普段何気なく使用している「ボールペン」。コンビニや100円ショップでも気軽に購入できるので、自宅に数本保有している方も多いはずです。とはいえ、よくよく製品を見渡してみるとボールペンの種類は豊富で、安価なモノから高級品まで実にさまざまなタイプがラインナップされています。

そこで今回は、なかでもなめらかに書ける水性ボールペンにフォーカス。おすすめのアイテムをご紹介します。油性ボールペンとの違いも解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

水性ボールペンと油性ボールペンの違い

水性ボールペンは顔料をインク素材に採用しており、サラっとなめらかな書き味がメリット。一方で乾きにくく、にじみやすいのが難点です。すらすらと書けるボールペンなので、手帳へのメモや履歴書を書くときにおすすめです。

一方、油性ボールペンのインク素材は染料が多く、書き味は重め。かつてはかすれや引っかかりがありましたが、最近は低摩擦で均一にインクがでるモノが主流です。プラスチックやダンボール、布などにも書き込みやすいのもポイント。耐久性に優れています。

なお、水性ボールペンのなかには「ゲル(ジェル)インク」を採用したボールペンもあります。ゲル(ジェル)インクは顔料がメインで、サラサラとした書き心地で発色がよく、耐水性にも優れているので、にじみにくいのが特徴。水性と油性のいいとこ取りと言えるのがゲル(ジェル)インクボールペンです。

水性ボールペンの選び方

ボール径で選ぶ

By: amazon.co.jp

水性ボールペンは主に0.5mmまたは0.7mmが主流。自宅やオフィスで使用する場合はこれらの太さを選びましょう。

なお、履歴書や手帳などスペースが狭く限られている場合は、0.38mmのやや細字の水性ボールペンを選ぶのもアリ。太すぎて文字が潰れてしまうという問題を避けられるのでおすすめです。

インクの保持形式で選ぶ

By: amazon.co.jp

コスパに優れた「中綿式」

中綿式はその名の通り、インクが染み込んだ綿やスポンジのような素材が芯の先のほうに入っています。インクはこの綿やスポンジから取り込まれてペンの先まで伝わるという構造です。

この中綿式は昔から作られている方法で、安価なボールペンにはこの中綿式が多く見られます。コスパ重視の方は中綿式を購入するのがおすすめです。

中綿式のメリットはペンを上に向けても記入できるところ。しかし、インクがかすれてくることがあり、最後までインクが使用できないのが難点です。

インク残量が分かりやすい「直液式」

直液式は中綿式のように綿やスポンジなどを使用せず、直接芯にインクが入れられています。その構造はとても複雑なため、中綿式と比較すると価格は高いのが特徴です。

直液式のメリットは鮮やかで柔らかい印象の文字を書くことができ、インクの残量もひと目でわかること。デメリットとしては少々インクのなくなるスピードが早いのが懸念点です。

水性ボールペンのメリットとデメリット

水性ボールペンは力を入れずにすらすらと書けるため、長時間書いていても疲れにくいのが最大のメリットです。また、油性ボールペンには表現できない柔らかいイメージも持ち合わせています。

逆に水性ボールペンのデメリットは、にじみやすいほか、薄い紙では裏映りしてしまう可能性があります。ぜひ留意しておきましょう。

水性ボールペンのおすすめモデル

オート 水性ボールペンリバティ CB-10NBL

オート 水性ボールペンリバティ CB-10NBL

本製品のペン先はセラミック製なので滑らかに筆記できるだけでなく、優れた耐久性があります。また、インクが乾燥しにくいカートリッジを採用しており、うっかりフタを開けたままにしてもインクが乾きにくいのが特徴です。

上品な色合いと美しい光沢や、スーツにも馴染むスタイリッシュなデザインも人気。本体が金属製なので適度な重量感があり、文字を書く時にも安定します。さらに、本体軸の太さは、女性や手のひらが小さい方にもしっくりくるスリムなサイズです。

パイロット(PILOT) 水性ボールペン Vコーン LVE-10EF

パイロット(PILOT) 水性ボールペン Vコーン LVE-10EF

本製品で書かれた文字は万年筆のような重厚感があり、発色もとても鮮やかなのが特徴。本体はスッキリとしたデザインで小回りがきき、細かい文字を書くのに最適です。

インクは直液式で、最後までかすれずに滑らかな書き味が継続。素早く筆記しても文字が途切れてしまったり、太さが変わったりする恐れもありません。金額も安価なのでまとめ買いにおすすめです。

パイロット(PILOT) フリクションボールスリム ビズ

パイロット(PILOT) フリクションボールスリム ビズ

書き間違えても専用のラバーでこすれば、摩擦熱で無色にできるのが特徴のフリクションボールシリーズ。高級感があるステンレスボディなのでビジネスシーンにもおすすめのデザインです。

ペン先には0.38mmの小さなボールを採用しており、手帳やメモ帳などへの細かい書き込みが可能。また細身かつ軽量なので持ち運びにも便利です。

ぺんてる 水性ボールペン エナージェル

ぺんてる 水性ボールペン エナージェル

新開発のゲルインキを搭載した、速乾性に優れている水性ボールペン。消しゴムをかけたり指で触れたりしても文字が滲まないため、履歴書などの重要な書類にもおすすめです。

また、素早くペン先を出せるノック式なのでストレスなく文字が書けます。ボール径は0.5mmで、細かい文字も筆記しやすいニードルチップを採用。また、スムーズなインクの吐き出しと発色剤の使用により筆跡も鮮やかです。

ぺんてる 水性ボールペン B100-AD

ぺんてる 水性ボールペン B100-AD

1972年に販売されて以来、長きにわたり世界中で愛されている製品です。人気の秘密は、樹脂製のペン先。書きやすいだけでなく、力を入れたりペン先を斜めに傾けたりするだけで簡単に文字の太さを調節できます。

インクは中綿式なのでペンを上に向けても筆記が可能。走り書きでもきれいに発色するので、メモをさっと取りたい時にもおすすめです。

三菱鉛筆 水性ボールペン ZOOM 505bwA BW-2000LZA

三菱鉛筆 水性ボールペン ZOOM 505bwA BW-2000LZA

水性ボールペンには珍しく万年筆のようなフォルムをしており、重厚さと高級感を感じさせるデザインの製品。普段使いにはもちろん、プレゼント用にもおすすめです。

ボール径は0.5mmで、手紙やメモをとるのに書きやすい太さ。ラバー製のグリップ部分は握りやすいため、ストレスなく快適に筆記できます。

また、直液式を採用しているので細かな指の動きがそのまま文字に反映。普段から水性ボールペンをよく使う方におすすめの製品です。

三菱鉛筆 水性ボールペン UB155.24

三菱鉛筆 水性ボールペン UB155.24

安価ながら、書き味がサラサラと滑らかで筆記中にインクが途切れてしまう心配がない水性ボールペン。水性の顔料インクを使用しており、乾けば耐水性があるため、汗や水滴などがついてしまっても滲まず安心です。ボール径は0.5mmなので細かいところでも文字が潰れずに書き込めます。

ゼブラ(ZEBRA) 水性ボールペン サラサクリップ P-JJB15

ゼブラ(ZEBRA) 水性ボールペン サラサクリップ P-JJB15

インクの排出がとてもスムーズで、残量が少なくなっても線がかすれないのが特徴の水性ボールペン。また、鮮やかな光沢のある滑らかな線が描けるので手紙や履歴書はもちろん、イラスト作成にもおすすめです。

サラサクリップのボール径は、0.3・0.4・0.5・0.7・1.0mmと豊富なラインナップなのも魅力。筆圧が強い方は0.7mm以上を選ぶと、ペン先を潰す心配がありません。本体にはクリップが付属しているため、ファイルや手帳などに挟めば気軽に持ち運べます。

ゼブラ(ZEBRA) ジェルボールペン サラサグランド P-JJS55

ゼブラ(ZEBRA) ジェルボールペン サラサグランド P-JJS55

本製品はゼブラのサラサシリーズですが、ペン軸が真鍮塗装されており、高級感のあるデザインをしています。ビジネスシーンだけでなく、プレゼントにもおすすめです。

ボール径は0.4と0.5mmの2種類で、サラサシリーズの替芯も使用可能。程よい重量感があり、ペン先が安定するので手首に負担をかけずに長時間の筆記ができます。

ゼブラ(ZEBRA) ゲルインクボールペン サラサ ドライ JJS31-SP

ゼブラ(ZEBRA) ゲルインクボールペン サラサ ドライ JJS31-SP

本製品は、ゼブラで人気が高いサラサシリーズのひとつ。従来のサラサの書き心地はそのままに、速乾力を追及しているのが特徴。紙へ浸透しやすい成分がインクに含まれているので、うっかり触っても文字が滲んだり汚れが手についたりしません。

1分以内にはインクがきちんと乾くため、イラストの作成にもおすすめです。イラストの下書きを消すために消しゴムをかけても、線がかすれたり滲んだりしないのが魅力。また、ボール径は0.4・0.5・0.7mmの3種類があるので、好みに合わせた太さを選べます。

クロス(CROSS) ボールペン ジェルボールペン エッジ AT0555-2

クロス(CROSS) ボールペン ジェルボールペン エッジ AT0555-2

CROSSは1846年にアメリカで誕生した高級筆記具の代表的メーカーです。本製品は丸みを帯びたデザインが指にしっかりと馴染み、滑らかな筆記を実現。0.7mmのボール径ですが、好みに合わせて3種類の替芯が使えます。

ペンの中心をスライドすると芯が現れ、ペンの頭をクリックすると芯が収納される革新的なデザイン。キャップの開閉が必要ないので、ストレスなく筆記できます。

モンブラン(MONTBLANC) 水性ボールペン PIX ローラーボール 117654

モンブラン(MONTBLANC) 水性ボールペン PIX ローラーボール 117654

モンブランは1906年にドイツで設立され、素材・デザインに妥協しない姿勢から「筆記具の最高峰」と呼ばれています。普段使いはもちろんですが、大切な方へのプレゼントとしてもおすすめです。

本製品のシリーズ名であるPIXは、余計な装飾がなく飽きのこないシンプルなデザインが特徴。替芯はF(細字)とM(中字)、B(太字)の3種類の太さを選択できます。ただし、一番細いFでも0.7mmほどの太さがあるので、細かいところへの書き込みには不向きなので注意しましょう。

パーカー(PARKER) ソネット ボールペン

パーカー(PARKER) ソネット ボールペン

パーカーはイギリスで1891年に創業された高級文房具メーカーです。長い歴史に基づいた伝統的な製法だけでなく、最新の技術も積極的に取り入れ、数々の名品を産み出しています。

本製品も高級感があるだけでなく、機能性も抜群。しっかりと指に馴染むような程よい太さと重みが特徴です。筆記時には紙に吸いつくように、スムーズにインクを排出します。

替芯はモンブラン同様、F(細字)とM(中字)、B(太字)の3種類ありますが、Fでも0.7mm相当の太さがあるため、細かい書き込みがしたい方は注意してください。価格も高価ですが、大切な方へのプレゼントにもおすすめの水性ボールペンです。

ラミー(LAMY) 水性ボールペン サファリ L319WT

ラミー(LAMY) 水性ボールペン サファリ L319WT

人間工学に基づいて作られたグリップの形が特徴の水性ボールペンです。誰もが正しく握れるようにくぼみがついており、力を入れなくてもスムーズな筆記が可能。さらに、特徴的な大きなワイヤークリップは、分厚い手帳やファイルにもしっかりと挟めます。

ただし、本製品には替芯の太さが0.7mの1種類しかありません。筆圧の強い方では1mmほどの文字の幅になるため、細かい場所への書き込みには不向きですが、書きやすく使い勝手のよいおすすめの製品です。