騒音対策や集中して作業したいときに便利な「耳栓」。長時間の利用におすすめできるモノから、騒音から身を守るための遮音性が高いモノまで、さまざまな製品がラインナップされています。

そこで今回は、おすすめ耳栓をランキング形式でピックアップ。耳栓の種類や選び方もご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

耳栓の選び方

種類で選ぶ

スポンジタイプ

By: amazon.co.jp

スポンジタイプは、円筒または円錐の形をしているのが特徴。柔らかいスポンジ素材でできた耳栓を指で押し潰し、耳に押し込むだけで装着が完了するタイプです。

スポンジタイプの耳栓は、スポンジや耳に優しい低反発ウレタンなどの素材を採用しているため、睡眠や勉強など、長時間使用しても違和感を覚えにくいのがポイント。また、装着後に素材が膨らんで耳の中に自然とフィットすることもあり、遮音性が高いのもメリットです。ただし、素材の性質上、汚れが付いたときに洗えないので注意しておきましょう。

フランジタイプ

By: amazon.co.jp

フランジタイプは、複数のヒレが層状になっている耳栓を指します。主にシリコン素材を採用しているのが特徴。水洗いをすることで繰り返し使用できるところがメリットです。

フランジタイプは、気圧の変化に強いモデルも多く、飛行機などで耳の痛みを和らげたいときにおすすめ。なお、スポンジタイプと比較するとやや硬く、挿入したときに違和感を覚える可能性もあるため注意が必要です。

シリコン粘土タイプ

By: amazon.co.jp

シリコン粘土タイプは、柔らかい粘土状の素材を使った耳栓。自分の耳にフィットするよう自由に形を変えられるのが特徴です。スポンジタイプやフランジタイプのように、自分にピッタリ合うサイズの耳栓を探す必要がありません。

また、防水性が高いため、水泳やマリンスポーツでよく使われます。装着時に耳からはみ出す部分も少なく、横向きで寝やすいのもポイントです。なお、ほかのタイプと比較して防音性が低く、基本的に1回きりの使い捨てタイプなので注意しておきましょう。

デジタルタイプ

By: amazon.co.jp

デジタルタイプは、周囲の環境騒音だけを排除して、人の声や着信音など必要な音だけを残す画期的な耳栓。仕事の通勤時間や人の多い休日でも、必要のない騒音を打ち消しながら、呼びかけ声などを聞き逃さずに過ごせます。

本体と繋がったイヤホンタイプの耳栓を装着するだけなので、周囲からは音楽プレーヤーのように見えるのもポイントです。

遮音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

耳栓を選ぶ上で最重要なのが遮音性です。どれだけの騒音をカットできるのかを数値化したものがNRR(ノイズ・リダクション・レーティング)で表され、数値が大きいほど防音効果が高いことを意味しています。

NRRは、騒音を示す指標であるdB(デシベル)と1対1で対応。たとえば、100dBの騒音がある場所でNRR30の耳栓を使用すると、30dBの騒音をカットして、70dBの空間にいるような感覚を得られるのが特徴です。

目安として、60dBは人間がうるさいと感じる最低ライン、50dBは家庭用クーラーの音レベル、40dBは図書館の音レベル、30dBはささやき声レベルとなっています。購入する際は、ぜひ参考にしてみてください。

フィット感で選ぶ

耳栓において大切なポイントは、自分の耳にフィットするかどうかです。遮音性に優れた耳栓であっても、自分の耳にフィットしなければ使い続けるうちに耳が痛くなったり、音漏れが起こったりする可能性もあります。スポンジタイプやウレタンタイプであれば、耳栓の形が耳の形に合わせてフィットするので使い勝手は良好です。

用途で選ぶ

By: amazon.co.jp

耳の中に水が浸入することを防ぐ防水用耳栓など、耳栓のなかには特定の機能に特化したタイプもラインナップされています。そのほか、大音量から耳を守る工事現場などに適した耳栓など、特化している機能はさまざまです。具体的な用途が決まっている方は、その用途に合った機能を持つタイプを選ぶようにしましょう。

耳栓のおすすめランキング|スポンジタイプ

第1位 モルデックス(Moldex) メテオ

快適な着け心地を実現する低反発ウレタン素材を使用した耳栓。NRR33の高い遮音性を備えているのが特徴です。装着してからの適度な復元力も魅力のひとつ。フィット感が高まり、長時間着用しても疲れにくい仕様です。

有害物質が発生するPVCを採用していないため、安心して使用できるのもポイント。心地よい装着感と遮音性を両立した耳栓を探している方におすすめです。

第2位 ミドリ安全(Midori Anzen) 耳栓

しなやかな肌触りでソフトなつけ心地を実現する耳栓です。素材は発泡ポリマーに特殊樹脂加工を施したモノを使用。圧縮して耳につけたあと膨張し、耳にフィットするように復元します。

NRR30の高い遮音性を備えているのもポイント。さらに、違和感がないつけ心地を実現しているので、長時間の着用にも適しています。飛行機や電車などの移動などで使用したい方におすすめです。

第3位 Kuershuang 耳栓

繰り返し洗って使えるコスパに優れた耳栓。やわらかく快適に装着できる素材を採用しているのが魅力。長時間の着用にも適しており、睡眠時に使用したい方におすすめです。

耳栓の底は耐圧設計が施されており、外耳道にかかる圧力を低減。着脱もしやすいので、シーンに合わせて手軽に使用できます。睡眠時だけでなく、勉強や読書に集中したい方にもピッタリの耳栓です。

第4位 ハワードレイト(HOWARD LEIGHT) MAX

ソフトな感触を実現し、優しいつけ心地を実現した耳栓です。耳にしっかりとフィットし、高い遮音性を備えているのが特徴。長時間装着して違和感を覚えにくいのが魅力です。

曲線的なデザインを採用し、装着しやすく外れにくい形状を実現。着脱もしやすいので、勉強や仕事に集中したいときや人と会話する機会が多い方にもおすすめです。

第5位 DKSHジャパン サイレンシア レギュラー

耳障りな高周波ノイズを集中的にカットできる耳栓。耳障りなノイズは音波のピッチが短いため、耳栓内の分子に衝突し分散されるのが特徴。低周波音は耳栓の組織分子を通り抜ける設計で、人の声や生活に必要な音声などは聞こえやすい仕様です。

遮音性能値は32NRR。交通量の多い交差点の騒音も、静かなオフィスレベルの音量に低減できると謳っており、高い防音効果が期待できます。優しいつけ心地を実現するポリウレタン素材を使用しているのもポイントです。

第6位 モルデックス(Moldex) ピュラフィット

快適に装着でき、優しいつけ心地を実現している耳栓。長い形状とテーパー形状で簡単に着脱できるのが特徴です。素材にはやわらかい発泡ウレタンフォームを採用。長時間着用して疲れにくいのもポイントです。

NRR33と高い遮音性を備えているのも魅力のひとつ。しっかり耳にフィットして音を遮断するので、勉強や仕事に集中したい方などはぜひチェックしてみてください。

第7位 モルデックス(Moldex) カモプラグ

適度な弾性があるポリウレタン素材を採用した耳栓。人間工学に基づいた形状で、装着したときの圧迫感を軽減しているのが魅力です。また、耳栓の表面が滑らかで、装着と取り外しをスムーズに行えるのがポイント。NRR33で遮音性にも優れています。

個別包装で1ペアずつ包まれているため、衛生面が気になる場合にもおすすめ。付け心地と遮音性に優れた耳栓を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第8位 スリーエム(3M) 遮音性耳栓 1100

高い復元力があり、耳にしっかりフィットする耳栓です。素材に特殊ウレタンを採用。やわらかすぎず、適度な弾力を備えています。また、サイズがやや小ぶりなので、耳が小さめな方にもおすすめです。

遮音性能値は20NRR。日常生活においてカフェなどで集中して作業したい方や、質の高い睡眠をしたい方にもピッタリです。さらに、比較的リーズナブルに購入できるのも魅力。コスパを重視したい方も、ぜひチェックしてみてください。

第9位 トーヨーセフティー(TOYO SAFETY) ソフト耳栓 No.1900

高い遮音性をほこり、作業への集中力を高められる耳栓。素材にウレタンスポンジを採用しており、指でクルクル細めて簡単に装着できるのが特徴です。耳に装着後に約30秒かけてゆっくり復元し、耳にしっかりとフィットします。

非常にやわらかく、快適なつけ心地を実現。睡眠時など長時間着用して違和感を覚えにくいのもポイントです。また、カフェなど屋外で作業する機会が多い方にもピッタリ。高い遮音性を備えつつ、快適な装着感を体感したい方におすすめです。

耳栓のおすすめランキング|フランジタイプ

第1位 スリーエム(3M) イヤープラグフランジタイプ 1290

繰り返し使えるフランジタイプの耳栓。素材に熱可塑性エラストマーを採用しており、耳に優しい装着感を得られるのが特徴です。高い遮音性を備えており、特に高音域のノイズをしっかりカット。会話域の遮音性を抑えた設計になっているため、人といるときにも使えます。

NRR値は25dB。電車や飛行機などの移動はもちろん、勉強や仕事に集中したいときにも適したおすすめアイテムです。

第2位 EarZzz 耳栓

日本人向けに設計されたフランジタイプの耳栓。快適なフィット感を得やすいのが特徴です。無駄のないシンプルなデザインを採用しているのも魅力のひとつ。耳が痛くなりにくい医療用のシリコンを採用しているので、長時間着用する機会が多い方にもおすすめです。

NRR32相当の遮音性を備えているのもうれしいポイント。汚れてもサッと水洗いをするだけで再使用でき、コスパのよさも魅力です。

第3位 BEYIMEI 耳栓

柔軟性に優れており、耳穴の奥までしっかり挿入できるフランジタイプの耳栓。素材に無毒性のリキッドシリコンを採用し、長時間着用しても違和感なく疲れにくいのが特徴です。三層フランジの構造を採用しているのもポイント。フィット感もよく通気性に優れているので、睡眠時にも活躍します。

水洗いに対応しているため、汚れても再利用可能。経済的ながら衛生面にも配慮できます。おしゃれな収納ボックスが付属しているのも魅力のひとつ。リングが付いているので、キーホルダーなどに付けて手軽に持ち運べます。

第4位 Quietide 耳栓

水洗いに対応し、何度も再利用できるフランジタイプの耳栓。耐久性に優れており、繰り返し使用しても劣化しにくいのが特徴です。キーホルダーに付けて手軽に持ち運べるケースが付属しているのもポイント。左右の耳栓同士を結べる紐も備えているので、紛失するリスクも低減できます。

独自の高性能フィルターを搭載しているのも魅力のひとつ。耳障りなノイズはしっかりとカットし、会話域の音など役に立つ音は取り込む仕様です。高い遮音性も備えているため、勉強や仕事に集中したい方や、工事現場などの機械音が気になる方に適しています。

第5位 トラスコ中山(TRUSCO) 4段フランジタイプ TEK26H

紛失防止のための紐が付属している、利便性に優れたフランジタイプの耳栓です。素材には熱可塑性エラストマーを採用し、柔軟性がある快適なつけ心地を実現しています。また、26NRRと高い遮音性を備えているのもポイントです。

材質的にややゴミなどが付着しやすいですが、水洗いに対応しているため、長く衛生的に使いたい方にもおすすめ。価格も比較的リーズナブルなので、コスパを重視したい方にもピッタリです。

第6位 モルデックス(Moldex) 高性能耳栓 ロケッツ6485

高い遮音性と装着性を備えたフランジタイプの耳栓。遮音性に難があるフランジタイプながら、27NRRの高い遮音性を備えているのが特徴です。素材にはエラストマーを採用しているため、耳に優しくフィット。長時間の着用でも違和感を覚えにくい仕様です。

紛失防止用の紐が付属しているのもポイント。手軽に持ち運べるキャリングケースも備えているので、電車やカフェなど屋外で使用する機会が多い方におすすめです。

第7位 DKSHジャパン サイレンシア スイム&シャワー

入浴時や水泳などでも使用できる、防水用の耳栓です。耳穴をしっかり塞ぐ設計を採用。水の侵入を効果的に防ぎ、防水が必要なシーンでも安心して使用できるのが特徴です。

水洗いにも対応しているので、汚れても何度も再利用可能。日常生活はもちろん、水場などで使いたい方にもおすすめの耳栓です。

第8位 スリーエム(3M) ウルトラフィット 340-4003

人の声が聞き取りやすいフランジタイプの耳栓。耳障りな高周波のノイズはカットしつつ、人の声など必要な音はしっかりと取り込めるのが特徴です。3段のフランジ形状を採用しており、さまざまな耳の形にフィット。押し込むだけで手軽に挿入できるのもポイントです。

長い突起が付いているので、軍手などをはめたままでも装着可能。また、汚れても水洗いに対応しているのも魅力です。使い勝手に優れたアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第9位 モルデックス(Moldex) グライド 3層フランジコード付 6445

さまざまな形の耳にフィットしやすい、独自のデザインを採用したフランジタイプの耳栓。独自のマルチカーブステムにより、耳栓を耳に挿入してひねるだけで耳の形に合わせてしっかりとフィットします。

遮音性能値は27NRR。また、やわらかいエラストマーゴムを素材に採用しており、長時間着用しても疲れにくいのもうれしいポイントです。

水洗いにも対応しているため、再利用も可能。紛失防止用のコードも付属しているので、屋外で使用する機会が多い方にもおすすめです。

耳栓のおすすめランキング|シリコン粘土タイプ

第1位 DKSHジャパン サイレンシア ソフトシリコン

高い防水性能を備えているシリコン粘土タイプの耳栓。シャワーやマリンスポーツなど、防水が必要なシーンに便利です。耳の入口部分に貼り付ける形で使用するので、圧迫感を覚えにくいのもポイント。洗えば繰り返し使えるため、コスパも良好です。

遮音性能値は25NRR。ちぎって使うこともできるので、子供など耳が小さい方でも使えます。圧迫感の少ない耳栓を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第2位 bioTAP ソフトシリコン耳栓

柔軟性に優れており、さまざまな耳の形にフィットするシリコン粘土タイプの耳栓です。防水・防砂・防塵仕様なので、利用シーンを選ばないのが特徴。勉強や仕事の業務に集中したい方はもちろん、水泳などマリンスポーツをする方などにピッタリの耳栓です。

水洗いにも対応しており、再利用も可能。3組の耳栓がセットになっているため、硬くなったり汚れが落ちなくなったりしても新しいモノと交換できます。収納ケースも付属しているので、持ち運んで使用する機会が多い方にもおすすめです。

第3位 Mack’s Pillow Soft シリコン耳栓

いびきを気にせずゆっくり眠りたい方や、水泳などで水が耳に入るのを防ぎたい方におすすめの耳栓。柔軟性が高く耳にしっかりとフィットするので、長時間着用しても疲れにくいのが特徴です。また、防水性能も備えているため、水泳時にも使えます。

遮音性能値は22NRR。さらに、汚れても水洗いをして再利用できるのも魅力です。防水性能と快適な装着感を備えた耳栓を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

耳栓のおすすめランキング|デジタルタイプ

第1位 キングジム(Kingjim) デジタル耳栓 MM1000

高精度なアクティブノイズキャンセリング回路により、環境騒音を約90%低減すると謳っている耳栓。電車や飛行機のアナウンスや友人との会話など必要な音はしっかりと取り込めるのが特徴です。イヤホンタイプを採用しているのも魅力のひとつ。外見では音楽を聴いているように見えるため、屋外でも気兼ねなく使えます。

左右のコードは本体に巻き付けて収納可能。また、ポーチも付属しているので手軽に持ち運べます。単4アルカリ電池1本で約100時間使用できるので、バッテリー残量を気にせず使えるのもうれしいポイントです。

第2位 ディーバッド(dBud) 耳栓 PUI-403050

必要な音だけを取り込めて音量調節も自在な、完全ワイヤレスタイプのデジタル耳栓です。独自開発のアコースティックフィルターとボリュームスライダーのスライド操作により、手軽に騒音レベルを調節可能。不要なノイズはカットし、友人との会話など必要な音はしっかり取り込めるのが特徴です。

完全ワイヤレスを採用しており、コードの煩わしさを感じないのもポイント。また、取り外し可能なコードが付属しているので、紛失が心配な方でも安心して使えます。

ポケットサイズのキャリングケースも付属。S・M・Lの3サイズのシリコンイヤーチップも同梱しているため、さまざまな耳のサイズにフィットします。片耳約3gと軽量設計なので、長時間着用しても違和感なく快適に使えるおすすめアイテムです。

第3位 DISHENG TECH ノイズキャンセリング耳栓 Silent Gear Mu-On

USB充電式のリチウムポリマーバッテリーが内蔵されたデジタル耳栓。独自開発されたICチップを搭載することで低消費電力を実現し、約1時間の充電で100時間の連続使用が可能です。ノイズキャンセリングにより環境騒音だけを約95%カットすると謳っており、高い遮音性が期待できます。

耳に取り付けてスイッチをスライドするだけで、不要なノイズを大幅にカット。操作が簡単なので、機械が苦手な方でも扱いやすいのもうれしいポイントです。

また、S・M・Lの3サイズのイヤーピースが付属しているのも魅力。さまざまなサイズの耳にフィットするため、好みに合うモノを選べます。

第4位 キングジム(Kingjim) デジタル耳栓 MM2000

IP52相当の防水・防塵性能を備えた高性能なデジタル耳栓です。リチウムイオンバッテリーを内蔵しており、乾電池不要のUSB充電式を採用。約3時間の充電で約50時間の連続使用が可能なので、屋外でもバッテリー残量を気にせず使えます。

イヤホンケーブル一体型のネックバンド設計により、利便性に優れているのもポイント。コードは絡みにくい丈夫な素材を使っているため、持ち運びにも適しています。

XS・S・M・Lの4サイズのシリコンイヤーピースを付属しているのも魅力のひとつ。さまざまな耳の形にフィットしやすいおすすめアイテムです。

耳栓のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

耳栓のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。