「耳栓」は、近所の騒音に悩まされているときや、集中して作業したいときに便利なアイテムです。長時間の利用におすすめできるものから騒音から身を守るための遮音性が高いものまで、さまざまな製品がリリースされています。

そこで今回は、用途別におすすめ耳栓をピックアップ。耳栓の種類や選び方もご紹介します。

耳栓の種類

耳栓は、形状や素材の違いでつけ心地が大きく異なるのが特長です。購入後に後悔しないように、まずは主な耳栓の種類とそれぞれの特長について解説します。

スポンジタイプ

By: amazon.co.jp

スポンジタイプは、円筒または円錐の形をしている耳栓。柔らかいスポンジ素材でできた耳栓を指で押し潰して、耳に押し込むだけで装着が完了する、使い勝手がよいタイプです。

スポンジタイプの耳栓は、耳に優しいスポンジや低反発ウレタンなどの素材でつくられているため、長時間使用することが前提の睡眠や勉強などでも違和感をほとんど覚えません。また、装着後には素材が膨らんで耳の中に自然とフィットすることもあり、遮音性が高いのも大きなメリットです。

ただし、素材の性質上、汚れがついたときに洗うことができません。ひとつあたりの価格も安いので、スポンジタイプの耳栓は使い捨てにするのがおすすめです。

フランジタイプ

By: amazon.co.jp

フランジタイプは、複数のヒレが層状になっている耳栓。主にシリコン素材を使用しているのが特長で、水洗いをすることで繰り返し使用できるところがメリットです。また、耳に入れない側は棒状になっており、着脱が簡単なこともポイント。

また、フランジタイプは気圧の変化に強いため、飛行機などで耳の痛みを和らげるときにおすすめ。ただし、スポンジタイプと比較するとやや硬いので、なかには違和感を覚える方もいます。

シリコン粘土タイプ

By: amazon.co.jp

シリコン粘土タイプは、柔らかい粘土状の素材を使った耳栓。自分の耳にフィットするように自由に形を変えられるのが特長です。基本的に1回きりの使い捨てタイプ。スポンジタイプやフランジタイプのように自分にピッタリの耳栓を探す必要がありません。

シリコン粘土タイプは防音性が低い一方、防水性が高いため、水泳やマリンスポーツでよく使われます。また、装着時に耳からはみ出す部分も少なく、横向きに寝やすいのもポイントです。

デジタルタイプ

By: amazon.co.jp

デジタルタイプは、周囲の環境騒音だけを排除して、人の声や着信音など必要な音を残す画期的な耳栓。仕事の通勤時間や人ごみの多い休日でも、必要のない騒音のみを打ち消しながら、呼びかけ声などを聞き逃さずに生活できます。

本体と繋がったイヤホンタイプの耳栓を装着するだけなので、周囲からは音楽プレーヤーのように見えるのもポイントです。

耳栓の選び方

遮音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

耳栓を選ぶ上で最重要なのが遮音性。どれだけの騒音をカットできるのかを示したものがNRR(ノイズ・リダクション・レーティング)。これは、どれだけの騒音がカットできるかを数値化したもので、数値が大きいほど防音効果が高いことを表しています。

NRRは、騒音を示す指標であるdB(デシベル)と1対1で対応しています。たとえば、100dBの騒音がある場所でNRR30の耳栓を使用すると、30dBの騒音をカットして、70dBの空間にいるような感覚を得られます

ただし、NRRは高ければいいというわけではありません。遮音性が高いからといって、つけ心地が悪いモデルを睡眠用に選んでしまうと、せっかく騒音が遮断されても耳に違和感を覚えることもあります。また、必要以上の騒音をカットすると、緊急事態の警報音に気づかないこともあるので注意しましょう。

目安として、60dBは人間がうるさいと感じる最低ライン、50dBは家庭用クーラーの音レベル、40dBは図書館の音レベル、30dBはささやき声レベルとなっています。購入の際は参考にしてください。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

耳栓のサイズも重要。人それぞれ耳のサイズが異なるので、一般的な人に適しているからといって自分に合っているとは限らないのが耳栓の難しいところです。特に、初めての購入する場合、どれを選べばよいかわからない方も珍しくありません。

そのような方におすすめなのが、複数の耳栓が入っている「お試しパック」です。形状や遮音性が異なる耳栓がパッケージされた商品が販売されているので、いろいろなサイズを試すことができます。

用途で選ぶ

By: amazon.co.jp

数ある耳栓の中には、特定の機能に特化したタイプが存在します。たとえば、急激な気圧変化による耳鳴りを防いでくれる飛行機用耳栓、耳の中に水が浸入することを防いでくれる水泳用耳栓、そして、大音量から耳を守ってくれる工事現場用耳栓など、さまざま。聴覚保護の観点から、耳栓を購入するのもおすすめです。

勉強や睡眠などの長時間使用におすすめの耳栓

キングジム(KingJim) デジタル耳せん MM1000

呼びかけ声や着信音など必要な音を残したまま、環境騒音だけを消すことができる画期的なデジタル耳栓。音を音で打ち消すノイズキャンセリング技術で、90%の環境騒音を打ち消すことができます。使い方は簡単。本体の電源をオンにして、本体から取り出したイヤホンタイプの耳栓を装着するだけです。

コード長は85cmなので、ポケットの中に入れたままラクラク使用することも可能。コードの絡みや断線を防いでくれるコードストッパーも搭載されています。単4アルカリ乾電池1本で約100時間使用可能。持ち運び用のポーチも付属しています。

モルデックス(Moldex) 使い捨て耳栓 お試し8種エコパック

有名耳栓ブランド・モルデックスの耳栓8ペアセット。価格もリーズナブルなので、多くのスポンジタイプの耳栓を試したい方におすすめです。

遮音性はNRR28からNRR33の耳栓まで含まれているほか、サイズも高さが22mmのスモールサイズから27mmの標準サイズまでさまざま。耳栓のペアごとにパッケージされているので、持ち運びも容易です。

また、保管に便利なプラスチックケースも1つ付属。どのサイズの耳栓を購入すればよいかわからない方は、まずは本製品でさまざまな種類を試してください。

マックスピローソフト(Mack’s Pillow Soft) シリコン耳栓

遮音値がNRR22のシリコン粘土タイプの耳栓。自由自在に形を変えられるので、どのような耳の形にも合わせられます。また、他のタイプの耳栓と比べて、耳の外側にはみ出る部分が少ないこともあり、睡眠時にも横向けになることができます。

シリコン製なので水洗いが可能。硬くなってきたら交換の目安です。水泳時に装着すれば、耳の中に水が入るのを防ぐこともできます。なかなかサイズの合う耳栓が見つからないという方におすすめです。

イアーピース(EarPeace) EarPeace HD

3種類の遮音フィルターがセットになったライブ用耳栓。騒音を防ぎつつ、音楽や声はクリアに聴くことができます。それぞれNRR11、NRR14、NRR19となっていて、細かい遮音の調整が可能です。

医療用シリコン素材を採用しているので、耳栓を装着するのが初めてで不安という方にもおすすめ。汚れてしまった場合は、布でふき取るほか水洗いも可能です。

付属のアルミケースはキーホルダー仕様。カバンなどにぶら下げて常に持ち運ぶことができるところが便利です。

モルデックス(Moldex) 高性能耳栓 ロケッツ 6485

遮音性がNRR27のフランジタイプの耳栓。製品がコードでつながっているので、耳栓をなくしてしまいがちな方におすすめです。

弾力のあるエラストマー素材を使用。フランジタイプながら耳に優しくフィットする仕様です。水洗いで何度も使用できるところもポイント。パチンコ屋や工場などの騒音が目立つ場所から、図書館での勉強に集中したいときまで、さまざまなシーンで活躍してくれます。

シュアファイア(SUREFIRE) イヤーマフ ソニックデフェンダー EP3-BK-MPR

米軍を含めた世界中の軍隊で採用されている耳栓。人間工学に基づいたデザインと、医療用ポリマー樹脂を採用した素材で、長時間使用しても快適に使えるように設計されています。

本製品は、有害な騒音のみをシャットアウトする仕様。耳栓を装着したまま、電話での会話が可能です。

スージー(SU−ZI) イヤーグミ

元航空機エンジニアが開発した、シリコン粘土タイプの形状記憶耳栓。グミのように自由に形状を変化させて耳に装着するタイプなので、万人におすすめできます。

耳の外にはみ出しにくいので、外出先でも周囲の目を気にすることなく勉強が可能。集中したいときから安眠したいときまで、多くのシチュエーションに対応しています。

DKSHジャパン サイレンシア フライト・エアー

5段のヒレがついたフランジタイプの飛行機用耳栓。コンパクトながら、耳栓内部に気圧変化を緩やかにする効果が期待できます。

通常の耳栓としての遮音効果もあるので、普段使い用の耳栓を求めている方にもピッタリ。耳栓をなくさないように、専用の携帯ケースも付属しています。気圧変化による耳の不快感を抑えたい方におすすめです。

CRESCENDO 飛行機用イヤープロテクター Fly

特殊なフィルターを使用することで、機内アナウンスのような必要な音声を残しつつ、雑音のみを抑えるように調整された高級耳栓。電子機器ではないので離陸から着陸まで付けていられるのがポイントです。

もちろん、気圧の変化を調整して離着陸時の不快な耳の痛みを軽減する機能も搭載。使用後は水洗いをして、何度でも再利用できます。キーホルダー型のケースが付属しているので、持ち運びしやすいのもポイントです。

ミズノ(MIZUNO) スイムグッズ 耳栓 2個1セット 85ZE75054

大手スポーツメーカーのミズノが販売する水泳用耳栓。素材には柔らかなシリコン素材を使用しているため、装着感も良好。やや細身ですが、水の侵入をしっかりと防ぐことができます。防水性の高いおすすめの耳栓です。

エティモティック・リサーチ(Etymotic Research) 高性能イヤープラグ ER20XS-CCC-C

従来の同社製品では、ステム(耳栓の細長い胴体部分)がありましたが、本製品では大胆にカット。耳から大きく耳栓が飛び出すことがなくなったので、帽子やヘルメットの上から装着することが簡単になっています。図書館の勉強から工事現場まで、さまざまなシーンに対応できるおすすめの耳栓です。

ブイモーダ(v-moda) Faders

メタル製ボディを採用したイヤホン型の耳栓。普段使用しているイヤホンをつける感覚で装着できるので、耳栓のつけ心地に違和感を覚える方にもおすすめです。

耳に装着するシリコンパッドは、XS・S・M・Lの4サイズを付属。また、イヤホンであればコードがある部分に、付属のストラップを装着して使用することもできます。ストラップの長さは約70cmと余裕がある長さです。

遮音性が高いおすすめの耳栓

モルデックス(Moldex) 発泡ウレタン製使い捨て耳せん メテオ 6870

遮音性がNRR33のスポンジタイプの耳栓。柔らかい低反発のウレタンフォームを使用しています。耳孔内部の形と合うように、曲面を描くようなデザインなのが特長。中央部にくびれがあることで、少ない圧迫感で高い遮音性能を発揮しています。

モルデックス(Moldex) 米軍耳栓 モルデックス カモプラグ

モルデックス社が販売する複数の製品の中で、他より固めにつくられた耳栓。しっかりとした密閉感の耳栓が欲しい方におすすめです。遮音性はNRR33と、現行販売されている耳栓の中で最高性能を備えています。

DKSHジャパン サイレンシア レギュラー

オーソドックスな形をしているフォームタイプの耳栓。遮音性もNRR32と高性能で、柔らかいポリウレタン素材を使用しています。

本製品は、耳障りな高周波音を集中的にカットして、生活に必要な低周波音は残りやすい性質を兼ね備えています。使い方も簡単で、耳栓を細いロール状にして耳の奥まで装着すれば、30秒程度でジャストフィット。

発売から長年、幅広い年代の方に愛されてきたロングセラーモデルなので、初めて使用する方にもおすすめの耳栓です。

耳栓のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

耳栓のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。