毎日の料理に欠かせない調理器具である「フライパン」。購入したてのモノは快適に使えますが、使い続けるうちに食材がこびり付きやすくなり、料理の妨げになることがあります。

そこで今回は、焦げ付きにくく長持ちするフライパンをご紹介。フライパンを長持ちさせる方法も解説するので、参考にしてみてください。

長持ちするフライパンの選び方

コーティング加工されたモノを選ぼう

テフロン加工

By: amazon.co.jp

テフロンとは、アメリカのデュポン社が1930年代に発見し、商標登録したフッ素樹脂のひとつ。デュポン社が開発した技術を使って作られたフライパンのことを、テフロン加工のフライパンといいます。

テフロン加工のフライパンの特徴は、表面がツルツルしていることです。摩擦係数の少ないフッ素樹脂を表面にコーティングしているので、食材のこびり付きを防止。調理後もスポンジで軽くこすれば、簡単に汚れを洗い流せます。

デメリットは、300℃以上の高温での調理は不向きなこと。コーティングが剥がれ落ち、食材が焦げ付きやすくなってしまいます。コーティングを長持ちさせるには、強火での調理は避けるようにしましょう。

フッ素樹脂加工

By: amazon.co.jp

フッ素樹脂加工のフライパンは、フッ素樹脂を用いて表面がコーティングされています。テフロン加工もフッ素樹脂加工も、同じ素材を使用しているので両者に大きな違いはありません。

しかし、性能としてはテフロン加工に比べて耐久力が劣るのが難点。フライパンにより多少の差はありますが、フッ素樹脂加工のモノは1~2年ほどでコーティングが剥がれてしまいます。安価で購入できる反面、長持ちしにくいため定期的な買い換えが必要なことを覚えておきましょう。

ダイヤモンド加工

By: amazon.co.jp

ダイヤモンド加工とは、フッ素樹脂にダイヤモンドの粒子を混ぜたコーティングのこと。ダイヤモンドの粒子が混じることで磨耗に強くなり、コーティングが剥がれにくいのが特徴です。フッ素樹脂のみの加工と比べて数倍の耐久力があります。

ダイヤモンド加工されたフライパンは食材がくっつきにくいので、油をひかなくても焦げ付かずに調理が可能。また、肉や魚から出る素材の油だけで調理できるため、カロリーが気になる方にもおすすめです。

チタンコート加工

By: amazon.co.jp

チタンコート加工とは、フッ素樹脂にチタンを混ぜた加工のこと。チタンは比重の割に強度があり、錆びにも強い素材です。あらゆるコーティングのなかで最も耐久力に優れています。

ただし、ほかのコーティングと同様に強火での長時間の調理はおすすめできません。フライパンを長持ちさせるには、弱火~中火までの調理を心がけましょう。

フライパンの素材もチェック

チタン

By: amazon.co.jp

チタンは鉄の2倍もの強度があり、衝撃によって割れたり折れたりしにくい素材です。酸や食塩に対して強い耐食性があるので、錆びついたり変形したりすることもほとんどありません。

また、チタン製フライパン軽くて扱いやすいところも特徴。鉄製のフライパンの50~60%ほどの重さしかないので、力に自信のない方にもおすすめです。

難点としては、ほかの金属と比べると熱伝導率が低く温まりにくいこと。そのため、中華料理など強火で一気に仕上げる料理には向きません。弱火~中火でじっくり調理する煮込み料理が、チタン製フライパンの得意分野です。

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレスとは、鉄に12%以上のクロムを添加した高合金鋼のこと。stain(汚れ)とless(ない)を合わせた造語で、錆びにくく丈夫なのが特徴です。水分をしっかりぬぐっておけば、5~10年以上錆びずに使用できるモノもあります。

ステンレスの特徴は、熱に強く高い強度があること。熱伝導率が高く冷めにくいので、弱火でもしっかり食材に熱を入れられます。また、洗剤を使わなくともタワシで軽くこすれば汚れが落とせ、手入れが簡単なのも魅力です。

注意点は、調理前に油をしっかり馴染ませておかなければ食材がこびり付いてしまうこと。フライパンに油を入れ、中火~弱火で加熱して全体に油を染み込ませておきましょう。この作業を行えば食材とフライパンがくっつかず、ムラなくきれいに調理できます。

By: amazon.co.jp

金属製品の約90%を占めており、最も身近な素材なのが鉄。ほかの金属よりも加工しやすく資源も豊富なため、比較的安価に手に入ります。さらに、傷がつきにくく丈夫なので、手入れを怠らなければ10年以上使用できる素材です。

鉄製フライパンは、高温に強く熱伝導率も高いため、中華料理や揚げ物におすすめ。熱が均一に入るので焼きムラも少なく、短時間でおいしく仕上がります。使うごとに油が馴染んでいき、食材が焦げ付きにくくなっていくのも特徴です。

デメリットは、テフロン加工の製品と比べて手入れに手間がかかること。フライパンに油を染み込ませる「油ならし」をしたり、調理後は温かいうちにお湯で洗ったりしなければなりません。これらの手入れを怠ると、錆びや焦げ付きの原因になるので注意しましょう。

フライパンを長持ちさせるコツ

By: amazon.co.jp

コーティング加工されたフライパンを長持ちさせるには、ダメージをなるべく与えないようにすることが大切です。特にダメージが大きいのが、食材を入れずに空焚きすること。コーティングが熱によって損傷していくだけでなく、有害ガスが発生する恐れもあります。

調理中に金属ヘラやお玉などを使用するのも、コーティングが剥がれる原因になるので注意しましょう。また、調理後にタワシや研磨剤入りのスポンジでフライパンをこするのも厳禁です。柔らかいスポンジを使い、汚れを優しく落としてみてください。

長持ちするフライパンのおすすめ

ティファール(T-fal) IHハードチタニウム・プラス フライパン 26cm C63005

ティファール(T-fal) IHハードチタニウム・プラス フライパン 26cm C63005

強靭で耐食性のあるチタンがコーティングされたフライパン。従来品の3倍の耐久力があるので、長期間使用してもコーティングが剥がれにくいのが特徴です。汚れがサッと落とせるノンスティック加工が表面に施されており、手入れに手間がかかりません。

本体の高さは5.6cmあり、食材から油が跳び跳ねにくく安心。油を使わなくても食材が焦げ付かないので、ダイエット中の方や離乳食を作る方にもおすすめのフライパンです。

ル・クルーゼ(LE CRUSET) TNS シャロー フライパン 24cm 962001-24

ル・クルーゼ(LE CRUSET) TNS シャロー フライパン 24cm 962001-24

耐久性に優れた硬質アルマイトと熱を逃がさないステンレスを使用したフライパン。内側と外側に3層のフッ素加工を施しており、少ない油でも食材が焦げ付きません。また、食洗機で丸洗いできるので、手間なく清潔に使えます。

ガスやIHなどの熱源はもちろん、260℃までのオーブン調理にも対応。人間工学に基づいたデザインを採用しており、手にしっかりと馴染むので、手首に負担をかけにくく快適に使えます。おしゃれなデザインのため、調理後はそのまま食卓に出せるおすすめのフライパンです。

リバーライト(RIVER LIGHT) 鉄フライパン 極JAPAN 26cm

リバーライト(RIVER LIGHT) 鉄フライパン 極JAPAN 26cm

本製品は、鉄製フライパンの調理性能はそのままに、錆びにくさを追及しているのが特徴です。窒素を充填させた高温の窯に鉄を入れ、窒素と鉄を結びつけることで錆びへの耐性を強化。さらに、特殊な熱処理を加えているため、通常の5倍の強度があります。

ハンドルは取り外せるので、省スペースで保管が可能。強火による短時間の調理ができ、野菜炒めやチャーハンなどもベタつかずおいしく仕上がります。きちんと手入れをすれば、10年以上も長持ちするフライパンです。

ビタクラフト(Vita Craft) フライパン 25.5cm オレゴン 8674

ビタクラフト(Vita Craft) フライパン 25.5cm オレゴン 8674

本製品の特徴は、アルミニウムとステンレスを合わせた多層構造になっていること。2つの金属を重ねることで高い保温性と熱伝導性が生じ、フライパン全体に熱が素早く伝わります。油を使わなくても食材そのものの油だけで調理できるので、カロリーが気になる方にもおすすめです。

保温性に優れているため、ほうれん草やキャベツなどは洗った際についた水分のみで調理可能。栄養の流出を最小限におさえ、本来の旨味が楽しめます。長持ちするだけでなく、さまざまな調理方法ができるフライパンです。

IEOKE フライパン 26cm ダイヤモンドコート

IEOKE フライパン 26cm ダイヤモンドコート

フッ素樹脂にダイヤモンドの粒子を配合した、丈夫で長持ちするフライパンです。表面は2層コーティングされており、10万回の耐磨耗テストに耐えるほど耐久力があります。外面はエナメル加工が施され、熱を加えても簡単には変形しません。

ガス・IH・ハロゲンヒーター・電気プレートなどさまざまな熱源に対応可能。フライパンの側面を薄くすることで軽量化されており、片手でもしっかりと持てます。5.5cmの深さがあるので、鍋としても使いやすい製品です。

北陸アルミニウム(HOKUA) フライパン センレンキャスト 26cm

北陸アルミニウム(HOKUA) フライパン センレンキャスト 26cm

約400年の歴史をもつ鋳物発祥の地で作られたアルミキャスト製のフライパン。ステンレスの約3分の1の重さの特殊合金製で、片手でも簡単に扱えます。食材へ均一に熱が伝わるので、焼きムラができにくいのも魅力です。

内面のコーティングは、テフロンブランドの最高峰であるテフロンプラチナプラス加工。テフロンクラシックの7倍の耐久力があり、コーティングが長持ちするので食材の焦げ付きを防止します。一般家庭の調理器具としてはもちろん、プロの料理人も愛用している高品質のフライパンです。

杉山金属 匠味 鉄製フライパン 26cm KS-3044

杉山金属 匠味 鉄製フライパン 26cm KS-3044

肉眼では確認できないほど細かく施された「ナノエンボス加工」が特徴の鉄製フライパン。油なじみがよく焦げ付きにくいので、料理がおいしく仕上がります。また、熱伝導性と耐久力が高いため、炒め物や揚げ物などの高温調理も可能です。

表面が非常に硬いので、金属製のトングやお玉を使っても傷がほとんどつきません。鉄製のフライパンながら軽くて持ちやすいので、手首に負担をかけにくいのも嬉しいポイント。使うたびに油が馴染み、焦げ付きにくく快適な調理が実現するフライパンです。

匠(TAKUMI) マグマプレート フライパン 24cm MGFR24

匠(TAKUMI JAPAN) マグマプレート フライパン 24cm MGFR24

鉄の表裏両面に凸凹が付いたマグマプレートのフライパン。表面が加工されていることで食材の芯まで効率的に火を通せます。短時間で調理を済ませられるフライパンを探している方におすすめです。

凸凹加工によって油馴染みをよくするとともに、食材を焦げ付きにくくするというメリットもあります。じっくり育てることで長く使い続けられるフライパンです。

柳宗理 鉄フライパン ファイバーライン加工 25cm

柳宗理(SORI YANAGI) 鉄フライパン ファイバーライン加工 25cm

シンプルながら洗練されたデザインで人気の柳宗理。本製品は、鉄フライパンにファイバーライン加工を施すことで油馴染みをよくしています。一般的な鉄フライパンよりも焦げ付きにくいので、初めて鉄製のフライパンを使う方にもおすすめです。

ガスの直火だけでなく、IHで使用できるのも嬉しいポイント。左右に注ぎ口を付けているため、利き手を問わず料理を移しやすいというメリットもあります。

スーパーストーンバリア フライパン 26cm

スーパーストーンバリア フライパン 26㎝

ストーンバリアコートを施したフライパン。少量の油しか使わなくても、弱火でもしっかり食材に火を通せます。焦げ付きにくく、お手入れしやすいのも嬉しいポイント。手軽に使えるフライパンを探している方におすすめです。

合計10層のコーティングが施されているため、耐摩耗性に優れているのが特徴。傷つきにくく、長持ちします。ガスだけでなくIHにも対応しているため、IHを熱源とするキッチンでも問題なく使えるおすすめのフライパンです。

和平フレイズ EZストーン ディープパン 24cm MA-9186

和平フレイズ(WAHEI FREIZ) EZストーン ディープパン 24cm MA-9186

耐摩耗性に優れた高性能フッ素樹脂塗料を採用し、セラミック粒子を配合したフライパン。傷つきにくいため、長く綺麗な状態を保てます。こびり付きにくい状態が長続きするので、毎日ストレスなく料理が可能です。

取っ手と本体が一体となっているので内面に留め具がなく、汚れが溜まりにくいのも嬉しいポイント。衛生的に使えるフライパンを探している方におすすめです。

ククナキッチン ストーンマーブルコート ディープフライパン 24cm ターナー付 KKN-SM24DF

ククナキッチン(KUKUNA KITCHEN) ストーンマーブルコート ディープフライパン 24cm ターナー付 KKN-SM24DF

マーブルコートが施されたフライパン。食材がこびり付きにくく、手軽に汚れを落とせます。毎日のお手入れが簡単にできるフライパンを探している方におすすめです。

深さがあるため、炒め物だけでなく煮物や蒸し物にも使えます。1つであらゆる料理に対応できるフライパンを購入したい方に最適。左右両方に注ぎ口が付いているため、利き手を問わず使えるのも魅力です。

パール金属(PEARL METAL) ブルーダイヤモンドコート フライパン 20cm HB-2016

パール金属(PEARL METAL) ブルーダイヤモンドコート フライパン 20cm HB-2016

ダイヤモンド粒子を配合したコーティングが特徴のフライパン。丈夫でコーティングがはがれにくいため、綺麗な状態が長持ちします。耐久性に優れたフライパンを探している方におすすめです。

丈夫でしっかりとした作りながら、軽くて扱いやすいのが魅力。長時間持ち続けても、腕に負担をかけにくいというメリットがあります。料理でもお手入れでも難なく持てるおすすめのフライパンです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) KITCHEN CHEF ダイヤモンドコートパン 20cm IS-F20

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) KITCHEN CHEF ダイヤモンドコートパン 20cm IS-F20

ダイヤモンドコートのフライパン。耐久性に優れ、コーティングがはがれにくいので長持ちします。食材もこびり付きにくいため、ストレスフリーで調理したい方におすすめです。

また、取っ手を自由に取り外せるのも嬉しいポイント。そのまま食卓に出して皿代わりにすることも、コンパクトに収納することもできます。IHにもガスにも対応し、熱源を選ばないのも魅力です。

タフコ 軽量ダイヤモンドマーブルフライパン 26cm

タフコ 軽量ダイヤモンドマーブルフライパン 26cm

マーブル加工とダイヤモンド粒子配合により、耐久性に優れたフライパン。こびり付きにくくお手入れしやすい状態を長くキープできます。本体の素材はアルミで熱伝導性がよく、軽くて扱いやすいのもポイント。持ち上げやすい重さのフライパンを探している方におすすめです。

内面に取っ手の留め具がないので凸凹がなく、汚れが溜まりにくいのも魅力。衛生的に使えて長持ちする製品です。

ベストコ パストⅡ 鍛造深型IHフライパン 28cm ND-7957

ベストコ パストⅡ 鍛造深型IHフライパン 28cm ND-7957

鍛造加工を施した、熱変形に強いフライパン。高温で加熱しても変形しないので、長持ちします。ダイヤモンドコートとマーブル加工を施すことで、耐久性を高めているのも特徴です。使い続けてもなかなかコーティングがはげないフライパンを探している方におすすめ。

深さがあるので、容量を必要とする煮物などの料理にも使えるのがポイントです。注ぎ口が左右にあるため、利き手を問わず快適に使えるのもメリット。使い勝手のよいおすすめのフライパンです。

ティファール(T-fal) インジニオ・ネオ グランブルー・プレミア フライパン 26cm L61405

ティファール(T-fal) インジニオ・ネオ グランブルー・プレミア フライパン 26cm L61405

取っ手が外せることでおなじみのティファールのフライパン。コンパクトに収納できてかさばりません。オーブンや冷蔵庫にそのまま入れたり、食卓に出したりできます。

チタンコーティングを施し、焦げ付きにくさを重視して作られているのが特徴。ストレスなく料理できる状態が長持ちします。適切な温度を知らせてくれるお知らせマークが付いているのもポイント。初めてフライパンを購入する方にもおすすめです。

サーモス(THERMOS) フライパン 26cm KFB-026

耐久性を重視したフッ素樹脂塗膜加工を施したフライパン。食材が焦げ付きにくく、スルッと表面から外れる快適さが長持ちします。煮物や揚げ物にも使える深型設計も特徴のひとつ。あらゆる料理に使えるフライパンを探している方におすすめです。

IHにもガスにも対応している万能性の高さもポイント。引っ越しが多くキッチンの熱源が変わりやすい方も、安心して使い続けられます。

京セラ(KYOCERA) セラフォート フライパン 26cm CFF-26A-BRD

京セラ(KYOCERA) セラフォート フライパン 26cm CFF-26A-BRD

IHにもガスにも対応したフライパン。熱源を問わず、あらゆる料理に使えます。セラミックスとフッ素樹脂を採用することで、こびり付きにくさが長持ちするのが特徴。セラミック特有の熱伝導のよさで、食材の芯までしっかりと火を通せるのもポイントです。

毎日の料理の質にこだわりたい方におすすめ。取っ手にポリウレタン樹脂を採用することで、優しい握り心地を実現しているのも魅力です。