セキュリティ面に配慮しながら必要なくなった書類を細断できる「シュレッダー」。なかでも、小型シュレッダーは置き場所を選ばず、モデルによっては卓上でも使用できるのが魅力です。

そこで今回は、おすすめの小型シュレッダーをピックアップ。種類や購入する前にチェックしておきたい項目についても解説するので、最後までチェックしてみてください。

小型シュレッダーの選び方

手動か電動かチェック

By: amazon.co.jp

小型シュレッダーを選ぶ際には、手動なのか電動なのかをチェックしましょう。手動シュレッダーは電源を必要としないため、いつでもどこでも好きなときに使用できるほか、モーター音がしないので静かに使用できるのがメリットです。

一方、電動シュレッダーは処理能力が高いため一度に大量の紙を処分したいときにおすすめ。紙をセットしてスイッチを入れるだけで、自動的に細断が始まるのが便利なポイントです。

対応している用紙のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

シュレッダーがどのサイズの用紙まで対応しているのかは、最大投入幅で確認することが可能です。家庭用の小型シュレッダーは、A4サイズまでに対応したモデルが多くラインナップされています。

最大投入幅が大きくなる分本体のサイズも大きくなる傾向にあり、それだけスペースを確保しなければならないので、処分したい用紙のサイズに合わせてアイテムを選ぶのがおすすめです。

カットの仕方をチェック

By: amazon.co.jp

カットの仕方は、セキュリティ面に大きく影響します。カットの種類は大きく分けてストレートカット・クロスカット・マイクロカットの3つ。ストレートカットは縦一直線に細断する方式で、ゴミが捨てやすいというメリットがあります。

クロスカットはストレートカットに加えて横にもカットを入れる方式です。多くの電動シュレッダーがこのクロスカット方式を採用しています。ストレートカットと比べてセキュリティ面に優れているのが魅力です。

マイクロカットは、クロスカットよりもさらに細かく細断する方式のこと。復元性が低く、3種類のカット方式のなかでは一番セキュリティ面に優れています。個人情報やクレジットカードの番号などが記載された書類を細断するのにおすすめです。

小型シュレッダーのおすすめモデル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) シュレッダー P5GCX

ホッチキスの針をつけたままでも細断できる

A4サイズのコピー用紙を最大5枚まで、一度に細断できる電動シュレッダー。投入幅は約22cmです。ホッチキスの針をつけたままでも細断できるのがポイント。クロスカットを採用しており、カット後の寸法は0.4×4cmと細かいので、セキュリティ性も高い製品です。

本体サイズは幅31×奥行19×高さ30cmと小型のため、コンパクトに設置できるのも嬉しいポイント。本体重量も約3kgと軽量です。リビングや書斎など、違う場所で使用したいときでも手軽に移動できます。

モーターが熱くなりすぎると自動でストップする「サーマルプロテクター」や、ダストボックスが外れると自動で電源オフになる機能など、安全機能が充実しているのも魅力。安い価格で手に入る家庭用のシュレッダーを探している方におすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 細密シュレッダー PS5HMSD

周囲への音が気になるオフィスでの使用にも

静音タイプの電動シュレッダーです。家庭で使う以外にも、周囲への音が気になるオフィスでの使用にも向いています。本体サイズは幅18×奥行38×高さ40.8cmとスリムタイプ。キャスターが付属しているので、移動もスムーズに行えます。

投入幅は12.4〜22cmで、一度にA4サイズのコピー用紙を5枚細断可能。カットはマイクロカットを採用しています。カット後の寸法は0.2×1cmと細かく処理できるため、セキュリティ面も安心です。紙以外にもCDやDVDなどのメディア類、カードなどのプラスチック製品も細断できます。

ダストボックスの容量は約10Lで、紙類とプラスチック類は投入口が別々に設置されており、ダストボックス内でもきっちり分別が可能。ゴミ捨ても簡単に行えます。モーターが熱くなりすぎると自動的にストップしたり、ダストボックスが外れると電源が自動で止まったりするなど、安全面にも優れている製品です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 電動シュレッダー 400-PSD030

プラスチック製のカード類の細断にも対応

ホッチキスをしたまま、最大6枚まで同時に細断できる電動シュレッダー。投入幅は22cmです。紙以外にも、プラスチック製のカード類の細断にも対応しているのがポイント。紙もプラスチックもクロスカットで細かく細断し、プライバシーを守ります。

ダストボックスの容量は約10L。A4のコピー用紙であれば約90枚分を収納できて、こまめにゴミ捨てに行く必要がありません。本体重量は約3.2kgと軽量で、持ち運びも簡単です。

また、ダストボックスがきちんとセットされていないと電源が入らないので、ゴミが飛び散る心配がありません。モーターを保護するため、連続運転時間が2分をこえた場合や、紙が詰まった状態で放置すると自動的に停止するのも特徴です。投入口には指が入らないようになっているため、うっかり巻き込まれてしまうといったリスクを軽減できます。

アスカ(Asmix) いスカットシュレッダー B03

シンプルでおしゃれなスリム型の電動シュレッダーです。本体サイズは幅37.5×奥行9.5×高さ18.4cm、本体重量は2.1kgと軽いため、設置場所の移動がスムーズ。クロスカットを採用しており、カット後の寸法は0.4×1cm。セキュリティ性が高いのもポイントです。

投入幅は0.2×21.9cmで、一度にA4のコピー用紙3枚を投入可能。連続使用時間は約10分です。また、本体からダストボックスが外れると自動で電源が止まるなど、安全面にも配慮されています。

ダストボックスの容量は約4Lの被せ型で、片手でも簡単に着脱可能。面倒なゴミ捨ても手軽に行えます。また、縦長の小窓がついて、ダストボックスのゴミのたまり具合をひと目で判断できるのも特徴です。

フェローズ(Fellowes) デスクサイドシュレッダー コンパクト 16MC

モーターが熱くなりすぎるのを防ぐ、空冷ファンを内蔵した電動シュレッダーです。空冷ファンを使用することで、約30分間の連続使用が可能。大量の紙をまとめて処理する機会が多い方に向いています。投入幅は22cmで、A4サイズのコピー用紙であれば、最大7枚まで同時に細断できるのがポイントです。

マイクロカット式を採用し、カット後の寸法は0.2×1.2cmでセキュリティ面も安心。また、ダストボックスは引き出し型で取り出しやすいのもポイントです。容量約13Lと大容量で、頻繁にゴミ捨てに行く必要がありません。前面に備わった大きめの窓から中身が確認できて、ゴミ捨てのタイミングがひと目でわかります。

規定枚数以上の紙が投入されると自動的に逆回転して、紙詰まりを防ぐ「オートリバース機能」も搭載。キャスターが付属しているので、移動も手軽に行える製品です。

GBC マイクロカットシュレッダ GSHA11M-B

卓上でも使えるスタイリッシュなデザインの電動シュレッダーです。本体サイズは幅32×奥行20×高さ22.5cmとコンパクトで、好きな場所に設置しやすいのがポイント。投入幅は23cmで、A4のコピー用紙であれば最大5枚まで細断できます。

紙類はマイクロカットにより0.3×0.8cmまで細かく細断可能。CDやDVDなどのメディア類は、ストレートカットで5分割に処理できます。ホッチキスがついたままでも細断できるため、手間がかかりにくいのも魅力。連続使用時間は約6分で、一度にまとめて処理したい方にもおすすめです。

ダストボックスの容量は約6L。A4コピー用紙約36枚分を収納できるので、こまめにゴミ捨てに行く必要がありません。「オートスタート&ストップ機能」や「インターロックスイッチ機能」など、安全に配慮された機能が充実しているのもポイントの製品です。

Bonsaii シュレッダー C204-B

周囲との会話や作業の邪魔にならない静音タイプのシュレッダーです。作動音約58dBで、集合住宅などで作業したい方にもおすすめ。A4サイズのコピー用紙であれば、一度に5枚まで細断できます。また紙以外にもクレジットカードなどのプラスチック類の細断も可能です。

ダストボックスの容量は約15Lと大容量で、ゴミ捨てに頻繁に行く必要がないのがポイント。機械部分をハンドルで持ち上げられるので、ゴミ捨てが簡単に行えます。

本体サイズは幅30.2×奥行18.5×高さ38.7cmで、本体重量は約3.7kg。大容量なのにコンパクトなのも魅力です。スイッチを停止にすると待機電力が0Wになるため、節電にもなります。

ナカバヤシ(Nakabayashi) パーソナルシュレッダ NSE-DTM01

細かく刻めるハイセキュリティータイプの電動シュレッダーです。作動音が気になりにくい静音仕様で、使用時の音は約55dB。周囲への騒音を気にせず作業が行えます。マイクロカットを採用しており、カット後の寸法は約0.2×1.2cmでセキュリティ性が高いのもポイントです。

投入幅は12.1〜22.3cm。CDやDVDなどのメディア類や、プラスチックのカードなども細断できます。ただし、郵便はがきは裁断できない点に留意しておきましょう。ダストボックスは約4Lまで収納できて、A4コピー用紙なら約56枚まで収納可能です。

紙を入れると自動で細断をスタートして、終わると自動的に止まる機能を搭載。安全性にも配慮された製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドシュレッダー H1ME

本体サイズ幅33.5×奥行14.5×高さ17.5cmの電源不要で動かせる手動シュレッダーです。紙の細断以外にもCDやDVD、カード、はがきなども細断できるのがポイント。家庭ゴミのセキュリティを手軽に守れる製品です。

投入幅は約5.8〜21.6cm。クロスカットを採用しており、カット後の寸法は約0.3×2.3cmと、手動ながら細かいのもポイントです。

ダストボックスの容量は約3.2L。半透明のダストボックスを採用することで、外からでもゴミのたまり具合がひと目で確認できます。家庭用の手軽な手動シュレッダーを探している方におすすめのアイテムです。

ナカバヤシ(Nakabayashi) ハンドシュレッダー クロスカット HES-H01

コンパクトな手動タイプのシュレッダーです。シュレッダーの使用頻度がそこまで高くなく、家庭で出る郵便物などを手軽に処分できればよい方におすすめ。手動タイプながらも、CDやDVDなどのメディア製品の細断も可能です。

投入幅は、A4サイズの用紙を縦に2つ折りした11cm。一度に大量の紙は処理できない点に注意が必要です。ダストボックスの容量は約3Lで、A4のコピー用紙約8枚分が収納可能。本体サイズは、幅20.5×奥行12.8×高さ18.9cmと小ぶりなため、家庭用のコンパクトなシュレッダーを探している方におすすめの製品です。

小型シュレッダーのAmazonランキングをチェック

小型シュレッダーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。