「電子ノート」はどこでも気軽にメモが取れて、整理や編集も簡単に行える便利なツール。製品の種類はそれほど多くないものの、価格差が広く、下は1000円台から上は数万円するアイテムまで揃っています。

そこで今回は、おすすめの電子ノートをピックアップ。選び方のポイントやおすすめのメーカーについてもご紹介します。

電子ノートの選び方

本体サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

自宅や職場で使うなら、8インチ以上のできるだけ本体、画面サイズの大きいモデルがおすすめです。デスクの上から動かす機会がほとんどなければ、携帯性よりもメモのしやすさが重要。画面が小さいと、一度に多くの情報を載せられず、後から編集することも難しくなります。

一方で、移動中や出張先で使うなら、6インチ程度のコンパクトなタイプがおすすめ。たとえば、出先でお客さんから商品の発注を受けるときなど、サイズがコンパクトならどこにでも持ち運べるので、活用できるシーンも増えます。

使用時間で選ぶ

By: amazon.co.jp

自宅やオフィスをメインに使うなら、電源も供給しやすいので使用時間はそれほど気にする必要はありません。一方、移動中での使用を念頭に置いている方は、なるべく使用可能時間が長いモノを選ぶ必要があります。

また、製品によってはバッテリーを充電するタイプと、乾電池で動作するタイプがあり、充電タイプはコンセントなどから手軽に供給できる反面、外出時にもケーブル類を携帯する必要があるのが難点です。

その点、乾電池タイプはケーブル類が必要ないのでシンプル。予備の電池もケーブルに比べれば収納もしやすいでしょう。自宅や職場で使うなら充電タイプ、出張や旅行に持っていくなら乾電池タイプがおすすめです。

カバーの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

電子ノートを選ぶ上では、カバーの有無も確認すべきポイント。自宅やオフィスで使う場合は、カバーがなくても特に問題はありませんが、持ち運んで使いたい方はカバーがあった方が安心です。

電子ノートは種類によって、最初からカバーがついてくるモノとついていないモノに大別できます。最初からカバーがついていないモデルでも、別売りの専用カバーを用意している場合もあるので、合わせてチェックしてみましょう。

電子ノートのおすすめメーカー

キングジム(KingJim)

By: amazon.co.jp

キングジムの電子ノートは、紙に近い書き心地の「ブギーボード」シリーズが人気です。価格は5000円前後とリーズナブル。専用の収納ケースも販売しているので、持ち運んで使いたい方にもおすすめです。

画面サイズは8.5、10.5インチの大きめサイズが主力ですが、片手でも軽々持てる4.5インチモデルも用意しているため、用途に合わせて選べます。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープの電子ノートは、多彩なサイズとおしゃれなデザインが特徴です。また、カバーが最初から付属している電子ノートも多く、出張先やカフェなど外出先に持ち運んでもディスプレイに傷がつきにくいのがメリット。

使用できるノート枚数も多く、これまで紙のノートをたくさん使っていた方にとっては、1冊の電子ノートに情報をまとめられるので効率的です。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーの電子ノートは、画面の解像度が高く、まるで紙で印刷したような細かさ、滑らかさが感じられます。また、ペンも書いた時にラグがなく本物の鉛筆やペンで書いたような書き心地を味わえるのも特徴です。保存容量やバッテリー持ちもよく、ハードに使いたい方向けの製品が揃っています。

電子ノートのおすすめ人気モデル2018

キングジム(KingJim) ブギーボード JOT8.5 BB-7N

画面サイズが8.5インチと扱いやすい電子ノート。電源操作が不要なので、書きたいときにすぐ書けるのが特徴です。付属のスタイラスペンは細め、筆圧で線の太さも調節できます。

ワンタッチで画面を消去できる「erase」ボタンも便利。電源はボタン電池1つで、約3万回の消去が行えるのも魅力です。

付属のスタイラスペンを差し込むことでスタンドとしても使えるほか、本体裏面にマグネットを内蔵しているため、金属面に貼り付けて使用することも可能。価格もリーズナブルなおすすめモデルです。

シャープ(SHARP) 電子ノート WG-S30-T

シャープの6インチ電子ノート。サイズは110×155mmとコンパクトで、本体は約260gと軽量です。着脱式のカバーが付属しており、外出時はカバーをつけて持ち運び、自宅使用時はカバーを取り外すといった使い方もできます。

スケジュール帳は最大1000ページの約4年分、ノートは最大で3000ページ使用可能。バッテリーも長持ちで、1日2時間程度の使用であれば約1ヶ月の連続使用が可能です。ディスプレイの解像度は600×800ドットとやや抑えめですが、1万円程度で購入できる気軽さも魅力。

高機能な電子ノートに興味はあるが、まずは試しに使ってみたいという方におすすめの電子ノートです。

シャープ(SHARP) 電子ノート WG-S50

2017年秋発売のシャープの電子ノートです。最大で5000ページ、約4年分のスケジュール帳が使用可能で、バッテリーもリチウム電池を採用し1日2時間の使用であれば約1ヶ月と長持ち。

ペンを使って文字がかけるだけではなく、指定した範囲の手書き文字や絵の移動とコピー、図形描画、編集機能を新たに追加。この機能があれば、いちいち書き直したりする手間が省け、情報をキレイにまとめられます。

サイズは111×155mm、厚さも1cmを切る薄型ボディに加え、重量もカバー付きで約285gと軽量。価格は1万円台中盤と国産メーカーの主力モデルとしてはお手頃。容量が大きめのモノを買いたいという方におすすめです。

ソニー(SONY) デジタルペーパー DPT-RP1

豊富な機能と使いやすさをとことん追求したソニーの高機能電子ノート。ディスプレイの解像度は1650×2200ドットと高く、13.3型という大画面で書きやすいです。電子ノート特有のドット感はほとんど感じられず、滑らかな印刷物のように画面を閲覧、使用できます。

メモリー容量は16GBで、1MB程度のPDFファイルであれば、約1万個も保存できるのも特徴です。本格的なビジネスシーンにおいても、大量の書類をこの電子ノートひとつにまとめて簡単に持ち運べます。

消費電力も抑えられており、ちょっとした閲覧や使用だけであれば一度の充電で1~3週間程度バッテリーが持続。長期の出張などでも、充電なしでノートや書類をまとめられるのは大きな魅力です。

さらに、本製品はセキュリティー機能が充実しており、FeliCaカードやおサイフケータイをかざすことでロックを解除できます。

普段使っているカードやデバイスを登録しておくだけで、大事な情報の漏洩を防げるのもこの電子ノートのおすすめポイントです。Wi-Fi、Bluetoothといった無線機能も搭載しているので、簡単なデータのやりとりや印刷なども可能。

価格は約9万円と高価ではありますが、それに見合うだけのスペックや機能が充実したモデル。ビジネスシーンでの本格的な使用をお考えの方におすすめの電子ノートです。

NEWYES 電子パッド

薄型、軽量でラクに持ち運べる電子ノート。ボタン電池ひとつで約1年の使用ができます。約10万回繰り返して使えるのも魅力。専用のスタイラスペンが付属しており、書き味が滑らかで書きやすいのが特徴です。

また、筆圧によって線の太さが変わるのもポイント。強く書けば太く、弱く書けば細くなるのでイラストを描くのにも適しています。ブルーライトカット仕様のため、目の負担を軽減しながら楽しめるおすすめのアイテムです。

HOMESTEC 電子メモ帳 8.5インチ

シンプルかつ圧倒的にリーズナブルな価格が売りの電子ノート。ちょっとしたメモや落書き帳などとして使うのにはぴったりのシンプル設計です。

ペンは筆圧に合わせて、太さを変えることも可能。文字を消したい時は、ディスプレイ下部中央のボタンを押すとワンタッチで削除できます。サイズは8.5インチ、重量は145gです。電池式を採用しており、消費電力も少ないため一度の電池交換で約1年間の使用ができます。

価格は2000円以下と電子ノートのなかでもリーズナブル。特筆すべき機能や付属品はなく、ディスプレイ解像度も高くはありませんが、必要最低限の機能があれば十分という方にはおすすめです。

電子ノートのAmazonランキングをチェック

電子ノートのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。