「電子ノート」はどこでも気軽にメモが取れて、整理や編集も簡単に行える便利なツール。製品の種類はそれほど多くないものの、価格差が広く、下は1000円台から上は数万円するアイテムまで揃っています。

そこで今回は、おすすめの電子ノートをピックアップ。選び方のポイントやおすすめのメーカーについてもご紹介します。

電子ノートの選び方

本体サイズをチェック

By: amazon.co.jp

自宅や職場で使うなら、画面サイズが8インチ以上の大きいモデルがおすすめです。デスクの上から動かす機会がほとんどなければ、携帯性よりもメモのしやすさが重要。画面が小さいと、一度に多くの情報を載せられないのが難点です。

一方で、移動中や出張先で使うなら、6インチ程度のコンパクトなタイプがおすすめ。たとえば、出先でお客さんから商品の発注を受けるときなど、サイズがコンパクトならどこにでも持ち運べるので、活用できるシーンも増えます。

解像度をチェック

By: sony.jp

解像度とはディスプレイに表示される総画素数のことで、1024×600のように表記します。ディスプレイのサイズが同じであればドット数が大きいほど精細に画像を表示することが可能です。

そのため、電子ノートの視認性を比較するには解像度とディスプレイのサイズをチェックすることが重要。大手メーカーの高性能な電子ノートでは、6インチのディスプレイサイズに対し600×800ピクセルの解像度が主流です。

細かな文字やイラストを書き留めたい場合は、最低でも600×800ピクセルの電子ノートがおすすめ。走り書きのメモなど精細な表示を必要としないなら、解像度にこだわる必要はありません。購入前に使用用途をチェックした上で選びましょう。

電源方式をチェック

充電池タイプ

電子ノートは、定期的に給電が必要です。充電池タイプはハイスペックな製品に多い方式で、USB給電による充電ができます。乾電池を買い置きする手間がなく、いつでもコンセントから手軽に充電できるのが魅力です。

一度の充電による駆動時間は数時間から数週間で、中には1ヶ月程度駆動する製品もありますが、基本的には充電が必要。そのため、職場や自宅での使用におすすめです。スマートフォンやノートパソコンと同様、バッテリー残量に少し気を配るだけで使えます。

乾電池タイプ

乾電池タイプはボタン電池や単6乾電池などを電源に用いる方式です。リーズナブルな電子ノートに採用されていることが多く、駆動時間の長さが魅力。一度の電池交換で数ヶ月〜数年使用できます。

駆動時間が長く、電池切れの心配をせず持ち運べるため、外出先や出張などで使用する電子ノートとしておすすめ。電池切れの際も予備の乾電池を鞄に入れておけば、充電式のように待ち時間なく電池を交換してすぐに使えます。

駆動時間をチェック

By: sony.jp

電子ノートには、書いた内容のデータ保存に対応している製品と対応していない製品が存在。データ保存可能なモデルは駆動時間が短く、データ保存できないモデルは駆動時間が長い傾向にあります。

メモした内容を保存したり外部に転送したりできるハイスペックなモデルは、多機能なため電力の消費量が多く、駆動時間が数時間から数週間です。一方、書いてはすぐ消すことを想定して設計されたモデルは、機能がシンプルなので長期間連続駆動できるのが魅力。長いモノでは、ボタン電池1つで約2年使えます。

電子ノートの駆動時間は数時間から数年と幅広いため、まず使う場所や用途から必要な駆動時間を想定することが大切です。購入前に駆動時間をしっかり確認しましょう。

ストレージ容量をチェック

By: sony.jp

電子ノートの中でもハイスペックな製品は、メモしたデータを保存することが可能です。書いてすぐに消すのではなく、データを保存しておきたい方はストレージ容量をチェックしましょう。

また、パソコンと接続すれば、電子ノートで作成したデータの書き出しができるモノも存在。他に、Wi-FiやBluetoothを利用し、パソコンやクラウド上にデータを保存できるモデルも販売されています。使用用途に合わせて、ストレージ容量もチェックしてみてください。

カバーの有無をチェック

By: amazon.co.jp

電子ノートを選ぶ上では、カバーの有無も確認すべきポイント。自宅やオフィスで使う場合は、カバーがなくても特に問題はありませんが、持ち運んで使いたい方はカバー付きの方が安心です。

電子ノートは種類によって、最初からカバーが付いてくるモノと付いていないモノに大別できます。最初からカバーが付いていないモデルでも、別売りされていることもあるので、合わせてチェックしてみましょう。

機能をチェック

筆圧感知可能

By: rakuten.co.jp

筆圧感知機能を搭載した電子ノートなら、より紙とペンに近い感覚で描画できます。快適にメモやノートをとったり、イラストを描いたりしたい方におすすめの機能です。

筆圧感知機能は、走り書きやメモ程度ならさほど気にする必要はありません。しかし、筆圧感知がないモデルは書き味が独特で癖があります。書きやすく読みやすい電子ノートを探しているなら、チェックしておきましょう。

通信機能

By: sony.jp

ハイスペックな電子ノートの中には通信機能を搭載し、外部デバイスとの連携を可能にしたモデルも存在。USBケーブルによる有線接続、Wi-FiやBluetoothによるワイヤレス接続を利用し、パソコンやスマートフォンへデータを転送できます。

高性能モデルなら、データの相互転送も可能。電子ノートで書いたメモやノートなどのデータをパソコンに取り込み、編集や保管ができるのはもちろん、パソコンで作成した文書を電子ノートへ転送し、添削や校閲などもできるので便利です。

そのため、書いたメモやノートを電子ノート本体だけでなく、パソコンなどの外部デバイスで活用したい方におすすめ。場所を選ばない自由なワークスタイルで仕事を進められるので、電子ノートをビジネスユースに検討している方はぜひチェックしてみてください。

スケジュール機能

By: sony.jp

スケジュール機能を搭載した電子ノートなら、スケジュール帳としても使えて便利です。最近はスケジュール管理をスマートフォンやタブレットなどのアプリで行う方が多い一方、さっと手軽に書き込める紙のスケジュール帳を好む方も少なくありません。

電子ノートならスケジュール帳のように手書きでスケジュール管理が行える上、大量の情報を容易に持ち運べます。直感的に書き込めるペーパーレスの手帳として、普段使いからビジネスまで幅広いシーンで活躍する機能です。

バックライト機能

By: amazon.co.jp

バックライト機能は、暗い場所で使用する場合にディスプレイの視認をサポートする便利な機能。ただ、現行モデルにはほとんど搭載されていないのが現状です。

バックライト機能がない電子ノートは目に優しく、長時間使用しても疲れにくいのがメリット。また、屋外でも光が反射しにくく、文書が読みやすいのも特徴です。電子ノートの多くはバックライト機能が搭載されていないため、夜間での使用を考えている方は注意して選びましょう。

電子ノートのおすすめメーカー

キングジム(KingJim)

By: amazon.co.jp

キングジムの電子ノートは、紙に近い書き心地の「ブギーボード」シリーズが人気です。リーズナブルな価格が特徴で、専用の収納ケースも販売しているので、持ち運んで使いたい方におすすめ。

画面サイズは8.5、10.5インチの大きいモデルや、片手でも軽々持てる4.5インチモデルも用意されているため、用途に合わせて選べます。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの電子ノートは、多彩なサイズとおしゃれなデザインが特徴です。また、カバーが最初から付属している電子ノートも多く、出張先やカフェなど外出先に持ち運んでもディスプレイに傷が付きにくいのがメリット。

使用できるノート枚数も多く、これまで紙のノートをたくさん使っていた方は、1冊の電子ノートに情報をまとめられます。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーの電子ノートは、画面の解像度が高く、まるで紙に印刷したような細かさ、滑らかさが感じられます。また、遅延が少なく本物の鉛筆やペンのような書き心地を味わえるのが魅力。保存容量やバッテリーもちもよく、機能性に優れているのが特徴です。

電子ノートのおすすめモデル

キングジム(KingJim) Boogie Board BB-1GX

リーズナブルな電子ノートです。画面サイズは8.5インチで、自宅や職場でのメモ用途におすすめ。厚みが3.2mmと薄い上、重量が110gと軽いので、持ち歩きも容易です。

上部のボタンを押すと、簡単にメモやイラストをリセットできます。押すまで画面は保持されるので、メモが消えることもなく安心です。筆圧を感知して自動で線の太さが変わる感圧式ディスプレイを採用しているため、滑らかな描画が可能なのもポイント。耐久性にも優れており、約5万回書き換えできます。

専用のスタイラスペンも付属。カバーは付いていませんが、オプションで収納ポーチが販売されています。ただし、電池交換ができず電気切れの際は本体の買い替えが必要。低価格で使い勝手のよい電子ノートを探している方におすすめです。

キングジム(KingJim) Boogie Board BB-11

スタイリッシュな半透明の液晶を採用した電子ノートです。下地が透けて見えることを利用して付属の罫線や方眼が印刷されたテンプレートシートを併用し、直線をなぞったり方眼に合わせて文字を書いたりと便利に描画できます。

画面サイズが13.8インチと大きいので、のびのびとメモやイラストを書けるのも魅力。電源にはボタン電池を用いており、約5万回消去して繰り返し使えます。

上部に搭載したイレースボタンを押すことで、簡単に画面をリセット可能。イレースロックボタンも搭載しているため、意図しない消去も防げます。画面サイズは大きいですが、厚みはわずか5mmで、重量が273gと軽いため持ち運びにも最適です。

薄型でありながら筆圧感知にも対応しているのがポイント。斬新な半透明液晶を搭載した、大画面の電子ノートです。

キングジム(KingJim) Boogie Board JOT8.5 BB-7N

裏面にマグネットを内蔵しているのが特徴の電子ノートです。マグネットにより冷蔵庫や金属面などに貼り付けて使えます。冷蔵庫に貼って買い出しのメモを書き留めたり、家族の予定を書き込む伝言ボードにしたり、幅広い用途で使える点が魅力です。

画面サイズは8.5インチで、液晶画面が見やすく改良されており、液晶コントラスト比が従来製品より50%向上しています。書いた内容は上部のイレースボタンで瞬時に削除可能です。ボタンを押すまで内容は保持されるため、書いてはすぐ消すメモや伝言などの用途におすすめ。

また、本体に付属のスタイラスペンを収納できるホルダーを搭載しています。電子ノートを机に置いて使うだけでなく、どこかに貼り付けて使いたい方におすすめの製品です。

シャープ(SHARP) 電子ノート WG-S30

シャープによるハイスペックな電子ノートです。ディスプレイは6インチで600×800の高い解像度を備えているため、細かな文字も書き込めます。ペンとマーカーは5段階の太さと3段階の濃淡を選択でき、より自由に文章や図を作成できるので便利です。

3000ページ分の画面を保存でき、目的別にノートを作成しページを分類して管理できます。ノートは最大100冊まで作成できるため、大量のデータもわかりやすく整理可能。スケジュール機能も搭載しており、最大4年分のデータを保存できます。

電源方式は充電池式で、最長30日間の連続使用が可能。通信機能も充実しており、付属のmicroUSBケーブルを用いてパソコンと接続しデータを転送できます。反対に、パソコンから画像などのデータを電子ノートに取り込み、書き込みが行えるのもポイントです。

4桁の暗証番号による画面ロック機能も搭載しており、重要な情報を保護できるので、ビジネス用途にもおすすめ。専用カバーとスタイラスペンが付属しており、電子ノート本体と合わせた重量はわずか260gと携行性に優れた6インチのハイスペックモデルです。

シャープ(SHARP) 電子ノート WG-S50

シャープによる上位モデルの電子ノートです。高級感のある専用カバーが付属しており、サイズは6インチと手帳感覚で持ち歩けます。解像度は600×800で、精細な表示が可能です。

ペンとマーカーは太さを5段階、濃淡を3段階に調節できる他、直線や円、四角形の描画機能に加え、指定範囲の移動やコピー機能も搭載。手書きとデジタルを組み合わせ、より便利にメモやノートを作成できます。電源方式は充電池タイプで、最長30日間使えるのも魅力です。

また、スケジュール機能も搭載しており、最大5000ページ分のノートや4年分のスケジュールを保存できます。データはノートに分類し、整理して管理可能。作成したページはサムネイルで確認したり、作成日で日付検索したりと、素早く目的のデータにアクセスできます。

4桁の暗証番号による画面ロック機能を搭載しており、セキュリティ面も安心。付属のmicroUSBケーブルでパソコンと接続し、データ転送も行えます。ハイスペックでコンパクトな電子ノートを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) デジタルペーパー DPT-CP1

ソニーによるハイクオリティな電子ノートです。画面サイズは広々とした10.3インチで、解像度が1404×1872と高く、読みやすく書きやすい精細な表示を実現。16階調のグレースケールにより小さな文字もくっきりと表示し、使い心地に優れています。

コンパクトなA5サイズで、厚みはわずか5.9mm。重量は約240gと軽く、携帯性にも優れています。電源方式に充電池タイプを採用しており、駆動時間は最長で3週間。頻繁に充電をしなくてよいので便利です。

ストレージ容量が16GBと大きく、PDF換算で約1万ファイル分のデータを扱えるのもメリット。通信機能も充実しており、パソコンはもちろんスマートフォンとも接続できます。

パソコンでネット上からダウンロードしたPDFファイルを電子ノートで読んだり、電子ノートで作成したメモをスマートフォンに転送しクラウドに上げたりといった作業が可能。持ち運びやすいA5サイズで、ビジネスにおすすめの電子ノートです。

ソニー(SONY) デジタルペーパー DPT-RP1

書類や資料を読むのに最適な、A4サイズの電子ノートです。一般的なA4サイズのPDF文書をほぼ原寸表示でき、手軽に拡大表示も行えるため、資料の閲覧におすすめ。画面サイズは13.3インチで、解像度は1650×2200です。16階調のグレースケールにより、まるで白い紙に黒インクで印刷したような高い視認性を実現しています。

充電池式を採用しており、フル充電で最長3週間使えるのもメリット。16GBのストレージ容量を備えており、約1万のPDFファイルを保存できる他、スタイラスペンはペン先と描画位置のズレが少なく、高精度な描画が可能です。

また、パソコンやスマートフォンとの通信機能も搭載しており、USBケーブルやWi-Fi、Bluetoothなどで接続し、データを転送できます。セキュリティ面にも優れており、本体内のデータは暗号化される上、ペアリングされたデバイスとしかデータを転送できないため安心です。

A4サイズのハイスペックな電子ノートとして、主にビジネス用途におすすめ。より自由なワークスタイルを可能にする製品です。

HOMESTEC 電子パッド

リーズナブルな価格が特徴の電子ノートです。画面サイズは8.5インチで、筆圧感知に対応しており強弱のある線が引けます。書いてはすぐ消すタイプの電子ノートで、コストパフォーマンスに優れている製品を探している方におすすめです。

電源方式に乾電池式を採用し、ボタン電池1つで約1年間使えます。本体下部の消しゴムボタンを押すと即座に画面をリセットでき、約10万回の消去が可能。専用のスタイラスペンが付属しており、本体に収納ホルダーを搭載しているため、持ち運びにも便利です。

家庭での伝言ボードや、子供のお絵描き、ビジネスでのちょっとしたメモなど、幅広いシーンに活躍します。手軽に使える電子ノートとしておすすめの製品です。

Hallomall 12インチ電子メモ

12インチのリーズナブルな電子ノートです。本体サイズは28×18.5×0.4cmで、大きな画面を広々と使って描画できるのが魅力。電源方式は乾電池タイプであり、ボタン電池1つで約1年間使えます。筆圧感知に対応しているのもメリットです。

書いてはすぐ消すタイプの電子ノートであり、上部のイレースボタンを押すと瞬時に書き込んだ内容を消去できます。画面のリセットは約10万回可能。専用のスタイラスペンが付属しており、本体下部に収納できます。

ノート感覚で広いスペースに書き込めるため、子供の学習用から仕事の打ち合わせまで幅広い用途に使える製品です。

電子ノートのAmazonランキングをチェック

電子ノートのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。