健康や節約を考えて、職場などに持参する方が多い「弁当箱」。最近ではボリュームたっぷりの大容量モデルや保温性の高いランチジャーなど、ラインナップも増えています。

そこで今回は、おすすめの弁当箱をランキング形式でご紹介。選び方や素材の違いについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

弁当箱の選び方

素材をチェック

ステンレス製

By: amazon.co.jp

ステンレス製の弁当箱はほかの素材に比べてやや高価な傾向にありますが、壊れにくく丈夫で、長く使えます。食品のニオイや色移りがしにくく、汚れを落としやすいため清潔に保てるのも魅力です。

ただし、ステンレスは金属なので加熱する際は注意。電子レンジの使用はできないので、弁当をあたため直して食べたい方は留意しておきましょう。

アルミ製

By: amazon.co.jp

昔から日本で親しまれているアルミ製の弁当箱は、軽くて丈夫なのが特徴。傷が付きにくく、ニオイや汚れもスムーズに落とせるほか、雑菌の繁殖もしにくいので衛生的に使えるのがポイントです。

ただし、アルミ製もステンレス製同様、電子レンジの使用ができません。また、パッキンやシール蓋が付属していない製品も多く、汁漏れしやすいのが難点。持ち運ぶ際は、ゴムバンドなどでしっかりと留めておきましょう。

プラスチック製

By: amazon.co.jp

プラスチック製の弁当箱は、使いやすいのが魅力。ほとんどの製品で電子レンジや食洗機が使用できます。パッキンや内蓋付きのモノなら汁漏れの心配がないため、携帯性も良好。ほかにも、中仕切りが多いモノやスリムなモノなど、機能性が高い製品がラインナップされています。

ただし、プラスチック製は油汚れやニオイが付きやすいほか、色移りしやすいのがデメリット。使用したら、丁寧にお手入れするのがおすすめです。

木製

By: amazon.co.jp

見映えがよい木製の弁当箱。なかでも、スギやヒノキを素材にした「曲げわっぱ」はSNSなどでも人気です。見た目のよさだけでなく、余分な水分を吸収し適度に保湿するのが特徴。ごはんが傷みにくく、時間が経ってもおいしい状態をキープできます。

木製の弁当箱のなかには、塗装が施されたアイテムも存在。塗装には主に、漆塗りとウレタン塗装の2種類があります。無塗装のモノは通気性や保湿性に優れていますが、油ものを入れるとシミになりやいのが懸念点。カビないように注意する必要があるなど、ややお手入れに手間がかかります。

一方、漆塗り・ウレタン塗装のモノはともにシミができにくく、家庭用洗剤で簡単に洗えます。特に、漆塗りには抗菌作用が期待できると謳われており、ごはんの持ちがよいのもポイントです。

保温性をチェック

By: amazon.co.jp

保温タイプの弁当箱は製品によって機能性がバラバラなので、比較する際には「保温効力」をチェックしましょう。各製品はそれぞれ対応するスペックを示していることが多く、「保温効力(6時間)69℃以上」のように、保てる温度と時間の目安が記載されています。

なお、多重構造の弁当箱なら、スープや味噌汁もあたたかいまま持ち運べ、電子レンジで加熱する手間もかかりません。特に冬場に重宝します。

形状をチェック

フラットタイプ

By: amazon.co.jp

フラットタイプとは1段の弁当箱のこと。ごはんとおかずをひと目で確認できるのが特徴です。積み重ねないので、厚みがないのもポイント。電子レンジに対応しているモデルなら、一度に全体をあたためられます。

2段タイプ

By: amazon.co.jp

2段タイプの弁当箱は、ごはんとおかずを分けられるのが特徴。高さがある分、幅は小さいので、持ち運ぶ際に横置きすることなく、鞄の底に収納できます。

また、段が分かれているため、ごはんにおかずのニオイが移りにくいのもポイント。食べる際はそれぞれの段を手に持てるので、ごはんやおかずを口元に運びやすいのもメリットです。

丼タイプ

By: amazon.co.jp

ランチタイムに牛丼やカツ丼などの丼ものを楽しみたい方には、丼タイプの弁当箱がおすすめです。ごはん容器とおかず容器の2層構造で、直前に具を乗せて食べることが可能。汁気が多いおかずでも、おいしく食べられます。

丼メニューは調理が簡単で、手早く食べられるモノが多いため忙しい方にもぴったり。コンパクトで、携帯性にも優れています。

ランチジャータイプ

By: amazon.co.jp

ランチジャータイプの弁当箱は保温性が高く、ごはん・おかず・スープをセットにして持ち歩けるのが特徴。サイズはやや大きくなりますが、その分容量が十分あるので「がっつり食べたい派」から支持されています。

食べ盛りの学生はもちろん、ハードワークをしっかり乗り切りたい方にもおすすめ。和食の基本といわれる「一汁三菜」の献立を組みやすいため、健康を意識したい方にも適しています。

電子レンジに対応しているかをチェック

By: amazon.co.jp

弁当をあたためてから食べたい場合は、電子レンジに対応しているかも重要。素材の性質上、ステンレス製やアルミ製、塗装が施された木製の弁当は適していません。プラスチック製なら、ほとんどの製品が電子レンジに対応しています。

なお、フラットタイプの弁当箱の場合は、常温向きの食材も一緒にあたためることになるので要注意。気になる方は、事前に常温のおかずだけ取り出しておきましょう。

密閉性をチェック

By: amazon.co.jp

弁当を持ち歩く際に気をつけたいのが「汁漏れ」。パッキン仕様や密着の力が強いシール蓋を採用しているか、四方のロックがしっかりしているかなど、蓋の構造をしっかりとチェックしてみてください。

アルミや木製の弁当箱は、性質上密閉性に期待できませんが、プラスチック製には密閉性の高いモノが多くラインナップされています。

洗いやすさをチェック

弁当箱を選ぶ際は、洗いやすさを考えるのも大切。パーツが少ないシンプルなモノや丸型のモノ、汚れが落ちやすいように表面に加工が施してあるモノ、ニオイや色移りしにくいモノなどは手入れが簡単です。

また、食洗機を使用する方は、素材によって対応していない弁当箱もあるので事前に確認しておきましょう。

弁当箱の人気メーカー

サーモス(THERMOS)

By: amazon.co.jp

世界で初めてステンレス製の真空断熱魔法瓶を開発した「サーモス」。技術を活かした保温弁当箱やスープジャーをはじめ、バラエティに富んだ弁当箱をラインナップしています。特に保温弁当箱の種類が豊富で、温冷の両方に対応可能です。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

「タイガー魔法瓶」は、ポットや炊飯器で有名な家電製品メーカー。保温性の高い弁当箱や、あたたかいままスープを持ち運べるステンレス製のスープカップやランチカップの製造・販売を行っています。

同社の弁当箱においては、ランチジャーをメインに取り扱っているのが特徴。朝に詰めた料理のあたたかさをランチタイムまでキープするため、ホカホカのごはんが食べられます。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

「象印マホービン」は炊飯ジャーやホットプレートなど、キッチン家電の製造を行っているメーカー。保温性に優れたステンレスランチジャーをメインに、保温と保冷が可能なスープジャーなどをラインナップしています。

お茶碗約4杯分が詰められる特盛サイズや、小食向けのスリムなタイプなど、個性に合わせたランチジャーが選べるのもポイント。フードジャーのサイズやカラーも充実しており、ランチタイムを彩るアイテムとしても人気です。

弁当箱のおすすめランキング

第1位 タイガー魔法瓶(TIGER) まほうびん弁当箱 LWY-E461-K

コンパクトながら大容量の弁当箱です。お茶碗約2.3杯分のごはんが保温できる真空二重構造の保温容器と、2つのおかず容器が収納可能。クッション性と断熱効果を備えたポーチが付属しており、ランチタイムにあたたかいごはんが食べられます。おかず容器は4箇所しっかりロックできて、汁が漏れないのもポイントです。

それぞれの容器には「Ag抗菌加工」が施され、衛生面にも優れています。ごはん容器とおかず容器は、それぞれ電子レンジに対応。食洗器で洗えるため、毎日のお手入れも簡単です。

さらに、ビジネスバッグや通学カバンにあわせて収納の向きが変えられる2WAY収納になっているのも特徴。会社や学校にぴったりのおすすめアイテムです。

第2位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスランチジャーお・べ・ん・と SL-GH18

スープ容器280ml、おかず容器400ml、お茶碗約3杯分のごはんが入る大容量の弁当箱です。壊れにくく丈夫なステンレスボディで、スポーツバッグなどで持ち運んでも安心。男性や食べ盛りの子供がいる家庭にぴったりの製品です。

容器はそれぞれ蓋を外すことで電子レンジにも対応。ごはん容器はまほうびん構造になっているので、電子レンジが使えないシーンでも、あたたかいごはんが楽しめます。

容器には「Ag+抗菌加工」が施されており、清潔に使用可能。また、汚れのこびりつきやニオイ移りを防ぐ効果が期待できる「クリンベル加工内容器」「内面フッ素コート」も施されています。

第3位 サーモス(THERMOS) フレッシュランチボックス DSD-1103W

食べ終わった後は1段にしてコンパクトに収納できるスリムな弁当箱です。おかずの色移りやニオイ移りがしにくいステンレスを採用。丈夫で長持ちしやすいのが魅力です。二段構造になっており、ごはんとおかずをそれぞれ分けて持ち運べます。

保冷力のある断熱構造のケースが付属しているのもポイント。お箸と専用のベルトも付いており、持ち運びもスムーズ。食洗器にも対応しており、毎日のお手入れも簡単です。学校や会社に適した弁当箱を探している方は、チェックしてみてください。

第4位 スケーター(Skater) 4点ロックランチボックス マルシェカラー

密閉性の高い4点ロック式を採用したシンプルな弁当箱です。汁漏れやニオイ漏れを防ぐ中空パッキンを採用しているため、持ち運び時間が長い方や、自転車通勤・通学の方にもぴったり。深さのある弁当箱なので、食材を潰さずつめられるのもポイントです。

蓋以外は電子レンジに対応しており、職場などであたため直しが可能。部品はすべて食洗器に対応しており、シンプル構造で手洗いがしやすいのも魅力です。

豊富なカラーラインナップとリーズナブルな価格帯で買い揃えやすいので、色分けして使いたい方にもおすすめです。

第5位 シービージャパン(CB JAPAN) 薄型 フードマン

独自のシーリング構造を施したパッキンを採用することで、立てて持ち運べる薄型の弁当箱です。A4サイズのファイルとほぼ同じ大きさで、スマートに持ち運ぶことに特化した薄型タイプ。しっかり固定できる4点ロックで汁漏れを防ぎます。

本体内部はランチプレート気分で楽しめる本体一体型の中仕切りを採用しており、洗いやすく食べやすい丸みを帯びたコーナーが特徴です。洗いやすい一体成型パッキンで、毎日のお手入れも簡単。男女兼用で使えるシンプルな製品です。

第6位 タイガー魔法瓶(TIGER) ステンレスカップ MCL-B025

ランチでスープを楽しみたい方におすすめの弁当箱です。丸い形状の底面を採用しており、具材を最後まですくいやすいのが特徴。口径の直径が7cmと広口なのもポイントです。

約6時間の保温能力で約49℃をキープでき、冷たいスープを保存する場合は13℃以下で約6時間保冷できます。また、本体内部には汚れやニオイが付きにくい「スーパークリーン加工」が施されており、衛生的に使用可能。

本体重量約240gと軽くて持ち運びやすいのも人気の理由です。おしゃれなチリレッドやサフランイエローがラインナップされているので、好みに合わせて選んでみてください。

第7位 ランチチャイム(LUNCH CHIME) No.2コンテナランチボックス

ユニークなデザインのランチボックスです。イエローやレッド、カーキなどおしゃれなカラーがラインナップされています。

サイドのロックとパッキンでしっかり密閉できるので、汁漏れやニオイ移りを予防。蓋を外せば電子レンジにも対応しています。それぞれの部品は食洗器で洗えるため、毎日のお手入れも簡単。同じサイズを重ねて収納できるため、家族で揃えればまとめてすっきり収納できます。

第8位 サーモス(THERMOS) 保温弁当箱 DBQ-502

カバンにかけられるバックルストラップ付きポーチが付属した弁当箱です。カバンの中に弁当箱を入れたくない方でも、手軽に持ち運べるのがポイント。高い保温力のある真空断熱構造で、お昼までごはんをあたたかいまま保ちます。

約1合分のごはんと、300ml入るおかず容器が2種類付属。おかず容器にはシリコン製の蓋を採用しており、きっちり密閉することで、汁漏れを防ぎます。ごはん容器は容器ごと電子レンジであたためられるので、オフィスなどに電子レンジがある方におすすめです。

第9位 三好漆器 曲げわっぱ 大和型 小判弁当箱

天然の杉の木を使って作られた曲げわっぱです。漆が塗られた濃い木目が印象的で、ふんわり杉の香りがするのが特徴。使いこむほどに風格が増していくのが曲げわっぱの魅力です。杉の木が余分な水分を吸い取ることで痛みを防ぎ、冷めてもおいしいごはんが楽しめます。

おかず部分にはT字型の仕切りが付いており、自由に取り外し可能。ごはんとおかずの組み合わせだけでなく、仕切りを外せばサンドイッチを詰めたり、丼弁朗にするなどバリエーションが広がります。700mlとやや大きめのサイズなので、お昼をたくさん食べたい方におすすめの製品です。

第10位 スケーター(Skater) アルミふわっと盛れるランチボックス

おかずやごはんをふんわり詰められるドーム型の蓋を採用した弁当箱です。おしゃれな弁当やキャラ弁を作っても、食材やキャラがおし潰されず、作りたての盛り付けをキープできます。内部にはおかずのかたよりを防ぐ仕切りが付属。

無機質なアルミと深みのあるビビットなカラーの組み合わせも人気の理由。弁当箱のデザインにこだわりたい方におすすめです。素材は軽くて丈夫なアルミニウム合金でできているので、電子レンジや食洗器の使用は不可。サイズは600・800・1000mlの3種類から選べます。

家族で使える汎用性の高い製品を探している方は、チェックしてみてください。

第11位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) 保温弁当箱 お・べ・ん・と SZ-JB02

縦型のスリムタイプのステンレスフードジャーです。ごはんは240ml、おかずは190mlが2つと合計3つの容器が付属しており、それぞれを重ねてコンパクトに収納可能。バッグの隙間にも入れやすく、移動中の荷物をできる限り少ないしたい方におすすめの製品です。

ごはん容器、おかず容器にはそれぞれ「Ag+抗菌加工」が施されており、清潔に使えるのがポイント。おかず容器は汁漏れしにくく、しっかり閉まる構造を採用しています。さらに、付属ポーチの内面には撥水加工が施されているため、万が一のときも安心です。

第12位 サーモス(THERMOS) 真空断熱スープジャー ネイビー 500ml JBX-500 NVY

ステンレス製魔法びん構造を採用し、あたたかいままごはんやスープを持ち運べる弁当箱です。あたたかくして使う場合には6時間の保温効果があり、ジャーの中身は約61℃以上に保つことが可能。冷やして使用する場合は、保冷効果は約6時間で、約12℃以下に保てます。

本体容器は広口タイプになっており、食べやすく洗いやすいのがポイント。蓋と本体のパーツが分かれているため、奥までしっかり洗えます。サイズが大きいので、弁当箱としてだけでなく冷たいフルーツやデザートの持ち運びにも使える製品です。

第13位 学研ステイフル おさるのジョージ アルミランチボックス

保温庫に対応したアルミ製の小さい弁当箱です。容量370mlのコンパクトサイズで、ダイエット中の方や子供にぴったり。中には取り外せる仕切りが付いており、食べる量にあわせて調節できます。

アルミ製品のため、電子レンジや食洗器は使用できませんが、シンプルで丸みを帯びたフォルムで端までおかずがすくいやすく、食べた後も洗いやすいのが魅力。日本製で品質にこだわりたい方にもおすすめのアイテムです。

第14位 YueFeng 曲げわっぱ

天然の木を使ってプロの職人が作り上げた曲げわっぱです。2段式で、たくさん食べたい方でも満足できる1200mlの大容量です。内部の仕切りは自由に位置を調節できるため、おかずとごはんのバランスを好みの状態で分けられます。

天然の木が食材の水分をほどよく吸収し、保湿することで食材が痛みにくいのも魅力。いつでもおいしい弁当が楽しめます。2段式の曲げわっぱを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第15位 ミコノス サブヒロモリ タイトランチ2段

アウトドアにおすすめのおしゃれなランチボックスです。レトロなロゴとカラーリングでSNS映えします。蓋部分がドーム状になっているため、キャラ弁やデコレーションした弁当などの中身を潰さず、きれいなまま持ち運べるのがポイント。

蓋以外は電子レンジ対応で、お昼にあたたかい弁当が食べられるのも魅力です。食洗器も使用できるので、毎日のお手入れも簡単。弁当箱のデザインにこだわりたい方におすすめの製品です。

第16位 漆器かりん本舗 お弁当箱曲げわっぱ メンズスリム1段

本製品は、杉やヒノキを薄く削って熱湯に浸し、徐々にまげて加工した職人技が光るアイテム。木のぬくもりと、使えば使うほど馴染む質感も人気の理由です。

サイズは食べ盛りの高校生や男性でも満足できる720mlの大容量。曲げわっぱは電子レンジや食洗器は使えないものの、長く使えるのが魅力です。曲げわっぱを使ったことがない方もチェックしてみてください。

第17位 Jeopace ランチボックス

ごはんもおかずもたっぷり詰められる大容量タイプのランチボックスです。シンプルでフラットな作りですが、間仕切りがしっかり固定されているのがポイント。シーリングもしっかりしているので、それぞれの味が混ざりにくいのが特徴です。付属のスプーンは間仕切りに挟んでコンパクトに収納できます。

また、角の部分は円滑なアークデザインを採用。角がないことで、おかずがすくいやすく、隅っこまできれいに洗えます。四面にバックルが付属しており、しっかり固定できるのもポイント。1150mlの大容量のため、ごはんとおかずだけでなくデザートまで一緒に詰められるおすすめの製品です。

第18位 サブヒロモリ ブランシュクレ タイトランチ

マットでガーリーなカラーリングが人気の角型ランチボックスです。中には仕切りが付いており、高さのある蓋を採用することで、弁当の中身を潰さずきれいな盛り付けをキープできます。さらに、パッキンとサイドの留め具が汁漏れを防ぐため、長時間の移動も安心して持ち運び可能です。

蓋を外せば電子レンジでも加熱できるので、あたたかい弁当が食べたい方にもおすすめ。それぞれの部品は食洗器で丸洗いできるため、お手入れの手間もかかりません。見た目がおしゃれなだけでなく、機能性にも優れたおすすめの製品です。

第19位 竹中 ココポット ラウンド

ホーロー鍋をモチーフにしたユニークでかわいらしい弁当箱です。中は2段構造になっており、1段だけでも使用可能。おかずとごはんを分けて普通の弁当箱として使ったり、1段にして丼やサンドイッチ弁当にしたりするなど、さまざまな使い方が楽しめます。

また、樹脂製のため本体が軽いのが特徴。遠足や旅行、アウトドアなどでも持ち運びしやすい製品です。食洗器に対応しているので毎日のお手入れも簡単。高品質な日本製なのもポイントです。

第20位 スケーター(Skater) 保温弁当箱 丼型

ディズニーキャラクターのかわいらしいデザインの弁当箱です。あたたかいごはんや麺類を丼スタイルで持ち運べる製品で、保温容器にごはんや麺類を入れて、おかず容器にスープや丼の具材を入れておけば、お昼に作り立てのランチメニューが楽しめるのがポイント。本体は保温と保冷に優れた真空二重構造を採用しています。

中の容器は汁漏れを防ぐパッキング付属しており、蓋を外せば電子レンジの使用が可能。下の丼部分の容器は電子レンジが使えない点には注意が必要です。保温だけでなく保冷効果も備えているため、夏場はサラダパスタやそうめんなども楽しめます。

第21位 シーガル(Seagull) オーバルランチボックス

アウトドア用の食器としても使える、実用性を兼ね備えたステンレス製の弁当箱です。直火に直接かけて使用できるタイプで、キャンプ中でもあたたかいごはんとおかずが楽しめるのが特徴。ステンレス製で、色移りやニオイ移りの心配がなく、衛生的に使用できます。

余計な部品や突起がないので、使いやすく洗いやすいのも魅力です。パッキンを使用していないため、傾けたり、縦に収納したりすることはできませんが、日々のお手入れも簡単。16cmのコンパクトサイズで、非常用グッズとしても人気の製品です。

弁当箱のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

弁当箱のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。