“にじみ”や”ぼかし”など繊細な表現が魅力の「水彩絵の具」。絵手紙や大人の塗り絵で使われることも多く、それをきっかけに屋外での風景画など本格的に水彩画を始めたいと考えている方も少なくありません。

しかし、メーカーや絵の具のタイプによって特徵が異なるため、選ぶ基準がわからないと悩みがちです。そこで今回は、水彩絵の具の種類や選び方、人気のメーカーについて解説し、おすすめの製品をご紹介します。

水彩絵の具とは?

By: amazon.co.jp

絵の具は顔料と糊の役割をする展色材(バインダー)を練り合わせて作られます。展色材に何を採用するかで絵の具の種類が決まり、水彩絵の具は主に顔料とアラビアゴムを混ぜ合わせてできた、水溶性の絵の具です。

顔料とアラビアゴムの配合比率で、透明性があり発色のよい「透明水彩絵の具」と、透明性がなく重ね塗りすることで下の色を覆い隠せる「不透明水彩絵の具」とに分けられます。絵の具に加える水加減で濃淡を調整し、にじみ・ぼかし・ムラなど独特な表現が可能です。

水彩絵の具は、紙との相性がよく紙の白さを利用して描くことが多くあります。子どもから大人まで広く使われており、淡く透明感ある絵を描くのに最適な絵の具です。

水彩絵の具とアクリル絵の具の違い

By: amazon.co.jp

水彩絵の具もアクリル絵の具も水で溶いて描けますが、原料や特性が異なります。水彩絵の具は展色材にアラビアゴムを採用しており、アクリル絵の具はアクリル樹脂を練り合わせて作られた絵の具です。

乾くまでに時間がかかる水彩絵の具に対し、アクリル絵の具は速乾性があり乾くと耐水があるため、すぐに重ね塗りができます。アクリル絵の具も水に溶くと水彩絵の具のように淡い表現ができ、油絵のように厚みのある絵を描くことも可能です。

また、水彩絵の具は紙に描くのが一般的ですが、アクリル絵の具はキャンバスや板・石などさまざまな素材(支持体)に適しており、ひび割れや変色しにくい高い耐久性を有しています。その分、服に付いて乾くとなかなか取れないので、子どもや初心者の方には水彩絵の具がおすすめです。

水彩絵の具の種類

透明水彩絵の具

By: amazon.co.jp

透明水彩絵の具は顔料を抑え、たっぷりの水でも色が定着するようにアラビアゴムの量を多く配合しています。透明度が高く、重ね塗りをすると下に塗った色が透けて見えるのが特徵です。白絵の具を混ぜると不透明になるため基本的には使用せず、紙の白さを活かして色を塗り重ねていきます。

明るい色から塗るなど色を重ねる順番を考えなくてはならないため、ある程度の知識が必要です。また、水加減によって水彩絵の具の魅力である、にじみ・ぼかし・ムラなどの技法を活かした淡く繊細な絵が描けます。「ウォーターカラー」と表記されることもある絵の具です。

不透明水彩絵の具

By: amazon.co.jp

不透明水彩絵の具は、顔料を多くし、アラビアゴムの量を抑えて作られています。「ガッシュ」とも呼ばれている絵の具であり、紙の上で色を重ねても混ざりにくく、不透明なので下に塗った色を覆い隠せるのが特徵です。白絵の具を混ぜる量で色の濃淡や明るさを表現します。

また、厚塗りや重ね塗りができ、暗い色の上に明るい色を塗ることも可能です。透明水彩絵の具に比べて色ムラが少なく発色が強いため、厚みのある力強い絵を描くのに向いています。

チューブタイプ

By: pentel.co.jp

チューブタイプの水彩絵の具はサイズの大きな絵を描く方や屋内で絵を描く方におすすめ。水に溶きやすい特徵があり、伸びがよく広範囲を塗るのに最適です。使う際には絵筆と水バケツが必要ですが屋内であれば問題なく準備できます。

また、カラーバリエーションが豊富で自ら色を混ぜて作る必要がないため、色を作るのが苦手な方や初心者の方におすすめです。

固形タイプ

絵の具はチューブタイプだけでなく固形タイプも存在します。携帯性に優れているため屋外や旅先で絵を描く方におすすめ。また、固形タイプは「ケーキカラー」と「パンカラー」の2種類あります。

ケーキカラー

By: amazon.co.jp

ケーキカラーは水分を取り除き、粉にして固めた絵の具です。透明タイプと不透明タイプの2種類あり、にじみやぼかしなどの技法を活かした淡いタッチの絵や、力強さを出した絵など描きたい作品に合わせて選べます。

水を含ませた筆で撫でると溶けて絵の具になり、乾して繰り返し使用できます。ケーキカラーは他のタイプに比べて安く、持ち運びしやすいので手軽に水彩画を始めたい方や屋外でのスケッチにおすすめです。扱いやすく汚しにくいので子どもにも向いています。

パンカラー

By: amazon.co.jp

パンカラーは半乾きにして固形状にした、褪色・変色の少ない透明水彩絵の具です。携帯性に優れているため屋外で絵を描くことが多い方に適おすすめ。発色のよさが特徵で、他のタイプよりも鮮明に描くことができ、水の量を調整して濃淡を簡単に表現できます。

水彩絵の具の選び方

自宅や学校で使う場合

自宅や学校では大きなサイズの絵を描く機会が多いため、伸びがよく広範囲を塗れるチューブタイプがおすすめです。水バケツが必要ですが自宅や学校であれば問題なく使えます。特に透明水彩の場合はパレットで絵の具を乾燥させてから使う方が多いので、自宅であれば洗わずに保管しやすいでしょう。

また、子どもが学校で使うのであれば、「ぺんてる」や「サクラ」からリリースされている水彩絵の具が最適。学童用に開発されているため扱いやすく、画材店でなくても身近な店舗で取り扱っているため購入しやすいのが魅力です。

屋外でスケッチを楽しみたい場合

By: rakuten.co.jp

屋外でスケッチをする際は、水バケツやイーゼルなど道具を一通り持ち歩いたり、場所を選んだりするのも大変です。そのため、携帯に便利な固形タイプであればパレットとセットになっているモノが多いため荷物を減らせます。また、筆の軸に水が貯められる「水筆」を用意すれば、水バケツがなくても外で手軽にスケッチが楽しめます。

なかには、パレット自体がイーゼル代わりになる製品もリリースされているので身軽にスケッチを行うことが可能。コンパクトサイズのモノが多くラインナップしているため、旅行先に持っていく際にも便利です。

種類に関しては、本格的に描くのであればパンカラーがおすすめです。発色がよく色が褪色しにくいので作品を長く残せます。また、子どもや気軽にスケッチを楽しみたい方には、ケーキカラーがおすすめ。水分を含まない乾燥した絵の具のため扱いやすく、安く購入できます。

水彩絵の具のおすすめメーカー

ぺんてる

By: rakuten.co.jp

ぺんてるの水彩絵の具は小学校で使用されることが多いメーカーのひとつです。なかでもチューブタイプの「エフ水彩」がポピュラーで、「ラミネートチューブ」と「ポリチューブ」を採用しており、弱い力でも最後まで絵の具を絞り出せる柔らかさです。

ポリチューブはワンタッチキャップでパレットを持ったまま片手で開閉でき、細口になっているので絵の具を出し過ぎる心配がありません。子どもたちが使いやすいように配慮された設計です。また、水の加減でマットな色合いも淡く繊細な色合いも出せるのが特徵で、色ノリがよく鮮やかに発色します。

サクラクレパス

By: rakuten.co.jp

サクラの水彩絵の具もぺんてるに並び小学校での取り扱いが多いメーカーです。学童用に開発された不透明水彩絵の具「マット水彩」が広く使われています。ラミネートチューブとポリチューブを採用しており、ぺんてる同様に子どもの力でも絞り出しやすい設計。

たっぷりの水で溶くと透明水彩絵の具のようなタッチで描け、水を少なくすると不透明のようなタッチで重ね塗りして修正できるのが特徵です。顔料の粒子が細かく適度な粘土があり、伸びがよく薄く伸ばしても鮮やかに発色します。

ホルベイン

By: rakuten.co.jp

世界でも評価が高く幅広い世代に使われているホルベインの水彩絵の具。顔料に対してアラビアゴムが多く配合されているため他のメーカーと比べて色が濃く、濃く塗るとテカリがあり、多めの水で薄めると淡くなります。鮮明に発色し褪色が少ないのが特徵。

プロにも使用されている絵の具ですが、リーズナブルな価格でほとんどの画材店で取り扱いがあるため手軽に購入できるのも魅力のひとつです。ホルベインの水彩絵の具はチューブタイプとケーキカラーに加え、日本の伝統的な色を固形にしたパンカラーも取り扱っています。

水彩絵の具のおすすめ

ぺんてる エフ水彩ポリチューブ入り 18色 WFC1-18

ぺんてるのエフ水彩は小学校で使用されることが多い絵の具です。片手でラクに開閉できるワンタッチキャップや、軽い力で絞り出せるソフトなポリチューブを採用しており扱いやすいのが魅力。

フタを開けると細口のため絵の具の量が調節でき、キャップを外すと太口になるので多くの量を出すことが可能です。色伸びがよく滑らかに塗れるのが特徵で、手ごろな価格ながら絵の具の質がよいのがポイント。品質もコスパもよく扱いやすいので子どもや初心者の方におすすめです。

サクラクレパス マット水彩 ポリチューブ入 12色 MW12PR

学童用に開発された水彩絵の具で、ぺんてるに同じく小学校の授業で多く使用されています。片手で簡単にオープンでき、キャップを失くしたり間違えたりしないようにバタフライヒンジキャップを採用。絵の具がパレットに出しやすいように、ノズルが長くチューブがつまみやすい形状です。

マット水彩は粒子が細かく練りが均一なため、適度な粘土があって伸びがよいのが特徵。溶く水の量で透明にも不透明にも対応できる半透明水彩絵の具で、ぼかしから重ね塗りまで幅広い表現が楽しめます。子どもから大人まで幅広い世代におすすめの水彩絵の具です。

サクラクレパス 固形水彩 プチカラー水筆入り48色セット NCW-48H

屋外で手軽にスケッチを楽しみたい方におすすめの、固形タイプの水彩絵の具。パレットを開くと、フタの裏面がポストカードなどをセットできる仕様になっています。パレットの底部分には指かけリングが付いているので安定したスケッチが可能。

さらに、パレットは左右・手前の3方向にセットできるため使いやすい位置に調整できるなど、パレットにさまざまな工夫を凝らしているのがポイントです。固形タイプの絵の具が48色と豊富に揃っており、水筆も付属しているのですぐにスケッチを始められます。

ホルベイン 透明水彩絵具 24色セット W405

ホルベインの透明水彩絵の具は発色のよさに定評があり、プロにも愛用されています。全108色とカラーバリエーションが豊富なため、混色してカラーを作るのが苦手な初心者の方にもおすすめ。ほとんどの画材店で取り扱いがあるため手軽に購入できるのも魅力です。

のりが浅く紙に深く滲み込まないので描きやすく、耐光性があり退色しにくい特徵があります。また、透明度が高いので、水をたくさん使って塗る「ウォッシュ」や紙を濡らして塗る「ウェット・オン・ウェット」などさまざまな水彩絵の具の技法に効果的です。

ホルベイン 透明・ケーキカラー24色セット C012

水溶けがよく発色のよさが魅力のホルベインのケーキカラー。フタがパレットになっているので携帯性に優れ、水筆を用意しておけば描きたいときにサッと取り出してスケッチできます。準備にも後片付けにも手間がかからないのが固形タイプのよいところです。

セットのカラーがなくなった場合は1色ずつ補充でき、透明・不透明を併用するなども可能ですが、ケーキカラーを取り扱っている店舗が少ないので補充しにくい場合があります。

ターナー色彩 専門家用透明水彩 24色セット WT00524C

色の純粋さにこだわったターナー専門家用透明水彩は、耐光性に優れた顔料を厳選し、全54色のうち38色が単一顔料で作られているのが特徵です。混色しても色の濁りが少なくキレイに発色し、描いたときの色彩を長期間保ちます。

また、「マヤシリーズ」では古代マヤの濁りのない鮮やかなブルーを先端技術で再現した、「マヤブルー」がセットに含まれているのがポイントです。遺跡壁画などの色彩物に見られる美しい青を楽しめます。

クサカベ 透明水彩絵具 18色 NW-18

クサカベの透明水彩絵の具は深みのある渋い色が多いのが特徴。本製品は、透明感が高く淡い色をキレイに発色できる水彩絵の具で、幅広い表現に活用できます。

また、カドミウムやコバルトなどの重金属顔料を使わず、変色しにくい耐光性に優れた有機顔料を採用しているため安心して使えるのが魅力。しかし、乾いて固まるとパレットから剥がれてしまうので、使い終えたあとパレットを洗わずそのままにする方は注意が必要です。

呉竹 透明水彩セット 14色セット KG301-1

書道メーカー「呉竹」の携帯に便利なコンパクトサイズの透明水彩絵の具です。14色の絵の具と水筆に加え、ドローイングペンを付属しているのがポイント。ドローイングペンは乾くと色が水に流れにくく滲まないので、輪郭線や文字書きに最適です。

必要な道具が揃っているので、本製品だけで手軽にスケッチが始められます。屋外でのスケッチだけでなく、絵手紙などちょっとした水彩画にもぴったり。また、混色による濁りが苦手という方でも、呉竹の固形タイプは色を混ぜても鮮やかさを失いにくいのでおすすめです。

ウィンザー&ニュートン(Winsor&Newton) プロフェッショナル・ウォーターカラー ハーフパン 14色コンパクトセット 18809049

イギリス王室御用達の高級水彩絵の具です。全96色とカラーバリエーションが豊富な固形タイプで、鮮明に発色し、透明度が高く深みのある落ち着いた色合いが特徵です。

高級顔料を使用した純度・品質の高い水彩絵の具は世界中のアーティストからも支持を得ています。少々価格が上がりますが、耐光性が高く褐色しにくいので、作品を飾って長く楽しみたい方におすすめです。

シュミンケ(Schmincke) ホラダム ハーフパン 12色セット(金属ケース入・丸筆付)74012

ドイツ生まれの最高級水彩絵の具「ホラダム」は、絵描きにとって憧れの存在。他のメーカーに比べて価格が高くなりますが、とにかく発色がよく色伸がよいのが魅力です。発色のよさは紙の上だけでなく、パレットを作る段階から感じられます。

高価なため手軽にとはいきませんが、携帯しやすいパンタイプなので屋外でのスケッチはもちろん、自宅でイラストなどを描くのにもおすすめです。