騒音対策や集中して作業したいときに便利な「耳栓」。長時間の利用におすすめできるモノから騒音から身を守るための遮音性が高いモノまで、さまざまな製品が展開されています。

そこで今回は、用途別におすすめ耳栓をピックアップ。耳栓の種類や選び方もご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

耳栓の種類

スポンジタイプ

By: amazon.co.jp

スポンジタイプは、円筒または円錐の形をしているのが特徴。柔らかいスポンジ素材でできた耳栓を指で押し潰し、耳に押し込むだけで装着が完了するタイプです。

スポンジタイプの耳栓は、スポンジや耳に優しい低反発ウレタンなどの素材を採用しているため、睡眠や勉強など、長時間使用しても違和感を覚えにくいのがポイント。また、装着後に素材が膨らんで耳の中に自然とフィットすることもあり、遮音性が高いのもメリットです。ただし、素材の性質上、汚れが付いたときに洗えないので注意しておきましょう。

フランジタイプ

By: amazon.co.jp

フランジタイプは、複数のヒレが層状になっている耳栓。主にシリコン素材を使用しているのが特徴で、水洗いをすることで繰り返し使用できるところがメリットです。また、耳に入れない部分は棒状なので、着脱が簡単なこともポイント。

フランジタイプは、気圧の変化に強いモデルも多く、飛行機などで耳の痛みを和らげたいときにおすすめ。ただし、スポンジタイプと比較するとやや硬く、挿入したときに違和感を覚える可能性もあるため注意が必要です。

シリコン粘土タイプ

By: amazon.co.jp

シリコン粘土タイプは、柔らかい粘土状の素材を使った耳栓。自分の耳にフィットするように自由に形を変えられるのが特徴です。スポンジタイプやフランジタイプのように、自分にピッタリ合うサイズの耳栓を探す必要がありません。

また、防水性が高いため、水泳やマリンスポーツでよく使われます。装着時に耳からはみ出す部分も少なく、横向きで寝やすいのもポイントです。ただし、ほかのタイプと比較して防音性が低く、基本的に1回きりの使い捨てタイプなので注意しておきましょう。

デジタルタイプ

By: amazon.co.jp

デジタルタイプは、周囲の環境騒音だけを排除して、人の声や着信音など必要な音だけを残す画期的な耳栓。仕事の通勤時間や人の多い休日でも、必要のない騒音を打ち消しながら、呼びかけ声などを聞き逃さずに過ごせます。

本体と繋がったイヤホンタイプの耳栓を装着するだけなので、周囲からは音楽プレーヤーのように見えるのもポイントです。

ヘッドホンタイプ

By: amazon.co.jp

イヤーマフとも呼称されるヘッドホンタイプの耳栓。着脱がしやすく、工事現場などでも使用されているアイテムです。イヤホンや小型の耳栓の上から装着すれば、遮音性のさらなる向上が期待できます。耳の内部への圧迫感がないため、長時間着用しやすいのがポイント。ただし、睡眠時に装着すると横を向きにくいので、注意が必要です。

耳栓の選び方

遮音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

耳栓を選ぶ上で最重要なのが遮音性です。どれだけの騒音をカットできるのかを数値化したものがNRR(ノイズ・リダクション・レーティング)で表され、数値が大きいほど防音効果が高いことを意味しています。

NRRは、騒音を示す指標であるdB(デシベル)と1対1で対応。たとえば、100dBの騒音がある場所でNRR30の耳栓を使用すると、30dBの騒音をカットして、70dBの空間にいるような感覚を得られるのが特徴です。

目安として、60dBは人間がうるさいと感じる最低ライン、50dBは家庭用クーラーの音レベル、40dBは図書館の音レベル、30dBはささやき声レベルとなっています。購入する際は、ぜひ参考にしてみてください。

フィット感で選ぶ

耳栓において大切なポイントは、自分の耳にフィットするか否かです。遮音性に優れた耳栓であっても、自分の耳にフィットしなければ使い続けるうちにストレスで耳が痛くなったり、音漏れが起こったりする可能性もあります。スポンジタイプやウレタンタイプであれば、耳栓の形が耳の形に合わせてフィットするので使い勝手は良好です。

用途で選ぶ

急激な気圧変化による耳鳴りを防いでくれる飛行機用耳栓や、耳の中に水が浸入することを防いでくれる水泳用耳栓など、耳栓のなかには特定の機能に特化したタイプもラインナップされています。そのほか、大音量から耳を守ってくれる工事現場用耳栓など、特化している機能はさまざまです。具体的な用途が決まっている方は、その用途に合った機能を持つタイプを選びましょう。

耳栓の付け方のコツは?

耳栓には付け方にコツがあります。ただ闇雲に耳にねじ込むだけでは遮音性に不満を感じることがあるので注意してください。

耳栓を付けるときは、まず耳栓を片手で持ち、もう片方の手で耳の上側を掴みます。次に、耳を掴んでいる手を外側の方向に引っ張り、耳栓を押し込みましょう。耳栓が耳の奥にしっかり入れば完了です。

スポンジタイプやウレタンタイプの耳栓の場合は、耳に入れる前に耳栓を押し潰しておくのがポイント。耳に入れたら膨張するまで放置しておくことで、耳にフィットしやすくなります。

勉強や睡眠など長時間使用に適した耳栓のおすすめモデル

ハワードレイト(HOWARD LEIGHT) Max Lite

ハワードレイト(HOWARD LEIGHT) Max Lite

ハワードレイトはメジャーな耳栓メーカーのひとつで、ウレタンタイプをはじめバリエーション豊富な耳栓を展開しています。本製品はマシュマロのような柔らかさを有しているのが特徴です。長時間使用しても耳が痛くなりにくいほか、NRR30と遮音性が高いのが魅力。気になる騒音をカットしながら、睡眠時や勉強などで長時間使用できます。

T字型のフォルムで着脱しやすく、柔らかい素材なので小さく丸めやすいのもメリット。なお、ウレタン素材のため水洗いはできず、使い捨てタイプのため注意しておきましょう。

スリーエム(3M) E-A-R プッシュインス

スリーエム(3M) E-A-R プッシュインス

スリーエムはアメリカ発祥の大手耳栓メーカーで、1961年からは日本での国内生産も行っています。本製品は取っ手付きで、形をつぶさずに押し込むだけで挿入できるのが特徴。スピーディーに着脱でき、軍手などを付けたままでもつまめるため、工場などで使用する耳栓としてもおすすめです。

デメリットは、取っ手があるので睡眠時には不向きな点と、耳栓をしているのが目立つ点。ただし、必要に応じて簡単に着脱できるため、耳栓の取りやすさを重視する方におすすめです。NRR31で遮音性が高く、長時間ストレスなく使い続けられます。

ピップ イヤーホリデイ

ピップ イヤーホリデイ

小型で長時間使用しても耳が痛くなりにくい、スポンジタイプの耳栓です。先端が細く裾が広がったベル型の耳栓なので、挿入しやすく耳穴をぴったりふさいで遮音性を高める効果が期待できます。表面がなめらかに加工されているため、汚れがつきにくいのもポイント。

肌の柔らかさに近づけた素材を採用することで、装着時の違和感を軽減しています。付属のケースが耳栓に合わせて非常に小さく作られており、持ち運びも便利です。耳への負荷が軽くリーズナブルなので、耳栓を普段あまり使わない方にもおすすめします。

v-moda Faders

v-moda Faders

デザイン性が高いイヤホン型の耳栓です。シリコン素材で耳にフィットしやすく、長時間でも快適に使用できます。大小4サイズのシリコンパッドが付属しているので、自身の耳のサイズに合わせて選択が可能。NRR12と遮音性はそれほど高くありませんが、会話などの必要な音は聞き取りつつ、騒音を気にならないレベルまでカットしたいという方に最適です。

また、ボディがメタル調でスタイリッシュなのもポイント。イヤホン感覚で使用できるため、耳栓のおしゃれさを重視する方にもおすすめです。紛失防止に便利な70cmのストラップ付きで、ストラップとともに収納できるおしゃれなキャリングケースも付属しています。

スリーエム(3M) イヤープラグ 1290

スリーエム(3M) イヤープラグ 1290

エラストマー素材を採用したフランジタイプの耳栓。柔らかく、圧迫感の少ないのが特徴です。層のフランジが耳の形にフィットして、NRR25の遮音性を発揮します。高音域の遮音性が高いタイプなので、会話やアナウンスなどの音域は聞こえやすいのがメリットです。

また、洗って使えるのもポイント。いつでも清潔に保てるかつ、何度も使えるため経済的です。付属のひもは編み上げ状で絡まりにくく、使用しないときに肩から下げておくと紛失防止にも役立ちます。

クレッシェンド(crescendo) イヤープロテクター スリープ

クレッシェンド(crescendo) イヤープロテクター スリープ

本製品はNRR25の睡眠時に特化したフランジタイプの耳栓。通気性がよく、耳に不快な熱がこもりません。他人のいびきや外部の騒音が気になって眠れない方や、耳を下にして寝た際の心拍音が気になる方にもおすすめです。

また、持ち運びに便利なケースが付属しているのもポイント。水洗いして再利用が可能なので、コスパのよい耳栓を探している方もぜひチェックしておきましょう。

Macks Pillow Soft シリコン耳栓

Macks Pillow Soft シリコン耳栓

シリコン粘土タイプの耳栓。柔軟に変形するシリコンで耳の穴をふさぐことによりNRR22の遮音性を実現しています。

また、防水性が高いため入浴や水泳、マリンスポーツなどにも最適。洗えないので、汚れてきて粘着力がなくなってきた頃が交換時期の目安です。透明色のほか、汚れが目立ちにくいベージュ色もラインナップされています。耳に挿入するタイプの耳栓では耳が痛くなるという方におすすめです。

キングジム(KingJim) デジタル耳せん MM1000

キングジム(KingJim) デジタル耳せん MM1000

呼びかけやアナウンス、電話の着信音など、必要な音をしっかり聞きとれるデジタルタイプの耳栓です。ノイズキャンセリング技術により、内蔵された小型マイクで周囲の騒音を集め、その逆位相の音を出すことで騒音を打ち消します。

オフィスや通勤電車内で集中したいときや、飛行機内やカフェでリラックスしたいときにもぴったり。コードの長さは85cmで、本体をポケットやカバンに入れたままでも快適に使用できます。使用後は本体の溝に巻き付けてすっきり収納できるのもポイント。

また、乾電池1本で約100時間の使用が可能。イヤホンタイプの耳栓は音楽プレーヤーを楽しんでいるようにも見えるので、耳栓をしていることを気づかれたくない方におすすめです。

遮音性が高い耳栓のおすすめモデル

モルデックス(Moldex) メテオ

モルデックス(Moldex) メテオ

アメリカに本社を置く、モルデックスが展開している耳栓。柔らかくて軽い低反発の発泡ウレタン素材を採用、耳孔内部に沿うように作られたウエスト形状の曲線と大きく広がった底面が特徴です。独特のフォルムが耳の内部にぴったりとフィットし、耳の入り口部分もしっかり密閉するのもポイント。レギュラータイプでは世界トップクラスのNRR33の遮音性を発揮します。

使い捨てタイプですがお手頃価格で、コスパが高いのも魅力。1ペアずつ個包装されているため、着用頻度が少なくても清潔に保管できるおすすめアイテムです。

サイレンシア レギュラー

DKSH サイレンシア レギュラー

国内で高いシェアを誇る、サイレンシアが展開している耳栓。レギュラータイプはポリウレタン素材なので耳にぴったりフィットし、NRR32の優れた遮音性がポイントです。

また、耳障りな高周波の音を効果的にカットしつつも、低周波の人の声は通すという特徴を有しています。そのため、オフィスで集中したいときや通勤電車などでの使用にもおすすめ。水洗いはできませんが、2ペア入りで携帯に便利なケースも付いています。

スリーエム(3M) E-A-Rsoft スーパーフィット

スリーエム(3M) E-A-Rsoft スーパーフィット

アメリカの大手耳栓メーカーであるスリーエムのなかでも、NRR33の最高クラスの遮音性を誇るスポンジタイプの耳栓。ウレタン素材で同社製品のなかでも特に柔らかく、どんな耳の形にもフィットしやすいのが特徴です。

また、比較的小型なので耳の穴が小さい方も使いやすく、長時間使用しても耳が痛くなりにくいのも魅力。騒音環境下で長時間作業を行う方や、睡眠時の家族のいびきに悩まされている方などにおすすめです。

Kuershuang サイレント

Kuershuang サイレント

装着しやすくフィット感に優れたスポンジタイプの耳栓です。細くねじって小さくすると、約60秒かけてゆっくり膨らむ低反発素材を採用。遮音性はNRR37と高く、できるだけ音のない状態に近づけたい方におすすめです。いびきや生活音のカット、工事現場やライブなどでの聴力保護、飛行機での気圧変化対策など、さまざまな用途に使用できます。

スポンジタイプには珍しい洗える素材でできているため、繰り返し使用できて経済的な上に衛生的なのもポイント。2ペア入りでコストパフォーマンスも高い、おすすめの耳栓です。

モルデックス(Moldex) ロケッツ

モルデックス(Moldex) ロケッツ

モルデックスが展開しているフランジタイプの耳栓。先端のエアポケットにより長時間でも快適に装着できるのが特徴。柔軟なフランジによって、優れたフィット感を生み出します。

NRR27の高い遮音性を有しており、洗って再利用が可能。いつでも清潔に使用できて経済的です。また、保管や持ち運びに便利なケースも付属。根元には指で簡単につまめるグリップを備えており、装着のしやすさを重視する方におすすめです。

Quietide 耳栓

Quietide 耳栓

上部に穴が空いたデザインで通気性がよく、睡眠中でも抜け落ちにくいフランジタイプの耳栓です。耳孔に入れる部分にはリキッドシリコン素材を採用。柔らかくフィット感に優れているため、耳が痛くなりにくいのが特徴です。また、細長いハンドルが付いているので、着脱が簡単にできるのもポイント。

NRR31の高い遮音性によって、すべての音域の騒音をまんべんなくカットできます。さらに、独自開発のフィルターを採用しているため、アラームや他人からの呼びかけを聞き取ることが可能です。水洗いできるため、何度も繰り返し使えるのも魅力。ボトルのような形のアルミケースで、おしゃれに持ち運べるおすすめアイテムです。

シュアファイア(SUREFIRE) ソニックデフェンダー プラス

シュアファイア(SUREFIRE) ソニックデフェンダー プラス

医療用ポリマー樹脂素材を用いたフランジタイプの耳栓。3層のフランジにより、優れたフィット感を実現しているのが特徴です。

耳の外側の形状に沿ったフィンで耳栓を支えるため、安定感も良好。耳栓には開閉式のフィルターキャップが付いており、キャップを開けておくと会話やアナウンスは遮断せずに、騒音だけをカットするので便利です。

また、こまめに洗えば長期間使用できるほか、紛失防止用のコードも付いているのもポイント。スタイリッシュで高性能な耳栓を探している方におすすめです。

サイレンシア ソフトシリコン

DKSH サイレンシア ソフトシリコン

創業30年以上の老舗ブランド、サイレンシアのシリコン粘土タイプの耳栓です。ボール状に丸めて耳穴に入れ込むことで、耳の形に合わせて自由に変形するのが特徴。シリコン製で水の侵入を防げるため、水泳やマリンスポーツにもぴったりです。

また、サイズが大きすぎるという方は、シリコンをちぎって調節することも可能。耳の内部への圧迫感が気になる方や、耳の入り口付近での密着感を求める方におすすめです。

ヘッドホンタイプの耳栓おすすめモデル

AVANTEK 防音イヤーマフ

AVANTEK 防音イヤーマフ

NRR28の優れた遮音性を実現した、ヘッドホンタイプの耳栓です。耳をしっかり包み込むイミテーションレザー製のイヤークッションを採用しており、装着感は快適。感電の恐れがある金属を使用しない安全設計で、屋外でも安心して着用できます。

ヘットバンドは両側がそれぞれ46mmまで拡張できる仕様で、装着する人に合わせて簡単に調節できるのもポイント。大人から子どもまでの誰もが、心地よいフィッティングを味わえます。ねじってもダメージがないフレキシブルなヘッドバンドをはじめ、各パーツにはハイクオリティーな素材を採用。スタイリッシュなデザインに加えて、抜群の耐久性が魅力のおすすめアイテムです。

スリーエム(3M) PELTOR イヤーマフ X1A

スリーエム(3M) PELTOR イヤーマフ X1A

184gと軽量で、長時間着用しても疲れにくいヘッドホンタイプの耳栓。頭頂部の放熱を助けるツインヘッドバンド仕様のアイテムです。耳当ては開放部が広くクッション性に優れており、心地よい装着感を実現。バンド部分やカップ部分には、高耐久性素材を採用しています。

耳の中に入れるタイプの耳栓に比べて、遮音効果にばらつきが少なく誰でも使いやすいのがポイントです。装着が簡単なので、耳栓を着脱することが多い方におすすめ。機能性だけでなく、デザイン賞を受賞するほどの完成度の高いデザイン性も兼ね備えています。

インパクトスポーツ(Impact Sport) エレクトリックイヤーマフ R-01526

インパクトスポーツ(Impact Sport) エレクトリックイヤーマフ R-01526

衝撃音を電子的にカットし、会話や周辺音を増幅できるヘッドホンタイプの耳栓。日常生活はもちろん、狩猟やサバイバルゲームといった特殊な状況でも活躍するアイテムです。単4電池2本で作動する電池式で、オン・オフはスイッチで簡単に切り替えられます。

オーディオコードが付属しているため、スマホをはじめとするオーディオデバイスに接続すれば音楽が楽しめるのもポイント。不使用時はコンパクトに折りたためる仕様で、持ち運びにも便利なおすすめ製品です。

MPOW 防音イヤーマフ MPHM035AB

MPOW 防音イヤーマフ MPHM035AB

アメリカやヨーロッパの認証テストに合格した、遮音性の高いヘッドホンタイプの耳栓です。弾力性・柔軟性に富んだイヤークッションを採用しており、耳へのフィット感は抜群。簡単に調節できるフリーサイズ設計で、子どもにもフィットしやすいのが特徴です。

イヤーカップが360°回転する軽量ボディはコンパクトに折りたためるため、収納性に優れているのもポイント。付属の収納袋は、持ち運びの際に重宝します。価格もリーズナブルなので、コスパに優れた耳栓を探している方におすすめです。

モルデックス(MOLDEX) イヤーマフ MX-5 6120

モルデックス(MOLDEX) イヤーマフ MX-5 6120

NRR27の遮音性を有しているヘッドホンタイプの耳栓です。スタイリッシュなデザインの大型イヤーカップが、さまざまな形状の耳をしっかりとカバー。ヘッドバンドはクッションタイプで、長時間の快適な装着をサポートします。

イヤーカップとヘッドバンドは軽量なワイヤーフレームで接続されており、耳栓を装着したままでもイヤーカップの調節がスムーズにできるのもポイント。使い勝手に優れた耳栓を探している方は、ぜひチェックしておきましょう。

耳栓のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

耳栓のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。