撮影したらその場ですぐに写真が現像される「ポラロイドカメラ」。フィルム独特の風合いで撮影ができるほか、データではなくモノとして残せるアナログ感が見直され、人気が再熱しています。

なお、ポラロイド社が発表している「ポラロイドカメラ」以外にも富士フイルムの「チェキ」、富士フイルムのフィルムを使用するライカの「ゾフォート」など、インスタントカメラはさまざまなメーカーが販売しており、特徴が異なります。

そこで今回は、ポラロイドカメラのおすすめモデルをピックアップ。ポラロイド以外のおすすめインスタントカメラもあわせてご紹介します。デジタル機能を有したハイスペックなモデルも多くあるので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ポラロイドカメラとは?

ポラロイドカメラとは、1937年にアメリカで設立された「ポラロイド社」が製造・販売している「撮影した写真をその場で現像するカメラ」のことを指します。

そのため、富士フイルムなどポラロイド社以外のメーカーから発売されているインスタントカメラは「ポラロイドカメラ」と呼べず、メーカーによっては「チェキ」や「ゾフォート」などの名称があります。ポラロイドカメラも含め、大別的にはインスタントカメラに分類されるので、その点は留意しておきましょう。

ポラロイドカメラとチェキの違い

メーカーの違い

By: amazon.co.jp

「ポラロイドカメラ」はポラロイド社から発売されているインスタントカメラのことです。一方、「チェキ」は富士フイルムが発売しているインスタントカメラのことを指します。

フィルムの違い

ポラロイドカメラとチェキの違いはフィルムにもあります。ポラロイドカメラのフィルム規格は10.8×8.8cm、チェキ instax miniのフィルム規格は8.5×5.4cmと、ポラロイドカメラの方がフィルムサイズは大きめです。

フィルムの特性もそれぞれ異なり、ポラロイドカメラではモノクロやカラーのフィルムがあるほか、低感度・高感度のフィルムもあります。一方、チェキは人気有名キャラクターとコラボしたフィルムなど、バラエティに富んだフィルムがラインナップしています。

さらに、1枚あたりのフィルムの単価はポラロイドの方が高く、チェキの方がリーズナブルに手に入るのもポイント。コストを抑えて撮影したい場合はチェキがおすすめです。

また、最近ではスマホで撮影した画像をチェキのフィルムを使って、すぐにプリントできるプリンターも発売されているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

ポラロイドカメラの選び方

デジタル機能に対応していると便利

By: amazon.co.jp

ポラロイドカメラには、デジタル機能を有したタイプもラインナップ。撮影した画像をすぐに確認できる液晶画面が付いており、写真の現像を失敗しにくいのでおすすめです。

また、microSDカードに保存してお気に入りの1枚を選んでプリントできたり、プリント前にトリミング加工できたりとモデルによってさまざまな便利機能を備えています。

なお、デジタル機能を有したタイプの場合は「フィルム」ではなく「フォトペーパー」を使ってプリントするモノがほとんどです。

フィルムで選ぶ

フィルムを使って撮影するモデルの場合は、モノクロまたはカラーのどちらで撮影したいかを事前に決めることが重要です。モノクロであれば「モノクロフィルム」カラーであれば「カラーフィルム」を購入してカメラにセットする必要があります。

また、ポラロイドカメラのモデルごとに使用できるフィルムも異なるため、購入前にはフィルムの種類を必ず確認しましょう。

ポラロイドカメラのおすすめモデル

ポラロイド(Polaroid) Polaroid Now i‑Type Instant Camera

1970年代に販売された「Polaroid OneStep」モデルを、誰でも簡単に使えるように改良したポラロイドカメラです。オートフォーカス機能を搭載しており、カメラが被写体に合わせて2枚の内蔵レンズを自動で切り替えます。約55cmまで接近し人物・小物をより大きく撮影できるほか、景色もきれいに撮影することが可能です。

また、オンオフを切り替えられるフラッシュ機能も搭載しているのも魅力。パーティー会場など暗めの場所で撮影したい方にもおすすめです。

ボタンをワンプッシュするだけでフィルムケースを開けられ、よりスムーズにフィルムをセットできるのもポイント。背面にはデジタル数字を表示する機能を搭載し、フィルムの残数を手軽に確認できます。

セルフタイマーが搭載させれているのも魅力。カメラを固定し、自撮りや集合写真撮影にも最適です。さらに、セルフタイマーボタンを2度押しすると、二重露光モードに切り替えることが可能。ユニークでアーティスティックな写真も楽しめます。

ポラロイド(Polaroid) Polaroid OneStep+ i‑Type Instant Camera

Bluetooth機能を搭載し、スマホアプリとカメラを連動させて楽しめるポラロイドカメラ。アプリでは、最長25秒のセルフタイマー、2枚のイメージを重ねてプリントできる「二重露光」、アプリでシャッターを切れる「リモートトリガー」など、7つの機能が用意されています。

また、前面上部に、ピント切替用のスライド式スイッチを搭載しているのもポイント。撮影したい被写体に合わせて、ポートレート用とランドスケープ用のピントを使い分けられます。接写は約30cmまで対応し、小物や植物などの撮影に最適です。

そのほか、オンオフが切り替えられるフラッシュ機能に加え、明暗設定も可能。写真の仕上がりの明るさを好みに合わせて調節できます。

ポラロイド(Polaroid) Polaroid OneStep 2 i‑Type Instant Camera

機能がシンプルで、初心者の方でも使いやすいポラロイドカメラ。充電用のUSBポートを搭載し、パソコンなどに接続して手軽に充電できるのがメリットです。

オンオフを簡単に切り替えられるフラッシュ機能を搭載しているのもポイント。屋内の暗めの場所でも、明るい写真を撮れます。

また、写真の仕上がりを明るめ・暗めに設定できるスライド式スイッチも搭載。日光の下でも、好みに合わせてバランスのよい明るさで撮影することも可能です。別売の専用フィルムを使い分ければ、モノクロ写真などアーティスティックな写真も楽しめます。

そのほか、ボタンを押すだけで、セルフタイマーを設定できるのもポイント。カメラを固定しておけば、集合写真も簡単に撮影できます。フィルム残数を確認できるLEDランプも搭載しており、フィルムの入れ忘れを予防できるのもメリットです。

ポラロイド(Polaroid) Limited Edition Mickey Cam Vintage 600 Camera

ヴィンテージカメラとしても楽しめるポラロイドカメラ。1980〜2000年代に発売された600シリーズのカメラを整備し、現代仕様したモデルです。

人気キャラクター「ミッキーマウス」の生誕90周年を祝したコラボアイテムで、かわいいキャラクターデザインに加え、レトロな色合いも人気があります。

内蔵フラッシュはポップアップする構造で、折りたたんでコンパクトに収納できるのもポイント。フラッシュは、必要に応じてオンオフを切り替えられます。約60cmまで接近して撮影可能。ポートレートはもちろん、小さな被写体もより大きく撮れます。

600フィルムに対応しているほか、フィルムパック自体にバッテリーが内蔵されており、充電や乾電池交換などの手間を省けるのも魅力です。

ポラロイド(Polaroid) Snap POLSP01

撮った写真をシール紙にプリントできるポラロイドカメラです。フレームの有無を選択できるほか、フレームを4分割してプリントする機能も搭載。プリントした写真を手帳や小物などに貼り付けたり、部屋に飾ったりと楽しみ方が広がります。

最大32GBまでのmicroSDカードにも対応し、撮った写真データを保存できます。パソコンへ写真データを移すことも可能。プリントした写真でも、大きな液晶パネルで確認できるのも魅力です。

また、1000万画素の高い解像度で撮影できるのもポイント。カラー・モノクロ・セピアの撮影モードも搭載し、ボタン操作で簡単に切り替えられます。アーティスティックな写真を手軽に楽しみたい方にもおすすめです。

そのほか、10秒のセルフタイマーも搭載。カメラを固定しておけば、集合写真やジャンプの瞬間なども簡単に撮影できます。お出かけや旅行などの大切な思い出を写真に残したい方にも最適です。

ポラロイド社以外のインスタントカメラおすすめモデル

富士フイルム(FUJIFILM) instax mini LiPlay

液晶画面を確認しながら何度でも撮り直しができるチェキ。フィルムを無駄にしたくない方におすすめのモデルです。画像データの送信から排出までは約12秒とスピーディー。フル充電で約100枚のプリントが可能です。

スマホとカメラをBluetooth接続することで、多彩な便利機能を使用できるのもポイント。カメラで録音した音声をQRコードにして写真と一緒にプリントしたり、スマホ内に保存されている写真をカメラに転送してプリントしたりできます。

カメラ本体に、10種類のフレームと6種類のフィルターを標準搭載しているのも魅力。専用アプリを使用すれば、全30種類から好きなフレームを選び、本体横に配置されたショートカットボタンに3種類まで設定できます。

▼【レビュー】チェキが驚きの進化!「instax mini LiPlay」は写真と音を一緒に残せる

富士フイルム(FUJIFILM) instax SQUARE SQ20

約50枚の写真を保存できるストレージを内蔵し、好きな写真を選択してプリントできるインスタントカメラです。背面には便利なモニターを搭載。一般的なデジタルカメラのように確認しながら撮影できるうえ、納得できるまで何度でも撮り直しができます。

気に入った写真はその場で約6.2×6.2cmの正方形フレームにプリント。同じ写真を何枚でもプリントでき、集合写真などを友達全員にプレゼントしたい方にもおすすめです。

豊富な撮影モードも魅力。2〜9分割したフレームに写真をあてはめる「分割撮影」、各デザインフレームにあてはめる「コラージュ撮影」、2枚の写真を重ねる「二重露光」、5秒間の動画からベストな瞬間をプリントする「フレームブラグ」などを搭載しています。

最大4倍のデジタルズーム機能を備えているのもポイント。遠くの被写体をより大きく撮影したい場合に最適です。高機能なモデルをお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。

富士フイルム(FUJIFILM) instax mini 90

クラシックカメラ風のデザインがおしゃれなインスタントカメラです。見た目はクラシックながら、最新の撮影機能やモードを搭載。インテリアとしてはもちろん、こだわりの写真撮影も存分に楽しめます。

また、周辺の明るさや被写体までの距離に合わせて、光量を細かく調節する「高性能フラッシュ」を搭載。屋外・屋内でも露光バランスのよい写真を撮れるのも魅力です。

暗い場所でも背景まで明るく撮れる「パーティーモード」、動く被写体も撮りやすい「キッズモード」に加え、約30cmまで近づける「接写」や風景の撮影に便利な「遠景」モードも搭載。濃淡も調節でき、ハイキー・ローキーな写真も簡単に撮れます。バルブ・二重露光モードを使えば、よりアーティスティックな写真撮影も可能です。

富士フイルム(FUJIFILM) instax mini HELLO KITTY

人気キャラクターのハローキティをモチーフとしたかわいいデザインが人気のインスタントカメラ。ハローキティの絵柄付きフィルムやシール、ショルダーストラップなど限定アイテムを付属しているのもポイントです。値段もお手頃で、子供や友達へのプレゼントとしても人気があります。

適切な明るさ設定をランプでお知らせ。明るさ調節ダイヤルを点灯位置に合わせるだけの簡単操作で、屋内でも屋外でもバランスのよい写真を撮れるのも魅力です。また、「Hi-Key」にダイヤルを合わせると、全体的に明るくおしゃれな写真に仕上がります。

便利なセルフショットミラーを搭載しているのも魅力。約35cmまで近づける接写レンズも搭載し、自撮りはもちろん、小物や花など小さな被写体も大きくきれいに撮影できるのもメリットです。

富士フイルム(FUJIFILM) instax WIDE 300

風景や大人数の集合写真などの撮影に便利なインスタントカメラです。画面サイズが約6.2×9.9cmのinstax WIDEフィルムに対応。フィルムサイズが大きく、大人数でも人物の表情まで見て分かる写真に仕上げられます。

底面にカメラを固定するための三脚穴を搭載しているのもポイント。約40cmまで近づいて接写することも可能で、オブジェクト・花・ペットなどの撮影にも適しています。また、発光量を自動で最適化する「高精度オートフラッシュ」、逆光に強い「ストロボ強制発光」などフラッシュ機能が充実しているのも魅力です。

写真の明るさを調節できる「濃淡コントール」も搭載。屋外でも屋内でも、好みに合わせた写真に仕上げられます。また、フラッシュモード・濃淡コントール機能は、背面の各ボタンで簡単に操作可能。使いやすいおすすめのアイテムです。

富士フイルム(FUJIFILM) instax mini 25

2つのシャッターボタンを搭載し、縦向きも横向きも撮影しやすいインスタントカメラ。複数の友達と一緒に撮る場合は横向き、人物やペットなどを近くで撮影するなら縦向きと、便利に使い分けられます。

セルフショットミラーも搭載し、確認しながら自撮りできるのもメリットです。接写レンズを搭載。約35cmまで接近でき、小さな被写体もより大きくきれいに撮れます。

周囲の明るさに合わせてシャッタースピードを自動調節するフラッシュ機能も搭載。人物はもちろん、背景も明るく撮れるのも魅力です。また、「濃淡コントロール」を使えば、好みに合わせて写真の仕上がりを明るめ・暗めに調節できます。

ライカ(LEICA) ゾフォート

スタイリッシュで高級感のあるデザインが人気のインスタントカメラです。ボタンで切り替えられる多彩な撮影モードを搭載。モードに合わせてカメラが自動で露出時間や絞りを調節し、複雑な設定をしなくてもきれいな写真に仕上げられます。

自動や自撮り、接写、パーティー、スポーツなどのほかに、二重露光や長時間露光モードも搭載。アーティスティックな写真を楽しみたい方にもおすすめです。

接写モードでは約30〜60cmまで接近でき、花やオブジェクト、人物などの撮影にも最適。自撮りに便利な長方形ミラーとセルフタイマーも付いています。

設定したモードに関係なく、「撮影距離設定リング」を使って焦点距離を調節できるのもメリット。3m以上先にある遠くの被写体にピントを合わせたり、集合写真などで人物をより大きく撮ったりしたい場合などにも便利です。

タカラトミー(TAKARA TOMY) Pixtoss TCC-05

撮影後にハンドルを回すことで、フィルムが出てくるアナログ感が魅力的なインスタントトイカメラです。対象年齢は15歳以上。友達との思い出作りや、子供へのプレゼントにも適しています。お手頃価格も嬉しいポイントです。

近距離撮影に特化した設計で、自撮りや人物撮影に最適。広角レンズを採用し、2~3人でも撮影できます。2重露光によるアーティスティックな写真を楽しむことも可能。別売の専用カラーフィルターを取り付ければ、色味が加わり趣のある写真に仕上げられるのも魅力です。

プリントには、富士フイルムが販売するチェキシリーズ「instax mini」用フィルムを使用可能。約6.2×4.6cmの画面サイズにプリントできるほか、白いフレーム部分にメッセージを書いたり、デコレーションしたりすることもできます。友達・家族などにプレゼントしたい方にもおすすめです。

コダック(Kodak) インスタントカメラプリンター C300

撮った写真を約7.6×7.6cmの正方形フレームにプリントできるインスタントカメラプリンターです。Bluetoothにも対応。専用アプリと接続すれば、スマホに保存した写真もプリントできます。

アプリには、フィルター・テンプレート機能も搭載。写真の編集や加工、デコレーションも可能です。オリジナリティーあふれる写真プリントを楽しめます。

専用フォトペーパーとインクリボンを一度に交換できる専用カートリッジに対応。カートリッジの向きの間違えやフィルターの感光を予防できるうえ、誰でも簡単に手を汚すことなくセットできるのも魅力です。

1000万画素の高画質な写真を撮れるのもポイント。自撮りに便利なミラーも付いています。スケッチ・セピア・モノクローム・アクアの4種類のフィルター機能も搭載。撮影時に設定することで、よりアーティスティックな写真を撮影できるのもポイントです。

キヤノン(Canon) インスタントカメラプリンター iNSPiC CV-123

約170gと軽く、約縦12.1×横7.8×高さ2.4cmとコンパクトでどこでも手軽に携帯しやすいインスタントカメラプリンター。撮った写真はその場で専用のZINKフォトペーパーにプリントできます。シール紙なので、アルバムや小物、メッセージカードなどに貼って楽しめるのも魅力です。

撮った写真を何枚でもプリントできる「再プリントボタン」も搭載。お気に入りの集合写真などを、友達・家族全員にプレゼントできます。本体は充電式。フル充電で約25枚の写真プリントが可能です。

レンズ横に搭載されたミラーで確認しながら自撮りできるのもポイント。フラッシュ機能も搭載し、暗い場所でも撮影できます。