撮影したらその場ですぐに写真が現像される「ポラロイドカメラ」。フィルム独特の風合いで撮影ができるほか、データではなくモノとして残せるアナログ感が見直され、人気が再熱しています。

そこで今回は、ポラロイドカメラのおすすめモデルをピックアップ。ポラロイド以外のおすすめインスタントカメラもあわせてご紹介します。デジタル機能を有したハイスペックなモデルも多くあるので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ポラロイドカメラとは?

ポラロイドカメラとは、1937年にアメリカで設立された「ポラロイド社」が製造・販売している「撮影した写真をその場で現像するカメラ」のことを指します。

そのため、富士フイルムなどポラロイド社以外のメーカーから発売されているインスタントカメラは「ポラロイドカメラ」と呼べず、メーカーによっては「チェキ」など、さまざまな名称があります。ポラロイドカメラも含め、大別的にはインスタントカメラに分類されるので、その点は留意しておきましょう。

ポラロイドカメラとチェキの違い

メーカーの違い

By: amazon.co.jp

「ポラロイドカメラ」はポラロイド社から発売されているインスタントカメラのことです。一方、「チェキ」は富士フイルムが発売しているインスタントカメラのことを指します。

フィルムの違い

ポラロイドカメラとチェキの違いはフィルムにもあります。ポラロイドカメラのフィルム規格は10.8×8.8cm、チェキ instax miniのフィルム規格は8.5×5.4cmと、ポラロイドカメラの方がフィルムサイズは大きめです。

フィルムの特性もそれぞれ異なり、ポラロイドカメラではモノクロやカラーのフィルムがあるほか、低感度・高感度のフィルムもあります。一方、チェキは人気有名キャラクターとコラボしたフィルムなど、バラエティに富んだフィルムがラインナップしています。

さらに、1枚あたりのフィルムの単価はポラロイドの方が高く、チェキの方がリーズナブルに手に入るのもポイント。コストを抑えて撮影したい場合はチェキがおすすめです。

また、最近ではスマホで撮影した画像をチェキのフィルムを使って、すぐにプリントできるプリンターも発売されているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

ポラロイドカメラの選び方

デジタル機能に対応していると便利

By: amazon.co.jp

ポラロイドカメラには、デジタル機能を有したタイプもラインナップ。液晶画面が付いているため、撮影した画像をすぐに確認できて便利です。

また、microSDカードに保存してお気に入りの1枚を選んでプリントできたり、プリント前にトリミング加工できたりとモデルによってさまざまな便利機能を備えています。

なお、デジタル機能を有したタイプの場合は「フィルム」ではなく「フォトペーパー」を使ってプリントするモノがほとんどです。

フィルムで選ぶ

フィルムを使って撮影するモデルの場合は、モノクロまたはカラーのどちらで撮影したいかを事前に決めることが重要です。モノクロであれば「モノクロフィルム」カラーであれば「カラーフィルム」を購入してカメラにセットする必要があります。

また、ポラロイドカメラのモデルごとに使用できるフィルムも異なるため、購入前にはフィルムの種類を必ず確認しましょう。

ポラロイドカメラのおすすめモデル

ポラロイド(Polaroid) インスタントカメラ Polaroid Now

初心者にもおすすめのポラロイドカメラです。インスタントカメラとしては珍しくオートフォーカスレンズを搭載。撮影する被写体が人物か風景かでピント位置が自動で切り替わるため、ピンボケを防ぎつつ手軽にインスタント写真が楽しめます。

撮影シーンに応じて光量を自動調節できるフラッシュを内蔵しているのも特徴。薄暗い屋内などでの撮影が手軽に楽しめるので、インスタントカメラを使用したことのない方にもぴったりです。

クラシックなデザインを採用しつつ丸みを帯びたかわいらしいフォルムも魅力。集合写真の撮影などに役立つ10秒間の「セルフタイマー」や、2つの異なったイメージを重ねることで、アートな作品に仕上げられる「二重露光」などの機能も搭載しています。

ポラロイド(Polaroid) インスタントカメラ Polaroid Originals OneStep 2

クラシカルな撮影が手軽に楽しめるポラロイドカメラです。70〜80年代に一世を風靡した名機「OneStep」に現代的な機能を盛り込んでリメイク。デジタル世代に最適化して設計されているので、これからインスタント写真を始めたい方にもおすすめです。

ポラロイドの象徴でもあるOneStepのデザインの大部分を継承しているのも特徴。背面には新たにビューファインダーを搭載しており、日差しの強い野外でも精密な構図作りが可能です。また、光量の調節が可能なフラッシュも内蔵しています。

i-typeフィルムと600フィルムの2種類が使用できるのもポイント。フル充電でフィルム20本分の撮影が可能なバッテリーを搭載しているので、長期旅行のお供としても重宝します。

ポラロイド(Polaroid) インスタントカメラ Polaroid Originals OneStep +

スマホと連携して多彩なインスタント撮影に対応できるポラロイドカメラです。2017年に発売した人気機種「OneStep 2」により現代的な機能をプラス。Bluetooth接続したスマホの専用アプリから設定することで6種類の撮影モードが楽しめます。

リモートシャッター・セルフタイマー・二重露光に加えて、スマホのLEDライトの光跡を利用して描いた文字や絵を写せる「ライトペイント」撮影が可能。また、音に反応してシャッターが切れる「音感シャッター」も搭載しています。

F値・シャッター速度・フラッシュ光量を自分で組み合わせて撮影したい中級者以上の方には「マニュアルモード」もおすすめ。スイッチを人物マークに合わせることで、30cmからの近接ポートレート撮影も可能です。

ポラロイド(Polaroid) デジタルインスタントカメラ Polaroid Snap

デジタルカメラとしても使えるポラロイドカメラです。microSDカードに対応しており、本機で撮影した1000万画素の画像を保存できるのが特徴。パソコンなどへのバックアップも可能なので、インスタント写真を画像データとしても残しておきたい方におすすめです。

写真の印刷にはインクカートリッジ不要で使える、5×7.6cmのZINKフォトペーパーを使用するのもポイント。裏面がシールになっているため、ノートやグッズなどに貼り付けてオリジナルアイテムが気軽に作成できます。

撮影モードはカラー・モノクロ・セピアの3種類から選択できるほか、フチの有無も選べるのも魅力。軽量コンパクトで持ち運びやすいので旅行やお出かけにも重宝します。

ポラロイド社以外のインスタントカメラおすすめモデル

富士フイルム(FUJIFILM) instax mini LiPlay

液晶画面を確認しながら何度でも撮り直しができるチェキ。フィルムを無駄にしたくない方におすすめのモデルです。画像データの送信から排出までは約12秒とスピーディー。フル充電で約100枚のプリントが可能です。

スマホとカメラをBluetooth接続することで、多彩な便利機能を使用できるのもポイント。カメラで録音した音声をQRコードにして写真と一緒にプリントしたり、スマホ内に保存されている写真をカメラに転送してプリントしたりできます。

カメラ本体に、10種類のフレームと6種類のフィルターを標準搭載しているのも魅力。専用アプリを使用すれば、全30種類から好きなフレームを選び、本体横に配置されたショートカットボタンに3種類まで設定できます。

▼【レビュー】チェキが驚きの進化!「instax mini LiPlay」は写真と音を一緒に残せる

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ チェキ instax mini 40

シンプル操作で手軽に使える初心者向けのインスタントカメラです。周囲に合わせて写真の明るさを自動で調節する「明るさオート」機能を搭載。カメラ操作に不慣れな方でもレンズを向けてシャッターボタンを押すだけでインスタント写真が楽しめます。

レンズ先端を手で引き出すと「セルフィーモード」が使用できるのもポイントです。レンズ横のセルフィーミラーで構図の確認もできるので自撮りが簡単。近接距離からのピント合わせも可能になるため、テーブルフォト撮影でも重宝します。

レザー調の質感でクラシックなデザインを採用しているのも魅力。ファッションとも馴染みやすいので、お散歩カメラとしてもおすすめです。電源には単3電池を使用します。

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ チェキ instax mini 90 ネオクラシック

ネオクラシックをコンセプトに開発された大人向けのインスタントカメラです。クラシックカメラのような外観のボディに多彩な撮影機能が充実。スタイリッシュにインスタント撮影を楽しみたい方にもおすすめです。

オートフラッシュを活用して被写体と背景の両方を程よい明るさで撮影できる「パーティーモード」を搭載しているのが特徴。また、風景撮影で重宝する「遠景モード」や、速い動きに強い「キッズモード」、花・料理の近接撮影が可能な「接写モード」も備えています。

シャッターボタンが電源スイッチの側に配置されているので、撮りたいときに素早く扱えるのも魅力。電源には充電式バッテリーを採用しており、本体底面には夜景などのバルブ撮影で三脚に固定する際に役立つ三脚穴が設けられています。

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ チェキ instax mini HELLO KITTY

かわいらしいハローキティとのコラボモデルのインスタントカメラです。子供から大人まで人気のあるキティの顔をモチーフにしたキュートなデザインを採用。簡単操作で気軽にインスタント撮影が楽しめるので、プレゼントとしてもおすすめです。

最短35cmまで近づいてピント合わせできる接写レンズを搭載しているのも特徴。花や小物の撮影はもちろん、レンズ横のセルフショットミラーを活用すれば自撮りも手軽に楽しめます。また、明るさを上げてキティのような美白で写せるのも魅力です。

キティの絵柄をデザインに取り入れた限定アイテムが付属するのもファンには嬉しいポイント。チェキフィルム・シール・ショルダーストラップなどが同梱されています。

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ チェキ instax SQUARE SQ20

モニターを見ながら何度でも撮り直しできるインスタントカメラ。撮影が終わったら好みの画像だけを選んでチェキにプリントできるので、1枚1枚こだわって作品を作りたい方にもおすすめです。

動く被写体の魅力的な瞬間を表現できる機能が充実しているのもポイント。最大15秒の動画から決定的瞬間を切り取れる「フレームグラブ」や、1枚のチェキに時間差で撮影した4コマを分割して載せる「時間差撮影」などが使用できます。

撮影した画像はmicroSDカードに保存できるほか、多彩なフィルター機能を駆使した加工も楽しめる、おすすめのインスタントカメラです。

富士フイルム(FUJIFILM) インスタントカメラ チェキ instax WIDE 300

広い範囲を1枚に収められるワイドタイプのインスタントカメラです。通常のチェキフィルムと比較して2倍の範囲が記録できる「チェキワイドフィルム」に対応。多人数が写せるのでパーティーやイベントなどで集合写真を撮影する場合などにおすすめです。

40cmまで近づける接写レンズを搭載しているため、スナップやテーブルフォトなど集合写真以外の用途にも活用できるのもポイント。遠景モードに切り替えれば、広大な風景もダイナミックに写せます。

距離に応じて発光量を最適化する「高精度オートストロボ」や、逆光での撮影で重宝する「ストロボ強制発光機能」を搭載しているのも魅力。また、底面には集合写真の撮影などで三脚を使用する際に役立つ三脚穴を備えています。

エスキュラ(Escura) インスタントカメラ Escura instant 60’s

ヴィンテージデザインのインスタントカメラです。無駄な機能を全て排除することでコンパクトかつシンプルな仕上がりのデザインを実現。撮影時以外はファッションアイテムやインテリアとしても楽しめます。

フィルムには富士フイルムのチェキを使用しており、フィルム排出の際は側面のノブを手回しして行うのが特徴。撮影からプリントに至るまで電源や充電が不要なので、いつでも気軽にインスタント写真を楽しみたい方におすすめです。

一度撮影したフィルムを排出せずにシャッターボタンを押せば、イメージを複数回重ねる「多重露光」が可能なのもポイント。レトロな雰囲気のインスタントカメラを探している方は、チェックしてみてください。

ミント(MiNT) 二眼レフインスタントカメラ InstantFlex TL70 2.0

本格的な撮影を楽しめる二眼レフタイプのインスタントカメラです。ウェストレベルファインダーを上から覗きながら撮影する二眼レフ構造を採用。被写体のモデルと直接目が合わず、萎縮させずに撮影できるため、ポートレート撮影などにもおすすめです。

絞り値をF5.6〜F22まで4段階で調節できるほか、側面のEV設定レバーでシャッター速度が選べるのも特徴。撮影に適切な露出をサポートする「環境光アシストセンサー」も搭載しているため、精度の高いマニュアル露出撮影が可能です。

48cmまで近づけるので花やスナップの撮影にも活躍。芸術的な表現が可能なバルブ撮影や多重露光撮影も可能です。なお、フィルムには富士フイルムのチェキを使用します。

キヤノン(Canon) インスタントカメラプリンター iNSPiC ZV-123

スマホとも連携できる手のひらサイズのインスタントカメラです。重さ188g、縦12.1×横8×厚さ2.2cmと軽量コンパクトなので持ち運びが簡単。レンズ周辺のミラーとLEDリングライトで自撮りもきれいに撮れるので、お出かけのお供としてもおすすめです。

撮影画像の印刷にはインクカートリッジを必要としないZINKフォトペーパーを使用するのもポイント。裏面がシールになっているため、手帳に写真付きの記録を残したり、お気に入りのスタイルブックを作ったりなど多彩な用途に活用可能です。

同じ画像を複数枚プリントするときに役立つ「再プリントボタン」を搭載しているのも特徴。また、スマホ内の画像も転送して印刷できるほか、専用アプリでコラージュなどの加工も手軽に楽しめます。

コダック(Kodak) インスタントカメラプリンター C300

高画質なスクエアプリントが楽しめるインスタントカメラです。滑らかで丸く持ちやすいボディに1000万画素のデジタルカメラ機能を搭載。撮影画像はあらゆる構図がおしゃれに決まる76×76mmの正方形用紙に印刷できるので、フォトジェニックなインスタント撮影を楽しみたい方におすすめです。

印刷方式にはコダック独自の昇華型熱転写技術「4PASS」が採用されているのも特徴。イエロー・マゼンダ・シアンの3色を用紙に連続で転写し、最後にラミネート加工を施すため、鮮明で美しく耐久性も高い写真プリントに仕上げられます。

スケッチ・アクア・セピア・モノクロームからなる4種類のフィルター機能を搭載しているのも魅力。さらに、専用のスマホアプリを使用することで、スマホ内の写真の加工や印刷も楽しめます。