「電子ノート」は、どこでも気軽にメモが取れて、整理や編集も簡単に行える便利なツール。製品の種類はそれほど多くないものの、価格差が広く、下は1,000円台から上は数万円するアイテムまで揃っています。

そこで今回は、おすすめの電子ノートをピックアップ。選び方のポイントやおすすめのメーカーについてもご紹介します。

電子ノートとは?

By: amazon.co.jp

電子ノートは、タッチディスプレイにスタイラスペンで書き込むことで、手書きメモと同じように文字や図形を記録できるデバイスを指します。雑多なメモ書きをペーパーレスでスマートに残しておきたい方におすすめのアイテムです。直前の動作だけを削除できたり、データをPCなどに転送できたりする優れた機能を搭載したモデルも展開されています。

電子ノートの魅力

タブレットよりも安価で購入できる

By: amazon.co.jp

形状の似た電子ノートとタブレットですが、大きな違いとして挙げられるのは価格。さまざまな価格帯の製品が展開されている電子ノートのなかには、タブレットよりも大幅にリーズナブルな価格で手に入れられるモデルもラインナップされています。価格が安いモノだと機能は限られてしまいますが、メモ書きなど、最低限の機能さえ使えれば問題ないといった方におすすめです。

メモをすぐにデータ化できる

By: amazon.co.jp

アナログのノートにメモやスケジュールを書き込んだ場合、後になってデータをまとめたりパソコンに打ち直したりする必要があります。電子ノートの利点は、メモ書きをそのままデータ化できるところ。手間がかからないため、作業効率の向上が期待できます。

電子ノートの選び方

本体サイズをチェック

By: sony.jp

自宅や職場で使うなら、画面サイズが8インチ以上の大きいモデルがおすすめです。デスクの上から動かす機会がほとんどなければ、携帯性よりもメモのしやすさが重要。画面が小さいと、一度に多くの情報を載せられないのが難点です。

一方で、移動中や出張先で使うなら、6インチ程度のコンパクトなタイプがおすすめ。たとえば、出先でお客さんから商品の発注を受けるときなど、サイズがコンパクトなら持ち運びやすく活用できるシーンも増えます。

解像度をチェック

By: sony.jp

解像度とは、ディスプレイに表示される総画素数のことで、「1024×600」のように表記します。ディスプレイのサイズが同じであれば、ドット数が大きいほど精細に画像を表示することが可能です。

電子ノートの視認性を比較するには、解像度とディスプレイのサイズをチェックすることが重要。細かな文字やイラストを書き留めたい場合は、最低でも600×800ピクセルの電子ノートがおすすめです。

電源方式をチェック

充電池タイプ

充電池タイプはハイスペックな製品に多い方式で、USB給電による充電ができます。乾電池を買い置きする手間がなく、いつでもコンセントから手軽に充電できるのが魅力です。

なかには、一度の充電で数週間駆動する製品もラインナップ。駆動時間の長いモノであれば、職場や自宅での使用にはもちろん、外出先でも手軽に使えます。

乾電池タイプ

乾電池タイプは、ボタン電池や乾電池などを電源に用いる方式です。リーズナブルな電子ノートに採用されていることが多く、駆動時間の長さが魅力。一度の電池交換で数ヶ月〜数年使用できます。

駆動時間が長く、電池切れの心配をせず持ち運べるため、外出先や出張などで使用する電子ノートとしておすすめ。電池切れの際も、予備の乾電池をカバンに入れておけばすぐに使えます。

駆動時間をチェック

By: sony.jp

電子ノートには、書いた内容のデータ保存に対応している製品と対応していない製品の2種類が展開されています。基本的に、データ保存可能なモデルは駆動時間が短く、データ保存できないモデルは駆動時間が長い傾向にあるため留意しておきましょう。

メモした内容を保存したり外部に転送したりできるハイスペックなモデルは、多機能なので電力の消費量が多く、駆動時間は数時間から数週間ほどです。一方、書いてはすぐ消すことを想定して設計されたモデルは、機能がシンプルのため長期間連続して駆動します。

電子ノートの駆動時間は数時間から数年と幅広いので、使う場所や用途から必要な駆動時間を想定することが大切。購入前に駆動時間をしっかり確認しておきましょう。

ストレージ容量をチェック

By: sony.jp

書いてすぐに消すのではなく、データを保存しておきたい方はストレージ容量も要チェック。パソコンと接続すれば、電子ノートで作成したデータの書き出しができるモノもラインナップされています。

そのほか、Wi-FiやBluetoothを利用し、パソコンやクラウド上にデータを保存できるモデルもラインナップ。使用用途にあわせてストレージ容量をチェックしてみてください。

カバーの有無をチェック

By: amazon.co.jp

電子ノートを選ぶうえでは、カバーの有無も確認しておきたいポイント。自宅やオフィスで使う場合はカバーがなくても特に問題はありませんが、持ち運んで使いたい方はカバー付きの方が安心です。なお、最初からカバーが付いていないモデルでも、別売りされている可能性もあるのであわせてチェックしてみましょう。

電子ノートのおすすめメーカー

キングジム(KingJim)

By: amazon.co.jp

キングジムの電子ノートは、紙に近い書き心地の「ブギーボード」シリーズが人気です。リーズナブルな価格が特徴。専用の収納ケースも展開しているので、持ち運んで使いたい方におすすめです。

画面サイズは8.5・10.5インチの大きいモデルや、片手でも軽々持てる4.5インチモデルも用意されているため、用途にあわせて自由に選べます。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの電子ノートは、多彩なサイズとおしゃれなデザインが特徴。また、カバーが最初から付属している電子ノートも多く、出張先やカフェなど外出先に持ち運んでもディスプレイに傷が付きにくいのがメリットです。使用できるノート枚数が多いアイテムもラインナップされているので、ぜひチェックしてみてください。

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

ソニーの電子ノートは画面の解像度が高く、紙に印刷したような細かさや滑らかさが感じられるのが特徴。また、書き込んだときの遅延が少なく、鉛筆やペンのようなしっかりとした書き心地を味わえるのも魅力です。保存容量やバッテリー持ちもよく、機能性に優れています。

電子ノートのおすすめモデル

キングジム(KingJim) Boogie Board BB-1GX

重量110gと軽量設計の8.5インチ電子ノートです。電源のオン・オフが不要で、スタイラスペンや爪で書きたいときにすぐ書けるのが魅力。消したいときは、イレースボタンをワンタッチするだけで使えます。

書いた内容に関しては50000回の書き換えができるため、長く使い続けたい方にもおすすめ。カラーは黒・青・ピンクの3種類から選べます。

専用カバーはないものの、別売りの収納ポーチを使えば持ち運びの際に本体を保護することが可能。データ保存はできませんが、リーズナブルな価格で手書きのメモを残したい方などにおすすめのモデルです。

キングジム(KingJim) フリーノ FRN10

電子機器ながら文房具らしい親しみのある書き心地を実現した電子ノート。4096段階の筆圧検知により、スムーズな描画が可能です。明るさや色味を好みに合わせてカスタマイズできる「フロントライト」を採用しているのも魅力のひとつ。暗い場所や屋外でも快適に使用できます。

また、PCなどと保存したデータを共有できるのもポイント。PDFの閲覧などにも対応しているので、ビジネスシーンでの使用にも適しています。

32GBのストレージを搭載し、約87000ページ分を保存可能。無線LAN機能も搭載しているため、Dropboxなどを使用したオンラインでのデータのやり取りもできます。利便性に優れた高性能な電子ノートを探している方におすすめです。

キングジム(KingJim) カクミル EM10

液晶画面に触れるだけで素早く起動し、使いたいときにすぐ使える電子ノート。書いたTo Doリストにアラーム設定ができるのが魅力。忘れてしまいがちな予定も音で知らせるので安心です。

ディスプレイはコンパクトな4.3インチ。また、本体に加速度センサーが内蔵されており、自動で上下の反転するのもポイントです。

電卓やカレンダー、時計など便利な付属機能を多数搭載しているのも特徴のひとつ。小型でデスクに置いたまま使える電子ノートを探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) 電子ノート WG-PN1

スケジュール・ノート・To Doの3つの機能を搭載した高性能な電子ノート。書きたいときにすぐ使える、紙のノートのような書き心地を実現しているのが特徴です。

スケジュールは5種類9パターンから好みのフォームを選べ、最大9年分のスケジュールを保存可能。ノートは18種類のフォームから最大5000ページ活用できます。さらに、To Doに関しても1000ページ保存できるので、幅広いシーンで使い分けできるのもポイントです。

充電式を採用しており、フル充電で約10日間使用可能。見やすい6インチのディスプレイを搭載しており、157×114mmとコンパクトで持ち運びにも適しています。

また、PCと接続してデータの転送にも対応。4桁のパスワードでロックできる「セキュリティ機能」も備えているため、重要なファイルを扱うシーンでも使えます。

シャープ(SHARP) 電子ノート WG-S50

最大約5000ページ保存できる大容量ストレージを内蔵した電子ノート。ペンとマーカーはともに5段階の太さ、3段階の濃淡から選択できます。

2種類の消しゴムを搭載。文字だけを消すことも、マーカーだけを消すことも可能です。また、直線・円・四角形の描画機能を備えており、グラフや一覧表なども簡単に作成できます。

高級感あるシンプルな専用カバーを付属しているのも魅力。さまざまなシーンに合うシックなデザインなので、ビジネスシーンだけでなく、プライベートでも使えます。

ソニー(SONY) デジタルペーパー DPT-RP1

紙のような自然な書き心地を実現した高性能な電子ノートです。パネルとペンに適度な摩擦を生み出す独自開発の「ノンスリップパネル」を採用。専用のスタイラスペンと組み合わせることで、しっかりとした書き味を楽しめます。

電力消費が少なく、フル充電で約3週間使用可能。スワイプによる拡大・縮小など、便利に使える機能を多数搭載しているのも魅力です。なお、本製品はPDFファイルのみ閲覧や書き込みが可能なので、使う際は留意しておきましょう。

ソニー(SONY) デジタルペーパー DPT-CP1

10.3インチのディスプレイを搭載した、PDFの閲覧・書き込みができる電子ノート。本体重量は約240gと軽量設計で、バッグに入れても取り出しやすく便利に使えます。

1404×1872の高解像度を実現しており、小さな文字もしっかり読み取り可能。スマホと連携すれば、電子ノートでメモした内容をクラウドサービスで共有したり、メール添付で送信したりなど便利な使い方もできます。

高級感ある専用のカバーも別売りでラインナップ。ビジネスシーンで使える持ち運びに適した電子ノートを探している方におすすめです。

オーム電機(OHM ELECTRIC) 電子メモパッド JIM-H10K

リーズナブルで手軽にメモできる電子メモ。10インチのディスプレイを搭載し、見やすく書きやすいのが特徴です。軽量設計で、バッグに入れて使うときはサッと取り出してメモを取れます。

保存機能はありませんが、ボタンをワンプッシュすることでメモをリセット可能。打ち合わせや電話のメモなど手軽にメモを取りたいシーンで便利に使えます。

ディスプレイの耐用回数も約50000回と高耐久。家庭や職場の伝言ボード、子供のお絵かきや勉強、筆談ツールなど、幅広いシーンで使えるリーズナブルな電子メモを探している方におすすめです。

HOMESTEC 電子メモ帳 100N

重量わずか150gと軽量設計で手軽に持ち運べる電子ノート。筆圧感知に対応しているため、紙に書くような書き心地を実現しています。リチウムイオンバッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。フル充電で2000回以上書き直しができます。

ロック機能を使えば誤操作で消してしまうリスクをなくせるのもポイント。また、付属のペンを差し込むことでスタンドにできるのも魅力です。リーズナブルながら利便性に優れているので、コスパを重視したい方はチェックしてみてください。

イツワ商事 ペンシルボード KPBK01

子供のお絵かきや勉強にピッタリのリーズナブルな電子ノートです。8.5インチのディスプレイを搭載し、持ち運びしやすいのが特徴。大きさが程よいため、書いた文字もしっかりと読み取れます。

ワンタッチで前に書いたメモを瞬時にリセット可能。ボタンを押しても消えないように設定できる「ロック機能」を使えば、家族への伝言など重要なメモも安心して残せます。メモの保存機能は搭載されていませんが、ちょっとしたメモをスマートに取りたい方におすすめです。

アイティプロテック 電子メモ帳 IPT-20PAD

20インチのディスプレイを搭載した大型の電子ノートです。付属のスタイラスペンやツメでも筆圧に合わせて細い線、太い線を書き込めるのが特徴。書いたメモもワンタッチで消去できるので、繰り返し使えます。

100000回以上の高い耐久設計になっており、長く使えるのもポイント。小さな子供のお絵かきや会議、授業など幅広いシーンで使えます。電池式を採用しており、市販の単4電池3本で駆動。電池を交換すればすぐに使えるおすすめアイテムです。

スーパーノート(Supernote) デジタル電子ノート SN-A5

高性能なスタイラスペンを付属した電子ノートです。4096段階で筆圧を感知し、紙に書くようにスラスラと書きやすいのが特徴。0.7mmの極細のペン先や、遅延のない書き心地を味わえるのもポイントです。

スケジュール管理などさまざまなテンプレートが用意されており、シーンに応じて使い分けが可能。PDFやEPUBなどのフォーマットに対応しており、PCなどとデータも共有できます。

10.3インチのディスプレイを搭載しており、見やすく使いやすいのも魅力。ビジネスシーンで使える利便性に優れた電子ノートを探している方におすすめです。

Sunany 電子パッド

繰り返し使用できるコスパに優れた電子ノート。リーズナブルながら筆圧感知が搭載されており、線の太さを変えて抑揚もつけられます。ロック機能を使って誤って削除するリスクをなくせるのもポイント。間違えてもワンタッチで削除できるので、消す手間も省けます。

青色光や放射線がない目に優しい仕様なのも魅力のひとつ。さらに、ピンク・青・黒の3色展開で、好みに合わせて選べるおすすめアイテムです。

JoooyTrend 電子メモパッド

8.5インチのディスプレイを搭載した電子ノート。打ち合わせなどのメモ書きはもちろん、伝言ボードやお絵かきボードなど幅広く使えるのが特徴です。重量もわずか約108gと軽量設計。サイズも228×146mmと程よい大きさで、持ち運びしやすいのも魅力です。

書き間違えても一括消去ボタンのワンタッチでリセット可能。誤操作で大切なメモを消さないようにできるロックボタンが搭載されているのもポイントです。

筆圧に合わせて細い線・太い線が書き分けられるのも魅力。リーズナブルに購入できるので、最低限の機能で十分といった方はぜひチェックしてみてください。

ワコム(Wacom) Bamboo Folio L CDS810G

A4・A5サイズから選べるフォリオ型電子ノート。専用のペンを使って紙に書いたあと、ボタンを押せばJPGやPNG、PDF形式のデータに変換できます。また、バッテリーは最大で8時間程度なので、屋外でも安心して使えるのもポイントです。

Bluetoothにも対応しており、Android・iOSのスマホと手軽に連携可能。専用のアプリを使って大量のファイルを一括で管理できるのも魅力です。高性能ながら比較的リーズナブルに購入できるのもポイント。コスパを重視したい方にもおすすめです。

電子ノートのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電子ノートのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。