ボールペンやシャーペンが1本にまとまった「多機能ボールペン」。なかには、USBメモリを搭載したいざという時に便利なモデルもあります。

そこで今回は、おすすめ多機能ボールペンをご紹介。機能の種類や自分に合ったモノを選ぶためのポイントなども分かりやすく解説するのでチェックしてみてください。

多機能ボールペンとは?

By: amazon.co.jp

多機能ボールペンは、複数色のボールペンやシャーペンを1本にまとめた筆記用具です。わざわざ持ち替えなくても複数種類のペンを使えるため、利便性が高いアイテムといえます。また、ペンを何本も持ち歩かずに済むので、ペンケース内を圧迫しないのも魅力です。

多機能ボールペンの種類

多色ボールペン

By: amazon.co.jp

複数色のボールペンが1本にまとめられた多機能ボールペンは、「多色ボールペン」と呼ばれています。定番の黒インクに赤や青、緑などが加わることが多く、黒と赤だけのシンプルなモノや4色入りのモノがよく使われています。

好きな色を自由に選択し、自分好みにカスタマイズできる多色ボールペンも人気です。色分けしてメモを取ったり、重要部分にのみ明るい色で下線を引いたりと、あらゆる用途に使えます。
 

シャーペン付きボールペン

By: amazon.co.jp

1本でシャーペンとボールペンを兼ねる多機能ボールペンも、ビジネスマンにとって使いやすい製品です。シャーペンが付いている多機能ボールペンには基本的に小さな消しゴムも付属しているので、消して書き直したいときに活躍します。

シャーペンと黒ボールペンというシンプルなものから、シャーペンと黒・赤・青・緑の4色ボールペンといったものまで、種類は豊富。ボールペンだけでなくシャーペンを使う機会も多い方は、両方付いた多機能ボールペンを使用してみましょう。

USBメモリ付きボールペン

By: amazon.co.jp

ボールペンにUSBメモリが付いた多機能ボールペンも存在します。ボールペンの上部にUSBメモリが付いており、取り外し可能です。

容量は基本的にそこまで多くないため、大容量のデータを持ち歩くときにはおすすめできません。しかし、別の機器に移動させたいデータを一時的に収納するときなどに活躍します。

タッチペン付きボールペン

By: amazon.co.jp

最近では、スマホやタブレットを操作する時に使うタッチペンを、ボールペンと一体化させた製品も存在します。普段からタッチペンを使用する方におすすめです。

多機能ボールペンを選ぶ際のポイント

ペンの種類や色をチェック

By: amazon.co.jp

複数色のボールペンが付いていたり、タッチペンやUSBメモリが付いていたり、あらゆる機能が搭載されていることが多機能ボールペンの魅力です。しかし、本当に必要な機能のみが付いている製品を選ばなければ、有効に活用できず無駄になってしまいます。

例えば、黒と赤のインクのみを普段からよく使用するのであれば、緑や青など他の色が付いている多機能ボールペンは不要です。また、スマホをタッチペンで操作しない場合はタッチペンが付いていても意味がありません。そのため、本当に使う機能を厳選した多機能ボールペンを選ぶのがおすすめです。

サイズや重さをチェック

機能のみを重視すると意外と見落としてしまうのが、サイズや重さです。多機能ボールペンはたくさんの機能が搭載されると、それだけ太く重たくなってしまいます。ペンが太すぎると握りにくく、重いと携帯には不向きです。

太く重い多機能ボールペンは小さなペンケースに入らなかったり、スーツのポケットを醜く歪めたりしてしまうことも。自身が使いやすく、携帯しやすいサイズや重さの多機能ボールペンを選びましょう。

切り替え方法をチェック

シャーペンや複数色のボールペンが付いている多機能ボールペンの場合、ペンの種類を切り替える方法はいくつかあります。突起したリフィルを下げて使いたい色を出すモノや、本体を回転させて色を選ぶものが一般的です。自分が使いやすい切り替え方法のモノを選んで快適に活用してみてください。

多機能ボールペンのおすすめブランド

三菱鉛筆

By: amazon.co.jp

日本の歴史ある文房具メーカーとして有名な、三菱鉛筆。鉛筆のブランドとして誕生した「uni」は、今や新製品のブランドだけでなく企業を表すコーポレートブランドとしても表記されています。

また、老舗文房具メーカーの実力が際立つ書き心地のよい多機能ボールペンをリリースしているのが特徴。ビジネスマンをターゲットにした製品もリリースしており、仕事に役立つ多機能ボールペンを購入できます。

パイロット(PILOT)

By: amazon.co.jp

2018年に創業100周年を迎えたパイロットは、日本だけでなく世界で愛される筆記用具や文具を取り扱っているのが特徴です。デザインもペンの種類も異なる多機能ボールペンを多数リリースしているため、自分好みのアイテムを選びやすいのが魅力。

カスタマイズ性の高い多機能ボールペンもあり、使いやすさの追求が可能です。ボディに一風変わった素材を採用するなど、遊び心のある製品を取り扱っているのも魅力といえます。

ゼブラ(ZEBRA)

By: amazon.co.jp

1世紀以上もの長い間、ペンの販売を行ってきたゼブラ。長い歴史ゆえに取扱製品はどんどん進化しています。特にボールペンやサインペンは種類が豊富で、自身が求めている製品を見つけやすいのが魅力です。

また、若者向けのポップなものから落ち着いた色合いのシンプルなものまで、幅広い年代に支持されるデザインも特徴。多機能ボールペンのカスタマイズ性も高く、自分好みのアイテムを追求できます。

多機能ボールペンのおすすめモデル

プラチナ万年筆 DOUBLE 3 ACTION 革巻き筆記具発売40周年記念モデル MWBL-5000

ボディに革を巻いた多機能ボールペン。牛ヌメ革は高級感があり、使うほど手に馴染みます。自身で大切に使いたい方はもちろん、お世話になった方へのプレゼントにもおすすめです。

本体には、0.5mmのシャーペンと、0.7mmの黒と赤のボールペンが付いています。回転させることで使いたいペンを簡単に出せるのが特徴。高級感と使いやすさを両立させた多機能ボールペンを探している方におすすめです。

三菱鉛筆 ジェットストリーム 多機能ペン 4&1 MSXE5-1000

黒・赤・青・緑の4色ボールペンとシャーペンが付いた多機能ボールペンです。紙に染み込みやすく乾きやすい「ジェットストリームインク」を採用しているのが特徴。書くスピードが速く、手がインクで汚れやすい方におすすめです。

なめらかな書き心地でくっきりとした線を書けるのもポイント。書き心地のよい多機能ボールペンを探している方にもおすすめです。

三菱鉛筆 ジェットストリーム 多機能ペン 2&1 0.5mm MSXE3-800

黒と赤のボールペンとシャーペンが付いた多機能ボールペン。黒と赤のボールペンを頻繁に使用する方におすすめです。

筆記抵抗が低く、なめらかな書き心地が特徴。さらに、インクの直流や逆流を抑えて漏れ出しを防ぎます。速乾性に優れているため、急いでメモを取るときにも手につきにくいのが魅力。書きやすさを重視した多機能ボールペンを探している方におすすめです。

パイロット(PILOT) 4+1カスタム ヘリテイジ BTHHF2MR

こだわり抜いて作られた万年筆シリーズ・カスタムの多機能ボールペン版として登場した製品。シンプルながら高級感あふれるボディが印象的です。

黒・赤・青・緑のボールペンとシャーペンが付いています。回転式で簡単にペン先を切り替えられ、サッと使えるのが魅力。シンプルでおしゃれな多機能ボールペンを探している方におすすめです。

パイロット(PILOT) ドクターグリップ4+1 油性ボールペン 0.5mm 極細 BKHDF1SEF

黒・赤・青・緑のボールペンとシャーペンが付いた多機能ボールペン。ペンの種類が視覚的にわかりやすいノック式なので、切り替えも簡単にできます。

また、ドクターグリップシリーズは1991年に発売され、疲れにくいペンとして評価されてきました。ペンを使う機会が多く、長時間使っても手が疲れにくい製品を探している方におすすめです。

パイロット(PILOT) ハイテックCコレト 1000 LHKC-1SC

好きな色のレフィルを選んで、自分用のカスタマイズペンを作れる製品。使う色だけを厳選して入れられるのが特徴です。多色ペンにありがちな、1つの色だけ全く使わないという事態を避けられます。

レフィルはボールペンだけでなく、シャーペンや消しゴム、タッチペンなど種類が豊富です。ボタンを押せば本体上部のフタが開き、簡単にレフィルを入れられます。自身に必要なものだけを集めた多機能ボールペンが欲しい方におすすめです。

パイロット(PILOT) ツープラスワンスリム BKH-2SR

黒と赤の0.7mmボールペンと、0.5mmのシャーペンが付いた多機能ボールペン。一般的に使う頻度の高い黒と赤、そしてシャーペンのみなので、コンパクトなサイズに仕上がっています。

ペンケースを圧迫せず、携帯性に優れているのが魅力。また、適度に細い仕様のため、太すぎたり重すぎたりする多機能ボールペンは使いづらいという方におすすめです。

パイロット(PILOT) ツープラスワンレグノメイプル BTHL-5SK-M

黒と赤の0.7mmボールペンと、0.5mmシャーペンを搭載した多機能ボールペン。使う頻度の高いペンのみをまとめた、シンプルな仕様です。

ボディの素材にはカエデを使用し、木の温もりを感じられる個性的なデザインも魅力。ナチュラルなアイテムを好む方へのプレゼントにもおすすめです。

パイロット(PILOT) バーディスイッチ HSBN-50S

0.7mmのボールペンと、0.5mmのシャーペンが付いた多機能ボールペン。キャップを外せばボールペンとして使え、ノックをすればシャーペンとして使えます。細長い仕様なので、ペンケースに収納しても場所をとらないのも魅力です。

ゼブラ(ZEBRA) クリップ-オン マルチ2000 B4SA4

黒・赤・青・緑の4色ボールペンにシャーペンが付いた多機能ボールペン。バインダークリップが付いているので、手帳やボードに引っ掛けて持ち運べます。クリップは金属製のため折れにくく、長持ちするのがポイントです。

ボディの素材には、シンプルながら質感のよいモノを採用しています。洗練された大人のおしゃれさを演出できるのが魅力。携帯性に優れた多機能ボールペンを探している方におすすめです。

ゼブラ(ZEBRA) サラサ2+SB SJ2

黒と赤のボールペンとシャーペンが付いた、多機能ボールペン。可動式のバインダークリップが搭載されているため、厚みのあるモノにも挟めます。携帯性に優れた多機能ボールペンを探している方におすすめです。

なめらかに書けるジェルインクでサラサラと書け、ラバークリップ付きで長時間使用しても疲れにくいのが魅力。書き心地や使いやすさを重視して選びたい方にもおすすめです。

ゼブラ(ZEBRA) サラサセレクト S5A15

好きな色のボールペンを5つ選んでセットできる多機能ボールペン。自分が使いたい色のみを選択してレフィルを交換できるため、カスタマイズ性の高い多機能ボールペンを探している方におすすめです。

レフィルはジェルインクのモノを使用するので、サラサラとなめらかな書き心地。ストレスなく使えるため、ビジネスシーンで使う際にも向いています。

ゼブラ(ZEBRA) クリップ-オン スリム3C B3A5

黒・赤・青の3色が入った多機能ボールペン。多色ボールペンですが、スリムでコンパクトな設計が特徴です。

可動式のバインダークリップが付いているため、手帳やメモ帳に挟んで持ち運ぶときも便利です。携帯性に優れ、スリムで扱いやすい多色ボールペンを探している方におすすめといえます。

キングジム(KingJim) USBケーブル付タッチペン&ボールペン TP20

タッチペンとボールペンが1つになった、多機能ボールペン。メモを取るときのボールペンとしても、スマホやタブレットを操作するときのタッチペンとしても活躍します。普段からスマホなどをタッチペンで操作する方におすすめです。

使い方も簡単で、先端を回すことでボールペンが出てきます。さらに本体にはUSBケーブルが内蔵されており、いざという時のデータ通信や充電時に使えるのが魅力です。

三菱鉛筆 ジェットストリームスタイラス 3色ボールペン SXE3T-1800-05 1P

黒・赤・青3色のボールペンと、タッチペンが合体した多機能ボールペン。本体を回転させることで、使いたい色のボールペンを出せます。ペンの上部にタッチペンを搭載しているので、スマホやタブレットの操作も可能です。

また、ペン先には反応性を高めるために「シルバーコート」を施しており、快適な操作を実現します。デジタルにもアナログにも1本で対応できる、利便性の高い多機能ボールペンを探している方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) USBメモリ付き3色ボールペン PEN-M2G

本体上部にUSBメモリを付けて持ち運べる、多機能ボールペン。黒・赤・青の3色が付いているので、通常の多色ボールペンとしても十分活躍します。

付属のUSBメモリは2GBで、データを移動させる分には十分な容量です。本製品を持っておけば、急にUSBメモリが必要となったときにも活躍します。