インバウンドの影響により、最近は海外から注目されることが多い「日本酒」。国内でも改めて見直すユーザーが増え、これを好機と捉えた酒蔵も積極的にイベントなどを開催しています。

そこで今回は日本酒のなかでもまろやかな口当たりが特徴の「甘口」に注目。おすすめ銘柄をご紹介します。あっさりとした料理との相性がよいので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

甘口と辛口の違いは?

日本酒の「甘さ」は、お酒の中にどれだけ糖分が残っているかで決まります。日本酒はおもに米と水と麹を原料として造られ、この米の糖分が多ければ「甘口」、少なければ「辛口」と一般的に分けられています。

この「甘さ」を見分けるひとつの基準として「日本酒度」がありますが、これは水との「比重」のこと。そのほかにも「アルコール度数」や「酸度」「アミノ酸」などが複雑にからみ合い、日本酒の味わいが形成されます。

日本酒度とは?

「日本酒度」とは先述の通り、水との比重を表す数値のこと。摂氏4℃の水の比重を±0として、これより比重が重いとマイナス(−)、軽いとプラス(+)がつけられます。マイナス(−)の数値が大きければより「甘口」、プラス(+)の数値が大きければより「辛口」となります。

例えば、日本酒のラベルを見ると−3.5〜−5.9は「甘口」、−6.0以下なら「大甘口」と表記されます。とはいえ、マイナス(−)の数値が大きくても辛口の日本酒は存在するので、あくまで甘辛を見分けるひとつの目安と理解しておきましょう。

甘口の日本酒の選び方

酸度で選ぶ

「酸度」は、日本酒の味わいを決める要素のひとつ。日本酒を造る過程で発生する乳酸やクエン酸、リンゴ酸などの含有量が、酸度を決める大きなポイントとなります。

酸が多ければ多いほど引き締まった味わいになり、キレのある「辛口」と判断されることが多いです。一方、酸が少なければまろやかで「甘口」となる傾向があります。チェック方法としては瓶のラベルに表記されていることが多いので、甘口を選ぶ際は酸度の数値が低いモノをチョイスしてみるのがおすすめです。

味や口当たりで選ぶ

味や口当たりも、甘口の日本酒を選ぶ際のポイント。さっぱりとした口当たりの爽酒(そうしゅ)と呼ばれるフルーティーなモノや、とろりと濃厚な口当たりの熟酒(じゅくしゅ)と呼ばれるモノ、また米本来のコクと旨味をダイレクトに感じられる醇酒(じゅんしゅ)と呼ばれるモノまでさまざまな種類があります。選ぶ際は、料理との相性なども考慮しながら、好みを判断していきましょう。

香りで選ぶ

日本酒は味わいだけでなく、ワインのように香りでも楽しむことができるお酒です。例えば大吟醸などの吟醸系の日本酒は香りが強いのが特徴。薫酒(くんしゅ)呼ばれる、花やフルーツの芳醇な香りを楽しめるのも同タイプです。

一方、純米酒などは、米本来の甘さなどが際立ち、香りは意外とほのかです。味わいだけではなく香りにもこだわることで日本酒選びの幅が広がるので、ぜひチェックしておきましょう。

日本酒の種類で選ぶ

日本酒のラベルには「大吟醸」や「純米」などが記載されていますが、これは「特定名称酒」と呼ばれ、それに含まれない日本酒は「普通酒」として区分されます。

特定名称酒は、まず醸造用アルコールを加えたモノとそうでないモノに分かれ、前者には本醸造酒、特別本醸造酒、吟醸酒、大吟醸酒があり、後者は純米酒、特別純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒があります。

なお、醸造用アルコールとは日本酒を造る過程で添加する蒸留酒のことで、サトウキビなどが原料。純度が高く、無味無臭で、味がクリアになるほか、香りがよくなります。

また、精米したあとに残った酒米を示す「精米歩合」もポイント。例えば「精米歩合70%」とは30%を削って、残りの70%原料したという意味になります。

この削る値が大きくなるほど雑味が少なく日本酒特有の香りである「吟醸香」が強く出るのが特徴。言い換えれば、精米歩合で示されている値が低いほど香り高くすっきりとした酒質になり、高いほど濃厚な酒に仕上がります。

産地で選ぶ

全国各地で造られている日本酒。原料となる米の銘柄や産地の気候、水の質によっても味わいは異なります。さらには各地域で実際に酒造りを行う杜氏(とうじ)のこだわりも、日本酒の味わいを左右する大きなポイントです。

東北エリアは著名な銘柄がひしめく激戦区。関東・甲信越エリアはフルーティーな吟醸酒が目白押しで、北陸・東海エリアは新銘柄に注目が集まっています。

近畿・中国エリアは有名な「獺祭」をはじめ、全国区の知名度を誇る銘柄が多数。四国エリアは穏やかな食中酒が多く、九州エリアは福岡県や佐賀県を中心に、注目銘柄が増えているのが特徴です。

用途で選ぶ

自宅で楽しむ際は料理との相性と考えるのが重要。例えば、あっさりとした白身魚やお刺身には、フルーティーな香りの吟醸系の日本酒がよく合います。味付けがしっかりした料理やチーズには純米酒系、いつもの和食には本醸造系が好相性です。

一方、お祝いやプレゼント用に選ぶなら、大吟醸酒や純米大吟醸酒など最高ランクの日本酒がおすすめ。なお、日本酒を香りと味で分けると、濃厚な旨みと力強い「熟成古酒系」、軽快ですっきりとした飲み口の「吟醸系」、米の旨みと酸がしっかり感じる「純米・山廃系」、キレがありさっぱりと飲める「淡麗系」などがあります。ぜひ相手の好みに合わせて選ぶようにしましょう。

甘口の日本酒おすすめ銘柄

奥能登の白菊 純米吟醸

石川県は白藤酒造の純米吟醸酒。能登輪島で造られる日本酒は、上品な甘さと香りが特徴です。日本酒造りに最適な山田錦と五百万石の酒米を使用した、米の旨みが最大限に感じられる1本です。

口当たりはまろやか。それでいて後味はさっぱりしているので、どんな料理とも好相性です。冷酒としてはもちろん、寒い季節は熱燗にするのがおすすめ。すっきりとした甘口を飲みたい方にぴったりな日本酒です。

雪中梅 本醸造

淡麗辛口が多い新潟県の日本酒のなかでも、甘口として知名度の高い丸山酒造「雪中梅」の本醸造酒。63%まで磨いた酒米、五百万石を約23日間発酵させ、すっきりとした甘口に仕上げています。

米本来の旨味と甘味がほのかに感じられ、飲み口もさっぱり。いつもの和食とも相性よく喉越しもスムーズです。淡麗な甘口を好む方におすすめしたい1本です。

真名鶴酒造 純米吟醸 奏雨 sow

福井県にある「真鶴酒造」の純米吟醸酒。シンプルなラベルがおしゃれな日本酒です。柑橘系の酸味とフルーティーさがバランスよく加わり、清涼感のある甘口に仕上がっています。

まるでワインのような口当たりは、和食はもちろんパスタや魚介系の洋食にもぴったり。軽めのテイストなので、日本酒を初めて飲む方にも飲みやすくおすすめです。しっかりと冷やすことで爽やかさが引き立ちます。

屋守 おくのかみ 純米吟醸 無調整生

東京都の「豊島屋酒造」が造る日本酒。濾過をせずに瓶詰めしてあるため、お米の旨みがギュッと凝縮され、濃厚な味わいに仕上がっています。

酸味が強いので、やや甘味は弱く感じますが、日本酒特有の吟醸香が強く感じられる1本です。ほのかな微炭酸が感じられるのもポイント。「とにかく甘口の日本酒を試してみたい」という方は要チェックの銘柄です。

富久錦 純米 Fu.

白ワインのような甘さが感じられる日本酒。兵庫県にある「福久錦」は国内では珍しく、純米酒のみを造る酒蔵として知られています。

ほんのりとした甘さのなかに、フルーティーさも感じられるのが魅力です。アルコール度数も8%と日本酒のなかでも低く、日本酒に不慣れな方にもおすすめです。

誠鏡 幻 まぼろし 純米大吟醸

蔵秘伝のリンゴ酵母を使った広島の純米大吟醸酒。皇室新年御用酒に選ばれるほど名誉ある高級日本酒です。その香りの高さは、薫酒(くんしゅ)と呼ばれるのにふさわしく芳醇。まろやかな口当たりも特徴です。

長期低温発酵で、ほとんどの工程を手作業で行なっているのもポイント。甘口といっても後味はすっきりとしているので飲みやすいので、日本酒党にはぜひ試してほしい銘柄です。

越後鶴亀 ワイン酵母仕込み 純米吟醸

清酒酵母の代わりに、ワイン酵母を使用した国内でも珍しい日本酒。フルーティーな甘味のなかにもしっかりとした酸味があり、まるで熟成された白ワインのような味わいが楽しめます。

この甘味と酸味のバランスをとるために、3年あまりの期間を費やした渾身の1本です。日本酒のなかでも比較的安くリースナブルな価格帯も魅力。しっかり冷やして楽しむのがおすすめです。

カワセミの旅 純米原酒

個性豊かな吟醸酒造りを目指す新潟県の「越後花酒造」が造る純米原酒。パリで有名なショコラティエがチョコレートに合う日本酒として紹介したことで、一躍知名度がアップした銘柄です。

芳醇な香りと甘さが特徴。酸味もほどよく、まろやかな飲み口で、超甘口のデザート酒を探している方にもおすすめです。

夢山水浪漫 奥 純米大吟醸原酒

愛知県の蔵元「山崎合資会社」が造る甘口の純米大吟醸酒。奥三河でわずかに栽培されている高品質な酒米、夢山水を50%まで磨き、長時間低温発酵で丁寧に醸しています。タイプでいうなら、とろりと濃厚なコクと香りを感じられる「熟酒(じゅくしゅ)」です。

酸味も少なくまろやかな口あたりは、じっくりと時間をかけて楽しみたい方におすすめ。ぜひさまざまな日本酒と飲み比べて、違いを感じてみてください。