種類がセットになったスライサー。半透明のフタは食材を受け止めるコンテナとしても活躍します。サイズが約縦20.5×横8×高さ8.5cmとコンパクトなため、省スペースで保管できます。

大根おろし・スライサー・千切りは、それぞれボウルやお皿の上で直接使うことも可能。また、指を保護しながら食材のカットができるフードホルダーが付属しています。

本体の底面には、2ヶ所の滑り止めを搭載。安定感があり、スムーズな作業をサポートします。さらに、目盛りがあるため、カットした量を把握しやすく便利です。

低温設定の食器洗い乾燥機に対応しており、お手入れしやすいのがポイント。カラフルなデザインなので、おしゃれなモノを探している方にもおすすめです。

オクソー(OXO) ハンディスライサー 1119100

ハンディタイプのおすすめスライサーです。握りやすいグリップを採用しており、スムーズな作業が可能。また、約1mm・約2mm・約5mmの厚み調節機能があり、好みの厚さでスライスできるのが魅力です。

先端部分をボウルや鍋に引っ掛ければ安定感が増します。また、本体が滑りにくいためまな板で使うときにも便利。さらに、切った食材が見やすい透明ウィンドウを採用しています。切りすぎを予防し、適量をスライスできるのが特徴です。

そのほか、小さな食材をスライスするときに手指を保護できるフードホルダー付き。使わないときは刃をロックするプロテクターとしても使えるのがメリットです。

サンクラフト(SUNCRAFT) キャベツスライサー BS-271

幅が約14cmと広いため、半玉サイズのキャベツを一気にスライスできる手動スライサー。約1mmの薄さに素早くスライスでき、ふわふわな仕上がりを実現します。また、安全ホルダーが付属しているので、指を保護しながら最後までスライス可能です。

スライサーの裏側には4つの溝を施しており、ボウルにセットしやすい設計。スムーズに作業を進められます。キャベツ以外にも玉ねぎ・じゃがいも・カブなど、さまざまな食材に対応可能。大量の野菜をスライスする機会が多い方におすすめです。

FOOKO 多機能スライサー

8つの刃を自由に取り替えられるスライサーです。千切りやスライスはもちろん、太切りやニンニクおろしまでさまざまな調理ができます。受け皿の容量が1Lあるため、一度に大量の食材をカットできて便利です。

切れ味に優れているほか、パワフルな粉砕も行えます。本体には滑り止め加工を施しており、安定した状態で作業できるのがポイントです。また、部品を細かく分解できるため、お手入れを楽に行いたい方におすすめです。

レズレー(ROSLE) アジャスタブル スライサー ハンドガード付 95028

18-10ステンレスを採用したおすすめの手動スライサー。0.3mm間隔で11段階に変えられる厚み調節機能を搭載しています。ダイヤル式のため、簡単に調節できるのがポイントです。

ダイヤルの目盛りを0にすれば、セーフポジションでとなり刃部分の隙間がなくなります。お手入れや収納の際に、手指のケガを予防できて便利です。また、先端にはシリコン製の脚を付属。まな板やテーブルの上で滑りにくく、優れた安定感を発揮します。

さらに、先端のカーブをボウルに引っ掛けることも可能。カットした食材を直接ボウルの中に入れたい場合も、スムーズに作業できます。そのほか、野菜をグリップできるハンドガードが付属。小さい野菜も手指を保護しながら、最後までスライスできます。

ののじ サラダおろし LDS-01

丸歯付きの薄型ブレードを採用しており、細切りにも対応しているアイテムです。鋭いトゲを使っているのがポイント。余分な力を入れなくても、食材を押さえて上下させるだけで細切りができます。

表裏で粗さの違う両面ブレードを採用しており、料理や好みに合わせてスライスする粗さを選べます。目詰まりしにくい構造も特徴。水にすすぐだけの簡単お手入れで衛生的に使用可能です。

アーネスト(Arnest) 多才ザル・ボウルセット ヘルシータイム 77046

3枚のプレートとボウル、ザルがセットになったスライサーです。平切り・角千切り・おろしなどを作ることができ、キャベツや玉ねぎのみじん切りにも対応。プレートはスライド式で素早く変えられて便利です。

平切りプレートは両刃タイプなので、スピーディにカットできます。また、指先を保護する安全ホルダーが付いているのもポイントです。

付属のザルは、スライスした食材の水切りなどに使えて便利。ボウルは電子レンジや冷蔵庫に対応しているので、そのままあたためたり、冷蔵庫に保管したりできます。

スライサーのおすすめ|電動タイプ

下村工業 電動調理器パワースライサー DPS-01

野菜をセットするだけでカットできる電動タイプのおすすめスライサーです。スライス・千切り・ツマ切り・おろしが、スイッチひとつで簡単に作れるのが魅力。手が汚れるのも予防でき、スムーズな調理が可能です。

AC100Vのコンセントタイプなので、電池切れの心配がなく大量の野菜をカットできます。サイズは約35×11.9×23cmです。

パナソニック(Panasonic) フードプロセッサー MK-K82

人気メーカー「パナソニック」の電動スライサー。4種類のカッターがセットになっており、幅広い食材を素早く下ごしらえできます。「スライス・千切りカッター」を使えば、キャベツなどの野菜を薄切りにカット可能。硬い野菜もスムーズに切れます。

また、ステンレス製の「ナイフカッター」は、硬い野菜だけでなく肉のミンチも手早く刻んだり混ぜたりできるのが魅力。イワシなどの魚も骨ごとすり身にでき、餃子やハンバーグの種作りにも活躍します。

「おろし・とろろカッター」と「鬼おろしカッター」も付属。食材を粗くおろせば食感を楽しめて、離乳食作りにも便利です。料理のバリエーションを増やしたい方におすすめ。容器からカッターまで、食洗機で丸洗いできるのもポイントです。

クイジナート(Cuisinart) ベジタブル スパイラルスライサー SSL-100J

8種類の多彩な切り方ができる電動スライサー。2.5mm薄切り・3.0mm波型薄切り・9.0mm太切りなど、幅広いカットに対応しているのが魅力です。

また、ワイドスパゲッティやリボンのデザインにカットでき、料理を彩る装飾にも役立ちます。ワークボールは、人参約2本分が楽に入る大容量。一度で多くの野菜をカットできて便利です。

クイジナート(Cuisinart) フードプロセッサー DLC-191J

容量1.9Lで3~4人分向きの電動スライサーです。切ったり刻んだりできるほか、こねる・薄切り・細切り・おろしの調理が可能。薄切りは2mmスライサー、細切りはファインシュレッダーのアタッチメントが付属しています。

食パン1斤分である、300gの生地こねが可能なハイパワーが魅力。肉のミンチや玉ねぎのみじん切りなら、一度に400g対応できます。また、投入口が大きめで、食材が入れやすいのがおすすめポイントです。

全面ステンレスブレードで、薄切りや細切りも素早くきれいな仕上がりを実現。耐久性に優れたインダクションモーターを採用し、パワフルなのに静かなのが特徴です。

容器は食洗機対応。お手入れが楽な製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ティファール(T-fal) フードプロセッサー ミニプロ ルビーレッド プラス MB601GJP

1台7役で、手間のかかる下ごしらえもスピーディに行える電動スライサー。スライスや千切りができるほか、潰したり混ぜたりすることも可能です。

カッターは硬度の高いブラックチタンコーティングを施しており、スムーズでパワフルな切れ味を実現しているのが魅力です。また、誤作動を予防する2段階の安全設計を搭載。正しくセットしないとスイッチが入らないため、安心して使いたい方にもおすすめです。

サイズは幅27×長さ15×高さ25.5cmと比較的コンパクト。キッチンに置いても邪魔になりにくく、収納にも便利です。さらに、プラスチック製のクッキングボウルは215gと軽量。扱いやすく楽に洗えるのがメリットです。耐熱温度85℃で、食洗機でも洗えます。

ブラウン(Braun) マルチクイック9 ハンドブレンダー MQ 9195XLS

500Wのパワフルモーターを搭載したハンドブレンダーです。スライスや千切りのほか、刻んだりこねたりと合計8役をこなせるのが特徴。かぼちゃの皮・コーヒー豆・アボカドの種など硬い食材も素早く処理できます。

握る力を変えるだけでスピード調節が行える、スマートスピードテクノロジーを搭載。スイッチを弱めに握ると食感を残した仕上がり、強めに握れば滑らかな仕上がりになります。

また、アタッチメントは素早く交換が可能。段取りや流れを妨げることなく、スムーズに調理できます。さらに、コンパクト設計でスタンドが付属しているため、保管しやすいのがポイントです。

周囲が汚れにくい飛び散り防止設計を施しているのも魅力。スタイリッシュでおしゃれなモノを探している方におすすめです。

スライサーの売れ筋ランキングをチェック

スライサーのランキングをチェックしたい方はこちら。