デジカメや家庭用ゲーム機、スマホなどのデータを保存する際に使う「microSDカード」。サンディスク・キオクシア・ソニーなどのメーカーから多種多様な製品がラインナップされており、購入する際にはどれを選んでよいか迷ってしまいます。

そこで、今回はおすすめのmicroSDカードをご紹介します。選び方のコツも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

microSDカードの種類と違い

microSD(~2GB)

By: amazon.co.jp

「microSD」は、データ保存容量が最も少ない規格。2GBまでの容量を備えており、小容量なデータを保存しておく際に使用します。

リーズナブルな価格で展開されている製品が多く、コスパに優れているのがmicroSD規格のメリット。ただし、microSDHCやmicroSDXCなどの規格を採用したモデルに比べるとラインナップが少ない点には注意しましょう。

microSDHC(4~32GB)

FAT32と呼ばれるファイルシステムを採用した「microSDXC」規格対応の製品は、microSD規格のモノより大容量を備えているのがメリット。microSDHCの「HC」は「High Capacity」の略で、4~32GBの保存容量を備えています。

microSDHCは、microSDの上位互換にあたる規格。microSDのみに対応した機器でmicroSDHC規格のカードは使用できませんが、microSDHC対応機器であればmicroSDとmicroSDHC規格両方のカードが利用できます。

microSDXC(64GB以上)

By: amazon.co.jp

exFATと呼ばれるファイルシステムを採用した「microSDXC」規格対応の製品は、microSDHC規格のモノより大容量を備えているのがメリット。microSDXCの「XC」は「Extended Capacity」の略で、対応モデルは64GB~2TBの保存容量を備えています。

microSDXCは、microSDHCの上位互換規格。microSDXC対応機器であれば、microSDやmicroSDHC規格のカードが利用できます。また、データを読み書きする速度が高速化されているのもポイント。大容量なデータをスピーディに転送できる点もおすすめです。

SDカードのA1規格とA2規格の違い

microSDカードは、インストールしたアプリの実行やデータ保存を快適に行うための「アプリケーションパフォーマンスクラス」と呼ばれる規格に対応した製品が存在します。

アプリケーションパフォーマンスクラスには「A1」「A2」の2つの種類があり、データの最低転送速度はどちらも10MB/sです。ランダムアクセスはA1がランダムリード最低処理速度が1500IOPS、ランダムライト最低処理速度が500IOPS。A2がランダムリード最低処理速度が4000IOPS、ランダムライト最低処理速度2000IOPSとなり、A1に比べて、機器が対応していればA2はより高速なアプリの起動および実行が期待できます。

microSDカードの選び方

用途に合わせて容量をチェック

カメラ用

デジカメやビデオカメラなどで動画を撮影する際は、データ転送速度に優れたmicroSDカードがおすすめ。特に4Kなど高精細な動画撮影を行う場合は、SDスピードクラスがC10、UHSスピードクラスがUHS-II、ビデオスピードクラスがV30以上に対応した製品を使うのが便利です。

また、デジカメで連写撮影を快適に行いたい場合にも、UHSスピードクラス UHS-IIに対応した製品がぴったり。シャッターを次々切った場合でもスピーディに処理が行われます。データ容量については、128GB以上を目安に選択するのがポイント。128GBの容量では、4K動画を約4時間30分保存しておけます。

スマホ用

By: samsung.com

スマホで使うmicroSDカードを探している場合には、備えている容量に注意して選択するのがポイントです。写真や音楽ファイルのバックアップをとるなど補助用に使うのであれば16~32GBの容量でも充分。スマホで撮影した写真や動画をパソコンに移行したい場合にも使用できます。

ただし、スマホ本体のストレージがいっぱいで、容量を追加したい場合には64~128GB以上のモデルが便利。スマホを快適に使用するためにも、ストレージ容量には余裕をもたせておきましょう。

また、導入するmicroSDのスペックが低すぎると、スマホで動画を撮影する際に処理が止まってしまう可能性も。コストとのバランスを考慮して、スピードクラス C10、UHSスピードクラス UHS-Iに対応した製品を選択するのがおすすめです。

Switch用

Nintendo Switchは、microSD・microSDHC・microSDXCの3種類すべての規格に対応。快適にゲームをプレイするためには、なるべくデータ転送速度に優れたモデルを導入するのがおすすめです。

任天堂が推奨する転送速度の目安は60~95MB/s。転送速度が早いほどゲームロードにかかる時間を短縮できます。ロードに長い時間がかかると、ストレスを感じてしまう場合も。コストとデータ転送速度のバランスを考慮しながら選択しましょう。

スピードクラスをチェックしよう

「SDスピードクラス」

microSDカードを購入する際は、事前にスピードクラスをチェックしておくのが重要。スピードクラスとは、microSDカードの最低書込速度をあらわすスペックです。

SDスピードクラスには4種類の規格があり、それぞれC2・C4・C6・C10と表記されるのがポイント。C2規格では2MB/s、C4では4MB/s、C6では6MB/s、C10では10MB/sの最低書込速度を備えています。ただし、C2・C4・C6に対応した製品はラインナップが少なめなので注意しましょう。

最近では多くの機器がC10に対応。データの転送にかかる時間にストレスを感じないためにも、使用機器で求められるのと同等以上のスピードクラスに対応した製品を選択しましょう。

4K動画記録で重視したい「UHSスピードクラス」

By: samsung.com

4Kの高精細な動画を保存しておきたい場合には、事前に「UHSスピードクラス」の規格をチェックしておくのが重要です。

UHSスピードクラスの最大書込速度をあらわす規格は、「UHS-I」「UHS-II」「UHS-III」の3種類。UHS-Iでは104MB/s、UHS-IIでは312MB/s、UHS-IIIでは624MB/sの最大書込速度を備えています。ただし、UHS-IIやUHS-IIIに対応した製品はラインナップが少ないので注意しましょう。

また、最低書込速度をあらわす規格は「U1」と「U3」の2種類。U1では10MB/s、U3は30MB/sの最低書込速度を備えています。4K動画をスピーディに保存したい場合は、U3規格に対応した製品を選択しましょう。

超高速規格を含む「ビデオスピードクラス」

By: samsung.com

データ転送速度にこだわってmicroSDカードを選択する場合には、超高速な「ビデオスピードクラス」に対応した製品がおすすめ。ビデオスピードクラスには、「V6」「V10」「V30」「V60」「V90」の6種類の規格が存在します。

V6は6MB/s、V10は10MB/s、V30は30MB/s、V60は60MB/s、V90は90MB/sの最低書込速度をサポート。V60以上に対応した製品はラインナップが少なめですが、数値が大きいほど転送速度に優れており、4Kや8Kなどの高精細動画はもちろん、360°撮影やVRコンテンツを保存しておきたい場合にもおすすめです。

メーカーが表示する独自の「最大転送速度」

By: kioxia.com

microSDカードを利用してデータを読み書きする際のスピードは、スピードクラスを確認すれば把握が可能。ただし、スピードクラスが同じでも、正確なデータ転送速度は製品ごとに異なります。

購入前になるべく正確なデータ転送速度を把握しておきたい場合には、メーカーがスペック表に記載する独自の「最大転送速度」をチェックしておくのがおすすめです。

防水性や耐衝撃性もチェック

microSDカードに保存するデータをしっかりと保護しておきたい場合には、防水性や耐衝撃性についてもしっかりとチェックしておくのがおすすめです。防水性能に優れた製品であれば、アウトドアシーンでも安心して使用が可能。デジカメやビデオカメラで景色を撮影する機会が多い場合にも便利です。

また、耐衝撃性能が高いモデルであれば、万が一の落下によってデータが破損してしまうトラブルも予防できます。

対応機種をチェック

microSDカードを購入する際は、対応機種についても事前に確認しておくのが重要なポイント。使用を想定する機器の説明書などをチェックし、microSD・microSDHC・microSDXCのどの規格に対応しているか把握しておきましょう。

microSDHC対応の機器であれば、microSDとmicroSDHC規格の製品を使用可能。microSDXC対応の機器は、microSD・microSDHC・microSDXC規格のカードをすべて利用できます。

また、microSDカードによっては、スペック表に対応するスマホの機種や家庭用ゲーム機の種類などは個別に記載されている場合も。使用する機器が記載されている製品であれば、安心して購入できます。

保証をチェック

By: samsung.com

microSDカードを購入する際は、保証が付いているかも事前に確認しておくのがおすすめです。microSDカードは使用を重ねるうちに劣化して、故障してしまう場合も。長期間の保証が付いた製品であれば、故障時に交換や修理が無償で受けられます。

また、データが失わないためにも、データ復旧保証サービスが付いているかもあわせてチェックしておくのがポイント。microSDカードの故障によってデータが消失しても、復旧サービスを受けることでデータを復元できる可能性があります。

データ転送にはカードリーダーが便利

「カードリーダー」とは、メモリーカードに保存されている写真や動画、音楽ファイルなどを転送する際に使用する機器のこと。カードリーダーを利用すれば、機器本体にmicroSDカードスロットが搭載されていない場合でもデータの読み書きができます。

カードリーダーに採用されている接続端子は、USB Type-AやType-C、Lightningなどさまざま。接続する機器のポートに対応したモデルを選択しましょう。

microSDカードのおすすめメーカー

サンディスク(SanDisk)

By: amazon.co.jp

「サンディスク」は、SDカードやmicroSDカードなどの市場で高いシェアを有するアメリカのメーカーです。個人のユーザーだけでなく、企業からも高い信頼を得ているのが特徴。microSDカードの規格策定にも携わっており、品質の高い製品を多数取り扱っています。

サンディスクのmicroSDカードは、ラインナップが豊富。スタンダードなモデルから転送速度に優れたモデルまで幅広いmicroSDカードを展開しています。

キオクシア(KIOXIA)

「キオクシア」は、2017年に発足した日本国内のメーカー。SSDやUSBメモリ、SDカード、microSDカードなどを取り扱っているのが特徴です。サンディスクと同じく、フラッシュメモリ市場で高いシェアを有しています。

キオクシアが製造するmicroSDカードは、ラインナップが豊富。スマホ用やカメラ用など、多種多様な製品を展開しているメーカーです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

オーディオ機器やテレビ、カメラなど幅広い製品を展開する「ソニー」。日本を代表する大手メーカーで、記録メディアについても多種多様な製品を取り扱っています。

ソニーのmicroSDカードは、優れた防水性能を備えているだけでなく、耐温度や耐X線性能を搭載したモデルもラインナップ。耐久性を重視してmicroSDカードを探している場合にもおすすめのメーカーです。

サムスン(Samsung)

By: samsung.com

AndroidスマホのGalaxyシリーズで有名な「サムスン」は、1973年に創立された韓国の大手メーカー。パソコンのストレージとして使用されるSSDでも高い人気を集めていますが、高品質なmicroSDカードも多数取り扱っています。

サムスンのmicroSDカードはデータ転送速度に優れているモデルが多く、大容量のデータを保存しておきたい場合にもおすすめです。

microSDカードのおすすめ|32GB以下

ソニー(SONY) microSDHCメモリーカード SR-16A4

「Memory Card File Rescue(メモリーカードファイルレスキュー)」や「x-Pict Story for Memory Card」などのソフトを無償ダウンロードできる特典が付属したmicroSDカードです。データ復旧ソフトが使えるので、保存しておいたデータを読み出せなくなった場合に便利。大切なデータをしっかりと保護しておきたい場合にもおすすめです。

また、好みの静止画からビデオクリップを作成するソフトが使えるのもメリット。思い出の写真を動画にして鑑賞できる点も魅力です。SDスピードクラスはC4をサポート。HD動画を保存しておきたい場合にもおすすめです。

キオクシア(KIOXIA) EXCERIA microSDHC/microSDXC UHS-I メモリカード KMU-A032G

メーカーが表示する独自の最大転送速度が100MB/sと高速なmicroSDカードです。microSDHCの規格を採用しており、SDスピードクラスはC10、UHSスピードクラスの最低書込速度はU1をサポート。最大書込速度はUHS-I規格に対応しています。

容量は32GBなので、スマホで撮影した写真や音楽ファイルのバックアップをとりたい場合にもおすすめ。USB3.0に対応したカードリーダーを利用すれば、パソコンのデータも快適に転送できます。

また、IPX7相当の優れた防水性能を搭載しているのもポイント。アウトドアシーンで使用する場合にも適しています。さらに、耐衝撃性能を備えているのもメリット。microSDカードが落下して破損してしまうトラブルを予防したい場合にも便利です。

HIDISC HDMCSD2GCLJP3

比較的リーズナブルな価格で購入できるmicroSD規格の製品です。FAT16と呼ばれるファイルシステムを採用している2GBの容量を備えたモデル。スペックは控えめですが、コスパに優れているのが魅力です。

また、1年間の保証が付いているのもポイント。初期不良が心配な方はもちろん、故障時に新たにmicroSDカードを購入するコストを抑えたい場合にもおすすめです。

ギガストーン(Gigastone) U1クラス GJMX-16GV1

品質に優れたNANDフラッシュや高性能コントローラを採用した16GBのmicroSDカードです。安定した動作を期待できるのが魅力。フルHD解像度を採用した動画の保存にも対応できます。

SDスピードクラスはC10、UHSスピードクラスの最大書込速度はUHS-I、最低書込速度はU1をサポート。フルHD動画の録画や高速な再生が可能です。また、5年間の保証が付いているのもポイント。長期間の保証があり、安心して使用できます。

さらに、SDカードスロット用のアダプターが付属しているのもメリット。幅広い機器で使用できる点もおすすめです。

シリコンパワー(Silicon-Power) Elite microSDHC/SDXC SP032GBSTHBV1V20JA

microSDXC規格に対応している製品です。SDスピードクラスはC10、UHSスピードクラスの最大書込速度はUHS-I、ビデオスピードクラスはV10に対応。メーカーが表示する独自の最大転送速度が85MB/sと、フルHD動画の録画を快適に行えるスペックです。

また、品質に優れているのもポイント。厳しい検査や品質基準をもとに製造されており、安心して使用できます。保管温度保証は-40~85℃。防水性能も備えており、耐久性の高さも期待できます。

アプリケーションパフォーマンスクラスはA1をサポート。microSDカード内のメモリをスマホの内蔵メモリと同じように使用でき、アプリの起動がスムーズに行える点もおすすめです。

シリコンパワー(Silicon-Power) Golden Series Elite microSDHC/SDXC SP032GBSTHBU1V1GSP

ドライブレコーダーで撮影した映像を保存しておきたい場合にも便利な32GBのmicroSDカードです。-40~100℃の温度に耐えられるのが特徴。高温になりやすい車内で使用するmicroSDカードとしても適しています。

また、フルHD動画の撮影に対応できるのも魅力。メーカーが表示する独自の最大転送速度は100MB/sと高速です。さらに、自動エラー訂正コード機能が搭載されているのもポイント。データ転送時の安定性が高く、安心して使用できる点もおすすめです。

microSDカードのおすすめ|64GB~128GB

サンディスク(SanDisk) サンディスク ウルトラ microSDXC UHS-Iカード SDSQUAR-128G-JN3MA

防水性・耐温性・耐衝撃性・X線耐性などを備えているmicroSDカードです。SDスピードクラスがC10に対応しており、フルHD動画の録画におすすめ。メーカーが表示する独自の最大転送速度は100MB/sと高速で、1分ほどで最大1000枚の写真が転送できます。

また、アプリケーションパフォーマンスクラス A1をサポートしているのもポイント。スマホ用として本製品を利用すれば、アプリの起動もスピーディに行えます。さらに、「サンディスク メモリーゾーン アプリ」を利用すれば、簡単にファイルの管理が可能。保存データへのアクセスやバックアップなどの操作をスムーズに行える点もおすすめです。

サムスン(Samsung) Evo Plus microSD Card MB-MC128KA/EU

SDスピードクラスはC10、UHSスピードクラスの最低書込速度はU3、ビデオスピードクラスはV30をサポートしているmicroSDカードです。メーカーが表示する独自の最大転送速度は130MB/s。4Kの高精細な動画撮影や転送を快適に行えるのが魅力です。

アプリケーションパフォーマンスクラスはA2に対応。A1に比べて最大4倍高速なので、本製品にスマホのアプリやゲームを保存しておけばスピーディに起動します。また、10年の保証が付いているのもポイント。防水機能や耐熱機能なども備えており、耐久性に優れている点もおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) RMSD-128U11HA/N

ビデオスピードクラスV10に対応している128GBのmicroSDXC規格の製品です。フルHD動画を長時間録画する場合に便利。アクションカメラやドローンを使った撮影にも利用できます。

また、バッファロー正規のデータ復旧保証サービスが受けられるのもメリット。万が一のトラブルでデータを取り出せなくなった場合にも安心です。さらに、「メモリーカード ご利用の手引き」や「メモリーカード ハードウェアマニュアル」など詳しいマニュアルが付属しているのもポイント。初めてmicroSDカードを購入する場合にもおすすめです。

GAUDI microSDXCカード GMSDXCU1A128G

IPX7相当の優れた防水性能を備えているmicroSDカードです。microSDXC規格に対応した機器で使用できる製品。メーカーが表示する独自の最大転送速度は80MB/sなので、Nintendo Switchのゲームデータを保存しておきたい場合にも便利です。

また、SDカードサイズへの変換アダプタが付属しているのもポイント。SDXC対応機器でも利用できます。さらに、ハードケースが同梱されているのもメリット。外出先に持ち運んで使う頻度が高い場合にもおすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) UHS-II UHS スピードクラス3対応 microSDメモリーカード MSDU23-128G

高画質な動画撮影に利用できるmicroSDカードです。ビデオスピードクラス V90だけでなく、UHSスピードクラスの最大書込速度がUHS-IIに対応しているのが特徴。フルHDはもちろん、4Kや8Kなどの高精細な映像を撮影する場合にもおすすめです。

また、デジタル一眼レフカメラで連写撮影する場合にも魅力的。連続してシャッターを切った場合でもスムーズな処理が期待できます。容量は128GB備えているので、スマホのストレージ容量が足りない場合にも便利です。

microSDカードのおすすめ|256GB~1TB以上

サンディスク(SanDisk) サンディスク エクストリーム microSDXC UHS-Iカード SDSQXAV-1T00-GN6MN

アプリケーションパフォーマンスクラス A1をサポートしている1TBのmicroSDカードです。スマホに利用した際にアプリの読み込みを高速化できるのが特徴。スマホのアプリやゲームを快適に使いたい場合にも便利です。

また、SD変換アダプタが付属しているのもポイント。幅広い機器で利用できる点もメリットです。最長無期限の保証が付いているだけでなく、無期限でサポートを受けられる点も長所。サポート体制が充実しているmicroSDカードを求めている場合にもおすすめです。

サムスン(Samsung) Pro Plus microSD Card MB-MD256KA/EC

ドローンやスマホを使って4Kの高精細な映像を撮影したい場合に適したmicroSDカードです。メーカーが表示する独自の読出速度は最大約160MB/s、書込速度は最大約120MB/sと高速。SDスピードクラスはC10、UHSスピードクラスの最低転送速度はU3、ビデオスピードクラスはV30の規格をサポートしています。

また、耐水性や耐熱性に優れているうえ、耐落下性能を備えているのもポイント。microSDカードを万が一落下させてしまった際の故障トラブルを予防したい場合にもおすすめです。

トランセンド(Transcend) USD300S TS512GUSD300S-AE

512GBの容量を備えているmicroSDカードです。メーカーが表示する独自の最大読出速度は100MB/sなので、高画質な動画など大容量なデータを保存しておきたい場合に便利。アプリケーションパフォーマンスクラスはA1をサポートしているので、スマホのアプリをスピーディに起動させたい場合にも利用できます。

また、防水性や耐衝撃性、耐静電性をチェックする試験が実施されており、安心して使用できる点もおすすめです。

エレコム(ELECOM) NINTENDO SWITCH検証済み microSDカード GM-MFMS256G

幅広い機器に対応するmicroSDカードです。スマホやタブレットだけでなく、Nintendo Switchでも使用できます。メーカーが表示する独自の最大読出速度は80MB/s。ゲームのロードがスピーディに行えるスペックです。

また、IPX7相当の優れた防水性能を備えているのもポイント。microSDカードを交換する際に水に濡れてしまった場合にも安心です。さらに、「THINK ECOLOGY」マークが表示されているのもメリット。環境負荷が少ない製品を求めている場合にもおすすめです。

Lexar microSD LSDMI256CB1000A

メーカーが表示する独自の最大読出速度は150MB/s、最大書込速度は90MB/sと高速なmicroSDカードです。UHSスピードクラスの最大転送速度はUHS-II、ビデオスピードクラスはV60をサポート。容量は256GB搭載されており、高画質な動画をカメラで撮影する場合にも便利です。

また、SDコネクタデバイスが付属しているのもポイント。互換性も高く、幅広い機器で利用できます。

microSDカードの売れ筋ランキングをチェック

microSDカードのランキングをチェックしたい方はこちら。