健康や節約を考えて、職場などに持参する方が多い「弁当箱」。最近では、弁当男子ブームの影響を受けて、ボリュームたっぷりの大容量モデルや保温性の高いランチジャーなど、ラインナップも増えています。

そこで今回は、おすすめの弁当箱をランキング形式でご紹介。選び方や素材の違いについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

弁当箱の選び方

素材をチェック

ステンレス製

By: amazon.co.jp

ステンレス製の弁当箱はほかの素材に比べてやや高価な傾向にありますが、壊れにくく丈夫で、長く使えます。食品のニオイや色移りがしにくく、汚れを落としやすいため清潔に保てるのも魅力です。

ただし、電子レンジの使用ができないので、弁当をあたため直して食べたい方は留意しておきましょう。

アルミ製

By: amazon.co.jp

昔から日本で親しまれているアルミ製の弁当箱は、軽くて丈夫なのが特徴。また、傷が付きにくく、ニオイや汚れもスムーズに落とせるほか、雑菌の繁殖もしにくいので衛生的に使えるのがポイントです。

ただし、アルミ製もステンレス製同様、電子レンジの使用ができません。また、パッキンやシール蓋が付属していない製品も多く、汁漏れしやすいのが難点。持ち運ぶ際は、ゴムバンドなどでしっかりと留めておきましょう。

プラスチック製

By: amazon.co.jp

プラスチック製の弁当箱は、使いやすさが特徴です。ほとんどの製品が電子レンジや食洗機で使用可能。パッキンや内蓋付きのモノなら汁漏れの心配がなく、中仕切りが多いモノやスリムなモノなど、機能性が高い製品も多くあります。

ただし、プラスチック製は油汚れやニオイが付きやすいほか、色移りしやすいのがデメリット。使用したら、丁寧にお手入れするのがおすすめです。

木製

By: amazon.co.jp

見映えがよい木製の弁当箱。なかでも、スギやヒノキを素材にした「曲げわっぱ」はSNSなどで人気です。見た目のよさだけでなく、余分な水分を吸収し適度に保湿するのが特徴。ご飯が傷みにくく、時間が経ってもおいしい状態をキープできます。

木製の弁当箱のなかには、塗装が施されたアイテムも存在。塗装には主に、漆塗りとウレタン塗装の2種類があります。無塗装のモノは通気性や保湿性に優れていますが、油ものを入れるとシミになりやいのが懸念点。カビないように注意する必要があるなど、扱いや手入れがやや大変です。

一方、漆塗り・ウレタン塗装のモノはともにシミができにくく、家庭用洗剤で簡単に洗えます。特に、漆塗りには抗菌作用が期待できると謳われており、ご飯の持ちがよいのもポイントです。

保温性をチェック

By: amazon.co.jp

保温タイプの弁当箱は製品によって機能性がバラバラなので、比較する際には「保温効力」をチェックしましょう。各製品はそれぞれ対応するスペックを示していることが多く、「保温効力(6時間)69℃以上」のように、保てる温度と時間の目安が記載されています。

なお、多重構造の弁当箱なら、スープや味噌汁もあたたかいまま持ち運べ、電子レンジで加熱する手間もかかりません。特に、冬場に重宝します。

形状をチェック

フラットタイプ

By: amazon.co.jp

フラットタイプとは、1段の弁当箱のこと。ご飯とおかずをひと目で確認できるのが特徴です。当然積み重ねていないので、厚みがないのもポイント。

電子レンジに対応しているモデルなら、一度で全体をあたためられます。

2段タイプ

By: amazon.co.jp

2段タイプの弁当箱は、ご飯とおかずを分けられるのが特徴。高さがある分幅は小さいので、持ち運ぶ際に横置きすることなく、鞄の底に収納できます。また、段が分かれているため、ご飯におかずのニオイが移りにくいのもポイント。食べる際はそれぞれの段を手に持てるので、ご飯やおかずを口元に運びやすいのもメリットです。

丼タイプ

By: amazon.co.jp

ランチタイムに牛丼やカツ丼などの丼ものを楽しみたい方には、丼タイプの弁当箱がおすすめです。ご飯容器とおかず容器の2層構造で、直前に具を乗せて食べることが可能。汁気が多いおかずでも、おいしく食べられます。

丼メニューは調理が簡単で、手早く食べられるモノが多いため、忙しい方にもぴったり。コンパクトで、携帯性にも優れています。

ランチジャータイプ

By: amazon.co.jp

ランチジャータイプの弁当箱は保温性が高く、ご飯・おかず・スープをセットにして持ち歩けるのが特徴。サイズはやや大きくなりますが、その分容量が十分あるので「がっつり食べたい派」の方から支持されています。

食べ盛りの学生はもちろん、ハードワークをしっかり乗り切りたい方にもおすすめ。和食の基本といわれる「一汁三菜」の献立を組みやすいため、健康を意識したい方にも適しています。

電子レンジに対応できるかをチェック

By: biccamera.com

弁当をあたたかくして食べたい場合は、電子レンジに対応できるかも重要。素材の性質上、ステンレス製やアルミ製、塗装が施された木製の弁当は適していません。プラスチック製なら、ほとんどの製品が電子レンジに対応しています。

なお、フラットタイプの弁当箱の場合は、コンビニ弁当と同様、常温向きの食材も一緒にあたためることになるので要注意。気になる方は、事前に常温のおかずだけ取り出しておきましょう。

密閉性をチェック

By: amazon.co.jp

弁当を持ち歩く際に気をつけたいのが「汁漏れ」。パッキン仕様や密着の力が強いシール蓋を採用しているか、四方のロックがしっかりしているかなど、蓋の構造をしっかりとチェックしてみてください。

アルミや木製の弁当箱は、性質上、密閉性に期待できませんが、プラスチック製には密閉性の高いモノが多くラインナップされています。

汁漏れをできるだけ避けたい方は、弁当箱を収納する袋に配慮したり、持ち運びの際に注意したり、弁当箱以外で対策するのもおすすめです。

洗いやすさをチェック

弁当箱を選ぶ際は、洗いやすさを考えるのも大切。パーツが少ないシンプルなモノや丸型のモノ、汚れが落ちやすいように表面に加工が施してあるモノ、ニオイや色移りしにくいモノなどは、手入れが簡単です。また、食洗機を使用する方は、素材によって対応していない弁当箱もあるので、事前に確認しておきましょう。

弁当箱の人気メーカー

サーモス(THERMOS)

By: amazon.co.jp

世界で初めてステンレス製の真空断熱魔法瓶を開発した「サーモス」。技術を活かした保温弁当箱やスープジャーをはじめ、バラエティに富んだ弁当箱をラインナップしています。特に、保温弁当箱の種類が豊富で、温冷の両方に対応可能です。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

「タイガー魔法瓶」は、ポットや炊飯器で有名な家電製品メーカー。保温性の高い弁当箱や、あたたかいままスープを持ち運べるステンレス製のスープカップやランチカップの製造・販売を行っています。

同社の弁当箱においては、ランチジャーをメインに取り扱っているのが特徴。朝に詰めた料理のあたたかさをランチタイムまでキープするため、ホカホカのご飯が食べられます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: rakuten.co.jp

「象印マホービン」は炊飯ジャーやホットプレートなど、キッチン家電の製造を行っているメーカー。保温性に優れたステンレスランチジャーをメインに、保温と保冷が可能なスープジャーなどをラインナップしています。

お茶碗約4杯分が詰められる特盛サイズや、小食向けのスリムなタイプなど、個性に合わせたランチジャーが選べるのもポイント。フードジャーのサイズやカラーも充実しており、ランチタイムを彩るアイテムとして人気です。

弁当箱のおすすめランキング

第1位 サーモス(THERMOS) フレッシュランチボックス DSD-1103W

サーモス(THERMOS) フレッシュランチボックス DSD-1103W

味付けの濃いおかずでも、色移りやニオイ移りがしにくいステンレス製の弁当箱。2段構造を採用しており、ご飯とおかずそれぞれを分けて持ち運べます。保冷力のある断熱構造のケースが付属しているので、暑い季節に弁当が傷みにくいのも魅力です。

本製品は、パッキンまですべて外して食洗器で洗うことが可能。また、食べ終わったら上容器を下容器に収納でき、コンパクトに片付けられるのもポイントです。本体上部に箸の収納スペースがあるほか、全体をゴムバンドでまとめられ、簡単に持ち運べます。

第2位 タイガー魔法瓶(TIGER) まほうびん弁当箱 LWY-E461

タイガー魔法瓶(TIGER) まほうびん弁当箱 LWY-E461

お茶碗約2〜3杯分のごはん容器と、2つのおかず容器がセットになった大容量の保温弁当箱です。縦置きと横置きの両方で収納できる専用ポーチが付属しているので、カバンの中や机、ロッカーの中に保管しやすいのが魅力。また、おかず容器は4箇所しっかりロックできて、汁が漏れにくい構造です。

それぞれの容器は「Ag抗菌加工」が施されているため、衛生的に使用可能。また、ごはん容器とおかず容器は、両方とも電子レンジに対応しています。さらに、食洗器で洗えるので、毎日のお手入れも簡単。大容量ながらコンパクトで、通勤や通学で持ち運びやすいアイテムを探している方におすすめです。

第3位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスランチジャー お・べ・ん・と SL-GH18

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスランチジャー お・べ・ん・と SL-GH18

お茶碗約3杯分のごはんと、おかずがたっぷり入る、大盛りサイズの弁当箱です。魔法瓶の効果で、お昼まであたたかく保温できるのが特徴。それぞれの容器には「Ag+抗菌加工」が施されており、衛生面に配慮した設計です。また、「クリンベル加工内容器」「内面フッ素コート」によって、汚れのこびりつきを防ぎます。

壊れにくく丈夫なステンレスボディのため、スポーツバッグなどに入れて持ち運んでも安心です。それぞれの容器は電子レンジと食洗器に対応しているので、毎日のお手入れが簡単なのも魅力。食べ盛りの子供を持つ家庭にも人気の弁当箱です。

第4位 サーモス(THERMOS) 保温弁当箱 DBQ-362

サーモス(THERMOS) 保温弁当箱 DBQ-362

カバンの中に入れてもかさばりにくいサイズのランチジャーです。ポーチはバックルストラップが付属しているため、カバンにかけられるのが特徴。カバンの中に弁当箱を入れたくない方でも手軽に持ち運べます。

本製品には、お茶碗約1.5杯分のごはん容器と、容量230mlのおかず容器が2つ付属。ごはん容器には真空断熱構造を採用しており、ごはんを炊きたてのような状態にキープできます。おかず容器の蓋はシリコン製で、汁漏れやニオイ漏れを対策可能。また、容器はすべて電子レンジであたためられるので、冬場のランチにもおすすめです。

第5位 スケーター(Skater)レトロフレンチカラー4点ロックランチボックス

スケーター(Skater)レトロフレンチカラー4点ロックランチボックス

シンプルでスタイリッシュな弁当箱。密閉性の高い4点ロック式を採用しており、中空パッキンで汁漏れやニオイ漏れを防ぎます。また、お茶碗約1.6杯分のご飯が入る深さもポイント。大き目のおかずやキャラ弁なども、食材を潰しにくくキレイに詰められます。

蓋を外せば電子レンジであたためられるので、職場にレンジがある方にもおすすめです。パーツはすべて食洗器に対応しています。また、シンプルな構造のため、手でも洗いやすいのが魅力。カラー展開が豊富で、女性から男性まで幅広い世代に人気の弁当箱です。

第6位 サーモス(THERMOS) 保温ごはんコンテナー JBP360

サーモス(THERMOS) 保温ごはんコンテナー JBP360

ごはんを保温しながら持ち運べる。ごはん専用の弁当箱です。真空断熱構造で保温力に優れ、ごはんをお茶碗約1.8杯分まで入れられるのが魅力。ごはん容器の蓋とごはん容器本体、本体ケースはそれぞれ外して、食洗器で洗えます。

専用ポーチの背面にミニポケットが付属しているのもポイント。カトラリーなどを入れて、コンパクトに持ち運べます。別売りのフードコンテナーをセットすれば、ランチタイムにあたたかいスープを楽しむことも可能。ごはんのおいしさを重視したい方におすすめの製品です。

第7位 ランチチャイム(LUNCH CHIME) No.2コンテナランチボックス CNT-300SW

ランチチャイム(LUNCH CHIME) No.2コンテナランチボックス CNT-300SW

おしゃれで目を引くランチボックス。ユニークなデザインで、男性にも女性にも人気があります。サイドのロックとパッキンでしっかり密閉するため、汁漏れやニオイ移りが心配な方にもおすすめです。

本体の蓋を外せば、電子レンジであたため可能。それぞれのパーツは食洗器で洗えて、毎日のお手入れも簡単です。スタイリッシュな見た目で、職場だけでなくアウトドアシーンにも適しています。

第8位 三好漆器 曲げわっぱ 高背小判弁当箱

三好漆器 曲げわっぱ 高背小判弁当箱

天然の杉で作られた曲げわっぱです。白木の木目がかわいらしく、杉の香りを楽しめるのが特徴。ウレタン塗装を施しており、使いこむほどに味が増していきます。杉の木が余分な水分を吸い取るので、ごはんが傷みにくく、硬くなりにくいのがポイントです。

おかず部分にはT字型の仕切りが付いており、自由に取り外し可能。仕切りを外せば、丼ものやサンドイッチなども詰められ、ランチのバリエーションが広がります。コンパクトなサイズのため、子供用の弁当箱としてもおすすめです。

第9位 スケーター(Skater) 保温弁当箱 ランチジャー KCLJC6

スケーター(Skater) 保温弁当箱 ランチジャー KCLJC6

専用のランチバックが付属し、持ち運びやすさを重視したランチボックスです。超軽量でコンパクトなため、手軽に待ち運び可能。ランチバックの裏にはメッシュポケットが搭載されているので、ふりかけなどの小物を入れられます。

本製品には、160mlサイズのおかず容器が2つ付属。ふわっと盛り付けやすいタイプの蓋を採用しており、おかずを潰しにくいのが特徴です。また、保温ジャーには、お茶碗約1.2杯分のご飯を入れられます。

デザインのバリエーションが豊富なのもポイント。ディズニーやサンリオなど、かわいいキャラクターを使用したモノが多くラインナップされています。女子高生やOLなど、女性に人気の製品です。

第10位 シービージャパン(CB JAPAN) 弁当箱 フードマン 薄型

シービージャパン(CB JAPAN) 弁当箱 フードマン 薄型

密閉性の高い、薄型タイプの弁当箱です。A4 サイズ幅で作られているので、ビジネスバッグやカバンにもすっきり収納できるのがポイント。立てたまま運んでも中身がこぼれにくい4点ロックの固定方式と、「Wシーリング構造」を採用しています。汁漏れが心配な方に、特におすすめのアイテムです。

本体は一体成型パッキンで、毎日のお手入れも簡単。専用のランチラッパーや箸、ジップケースなども別売りされており、自分好みのスリムな縦型弁当を楽しめます。

第11位 木製 弁当箱 曲げわっぱ FOJ111

木製 弁当箱 曲げわっぱ FOJ111

漆を何度も摺りこんだ、美しい光沢がおしゃれな曲げわっぱです。使いこむほど味が出て、趣のある質感になるのがポイント。天然の木を使用して作られた、世界に1つだけの弁当箱です。木が食材の水分を調節することで、夏場は傷みにくく、冬場は乾燥して硬くなるのを防ぎます。

また、おかずの仕切り板とゴムバンドが付属しているため、移動中も片寄りを心配せずに持ち運び可能です。なお、本製品は電子レンジや食洗器に対応していません。長く使うためにも、中性洗剤で丁寧に洗って、しっかり乾かすのがおすすめです。

第12位 スケーター(Skater) アルミふわっと盛れるランチボックス AFT6B

スケーター(Skater) アルミふわっと盛れるランチボックス AFT6B

ドーム型の蓋が特徴的な弁当箱。キャラ弁などを作る際に食材が押し潰されにくく、おかずとごはんをふんわり詰められます。シンプルなアルミと、深みのあるカラーの組み合わせも人気のポイント。機能性だけでなく、見た目にこもだわりたい方におすすめです。

本体サイズは600mlのほか、800mlと1000mlサイズもラインナップされているため、家族でお揃いの弁当箱を使いたい方にも適しています。おかずの片寄りを防ぐ仕切りが備わっており、持ち運びしやすいのもポイントです。なお、本体の素材がアルミニウム合金なので、電子レンジや食洗器の使用はできません。

第13位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 保温弁当箱 SZ-JB02

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 保温弁当箱 SZ-JB02

スリムタイプのステンレスフードジャーです。少なめのサイズでコンパクトにまとまるため、移動中の荷物を少なくしたい方におすすめ。バッグの隙間にすっぽり収納できます。

ごはん容器とおかず容器にはそれぞれ「Ag+抗菌加工」を施しており、衛生的に使えるのがポイント。おかず容器は汁漏れしにくく、しっかり閉まる構造です。また、ポーチ内面に撥水加工を施しているので、こぼれたときも安心。さらに、ポーチはファスナーを下げて広げると、ランチョンマットとしても使えます。

第14位 ミコノス サブヒロモリ タイトランチ2段

ミコノス サブヒロモリ タイトランチ2段

おしゃれなロゴとカラーリングが魅力のランチボックスです。SNS映えするデザインで、普段使いだけでなくアウトドアにもおすすめ。蓋部分がドーム状のため、おかずを潰しにくく、ふんわり詰められます。

蓋以外は電子レンジに対応しており、あたたかい弁当が食べられるのもポイントです。食洗器にも対応しているので、毎日のお手入れも簡単。手軽におしゃれな弁当を作りたい方に、人気のアイテムです。

第15位 漆器かりん本舗 お弁当箱曲げわっぱ メンズスリム1段

漆器かりん本舗 お弁当箱曲げわっぱ メンズスリム1段

杉やヒノキを薄く削って熱湯に浸し、徐々に曲げて加工した、職人技が光る曲げわっぱ。人工の素材では味わえない木のぬくもりと、使えば使うほど馴染む質感が魅力です。

曲げわっぱの弁当箱には小さい製品が多いなか、本製品は720ml入る大容量。おかずやごはんをたっぷり詰められます。また、お手入れ方法の説明書が付属しているので、曲げわっぱを初めて使う方でも安心です。

第16位 Jeopace ランチボックス

Jeopace ランチボックス

ごはんとおかずをたっぷり詰められる、大容量の弁当箱。シンプルでフラットな作りですが、間仕切りがしっかり固定されているので、それぞれの味が混ざりにくい設計です。間仕切りには付属のスプーンをセットできる溝が設けられているため、コンパクトに収納できます。

角の部分に円滑なアークデザインを採用しており、衝撃耐久性が高いのも特徴。また、1150mlの大容量で、ごはんとおかずだけでなく、デザートまで一緒に詰められる弁当箱です。

第17位 竹中 ココポット ラウンド

竹中 ココポット ラウンド

ホーロー鍋をモチーフにした、ユニークでかわいい弁当箱です。中が2段構造になっており、詰め方次第でさまざまな弁当を楽しめるのがポイント。1段にして丼風の弁当にしたり、野菜とバゲットを詰めて洋風にしたり、バリエーションが広がります。

本体が樹脂製のため、軽量なのも特徴。遠足や旅行、アウトドアなどに弁当を持参する際も、負担を軽減できます。また、食洗器にも対応しているので、毎日のお手入れも簡単。デザインはヨーロッパ風ながら、高品質な日本製という点も魅力の製品です。

第18位 サブヒロモリ ブランシュクレ タイトランチ

サブヒロモリ ブランシュクレ タイトランチ

マットでガーリーなカラーが人気の、角型ランチボックスです。仕切りが付属しているほか、高さのある蓋を採用することで弁当の中身を潰しにくい設計。取り外せるパッキン付きで汁漏れの心配が少なく、サイドの留め具が本体をしっかり固定します。

蓋を外せば電子レンジでも加熱できるので、あたたかい弁当を食べたい方にもおすすめ。それぞれの部品は食洗器で丸洗いでき、お手入れの手間も省けます。見た目がおしゃれなだけでなく、機能性にも優れた製品です。

第19位 スケーター(Skater) 保温弁当箱 丼型 LDNC6

スケーター(Skater) 保温弁当箱 丼型 LDNC6

あたたかいごはんや麺類を、丼スタイルで持ち運べる弁当箱です。本体にごはんや麺類を入れて、中容器にスープや丼の具材を入れておけば、さまざまな種類の手作りランチを楽しめます。

本体は、保温と保冷に優れた真空二重構造。保温だけでなく、保冷もできるため夏場はサラダパスタやそうめんなどにも利用できます。

中容器には汁漏れを防ぐパッキングが付属しており、蓋を外せば電子レンジの使用も可能。ただし、本体部分は電子レンジが使えない点には注意が必要です。

第20位 シーガル(Seagull) オーバルランチボックス

シーガル(Seagull) オーバルランチボックス

デザインと実用性を兼ね備えた、ステンレス製の弁当箱です。色移りやニオイ移りの心配が少なく、衛生的に使えるのがポイント。弁当箱としてだけでなくアウトドア用の食器としても便利で、直火にかけて使用できます。

本体はシンプルな構造で、使いやすく洗いやすいのも特徴。お手入れを簡単に済ませられます。コンパクトサイズのため、少食な方の弁当箱にも人気の製品です。