デジカメで写真や動画を記録する際に欠かせない記録メディアが「SDカード」です。最近は64GB以上の大容量を持つSDXCカードもラインナップが充実しているため、用途や目的に応じて幅広い容量から選べます。

ただし、SDカードにはさまざまな規格が存在するので、初めて購入する方はどれを選ぶべきか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、SDカードの選び方を解説したうえで、おすすめのモデルを紹介します。

SDカードの選び方

SDカードの規格の種類と違い

データをすぐに移動させるならSDカード

SDカードは容量ごとに3つのタイプに分かれます。「SDカード」は、記録容量が2GB以下のSDカードのこと。現在は製品ラインナップが少なくなりましたが、2007年以前は対応する唯一のSD規格だったため、古いデジカメを趣味で楽しんでいる方などに愛用されています。

容量2GBのSDカードには、2000万画素のJPEG画像が200枚ほど記録可能。SDHCやSDXCに比べると容量が限られており、多くのデータを保存できません。一度の撮影枚数が少ない方や、撮影後すぐにデータを移動させられる方におすすめです。

旅行やイベントならSDHCカード

「SDHCカード」とは、記録容量が4〜32GBまでのSDカードのこと。2008年以降に製造されたデジカメに採用されたSD規格で、使いやすい容量が比較的安い価格で入手できるため、コスパを重視するデジカメユーザーにおすすめです。

容量32GBのSDHCカードには、2000万画素のJPEG画像が3200枚ほど、または4K 25fpsの動画が56分ほど記録可能。一般的な撮影量の方なら1泊2日程度は十分にカバーできる容量なので、旅行やイベントの記録に使用するのにもおすすめです。

高画質動画やデータの大量保存にはSDXCカード

「SDXC」とは、記録容量が64GB〜2TBまでのSDカードのこと。2009年以降に製造されたデジカメから導入されたSD規格で、現在も主流の規格として継続採用されており、各メーカーから豊富な製品ラインナップが用意されています。

容量1TBまでのSDXCカードが販売されていますが、コスパの高い64GBや128GBのモノが豊富。容量128GBのSDXCカードには、2000万画素のJPEG画像が約13000枚、または、4K 25fpsの動画が約3時間44分記録可能です。

容量に余裕があるため、JPEGよりもデータ量の大きなRAW形式の画像を大量に記録する方にも64GB以上のSDカードはおすすめ。 また、6Kや8Kなど4Kを超える解像度の動画を撮影で主に扱う方にも適しています。

スピードクラス(最低転送速度)をチェック

By: amazon.co.jp

動画記録にSDカードを使用する場合、重要になるのが「スピードクラス」です。SDカードが保証する最低限の書き込み速度のこと。動画の記録解像度に対してスピードクラスが不足していると、コマ落ちや強制停止などのトラブルが発生しやすくなります。

スピードクラスには、スピードクラス・UHSスピードクラス・ビデオスピードクラスら3種類の規格が存在するのもポイント。デジカメが製造された時期によって対応するスピードクラスの規格が異なるので、SDカードを選ぶ際は注意が必要です。

フルHD動画の記録には、最低転送速度が10MB/s以上であることを示す、スピードクラス10・UHSスピードクラス1・ビデオスピードクラス10のモノで十分。ただし、4K動画の場合は、UHSスピードクラス3やビデオスピードクラス30以上のSDカードを選んでみてください。

データ移行などをするなら書き込み・読み込み速度をチェック

By: amazon.co.jp

撮影時やデータバックアップ時の快適性を左右するのがSDカードの「書き込み速度」と「読み込み速度」です。ともにSDカードが最大限に引き出せる転送速度のことを示しています。

書き込み速度はデジカメでの撮影時に画像や動画を記録する際に使われる最高転送速度のこと。書き込み速度が速いSDカードほど途中でフリーズしにくく、次々とシャッターが切れるため、高速連写を多用する方や高画素機を愛用する方におすすめです。

読み込み速度はSDカード内のデータをパソコンなどへバックアップする際に使われる最高転送速度のこと。読み込み速度が速いSDカードほど大量をデータも短時間で移行できるので、撮影後のバックアップ作業で効率よく時短できます。

UHS規格への対応をチェック

SDカードの高速性能を重視するなら「UHS規格」への対応状況も重要なポイントです。UHSとは、Ultra High Speedの略で、大容量化や高速化のニーズに対応して設けられたデータ転送速度の新規格のことを示しています。

UHS規格に対応するSDカードは転送速度の上限が引き上げられるのがポイント。道路に例えると、UHS非対応のモノが一般道のみ通行できるのに対して、UHS対応モデルは高速道路も使用できるので、より快速なデータ転送が可能です。ただし、上限速度を最大限に活用するには、使う機器側も各規格に対応している必要があります。

UHS規格には上限速度が104MB/sまでの「UHS-I」と、最高312MB/sまでの「UHS-II」ら2種類が存在するのも特徴。4000万画素以上の高画素画像や4K以上の高解像度動画を主に扱う場合は、UHS-II対応のSDカードを選ぶのがおすすめです。

Wi-Fi機能付きならスムーズにデータ転送を行える

SDカードのなかにはWi-Fi通信機能が搭載されたモノも販売されています。デジカメに代わってSDカードが直接スマホとワイヤレスで連携するのが特徴。Wi-FiやBluetoothが非搭載のデジカメでもスマホへの画像のワイヤレス転送が可能になるので、古いデジカメで手軽に画像転送を行いたい方にもおすすめです。

画像データをスマホへ移行する際、SDカードをデジカメ本体からいちいち取り出してパソコンを経由する手間を省けるのが便利。スマホさえあれば、スムーズにデータ転送が行えます。また、SDカード内に保存した画像をアプリを介して複数台のスマホで確認できるのも魅力。旅行やパーティーなどにも重宝します。

耐久性をチェック

By: amazon.co.jp

野外でアクティブに使う場合は耐久性の高いSDカードを選ぶのがおすすめです。デジカメをうっかり水没させたり、酷寒や酷暑の外に置き忘れたりしてしまっても、SDカード内に保存した画像や動画のデータだけはしっかりと保護可能。旅行はもちろん、登山やダイビングなどの過酷な環境でも重宝します。

SDカードの耐久性にはさまざまな項目が存在するのもポイント。防水・耐温度・耐衝撃・耐X線・耐振動・耐磁性など、SDカードによってサポートしている耐久性は異なります。アウトドアでは防水・耐温度・耐衝撃、航空機搭乗前の手荷物検査では耐X線というように、用途に適した耐久性を備えたSDカードを選びましょう。

スマホやSwitchで使えるのはmicroSDカードなので注意

デジカメ以外の機器で使うSDカードを選ぶ場合は注意が必要です。特に間違えやすいのが、AndroidスマホやNintendo Switchで使用する記録メディアを購入するとき。スマホやSwitchではSDカードよりも一回り小型のmicroSDカードが使われています。

microSDカード用の小型スロットには通常サイズのSDカードは大きすぎて挿入できません。スマホやSwitchにはSDカードは使用不可なので、間違えないように、必ずサイズがより小さいmicroSDカードの方を選びましょう。

microSDカードについて詳しく知りたい方はこちら

SDカードのおすすめメーカー

サンディスク(SanDisk)

サンディスクは米国カルフォルニア州に本社を置く1988年設立の記録メディアメーカーです。現在は世界最大のストレージメーカー「ウエスタンデジタル」の傘下ですが、SDカードの世界市場でも長年にわたってシェアを占めています。

転送速度が安定しているのはもちろん、耐久性に優れたモデルも多く発売されています。登山や野外スポーツなどの過酷な環境で撮影活動を行う方にもおすすめです。

ラインナップがわかりやすく分けられているのもサンディスクの魅力。コスパ重視の「Ultra PLUS」、高速モデルの「Extreme PLUS」、高速性能をより高めたプロ向けの「Extreme PRO」などのシリーズから選べます。

トランセンド(Transcend)

トランセンドは台湾の台北に本社を置く1988年設立の記録メディアメーカーです。アメリカ・ヨーロッパ・アジアの支社を拠点にした世界展開も行っており、USBメモリや内蔵SSDなどのメモリ製品を幅広く手掛けています。

コスパに優れているのがトランセンドのSDカードの特徴。品質面での評価も良好なので、高品質なSDカードを低コストで入手したい方にもおすすめです。エントリーからハイクラスまでラインナップも充実しています。

キオクシア(KIOXIA)

キオクシアは東京の港区に本社を置く国産の記録メディアメーカーです。東芝の半導体メモリ事業を分社化した形で2019年に設立。製品の製造はサンディスクとの共同出資で立ち上げた三重の四日市市にある自社工場で行っています。

国産品ならではの高い品質を備えているのがキオクシアのSDカードの特徴。ベーシックモデルからプロモデルまでグレード分けが明確なのも魅力です。最近は4Kを超える高解像度動画の記録に適したUHS-II V90対応の「EXCERIA PRO」シリーズも発売しており、プロクリエイターにも適しています。

プログレードデジタル(ProGrade Digital)

プログレードデジタルは米国カルフォルニア州に本社を置く先進気鋭の記録メディアメーカーです。サンディスクなどで業界を牽引してきたレジェンドたちによって2017年に設立。プロ仕様のメモリーカードをリーズナブルな価格で提供しています。

高性能とコスパを高い次元で両立しているのがプログレードデジタルのSDカードの特徴。加えて、世界どこでも同じ価格で購入でき、同じ保証を受けられるため、国内だけでなく海外でも積極的に撮影活動を行う方にもおすすめです。

品質に厳しくこだわって製造されているのもポイント。業界では珍しくSDカードの製造時に全品検査が行われ、固有の製造番号が付与されます。製品確認や原因究明が素早く行えるので、トラブルの発生時にも迅速な対応が期待できるのが魅力です。

SDカードのおすすめモデル

トランセンド(Transcend) SDカード 2GB TS2GSDC

品質でも高く評価されている容量2GBのSDカードです。低価格でも品質にこだわって作られており、万が一トラブルが発生した場合に重宝する5年間のメーカー保証付き。長く安心して使えるSDカードを探している方におすすめです。

安い価格ながら高い耐久性を備えているのもポイント。1万回を超えるカードスロットでの抜き差しテストをクリアしているので、頻繁にデータ移行をする場合にも適しています。加えて、-25℃の低温から85℃の高温まで幅広い温度環境での動作が保証されているのも魅力。寒冷地や酷暑地でも安定して画像の記録を進められます。

INDMEM SDカード 2GB Class4 SLC SD2GB

安い価格で入手できる容量2GBのSDカードです。SDHC以前に製造されたデジタル機器や、主流のSDカードリーダーに広く対応しているのが特徴。古いデジカメに使用できる安いSDカードを探している方におすすめです。

4MB/s以上の最低転送速度を保証するスピードクラス4をサポートしているのもポイント。低価格ながら1年間のメーカー保証も付くので安心して使えます。

ラーウ(RAWR) SDカード 2GB RSD-002GBC10BKO

高性能な容量2GBのSDカードです。東芝が製造したMLCチップを搭載しており、SDカードとしては高速な読み込み速度25MB/sと書き込み速度10MB/sを実現。古いデジタル一眼レフの性能を最大限に引き出したい方にもおすすめです。

6MB/s以上の最低転送速度を保証するスピードクラス6をサポートしているのもポイント。また、SDカード表面に文字を手書き可能なラベルが貼られているのも魅力です。撮影日や撮影場所などで使用したSDカードを分類・整理するのに重宝します。

SDHCカードのおすすめモデル

サンディスク(SanDisk) Ultra PLUS SDHCメモリーカード 32GB SDSDUN4-032G-GHJNN

高速性能が手軽に入手できる容量32GBのSDHCカードです。UHS-I規格をサポートしており、最高120MB/sの読み込み速度に対応。同じUHS-I規格のSDカードリーダーを使ってデータ移行が高速で行えるため、バックアップ作業で時短したい方にもおすすめです。

10MB/s以上の最低転送速度を保証するUHSスピードクラス1C10に対応しているのもポイント。フルHD動画がスムーズに記録できるので、コストを抑えつつ一眼レフやビデオカメラで動画撮影を楽しみたい方にもぴったりです。

低価格ながら防水・耐温度・耐衝撃・耐X線といった耐久性が充実しているのも魅力。登山やキャンプなどアウトドアでの撮影にも安心して使用可能です。

トランセンド(Transcend) SDHCカード SDC300S 32GB TS32GSDC300S-E

優れたコスパが魅力の容量32GBのSDHCカードです。安い価格ながらUHS-I規格に対応。読み込み速度100MB/s、書き込み速度20MB/sと、スタンダードモデルとしては比較的高い性能を備えているので、日常の記録用としてもおすすめです。

フルHD動画を快適に記録できるUHSスピードクラス1をサポートしているのもポイント。加えて、低価格ながら防水・耐温度・耐衝撃・耐X線・耐静電気などの耐久性も充実しているため、家族旅行やキャンプでも安心して使えます。

無料のデータ復旧ソフト「RecoveRx」が利用できるのも魅力。SDカードに保存した大切なデータを誤って消去してしまった場合でも簡単操作で復旧可能です。

キオクシア(KIOXIA) EXCERIA SDHC UHS-I メモリカード 32GB KSDU-A032G

国産品ならではの安心感が得られる容量32GBのSDHCカード。安定した高品質と高速性能がリーズナブルな価格で入手できます。信頼性の高いSDカードを探している方にもおすすめです。

UHS-I規格をサポートしているのもポイント。最高100MB/sの読み込み速度でバックアップ作業にかかる時間を短縮可能です。スピードクラス10とUHSスピードクラス1にも対応するため、フルHD動画も快適に記録を進められます。

耐温度・耐X線・耐静電気などの耐久性を備えているのも魅力。さらに、過熱や発火を防止するヒューズも内蔵しているので、動画撮影など高負荷が長くかかる用途にも安心して使用可能です。

バッファロー(BUFFALO) SDHCカード 32GB RSDC-032U11HA/N

撮影以外の用途にも使える容量32GBのSDHCカードです。フルHD動画の記録に適したビデオスピードクラス10に対応。読み込み速度も最高100MB/sと速いので、パソコンでのデータ移行も快適に進められます。

著作権保護機能「CPRM」に対応するのもポイント。録画した地デジや衛星放送のテレビ番組をコピー・ムーブできるため、レコーダーの空き容量を確保する用途にもおすすめです。音楽データの保存も可能なので、ダウンロード購入した音楽をオーディオコンポで再生する場合にも重宝します。

安い価格ながら防水や耐衝撃などの高い耐久性を備えているのも魅力。また、SDカードの側面に追加の書き込みを禁止する「誤消去防止スイッチ」を搭載しており、大切なデータを上書き消去してしまうトラブルを避けられます。

EzShare Wi-Fi機能搭載SDHCカード 32GB Wi-FiSD-32G

スマホと連携できる容量32GBのWi-Fi内蔵SDHCカードです。無線LANルーターや公衆Wi-Fiスポットが近くにない場所でも、直接スマホとワイヤレス接続できるのが特徴。Wi-Fi非搭載の古い一眼レフでスマホへの画像転送を利用したい方におすすめです。

10MB/s以上の最低転送速度を保証するスピードクラス10に対応しているのもポイント。写真はもちろん、フルHD動画もスムーズに記録可能です。また、最大5台までのスマホと同時接続できるため、友人と一緒に画像を確認する場合にも重宝します。

Wi-Fi機能をオフにできるのも魅力。デジカメのバッテリー消費を最小限に抑えられます。スマホの専用アプリを使えば、SNSへの投稿やRAW画像のプレビューなども可能です。

SDXCカードのおすすめモデル

サンディスク(SanDisk) Extreme PLUS SDXC UHS-I メモリーカード 64GB SDSDXV2-064G-GHJIN

優れた高速性能で定評のある容量64GBのSDXCカードです。UHS-I規格ながら独自技術によって読み込み速度170MB/sを実現。純正の専用SDカードリーダーを使うことで最高速度を発揮可能で、パソコンでのバックアップ作業が素早く完了できます。

書き込み速度が最高80MB/sと高速なのもポイント。データ量の大きなRAW画像や高速連写機能もスムーズに記録を進められます。また、30MB/s以上の最低転送速度を保証するUHSスピードクラス3やビデオスピードクラス30にも対応。4K動画記録用のSDカードとしてもおすすめです。防水・耐温度・耐衝撃・耐X線などの信頼できる耐久性も備えています。

サンディスク(SanDisk) Extreme PRO SDXC UHS-II メモリーカード 128GB SDSDXDK-128G-GHJIN

プロカメラマンも愛用する容量128GBのSDXCカードです。超高速転送規格のUHS-IIをサポートしているのが特徴。最高300MB/sの読み取り速度が利用できるため、高解像度の写真や動画を大量にデータ転送する場合にも重宝します。

書き込み速度も最高260MB/sとトップクラスなのもポイント。10コマ/秒を超える超高速連写もスムーズに記録できます。さらに、90MB/sの最低転送速度を保証するビデオスピードクラス90にも対応するので、4Kを超える高解像度の6Kや8Kで本格的な映像制作を行う方にもおすすめです。

防水・耐温度・耐衝撃・耐X線性能に優れており、過酷な環境でも撮影に没頭できるのも魅力。高性能なデータ復旧ソフト「RescuePRO Deluxe」のダウンロード特典も付属します。

キオクシア(KIOXIA) EXCERIA PLUS SDXC UHS-I メモリカード 64GB KSDH-A064G

国産による品質の高さが魅力的な容量64GBのSDXCカードです。UHS-I規格をサポートしており、最高98MB/sの読み込み速度に対応。書き込み速度も最高65MB/sと、動く被写体の撮影で高速連写を多用する方にもおすすめです。

30MB/s以上の最低転送速度を保証するビデオスピードクラス30に対応するのもポイント。4K動画が安定した動作で記録できるため、 写真と並行して4Kでの映像制作も手掛けたいクリエイターの方にも適しています。

耐X線や耐静電気に加えて、過熱や発火を防止するヒューズが搭載されているのも魅力。また、著作権保護機能「CPRM」に対応しているので、テレビ番組や音楽データの取り扱いにも活用可能です。

キオクシア(KIOXIA) EXCERIA PRO SDXC UHS-II メモリカード 128GB KSDXU-A128G

プロの創作活動をサポートする容量128GBのSDXCカードです。UHS-II規格に対応しており、最高270MB/sでの高速読み込みが可能。加えて、書き込み速度も最高260MB/sと高速なので、10コマ/秒以上の超高速連写もストレスなく活用できます。

90MB/s以上の最低転送速度を保証するビデオスピードクラス90に対応するのもポイント。8K動画の記録に求められる高速性能を備えているため、最新のフルサイズミラーレスで8K映像制作に挑戦したいクリエイターの方にもおすすめです。

厳しい品質管理のもと国内工場で製造されているので、国産品ならではの高品質が得られるのも魅力。耐X線・耐温度・耐静電気などの耐久性や、ヒューズによる安全機能も備えています。

プログレードデジタル(ProGrade Digital) SDXC UHS-II V60 250R GOLD メモリーカード 128GB PGSD128GBKJP

高品質な容量128GBのSDXCカードです。UHS-IIに対応しながら、1セルで3ビットを担当する「TLC方式」を採用することでコストを削減。高性能なSDカードをリーズナブルな価格で使いたい方におすすめです。

コスパ重視のモデルながら、読み込み最高250MB/s、書き込み最高130MB/sと両方とも高速なのもポイント。加えて、60MB/s以上の最低転送速度を保証するビデオスピードクラス60にも対応しています。60fps以上のハイフレームレートで4K動画を記録したい方にもおすすめです。

別売りの純正SDカードリーダーと専用ソフト「Refresh Pro」も便利。両ツールと組み合わせることで、SDカードの寿命診断や性能回復が自分でも手軽に行えます。

プログレードデジタル(ProGrade Digital) SDXC UHS-II V90 300R COBALT メモリーカード 256GB PGSD256GBCKJP

第一線で活躍するプロのために開発された容量256GBのSDXCカードです。UHS-II規格の超高速性能を限界近くまで引き出せるので、厳しい環境下でもしっかりと撮影ができます。

8K動画の記録に適したビデオスピードクラス90に対応しているのもポイント。さらに、書き込み速度も最高250MB/sとトップクラスで、高度な熱対策も施されているため、スポーツ撮影で超高速連写を多用する方にもおすすめです。

読み込み速度が最高300MB/sと高速なのも魅力。大量の高画素画像や長時間の8K動画も短時間でデータ移行可能です。耐温度と耐X線などの耐久性の高さも実現。別売りの純正SDカードリーダーや専用ソフトを併用した各種機能にも対応します。

ソニー(SONY) タフ仕様SDXC UHS-II メモリーカード TOUCH SF-Gシリーズ 128GB SF-G128T

ハードな現場でも活躍できる容量128GBのSDXCカードです。メモリと外装を一体成型することで、継ぎ目のない1枚構造のSDカードを製造。破損トラブルの原因になりがちなリブや誤消去防止スイッチをあえて省くことで耐久性をより高めています。

一般的なSDカードと比べて18倍の曲げ強度と5mからの落下に耐える耐衝撃性を備えているのが特徴。さらに、IP68の防塵・防水性能も完備しているので、過酷な環境で行うスポーツやアウトドアなどの撮影におすすめです。

UHS-II規格に対応しており、読み込み速度300MB/s、書き込み速度299MB/sとハイエンドの高速性能を持つのも魅力。8K動画の記録に適したビデオスピードクラスV90もサポートしています。

SDカードの売れ筋ランキングをチェック

SDカードのランキングをチェックしたい方はこちら。

データを取り込むにはSDカードリーダーが必要

SDカード内に記録したデータをパソコンで取り込む際はSDカードリーダーがあるとより便利。SDカードを挿入できるカードスロットが搭載されたパソコンもありますが、外付けのSDカードリーダーと比べて機能が制限されている場合が多々あります。

特に、UHS-II対応のSDカードスロットを備えたパソコンは数が少ないのが難点。バックアップ作業の際にUHS-II対応SDカードの性能を最大限に発揮させたい場合は、外付けのSDカードリーダーを別途用意するのがおすすめです。

1台で複数の記録メディアが読み込み可能なのも外付けSDカードリーダーの魅力。microSDカードやCFexpressカードに対応するモノも発売されているため、撮影で種類の異なるメモリーカードをSDカードと併用する場合にも重宝します。

SDカードリーダーについて詳しく知りたい方はこちら