美しいピンク色が特徴的な「ロゼワイン」。ロゼは、フランス語で「バラ」を意味しており、どんな料理にも相性がよいといわれています。華やかな色合いからお祝い事やパーティーシーンにも最適です。とはいえ、普段からロゼワインを好んで飲んでいるという方は意外と少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、飲みやすいさっぱりした味わいのモノや、プレゼントとしても最適なスパークリングなど、おすすめのロゼワインを厳選してご紹介します。甘口や辛口の違いなどもあわせて解説しているので、ぜひお気に入りの1本を見つけてみてください。

ロゼワインの製法

By: amazon.co.jp

セニエ法

赤ワインと同様、黒ブドウ品種の皮や種ごと発酵させ醸造する製造方法です。発酵途中に皮や種を取り除いたあと、さらに発酵させることで美しいピンク色のワインができあがります。皮や種を取り出すタイミングで色が変化する製造方法です。

直接圧搾法

白ワイン同様、皮や種を取り除いた状態で果汁だけを発酵させる製造方法です。白ブドウ品種を使う白ワインと違い、ロゼワインには黒ブドウ品種を使います。薄いもしくは淡いピンク色になるのが特徴です。

混醸法

セニエ法と同じ製造法で、黒ブドウ品種と白ブドウ品種をブレンドし発酵させます。赤の色素が黒ブドウ品種のみで造る際より少ない分、鮮やかでクリアなピンク色になるのが特徴。主にドイツで行われている製造方法です。

シャンパーニュ地方限定のブレンド法

シャンパーニュ地方では、伝統的なセニエ法でもロゼワインを醸造していますが、限定的に許されている製法として、アッサンブラージュ法というモノもあります。赤ワインと白ワインをブレンドしてシャンパーニュを造る製法です。

本来、ヨーロッパでは伝統的製法を守るため、赤ワインと白ワインをブレンドすることは固く禁じられていますが、シャンパーニュ地方に限っては例外。フランスでも北部にあるシャンパーニュのブドウの質や収穫量を補い、一定のクオリティでロゼワインを供給するために許されている手法です。

ロゼワインの選び方

味で選ぶ

甘口

By: amazon.co.jp

一般的に甘口のロゼワインは、渋みが少ないので、お酒があまり得意でない方でも飲みやすいのが特徴です。どんな料理にも好相性ですが、特にフルーツやチーズ、生ハムなど、前菜やデザートとのペアリングに適しています。よく冷やして飲むのがおすすめです。

辛口

By: amazon.co.jp

辛口のロゼワインは、すっきりとしていながら、飲みごたえを感じられるのが特徴。赤ワインの渋みは少し苦手でも、白ワインでは少し物足りないと感じる方におすすめの味わいです。和食をはじめ、幅広い料理にも好相性で、しっかりとした濃いめの味付けでも、ワインが負けることなく楽しめます。

スパークリングかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

ロゼワインを存分に味わうならスパークリングの銘柄も要チェック。スパークリングロゼは爽やかな口当たりが特徴で、炭酸が含まれているため、食前酒に最適です。

また、スパークリングワインは、グラスに注ぐと泡が沸き立つことから「幸せが湧き上がる」「絶えない幸せ」という意味で使われることもあります。そのため、結婚式などのお祝い事や大切な方へのプレゼントとしてもおすすめです。

産地や品種で選ぶ

By: amazon.co.jp

ロゼワインの歴史は、ワインの本場であるフランス南部・プロヴァンス地方から始まったといわれています。現在でも世界有数のロゼワイン産地として名を馳せ、フランス国内のロゼワイン生産量のうち約4割を占めるほどです。

フランスに次いで生産量の多い国は、スペインやアメリカ、イタリアなど。ワインはその土地の風土・気候が反映されるため、好きな産地を基準に選びましょう。

また、使用されているブドウ品種で選ぶのもおすすめ。土着品種と呼ばれるその土地特有のブドウを使ったロゼワインもあり、個性的な味わいが楽しめます。

ロゼワインのおすすめ銘柄

モエ・エ・シャンドン モエ ロゼ アンペリアル

モエ・エ・シャンドン モエ ロゼ アンペリアル

フランスのシャンパーニュ地方にあり、最高級シャンパンブランドとして君臨するモエ・エ・シャンドンのスパークリングロゼワインです。華やかなパッケージと、グラスに注いだときの輝くピンクの色合いは、お祝いの席に最適。お酒に詳しくない方でも知っているほど有名な銘柄のため、プレゼントすると万人に喜ばれます。

主に使用されているブドウ品種はピノ・ノワール。ラズベリー・チェリー・野イチゴのような赤系果実のニュアンスが感じられ、ほどよい酸が全体を引き締めています。食前酒としてはもちろん、さまざまな料理との相性も良好です。見た目同様、味わいもエレガントな印象のロゼワインで、パーティーシーンを盛り上げます。

ボッテガ ロゼ ゴールド

ボッテガ ロゼ ゴールド

イタリアワインの銘醸地で造られるスパークリングロゼワインです。原料にはピノ・ネーロが100%使用され、フランス語ではピノ・ノワールと呼ばれる代表的な黒ブドウ品種。ラズベリーやピーチのようなアロマが香り、やわらかい印象がありますが、飲んだ際には酸とタンニンの力強さが感じられるすっきりとした辛口です。

特徴的なメッキボトルは華やかで美しいだけではなく、直射日光や温度変化からワインを守る効果があります。スタイリッシュにかわいく食卓を彩ってくれるので、お祝い事や女子会などのパーティーシーンにおすすめ。透明度の高いクリアピンクの色合いと、長く沸き立つ泡立ちが非常に優雅な1本です。

フレシネ セミセコ ロゼ

フレシネ セミセコ ロゼ

スペインを代表するカヴァのワイナリーで造られたスパークリングロゼワインです。黒ブドウ品種のみで造られているため、深みのある濃い色合いが特徴。フレッシュなベリーの味が広がり、ほのかな甘みが感じられるやや甘口の製品です。

しっかりしたボディで、スパイシーな料理や味の濃い料理と合わせても負けない味わいがあります。スパークリングタイプで飲みやすく、良質なロゼワインがお手頃な価格で楽しめるのでおすすめです。おしゃれなボトルデザインでちょっとした手土産にも向いています。

ジェイコブス・クリーク マスカット・ロゼ スパークリング

ジェイコブス・クリーク マスカット・ロゼ スパークリング

オーストラリアを代表するワインメーカーが造る、スパークリングロゼワインです。原料にはマスカット種をメインに使用し、爽やかな甘口に仕上がっています。マスカット種特有の華やかな香りも魅力です。

甘すぎず後味がすっきりとキレがよいため、食前酒としてだけでなく食中酒としても適しています。さらに、食後のスイーツとも好相性。アルコール度数が8.4%と低めなのでお酒が苦手な方でも飲みやすく、大勢が集まるパーティーに準備しておくと喜ばれます。

マテウス ロゼ

マテウス ロゼ

丸みのあるボトルが特徴的なポルトガル生まれのロゼワインです。鮮やかなロゼカラーと口当たりのよい微発泡が特徴の製品で、1942年の発売以来、不動の人気を誇ります。ほのかに甘く爽やかですっきりとした風味から、どんな料理にもマッチするオールラウンダーです。

お手頃価格でロゼワイン初心者にもおすすめ。ボトルデザインがかわいいので、女子会やお花見、キャンプなど女性が大勢集まるシーンによく映えます。母の日や成人祝い、就職祝いなどお祝い事にも最適。スパークリングワインとは異なり、控えめな微発泡が心地よい1本です。

ミラヴァル ロゼ

ミラヴァル ロゼ

フランスのプロヴァンス地方でオーガニックのブドウを使用して造られたロゼワインです。さらに、ミラヴァルの土地とブドウ畑、建物全体を別荘として所有しているのは、ハリウッドスターのブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー。数々の賞を獲得しているロゼワインとしての実力はもちろん、話題性のある製品でプレゼントや手土産にすると盛り上がるのでおすすめです。

サンソー・グルナッシュ・シラー・ロールの4種類のブドウ品種を原料に、直接圧搾とセニエのふたつの製法で旨みを引き出しています。口に含むと柑橘系の果実とフローラルの華やかなアロマが広がり、果実味と酸のバランスが絶妙。肉料理から和食まで、どんな料理にも合わせやすい辛口です。

中央葡萄酒 グレイス ロゼ

中央葡萄酒 グレイス ロゼ

日本有数のワイナリー、山梨県の中央葡萄酒が造るロゼワインです。日本一の日照時間を誇る銘醸地である、三澤農場産の黒ブドウ品種を使用。醸造には直接圧搾法とセニエ法の両方を採用し、オーク樽で貯蔵しています。

柑橘系の香りとスパイシーな香り、樽由来のロースト香などが複雑に絡み合う、芳醇なアロマが魅力。しっかりとした酸がボディをきわ立たせ、かすかな苦みがアクセントを添えています。辛口に分類されるロゼワインで、フルーティーで飲みやすく和食にもよく合うので、デイリーワインとしてもおすすめです。

トーレス サングレ・デ・トロ ロゼ

トーレス サングレ・デ・トロ ロゼ

スペインを代表するトップワイナリーであるトーレス社が造るロゼワインです。ボトルにぶら下げられた牡牛のマスコットは「サングレ・デ・トロ」シリーズのトレードマーク。本製品は、ガルナッチャとカリニャンという、スペイン原産の2種類の黒ブドウ品種を原料としています。

すっきりとした酸が特徴で、フルーティーで軽快な飲み心地が味わえる辛口です。お手頃価格でデイリーワインにぴったり。ラズベリーのような明るいピンク色が普段の食卓をワンランクアップできます。飲みやすいので初心者にもおすすめです。

ベリンジャー カリフォルニア・ホワイト・ジンファンデル

ベリンジャー カリフォルニア・ホワイト・ジンファンデル

ベリンジャー・ヴィンヤーズ社はアメリカで人気のワインメーカーです。赤・白ともに多数の受賞歴がある実力派ワイナリー。本製品は、美しい色合いとさっぱりした口当たりが魅力のロゼワインです。「カリフォルニア」シリーズは、和食との相性を考えて造られています。

和素材を使った料理はもちろん、スパイシーな料理や味が濃い中華料理など、どんな食事とも好相性。甘すぎず、酸とのバランスがよいので初心者でも飲みやすく、柑橘類やメロンを思わせるアロマが魅力です。手が届きやすい価格帯で、デイリーワインやちょっとした手土産にも向いています。

マドンナ R ロゼ

マドンナ R ロゼ

歴史あるドイツのファルケンベルク社が造るロゼワインです。大人の女性をイメージしたスタイリッシュなラベルデザインがポイント。酸と甘みのバランスがよく、すっきりと爽やかな飲み心地で後味がよいのが特徴です。

さくらんぼやラズベリーのような果実味もしっかり感じられます。アルコール度数が8.5%と低く価格も安いので、初心者やワインが苦手な方も気軽に試せる1本です。食事だけでなくチーズやデザートとの相性もよいため、食前酒や食後酒としても活躍します。

サンタ・ヘレナ・アルパカ ロゼ

サンタ・ヘレナ・アルパカ ロゼ

安くておいしいチリワインとして有名な「サンタ・ヘレナ・アルパカ」シリーズ。サンタ・ヘレナ社はチリワインのパイオニア的存在で、リーズナブルながら高品質なワインは世界中で愛飲されています。

本製品は、カベルネ・ソーヴィニヨン100%を使用したロゼワイン。フレッシュな酸味が特徴で、すっきりとした飲み心地の辛口に仕上がっています。魚料理との相性が良好で、白ワインと同じように考えてペアリングするのがベスト。価格が安く手に入りやすいので、デイリーワインとしておすすめです。

エレガンツ ロゼ アイスワイン

エレガンツ ロゼ アイスワイン

ドイツのラインヘッセン地方で造られる極甘口のロゼワインです。ドイツ・オーストリア・カナダなど限られた地域でしか生産されない「アイスワイン」に相当します。アイスワインとは、樹上で凍結したブドウを原料にしたワインのこと。希少価値が高く、「貴腐ワイン」とともに甘口ワインの最高峰といわれています。

本製品はピノ・ノワールを100%使用し、蜂蜜や杏子のようなふんわりとした優しい甘みが特徴です。軽く冷やして食後のデザートワインにするのがおすすめ。容量が少ないですが、味わいながら飲むタイプのワインなので、少量でも十分に楽しめます。