油性・水性ボールペンのよい所をあわせ持つ「ゲルインクボールペン」。滑らかな書き心地にもかかわらず、かすれにくくにじまないのが最大の特徴です。1980年代半ばに日本で発明された筆記具で、今では油性・水性ボールペンと同じように豊富なラインナップがそろっています。

そこで今回は、おすすめのゲルインクボールペンを選び方とあわせてご紹介。気になる方はぜひチェックしてみてください。

ゲルインクボールペンとは?

By: amazon.co.jp

ゲルインクボールペンは、軽い力で濃くはっきりとしたにじみにくい文字が書けるのが特徴です。ゲルインク特有の「力を加えることでインクの粘度が変化する」という性質により、リフィル内では粘度の高いゲル状のインクは、ペン先のボールが回転することで低い粘度に変化します。

ボールの隙間から出てきたインクは、紙に付着すると再度ゲル状のインクに戻り、高粘度を維持。水性ボールペンのような書きやすさと、油性ボールペンのようなにじみにくさをあわせ持つ、使い勝手のよいボールペンです。

また、ゲルインクにも水性インクと同様、「染料インク」と「顔料インク」があります。「染料インク」は紙に浸透しやすく、軽い書き味が特徴。耐水性は低いものの、発色がよく色の種類が豊富にあります。一方、「顔料インク」は耐水性・耐光性に優れ、長期保存する書類などにも使用が可能です。なお、ゲルインクボールペンはメーカーによって「ゲルインキ」と呼称している場合もあります。

ゲルインクボールペンの選び方

持ちやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

軽い力でくっきりとした文字が書けるのがゲルインクボールペンの魅力。さらに、長時間の使用でも疲れにくいモノを選ぶために、自分の手の大きさや筆圧、握り方に合っているかをチェックするのがおすすめです。

特に最近は、グリップ部分にはさまざまな工夫が施された製品が豊富にラインナップされています。たとえば、握りやすいよう太めに設計されているモノや、滑りにくいラバー素材を採用しているモノ、指がかけやすいよう一部分が平らな面になっているモノなどがあるので、ぜひチェックしてみてください。

リフィルの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ゲルインクボールペンは比較的リーズナブルな価格で購入できますが、使い捨てのモノだけでなく、リフィルが交換できるタイプもあります。また、好みのインクカラーを選んでセットできる多機能ボールペンも人気です。

リフィル交換が可能なタイプは、お気に入りのボールペンが長く使用でき、経済的なのもメリット。ただし、リフィルの違いは見た目からは判断しにくいので、商品名や品番などを確認し、本体に適したモノを選びましょう。

ボール径の大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ボールペンの芯の太さは、一般的に「ボール径~mm」と表示されています。ボール径の大きさは0.3~1.0mm程度と幅広く、好みや用途に合った大きさが選択可能です。

ボール径0.3mm程度の極細字タイプは、スケジュール帳や付箋など、限られたスペースの書き込みにおすすめ。また、ノートや手紙、履歴書などに適しているのはボール径0.5~0.7mmの細字・中字タイプ。さらに、1.0mm以上の太字タイプは、宛名や色紙、イラストを描くに適しています。

機能性やデザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

ゲルインクボールペンは機能やデザインも充実しているのが魅力です。「多機能ボールペン」と呼ばれる複数色のボールペンが1本にまとまったタイプや、インクのカラーがカスタマイズできるタイプなどのラインナップも豊富。また、持ち運びに便利なバインダークリップ付きのモノなど、用途に合ったアイテムが選べます。

さらに、使い心地に大きく影響するのがペン先の収納方法。バリエーションが豊富な「ノック式」、手頃な価格で購入できる「キャップ式」、軸を回して芯を出す「ツイスト式」などが一般的です。

種類が豊富なゲルインクボールペンですが、迷ってしまったときは、まずは好みのデザインを手にしてみるのもおすすめ。使用するシーンに合ったデザインを選び、毎日使いたくなるようなお気に入りの1本を探してみてください。

ゲルインクボールペンのおすすめ

ぺんてる(Pentel) ハイブリッドEK105

1989年の発売以来、ゲルインクボールペンの代表格として多くの方に愛される「ハイブリッド」。水性ボールペンのような滑らかな書き味と、滑り過ぎない適度な書き心地が特徴です。紙の微細な繊維にひっかからないよう、ペン先のボールを支えるパーツには角がなく、滑らかに加工されています。

また、筆記速度によってインクの出る量が変化し、日本語特有のトメ・ハネ・ハライが表現しやすいペン先構造も魅力。さらに、カチッと音を立てて気持ちよく収まるボールペンのキャップは、1万回の開閉テストをクリアした耐久性の高さも魅力です。

ぺんてる(Pentel) エナージェル フィログラフィ BLN2005A

軸を回して芯を出す「ツイスト式」のゲルインキボールペン。25gと適度な重みがあり、マットな光沢で高級感のあるデザインが魅力です。本製品に搭載されている「エナージェルインク」は速乾性に優れ、紙の内側にインクが素早く浸透します。また、一般的なゲルインキボールペンよりも、ペン先から出るインクの量が多めになるよう設計されており、筆圧の弱い方にもおすすめです。

本体のカラーはブラックのほか、上品な雰囲気のブルーや華やかなレッドなど、全5種類がラインナップ。さらに、ボール径0.3~1.0mmまで5種類の専用替芯が使用可能で、好みや用途に合わせて選択できるのもポイントです。

ゼブラ(ZEBRA) サラサドライ 0.4 B-JJS31

速乾性に優れたインク「ドライジェル」を搭載したゲルインクボールペン。紙に浸透しやすい成分を配合することで、従来モデルよりも乾燥時間を大幅に短縮しています。書いた直後に触れてもかすれにくいため、左利きの方にもおすすめ。また、インクの粘度が低く、その名の通りさらさらとした書き味も魅力です。

本シリーズのボール径は、0.4・0.5・0.7mmの3種類で、太さによって本体のカラーやデザインが異なります。インクの色はいずれも黒・赤・青の3色で、リフィルの使用も可能。また、シンプルなデザインの本体には、持ち運びに便利な大きく開くバインダークリップ付いているのもポイントです。

ゼブラ(ZEBRA) サラサクリップ 0.5 JJ15

鮮やかな発色が特徴のゲルインクボールペン。本シリーズは全51色とバリエーションが豊富なので、好みの色を揃えるのもおすすめです。

ボール径は0.3~1.0mmまでの5種類を用意しており、目的に合わせて選択できます。にじみにくいので、イラストやメッセージカード、色紙用としても最適。書き心地がよく、軽い力でさらさらとペンが進むロングセラーアイテムです。

パイロット(PILOT) フリクションボール3 P-LKFB60EF

消せるボールペンとして不動の人気を誇るフリクションボール。60℃以上の摩擦熱で透明になる「フリクションインキ」も、分類としてはゲルインクのひとつです。黒・赤・青の3色セットで、消すためのラバーは弾力性があるので紙を傷めにくく、高い耐久性も備えています。

また、消せる上に消しカスもでないという利便性だけでなく、滑らかな書き味も魅力。インクはやや薄めですがペン先のすべりがよく、軽いタッチが好みの方におすすめです。ただし、証書類や宛名書きなど、消えてはいけないモノには使用できないので注意が必要。

本製品は商品化に30年近くを費やし、2007年の発売以降、国内外で爆発的なヒットを記録しました。現在までにラインナップは着々と増え続け、さらなる進化が期待できるアイテムです。

パイロット(PILOT) ハイテックC 0.4 LH-20C4

ボール径0.3・0.4・0.5mmの3種類から選べる極細ゲルインクボールペンです。「酵母のような微生物から作られる樹脂」を用いたバイオポリマーインキを採用。ボールの回転により液状になったインクが紙の上で素早く元の粘度に戻ることで、にじみにくくはっきりとした極細の文字が書けます。

さらに、ペン先のボールを3つのくぼみで支える「3点支持方式」は、通常のボールペンに比べ摩擦面積が少ないのが特徴。滑らかにボールが回転することで、書き味のよさが実現しています。また、キャップの先端と本体の下端に、インクと同色のデザインが施されており、豊富なカラーバリエーションをひと目で識別できるのもポイントです。

パイロット(PILOT) ハイテックCコレト1000 4色用 LHKC-1SC

本体とリフィルを自由に組み合わせられる「ハイテックCコレト」の上位モデルです。本製品は別売りのレフィル4色を、本体頭部のフタを開けて上から差し込むようにセットします。フタはボタンを押すだけで開閉でき、片手で簡単に操作できるのがポイント。

全15色のリフィルのほか、シャープペンシルや消しゴム、タッチペンなどを選ぶことができ、ボール径は0.3・0.4・0.5mmが揃っています。にじみにくいバイオポリマーインキを採用し、滑らかな書き味も特徴。優れた機能性やデザイン性に加え、カスタマイズする楽しさが魅力のゲルインクボールペンです。

三菱鉛筆 ユニボール シグノ 307 UMN30705

インクの増粘剤に、植物由来の次世代素材「セルロースナノファイバー」を配合し、世界で初めて実用化したゲルインクボールペン。筆記時にインクの粘度が適切に変化することで、インク溜まりができにくく、美しい曲線が描けるのが魅力です。

ボール径は0.38・0.5・0.7mmが揃っています。インクは定番の赤・黒・青から選択でき、リフィルの使用も可能。長く愛用できるシンプルなデザインは高級感があり、ビジネス用としてもおすすめのアイテムです。

三菱鉛筆 ユニボール シグノ RT1 UMN-155-38

凹凸のないフォルムでシンプルなデザインの極細ゲルインクボールペン。にじみにくく耐水性・耐光性に優れた水性顔料インクを採用し、細い曲線も鮮やかに描けるのが特徴です。また、ペン先のチップには角のない「エッジレスチップ」を採用し、紙との摩擦抵抗を軽減しています。

さらに、グリップラバーの面積が広いので持ちやすく、つなぎ目が目立たないのもポイント。ノック部分と一体化したバインダークリップは十分な大きさで使いやすく、ノックしやすいのも魅力です。インクのカラーは全10色。コストパフォーマンスが高く、機能性を重視する方にもおすすめのアイテムです。

サクラクレパス ボールサインノック 05 GBR155

グリップ部分が太く、スタイリッシュなデザインのゲルインクボールペンです。速記してもかすれにくく、発色のよさが特徴。ボール径は0.4・0.5mmの2種類で、0.4mm用のインクは15色、0.5mm用のインクはさらに、ネオンカラーやパステルカラーなどが揃い、全40色がラインナップされています。普段使いのほか、好みの色でスケジュール帳やメッセージカードなどを鮮やかに彩るのもおすすめです。

サクラクレパス ボールサインNX05 GBR105

グリップのラバーが45mmと長く、長時間の使用でも疲れにくいゲルインクボールペン。書き味が滑らかな水性顔料ゲルインクを使用し、濃くはっきりとした文字が書けるのが特徴です。十分な大きさのバインダークリップは、クリップを浮かせるとペン先が戻る「オートリターンクリップ機構」を採用。内ポケットに入れた際など、衣服がインクで汚れるのを防ぎます。

ボールは優れた耐摩耗性を持つ丈夫なセラミック製。インクのノリがよく、滑らかな書き味が魅力です。インクのカラーは定番の赤・黒・ロイヤルブルーの3色が揃っています。

コクヨ(KOKUYO) エラベルノ ボディ

本体と別売りのインクを組み合わせてカスタマイズするゲルインクボールペン。本体のグリップ部分は、太め・標準・細めの3種類から選択し、本体のカラーはクリヤー・スモークのどちらかを選びます。インクはサラサラとした軽い書き味のゲルインクと、低粘度の油性インクから選択が可能です。

グリップは一部分が平らになった「Dグリップ」を採用し、面の部分を握り方に合わせて配置することで、安定した使い心地を実現。また、軸の中心には小さな穴があり、リフィルに印刷された内容表示が確認できます。シャープなデザインも魅力で、ビジネスシーンにおすすめのアイテムです。