デジカメの写真などを保存したり、パソコンに転送したりする際に活躍する記憶媒体が「SDカード」。最近はクラウドサービスなどを通じてデータの共有をするケースも増えてきましたが、手軽に扱える便利さは今も健在です。

そこで今回は、SDカードのおすすめモデルを容量別にご紹介します。種類や選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

SDカードの種類

SDカード

最初の「SD」規格は、パナソニックやウエスタンデジタル、東芝などの企業グループによって1999年に開発されました。互換性が高いため、古い機種でも使用できるのが魅力です。旧タイプのデジカメを所有している方なども重宝します。

なお、SDカードの種類のなかでもっとも容量が小さいのが難点。撮った写真をずっと保存しておくのではなく、撮影が終わるたびにパソコンなどへデータ移行するような使い方におすすめです。

SDHCカード

「SDカード」の次に発表されたのが「SDHCカード」規格。容量は32GBまで対応できるようになったため、デジカメの写真はもちろん、スマホのデータを保存しておくのにも便利です。

また、価格もリーズナブルなので購入しやすく、使い勝手がよいのもポイント。デジカメやスマホで撮影した写真や動画データを保存しておく、といった使い方におすすめです。

SDXCカード

より大きな容量のデータを保存する必要がある用途には、「SDXCカード」がおすすめです。最大2TBまでの容量に対応した規格で、市場では64GB以上のモデルが販売されています。

容量に余裕があるため、一眼レフによる写真や動画撮影などにも最適。なお、コンデジやスマホの写真を保存する程度の使い方だと、価格面も含め若干オーバースペックになることもあるので留意しておきましょう。

SDカードの選び方

用途に合わせた容量をチェック

SDカードを選ぶときは、使用用途にあった容量モデルを選ぶことが大切です。容量には余裕があるほどいいと考えていても、そのぶん価格も高くなるため注意が必要。一般のデジカメやスマホ、タブレットで撮影した写真や動画を保存しておく程度なら、32GB程度のモデルがコスパも高いのでおすすめです。

高解像度の写真や、動画データをたくさん記録する必要がある場合には64GB以上のモデルを選択肢に入れるなど、用途に応じた容量の製品を購入するようにしましょう。

スピードクラスをチェック

By: amazon.co.jp

動画を記録する用途に使用するのであれば、最低保証速度を表すスピードクラスも要チェック。スピードクラスによりデータの書き込み速度が異なるため、遅いとコマ落ちしたり、最悪の場合録画ができなかったりすることもあります。

スピードクラスの規格は「SDスピードクラス」「UHSスピードクラス」「ビデオスピードクラス」の3種類。それぞれ「Class 10(C10)」「Class 1(U1)」「Class 10(V10)」などと記載されており、数値が大きいほど転送速度がより速いことを意味しています。フルHDレベルの動画を撮影するのであれば、「C10」「U1」「V10」以上の製品を選びましょう。

転送速度をチェック

By: amazon.co.jp

高画質の動画撮影はしないという方でも、テータの転送速度の確認は大切です。カメラの連写機能を利用して写真撮影をする機会が多い方なら、書き込み速度40MB/s以上のモデルがおすすめ。連写時にコマ落ちすることもなく、一瞬のシャッターチャンスを逃しません。

また、パソコンなどへのデータ転送を頻繁に行うのであれば、読み取り速度も重要。大容量のデータを転送することが多い方は、読み取り速度が90MB/s以上ある高速な製品がおすすめです。

SDカードのおすすめメーカー

サンディスク(SanDisk)

By: amazon.co.jp

1988年に設立されたアメリカに本社を構える会社です。おもにフラッシュメモリ関連製品を手がけており、各種SDカードをはじめ、USBメモリやポータブルSSDなどを展開しています。

なかにはSSDにワイヤレス充電器機能を搭載し、スマホを充電しながら写真や連絡先データをバックアップしてくれるといった、ユニークなアイテムなどもラインナップされています。

トランセンド(Transcend)

By: amazon.co.jp

1988年設立の台湾に拠点を構える会社です。おもに半導体メモリ関連製品を生産しており、USBメモリでは世界でもトップクラスのシェアを有しています。

個人ユーザー向けには、SDカードやUSBメモリ、メモリカード、外付けHDD・SSDなどを展開。また、組み込み型の企業向け製品なども展開するなど、豊富なラインナップが特徴です。台北に自社工場を所有しており、信頼性の高い製品を手頃な価格で提供しています。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

創業が1875年と古く、日本を代表する電機メーカーです。1984年に名称が変更され現在の「東芝」になりました。手がける事業エリアは広く、原子力や火力発電設備といったエネルギー分野から、半導体やストレージなどの電子デバイス分野までさまざまです。

SDカード製品は日本国内でも生産。高品質な製品づくりに力を入れているおすすめのメーカーです。

SDカードのおすすめモデル|64GB~

サンディスク(SanDisk) SDXC Extreme SDSDXV5-256G-GHENN

サンディスク(SanDisk) SDXC Extreme SDSDXV5-256G-GHENN

長時間の高画質動画を記録したり、パソコンで編集したりするのに適したSDXCカード。「ビデオスピードクラス30(V30)」や「UHSスピードクラス3(U3)」に対応しており、フルHDはもちろん4K動画の撮影にもおすすめのモデルです。

容量は256GBと大容量。また、最大書き込み速度は70MB/s、最大読み取り速度も150MB/sと高速なのもポイントです。ただし、最大150MB/sでの転送を行うには、対応するサンディスク社のカードリーダーを使う必要があるので留意しておきましょう。

サンディスク(SanDisk) SDXC Ultra SDSDUNR-128G-GHENN

サンディスク(SanDisk) SDXC Ultra SDSDUNR-128G-GHENN

フルHD動画の撮影にもおすすめの「UHSスピードクラス1(U1)」に対応したSDXCカード。最大読み取り速度は100MB/sと高速なので、記録した動画ファイルをパソコンなどへ転送するのも快適です。データを転送する際にストレスを感じることもありません。

防水や耐衝撃性に優れているだけでなく、高い耐X線性能を備えているのも特徴。空港でのX線検査でも影響を受けないため、海外への旅行や出張にも安心して持っていくことが可能なモデルです。

トランセンド(Transcend) SDXC 64GB TS64GSDC300S-E

トランセンド(Transcend) SDXC 64GB TS64GSDC300S-E

容量64GBのSDXCカード。「UHSスピードクラス3(U3)」と「ビデオスピードクラス30(V30)」に対応しているのが特徴です。フルHDはもちろん、4K動画の撮影などにもおすすめ。フルHDなら約8時間、4K動画でも約3時間分のデータ保存ができます。

また、保存容量が大きいにもかかわらず価格が手頃なのも魅力。高精細の動画録画にも対応可能な製品を探している方は、チェックしてみてください。

SDカードのおすすめモデル|~32GB

サンディスク(SanDisk) SDHC Extreme Pro SDSDXXG-032G-GN4IN

サンディスク(SanDisk) SDHC Extreme Pro SDSDXXG-032G-GN4IN

最大書き込み速度が95MB/sと高速なSDHCカード。「UHSスピードクラス3(U3)」「ビデオスピードクラス30(V30)」に対応しており、デジタル一眼レフの高速連写や動画撮影など、さまざまなシーンで活躍します。

容量は32GB。また、-25~85℃の温度に対応しており、過酷の環境のもとで使えるのも魅力です。耐久性に優れているSDカードを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

サンディスク(SanDisk) SDHC Extreme SDSDXVE-032G-EPK

サンディスク(SanDisk) SDHC Extreme SDSDXVE-032G-EPK

「ビデオスピードクラス30(V30)」と「UHSスピードクラス3(U3)」に対応しているSDHCカード。フルHDや4K動画を撮影したり、一眼レフカメラを頻繁に使用したりする方におすすめ。連写中のコマ落ちや一瞬のシャッターチャンスを逃すこともなく、安心して使用することが可能です。

最大読み取り速度は90MB/sと速いのもポイント。パソコンへデータ転送する際もストレスを感じにくく、使い勝手に優れています。

なお、容量は32GBと大きくないため注意が必要。長時間の撮影をしない方や、撮ったデータはすぐにパソコンへ移行するといった使い方をする方に適しています。

トランセンド(Transcend) SDHC 32GB TS32GSDC300S-E

トランセンド(Transcend) SDHC 32GB TS32GSDC300S-E

写真や動画データを手軽に保存しておくのに便利なSDHCカードです。「SDスピードクラス10(C10)」と「UHSスピードクラス1(U1)」に対応しているため、フルHDまでの動画であれば安心して使えます。また、音楽データの保存も可能でMP3形式であれば、約6000曲の記録が可能。音楽を気軽に持ち歩く用途にもおすすめのモデルです。

最大読み取り速度は95MB/sと速いので、パソコンなどへデータを移行する際もスムーズにできます。価格も安く、気軽に購入できるおすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA) SDHC 32GB THN-NW32G4R8

東芝(TOSHIBA) SDHC 32GB THN-NW32G4R8

容量32GBのSDHCカードです。「SDスピードクラス10(C10)」と「UHSスピードクラス1(U1)」規格に対応しており、デジカメで写真や動画を撮影する用途に適しています。1800万画素クラスのデジカメ写真なら、4000枚以上を記録しておくことが可能です。

また、高い耐X線性能を備えているのもポイント。旅行や出張で飛行機を頻繁に利用する方でも安心です。日本製のSDカードを探している方はチェックしてみてください。

SDカードのおすすめモデル|~2GB

トランセンド(Transcend) SDカード 2GB TS2GSDC

トランセンド(Transcend) SDカード 2GB TS2GSDC

容量が2GBのSDカードです。小容量タイプですが、「SDカード」規格に対応した製品のため古い機器に挿して使用することが可能。デジカメなど旧機種を使っている方にもおすすめです。

写真や音楽ファイルを気軽に持ち歩くのに適しています。ただし、動画データの記録には適していないので、購入を検討している方は留意しておきましょう。

パナソニック(Panasonic) SDカード 2GB RP-SDL02GJ1K

パナソニック(Panasonic) SDカード 2GB RP-SDL02GJ1K

日本の大手電機メーカー、パナソニックのSDカードです。容量は2GB。古い機種のデジカメなどを所有している方におすすめのモデルです。

写真など静止画像の記録に適しています。なお、「SDスピードクラス」はC4で、「UHSスピードクラス」規格にも対応していないため動画の記録用途には向いていません。写真や音楽データ保存用と考えて購入を検討してみてください。