健康や節約を考えて職場に持参する方が増えている「弁当箱」。最近は弁当男子ブームの影響を受けて、ボリュームたっぷりの大容量モデルや保温性の高いランチジャーなど、ラインナップも増えています。

そこで今回はおすすめの「弁当箱」をランキング形式でご紹介。素材の違いについても解説するので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

弁当箱の選び方

素材をチェック

ステンレス製

By: amazon.co.jp

ステンレス製の弁当箱は他の素材に比べてやや高価ですが、壊れにくく丈夫で長く使えます。食品のニオイや色移りがしにくく、汚れを落としやすいため清潔に保てるのも魅力です。

また、ステンレス製の弁当箱にはパッキンが付属していることが多く、汁漏れしにくいのもポイント。ただ、電子レンジの使用ができないので、温め直して食べたいという方は要注意です。

アルミ製

By: amazon.co.jp

昔から日本で親しまれているアルミ製の弁当箱は軽くて丈夫なのが特徴。また、傷が付きにくくニオイや汚れもスムーズに落とせるほか、雑菌の繁殖もしにくいので衛生的に使えるのがポイントです。

ただ、アルミ製もステンレス製同様、電子レンジの使用ができません。また、パッキンやシール蓋が付属していない製品が多いので、汁漏れしやすいのも難点。持ち運ぶ際はゴムバンドなどでしっかりと留めておきましょう。

プラスチック製

By: amazon.co.jp

プラスチック製の弁当箱は、電子レンジや食洗機で使用できるのが特徴。パッキンや内蓋付きであれば汁漏れの心配がなく、中仕切りが多いモノやスリムなモノなど、機能性が高い製品が多くあります。

しかし、プラスチック製は油汚れが落ちにくく、ニオイが付きやすいほか、色移りしやすいといったデメリットがあります。

木製

By: amazon.co.jp

見映えがいい木製の弁当箱。なかでもスギやヒノキを素材にした「曲げわっぱ」は見た目だけでなく、余分な水分を吸収し適度に保湿してくれるため、ご飯が傷みにくく時間が経っても美味しく食べられるという特性を持っています。

また、木製の弁当箱のなかには、塗装が施されたアイテムもあり、主に漆塗りとウレタン塗装の2種類があります。無塗装は通気性・保湿性に優れているためご飯がふっくらしますが、油ものを入れるとシミになりやすく、カビないように注意するなど扱いや手入れがやや大変です。

一方、漆塗り・ウレタン塗装ともにシミができにくく、家庭用洗剤で簡単に洗えます。特に漆塗りは抗菌作用が期待できるため、ご飯の持ちがよいのもポイントです。

保温性をチェック

By: amazon.co.jp

保温タイプの弁当箱は製品によって機能性がバラバラなので、比較する際には「保温効力」をチェックしましょう。各製品にはそれぞれ対応するスペックが示されていることが多く、例えば「保温効力(6時間)69℃以上」のように、保てる温度と時間の目安が記載されています。

なお、弁当箱のなかでも多重構造のモノであればスープや味噌汁も温かいまま持ち運べ、電子レンジで加熱する手間もかかりません。冬場は重宝するので、温かい食べ物を食べたい方には特におすすめです。

形状をチェック

通常タイプ

By: amazon.co.jp

通常タイプといっても、フラットな四角や2段重ねなど弁当箱の形状はさまざま。サイズ感・持ち運びやすさ・手入れのしやすさ・容量・見た目などトータルバランスのよいアイテムを選ぶのがおすすめです。

丼タイプ

By: amazon.co.jp

ランチタイムに牛丼やカツ丼などの丼ものを楽しみたいのであれば、丼タイプの弁当箱がおすすめ。ご飯容器とおかず容器の2層構造で、食べる直前に具を乗せて食べることが可能です。そのため、汁気が多いおかずでも美味しく食べることができます。

丼メニューは調理が簡単で手早く食べられるモノが多いため、忙しい方にも最適。メニューの幅が広がり、コンパクトで携帯性にも優れているのでおすすめです。

ランチジャータイプ

By: amazon.co.jp

ランチジャータイプの弁当箱は、ご飯・おかず・スープなどの容器をひとつにまとめて持ち運べるのが特徴です。おかずなど傷みやすいものは常温、ご飯やスープなど温かいままで食べたいものは保温対応できる製品もあります。

電子レンジに対応できるかをチェック

温かい弁当が食べたい方は、弁当箱が電子レンジに対応しているかも要チェック。弁当箱は素材によって電子レンジが使用できないモノもあるので、温かい弁当を食べたい方はしっかりと確認しておきましょう。

洗いやすさをチェック

弁当箱は洗いやすさを考えて選ぶのも大切。パーツが少なくシンプルな丸型の弁当箱や、汚れが落ちやすいように表面に加工が施してあるモノ、ニオイや色移りしにくいモノであると手入れが簡単です。

また、食洗機を使用する方は素材によって対応していない弁当箱もあるので、注意しておきましょう。

弁当箱の人気メーカー

サーモス

By: amazon.co.jp

世界で初めてステンレス製の真空断熱魔法瓶を開発した「サーモス」。その技術を活かした保温弁当箱やスープジャーに加え、バラエティに富んだ通常タイプの弁当箱がラインナップされています。特に保温弁当箱の種類が豊富で、温冷いずれも対応が可能です。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

「タイガー魔法瓶」は、ポットや炊飯器で有名な家電製品メーカー。保温性の高い弁当箱や、温かいままスープを持ち運べるステンレス製のスープカップ・ランチカップの製造・販売をしています。

また、同社の弁当箱はランチジャー(まほうびん弁当箱)をメインに取り扱っているのも特徴。朝に詰めた料理の温かさをランチタイムまでキープするため、ホカホカのご飯が食べられると評判です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

「象印マホービン」は炊飯ジャー・ホットプレートなど、キッチン家電の製造・販売を行っているメーカー。保温性に優れたステンレスランチジャー(保温弁当箱)をメインに、保温・保冷が可能なスープ用のフードジャーなどもラインナップされています。

お茶碗約4杯分が詰められる特盛サイズや、少食向けのスリムなタイプなど個性に合わせたランチジャーが選べるのもポイント。フードジャーもサイズやカラーが充実しており、ランチタイムを彩るアイテムとして人気です。

弁当箱のおすすめランキング

第1位 サーモス(THERMOS) フレッシュランチボックス DSD-1102W

サーモス(THERMOS) フレッシュランチボックス DSD-1102W

保冷効果のある専用ポーチが付いた2段式の弁当箱です。ステンレス製なので色やニオイが移りにくく、丈夫で長持ちするのが特徴。さらに、汚れが落としやすく食洗機にも対応しているため、衛生的で手入れも簡単です。

本体はそれぞれ蓋の付いた入れ子構造になっているため、食後は容器をひとつにまとめてコンパクトに持ち運べるのも魅力。上下合わせて1100mlの大容量なので、しっかりとランチを食べたい男性におすすめのアイテムです。

第2位 タイガー魔法瓶(TIGER) まほうびん弁当箱 LWY-T036

タイガー魔法瓶(TIGER) まほうびん弁当箱 LWY-T036

ご飯用容器1つとおかず用容器2つ、さらに専用トートバッグがセットになった便利な弁当箱。トートバッグには飲み物も入れられるうえに、コンパクトサイズなので持ち運びやすいのが特徴です。

また、真空二重構造とポーチ断熱構造のダブルの保温効果により、熱々の美味しいご飯が楽しめます。さらに、おかず容器の蓋は4箇所でしっかり閉まる仕様なので、汁漏れを防いでくれるのも魅力です。容器にはAg抗菌加工を施しているため、衛生面にも配慮。携帯性と保温効果に優れた弁当箱を探している方におすすめです。

第3位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスランチジャー お・べ・ん・と SL-GH18

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスランチジャー お・べ・ん・と SL-GH18

ご飯・おかず・スープ容器がセットになった人気の弁当箱です。本体が魔法瓶構造になっているので時間が経っても熱々で楽しめるほか、容器は電子レンジで温め直すことも可能。また、容器に銀イオンが使われているため抗菌効果が高く、衛生面にも配慮されたモデルです。

本体の内側にはフッ素コートを、容器にはクリンベル加工を施しているため汚れが落ちやすいのもポイント。さらに、ステンレス製で耐久性に優れているので長く使えます。3つの容器を合わせると1L以上の大容量なので、熱々のランチをたっぷり楽しみたい男性におすすめの弁当箱です。

第4位 三好漆器 曲げわっぱ 高背小判弁当箱 漆塗

三好漆器 曲げわっぱ 高背小判弁当箱 漆塗

木の温もりを感じる小判型の「曲げわっぱ」です。杉の木で作られているため保温性が高く、時間が経っても美味しいご飯を食べられます。また、漆で仕上げているので食器用洗剤で洗えるほか、唐揚げなどの油ものを入れてもシミになりにくいのもポイントです。

木の美しさが際立った曲げわっぱは、使えば使うほど独特の風合いが増していきます。軽量性にも優れているため、ビジネスシーンにはもちろんのこと、ピクニックなどのアウトドアシーンにもおすすめの弁当箱です。

第5位 サーモス(THERMOS) フレッシュランチボックス 1.8L DJF-1800

サーモス(THERMOS) フレッシュランチボックス 1.8L DJF-1800

おかずとご飯がたっぷり入る弁当箱です。おかず用の容器2つとご飯用の容器1つがセットになっており、さまざまなおかずを楽しみたい方や食欲旺盛な学生、身体を動かすガテン系の方におすすめです。

夏の暑い日でも安心な断熱材使用の専用保冷ポーチも付属。ポーチには保冷剤や箸を収納できるメッシュポケットがあるほか、持ち手が付いているため携帯性に優れているのも魅力です。

第6位 スケーター(Skater) ランチボックス SSLW9

スケーター(Skater) ランチボックス SSLW9

「スケーター」は、さまざまなキャラクターの弁当箱・コップ・水筒などの企画製造・販売を手掛けるメーカー。本製品は使いやすい2段式弁当箱です。

容量は上段に460ml、下段に440mlとたっぷり入りますが、スリムサイズなので持ち運びに便利。なお、弁当箱は入れ子式なので、空になった容器はコンパクトに収納できるのもポイントです。

さらに、シリコン製のシール蓋が付いているのでしっかりと密閉でき、汁気のあるおかずを入れても安心。電子レンジや食洗器にも対応しており、使い勝手も良好。そのうえ、価格もリーズナブルなので、コスパに優れたおすすめの弁当箱です。

第7位 藤代工芸 お弁当箱 曲げわっぱ 小判

藤代工芸 お弁当箱 曲げわっぱ 小判(中)

「曲げわっぱ」は紀州漆器の職人がひとつひとつ丁寧に研磨・塗り加工していることが特徴の弁当箱。天然の杉の木を使用しているので、弁当箱から優しい杉の香りが感じられるのもポイントです。

また、木が叶える保湿効果によってふっくら柔らかいご飯を楽しめるほか、弁当箱内の水分が調節されるため夏でもご飯が傷みにくいのも魅力。さらに、仕切りはI字型とT字型の2種類なのでさまざまなバリエーションの弁当が作れます。こだわりを追求した質の高いアイテムでありながら、リーズナブルな価格もポイントです。

第8位 サーモス(THERMOS) ステンレスランチジャー JBG-1801

サーモス(THERMOS) ステンレスランチジャー JBG-1801

温かいスープや味噌汁もセットで持ち運べるスープ容器付きの保温弁当箱です。保温と保冷が可能なステンレス製真空二重構造の容器には熱々のご飯やスープを、常温容器には傷みやすいおかずを入れると、より美味しいランチを楽しめます。

また、容器本体には肩に掛けられるストラップが付いているため、持ち運びにも便利です。内容器は食洗機に対応しており、保温容器も丸洗いできるので手入れが簡単なのも魅力。冬には熱々の弁当を、夏には冷たいそうめんなども楽しめるおすすめの弁当箱です。

第9位 スケーター(Skater) ドーム型フタ 弁当箱 SLLB9

スケーター(Skater) ドーム型フタ 弁当箱 SLLB9

大きなおかずをご飯に乗せられる弁当箱。ドーム型の蓋を採用しているほか、本体の高さは70mmと深型なので、お茶碗約2.2杯分のご飯をたっぷり入れてもおかずが潰れず、ふんわりと盛れるのが特徴です。

汁漏れがしにくいパッキン付きなので、牛丼や中華丼などにもおすすめです。なお、本体の角は丸みのある仕様で洗いやすいほか、食洗機にも対応しています。カツ丼やサンドイッチなど、弁当箱の高さを活かしたさまざまなランチメニューを楽しんでみてください。

第10位 シービージャパン(CB JAPAN) 薄型弁当箱 フードマン 800ml

シービージャパン(CB JAPAN) 薄型弁当箱 フードマン 800ml

2000年に設立した「シービージャパン」はキッチングッズやインテリア雑貨などを扱っているメーカー。同社弁当箱「フードマン」は、厚さ約35mmと薄型で携帯性に優れているのが特徴です。

A4サイズと同じ幅なので、ビジネスバッグにもコンパクトに収まります。さらに4点ロックとWシーリング構造によってしっかり密閉され、汁漏れがしにくいので縦に入れても安心。汁気のあるおかずが好きな方やコンパクトに持ち運びたい方におすすめの弁当箱です。

第11位 パール金属(PEARL METAL) ほかどん 特盛どんぶり保温ランチ540 HB-264

パール金属(PEARL METAL) ほかどん 特盛どんぶり保温ランチ540 HB-264

保温効果に優れた丼型の弁当箱。真空二重構造のダブルステンレス製なので、作りたての温かさをそのままキープできるのが特徴です。

おかずは食べる直前にご飯の上に乗せられる構造を採用しており、美味しい丼ものを味わえます。なお、ご飯容器の容量はお茶碗およそ2.7杯分と特盛サイズ。熱々の丼ものランチを楽しみたい方におすすめの弁当箱です。

第12位 工房アイザワ 角長ランチボックス スリム 2段

工房アイザワ 角長ランチボックス スリム 2段 70134

大正11年創業の「工房アイザワ」が手掛ける「角長ランチボックス スリム」は、衛生面を重視したい方におすすめ。ステンレス製なのでニオイや色が移りにくいほか、丈夫で長く使えるのが魅力です。

また、蓋の裏にはシリコン製のパッキンが付いているので汁漏れしにくいのもポイント。パッキンは定期的に煮沸することで、清潔に使用できます。スリムで持ち運びやすいほか、シンプルなデザインのため、幅広い世代におすすめの弁当箱です。

第13位 シーガル(Seagull) オーバルランチボックス 16cm

シーガル(Seagull) オーバルランチボックス 16cm

丈夫で壊れにくいステンレス製の弁当箱です。フルーツなどのデザートを入れるのに最適なミニボウルもセットで付いてきます。電子レンジは使用できませんが、直火に掛けられるのが特徴。また、パッキンや仕切りが付いておらず簡単に洗えるので、バーベキューやキャンプなどのアウトドアシーンにも重宝します。

深さがあり、ご飯の上におかずを乗せたランチメニューが楽しめるのも魅力のひとつ。パッキンがないので汁気の多いおかずには向いていませんが、スタイリッシュで衛生面に優れたおすすめの弁当箱です。

第14位 スケーター(Skater) カフェ丼 ランチボックス PDN9

スケーター(Skater) カフェ丼 ランチボックス PDN9

ご飯とおかずを分けて持ち運べる丼型の弁当箱。食べる直前に具材をご飯に乗せられるため、汁気でご飯がふやけることなく、作りたての美味しさをキープできます。また、蓋を外せば電子レンジ対応可能なので、ホカホカの状態で食べられるのも特徴です。

中蓋には専用パッキンが付いているため汁漏れしにくいほか、指で簡単に開けやすい仕様になっているのも魅力。丼もののほかにもカレー・パスタ・麺類などさまざまなメニューが楽しめるおしゃれな弁当箱です。

第15位 三好製作所 保冷剤一体型 ランチボックス ジェルくーま GC-352

三好製作所 保冷剤一体型 ランチボックス ジェルくーま(GEL-COOま) GC-352

蓋と保冷剤がセットになった重箱タイプの弁当箱。蓋の内部に保冷ジェルが封入されているため、蓋を冷凍庫で一晩凍らせておくだけで抜群の保冷効果を発揮するのが特徴です。

また、可動タイプの仕切りと汁漏れを防止するための仕切りが付いているのもポイント。なお、イラストは北海道札幌市にある円山動物園のホッキョクグマがモデルとなっています。可愛らしさと実用性を兼ね備えたおすすめの弁当箱です。

第16位 スケーター(Skater) 松花堂 タイトランチボックス 2段式 モダンプラス

スケーター(Skater) 松花堂 タイトランチボックス 2段式 モダンプラス(Modern+)

2段式の弁当箱。蓋の裏・中子・本体下段には特殊樹脂加工を施しているため、ご飯がくっつかず洗いやすいのが特徴です。また、本体と中子に撥油効果と防汚効果のあるクリンベルを配合しているため、汚れが付きにくいのもポイント。さらに、付属の中子と仕切りを上手に使い分けてさまざまなパターンの盛り付けを楽しめるのも魅力です。

上下段合わせて900mlと容量もしっかり入るので、たくさん食べたい方におすすめ。手入れが簡単な弁当箱を探している方はぜひチェックしてみてください。

第17位 オーエスケー(OSK) Metal mode お弁当箱 保冷バッグ付 BL-9HI

オーエスケー(OSK) Metal mode お弁当箱 保冷バッグ付 BL-9HI

オーエスケーは、弁当箱や水筒などのプラスチック製品を主軸とした日用品の総合メーカー。本製品は、保冷剤2つと保冷バッグがセットになっているため、食材が傷みやすい夏でも安心して使えるのが特徴です。

また、容器本体・蓋・仕切りには防汚剤クリンベルが添加されているので、油汚れが付きにくく簡単に洗えるのもポイント。フラットタイプの弁当箱ですが、850mlと大容量なので、ご飯もおかずもたっぷり入ります。

第18位 アスベル(ASVEL) ランタスBS HLB-B1040N

アスベル(ASVEL) ランタスBS HLB-B1040N

保温力を高める専用バッグが付いたボトル形状の弁当箱です。ステンレス製の真空断熱構造容器でご飯の温かさが長時間キープされるほか、スープ容器もセットで付いてくるのが特徴。また、おかず容器は広口タイプで、たっぷり詰められるのもポイントです。

蓋を外せば電子レンジも使えるため、スープ付きの熱々メニューにも対応可能。ご飯容器の容量は約390mlとお茶碗約1.9杯分が入るので、しっかり食べたい男性にぴったりです。

第19位 サーモス(THERMOS) 保温弁当箱 DBQ-502

サーモス(THERMOS) 保温弁当箱 DBQ-502

専用ポーチがセットになった保温弁当箱です。真空断熱構造の高い保温力をもつご飯容器でホカホカのご飯を楽しめるのが特徴。なお、2つのおかず容器には保温機能は付いていませんが、おかずの汁漏れを防ぐ構造を採用しているのがポイントです。

ご飯容器・おかず容器ともにしっかり詰められる大容量なので、男性や食べ盛りの子どもにおすすめ。また、保温ケースと蓋以外は電子レンジと食洗機に対応しているのも魅力です。専用ポーチは鞄に付けられるバッグルストラップ付き。携帯性と保温性に優れた弁当箱を探している方におすすめです。

第20位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 保温弁当箱 SZ-JB02-BA

象印マホービン(ZOJIRUSHI) 保温弁当箱 SZ-JB02-BA

縦に重ねるタイプの弁当箱。付属のポーチを広げると、ランチョンマットとしても使用できます。ポーチ内側には撥水加工を施しているため、汁ものをこぼしてしまっても安心です。

また、保温ケースは真空断熱構造で熱をキープできるため、温かいご飯が食べられるのもポイント。さらに、本体は丸洗いできるほか、ご飯容器・容器蓋・おかず容器にはAg+抗菌加工が施されており、菌の発生の抑止にも効果が期待できます。なお、容量はやや小さめなので、ヘルシー志向の方やダイエット中の方におすすめの弁当箱です。

第21位 レック(LEC) SMAR-TO スリム 2段 ランチボックス 820ml

レック(LEC) SMAR-TO スリム 2段 ランチボックス 820ml

ビジネスバッグにもすっきり収まる7cm幅のスリムボディが魅力の弁当箱。汁漏れしにくいパッキンとロックが付いているため、頻繁に鞄を持ち歩く方でも安心です。上下段合わせて820mlの大容量で、ご飯もおかずもたっぷり入ります。入れ子式になっているため、弁当を食べ終えた後はよりコンパクトにまとめることが可能なので鞄の中を圧迫しません。

蓋を外せば電子レンジで温めることができ、ランチタイムに温かい弁当を楽しめます。また、油汚れが残りにくい、クリンベル加工が施されているため、手入れが簡単なのもポイント。大容量で使い勝手のよい弁当箱を探している方におすすめの製品です。

第22位 株式会社大館工芸社 大館曲げわっぱ小判弁当

株式会社大館工芸社 大館曲げわっぱ小判弁当(中)

国の伝統的工芸品に指定されている「大館曲げわっぱ」の弁当箱。日本三大美林のひとつに数えられる秋田杉を使い、熟練した職人の手で作られています。軽量でありながらも高い強度を誇り、弾力性に富んでいるのが魅力です。

内容量は640cc。取り外し可能な仕切りが付いており、ご飯とおかずの量を自分好みに調節できます。オムライスやパスタなどの一品料理だけを詰めるといったように、自由な使い方も可能です。また、手入れは中性洗剤とスポンジでできて、手間がかかりにくいのもポイント。扱いやすく、長く使える製品です。

第23位 サブヒロモリ グーテン キャリーランチボウルフラット

サブヒロモリ グーテン キャリーランチボウルフラット

食べ物がたっぷり入る785mlの大容量が魅力的な、丼型の弁当箱です。弁当を詰める容器部分は約400mlの中段と約385mlの下段に分かれています。中段には内部を3分割する取り外し可能な仕切りと、醤油やソースなどを入れるのに適した「たれ容器」が付属。

たれ容器・仕切りそして中段・下段は電子レンジにも対応しているので、弁当にするメニューの幅が広がります。中段の蓋となる中ブタと外を守る容器全体の蓋との間には保冷剤を入れるスペースを確保。夏場でも弁当が傷みにくいのもポイントです。

第24位 たつみや HAKOYA メンズ長角木目弁当 溜

たつみや HAKOYA メンズ長角木目弁当 溜

シンプルで落ち着いた木目調のデザインが印象的な、2段式弁当箱です。弁当の中身が入っていないときはコンパクトに収納でき、場所を取らないのがポイント。鞄の中もキッチンの収納スペースも圧迫しにくいサイズです。

上段はシール蓋が付いた汁漏れの少ないおかず入れ、下段は500mlを詰められる大容量のご飯入れになっています。電子レンジによる加熱や、食器洗い乾燥機の使用が可能。使い勝手がよいタイプの製品です。

第25位 タイガー(TIGER) ステンレスランチジャー LWU-A172

タイガー(TIGER) ステンレスランチジャー LWU-A172

魔法瓶と同じ「真空二重構造」を採用した、高い保温効果を持つ弁当箱。スープパックが付属しているため、ご飯やおかずだけではなく、スープやお味噌汁もランチに楽しめます。容量はお茶碗で3杯分のご飯が入る大きめタイプです。ご飯もおかずもたっぷり入るので、よく食べる男性におすすめ。

本体の内面には汚れとニオイが付きにくい「スーパークリーン加工」が施されているため、手入れが簡単です。また、約20cmの専用箸が付いており、これひとつで弁当セットが揃うのも魅力。本体は約1.0kgと重めですが、使いやすさは抜群の製品です。