撮影したらその場ですぐに写真が現像される「ポラロイドカメラ」。フィルム独特の風合いで撮影ができるほか、データではなくモノとして残せるアナログ感が見直され、人気が再熱しています。

なお、ポラロイド社が発表している「ポラロイドカメラ」以外にも富士フイルムの「チェキ」、ライカの「ゾフォート」など、インスタントカメラはさまざまなメーカーがリリースされており、それぞれ特長が異なります。

そこで今回は、まずはポラロイドカメラのおすすめ人気モデルにフォーカス。その後にポラロイド社製以外のおすすめインスタントカメラをご紹介します。デジタル機能を有したハイスペックなモデルもピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ポラロイドカメラとは?

ポラロイドカメラとは、1937年にアメリカで設立した「ポラロイド社」が製造・販売している「撮影した写真をその場で現像するカメラ」のことを指します。

なので、富士フィルムなどポラロイド社以外のメーカーからリリースされているインスタントカメラは「ポラロイドカメラ」とは呼びません。

ポラロイドカメラとチェキの違い

メーカーの違い

By: amazon.co.jp

上述した通り、「ポラロイドカメラ」はポラロイド社からリリースされているインスタントカメラのことです。一方、「チェキ」は富士フィルムがリリースしているインスタントカメラのことを指します。

フィルムの違い

ポラロイドカメラとチェキの違いはフィルムにも違いがあります。ポラロイドカメラのフィルム規格は10.8×8.8cm、チェキ instax miniのフィルム規格は8.5×5.4cmと、ポラロイドカメラの方がフィルムサイズが大きいのが特徴です。

フィルムの特性もそれぞれ違います。ポラロイドカメラではモノクロやカラーのフィルムがあるのはもちろんのこと、低感度・高感度のフィルムも存在。一方、チェキは人気有名キャラクターとコラボしたフィルムなどバラエティに富んだフィルムがラインナップされています。

さらに、1枚あたりのフィルムの単価はポラロイドの方が高く、チェキの方がリーズナブルに手に入るのもポイント。コストを抑えて撮影したいという場合はチェキがおすすめです。

また最近では、スマホで撮影した画像をチェキのフィルムを使ってすぐにプリントできるプリンタもリリースされているので興味のある方はぜひチェックしてみてください。

ポラロイドカメラの選び方

By: amazon.co.jp

デジタル機能に対応していると便利

ポラロイドカメラには、デジタル機能を有したタイプも存在。撮影した画像をすぐに確認できる液晶画面が付いているので、失敗を未然に防げるのでおすすめです。

また、microSDカードに保存してお気に入りの1枚を選んでプリントできたり、プリント前にトリミング加工できるなどモデルによってさまざまな便利機能を備えています。中には動画が撮影できるのモデルもあるのでチェックしてみてください。

なお、デジタル機能を有したタイプの場合は「フィルム」ではなく「フォトペーパー」を使ってプリントするモノがほとんどなので注意しましょう。

フィルムで選ぶ

フィルムを使って撮影するモデルの場合は、モノクロまたはカラーのどちらで撮影したいかを事前に決めることが重要です。モノクロであれば「モノクロフィルム」カラーであれば「カラーフィルム」を購入してカメラにセットする必要があります。

また、ポラロイドカメラのモデルごとに使用できるフィルムも異なるため、購入前にはフィルムの種類を必ず確認しましょう。

ポラロイドカメラのおすすめモデル

ポラロイド(Polaroid) ポラロイド Snap

有効画素数約1000万画素のデジタルカメラ機能が付いたポラロイドカメラです。32GBまでのmicroSDカードにも対応しており、撮影した写真を保存できます。

撮影モードは、カラー、モノクロ、セピア調から選択することが可能。その他にも、フチあり、フチなしを設定できるほか、4枚の連続写真を1枚にプリントできる「フォトブースモード」も搭載しているので表現の幅も広がります。また、写真をその場でプリントアウトできるのはもちろん、写真の裏面をはがすとシールにもなるのもうれしいポイントです。

操作も簡単なので初心者の方も安心。携帯性に優れたコンパクト設計、本体重量も約215gと軽量なので旅行などに持って行く際にも便利な1台です。

ポラロイド(Polaroid) Z2300

プリンタを内蔵したデジタルカメラで、撮影した写真をその場ですぐにプリントできます。本体サイズは約118×34.6×76mmとコンパクトで、重量も約264gとプリンタを内蔵しているとは思えない軽量な設計で持ち運びもラクラク。

性能面も充実しており1000万画素のセンサー、最大6倍まで対応できるデジタルズーム、ハイビジョン画質の動画撮影も可能。セルフタイマー機能も付いており、集合写真を撮影する際にも活躍します。

本体背面には画像を確認できる液晶画面の他、ズームスイッチ、焦点距離設定スイッチなどのボタンを配置し操作性もバッチリ。プリントも簡単にできるので、機械操作が苦手という方も安心です。

ポラロイド(Polaroid) OneStep 2

クラシックなデザインがおしゃれなポラロイドカメラ。40年前に発表された「OneStep」の操作性を向上させて継承したモデルです。

高品質なレンズとパワフルなフラッシュを備え、USB充電式のバッテリーで約60時間の長時間連続使用ができます。小旅行時にもバッテリー切れの心配をしなくてよいのが魅力です。

レンズ焦点距離は106mmピント位置は約60cmとなっており、10秒間のセルフタイマー機能も搭載しているのでセルフィー撮影にもしっかりと対応できます。

ポラロイド(Polaroid) Z340

撮影したその場で、約7.6×10.2cmの写真をプリントできるポラロイドカメラ。フィルムではなく専用のフォトペーパーをセットしてプリントする仕組みです。

撮影モードは「シーン自動認識モード」「夜景モード」「食べ物モード」などのオーソドックスなものから、顔を認識してシャッターが切れる「恋人モード」「ポートレートモード」などの計30種類から選択できるのが特長。カラーモードも、カラー以外にもセピア、ビンテージ風などの6種類から選択できます。

画像はSDカードに保存可能。トリミングしたり放射状のぼかしを入れるなどの加工もでき、ポラロイドフィルムのように用紙に白いフチをつけたりフォトペーパー全体にプリントすることもできます。

ISO感度は最高で6400、シャッタースピードもオート設定で1秒〜1/2000秒まで対応しており自分で細かい設定をした撮影ができるのも魅力です。

ポラロイド社製以外のインスタントカメラおすすめモデル

富士フイルム(FUJIFILM) instax mini 90

高性能なフラッシュ機能を搭載しているのが特長のハイエンドクラスのチェキです。周囲の環境からフラッシュの光量を微細に調整し、最適な露光バランスで撮影が可能。

撮影モードは、被写体と背景を共に明るくできる「パーティーモード」や、動きの早い被写体に対応する「キッズモード」、風景撮影など離れた被写体の撮影に便利な「遠景モード」、さらには「接写モード」も搭載しており、状況に応じて最適な撮影ができます。

また、写真の明るさ調整もできるため自分好みの写真表現を楽しめるのもうれしいポイント。クラシックで高級感のあるデザインに仕上がっているので、ファッション感覚で持てるおすすめのインスタントカメラです。

富士フイルム(FUJIFILM) instax mini70

集合写真をよく撮影する方におすすめの、セルフィーモードを搭載したチェキです。セルフィー時にぴったりの明るさと撮影距離を自動的に設定くれるのでいちいちピントを合わせる必要がありません。また、本体レンズ横に搭載されたミラーを使えば見切れてしまったという失敗も防げます。

背景を明るくする「背景きれいフラッシュ」、美肌に写せる「ハイキーモード」など、セルフィーする際に便利な機能をしっかりと搭載。その他にも風景撮影に最適な「遠景モード」、被写体に近づいて大きく撮影できる「マクロモード」にも対応しています。

本体カラーは、イエロー、ゴールド、レッド、ホワイト、ブラック、ブルーの6種類の豊富なカラーバリエーション。自分好みのモノを選んでみてください。

富士フイルム(FUJIFILM) instax mini 25

「instax mini 25」は本体に2つのシャッターボタンを搭載しており、タテ撮り、ヨコ撮りも自由自在に使いこなせるのが特徴。料理や花を撮影する際に便利な接写レンズも付いています。

その他にも、撮影後の写真の明るさと暗さを調整する「濃淡コントロール」機能は、ボタンひとつで簡単に操作可能。被写体に合わせて自分好みの最適な表現ができます。

本体のデザインは大人気キャラクターのリラックマとコラボしたモデルもあるので、お子さんや女性へのプレゼントにもぴったりです。

富士フイルム(FUJIFILM) instax mini 8+

コロンとしたフォルムがかわいらしいチェキ。撮影環境に合わせた明るさをカメラが自動で感知してくれるので、明るさ調整ダイヤルを回すだけで常に適切な明るさで撮影できます。また、ダイヤルを「ハイキーモード」に設定すると、よりアーティスティックな写真が撮れるのも魅力です。

カラーバリエーションも豊富で、ココア・ミント・ストロベリー・ハニー・バニラの5種類から選択可能。価格も比較的安く、チェキの活用法をまとめた活用BOOKも付属しているので初心者の方にもおすすめです。

富士フイルム(FUJIFILM) instax SQUARE SQ10

本体背面にモニターを搭載しており、撮影した画像をその場で確認できるのが特長のチェキ。撮影、加工、プリントまでこの1台ですべて行えます。

本体内部のメモリーには50枚の写真を保存することができ、microSDカードを使って保存枚数を増やすことも可能です。JPEGデータであれば別のカメラで撮影した写真もチェキの写真として印刷できるのが魅力。

最新のデジタル技術を搭載し、自動露出調整、人物検出、オートフォーカス機能などの調整機能や、わずか10cmの近距離での接写も可能。撮影後、被写体の周辺光量、写真全体の明るさを19段階で調整する加工や写真のトリミング、拡大などお気に入りの写真に仕上げる機能も豊富に搭載している優れモノです。

富士フイルム(FUJIFILM) instax WIDE 300

通常のチェキフィルムが86×54mmなのに対して本製品のフィルムでは86×108mmのモノを採用しているため、幅の広いワイドな写真を撮影することが可能。家族やパーティなど複数人で撮影する際に便利な1台です。

被写体との距離に応じて発光量を自動で調整してくれる高精度のオートフラッシュが搭載されているのはもちろん、「ストロボ強制発光機能」で逆光時の撮影にもキレイに対応できます。

背面には、フィルム残数やモード設定を確認するデジタル表記のLCDモニターを搭載。写真の明るさの調整やフラッシュのON・OFFも簡単に操作できます。

ライカ(Leica) ゾフォート

高級カメラメーカー、ライカがリリースしているスタイリッシュでおしゃれなインスタントカメラ。何十万もするフィルムカメラと比べると、とてもリーズナブルな価格設定なので憧れのライカのカメラを手にしてみたいという方にもおすすめです。

ゾフォートはさまざまな撮影モードを選択することができ、例えば「自動モード」ではフラッシュを極力使わずに自然光を利用したナチュラルな写真が撮れるのが魅力。その他にも「パーティ&人物」「スポーツ&アクション」「接写」「セルフィーモード」「バルブ」「二重露光」などのモードにも対応します。

レンズ部分のリングを回して自分で撮影距離を選ぶこともできるため、撮影時の自由度も高いのがうれしいポイントです。また、フラッシュのON・OFFはもちろん、セルフタイマー機能も搭載。レンズ付近には小さな鏡が付いているので複数人でのセルフィーもばっちりです。

ロモグラフィー(Lomography) Lomo’Instant + 3種のアタッチメントレンズセット付き

魚眼レンズ、ポートレイトレンズ、クローズアップの3つのレンズが付属しており、付け替えることによってさまざまな撮影を楽しめるインスタントカメラです。フラッシュ用のカラーフィルターも付属しているので、幻想的でアーティスティックな写真撮影も楽しめます。

フラッシュを使用して撮影する際は、マニュアルとオートから選択できるのもポイント。マニュアルを選択した場合には、シーンに合わせて自分好みに設定することができ、例えばシャッタースピードをノーマルと長時間露光のバルブ設定に切り替えることも可能です。

インスタントカメラでもレンズを付け替えて多様な表現を楽しみしたいという方にもおすすめです。