毎日の料理に欠かせない調理器具である「フライパン」。素材・コーティングの種類・サイズなどラインナップが豊富なので、どれを選べばよいか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、フライパンのおすすめアイテムをご紹介します。コーティングが長持ちするモノや取っ手が取れるタイプ、一人暮らしにぴったりなモノなど幅広くピックアップしたので、自分にぴったりなフライパンを見つけてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

フライパンの選び方

素材の違いをチェック

By: zakkaworks.com

鉄製のフライパンは、耐熱性や熱伝導性が高いのが特徴です。強火にも対応できるため、短時間で旨みを逃さず調理したいときにぴったり。肉はカリッとジューシーに、野菜はシャキシャキに仕上がります。また、食材からは摂取しにくい鉄分を補えるのもメリットです。

耐久性に優れているので、丈夫で長持ち。油汚れも金だわしなどでゴシゴシ洗えて、焦げつきが発生してもメンテナンスすれば再生するのがポイントです。

油慣らし・空焼きといった工程や使用後の小まめなお手入れが必要なのがデメリットといえますが、しっかりメンテナンスすれば長く愛用できます。ただし、ほかの素材より重さがあるのに注意。力に自信がない方だと扱いにくさを覚えるケースがあります。

アルミ

By: amazon.co.jp

アルミは、軽量で扱いやすいのがメリットです。フライパンをあおりやすいうえ、洗い物や片付けの際の負担を軽減。毎日のように調理する方から初心者まで、使い勝手のよい素材です。

熱伝導性に優れているので、余熱時間や調理時間を短縮できるのがポイント。火力調節や水分の蒸発もスムーズに行いやすいため、パスタ作りやリゾットといった水分が多い料理に適しています。

一方、コーティングのないアルミのフライパンは、食材がこびりつきやすいのが難点。高火力で調理すると、変形する恐れもあります。使用時は油をしっかり引いて、温度が上がり過ぎないよう注意しましょう。

内面にコーティングを施したモデルであれば、焦げつきやこびりつきを抑制しながら汚れも落としやすいのが魅力。コーティングなしのモノもあるため、事前に確認しておくのがおすすめです。

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレス製のフライパンは、錆び・汚れ・熱に強いのが特徴。丈夫でお手入れが簡単なので、長く愛用しやすいのがメリットです。また、スタイリッシュなデザインも魅力。キッチンをおしゃれに彩り、見せる収納として保管することもできます。

保温性に優れているため、料理が冷めにくいのがポイント。火が通りにくい食材やじっくりあたためたい食材の調理にぴったりで、余熱調理にも適しています。

一方、熱伝導性は低いので、フライパンがあたたまりにくいのが難点。熱しにくくて冷めにくいため、加熱ムラが生じやすいのもデメリットです。

食材を入れる前にフライパンをあたためたり油をしっかり引いたりすれば、焦げつきやこびりつきを抑えながら長く使えます。

コーティング加工の違いをチェック

テフロン加工

By: amazon.co.jp

テフロンとは、アメリカの「ケマーズ社」により商標登録されているフッ素樹脂加工のひとつです。「テフロン加工」という知名度が高く、現在ではフッ素樹脂加工の代名詞のように使われていますが、ケマーズ社が開発した技術を用いたモノがテフロン加工のフライパンです。

テフロンは摩擦係数が低いため、すべりがよいのが特徴。食材のこびりつきを予防しながら、汚れもスムーズに落としやすいのがポイントです。また、耐熱性・非濡性・非粘着性・耐薬品性などを備えており、高機能で使い勝手に優れています。

テフロンにはグレードがあるのが特徴。グレードが高いほど耐久性が高くて長持ちしますが、低いグレードでも家庭用フライパンとして十分活躍するレベルです。

フッ素樹脂加工

By: meyer.co.jp

フッ素樹脂加工とは、食材や汚れがくっつきにくい性質を持つフッ素を含んだコーティングのことです。非粘着性やすべり性を備えているため、スムーズな調理やお手入れをサポート。また、熱伝導性がよいので、火加減の調節がしやすいのもメリットです。

一般的なフッ素加工樹脂は、トップコート・ミドルコート・ベースコートの3層構造を採用。普段の調理には十分な機能を備えていますが、より長持ちさせるためにほかの素材を配合させたり層を増やしたりしたモデルもラインナップされています。

テフロン加工・ダイヤモンド加工・チタンコート加工・マーブルコート加工などメーカーによってさまざまな種類がありますが、どれもフッ素加工の一種。耐久性や耐摩耗性が異なるのが特徴です。

ただし、フッ素加工は急激な温度変化や高熱に弱いのがデメリット。金属ヘラなどを使用するとコーティングが剥がれる恐れもあるため、取り扱いには注意しましょう。

ダイヤモンド加工

By: rakuten.co.jp

ダイヤモンド加工は、フッ素樹脂加工にダイヤモンドの粒子を配合しているのが特徴。硬度が高いダイヤモンドを混ぜることで、フッ素樹脂加工の焦げつきにくさやこびりつきにくさをキープしたまま、耐久性や耐摩擦性が向上しているのが魅力です。

表面が滑りやすいうえコーティングが剥がれにくいので、するりとした使用感が長持ちします。少量の油でも食材がこびりつきにくいため、ヘルシー調理が可能。また、目玉焼きや餃子といった、蒸し焼き料理にも適しています。

ただし、フッ素樹脂加工と同様、強火で加熱し続けたり空焚きをしたりすると、コーティングが剥がれやすいので注意が必要。洗う際はコーティングが剥がれないよう、硬いツールを使うのは避けましょう。

チタンコート加工

By: rakuten.co.jp

チタンコート加工は、フッ素樹脂加工に金属のチタンを混ぜています。丈夫で軽く、酸やアルカリに強いチタンの特性をプラス。コーティングが剥がれにくいのに加えて、食材による腐食も予防するのがポイントです。

コーティングのなかでもっとも耐久性が高いといわれるほど、焦げつきにくさやこびりつきにくさが長持ちするのが魅力。表面加工は消耗品なので、丁寧に使っても2~3年経つとどうしても性能が低下しますが、チタンコート加工は長期間優れた使い心地を味わえます。

金属製のへらが使えるモデルもラインナップされているなど、鉄や鋳物のフライパンのような感覚で使えるのが特徴。ただし、フッ素樹脂加工も採用しているため、急激な温度変化や高熱には弱い面があります。

IH用かガス火用かチェック

By: amazon.co.jp

フライパンを選ぶ際は、自宅の熱源に対応したモノを選ぶことが大切です。フライパンは大きく、IH対応とガス火専用の2種類があります。IH対応モデルは、IHでもガスコンロでも使用可能。引っ越しなどで熱源が変わっても、そのまま使えるのがメリットです。

ただし、なかにはIH専用モデルもラインナップされています。IH専用はガス火では使えないので、製品の表記をしっかり確認しておきましょう。

ガス火専用モデルは、ガスコンロのみ使えます。ガスコンロではIH対応モデルも使えますが、ガス火専用モデルはIH対応の加工をしていない分、IH対応モデルより比較的軽いのが特徴です。

調理方法やレシピに合ったサイズ・深さを選ぶ

サイズは24~26cmが標準的

By: amazon.co.jp

フライパンはさまざまなサイズがラインナップされています。標準的なサイズが、24~26cm。一度に3~4人分ほどの調理が可能で、ファミリー層にとってはもっとも使用頻度が高いサイズといえます。

22cm程度のフライパンなら2人分の調理にぴったり。16~20cm程度のやや小ぶりなフライパンは、1人分のおかずやお弁当、朝食作りにちょうどよいサイズ感です。また、下ごしらえやソース作りなど、サブ用フライパンとしても活躍します。

28cm以上あれば、4人以上のおかずを一度に調理できるのがポイント。ハンバーグなら4個以上、目玉焼きなら5個程度焼ける大きさです。調理する量に合ったフライパンを選ばないと使い勝手が悪化するため、人数や作る量を考慮しながら選びましょう。

ステーキや餃子などの焼き物には「浅型」

By: amazon.co.jp

浅型フライパンは、焼き料理や炒め料理に適しています。同じ直径であれば深型よりも軽いため、食材をひっくり返したり取り出したりしやすいのがメリット。底面積が広くて一度に多くの量をのせられるので、スピーディに手際よく調理しやすいのも魅力です。

深さが6~7cm程度あれば、フライパンをあおった際に食材が飛び散りにくいのがポイント。ステーキ・炒飯・野菜炒め・餃子・ホットケーキなどを作りたいときに活躍するタイプです。

お米や汁気の多いレシピには「深型」がおすすめ

By: amazon.co.jp

深型フライパンは、焼く・炒めるはもちろん、茹でる・煮る・揚げるなどさまざまな調理に対応できるのがメリット。お米を使った料理や汁気の多いレシピでも重宝するなど、汎用性に優れたタイプです。

マルチパンやディープパンと表記されているモデルもあり、8cm以上の深さがあれば煮物も安心して作りやすいのがポイント。直径が28cm以上あれば、パスタを折らずに茹でられます。

同じ直径でも浅型より容量を増やせるため、コンロが狭い場合に便利。一人暮らしなら20cm以下、2人以上であれば22~26cm程度の深型フライパンがひとつあると、マルチに活躍します。

複数サイズのセット商品も人気

By: amazon.co.jp

フライパンは、セット販売されているモノもあります。サイズや深さが異なるフライパンを単品で購入するより、コストを抑えながら一式揃えられるのがメリット。足りないサイズがあっても、単品で購入すれば節約につながって便利です。

セット内容は製品によってさまざまですが、一人暮らし向けから家族向けまでラインナップされています。なかには、取っ手が取れるフライパンセットも販売されており、スタッキングしながらコンパクトに収納できるのがポイントです。

また、シリーズ物なので、デザインに統一感が生まれるのが特徴。キッチンをすっきりまとめるのに役立ちます。新生活をはじめるタイミングや調理器具を一新したいときに重宝するため、家族構成やライフスタイルに合ったセット内容のモノを選びましょう。

フライパンのおすすめメーカー

ティファール(T-fal)

By: rakuten.co.jp

「ティファール」は、1956年にフランスで誕生した調理器具メーカーです。世界ではじめて「こびりつかないフライパン」を発明するなど、新しい発想や技術を用いた製品を数多く生み出しています。

調理器具だけでなく、小型家電・調理家電・アイロンにおいても世界的なトップメーカーのひとつ。日々の暮らしに役立つアイテムが、世界約150か国で愛用されています。

ティファールのフライパンは、取っ手が取れるモデルが人気。単品・セット共にラインナップが充実しています。また、長持ちするコーティングや食材を入れるタイミングを把握できる「お知らせマーク」など、実用的で使いやすいのも魅力です。

マイヤー(MEYER)

By: meyer.co.jp

「マイヤー」は、1951年に香港で設立したあと、アメリカのカリフォルニア州に拠点を移した調理器具メーカー。有名なレストランシェフからも信頼を得るほどのハイクオリティな品質が魅力です。

マイヤーのフライパンは、キッチンや食卓をおしゃれに彩るデザイン性の高さがポイント。サイズ展開が豊富で、深型も数多くラインナップされています。美味しい仕上がりをサポートする優れた機能性も備えているため、初心者にもおすすめです。

リバーライト(RIVER LIGHT)

By: amazon.co.jp

「リバーライト」は、日本発の鉄製フライパンメーカーです。「使い手の健康やライフスタイルまで考慮した道具を作っていきたい」という信念のもと、手入れさえすれば数十年から100年にもわたって使い続けられる高品質の鉄製フライパンを製造しています。

リバーライトのフライパンは、窒化鉄を使った「極シリーズ」が人気です。窒化処理と酸化処理を施すことにより、一般的な鉄製フライパンより錆びにくいのがメリット。お手入れも簡単なので、育てる感覚で長く愛用できるモノを選びたい方におすすめです。

ツヴィリング(Zwilling)

By: zwilling.com

「ツヴィリング」は、1731年にドイツで誕生した老舗調理器具ブランドです。世界でもっとも古いブランドのひとつで、包丁を中心に鍋・フライパン・カトラリーなど高品質で高機能なキッチンウェアを多数販売しています。

「ストウブ」「MIYABI」「バッラリーニ」「ヘンケルス」といった人気ブランドもグループの一員。多彩なラインナップで、世界中のシェフや料理愛好家の調理をサポートしています。

ツヴィリングのフライパンは、優れた機能性とデザイン性を兼ね揃えているのが魅力。調理やお手入れがしやすいだけでなく、キッチンをおしゃれに彩ります。本格志向の方から初心者まで、ニーズに合ったモデルを見つけやすいのがポイントです。

和平フレイズ

By: remy.jp

「和平フレイズ」は、新潟県燕市に本社を構える調理用品メーカーです。家庭用品・インテリア用品・生活雑貨も手掛けており、日々の暮らしを豊かに彩る製品を多数販売しています。

フライパンは、人気の「レミパンプラス」をはじめ「うふふ」や「enzo」といった数多くのブランドを取り扱っているのが特徴。なかでも、レミパンプラスは焼く・煮る・蒸すなどを1台でこなせるオールインワン性能を備えており、使い勝手に優れているのが魅力です。

フライパンのおすすめ

ティファール(T-fal) IHルージュ・アンリミテッド フライパン 26cm G26205

ティファール(T-fal) IHルージュ・アンリミテッド フライパン 26cm G26205

本体にアルミニウム合金を採用したフライパンです。ティファール史上最高峰の耐久性と謳う「チタン・アンリミテッドコーティング」を施しており、使いはじめのこびりつきにくさが長持ち。お手入れもスムーズに行えるのが魅力です。

底面の熱が素早く均一に広がるのがポイント。また、マークの模様が消えたら予熱完了・適温の合図である「お知らせマーク」を搭載しています。食材を入れるタイミングを把握できるので、初心者にもおすすめです。

底面は厚くて頑丈なため、変形を予防。IH・ガス火を含むオール熱源対応なので、熱源を気にせず長く愛用しやすいのがメリットです。

ティファール(T-fal) ロイヤルブルー・インテンス ディープパン 22cm D52183

ティファール(T-fal) ロイヤルブルー・インテンス ディープパン 22cm D52183

ガス火専用の深型フライパンです。ガス火で最高ランクと謳う「チタン・インテンスコーティング」を施しているため、こびりつきにくさや焦げつきにくさが長持ち。22cmと使い勝手のよいサイズ感なので、一人暮らしの方にもおすすめです。

アルミ製で軽いため、取り回しがスムーズ。熱伝導性に優れているので、素早い調理をサポートします。さらに、食材を投入するタイミングを把握できる「お知らせマーク」を搭載しており、料理を美味しく仕上げやすいのが魅力です。

外面はエナメル仕上げで、傷・汚れに強いのが特徴。光沢感を長く楽しめます。

マイヤー(MEYER) マキシム SS フライパン 26CM MXS-P26

マイヤー(MEYER) マキシム SS フライパン 26CM MXS-P26

オールステンレスのフライパンです。シンプルでスタイリッシュなデザインなので、キッチンをおしゃれに彩ります。取っ手の先には穴を設けているため、フックで壁面に引っ掛ければ見せる収納としても活躍するのが魅力です。

蓄熱性に優れているので、さまざまな調理に対応できるのがポイント。肉・魚・餃子などは外がカリカリ、中は柔らかくてジューシーな仕上がりをサポートします。また、熱ムラは発生しにくいため、きれいな焼き目を付けやすいのが特徴です。

内面にはフッ素樹脂加工を施しており、焦げつきやこびりつきを抑制。汚れも落としやすいのに加えて、錆びに強いステンレス製なので美しい状態が長持ちします。見た目にも機能性にもこだわりたい方におすすめです。

リバーライト(RIVER LIGHT) 極JAPAN フライパン 26cm J1226

リバーライト(RIVER LIGHT) 極JAPAN フライパン 26cm J1226

鉄製のフライパンです。金属熱処理技術の「窒化処理+酸化処理」によって、一般的な鉄フライパンより錆びにくいのが魅力。使い終わったら洗って拭くだけと日々のメンテナンスも楽なので、初心者でも手軽に使いやすいのがメリットです。

使い込むほどに油が馴染んで、使いやすさが向上。こびりつきが発生しても、メンテナンスをすれば再生します。また、コーティングを施していないため、金属製ツールで洗っても耐える素材がポイントです。

蓄熱性や熱伝導性に優れているので、短時間で食材の芯まで火が通るのが特徴。食材の水分を失いにくいため、肉はジューシーに、野菜はシャキシャキに仕上がります。本格的な料理を楽しみたい方や、長く愛用できるモノを選びたい方におすすめです。

ツヴィリング(Zwilling) ピコ フライパン 16cm 66658-160

ツヴィリング(Zwilling) ピコ フライパン 16cm 66658-160

18-10ステンレスを使用したフライパンです。耐久性に優れているのに加えて、傷が付いても目立ちにくいサテン仕上げを施しています。錆びにも強くてお手入れしやすいので、美しい光沢感やスタイリッシュな見た目が長持ちするのが魅力です。

底部は3層構造の「シグマクラシックプラス」を採用しており、優れた熱伝導性と保温性を発揮。一度温度が上がれば弱火でも優れた保温性でしっかり熱を伝え、調理ができるため、光熱費の節約にもつながります。また、フチは液だれしにくいデザインなので、キッチンやフライパンが汚れにくいのがメリットです。

IH・ガス火・オーブン・食洗機に対応可能で使い勝手に優れています。16cmと小ぶりのため、少人数のおかずやお弁当・朝食・離乳食作りといった、ちょっとした料理を作りたいときに活躍。家族が多い方のサブフライパンとしてもおすすめです。

和平フレイズ レミパンプラス ツール4種セット

和平フレイズ レミパンプラス ツール4種セット

マルチに活躍する深型フライパンです。炒める・焼く・煮る・蒸す・揚げる・炊くを1台でこなせる、オールインワン性能を備えているのが魅力。軽量のアルミ鋳造によって作られているので、取り回しやすいのもポイントです。

熱伝導性に優れており、食材へ均一に火が通りやすいのが特徴。時短調理にも役立つため、効率よく美味しい料理を作れます。また、内面にはレミパン史上最高グレードの3層フッ素コーティングを施しているので、こびりつきにくさが長持ちするのがメリットです。

自立式のふたや、マグネットを搭載してフライパンのふたに一時置きできる専用ツールが付属。調理性能・機能性・利便性を兼ね揃えているため、普段使いにぴったりのおすすめモデルです。

サーモス(THERMOS) プラズマ超硬質コートフライパン 24cm KFC-024

サーモス(THERMOS) プラズマ超硬質コートフライパン 24cm KFC-024

アルミの10倍の硬度があると謳う独自の「プラズマ超硬質コート」を施したフライパンです。フッ素層とアルミ基材を高密着させることで、優れた耐久性を発揮。フッ素層が剥がれてしまっても超硬質のプラズマ加工コートがガードするので、焦げつきにくさが長持ちします。

アルミ製のため、軽量で取り回しやすいのがポイント。熱伝導性も優れているので、調理や後片付けがスムーズに行えて便利です。IH・ガス火に対応しており、熱源を気にせず使えるのがメリット。コーティングが長持ちするモデルを探している方におすすめです。

ニトリ(NITORI) IH・ガス火 スピンコーティングフライパン 26cm 8944433

ニトリ(NITORI) IH・ガス火 スピンコーティングフライパン 26cm 8944433

内面にフッ素樹脂塗膜加工を施しており、するするっとしたくっつきにくさが長持ちするフライパンです。外面には、セラミック塗膜加工をあしらっているのが特徴。内面も外面も汚れを落としやすいので、お手入れが簡単で衛生的に使えます。

先が丸くて滑らかであれば、金属へらの使用が可能なほど優れた耐久性を発揮。また、底面溶射加工を施しているため、底面の反りが少なくて熱が均一に伝わります。食材をムラなく焼けるので、美味しく仕上がるのが魅力です。

北陸アルミニウム(HOKUA) センレンキャスト閃 IH対応 フライパン 20cm

北陸アルミニウム(HOKUA) センレンキャスト閃 IH対応 フライパン 20cm

アルミキャスト製のフライパンです。底面から側面にかけて徐々に薄く設計しているのが特徴。強度をキープしながら軽量化を実現しているため、扱いやすいのが魅力です。

内面には「テフロン プラチナプラス加工」を施しています。耐久性と耐摩耗性に優れているので、食材がこびりつきにくく快適に調理できます。傷や汚れに強いため、毎日のお手入れも簡単です。また、少量の油でも焦げつきにくいので、ヘルシー調理にも役立ちます。

熱伝導性と保温性が高いため、熱ムラが発生しにくいのがポイント。全面を均一に加熱しながら、美味しい仕上がりをサポートします。見た目も機能性も長持ちするモデルを選びたい方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ダイヤモンドコートフライパン 26cm DIS-F26

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ダイヤモンドコートフライパン 26cm DIS-F26

ダイヤモンドコート加工を施したフライパンです。耐摩耗性を高める人工ダイヤモンド粒子を配合しており、耐摩耗試験50万回をクリアしたと謳うほど優れた耐久性を発揮。するっと快適な使い心地が長持ちします。

焦げつきやこびりつきを抑制しながら、スムーズな調理をサポート。少ない油でも快適に調理しやすいため、カロリーが気になる方にもぴったりです。また、ゴシゴシこすらなくても汚れが落ちるので、お手入れが簡単でコーティングを長持ちさせるのにも役立ちます。

本体にはアルミニウム合金を採用しているため、軽量で扱いやすいのが特徴。ハンドルは握りやすい設計なので、片手でもスムーズに操作できて便利です。価格が安いのがうれしいポイント。コスパ重視の方におすすめです。

京セラ(KYOCERA) セラフォート フライパン 26cm CFF-26A-BRD

京セラ(KYOCERA) セラフォート フライパン 26cm CFF-26A-BRD

「京セラ」のセラミック技術と「ダイキン」のフッ素樹脂技術を融合したフライパンです。セラミック加工によって、熱伝導性のよさと遠赤外線効果も発揮。旨みを閉じ込めながら素早く焼き上げられるので、美味しい仕上がりをサポートします。

フッ素樹脂加工は、焦げつきやこびりつきを抑制。汚れも落としやすいため、お手入れが簡単です。また、熱回りがよいので、中火以下でも十分調理が可能。IH・ガス火対応で光熱費の節約に役立ちます。

表面硬度が高いセラミックスを配合しているため、優れた使い心地が長持ち。調理も片付けもスムーズに行いやすいので、効率よく家事を進められます。

ビタクラフト(Vita Craft) コロラド フライパン 26cm 2506

ビタクラフト(Vita Craft) コロラド フライパン 26cm 2506

熱しにくくて冷めにくいステンレスと、熱しやすくて冷めやすいアルミニウムを幾重にも重ねたフライパンです。全面多層構造を採用しているため、熱効率に優れているのが特徴。底面の熱が素早く側面にも伝わるので、熱ムラが発生しにくいのが魅力です。

本体との密着度が高いふたが付属しており、調理の幅を広げられるのがメリット。熱や水分が逃げにくい設計を採用しているため、無水調理も可能です。さらに、肉や魚の素材の脂分だけでも調理できるので、カロリーやコレステロールを抑制するのに役立ちます。

ガス火・IHを含むオール熱源対応。本格仕様の機能性とスタイリッシュなデザイン性を兼ね揃えています。

ターク(turk) クラシックフライパン 4号 24cm

ターク(turk) クラシックフライパン 4号 24cm

ドイツ発の鉄製フライパンメーカー「ターク」のフライパンです。鉄の塊から加熱を繰り返して鍛造した、つなぎ目のない一体型形状が特徴。1857年の設立以来変わらない製法で職人が1本1本時間をかけて作り上げた、無骨で飾らないデザインが魅力です。

熱伝導性や保温性に優れており、食材の美味しさを引き出しやすいのがポイント。フライパン全体に油が馴染みやすいため、肉・魚・野菜・パンケーキなど、素材を活かした調理にぴったりです。

本製品は24cmで、角食パンを焼くのにちょうどよいサイズ感。サイズ展開が豊富なので、シーンに合わせて選びやすいのがメリットです。ガス火・IH・オーブンに対応可能。使うほどに味わいが増して長持ちする、こだわりの調理器具を揃えたい方におすすめです。

フィスラー(Fissler) アダマント コンフォート 26cm 159-105-26-100

フィスラー(Fissler) アダマント コンフォート 26cm 159-105-26-100

独自のアダマントコーティングを施したフライパンです。セラミックスの1種である炭化ケイ素を、フッ素と組み合わせているのが特徴。金属へらも安心して使えるほどの耐久性や強度を備えているので、くっつきにくさが長持ちします。

ハンドルは人間工学にもとづいた設計を採用。しっかり握れて重さを軽減できるため、力に自信がない方にもおすすめです。また、滑り止めや熱除けのフィンガープロテクト、フレームガードを搭載。安全面に配慮しているのがポイントです。

側面は高さがあるので、煮汁などがこぼれにくいのがメリット。焼き物・炒め物をはじめ、煮込み料理や揚げ物なども調理できます。内側には目盛りが付属しているため、分量を把握できて便利。マルチに活躍するので、普段使いにぴったりです。

バーミキュラ(Vermicular) フライパン 24cm DEEP FP24

バーミキュラ(Vermicular) フライパン 24cm DEEP FP24

鋳鉄製のフライパンです。独自のホーローコーティングを施しており、食材から出る余分な水分を素早く飛ばします。優れた瞬間蒸発性能によって素材本来の旨みをぎゅっと凝縮するので、初心者でも簡単に美味しい料理を作れるのが魅力です。

毎日使ってもホーローコーティングが剥げにくいため、使い心地のよさが長持ち。錆びに強いのに加えて、普段使っている洗剤で丸洗いするだけなのでお手入れも簡単です。

ホーローはガラス質を高温で焼き付けているため、熱に強いのもポイント。ガス火・IHに対応しているので、熱源を気にせず使えます。鋳鉄からホーロー工程・ウッドハンドルの組み立てまで、職人の手で作られた「メイド・イン・ジャパン」モデルです。

ドウシシャ(DOSHISHA) sutto IH対応 スマートフライパン 20cm ふた付き SUT20

ドウシシャ(DOSHISHA) sutto IH対応 スマートフライパン 20cm ふた付き SUT20

四角型のフライパンです。側面にリブが付いており自立可能。ちょっとしたスペースに収納できるため、キッチン空間を有効活用できます。キッチンの収納が少ない方や一人暮らしの方におすすめです。

深型でガラスふたが付属しているので、幅広い調理に対応できて便利。四角タイプのため、レトルトパックなども調理しやすいのがポイントです。また、角があるので、中身をスムーズに注げます。

本製品は20cmでパスタやステーキなども作れる万能サイズですが、サイズ展開が幅広いのが特徴。セットもラインナップされているため、シーンに応じて選びやすいのがメリットです。

ティファール(T-fal) インジニオ・ネオ IHステンレス・アンリミテッド セット9 L97090

ティファール(T-fal) インジニオ・ネオ IHステンレス・アンリミテッド セット9 L97090

ステンレス製のフライパンセットです。そのまま食卓に並べたりコンロで保管したりする際も、スタイリッシュな雰囲気をプラス。取っ手が取れるタイプなので、重ねて省スペースで保管することもできて便利です。

フライパン・ソースパン・ソテーパン・ふた・シールリッドなどが付属しており、さまざまな調理に対応可能。底面のIHディスクを大きく設計しているため、熱効率が向上して均一に熱が伝わるのがポイントです。

フライパンの内面には「ティファール史上最高峰」と謳う「チタン・アンリミテッドコーティング」を施しています。金属へらも使えるほど摩耗耐久性に優れており、こびりつきにくさが焦げつきにくさにより長持ち。汚れも落としやすいので、お手入れが簡単です。

IH・ガス火を含むオール熱源対応。デザイン性と機能性を兼ね揃えているため、新生活をはじめる方におすすめです。

ティファール(T-fal) インジニオ・ネオ IHルージュ・アンリミテッドセット7 L38395

ティファール(T-fal) インジニオ・ネオ IHルージュ・アンリミテッドセット7 L38395

取っ手が取れるフライパンセットです。22cm・26cmのフライパンと18cmのソースパンのセットで、ガラスぶた・シールリッド・専用取っ手も付属。さまざまな調理に対応できるうえ、重ねてコンパクトに収納できるため一人暮らしの方にもおすすめです。

フライパンには、使いはじめのこびりつきにくさが長持ちする「チタン・アンリミテッドコーティング」を施しています。食材を入れるタイミングを把握できる「お知らせマーク」を搭載しているので、初心者もスムーズに調理できるのがメリットです。

独自技術の「3点固定システム」により、取っ手を装着した際の安定感が向上。片手で着脱できるため、効率よく調理を進められます。本体はオーブン調理や冷蔵庫保存が可能で、そのまま器としても使えて便利です。

サーモス(THERMOS) 取っ手のとれるフライパン5点セットAB KSA-5B

サーモス(THERMOS) 取っ手のとれるフライパン5点セットAB KSA-5B

硬質フィラーを配合した「デュラブルコート」を施したフライパンセットです。耐久性や耐摩耗性に優れているため、焦げつきにくさが長持ちするのが特徴。汚れもスムーズに落とせるので、お手入れが簡単です。

20cm・26cmの深型フライパン、18cm鍋、鍋専用ふた、取っ手が付属したベーシックなセット内容。フライパンは深さがあるため、炒飯・パエリアといった米料理から煮込み料理まで幅広い調理を作れて便利です。

IH・ガス火・オーブン・食洗機に対応しているので、使い勝手に優れているのがポイント。収納時は重ねてコンパクトにまとめられます。手軽に使えるモノを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ダイヤモンドコートパン IH 13点セット PDCI-T13S

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ダイヤモンドコートパン IH 13点セット PDCI-T13S

13点セットのフライパンセットです。充実したセット内容ながら、取っ手が着脱式なのでコンパクトに収納可能。さらに、IH・ガス火対応で価格も安いため、コスパよく調理器具を一式揃えたい方におすすめです。

人工ダイヤモンドを細かい粒子状にしてフッ素樹脂コーティングに配合した「ダイヤモンドコーティング」を施しています。こびりつきにくさが焦げつきにくさにより長持ちするので、調理もお手入れもスムーズに行えて便利です。

オーブン調理や冷蔵保存ができて、そのまま食卓に並べることも可能。使い勝手に優れているため、普段の家事の負担を軽減するのにも役立ちます。

フライパンの売れ筋ランキングをチェック

フライパンのランキングをチェックしたい方はこちら。

フライパンのよくある質問・Q&A

フライパンを長持ちさせるためのお手入れ方法は?

By: fissler.com

フッ素樹脂加工などのコーティングを施したフライパンを長持ちさせるには、必ず油を引いてからフライパンを熱することが大切。コーティングは熱に弱いため、空焚きしてしまうとコーティングが剥がれやすいので注意が必要です。

調理中は強火を避けて、中火~弱火に設定するのがポイント。また、使用後は、キッチンペーパーで残っている油を拭き取ります。フライパンが冷めるまで放置して、柔らかいスポンジと台所用洗剤で優しく洗いましょう。

鉄製フライパンは、購入して使いはじめる前に油ならしを行うと、焦げつきを予防できます。調理中は煙がうっすら立つまでフライパンを熱した後、油を表面全体に馴染ませてから食材を入れるのが長持ちさせるためのポイントです。

鉄製フライパンを洗う際は、表面の油の皮膜が洗い流されないように洗剤を使わないことが重要。フライパンが熱いうちに、たわしやスポンジを使ってお湯か水だけで洗いましょう。

フライパンの寿命・買い替えるタイミングは?

By: fissler.com

コーティングを施したフライパンの寿命は2年程度といわれています。ただし、素材やコーティングの種類、長持ちさせるための使い方やお手入れ方法などによって変わるので、寿命や買い替えタイミングのサインを把握しておくと安心です。

コーティングが剥がれて下地が見えてきたり、料理の焦げつきが気になってきたりしたら、買い替えを検討するタイミング。使うことはできますが、料理に支障が出る恐れがあるため、買い替えるのがおすすめです。

鉄製フライパンは、コーティング加工されていないのでお手入れをしっかりすれば長持ちします。寿命は10年以上ともいわれており、使うほどに油が馴染んで焦げつきを予防。うまく使用すれば一生モノとして活躍します。

一人暮らしにおすすめのフライパンのサイズ

By: vermicular.jp

一人暮らしの方がフライパンを選ぶ場合は、作る量やキッチンの大きさを考慮することが大切です。24cmの標準的なサイズは、1~2人分の調理にぴったり。22cmあれば、1人分の炒飯や冷凍餃子1パック分を作れます。

18cmや20cmのフライパンは、目玉焼きが2~3枚焼けるサイズ感。少量の炒め物などちょっとした一品を作るのに適しており、あまり料理をしない方におすすめの大きさです。

また、同じサイズでも浅型より深型の方が、容量が増えたり調理の幅が広がったりするのがポイント。キッチンやコンロのサイズが狭く、サイズのあるフライパンが使いにくい状況であれば、小さめの深型も選択肢に入れてみてください。