「microSDカード」は、スマホやポータブルオーディオプレーヤーの外部ストレージとして使えることに加え、価格も手頃なのが魅力です。しかし、microSDカードには容量の違いや、SDHC・SDXCという規格の違い、さらにはデータ読み書き速度の違いがあるので、わかりにくいという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、容量別のおすすめモデルをご紹介。合わせて選び方についても解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

microSDカードとは?

microSDカードとは、データの書き換えが可能な記録媒体、フラッシュメモリの一種。幅11×長さ15mm、重さ約0.4gのコンパクトなサイズが特徴です。フラッシュメモリを利用するデジタル機器の小型化に伴い、それまで主流だったSDカードよりも小型の媒体として2000年代中期に登場しました。

現在は、主にAndroidスマホやカメラ、ポータブルオーディオプレーヤーなどで幅広く使用されています。最近では携帯ゲーム機での使用も一般的。アダプタを使うことにより、従来のSDカード同様に使うことや、カードリーダーを使用してPC、タブレットなどでデータを読み書きすることも可能です。

microSDカードの選び方

用途に合わせて容量をチェック

~32GB

By: amazon.co.jp

容量32GB以下のmicroSDカードは、価格差があまりありません。なるべくコストを抑えたい方や、容量の少ないファイルの移動などに使用する方に適しています。16GB以下のモデルに関しては、転送速度も控えめなモデルが多いため、性能と価格のバランスからも32GBがおすすめです。

64~128GB

By: amazon.co.jp

スマホの外部ストレージとして利用する際は、64~128GB程度のモノを選びましょう。写真や音楽などのデータを入れる方は64GBで十分。高画質の動画ファイルを多めに保存したい方や、ハイレゾ対応ポータブルプレーヤーで使う方は、すぐに容量がいっぱいにならない128GB程度のモデルがおすすめです。

256GB以上

By: amazon.co.jp

4K動画など非常に大きなファイルを利用したい方は、256GB以上のような大容量も視野に入れておきましょう。4K動画撮影といえば、少し前までは高級なビデオカメラやデジタルカメラの機能でしたが、現在はスマホに搭載されるほど身近になりつつあります。

ハイエンドスマホや対応カメラで、実際に4K動画撮影機能を活かしたい方は256GBがおすすめ。なかには1TBほどの大容量モデルも販売されています。ただし、256GBを超えるmicroSDカードは機器によって使用できない場合もあるので、使用する機器がしっかりと対応しているかを確認して選びましょう。

スピードクラスをチェックしよう

「SDスピードクラス」

読み書き速度を示す代表的な規格が「SDスピードクラス」。単に「スピードクラス」ともいいます。microSDカードが対応する最低限の読み書き速度を保証するモノで、「2MB/s」のように、秒速MB(メガバイト)で表示。

「Class2」は2MB/s、「Class4」は4MB/s、「Class6」は6MB/s、「Class10」は10MB/sと、それぞれ最低読み書き速度が保証されています。

現在はよほど安価な製品でない限り「Class10」が一般的。現在の大容量化した写真や音楽、動画データの遅延のない読み出しには最低限「Class10」は確保しましょう。

4K動画記録で重視したい「UHSスピードクラス」

「UHSスピードクラス」も読み書き時の最低保証転送速度を表す数値です。microSDカード表面にある「U」の字の中に1や3と数字を書いて記し、「UHSスピードクラス1」は10MB/秒、「3」では30MB/sが保証されています。

ビデオカメラやデジタルカメラで4K撮影をする場合、4K動画記録は書き込み速度30MB/s以下だと記録時に遅延する場合もあるので、「UHSスピードクラス3」のmicroSDカードを選ぶことが大切です。

また、規格速度での利用にはカードと使用機器の両方が「UHSスピードクラス」に対応している必要があります。どちらかが対応していなければ「SDスピードクラス」での読み書き速度で動作するので注意が必要です。

メーカーが表示する独自の「最大転送速度」

「スピードクラス」とは別に、「最大転送速度」という指標もあります。これは、スピードクラスが「最低保証」を表すのに対し、メーカーが独自に測定した「最大の速度」を表す表記です。

製品によって速度はさまざまですが、高性能を謳うやや高価な製品ほど優れています。4K動画のように転送速度が必要な場合は注目しましょう。

超高速規格を含む「ビデオスピードクラス」

「ビデオスピードクラス」は、「UHSスピードクラス3」を上回る高速での書き込み速度を規格化した表記です。microSDカードの表面に記す際は、「V」の横にある数字が速度を表し、「V60」なら最低保証速度が60MB/sであることを示します。

2019年1月の時点で、V6・V10・V30・V60・V90の5種類がありますが、V60以上は8K動画撮影にも対応できる超高速規格で、現状の一般ユーザーでは使用する機会の少ないハイスペックモデルです。microSDカードのスペックを示す指標程度に考えておきましょう。

microSDの規格をチェックしよう

「SD」「SDHC」「SDXC」規格

microSDカードには、「SD」「SDHC」「SDXC」規格が存在し、それぞれに異なる最大容量が規定されています。規格上、SDは最大2GB、SDHCは最大32GB、SDXCは最大2TBまで記録可能。上位の規格は当然下位の規格の容量もカバーしています。

microSDカードを選ぶ際は、使用する機器がどの規格に対応しているかも要チェック。現在ではSD規格までしか対応しない機器は少ないものの、この数年に発売されたモノでもSDHC規格までしか対応していない機器は少なくありません。

例えば、2014年発売の「Newニンテンドー3DS」は「SDHC」対応で容量は32GBが上限。32GBを上回るSDXC規格のカードは使用できないため注意が必要です。

防水性や付属品など読み書き以外の要素をチェック

By: amazon.co.jp

使用環境や目的によってはmicroSDカードの防水性や耐久性も重要です。屋外でビデオカメラやデジタルカメラに使う場合は、microSDカードも防水に対応したモノがおすすめ。ドライブレコーダーやアクションカメラの記録用に使うなら、耐衝撃性に優れたモノを選びましょう。

また、SDカードとしても使いたい場合は変換アダプタ付きのモノが、購入後も長く安心して使いたい方には、無期限保証が付いているモノがおすすめです。

対応機種をチェック

By: amazon.co.jp

microSDカードを使う機器、機種によって、必要かつ最適なmicroSDカードの種類や、容量は違ってきます。スマホ用に使う場合、互換性や扱うデータの一般的な容量を考えるとSDHCでも十分。ビデオカメラやデジタルカメラについては、急速に高画質化が進み、データも大容量化しているのでSDXCがおすすめです。

使用機器側でSDXCなどの大容量規格、UHSスピードクラスなどの高速転送規格に対応しているかをチェックしておきましょう。

microSDカードのおすすめ|~32GB

キオクシア(KIOXIA) microSDHC UHS-Iメモリーカード EXCERIA BASIC 32GB KMUB-A032G

低価格ながらも高品質なmicroSDカードです。「EXCERIA」ブランドで有名な東芝メモリの技術を受け継いだ新メーカーのKIOXIAが製造。品質の高さは折り紙付きなので、安心して使える安いmicroSDカードを探している方におすすめです。

最大読み出し速度は50MB/sで、10MB/sの最低転送速度を保証するUHSスピードクラス1(U1)に対応。スマホでの写真撮影やHD解像度での動画記録などに適しています。

選べる容量は16・32・64・128・256GBの5種類。防水や耐衝撃などのタフネス性能も搭載しています。

サンディスク(SanDisk) Ultra microSDHC UHS-Iカード 32GB

Androidスマホの拡張ストレージとしてもおすすめのmicroSDカードです。世界首位のシェアを持つサンディスクのミドルクラスモデルで、アプリケーションパフォーマンスクラス1(A1)に対応するのが特徴。カード内に保存したアプリの処理速度を向上できるので、アプリが快適に使用できます。

最大読み出し速度は100MB/sあるので大量の写真も短時間で転送が可能。UHSスピードクラス1(U1)にも対応するので、フルHD動画の録画にも活用できます。

防水・耐温・耐衝撃・耐X線などのタフネス性能も充実。容量は32〜512GBまでの5種類が選べます。

トランセンド(Transcend) 高耐久microSDHCカード 32GB TS32GUSDHC10V

低価格ながら優れた耐久性を持つmicroSDカードです。コスパの優れた製品で人気の台湾メーカーが開発した高耐久モデルで、累積で最大6000時間のフルHD録画が可能なのが特徴。ドライブレコーダーや監視カメラ向けの記録メディアとしてもおすすめです。

UHSスピードクラス1(U1)に対応するのでフルHD動画の録画に好適。耐温・防水・耐X線・耐静電気などのタフネス性能も充実しているので、雨ざらしの野外でも安定した録画が続けられます。

選べる容量は16・32・64GBの3種類。無料のデータ復旧ソフトウェアも付属します。

microSDカードのおすすめ|~64GB

キオクシア(KIOXIA) microSDXC UHS-Iメモリーカード EXCERIA 64GB KMU-A064G

優れたコスパが魅力の扱いやすいmicroSDカードです。新「EXCERIA」ブランドのミドルクラスモデルで、最大100MB/sの読み出し速度に対応。スマホやタブレットで撮影した写真や動画などをストレスなく再生できます。

最低10MB/sの書き込み速度が保証されているUHSスピードクラス1(U1)に対応。スマホでの写真撮影やフルHD動画の録画にも適しています。

選べる容量は16〜256GBまでの5種類。耐温・防水・耐衝撃・耐X線・耐静電気のほか、過熱発火防止用のヒューズも搭載しているので、安全に使用できます。

トランセンド(Transcend) microSDXCカード 330S 64GB TS64GUSD330S

高性能なmicroSDカードです。A1よりも処理が高速なアプリケーションパフォーマンスクラス2(A2)に対応。高負荷のゲームアプリも快速動作できるので、ゲーミングスマホやNintendo Switchなどの携帯型ゲーム機にもおすすめです。

最低30MB/sの書き込み速度が保証されているビデオスピードクラス30(V30)に対応するので、4K動画の録画にも好適。加えて、最大読み出し速度100MB/sと最大書き込み速度60MB/sをカバーするので、デジカメでの記録用としても活躍します。

選べる容量は64・128・256GBの3種類。高性能にも関わらず価格が安いのも魅力です。

レキサー(Lexar) microSDXCカード UHS-I Professional 667x 64GB LSDMI64GBNA667A

優れた品質と性能で定評のあるmicroSDカードです。レキサーはサンディスクに並ぶ名門メーカー。本製品はAndroidスマホに最適化され、アプリケーションパフォーマンスクラス1(A1)をカバーしているので、カード内に保存したアプリもスムーズに動作できます。

最大読み出し速度は100MB/s、最大書き込み速度は60MB/s。さらに、ビデオスピードクラス30(V30)にも対応するので、4K動画の録画でも活躍します。

選べる容量は64・128・256GBの3種類。128GB以降のモデルはA2と最大書き込み速度90MB/sをカバーするので、より高性能を求める方におすすめです。

microSDカードのおすすめ|~128GB

キオクシア(KIOXIA) microSDXC UHS-Iメモリーカード EXCERIA PLUS 128GB KMUH-A128G

高性能と大容量が手頃な価格で入手できるmicroSDカードです。キオクシアが手掛けるハイクラスモデルで、最大読み出し速度100MB/s・最大書き込み速度65MB/sの高速性能を持っているのが特徴。カメラ用の記録メディアとして重宝します。

ビデオスピードクラス30(V30)にも対応。アクションカメラやドローンでの4K動画の記録にもおすすめです。また、アプリケーションパフォーマンスクラス1(A1)もカバーするので、Androidスマホ用の拡張ストレージとしても適しています。

選べる容量は32〜256GBの4種類。防水・耐衝撃・耐温度・耐X線・耐静電気のほか、過熱発火防止用のヒューズも搭載されています。

サムスン(Samsung) microSDXC UHS-Iカード EVO Plus 128GB MB-MC64GA

携帯型ゲーム機用としても人気のあるmicroSDカードです。サムスンはSSDの主要構成部品であるNANDフラッシュメモリで業界首位のシェアを持つメーカー。本製品はNintendo Switchでの動作確認が取れているため、同機でダウンロード購入したゲームソフトなどを保存する記録メディアとしても重宝します。

microSDカードとしての性能が高いのも特徴。最大読み出し速度100MB/sと最大書き込み速度90MB/sに加えて、4K録画に好適なUHSスピードクラス3にも対応します。

選べる容量は32〜512GBの5種類。防水・耐温度・耐磁・耐X線といったタフネス性能も備えています。

microSDカードのおすすめ|~256GB

キオクシア(KIOXIA) 高耐久microSDXC UHS-Iメモリーカード EXCERIA HIGH ENDURANCE 256GB KEMU-A256G

優れた性能と耐久性を持つmicroSDカードです。キオクシアが手掛けるフラッグシップモデルで、累積録画時間として最長約4万時間のフルHD動画を記録が可能。長期間に渡る連続した書き込みにも対応できる耐久性を備えるので、ドライブレコーダーや監視カメラにおすすめです。

最大読み出し速度100MB/s・最大書き込み速度85MB/sと性能面も良好。4K録画にも対応できるビデオスピードクラス30(V30)もカバーするので、フルHD動画も処理落ちなくしっかりと記録できます。

選べる容量は32〜256GBの4種類。防水・耐衝撃・耐X線・耐温度・耐静電気のほか、過熱発火防止用のヒューズも搭載されています。

サンディスク(SanDisk) MAX ENDURANCE 高耐久microSDXCカード 256GB

トップクラスの耐久性を持つmicroSDカードです。サンディスクが手掛ける高耐久モデルで、累積録画時間として最長約12万時間のフルHD録画を記録が可能。13年以上の長期にわたって継続使用できる耐久性を備えているので、ドライブレコーダーや監視カメラの記録メディアとして重宝します。

最大読み出し速度は100MB/s、最大書き込み速度は40MB/sと性能面では標準的。しかし、ビデオスピードクラス30(V30)をサポートし4K動画の録画にも対応できるので、フルHD解像度でも性能に余裕を持って長期間の録画が行えます。

選べる容量は32〜256GBの4種類。防水・耐温度・耐衝撃・耐X線に対する厳格なテストもクリアしているので、過酷な環境でも安心して使用できます。

プログレードデジタル(ProGrade Digital) microSDXC UHS-II V60 GOLD 250R メモリーカード 256GB

トップクラスの高性能がリーズナブルに入手できるmicroSDカードです。プログレードデジタルは業界を知り尽くしたプロ集団によって設立された新興メーカー。UHS-II規格の高性能かつ高品質な製品が手頃な価格で手に入ることから、プロカメラマンからも人気が沸騰しています。

最低書き込み速度60MB/sを保証するビデオスピードクラス60(V60)をカバー。8K動画もスムーズに録画できる性能があるので、5K以上の解像度に対応するアクションカメラにもおすすめです。また、最大読み出し速度も250MB/sあるので、パソコンへのデータパックアップもストレスなく進められます。

選べる容量は64GBと256GBの2種類。別売のソフトを使えば、microSDカードの状態を確認したり、購入時に近いパフォーマンスに復旧させたりもできます。

microSDカードのおすすめ|256GB以上

トランセンド(Transcend) microSDXCカード 300S 512GB

256GBを超える大容量が低価格で入手できるmicroSDカードです。アプリケーションパフォーマンスクラス1(A1)に対応。microSDカード内に保存したアプリも高速起動して快適に使えるので、Androidスマホ用の拡張ストレージとしてもおすすめです。

最大読み出し速度は95MB/s、最大書き込み速度は40MB/sと標準的。ただし、最低書き込み速度30MB/sを保証するビデオスピードクラス30(V30)をサポートするので、スマホでの4K録画も十分に対応できます。選べる容量は4〜512GBまでの8種類。64GB以下のモデルは性能がやや落ちるものの、目的に応じて多彩な容量を選べるのも魅力です。

レキサー(Lexar) microSDXCカード UHS-I High-Performance 633x 512GB

大容量ながら優れたコスパが魅力のmicroSDカードです。256GBを超える大容量でも安い価格で購入できるのが特徴。また、最大読み出し速度100MB/s・最大書き込み速度70MB/sと性能面ですぐれているのも魅力です。

ビデオスピードクラス30(V30)に対応するので、アクションカメラやドローンで4K動画を録画するのにもおすすめ。また、アプリケーションパフォーマンスクラス2(A2)もサポートしているので、Androidスマホで高負荷のゲームアプリやハイレゾ音楽を楽しむ際などにも活躍します。

選べる容量は16〜512GBの6種類。1100種類の機器を使用した厳格なテストをクリアしているので、品質が高いのもポイントです。

サンディスク(SanDisk) Extreme microSDXC UHS-Iカード 1TB

安定した高性能を持つ特大容量のmicroSDカードです。サンディスクのハイクラスモデルで、最大読み出し速度160MB/s・最大書き込み速度90MB/sと、256GBを超えるmicroSDカードとしてはトップクラスの性能を持っています。

ビデオスピードクラス30(V30)にも対応。高性能カメラを搭載したスマホはもちろん、アクションカメラやドローンでもフレーム飛びのない安定した4K録画が楽しめます。さらに、アプリケーションパフォーマンスクラス2(A2)に対応するのもポイントです。

選べる容量は32GB〜1TBまでの7種類。防水・耐衝撃・耐温度・耐X線などのタフネス性能を備えているので、アウトドアでも安心して使用できます。