ペンのなかでも水や摩擦に強く、文字がにじみにくい「油性ボールペン」。重要な書類に署名するときからちょっとしたメモを取るときまで、幅広く使えるのが特徴です。ただ、文房具メーカーから多数のアイテムが販売されているため、いいモノを見分けるのはなかなか難しいもの。

そこで今回は、おすすめ油性ボールペンをご紹介します。購入する際のチェックポイントも解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

油性ボールペンの選び方

用途に応じたボール径を選ぶ

手帳など細かな文字が書きやすい「極細字用」

By: amazon.co.jp

狭い幅に文字を書く場合、極細字用の油性ボールペンがおすすめです。手帳やカレンダー、付箋などは文字を書くスペースが限られています。狭いスペースでも必要な文字量を確保するためには、0.3mm程度の極細字を選びましょう。

ノートや履歴書などで便利な「細字用」

By: amazon.co.jp

ノートなどに書き込む際は文字を詰めて書くことが多いので、ある程度細いボール径の油性ボールペンを使うのがおすすめ。なかでも0.5mm程度の細字用が最適です。

なお、人に読ませる文章を執筆する際にはやや細く、見方によってはやや弱々しい印象を与えてしまうこともあります。特に履歴書などで使用する場合は自信のない字に見られないよう、やや太めの油性ボールペンを選ぶのもおすすめです。

手紙など大きめの字を書くときは「中字用」

By: amazon.co.jp

中字用の油性ボールペンは、手紙などに大きめの字を書くときにおすすめ。0.7mm程度の太さがあれば、はっきりと見やすい文字が書けます。0.7mm程度の太さは細すぎず太すぎない適度なボール径で、なめらかな書き心地の油性ボールペンが多いのも特徴です。

宛名書きなど太めの文字なら「太字用」

By: amazon.co.jp

封筒や葉書に宛名を書くときには細いペンよりも太いペンのほうがおすすめ。くっきりと濃く太い文字を書きたい場合は、1.0mm前後の太字用油性ボールペンを選びましょう。

特に住所や氏名ははっきりと見えるように書くのがポイント。なかには太さが2.0mm以上ある油性ボールペンもあるので、1.0mm前後で物足りなさを感じる方はぜひ試してみてください。

ペン先の収納方法で選ぶ

片手で簡単にペン先を出し入れできる「ノック式」

By: amazon.co.jp

「ノック式」は、ペンの上部をノックすることでペン先を出し入れできるタイプ。簡単にペン先が出せるので、使用頻度の高い方は特に重宝します。

一方、ノック式はペンの上部を意図せず押してしまったときにもペン先が露出してしまいます。そのため、スーツの胸ポケットに入れておくと、インクで汚れてしまうことがあるので、その点は留意しておきましょう。

胸ポケットにも安心して入れられる「キャップ式」

By: amazon.co.jp

「キャップ式」の油性ボールペンは、簡単にキャップが外れないため、胸ポケットやペンケース、バッグに入れても汚れにくいのが特徴。ペン先を確実に保護できるのが魅力です。

セパレートする手間はありますが、ペン先が空気に触れないので、インクに関するトラブルが少ないのがポイントです。

音をほとんど立てずにペン先を収納できる「ツイスト式」

By: amazon.co.jp

静かに使えることを重視するのであれば、ツイスト式の油性ボールペンがおすすめです。ペンの回転させることで、ペン先を出したり収納したりできます。片手で操作するのは難しいですが、ノック式と違い音が出ず、キャップ式ほどの手間もないので、比較的シーンを選ばず使用することが可能です。

なめらかに書きたい方は「低粘度インキ」がおすすめ

By: amazon.co.jp

油性ボールペンはインクに耐水性もあり、文字がにじみにくいというメリットがあります。かつての油性ボールペンは粘度が高く、モノによってはインクの出方にムラがあったり、文字がかすれたりすることがありました。最近は低粘度タイプが増えており、なめらかな書き心地で筆記できます。

長時間書く場合はグリップの「太さ」や「素材」をチェック

By: amazon.co.jp

使用頻度が高い方は、太さや素材にこだわって油性ボールペンを選ぶのがおすすめ。長時間ペンを使い続けると手に負担がかかりますが、グリップが太ければ握り続けても疲れにくく、使い勝手は良好です。

また、シリコンやゴムなどの素材によって負担を軽減したり、圧力を分散する構造をグリップに採用したりしている油性ボールペンもあるので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

油性ボールペンのおすすめモデル

三菱鉛筆 ジェットストリーム 3色ボールペン 0.38mm SXE3-400-38

なめらかな書き心地が魅力の油性ボールペン。摩擦の少ないインクを採用しているため、筆記中の抵抗が少なく、サラサラと書けるのが特徴です。0.38mmの超極細のボール径を採用しているのもポイント。油性の特徴であるくっきりと濃い発色はそのままに、書きやすさを重視したボールペンです。

本製品は黒・赤・青の3色入り。速乾性にも優れているため、急いでメモを取るときにも活躍します。ノートの板書や仕事のメモ取りなど、あらゆる用途に活用できるおすすめの1本です。

三菱鉛筆 ジェットストリーム 多機能ペン 2&1 0.5mm MSXE3-800

多機能な油性ボールペン。黒・赤のボールペンに加え、シャープペンも付いているのが特徴です。何本もペンを持ち歩かなくても、これ1本に集約しているので、あらゆる用途で使えます。

ボール径は細字の0.5mm。簡単にペンの種類を切り替えられるノック式を採用しているので、ストレスなく使い続けられます。

三菱鉛筆 パワータンク 0.7mm SN-200PT-07

空気によってインクを押し出す、加圧式の油性ボールペン。通常のボールペンでは難しい上向きでの使用や、濡れた紙への筆記にも対応できるのが特徴です。

壁掛けタイプのカレンダーに予定を記入するときや、雨の中外で仕事をするときにも活躍。ボールペンにありがちな「インクが残っているのに途中で使えなくなる」という事態も避けられます。シーンを問わず使用できる油性ボールペンを探している方におすすめです。

三菱鉛筆 ジェットストリーム プライム ノック式シングル 0.7mm SXN-2200-07

三菱鉛筆 ジェットストリーム プライム ノック式シングル 0.7mm SXN-2200-07

使用回数の多い黒インクのみの油性ボールペン。ノック式を採用し、片手でも手軽に操作可能です。控えめなノック音なので、会議中や商談中も周りに不快感を与えることなく使えます。

先軸は真鍮、後軸はステンレスでできているため、ほどよい重量感が特徴。重さがあるので筆記が安定し、サラサラと書けるのが魅力です。シンプルで無駄のないデザインは、ビジネスシーンでの使用に向いています。

三菱鉛筆 ピュアモルト ナチュラル 0.7mm SS-1025

温かみのあるデザインが印象的な油性ボールペン。ウイスキー造りに使われた樽を解体したあと、加工を施してボールペンに作り変えたという独創的な製品です。

ボール径は中字の0.7mm。濃くくっきりと書けるのも魅力です。見た目はもちろん、書き心地も良好な油性ボールペンを探している方におすすめです。

三菱鉛筆 ユニ アルファゲル やわらかめ癒し系タイプ 0.7mm SD-617GG 1P

三菱鉛筆 ユニ アルファゲル やわらかめ癒し系タイプ 0.7mm SD-617GG 1P

やわらかく、ほどよい弾力のあるグリップを採用した油性ボールペン。衝撃を吸収するゲルがグリップに使われています。フィット感が高く、握り続けても手に負担をかけにくいのが特徴です。

さらに、太めのグリップが力を分散するため、筆圧が強い方でも快適に使用できます。長時間使用しても疲れにくいペンを探している方におすすめです。

パイロット(PILOT) デスクボールペン 0.7mm BDN-50-B

インクが漏れにくく、持ち運びやすいキャップ式の油性ボールペンです。ボール径は0.7mmの中字タイプ。書き心地がよく、なめらかに筆記できます。

シンプルでスリムなデザインも魅力。ペンスタンドなどに差せば、インテリアとしても映えるアイテムです。

パイロット(PILOT) アクロボール 150(細字) 0.7mm BAB-15F-BB

0.7mmの中字で、あらゆる用途に使える油性ボールペン。同社の従来品よりもインキ粘度を約5分の1に抑えているため、書き心地がよいのが特徴です。

握りやすいラバーをグリップに採用しているので、急いでペンを走らせるときも使いやすいのがポイント。価格も安く、まとめ買いにも適しています。

パイロット(PILOT) ドクターグリップ フルブラック 0.7mm BDGFB-80F-S

パイロット(PILOT) ドクターグリップ フルブラック 0.7mm BDGFB-80F-S

手の疲れや肩こりなど長時間使用に配慮した油性ボールペンです。人間工学に基づき、無理なく握れるグリップを採用しているのが特徴。内側よりも外側を硬くした二重構造によって、柔らかさがありながらも、しっかりと握れるのがポイントです。

クリップは金属製。低粘度の油性インキを採用しているので、文字は濃く、なめらかな書き心地です。使い勝手のよいボールペンを探している方はぜひチェックしておきましょう。

パイロット(PILOT) ドクターグリップ4+1 油性ボールペン 0.7mm 細字 BKHDF1SFN-L

多機能の油性ボールペン。黒・赤・青・緑の4色に加え、シャープペンシルが付属しています。5つの機能を持っているので、本製品1本であらゆる用途に対応可能。利便性の高いボールペンを探している方におすすめです。

クリップやペン先はメタル製で、シンプルなデザインと相まって落ち着いた大人を演出します。クリップが頑丈なため、胸ポケットに入れて携帯するのもおすすめです。

パイロット(PILOT) アクロドライブ 細字 0.7mm BDR-3SR-DL

粘度の低いインクを採用した油性ボールペン。くっきりと濃い発色ながら、軽くサラサラと書けるのが魅力です。素早くメモしたいときにも、ムラなく書けます。適度な重みがあるため、安定してペンを走らせることが可能です。

ボディを回転させることでペン先を出す、ツイスト式を採用。ポケットやバッグに入れているときにペン先が露出せず、汚れを防ぎます。高級感のある見た目で、ビジネスシーンにもおすすめです。

パイロット(PILOT) カスタムURUSHI 油性ボールペン 中字 1.0mm BKV-45SR-B

ボディに蝋色漆仕上げを施した高級感あふれる油性ボールペン。文房具でありながらも伝統工芸品ともいえる珠玉の1本です。

回転させてペン先を出したり収納したりするツイスト式を採用した1.0mmの太字タイプ。重要な書類に署名するときなど、大切なシーンで使いたいアイテムです。

トンボ鉛筆 油性ボールペン ZOOM L105 0.5mm BC-ZLC04

シンプルで無機質な装いの油性ボールペン。ボディに真鍮を採用しているため、適度な重みによって安定した筆記ができるのが特徴です。

低粘度のインクを採用しており、書き心地はなめらか。また、ボール径は細字の0.5mmで、狭いスペースに難なく書けるのもポイントです。

トンボ鉛筆 多機能ペン モノグラフマルチ 0.5mm CPA-161C

多機能な油性ボールペン。黒、赤のボールペンとシャープペンのほか、MONOの消しゴムも搭載しているのが特徴です。

低粘度のインクである「エアータッチインク」を採用しているのもポイントで、はっきりとした発色ながらも書き心地はなめらか。利便性と快適性を兼ね備えたおすすめのボールペンです。

トンボ鉛筆 油性ボールペン ZOOM 505 0.7mm BC-2000CZ

極太のグリップが特徴の油性ボールペン。ペンにかかる圧力を分散するため、筆圧が強い方も使いやすいモデルです。ボディには丈夫で軽いアルミニウムを採用しているので、太くても軽やかに動かせるのも魅力。インクが漏れにくいキャップ式で、持ち運びにも便利です。

キャップをペン上部に装着しても重心は低く保たれるため、安定した筆記が可能。握りやすいラバーグリップを採用し、書き続けても疲れにくいのもポイントです。

トンボ鉛筆 加圧式油性ボールペン エアプレス BC-AP12

ペンをノックするたびに空気を圧縮し、インクを押し出す「加圧式」の油性ボールペン。素早くメモしたいときはもちろん、ペン先を上に向けて筆記するときも、スムーズにインクが出るのが特徴です。

滑りにくいラバーを採用しているのもポイント。また、しなやかで強力なクリップを搭載しているので、胸ポケットやカバンへの収納も便利です。

ゼブラ(ZEBRA) フィラーレ エマルジョンボールペン 0.7mm P-BA68

普段使っているモノよりワンランク上のペンを使ってみたい方におすすめの1本。軸とクリップに金属を採用することで、高級感を醸し出しています。

ボール径は0.7mmの中字タイプ。油性と水性のメリットを兼ね備えた「エマルジョンインク」を採用し、耐水性と快適性を両立させています。見た目はもちろん、機能性にもこだわりたい方はぜひ試してみてください。

ゼブラ(ZEBRA) フォルティア300 油性ボールペン 0.7mm BA80

シンプルながらおしゃれな大人を演出する油性ボールペン。ボディ上部には真鍮を採用し、高級感を出しています。スリムに設計された細めのボディも特徴で、ポケットに入れてもかさばらず、手帳に収納する際もスマート。携帯性に優れているため、外回りや出張の際に持ち運べるペンを探している方におすすめです。

また、コスパがよいのも嬉しいポイント。お手頃価格で気軽に買えるペンが欲しいけど、デザインにもこだわりたいという方におすすめです。

ゼブラ(ZEBRA) エアーフィット 油性ボールペン 0.7mm BA9

握りやすさを重視した油性ボールペンを探している方におすすめの1本。シリコン素材のグリップ内にエアーが入っているため、フィット感に優れています。触り心地がよく、長時間握っても疲れにくいのが特徴です。

ペンの上部にはクリップが付いているので、スーツの胸ポケットやカバンの内ポケットに入れて携帯が可能。仕事でペンを頻繁に使う方は要チェックです。

ゼブラ(ZEBRA) スラリ エマルジョンボールペン 1.0mm BNB11

なめらかな書き心地が特徴の油性ボールペン。油性のインクにジェルインクを加えた「エマルジョンインク」を搭載しているのが特徴で、耐水性があるのもポイントです。

ボール径は1.0mmの太字タイプ。家庭でも仕事でも使いやすい1本なので、ボールペンはどれも同じだと思っている方はぜひ試してみてください。

パーカー(PARKER) ボールペン IM ブラックGT 19 75638

英国王室御用達のハイブランド筆記用具メーカー「パーカー」の油性ボールペン。シンプルながら洗練されたデザインに仕上がった1本です。

適度な重量があり、安定した筆記ができます。ボール径は0.8mmの中字タイプで、大きめの文字をはっきりと書けるのもポイントです。

ラミー(LAMY) LAMY 2000 油性ボールペン L201

ドイツを代表する筆記用具ブランドとして知られている「ラミー」。本製品はその原点ともいえる「2000」シリーズです。

ボディに区切りがなく、中央のなめらかな膨らみとヘアライン処理による表面のマット感が特徴。おしゃれなデザインとなめらかな書き心地を両立させたおすすめの油性ボールペンです。

ウォーターマン(WATERMAN) エキスパート エッセンシャル ブラックGTボールペン

ウォーターマン(WATERMAN) エキスパート エッセンシャル ブラックGTボールペン

1883年に初めて毛細管現象を利用した万年筆を作ったメーカーとして、古くから筆記用具ブランドの地位を確立している「ウォーターマン」。「エキスパート」シリーズは、葉巻のような丸みのあるシルエットで太めに作られています。

長時間の筆記でも疲れにくいのが魅力で、ペン先に重心があるため、筆記時にブレが出にくいところがポイント。なめらかな使い心地はもちろんのこと、丸いフォルムでもスタイリッシュに見えるデザインや、23金ゴールドプレート仕上げのクリップが洗練した印象を与える油性ボールペンです。

セーラー万年筆 プロフェッショナルギアΣ(シグマ)ボールペン 16-1018-620

セーラー万年筆 プロフェッショナルギアΣ(シグマ)ボールペン 16-1018-620

広島県で国内初の万年筆製造を始めた「セーラー万年筆」。時代の移り変わりに合わせて、生活文化にマッチした製品を多数世に送り出しています。なかでも本製品は、2003年の発売からシリーズ累計約85000本を出荷した人気製品です。

なめらかな書き心地で疲れにくいため、ビジネスの重要な場面だけでなく、プライベートで筆を取る機会が多い方にもおすすめ。シルバーで統一されたペン先やクリップが、ブラックのボディに映え、上質な印象をもたらします。ラグジュアリーかつシックなデザインで、年齢や性別を問わず使いやすいボールペンです。

クロス(CROSS) クラシックセンチュリー クラシックブラック ボールペン N2502

クロス(CROSS) クラシックセンチュリー クラシックブラック ボールペン N2502

1846年に創業した米国発の老舗ブランド「クロス」。「クラシックセンチュリー」シリーズは、創業100周年を記念して作られており、今では同社を代表する製品になっています。

なかでも本製品は、クラシックセンチュリーの細身のモデルからひと回り太く作られているので、細身のボールペンが苦手な方でも握りやすいのが特徴。重厚感あるボディに組み込まれたシングルリングやクリップ部分は、23金ゴールドプレートを採用しており、エレガントな印象もプラスしています。

モンブラン(MONTBLANC) マイスターシュテュック プラチナライン クラシックボールペン 02866

モンブラン(MONTBLANC) マイスターシュテュック プラチナライン クラシックボールペン 02866

世界中にファンが多い、スイス生まれの筆記用具ブランド「モンブラン」。「マイスターシュテュック」は、1924年誕生と深い歴史のあるモデルで、代表傑作ともいわれています。なめらかな書き心地でスムーズに書けるのが魅力で、引っ掛かりや重さを感じにくいのが特徴です。

手作業で丁寧に作り上げられたブラックのボディが、しなやかな印象を与えるほか、プラチナ仕上げのクリップも上品。契約書へのサインや取引先との商談時など、重要な場で使用するために持っておきたいおすすめの1本です。