三色ボールペンは、1本に複数色のボールペンが入っているのが特徴です。わざわざ持ち替えなくても色を変えられるので、ペンケースの中身を減らせるというメリットがあります。しかし、多くのメーカーがさまざまな種類のモノを販売しているため、迷って選べない方も多いはず。

そこで今回は、おすすめ三色ボールペンをご紹介します。どのような点に注目して製品を選べばよいかについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

三色ボールペンの選び方

芯の太さで選ぶ

三色ボールペンの芯の太さは、書きやすさや文字の目立ちやすさに関わります。製品数が豊富で書きやすさにも優れているのは、0.5mm。用途や好みに応じて最適な太さの製品を選ぶのがおすすめです。

手帳に予定を書き込む場合などには、限られたスペース内に情報を入れるため、細い芯が向いています。かなり細い芯だと0.38mmもあるので、気になる方はチェックしてみてください。一方、書いた文字を目立たせたい方や、細い芯は書き心地が悪いと感じる方は、やや太めの0.7mmや太めの1.0mmがおすすめです。

グリップの太さで選ぶ

By: amazon.co.jp

三色ボールペンはグリップの太さもさまざまですが、太いものと細いものどちらが握りやすいかは、人によって異なります。太いグリップのボールペンを使うと長時間筆記を続けても疲れにくい傾向にありますが、グリップが太い分重量が重いというデメリットもあります。

一方で、細いグリップのボールペンではうまく握れず書きにくいという方もいますが、軽いので手に負担をかけたくない方におすすめ。今回はグリップが細いものも太いものも両方紹介しますので、チェックしてみてください。

インクの種類で選ぶ

油性

By: amazon.co.jp

昔から販売されている三色ボールペンは、油性インクを採用している製品が多くあります。油性インクは耐水性や耐光性に優れているため、筆記した文字が長期間劣化しないのが特徴。公的書類にも問題なく使用できます。

速乾性もあるので、急いで筆記する方におすすめです。ただし、色味の鮮やかさや書き心地は、水性インクに劣る傾向にあります。

水性

By: amazon.co.jp

近年では水性インクの三色ボールペンが増えています。色味が鮮やかですらすらと筆記できるのが水性インクの特徴で、書き心地を重視する方におすすめです。

ただし、耐水性はなく、水に濡れると消えやすいことや時間の経過とともに滲みやすくなるというデメリットもあります。濡れる可能性のある封筒の宛名書きや、長期間の保存が決まっている公的書類への使用は避けたほうがよいでしょう。水性インクのなかでも染料ではなく顔料を使用したタイプであれば、耐水性はやや高いといえます。

ゲルインク

By: amazon.co.jp

染料や顔料にゲル化剤を混ぜたものがゲルインクで、三色ボールペンに使われることもあります。ゲルインクは発色のよさが特徴で、鮮やかな色で筆記したい方におすすめです。また、書いた文字が滲みにくいというメリットもあります。

さらに、製品によっては書いた文字を擦れば消えるゲルインクを採用した三色ボールペンも販売されています。消せるボールペンはメモや手帳への書き込み時には便利ですが、公的書類への使用は不可とされることが多いため、利用シーンを選んで使いましょう。

三色ボールペンのおすすめメーカー

パイロット(PILOT)

By: amazon.co.jp

パイロットは、大正時代に創立された文房具メーカー。ボールペンやシャープペンシルといった筆記具を中心に多くの文房具を販売しています。

機能・書き心地・デザインが異なる三色ボールペンを多数販売しているため、自身の好みにあった1品が見つけやすいのが特徴です。高級感のあるデザインがポイントの三色ボールペンもあるので、取引先との商談などかしこまった場所での使用も可能な製品を選べます。

ゼブラ(ZEBRA)

By: amazon.co.jp

明治30年創業という長い歴史を持つ文房具メーカーのゼブラ。日本に限らず世界中に筆記用具を販売しています。

書き心地はもちろん、持ち運びやすさやインクの滲みにくさなど、細かい使い勝手のよさにこだわった三色ボールペンが特徴。ビジネスシーンで活躍する製品が揃っているため、会社で使える三色ボールペンを探している方はチェックしてみてください。

三菱鉛筆

By: amazon.co.jp

明治20年に創業し、長い間日本の文房具メーカーとして高いシェア率を誇っている三菱鉛筆。鉛筆・ボールペン・シャープペンシルなど筆記用具をメインに製造・販売しています。

好みの色だけでなく、インクの種類も自由に選べる三色ボールペンを販売しているのが特徴。カスタマイズ性が高く、自身が使いやすいボールペンを作り上げられます。

三色ボールペンのおすすめモデル

パイロット(PILOT) フリクションボール3スリム 038 LKFBS60UF-S

パイロット(PILOT) フリクションボール3スリム 038 LKFBS60UF-S

ゲルインクを採用した三色ボールペン。擦ると消えるインクなので、何度でも書き直せるのが特徴です。カレンダーや手帳などに予定を書き込むときや、勉強におすすめ。素早くメモを取りたいときにも活躍します。

芯は0.38mmと非常に細いため、小さいスペースに細かい文字を書き込みたいときにおすすめです。文字数が多くても字がつぶれにくく、快適な筆記を実現します。また、クリップ付きなのも嬉しいポイント。手帳やノート、スーツのポケットに挟んで持ち運べます。

パイロット(PILOT) アクロボール スポットライター BKAS-60F

パイロット(PILOT) アクロボール スポットライター BKAS-60F-CBY

低粘度油性インクのアクロインキを採用した三色ボールペン。一般的な油性インクに比べて筆記時の引っかかりが少ないので、なめらかでかすれない筆記をサポートします。耐水性や耐光性の高い油性の三色ボールペンを使いたい方や、書きやすい油性ボールペンを探している方におすすめです。

芯は0.7mmと、書きやすく見やすい太さ。赤・黒・青の三色に加えて、蛍光ペンが付属しているのが特徴です。書類へのサイン・メモ取り・マーキングがこれ1本でこなせます。ボールペンと蛍光ペンを多用する方におすすめです。

ゼブラ(ZEBRA) サラサ3B 多色ジェルボールペン J3J2

ゼブラ(ZEBRA) サラサ3B 多色ジェルボールペン J3J2-BK

水性インクを採用した三色ボールペンです。水性ながら耐水性や耐光性に優れた顔料インクなので、滲みにくいのが特徴。太すぎず細すぎない0.5mm芯で、快適な筆記を促します。なめらかな書き心地と消えにくさを両立させたおすすめ三色ボールペンです。

可動式バインダークリップを採用し、手帳やノート、厚みのあるボードに挟んで持ち運べるのがポイント。ペン先を出したままの状態でスーツのポケットなどにクリップを挟むと、ペン先が自動で戻るため、インクでポケットを汚しません。持ち運びやすい三色ボールペンを探している方におすすめです。

ゼブラ(ZEBRA) クリップ-オンG 3C B3A3

ゼブラ(ZEBRA) クリップ-オンG 3C B3A3-LB

シンプルなデザインの三色ボールペン。油性インクを採用しているので、書いた文字が滲みにくいのが特徴です。メモにも公的書類へのサインにも問題なく使えるため、1本持っていればビジネスシーンで活躍します。

三色ボールペンのなかでは太すぎないグリップで、手に負担をかけずに長時間使用できるのもおすすめポイント。可動式バインダークリップが付いているため、手帳やボードなどに挟めます。さらに、軸の中央にはスマートノック解除ボタンが付いており、素早くペン先を収納可能です。

三菱鉛筆 スタイルフィット マイスター 3色ホルダー 回転式 UE3H-1008

三菱鉛筆 スタイルフィット マイスター 3色ホルダー 回転式 UE3H-1008

洗練されたデザインの三色ボールペン。リフィルを自由に選んで入れられるのがポイントです。リフィルの種類はゲルインク・油性インク・シャープペンから選べます。

さらに、ゲルインクリフィルの太さは0.28mm・0.38mm・0.5mmから選べて、色も16種類から使いたいものを選択可能。油性インクは定番の黒・赤・青があります。自由に組み合わせて、あらゆるシーンで活躍する1本に仕上げられるのがポイント。カスタマイズ性が高く、自身の好みに合わせて使いやすい三色ボールペンです。

三菱鉛筆 消せる3色ボールペン ユニボールRE3 0.5mm URE3-500-05

三菱鉛筆 消せる3色ボールペン ユニボールRE3 0.5mm URE3-500-05

0.5mm芯の三色ボールペン。グリップを回転させて色を選択する方式を採用しているので、ノックするだけで使いたい色の芯を出せます。よく使用する色を選択しておけば、いつでも使用可能です。

三色ボールペンのなかでは細めのグリップで、手に負担をかけずに使えるのがポイント。金属製のリフィルを採用しているため、細めのグリップに対応できる細いリフィルでもインク量を確保でき、たっぷり書けるというメリットがあります。擦れば消えるゲルインクを採用しているので、勉強やメモなどにおすすめです。

トンボ鉛筆 REPORTER SMART 3色ボールペン BC-TRLE12

トンボ(Tombow) REPORTER SMART 3色ボールペン BC-TRLE12

グリップのドットがかわいい三色ボールペン。低粘度の油性インクを採用することで、くっきりとした筆記となめらかな書き心地を両立させています。公的書類へのサインや宛名書きだけでなく、メモや勉強にも使用可能です。

芯の太さは0.5mmで、細すぎず書いた文字がはっきりと見えます。クリップは金属製のため、丈夫なのがおすすめポイントです。頻繁にスーツのポケットに挟んだり、固いボードと一緒に持ち運んだりしても壊れにくいのが魅力。長く愛用できる三色ボールペンを探している方におすすめです。

ぺんてる エナージェル 3色ボールペン XBLC35C

ぺんてる(Pentel) エナージェル 3色ボールペン XBLC35C

高級感のあるデザインが特徴の三色ボールペン。大人のおしゃれさを演出できる製品です。一般的なゲルインクよりもなめらかな書き心地のインクを採用することで、ストレスフリーで使えます。

また、インクの速乾性が高いのもおすすめポイント。素早く文字を書かなければならない会議中や電話応対時のメモ取りでも、文字を擦って滲ませてしまう心配がありません。濃くはっきりとした筆跡で、書いた文字が読みやすいのも魅力。ビジネスシーンで快適に使える三色ボールペンです。

ぺんてる フィール 3色ボールペン BXCB35MA

ぺんてる(Pentel) フィール 3色ボールペン BXCB35MA

超低粘度の油性インクを採用した三色ボールペン。油性インク本来の魅力である滲みにくさと、低粘度インクならではのなめらかな書き心地を両立させています。どこにでも使える油性インク採用の使いやすい三色ボールペンを探している方におすすめです。

耐久性に優れたクリップ付きで、スーツのポケットや手帳、バインダーなどにしっかりと挟めるのもおすすめポイント。厚みがあっても難なく留められて、持ち運びも手軽にできます。シンプルながら使い勝手のよい三色ボールペンです。

セーラー万年筆 フェアライン3プラスクリップ 16-3301-202

セーラー万年筆(SAILOR) フェアライン3プラスクリップ 16-3301-202

油性インクを採用した三色ボールペン。滲みにくく安定した筆記が可能で、公的書類や封筒の宛名書きにも問題なく使用できます。最大の特徴は、軸内に予備芯を1本内蔵できること。使用頻度の高い黒インクの芯を入れておけば、インク切れで使えなくなることがありません。ボールペンの使用頻度が高い方におすすめです。

大きく開くクリップを採用しているのも嬉しいポイント。耐久性が高く壊れにくいことに加え、厚いバインダーも薄い紙1枚もしっかりと挟めます。