無線LANの機能を内蔵し、写真の共有をスムーズにしてくれる「Wi-Fi付きSDカード」。対応の機種であれば、手持ちのカメラをより便利にするおすすめアイテムです。

そこで今回は、数あるWi-Fi付きSDカードのなかからおすすめのモデルをピックアップ。種類が多くてどれを買えばいいのか迷ってしまうという方は、ぜひチェックしてみてください。

Wi-Fi付きSDカードとは?

By: amazon.co.jp

Wi-Fi付きSDカードとは、通常のSDカードに無線LAN接続機能が追加された製品のこと。iPhoneやiPadといったデバイスにはSDカードの挿入口がないので、活用することでスムーズにデータ転送を行えるのが特徴です。

なかには、インターネットに子機としてつなげられる製品も存在しています。デバイス側のインターネット接続を中断することなくデータを転送できるため、マルチタスクを行えるのがメリットです。

Wi-Fi付きSDカードの選び方

所有しているカメラやスマホに対応しているかチェック

SDカードには、SDカード・SDHCカード・SDXCカードの3種類があります。容量によって種類が異なりますが、古い型のカメラやスマホの場合は、容量の大きいSDカードに対応していないこともあるので注意が必要です。

また、現在発売されているほとんどのスマホはmicroSDカードのみの対応。スマホで使いたい場合は、microSDカードを挿すことでWi-Fi付きSDカードとして使用できるアダプターがおすすめです。

容量をチェック

SDカードを購入するときにまずチェックしたいのは、カードの容量です。容量の少ないモデルは安価ですが、データが溜まっていくうちに2枚、3枚と購入する必要が出てきてしまいます。使い方によって最適な容量を選ぶようにしましょう。

データをSDカード内に溜めず、パソコンやハードディスクにすぐに移す場合は4~8GBで十分です。SDカード内にデータを保存したい場合は、16GB以上あると容量がすぐにいっぱいになる心配はありません。また、写真をRAWデータで残したり、動画を保存したりする場合は32GB以上がおすすめです。

なお、Wi-Fi付きSDカードには、最大64GBのモデルもあります。動画や写真などの記録だけでなく、仕事用のドキュメントや音楽ファイルなどを大量に保存する方はチェックしておきましょう。

設定方法もあらかじめ確認しておこう

Wi-Fi付きSDカードの初期設定は、基本的にスマホやパソコンを使用して行います。専用アプリを使うことでスマホ上で簡単に初期設定ができるモデルもあるので、パソコンがない方はアプリで設定できるモノを選ぶようにしましょう。

スマホアプリの場合は、SDカードをカメラなどに挿した状態で設定が可能です。一方、パソコンで設定を行う際は、SDカードをパソコンに挿しておく必要があります。カードスロットがないパソコンの場合は、外付けのカードスロットを購入しておくと便利です。

転送方法をチェック

Wi-Fi付きSDカードの転送方法には、写真や動画を選択してからデータ転送を行う「手動タイプ」と、撮影直後に自動的にデータ転送が行われる「自動タイプ」の2種類があります。

手動タイプは撮った写真を選別してから送れるので、カメラを撮影用、送信先機器を保存用などと分けられるのがメリット。一方、自動タイプは、その場で撮った写真をすぐに送信先の機器で編集したいときに活躍します。使用用途に合わせて選択するのがおすすめです。

Wi-Fi付きSDカードのおすすめモデル|東芝

東芝(TOSHIBA) FlashAir SD-UWAシリーズ<W-04> SD-UWA064G

東芝(TOSHIBA) FlashAir SD-UWAシリーズ<W-04> SD-UWA064G

64GBもの容量を有するWi-Fi機能付きSDカード。撮影した写真を、最大7台までのスマホやタブレットに共有できるのが特徴です。旅先で友人と気軽に思い出を共有できます。

また、読み出し速度は最大90MB/s、書き込み速度は最大70MB/sと高性能。さらに、UHSスピードクラス3とSDスピードクラス10に対応しており、撮影した写真や動画をスムーズに確認、保存できます。

FlashAir公式アプリを利用すれば、Android端末やiOS端末で簡単に写真・音楽・ドキュメントの転送を行えるのもポイント。高画質のデータを転送できるので、一眼レフカメラで撮影する際にも活躍します。

東芝(TOSHIBA) 無線LAN搭載SDHCカード FlashAir W-03 32GB

東芝(TOSHIBA) 無線LAN搭載SDHCカード FlashAir W-03 32GB

Wi-Fi搭載SDカードの第3世代モデルです。比較的安い価格で購入できるのが特徴。スペックはやや抑え気味ですが、国産品で品質の高さは折り紙付きなので、費用を抑えつつ確かな品質の製品を購入したい方におすすめです。

10MB/sの最低転送速度がサポートされているため、写真はもちろん、フルHDまでの動画も安定して記録できます。また、最大7台のスマホなどに写真を同時に転送できるのもポイント。パーティーや旅行先などでその場の思い出をシェアするのに最適です。

iOSおよびAndroid向けの専用アプリがあるのも魅力。スマホやタブレットからSDカード内に記録した写真の一覧を閲覧したり、複数選択および一括でのダウンロードをしたりできます。

Wi-Fi付きSDカードのおすすめモデル|その他のメーカー

アイファイジャパン(Eye-Fi Japan) Eyefi Mobi EFJ-MC-32

アイファイジャパン(Eye-Fi Japan) Eyefi Mobi EFJ-MC-32

32GBの容量を持つ、おすすめのWi-Fi機能付きSDカードです。10桁のセキュリティコードを設定できるのが特徴。他人から写真や動画を見られる心配がなく、セキュリティ面にしっかりと配慮されています。

また、容量無制限のクラウドサービスを90日間無料で利用できるのもポイント。PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスで接続して、データを管理できます。

Wi-Fiに接続すれば、独自の転送技術によりパソコンやスマホへ自動転送されるため便利。さらに、転送速度はSDスピードクラス10に対応しています。使い勝手のよい、おすすめのWi-Fi機能付きSDカードです。

OSEI Wi-Fi内蔵SDHCカード ezShare 64GB

OSEI Wi-Fi内蔵SDHCカード ezShare 64GB

消費電力を抑えつつ使用できるエコなWi-Fi付きSDカードです。SDカードの底部にある黒いスイッチを切り替えることで、Wi-Fi機能のオン・オフができるのが特徴。データ転送を利用しないときはカメラのバッテリー消費を抑えられるので、なるべく長い時間撮影を続けたい方に適しています。

Wi-Fi機能は最大5台までの機器と同時に写真・動画の共有が可能。Wi-Fi転送時の速度は1.5MB/sと標準的ですが、通常使用には十分な性能を備えています。また、RAW画像の転送にも対応しており、専用のスマホアプリを使用すればプレビューも可能です。

記録容量は64GBで、SDスピードクラス10に対応。リーズナブルに購入できるため、Wi-Fi付きSDカードを手軽に試したい方にもおすすめです。

ペンタックス(PENTAX) Wi-Fi内蔵SDHCカード FLUCARD FOR PENTAX O-FC1 16GB

ペンタックス(PENTAX) Wi-Fi内蔵SDHCカード FLUCARD FOR PENTAX O-FC1 16GB

一眼レフカメラ専用のWi-Fi付きSDカード。本製品は、Wi-Fi機能を持たないデジタル一眼レフにも、無線によるリモコン操作と画像転送の機能を追加できるのが魅力です。

本製品とWi-Fiで連携したスマホ・タブレットでは画面を使ったライブビュー撮影が可能。可動式の液晶モニターを搭載していない機種でも、ローアングルやハイアングルからの撮影が無理のない姿勢でできます。また、遠隔でシャッター操作や露出など各種設定の変更ができるのもポイントです。

撮影したSDカード内の画像は、スマホからサムネイルで一覧表示ができます。さらに、選んだ画像をワイヤレスで転送・保存も可能。記録容量は16GBで、SDスピードクラス10に対応しています。

OSEI Wi-Fi内蔵SDカードアダプター ezShare +wi-fi Adapter

OSEI Wi-Fi内蔵SDカードアダプター ezShare +wi-fi Adapter

コストパフォーマンス良好のWi-Fi内蔵SDカードアダプターです。Wi-Fi機能を搭載したSDカードアダプターのみの製品で、microSDカードは付属していません。

同時に画像をシェアできる機器の数は5台。RAW画像の転送に対応しているのも魅力です。また、パスワードによって画像の閲覧を制限する機能も搭載されています。

対応する容量は4〜32GB。すでにmicroSDカードを所有している場合は、手持ちのモノを有効に活用できます。リーズナブルなので、価格重視の方にもおすすめです。

Wi-Fi内蔵SDカードのAmazonランキングをチェック

Wi-Fi内蔵SDカードのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。