筆記具として知名度が高く、さまざまな文具メーカーから発売されている「ボールペン」。ブランドやシリーズによってペンの形状やインクの種類、機能性など特徴に違いがあり、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ボールペンのおすすめモデルをご紹介。書きやすいモデルと多色モデル、高級モデルに分けてピックアップしているので、用途や予算などに合わせて好みの1本を探してみてください。

ボールペンの選び方

タイプで選ぶ

ノック式

By: amazon.co.jp

ノック式はペンの上部にあるノック棒を押すことでペン先を本体から出せるのが特徴。片手で素早く書く準備を整えられるので、手軽に使えます。電話応対時のメモなど、サッと取り出して使いたいときに便利です。

インクには、キャップ式のボールペンよりも揮発しにくいインクを採用。ペン先でインクが乾燥し、固まってしまうリスクも軽減できます。比較的安価なモデルで多く採用されている主流のタイプです。

回転式

By: amazon.co.jp

ツイスト式はボールペンの軸を回転させてペン先を出し入れできるのが特徴。片手での操作は難しいものの、ペン先を出すために音が生じないため、静かな場所やビジネスシーンにおすすめです。

高級ブランドのボールペンにも数多く採用されており、高級感のあるデザインのモノが多いのも魅力。多色ボールペンや多機能ボールペンも展開されているため、高級感を保ちつつ、機能性にもこだわりたい場合に便利です。

キャップ式

By: amazon.co.jp

キャップ式はペン先に専用のキャップを被せて保管するのが特徴。ペン先が乾きにくいだけでなく、ペン先が誤って露出してインクで荷物や衣類を汚してしまうリスクも軽減できます。

安価なモデルから高級モデルまで多くの製品から選べるのも魅力。キャップを外したまま直接ペン挿しに入れておけば、サッと取り出して使えます。また、高級ボールペンならばビジネスシーンでの使用にもおすすめです。

ただし、取り外したキャップの扱いには注意が必要。失くしてしまった場合にはペン先を保護できずボールペンの寿命を縮める可能性もあるため、キャップを着脱した際の管理が難しい場合には別のタイプを選ぶようにしましょう。

ペン先の太さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ボールペンはペン先の太さによって書ける線の幅が異なるため、用途や好みに合わせて適切な太さを選ぶことが重要。ペン先の太さは先端に埋め込まれたボールの大きさで表記されています。

ボール径は0.5mmや0.7mmの太さが主流。ノートや書類に書き込む際など、一般的な用途に適しています。手帳などの細かい部分に書き込む場合や細い字が好みの場合には0.4mm以下、大きな文字を書くことが多い場合には1.0mm程度の太さがおすすめです。

インクの種類と特徴

乾きが早い「油性インク」

By: amazon.co.jp

油性インクは乾きが早く、裏写りしにくいのが特徴。筆跡もにじみにくく、実用性が高いため、事務用や手帳用などに適しています。また、耐水性と耐光性も備え、水濡れなどにも対応できるので、重要書類や郵便物の伝票などの筆記にも便利です。

ボールを押し付けて書く仕様なので、強い筆圧としっかりとした筆記感が必要な複写伝票などにもおすすめ。インクの消費量が少ないため筆記距離が長く、コスパにも優れています。ただし、粘度が高いので書き味がやや重く、書き出しがかすれやすい点には注意が必要です。

軽い力で書ける「水性インク」

By: amazon.co.jp

水性インクは粘度が低く、水のようにさらさらとしているのが特徴。書き味がなめらかで、軽い筆圧で書けるので、長時間使い続けたい場合におすすめです。インクが紙に浸透する仕様で、ほかのインクに比べてにじみやすいものの、書き出しもかすれにくく快適に使えます。

発色がよいのも魅力。カラーインクを用いて鮮やかな色表現を楽しんだり、勉強時のノートの色分けをしたりとさまざまなシーンで活躍します。ただし、ペン先が乾きやすかったり、水に濡れた際ににじんでしまったりする場合があるため、注意が必要です。

油性と水性の特徴を備えた「ゲルインク」

By: mpuni.co.jp

ゲルインクは水性インクにゲル化剤を混ぜて作られているのが特徴。水性インク特有のなめらかな書き味を保ちながら、油性インクのような速乾性と耐水性を期待できます。

通常時には中粘度ですが、筆記時に力を込めると低粘度になる仕様が魅力。軽い筆圧でもなめらかでにじみにくい筆記が可能です。色展開も豊富でさまざまな用途に使用できますが、比較的インクの減りが早く、筆記距離が短い点には注意が必要です。

滑りにくいグリップの素材・太さで選ぶ

By: amazon.co.jp

長時間筆記を行う場合には、グリップの素材やペン軸の太さが重要。グリップは滑りにくい「シリコン」や「エラストマー」を採用したモノが便利です。素材自体に無数の気泡が含まれているため、握った際に適度な弾力があり、グリップ感にも優れています。

軸の太さは筆圧に応じて選ぶのがおすすめ。筆圧の強い方は太軸、筆圧が弱い方は細軸のモノが適しています。軸の太いボールペンは握り込んでも力が入りにくいため、無駄な力を入れずに筆記が可能。一方、軸の細いボールペンは力をこめやすいので、弱い力でもスムーズに筆記できます。

ただし、グリップや軸の太さは使いやすさにも影響する部分なので、自分の好みもあわせて適切なモノを探してみてください。

単色か多色かで選ぶ

By: amazon.co.jp

ボールペンは単色のモノと多色のモノが展開されているので、好みや用途に応じて選びましょう。単色ボールペンはしっかりとした筆記感が特徴。ペン先がまっすぐに出るため、軸の中心がブレにくく、ペンをある程度寝かせた状態でも筆記ができます。

一方、多色のボールペンは1本で複数の色を使い分けられるのが魅力。複数のペンを持ち歩くのに比べてかさばりにくく、簡単に色の使い分けができるため、学習用やマルチタスクの管理に適しています。それぞれのメリットを考慮して使い分けるのもおすすめです。

プレゼントには高級ブランドのボールペンもおすすめ

By: amazon.co.jp

実用性に優れたボールペンは贈り物としてもおすすめ。特に、高級ブランドのボールペンは筆記感やデザインにこだわった製品も多いため、年齢や性別を問わずさまざまな人へのプレゼントに適しています。

インクが切れた際も芯を替えれば使えるので、長く愛用できるのが魅力。ビジネスからプライベートまでさまざまなシーンに適応できるアイテムが展開されているので、贈る相手に合わせて選んでみてください。

ボールペンのおすすめブランド

ぺんてる

By: amazon.co.jp

ぺんてるは1946年創立の大手文具メーカー。画材や筆記用具などの文具事務用品の製造販売を中心としながらも、電子機器や産業用ロボット、化成品関連製品などの製造販売も行っています。

ボールペンの分野では、さまざまなシリーズを展開。色や先っぽの技術にこだわり、書きやすく使いやすい製品を製造しています。静音設計で場所を問わず使えるモノや、カスタマイズペンなども展開。機能性に優れたボールペンを探している方におすすめです。

パイロット(PILOT)

By: amazon.co.jp

パイロットは筆記具などのステイショナリー用品の製造・販売を中心に行う日本のメーカーです。「書く」という文化に重きを置いており、さまざまな角度から筆記を支える製品開発に取り組んでいます。

ボールペンにおいては、書き味と機能性を兼ね備えた製品を多数展開。摩耗に強く耐久性のあるステンレスチップをペン先に採用しており、最後までスムーズな筆記が可能です。斬新な発想により、画期的な新製品を多く打ち出しています。

モンブラン(MONTBLANC)

By: amazon.co.jp

モンブランは1906年から長く愛されている老舗の高級ブランド。筆記具をはじめ、革製品や時計、アクセサリーなどのさまざまな製品を製造しています。伝統的なクラフツマンシップと現代の製造技術を組み合わせ、職人の手により作られているのが特徴です。

ボールペンにおいては、古くから続く伝統的なデザインを採用。各部品の質や組みあがったペンの書き心地にもこだわって製造されています。高品質でおしゃれな高級ポールペンが欲しい方におすすめです。

ゼブラ(ZEBRA)

By: amazon.co.jp

ゼブラは1897年から続く日本の文具メーカー。ボールペンやシャープペンシル、マーカーペンなどの筆記具を中心に製造しています。

ボールペンにおいては油性・エマルジョン・ジェル・多色・多機能などさまざまな製品を発売しているのが魅力。国内シェアも高く、多くのユーザーに愛されています。

また、SNSや公式サイトではボールペンを活用した手書きにまつわるコンテンツも多数発信。書きやすく、筆記以外の用途にも活用しやすいボールペンを探している方におすすめです。

書きやすいボールペンのおすすめ

ぺんてる エナージェル BLN75

独自の水性インク「エナージェルインキ」を採用した書きやすいボールペン。軽くなめらかな書き心地が特徴です。また、インクの速乾性が高いのも魅力。書いた文字をこすってしまっても汚れにくいため、左利きの方にも適しています。

濃く鮮やかな筆跡もポイント。インクの発色がよく、クリアで鮮明に筆記を行えます。太さは5種類から選択が可能。ノック式で素早くペン先を出して書けるため、さまざまなシーンで活用できるおすすめの製品です。

パイロット(PILOT) ドクターグリップ Gスペック BDGN-60EF

人間工学に基づいて作られた、疲れにくいボールペンです。ペンの両端を軽くして重量を集中させているのが特徴。動かしやすさに着目し、実験データに基づいて重量バランスを整えています。

少ない力でペンをコントロールできるのが魅力。ペンを動かす際に手にかかる負担を和らげる効果が期待できます。インクは濃くなめらかな「アクロインキ」を採用。油性ながらも書きやすく、はっきりとした筆記が可能です。

軸が最大径14.2mmと太めなのもポイント。筆圧の強い方にも適しています。グリップ部分はシリコーンラバーを採用。持ちやすく長時間でも使えるおすすめの製品です。

パイロット(PILOT) フリクションボールノック ビズ

温度変化により無色にできる「フリクションインキ」を採用したノック式ボールペン。サイドのクリップをノックすることによりペン先の出し入れが可能です。ノック面が大きいためノックしやすく、素早く取り出して使えます。

スタイリッシュでビジネスシーンでも活用しやすいデザインが特徴。ボディにはメタル素材を採用しており、スーツのポケットにも馴染みます。消去用ラバーはキャップで保護されているため、スマートな外観を保てるだけでなく、汚れにくく便利です。

ペン先は0.5mmで細かい筆記にも対応。間違った際にはきれいに消せるので、商談資料への書き込みや手帳でのスケジュール管理にも使えます。普段使いできる書きやすいボールペンを探している方におすすめです。

ゼブラ(ZEBRA) サラサクリップ JJB15

さらさらとしたなめらかな書き味のジェルインクを採用したボールペンです。耐水性に優れた水性顔料なので、筆跡が濃くてにじみにくいのが特徴。鮮やかな発色で、インクのカラー展開も豊富なため、手帳やノートへの筆記や宛名書き、イラスト用などさまざまな用途に活用できます。

可動式バインダークリップを採用しているのも魅力。クリップが折れるリスクを軽減しながら、厚みのあるボードも挟めます。軸には再生材を使用し、エコマークも取得。環境に配慮しつつ、書きやすさや使い勝手も両立したおすすめの製品です。

・1本

・10本セット

ゼブラ(ZEBRA) ブレン BAS88

独自技術「ブレンシステム」で筆記振動を制御したボールペン。紙とペン先の接触や、ペン内部の振動による筆記のブレを軽減しているのが特徴です。濃くなめらかなエマルジョンインクを採用しており、はっきりとした文字をスムーズに筆記できます。

太めのチューブでホールドしやすい中芯を採用。ペン内部のパーツ間の隙間を小さくすることにより、振動によるブレやノイズを軽減しています。また、低重心仕様なのも魅力。筆記のブレを抑えた書き心地のよいおすすめ製品です。

三菱鉛筆 ジェットストリーム アルファゲルクリップ SXN1000071P2

グリップ部分に柔らかいゲル状の衝撃吸収素材「αGEL」を採用したボールペンです。油性ながらも低摩擦なジェットストリームインクを採用しているのが特徴。低い筆記抵抗でなめらかな書き味を実現しているので、スムーズに文字を書けます。

くっきりとした濃い描線も魅力。従来の約2倍の黒色密度で、濃くはっきりとした文字を書けます。また、速乾性に優れているのもポイント。インクが紙に染み込みやすく、スピーディに乾くため、描線に触れても手が汚れにくく快適です。

インクの直流や逆流を防ぐ「スプリングチップ&ツインボール機構」も搭載。ペン先のボールを抑え、低粘度のインクでもペン先から漏れ出しにくく作られています。さらに、ツインボール機構によってインクの逆流にも対応。書きやすく持ち運びやすいおすすめの製品です。

三菱鉛筆 ユニボールワン UMN-S-38

大学との共同研究により開発された、記憶に残りやすい効果が期待できるゲルインクボールペン。一般的なゲルインクと比べて濃く鮮やかに発色するのが特徴です。ノートを見返したときに印象に残りやすいため、学生の勉強用に適しています。

インクがにじみにくく、乾きやすいのも魅力。インク内の固形と液体の成分比が工夫されており、液体成分は素早く紙面に浸透、固形分の色材は紙面に残りやすく作られています。色材が紙面に吸収されにくいため、にじまず、裏抜けしにくい文字を筆記できます。

シンプルでストレートな軸デザインもポイント。オーバル形状のオープンワイヤークリップは、ノートや手帳に挟みやすい可動式を採用しています。スタイリッシュなデザインながら、機能性も兼ね備えたおすすめの製品です。

トンボ鉛筆 ズーム 505 BW-2000LZA

デザイン筆記具「ZOOMシリーズ」のおしゃれなボールペン。アルミとラバーを組み合わせた素材感のあるシンプルデザインが特徴です。キャップ式で、ビジネスからプライベートまでさまざまなシーンで活躍します。

筆圧の強い方でも使いやすい極太フォルムが魅力。頑丈で軽いアルミニウムを採用しているため、極太ながらも軽やかな筆記感を味わえます。また、滑りにくいラバーグリップを採用。しっかりとペンをホールドしながら、快適に筆記ができます。

低重心設計なのもポイント。キャップを後着しても筆記バランスがよく、長時間でも使いやすいように作られています。おしゃれなデザインと機能性を兼ね備えたおすすめの製品です。

オート(OHTO) 水性ボールペン セルサス CB-15C

日本国内で自社設計と組み立てが行われ、丁寧に作り込まれている水性ボールペン。ペン先のボールに高硬度のファインセラミックを採用しているのが特徴です。変形やサビに強く、長い間使い続けてもなめらかな回転をキープできます。

水性ながらキャップが要らない独自構造も魅力。インクが外気に直接触れないような構造で、キャップをつけ忘れてもドライアップしにくく快適に使えます。ボールペンのキャップをつけ忘れてしまいがちな方でも安心です。

アルミニウムと真鍮を中心としたシンプルなデザインもポイント。落ち着いたカラー展開が多く、ビジネスシーンでも快適に使えます。経年劣化の少ない、なめらかな書き味の製品を探している方におすすめです。

ラミー(LAMY) safari ローラーボール

1930年から続くドイツの筆記具ブランド「LAMY」の水性ボールペン。特に若年層から人気の高いモダンデザインが特徴です。世界中で愛されているロングセラーモデルで、デザイン性と機能性を兼ね備えたボールペンが欲しい方に適しています。

軽量で丈夫な樹脂製のボディが魅力。グリップ部分には、正しくペンを握るためのくぼみが設けられています。握りやすく、スムーズな筆記が可能です。また、大型のワイヤー製クリップも採用。厚手のカジュアルウェアのポケットにもしっかりとグリップできます。

豊富なカラー展開もポイント。好みや気分に合わせて選択できます。カジュアルに使えるおしゃれなボールペンを探している方におすすめです。

多色ボールペンのおすすめ

パイロット(PILOT) 4+1ライト BKHL-50R

黒・赤・青・緑の4色とシャープペンシルを1本にまとめた多機能ボールペン。スライドレバー方式の押しやすいノック部が特徴です。シャープ部分は芯を繰り出すためにノック部の面積が広く、滑り止めの凹凸も設けられています。

握りやすい構造も魅力。指にフィットしやすいカーブと、柔らかいラバーにより、握りやすさを向上しています。また、長く使えるのもポイント。替芯のインク量が多く、長い筆記距離を実現しています。

シルバー箔を使った高級感のあるデザインを採用。さらに、丸みを帯びたスリットにより軽やかなイメージも演出しています。0.7mmのしっかり書けるおすすめ製品です。

ゼブラ(ZEBRA) サラサマルチ0.4 J4SAS11

1本で5機能を備えた使いやすい多機能ボールペン。1本に黒・青・赤・緑の4色のボールペンと、シャープペンシルを搭載しているのが特徴です。ノック式で素早くペン先を選べるため、用途に合わせて快適に使い分けできます。

軸の先端部に「グラスカット加工」を採用しているのも魅力。インクがペン先の内側につきにくく、長く使った場合でも汚れが目立ちにくい仕様です。見た目もガラス細工のように美しく、さまざまなシーンで活用できます。

インクには耐水性・耐光性に優れたジェルインクを採用。にじみにくく、濃い色でくっきりとした線をかけます。さらさらとした書き心地ながら、公式文書にも使えるおすすめの製品です。

三菱鉛筆 ジェットストリーム 多機能ペン 4&1 MSXE5-1000

1本に5つの機能を備えた多機能ボールペンです。軸の中に黒・赤・青・緑の4色ボールペンとシャープペンシルを搭載。ボールペンには超低摩擦ジェットストリームインクを採用しているため、筆記抵抗の少ない、なめらかな書き味が特徴です。

インクによる汚れが付きにくい構造も魅力。インクの直流と逆流を防ぐ「スプリングチップ&ツインボール機構」を採用しています。さらに、低粘度かつ速乾性の高いインクなので、描線に触れた際に手が汚れるストレスも軽減可能です。

ビジネスからプライベートまで使えるシンプルな外観もポイント。カラー展開も豊富で、自分の好みや使い方に合わせて選択できます。使い勝手に優れた書きやすい多機能ペンを探している方におすすめです。

ぺんてる ビクーニャ 4色ボールペン BXC45

スタイリッシュで書き心地のよい多色ボールペン。なめらかな油性インク「ビクーニャインキ」を採用しているのが特徴です。低粘度ながら、濃く艶のある鮮やかな発色を期待できます。

書き始めのカスレが少ないのも魅力。独自の潤滑剤により、ペン先のボールの回転をスムーズにして筆記抵抗を低減しています。軽くなめらかな書き心地で、快適な筆記が可能です。

1本で黒・赤・青・緑の4色を持ち運べるのもポイント。手帳への細かい書き込みや、メモの色分けなどにも適しています。書き心地のよい油性多色ボールペンを探している方におすすめです。

ステッドラー(STAEDTLER) アバンギャルド 927AG

高級感のある外観と実用性を併せ持った多機能ペンです。黒・赤・青の油性3色ボールペンと0.5mmのシャープペンシルを搭載しているのが特徴。用途に応じて使い分けできるので便利です。

18gと軽量なのも魅力。持ちやすく疲れにくいので、長時間使う場合も安心です。更に、胸ポケットなどに入れた際の衣類への負担も軽減。ペン1本での持ち運びにも適しています。スタイリッシュかつシンプルなデザインで、ビジネスシーンにもマッチするおすすめの製品です。

高級ボールペンのおすすめ

モンブラン(MONTBLANC) マイスターシュテュック プラチナ ボールペン MB2866

マイスターシュテックはモンブランの代表的なシリーズのひとつ。1924年の発売から長きにわたり愛されてきたデザインを採用しているのが特徴です。

キャップとボディにはディープブラックのプレシャスレジンを採用。職人が手作業で丁寧に作り上げています。キャップトップには白いモンブランのブランドシンボルマークがあしらわれており、シンプルながらも高級感のあるデザインが魅力です。

さらに、Montblancの文字をエンボス加工したプラチナ仕上げのスリーリングや、プラチナコートされた製造番号入りのクリップも採用。ラグジュアリーでタイムレスなデザインを引き立てています。ボールペンリフィルも多数発売されており、筆記スタイルに一味違う個性を表現できるおすすめの製品です。

パーカー(PARKER) デュオフォールド クラシック ボールペン 1931390

パーカーの伝統を代表するデュオフィールドシリーズの高級ボールペン。細部まで入念に設計されているのが特徴です。心地よい書き味を実現するため、一つひとつの部品が注意深く手作業で組み立てられています。

気品のあふれるデザインも魅力。ベルベットブラックのアクリルキャスト製ボディに、23金仕上げのトリムを組み合わせています。また、18金の純金をベースに、ロジウムのハイライトを施したバイカラーのペン先を採用。象徴的なエースマークで美しい外観に仕上げられています。

高級感のあるギフトケースに入っているのもポイント。大切な方へのプレゼントにも適しています。長く使える高品質な製品を探している方におすすめです。

クロス(CROSS) センチュリーII ローラーボールペン AT0085

アメリカの人気筆記具ブランド「クロス」の高級ボールペン。小型ながら幅広の胴回りが特徴です。精密なバランスと重さで豊かな触感を実現しており、筆圧の高い方でも快適に筆記できます。

インクにはゲルインクを採用。専用の構造により、万年筆のような書き心地を実現しています。上品なデザインのキャップ式ボールペンで、ビジネスなどの重要なシーンでも使えるおすすめの製品です。

ファーバーカステル(FABER-CASTELL) エモーション ウッド&クローム 梨の木 ボールペン 148382

木製ならではのあたたかみを感じられる高級ボールペン。ボディに梨の木を採用しているのが特徴です。使い込むことにより、独特の色へと変化するため、長く愛用して自分だけの特別な1本を作れます。

中央が太めのデザインも魅力。シガーのような風情を演出しています。手にしっくりと馴染むため、書き心地も良好です。

木材とメタルパーツのコントラストもポイント。磨き抜かれたクロームメタルにより、高級感のあるデザインに仕上がっています。書き心地のよい大容量のインクリフィル付きで、機能性とデザイン性を兼ね備えたおすすめの製品です。

ペリカン(Pelikan) スーベレーン ボールペン K400

ペリカンを代表する人気シリーズ「スーベレーン」のボールペン。独自製法で作られた緑縞の胴軸デザインが特徴です。ダイヤモンドで研磨された艶のあるボディと、ペリカンのくちばしをモチーフにした24金ゴールドプレート仕上げのクリップが高級感を生み出しています。

ノック式を採用しているのも魅力。忙しいタイミングでも素早くペン先を繰り出して筆記できます。さらに、大容量のリフィルを採用しているのもポイント。長く使えるクラシックデザインの高級ボールペンを探している方におすすめです。