灯油を燃やして室内をあたためる「石油ストーブ」。使用できるシーンが幅広いほか、湯沸かしに対応できるタイプはやかんや鍋も置けるので、一台あると便利です。

そこで、今回は石油ストーブのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。家庭用に最適なコンパクトなタイプから学校や図書館などで使うような大型タイプまで網羅しているため、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

石油ストーブと石油ファンヒーターの違い

By: amazon.co.jp

石油ストーブと石油ファンヒーターは、燃料に灯油を使う点は共通していますが、あたため方が異なります。石油ファンヒーターは送風ファンを使い周囲をあたためるので、音はしますが速暖性に優れています。

石油ストーブは送風ファンの音がないため、静かに使いたいシーンにおすすめ。また、石油ストーブは燃焼過程で水分が発生するので、空気が乾燥している場合にも適しています。

石油ストーブの種類

対流式

By: amazon.co.jp

対流式の石油ストーブは、燃焼部分がストーブの中心にあるのが特徴です。石油ストーブの周囲全方向に放熱できます。対流式の石油ストーブでは、あたたかくなった空気が上昇することで空気の流れを生み出し循環させられるため、部屋全体をあたためるのに向いています。

そのため、部屋の中央に置くのがおすすめ。部屋の端に置いても周囲をあたためられますが、対流式の石油ストーブのよさが十分に活かせなくなるため注意しておきましょう。

反射式

By: rakuten.co.jp

反射式の石油ストーブは、円筒型の燃焼部の奥に反射板を備えているのが特徴です。反射板によって、特に石油ストーブの前面を効率よくあたためられます。部屋の壁際などへ置く場合におすすめ。また、横に長い長方形のモノが多くラインナップされています。

石油ストーブの選び方

使う場所の広さをチェック

By: toyotomi.jp

石油ストーブは電気を必要としないので、室内はもちろん、倉庫やベランダなどの屋外でも使用できます。それだけに使う場所の広さもさまざま。細かい暖房調節能力がないため、広さに合った機能のモデルを選ぶのが大切です。

一般的な家庭の1部屋である6〜9畳では、反射式が適しています。一方、リビングやダイニングの広さである10畳以上では対流式がおすすめです。

なお、石油ストーブには、目安として快適にあたためられる広さが記載されていますが、木造住宅と鉄筋コンクリート住宅によって数値が異なります。使用場所がどちらの建材なのか確認しておきましょう。

給油タンクの容量をチェック

By: rakuten.co.jp

給油タンクの容量が多いと、一度の給油で長時間使用できるので便利です。しかし、ストーブ本体も大きくなる傾向にあり、スペースに余裕のないところでは邪魔になることもあるため注意しておきましょう。

また、給油タンクが本体から取り外せない一体型タイプの場合は動かすのも大変です。給油タンクが取り外せるモデルかどうかもよく確認しておきましょう。

着火の方法をチェック

By: amazon.co.jp

石油ストーブは家庭用コンセントからの給電は不要で、着火する際には乾電池を使います。また、マッチも使えるので、電気を全く使わずに着火可能です。

さらに、メーカーによっては乾電池やマッチも不要で着火できるモデルもあります。災害時にも使えるストーブを探している場合は、着火方法もチェックしてみてください。

石油ストーブのおすすめ人気メーカー

コロナ(CORONA)

By: amazon.co.jp

石油ストーブ、石油ファンヒーターなどの暖房機器と給湯器、温水器などの住設機器を得意とする日本のメーカー。各種ストーブもトヨトミと並んで高く評価されています。ラインナップが豊富で、デザインや機能にこだわりたい方におすすめのメーカーです。

トヨトミ(TOYOTOMI)

By: toyotomi.jp

トヨトミは日本の石油燃焼機器、各種家電機器メーカーです。特に石油ストーブの分野で有名。石油ストーブの避け難い欠点である、燃焼時のニオイを抑えた「ダブルクリーン」機能が特徴です。

また、クラシックなデザインの製品が多くラインナップされているのもポイント。レトロな石油ストーブを探している方におすすめのメーカーです。

アラジン(Aladdin)

By: aladdin-aic.com

イギリス発祥の暖房機器ブランド。1930年から続く「ブルーフレーム」シリーズは、その名のとおり「青色の炎」が特徴です。見た目が美しいだけでなく、灯油のニオイも抑えられています。

また、レトロモダンなデザインもポイント。おしゃれな石油ストーブを探している方はぜひチェックしてみてください。

石油ストーブのおすすめランキング

第1位 トヨトミ(TOYOTOMI) 対流形ダブルクリーン KR-47A

自然対流と輻射熱により、広い部屋もしっかりあたたまる対流式石油ストーブ。木造なら約12畳、コンクリートなら約17畳まで対応しています。

また、使用時のニオイが少ないのも魅力。燃焼筒の下段に約800℃の「赤熱式」、上段に約1200℃の「白光炎式」を採用し、ダブルの燃焼方式で未燃ガスを燃やしきることによりニオイを軽減します。

レトロな雰囲気があるおしゃれなデザインも魅力。洋室はもちろん、和室にも使えるおすすめのモデルです。

第2位 コロナ(CORONA) ポータブル石油ストーブ SXシリーズ SX-E3519WY

遠赤外線放射量が約30%増加する「遠赤ブレード」を搭載している反射式石油ストーブです。部屋をじんわりとあたためられるストーブを探している方におすすめ。木造なら約9畳、コンクリートなら約13畳まで対応しています。

ニオイ対策機能が充実しているのもポイント。触媒で未燃ガスを燃やし、ニオイ成分を抑える「触媒燃焼においとり」、火力を下げても効率よく未燃ガスを燃やす「クリーン燃焼」などを搭載しています。

さらに、約5Lの大容量タンクには「よごれま栓」を採用。キャップを手でひねるタイプとは違い、つまみを引くだけで栓が上に開くので手を汚しにくいのも魅力です。

第3位 アラジン(Aladdin) 石油暖房 ブルーフレームヒーター BF3911

燃焼中はもちろん、点火や消火時もニオイが少ない対流式石油ストーブです。ニオイの原因となる未燃ガスの発生量が少ない「ブルーフレーム」を採用。木造なら約7畳、コンクリートなら約10畳まで対応しています。

懐かしさを感じられるレトロでおしゃれなデザインも魅力。また、約高さ55.1×幅38.8×奥行40.5cmと比較的コンパクトなので、ワンルームでも圧迫感なく設置できます。

震度5ほどの揺れを検知し瞬時に消火する「対震自動消火装置」に加え、一酸化炭素やニオイの原因を軽減する「排ガス浄化触媒」など、安全機能も充実しているおすすめのモデルです。

第4位 トヨトミ(TOYOTOMI) 対流形ストーブ CL-250

7色の優しい炎が特徴的な対流式石油ストーブです。唐草模様のガードに加え、ガラス燃焼筒にはひし形の連続模様を加工。ガラス越しに炎が直接見える構造で、月明かりのような明るさの炎を眺めて楽しめます。

また、サイズは高さ48×幅38.8×奥行38.8cmとコンパクトなので、省スペースで設置可能です。木造なら約7畳、コンクリートなら約9畳まで対応。高級感のあるおしゃれなデザインのため、洋室にも和室にも適しています。石油ストーブの近くで炎を楽しみながら、ゆったりと暖を取りたい方はチェックしてみてください。

第5位 スノーピーク(snow peak) スノーピークグローストーブ KH-100

幅38.8×奥行38.8×高さ47.4cmと小型ながら、赤熱式の遠赤外線効果により高い暖房効果を実現する対流式石油ストーブです。燃焼筒の上部にある筒形の鉄板が赤熱し、側面方向へより多くの遠赤外線を放射。石油ストーブに近づくと、じんわりと心地よいあたたかさが感じられます。

また、約5.9kgと比較的軽量で持ち運びやすく、キャンプなど屋外用の石油ストーブとしてもおすすめ。シェルター内の中央に設置すれば、空間全体があたたまります。

さらに、タンク容量が約4.9Lと大きく、1度の給油で約20時間と長く継続使用できるのもメリットです。頻繁に給油するのが面倒な方にも適しています。

第6位 トヨトミ(TOYOTOMI) 石油ストーブ RS-G300

乾電池もライターもいらない「発電式電気点火」方式を採用し、レバーを数回まわすだけで点火する反射式石油ストーブ。乾電池にかかるランニングコストや乾電池の交換が面倒な方などにおすすめです。停電時や災害時にも便利に活用できます。

横幅が広く表面が波状の「多面反射板」を搭載し、より広い範囲をあたためられるのもメリット。木造なら約8畳、コンクリートなら約11畳まで対応可能です。

さらに、炎を安定させてニオイの発生を予防する「消臭リング」と、消火時に未燃ガスをしっかり燃やしきる「ニオイセーブ消火」を搭載。ニオイが気になりにくく快適に使用できるおすすめのモデルです。

第7位 アラジン(Aladdin) 石油ストーブ CAP-U288

3・5・8時間後の切タイマーを設定できる反射式石油ストーブです。換気のタイミングに合わせてタイマーをセットしたり、つけっぱなしによる部屋のあたたまり過ぎを予防したりと便利に使えます。

また、サイズは高さ49.6×幅34.5×奥行32.7cmと比較的コンパクトで、ワンルームにも設置しやすいサイズ感です。木造なら約8畳、コンクリートなら約10畳まで対応。おしゃれなレトロモダンなデザインで、インテリアとしても楽しめるおすすめのモデルです。

第8位 トヨトミ(TOYOTOMI) GEAR MISSION 対流形ストーブ KS-GE67

厳しい寒さでもしっかりと部屋があたたまりやすい対流式石油ストーブ。ほうろう加工の炎筒から遠赤外線が放射され、部屋をじんわりとあたためられるのが魅力です。暖房能力が高く、木造なら約17畳、コンクリートなら約24畳まで対応しています。

芯が長持ちする「でるでる芯」を搭載。つまみをまわすだけで芯の高さを3段階に調節でき、芯が劣化しても数回は芯を交換することなく火力を復活させられます。面倒な芯の交換頻度を抑えたい方も、ぜひチェックしてみてください。

第9位 トヨトミ(TOYOTOMI) 石油ストーブ ハンドルタイプ RS-H290

サイズが高さ46×幅31.2×奥行35.6cmとコンパクトながら、ハイパワーでしっかりと部屋を暖められる反射式石油ストーブ。木造なら約8畳、コンクリートなら約10畳まで対応しています。また、横幅がスリムなので、狭い場所に設置しやすい石油ストーブを探している方にもおすすめです。

さらに、燃焼中の炎を安定させて未燃ガスを燃やしきる「消臭リング」と、未燃ガスを軽減しながら消火する「ニオイセーブ消火」も搭載。ニオイが少なく、快適に部屋をあたためられます。

燃料タンクには「こぼれま栓」を採用。万が一、口金を外した状態でタンクが床に倒れても、灯油が大量にこぼれるのを予防できるため安心です。タンクの口金を確実にロックできる「らくらくロック」も便利。手ごたえと音でしっかりと口金を閉められます。

第10位 コロナ(CORONA) ポータブル石油ストーブ SLシリーズ SL-5120

遠赤外線炎筒とホワイトフレームにより、広範囲を効率よくあたためられる対流式石油ストーブ。木造なら約13畳、コンクリートなら約18畳まで対応しているので、広いリビングにもおすすめです。

燃料タンクは約6Lと大容量。1度の給油で、約12時間継続して使用できます。広い部屋に置けるモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第11位 コロナ(CORONA) ポータブル石油ストーブ RXシリーズ RX-2919WY

燃焼継続時間が約17.9〜22.4時間と長く、灯油の給油頻度を抑えられる反射式石油ストーブです。木造なら約8畳、コンクリートなら約10畳まで対応。タンクが約5Lと大きいうえ、灯油をより長持ちさせたい場合は火力を弱めて燃費を抑えながら運転できます。

また、火力を弱めて運転すれば、灯油のランニングコストも抑えられて経済的。本体価格もお手頃なので、コスパ重視の方にもおすすめの石油ストーブです。

燃料タンクには、手を汚さずに給油できる「よごれま栓」を搭載。ワンタッチでタンクの栓を開け閉めできるため、寒さで手を思い通りに動かしにくい場合でも簡単に給油できます。ひと目で給油のタイミングが分かる「給油サイン」機能も便利です。

第12位 トヨトミ(TOYOTOMI) 石油ストーブ RSV-230

サイズが高さ44.6×幅42.2×奥行33cmとコンパクトで、ワンルームにおすすめの反射式石油ストーブ。タンク容量は約3.6Lで、木造なら約6畳、コンクリートなら約8畳まで対応しています。シンプルなデザインなので、どんな部屋にも合わせやすいのも魅力です。

燃料タンクには「こぼれま栓」を搭載。うっかり栓を閉め忘れてタンクを倒しても灯油が大量にこぼれるのを予防できるため、給油に不慣れな方でも安心です。価格も安いので手が届きやすく、災害時用や一人暮らし用にぴったりなコスパの高い石油ストーブを探している方にも適しています。

第13位 アラジン(Aladdin) 石油ストーブ AKP-S248

低価格ながら、しっかりあたたまれる反射式石油ストーブです。木造なら約7畳、コンクリートなら約9畳まで対応。サイズは高さ39.5×幅34.5×奥行34cmとコンパクトなので、キッチンなど狭いスペースに設置したい方にも適しています。

おしゃれなロゴ入りのシンプルなデザインもポイント。さらに、機能もシンプルで操作しやすく、初心者の方にもおすすめの石油ストーブです。

石油ストーブのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

石油ストーブのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。