騒音対策や集中して作業したいときに便利な「耳栓」。長時間の利用におすすめできるものから騒音から身を守るための遮音性が高いものまで、さまざまな製品がリリースされています。

そこで今回は、用途別におすすめ耳栓をピックアップ。耳栓の種類や選び方もご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

耳栓の種類

耳栓は、形状や素材の違いでつけ心地が大きく異なるのが特長です。購入後に後悔しないように、まずは主な耳栓の種類とそれぞれの特長について解説します。

スポンジタイプ

By: amazon.co.jp

スポンジタイプは、円筒または円錐の形をしている耳栓。柔らかいスポンジ素材でできた耳栓を指で押し潰して、耳に押し込むだけで装着が完了する、使い勝手がよいタイプです。

スポンジタイプの耳栓は、耳に優しいスポンジや低反発ウレタンなどの素材でつくられているため、長時間使用することが前提の睡眠や勉強などでも違和感をほとんど覚えません。また、装着後には素材が膨らんで耳の中に自然とフィットすることもあり、遮音性が高いのも大きなメリットです。

ただし、素材の性質上、汚れがついたときに洗うことができません。ひとつあたりの価格も安いので、スポンジタイプの耳栓は使い捨てにするのがおすすめです。

フランジタイプ

By: amazon.co.jp

フランジタイプは、複数のヒレが層状になっている耳栓。主にシリコン素材を使用しているのが特長で、水洗いをすることで繰り返し使用できるところがメリットです。また、耳に入れない側は棒状になっており、着脱が簡単なこともポイント。

また、フランジタイプは気圧の変化に強いため、飛行機などで耳の痛みを和らげるときにおすすめ。ただし、スポンジタイプと比較するとやや硬いので、なかには違和感を覚える方もいます。

シリコン粘土タイプ

By: amazon.co.jp

シリコン粘土タイプは、柔らかい粘土状の素材を使った耳栓。自分の耳にフィットするように自由に形を変えられるのが特長です。基本的に1回きりの使い捨てタイプ。スポンジタイプやフランジタイプのように自分にピッタリの耳栓を探す必要がありません。

シリコン粘土タイプは防音性が低い一方、防水性が高いため、水泳やマリンスポーツでよく使われます。また、装着時に耳からはみ出す部分も少なく、横向きに寝やすいのもポイントです。

デジタルタイプ

By: amazon.co.jp

デジタルタイプは、周囲の環境騒音だけを排除して、人の声や着信音など必要な音を残す画期的な耳栓。仕事の通勤時間や人ごみの多い休日でも、必要のない騒音のみを打ち消しながら、呼びかけ声などを聞き逃さずに生活できます。

本体と繋がったイヤホンタイプの耳栓を装着するだけなので、周囲からは音楽プレーヤーのように見えるのもポイントです。

耳栓の選び方

遮音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

耳栓を選ぶ上で最重要なのが遮音性。どれだけの騒音をカットできるのかを示したものがNRR(ノイズ・リダクション・レーティング)。これは、どれだけの騒音がカットできるかを数値化したもので、数値が大きいほど防音効果が高いことを表しています。

NRRは、騒音を示す指標であるdB(デシベル)と1対1で対応しています。たとえば、100dBの騒音がある場所でNRR30の耳栓を使用すると、30dBの騒音をカットして、70dBの空間にいるような感覚を得られます

ただし、NRRは高ければいいというわけではありません。遮音性が高いからといって、つけ心地が悪いモデルを睡眠用に選んでしまうと、せっかく騒音が遮断されても耳に違和感を覚えることもあります。また、必要以上の騒音をカットすると、緊急事態の警報音に気づかないこともあるので注意しましょう。

目安として、60dBは人間がうるさいと感じる最低ライン、50dBは家庭用クーラーの音レベル、40dBは図書館の音レベル、30dBはささやき声レベルとなっています。購入の際は参考にしてください。

フィット感で選ぶ

耳栓において大切なポイントは、自分の耳にフィットするか否かです。遮音性に優れた耳栓であっても自分の耳にフィットしなければ使い続けるにはストレスで、耳が痛くなるほか、音漏れが起こる可能性もあります。

スポンジタイプやウレタンタイプであれば、耳栓の形を自由に変形できるので使い勝手は良好。なお、完全にフィットする耳栓がほしい場合は、オーダーメイドで自分の耳の形に合わせた耳栓を製作してもらうのもアリです。ただし、コストはかかるので、発注する際は予算と費用頻度を考慮して判断するようにしましょう。

用途で選ぶ

数ある耳栓の中には、特定の機能に特化したタイプが存在します。たとえば、急激な気圧変化による耳鳴りを防いでくれる飛行機用耳栓、耳の中に水が浸入することを防いでくれる水泳用耳栓、そして、大音量から耳を守ってくれる工事現場用耳栓など、さまざま。聴覚保護の観点から、耳栓を購入するのもおすすめです。

耳栓の付け方のコツは?

耳栓には付け方にコツがあります。ただ闇雲に耳にねじ込むだけでは、遮音性に不満を感じることがあるので、しっかり確認しておきましょう。

手順としては、まず耳栓を片手で持ち、もう片方の手で耳の上側を掴みます。次に耳を掴んでいる手を外側の方向に引っ張り、耳栓を押し込みます。耳栓が耳の奥にしっかり入れば完了です。

特にスポンジタイプやウレタンタイプの耳栓の場合は耳に入れる前に耳栓を押しつぶしておくのがポイント。耳に入れたら膨張するまで放置しておくことで耳にフィットしやすくなります。ぜひ覚えておきましょう。

勉強や睡眠など長時間使用に適した耳栓のおすすめモデル

モルデックス(Moldex) SparkPlugs コード無 200ペア

アメリカでは軍事用としても使用されていることがあるモルデックスの耳栓。遮音性が高いのが特徴です。

本製品は会社で使うのはもちろん、移動中など公共場所での騒音カットや睡眠に適しています。

固めに作られていますがウレタン素材のため耳にしっかりフィットしやすく、長時間使用しても痛くならないデザインが特徴です。

アバンテク(AVANTEK) 耳栓 ライブ 睡眠 遮音値23dB

シリコンタイプで、洗って繰り返し使用できる耳栓。グリップがあるので、簡単につけ外しができるのが特徴です。

耳にフィットしやすいエラストマー素材を採用しているほか、長時間装着し続けても痛くなりにくいデザインに設計されているのもポイント。遮音性にも優れているため、会社で集中したい際はもちろん、公共機関の騒音をカットしたい場合や睡眠時にも役立ちます。

スリーエム(3M) クラシック耳栓

スポンジタイプの耳栓。柔らかい素材を採用しているため、長時間付けていても耳が痛くなりにくいのが特徴です。

本製品は円筒型の仕様。耳へのフィットは良好です。また、騒音を長時間シャットアウトできるので、睡眠や仕事、勉強に集中したいときにおすすめ。1セットの価格がリーズナブルなほか、まとめ買いもできるのもポイントです。

キングジム(KingJim) デジタル耳せん MM1000

呼びかけ声や着信音など必要な音を残したまま、環境騒音だけを消すことができるデジタル耳栓。音を音で打ち消すノイズキャンセリング技術で、90%の環境騒音を打ち消すことが期待できるのが特徴です。

使い方としては本体の電源をオンにして、本体から取り出したイヤホンタイプの耳栓を装着するだけ。コード長は85cmなので、ポケットの中に入れたまま使用することも可能です。なお、コードの絡みや断線を防いでくれるコードストッパーも搭載。単4乾電池1本で約100時間使用可能なのもポイントです。

ハワードレイト(HOWARD LEIGHT) Bilsom303

ポリウレタン素材の耳栓。耳栓を押しつぶすとゆっくり膨張する仕様で、装着しやすいのが特徴です。

耳栓表面はサラサラした独自の加工が施されているので、付け外しが容易なのもポイント。柔らかい素材なので、長時間耳栓を付け続けたい方におすすめです。

サイレンシア(SILENCIA) スリープ

睡眠用に使いやすく設計された耳栓。スモールとレギュラーのサイズがセットになっています。完全に騒音をカットするならレギュラーの耳栓、人の話し声や注意喚起は聞き取りたいのであればスモールの耳栓を選ぶのがおすすめです。

なお、ブルーマーブルの耳栓がレギュラー、ピンクマーブルの耳栓がスモールのサイズと色分けされているのもポイント。購入を検討している方は用途に合わせて耳栓のサイズを確認するようにしましょう。

スリーエム(3M) ウルトラフィット 3404004

耳にフィットしやすいエラストマー素材を採用した耳栓。コードつきのため睡眠中につけても紛失しにくいのが特徴です。コードは640mmで短すぎず長すぎない仕様。価格が格安なので、使い捨て用の耳栓を探している方にもおすすめです。

ウィメーカー(Wimaker) 睡眠耳栓 液状シリコーンゴム

耳にフィットしやすいフランジタイプの耳栓です。遮音性に特化しており睡眠、読書、勉強、仕事など集中したいときにおすすめ。シリコン素材でできているため、洗って繰り返し使用できます。とても柔らかい耳栓のため、長時間装着しても痛くなりにくいのが特徴です。

サイレンシア(SILENCIA) フライトプラス 携帯ケース付 1ペア入

飛行機の気圧変動で起こる耳鳴りや耳の痛みを予防するのに効果が期待できる耳栓。シンプルで目立ちにくいデザインを採用しているほか、取っ手が付いており、着脱が簡単にできるのが特徴です。

遮音性も良好で、機内での睡眠時にも役立ちます。なお、睡眠時の体勢によっては耳栓が奥まで食い込んでしまう恐れがあるので、使用する際は注意しましょう。

遮音性が高い耳栓のおすすめモデル

マックスピローソフト(Mack’s Pillow Soft) シリコン耳栓 6ペア NRR22 #2188 ベージュ色

耳の形に合わせて変形できるシリコン素材の耳栓。粘着力が高いほか、無害でアレルギー反応を起こす心配がないように作られているのもポイントです。

カラーは目立ちにくい肌色を採用。日中使用するのに適しており会社での仕事中、勉強中に集中したいときにおすすめです。なお、髪の毛が長い方は耳栓が付着しやすいので、髪の毛をゴムやピンでまとめてから耳栓を使用してください。

マギグ(Mugig) 耳栓ライブ用 イヤープロテクター

音響障害や難聴から耳を守るために開発された音楽ライブ用の耳栓。音量を軽減させつつも、高音から低音までしっかりカバーできるのが特徴です。

なお、日常生活の騒音を減らして仕事や勉強に集中したい、快眠したいときにも役立ちます。価格は高価ですが、満足度の高い耳栓を探している方は要チェックです。

ウェストン(Westone) TRUイヤープラグ レクリエーショナル WM20

騒音や不快な音をカットするシリコンタイプの耳栓。大音量がする場所に長時間いるとストレスを感じるだけなく、最悪の場合は難聴になる可能性もありますが、そうしたトラブルを回避したい方におすすめです。

音楽用の耳栓として多くのミュージシャンも愛用している製品で、大音量を低減させつつも音楽は楽しみたいという方は要チェック。カラーが3色ラインナップされているのもポイントです。

クレッシェンド(crescendo) ライブ用イヤープロテクター

ミュージシャン向けに開発された耳栓。雑音をカットしながらも、楽器の音は聴こえやすいように設計されています。

ライブやクラブなど、大音量の流れる場所で長時間音楽を楽しみたい方におすすめの耳栓です。耳栓部分はシリコン素材になっており、雑音や大音量を調整する部品を外せば水洗いできます。

サウンドアーマー (Sound Armor) ear plugs

耳栓の先にあるスイッチを切り替えることで25dbの騒音をカットするオープンモードと、15dgの騒音をカットするクローズモードに変換できる耳栓です。会社での雑音を軽減したい、大音量をカットして快眠したいなど、シーンに合わせて使い分けることができます。

集中力を高めたいとき、聴覚保護として耳栓をしたいときにおすすめ。耳栓はスモール、ミディアム、ラージの3サイズとケースが付属しており、耳にフィットしやすいサイズが選べるのもポイントです。

サンダープラグス(THUNDERPLUGS) ブリスター

音楽ライブやクラブ、スタジオ練習に適した音楽向けの耳栓。会話や音楽は聴こえますが、難聴の原因になりやすい周波の音域をシャットアウトする効果が期待できるアイテムです。

なお、音楽用途だけでなく、混雑した場所で使用したい場合や快眠対策として活用したい方にもおすすめ、日常生活でも役立つ耳栓です。

イアーピース(EarPeace) 耳栓ライブ用

大音量を軽減するライブ用耳栓ですが、音量調整ができない場所で静かに映画やスポーツ鑑賞したいときにも使えます。耳栓をしていても音楽や会話は普通に楽しめるので、難聴や雑音のストレスを予防するのに適したアイテムです。

1セットに3種類のフィルターが同梱されており、遮音性が音量に応じて3段階に使い分けできるようになっています。シリコン素材のため、洗えば繰り返し使用することが可能。耳栓の利用頻度が高い方におすすめです。

スリーエム(3M) 耳栓 ひもなし E-A-R プッシュインス 3184000


耳栓部分が傘のような形のため、耳の奥まで耳栓が侵入するのを防ぎます。雑音、低音を軽減しますが、人の呼び声や目覚ましの音は聞こえる耳栓です。

取っ手が付いているので着脱がしやすく、取っ手の穴にヒモを通すことも可能。雑音や不快な音だけをシャットアウトしたい方におすすめします。

プアルーム(PUAroom) ハイファイ耳栓

大音量のレベルを下げつつも、音楽を鮮明に聞きたい時に便利な耳栓。ライブやコンサートに参加する方はもちろん、日常生活でも人の話し声や目覚ましの音などの音は耳に入れたいときに役立ちます。

カラーバリエーションやサイズが自由に選べる耳栓で、難聴や耳鳴りを予防したい方にも効果が期待できるおすすめのアイテムです。

プロシー(Procy) 耳栓 ライブ用イヤープロテクター EP-1

大音量を減圧してくれる耳栓。ライブや工事の騒音をカットしたい方におすすめです。防水仕様のため水洗いが可能で、衛生的に使用することが可能。耳穴が小さめの方でもフィットしやすいサイズのほか、ケースが付属しているので紛失しにくのもメリットです。

ザフィットライフ(TheFitLife) ライブ・睡眠用 3サイズ入

ライブ用から睡眠用まで幅広く使えるタイプの耳栓。ライブでは大音量を軽減し、集中したいときには雑音をカットしてくれます。

1つの耳栓をさまざまなシーンで使用したい方におすすめ。購入日から1年間の保証付きで、アフターサービスが充実しているのもポイントです。

水泳時に付けられる耳栓のおすすめモデル

スワンズ(SWANS) スイミングコード付き耳せん SA-53N

シリコン素材の水泳に使用できる耳栓。水が耳に入りにくいデザインになっており、中性洗剤で洗って繰り返し使用することができます。

コードがついているので首から掛けて使用するのはもちろん、ゴーグルとセットにして装着できるほか、コードを外して完全独立型イヤホンのように単体でも使用することができます。水泳用の耳栓を探している方はぜひチェックしてみてください。

スピード(Speedo) エルゴイヤープラグ レクリエーショナル WM20

耳の形に合わせてデザインされた耳栓。耳栓部分につばが付いており、耳に水が入りにくい設計で、水泳用に適しているモデルです。

なお、密着性が強いため人によっては長時間使用すると耳が痛くなる可能性があります。装着する際は1~2時間程度の休憩時間を設けて使うようにしましょう。

ノイル(NOYL) スイムプラグ

防水耳栓で外れにくい設計のため、水泳にも使用できる耳栓です。耳栓の部分が3層になっているフランジタイプで、装着や取り外しが簡単であるものの、耳にしっかりフィットしやすいように設計されています。

万が一、水泳中に耳栓が外れても軽い素材のため水に浮くほか、明るい色で目立ちやすいので紛失の心配が少ないのが特徴です。防水機能だけでなく遮音性も高い耳栓で、仕事や勉強に集中したいときにも使えます。

ぺルターネクスト スカルスクリュー(PELTORNEXT SKULL SCREWS)

ねじ込み式の耳栓で外れにくく、水泳用として使用できる耳栓です。耳栓の中心に芯があるため、装着や取り外しがしやすくなっています。

全方向の雑音をシャットアウトしてくれる遮音性が高い耳栓のため、1人で仕事や勉強に集中したいときにもおすすめです。

なお、本製品は遮音性を向上させるため耳栓そのもののサイズは大きめです。耳穴が小さい方は耳栓が入らない可能性があるのでご注意ください。

サイレンシア(SILENCIA) スイム&シャワー 1ペア


耳栓のフランジ部分が4段になっており、より水の浸入を防ぎやすくなっている水泳・シャワー用耳栓です。大人用と子ども用のサイズがあります。

柔らかいエラストマー素材で耳にフィットしやすく、取っ手があるので着脱も簡単。遮音性よりは防水性に特化している耳栓のため、マリンスポーツで活用する際に快適なアイテムです。

耳栓のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

耳栓のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。