ネットやSNS上ですぐに個人情報が拡散されてしまう昨今。コピー機などから出力した書類も同様でオフィスはもちろん、家庭でもデータの漏洩を未然に防ぐ「シュレッダー」があると安心できます。

最近ではリーズナブルかつ便利な製品がリリースされ、ラインナップも豊富です。そこで今回は、おすすめのシュレッダーをランキング形式でご紹介します。選び方も解説しているので参考にしてみてください。

家庭用シュレッダーは手動と電動どっちがよい?

手動タイプのメリットとデメリット

By: amazon.co.jp

手動タイプのシュレッダーは、電源いらずでどこでも使えるのがメリットです。軽量なモノが多いので持ち運びにも便利。デメリットとしては、パワーがないので、一度に裁断できる枚数が限られてしまいます。

また、自分でレバーなどを回して裁断しなければなりません。個人情報が載っているハガキを裁断するなど、ちょっとした時にしか使わないという方におすすめです。

電動タイプのメリットとデメリット

By: amazon.co.jp

電動タイプのシュレッダーは、自動で裁断してくれるので力を使わず手間がかからないのがメリット。一度に複数枚の紙を裁断でき、CDやDVD、クレジットカードなど厚みのあるモノも裁断できるモデルもリリースされています。そのため、裁断スピード処理枚数などの使い勝手重視なら電動タイプがおすすめです。

デメリットとしては「動作音が出る」「電気代がかかる」「サイズもそれなりに大きい」という点が挙げられます。ただし、電動タイプのなかには、デスクの上に置いて使えるコンパクトサイズのモノや静音設計のモノもあるのでチェックしてみてください。

家庭用シュレッダーの選び方

セキュリティ性で選ぶ

By: amazon.co.jp

セキュリティ重視の場合は、文字が読み取れないように細かく裁断してくれるシュレッダーを選びましょう。裁断した時のサイズが幅3~4mm、長さ10~20mm程度がおすすめの目安です。

本体のサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

家庭用とはいえ、性能が優秀なモデルはある程度スペースを要します。まずは設置場所を考えて、最適なサイズのシュレッダーを選ぶようにしましょう。置き場所がないという方は、卓上サイズやキャスター付きで移動がしやすいシュレッターを選ぶのがおすすめです。

処理能力で選ぶ

By: amazon.co.jp

書類や郵便物をメインに裁断したい場合は、処理能力の高さが重要。一度に何枚裁断できるのか、連続稼働時間は何分なのかという処理能力をしっかりと確認して置きましょう。

静音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

シュレッダーは意外と動作音が大きいものが多く、マンションやアパートでは騒音になるケースが考えられます。なるべくストレスを感じたくない方は静音性を重視してください。

使い勝手のよさで選ぶ

By: amazon.co.jp

家庭用のシュレッダーは、基本的にホッチキスの針を外さなければならないモノが多く、ひとつひとつ対応するのは何かと面倒。できるだけ手間がかからないモノがよいのであれば、ホッチキスの針が付いたままでも裁断できるシュレッダーを選びましょう。

家庭用電動シュレッダーのおすすめランキング

第1位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) パーソナルシュレッダー P5GCX

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) パーソナルシュレッダー P5GCX

リーズナブルで使い勝手のよい電動シュレッダーです。約幅31×奥行19×高さ30cmのコンパクトなサイズで、スペースを取らずすっきりと設置できるため家庭用におすすめ。小型ながらもパワフルな処理能力を有し、ホッチキスの針が付いていてもそのまま裁断できるのが魅力です。

カットサイズは約4×40mmで、書類を細かく裁断します。A4コピー用紙を一度に最大5枚処理でき、連続稼働時間は約2分です。裁断速度は約2.2m/分と、家庭用のシュレッダーとして十分な性能を持ちます。

ダストボックスが約8.7Lと大容量なのもポイント。A4コピー用紙約65枚分のゴミを溜めておけるため、頻繁にゴミ捨てをする手間が省けます。

安全面にも配慮しており、モーターの過熱時やダストボックスを外している間は裁断が作動しない安全装置を搭載。コストパフォーマンスに優れた、おすすめのシュレッダーです。

第2位 コクヨ(KOKUYO) デスクサイドマルチシュレッダー Silent-Duo KPS-MX100

コクヨ(KOKUYO) デスクサイドマルチシュレッダー Silent-Duo KPS-MX100

約50dBまで動作音を抑えた、静音性に優れた電動シュレッダーです。夜でも使いやすいので、マンション住まいなど騒音に配慮する方におすすめです。

処理能力も高く、一度にA4コピー用紙を約6枚投入でき、連続稼働時間は約12分。溜まった不要な書類を一気に処理できます。ダストボックスの容量が10Lと大きく、ゴミ捨てがしやすい引き出し式であるのもメリットです。

カットサイズは約4×40mmで、家庭用のシュレッダーとしては十分な性能を持ちます。コピー用紙だけでなくCDやDVD、クレジットカードなどのカットができるのも特徴です。

本体サイズは約幅18×奥行36×高さ36cmで、デスクサイドに置いて使用するのに最適。静音性と連続稼働時間の長さが魅力の電動シュレッダーです。

第3位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 電動シュレッダー 400-PSD030

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 電動シュレッダー 400-PSD030

A4コピー用紙を一度に6枚裁断できます。カットサイズは約4×33mmで、クレジットカードも同様のサイズに細かく裁断できて安心です。また、ホチキスの針が付いたままカットできる点もメリット。針を外す手間が不要で、手軽に書類を処理できます。

ダストボックスが約10Lと大容量なのもポイント。A4コピー用紙約90枚分のゴミを溜められるので、ゴミ捨ての回数が少なく済みます。安全面にも配慮されており、用紙投入口に指が入らない構造や、ゴミ捨て中の作動防止機能などを採用。小さい子どもがいる家庭にもおすすめです。

比較的リーズナブルな価格ですが、充実した機能が魅力の製品。約幅29×奥行14×高さ35cmという、コンパクトなサイズ感も魅力です。

第4位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 細密シュレッダー P3GM

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 細密シュレッダー P3GM

インテリアにこだわりがある方におすすめの、デザイン性に優れた電動シュレッダーです。カットサイズが小さく、約2×11mmの細かさに裁断できます。セキュリティ性を重視する方におすすめです。

本体サイズは約幅32×奥行17×高さ35cmで、デスクの足元などに設置できます。ダストボックスの容量は約9L。書類を細かく裁断するのでゴミのかさが減り、A4コピー用紙約120枚分もの量を溜められます。

また、モーターの加熱保護装置や、ダストボックスを取り外した状態での裁断防止装置などを搭載。安全面においても安心して使えます。

ただし、一度に裁断可能なA4コピー用紙が3枚と少ない点には注意しましょう。しかし、それを補うほど他の機能性が高く、重要な書類を細かくカットしたい方におすすめのシュレッダーです。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 細密シュレッダー PS5HMSD

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 細密シュレッダー PS5HMSD

カットサイズが約2×10mmと小さいのが特徴で、細かく裁断できるためセキュリティ性に優れています。一度にA4コピー用紙を5枚カットでき、連続稼働時間は約5分です。

コピー用紙だけでなく、CDやDVD、クレジットカードを裁断できるのもメリット。本体サイズは約幅38×奥行18×高さ41cmと大きめですが、キャスター付きなので移動する際もラクに行えます。

静音性に優れているのもポイント。周囲に対する騒音が心配な方にもおすすめです。ダストボックスは大容量の10L。紙とCDを分別するトレイ付きなので、ゴミ捨ての際も便利です。

温度ヒューズをはじめとする安全装置を搭載しているので、小さい子どもがいる家庭でも安心。充実した機能が魅力のおすすめ製品です。

第6位 ナカバヤシ(Nakabayashi) パーソナルシュレッダー NSE-T05 71680

ナカバヤシ(Nakabayashi) パーソナルシュレッダ NSE-T05 71680

コンパクトな卓上タイプの電動シュレッダーです。本体サイズは約幅24×奥行14×高さ17cmと小型で、デスクの上にもすっきりと設置できます。また、カットサイズが約2×10mmと小さく裁断できるのも魅力です。

卓上タイプなので裁断できるのはA5以下のサイズに限られます。一度に裁断できる量は、A5コピー用紙を約2枚です。A4コピー用紙も二つ折にしてA5サイズにすれば投入可能です。郵政はがきにも対応しています。

モーター過熱防止機能やダストボックス取り外し時の停止機能など、安全装置を複数搭載しているのもポイント。逆転スイッチも付いており、紙詰まりの場合に逆回転して紙を取り出せて便利です。

ダストボックスは約2.1Lで、連続稼働時間は約3分。処理する書類が少ない方におすすめの、コンパクトな電動シュレッダーです。

第7位 コクヨ(KOKUYO) シュレッダー RELISH KPS-X80

コクヨ(KOKUYO) シュレッダー RELISH KPS-X80

シンプルなデザインがおしゃれな家庭用電動シュレッダーです。A4コピー用紙を一度に約5枚裁断でき、連続稼働時間が約10分と長いのが魅力。家庭用のシュレッダーとして、十分な量の書類を処理できます。

動作音が約53dBに抑えられており、静音性に優れているのもポイント。家族や隣人に対する騒音の影響を心配せず使用できます。ダストボックスの容量は約8Lです。

カットサイズは約4×40mmで、書類を細かな短冊状に裁断できます。本体サイズが約幅17×奥行33×高さ31cmとコンパクトなため、デスクの足元やリビングなどに置いておけます。インテリアの邪魔になりにくいシンプルなデザインの電動シュレッダーを探している方におすすめです。

第8位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 電動シュレッダー 400-PSD039

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 電動シュレッダー 400-PSD039

セキュリティ性の高さが魅力の電動シュレッダーです。カットサイズが約2×10mmと小さく、大切な情報をしっかりと保護します。クレジットカードを同様のサイズに裁断できるのもポイントです。

一度にA4コピー用紙3枚を投入でき、ホッチキス針付きの用紙もそのまま裁断できて便利。ダストボックスは約10Lの大容量タイプです。書類を細かく裁断することによってかさが減り、A4コピー用紙約130枚分ものゴミを溜められます。

本体サイズは約幅29×奥行14×高さ35cmのスリムな形状で、デスクサイドやデスクの足元にすっきりと設置可能。また、投入口に指が入らない設計にしていたり、ゴミ捨て中の誤作動防止機能を搭載していたりと、安全面にもしっかりと配慮されています。家庭用のシュレッダーとして価格と性能のバランスがよくおすすめです。

第9位 オーム電機(OHM) 静音卓上シュレッダー SHR-SD01

オーム電機(OHM) 静音卓上シュレッダー SHR-SD01

リーズナブルな卓上タイプの電動シュレッダーです。約3×18mmの小さなサイズに裁断できるのが特徴で、大切な情報をしっかり保護できます。本体サイズは約幅24×奥行13×高さ18cmとコンパクト。デスクの隅に置いても邪魔になりません。

一度にA5コピー用紙を約4枚投入でき、A4コピー用紙は二つ折にして2枚までまとめて裁断できます。連続稼働時間が約6分と比較的長いのもメリットです。静音性にも優れており、動作音を60dBに抑えています。周囲への騒音を配慮する方にもおすすめです。

ダストボックスの容量は約2Lで、中身が見えやすいようLEDライトも搭載。安全装置としてオーバーヒート自動停止機能も搭載しています。重量が約2kgと軽く、本体上部にハンドルが付いているため、移動もラクラク。少量の書類を処理したい方におすすめの家庭用シュレッダーです。

第10位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 卓上ペーパーシュレッダー P2HT

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 卓上ペーパーシュレッダー P2HT

卓上タイプの高性能な電動シュレッダーです。約幅30×奥行14×高さ21cmの小さなサイズで、卓上に設置して使えます。A4コピー用紙を一度に約2枚裁断でき、CDやDVD、クレジットカードにも対応しているのが特徴です。

カットサイズが約3×18mmと小さいのもポイント。連続稼働時間は約5分で、比較的長時間使えます。ダストボックスの容量は約3.6Lです。また、温度ヒューズなど4つの安全装置を搭載しているので、安心して使用できます。

第11位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 小型シュレッダー 400-PSD025

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 小型シュレッダー 400-PSD025

コンパクトな卓上タイプの電動シュレッダーです。約幅30×奥行13×高さ19cmのサイズで、デスクの隅にすっきりと設置できます。カットサイズが小さいのも特徴。約3×10mmのマイクロクロスカットで書類を細かく裁断し、重要な情報を守ります。

一度にA4コピー用紙を2枚投入でき、郵政はがきにも対応。日々の書類や郵便物を手軽に処理できます。連続稼働時間が約8分と長めな点もメリット。ダストボックスの容量は約3Lで、引き出し式のためゴミ捨ても容易です。

安全面にも配慮されており、用紙投入口は指が入らない構造を採用。他にも、ダストボックスが正しくセットされないと裁断が作動しない「インターロックスイッチ」などの機能を搭載しているため、安心して使用できます。郵政はがきに対応している卓上型のシュレッダーを探している方におすすめです。

第12位 アスカ(ASKA) クロスカットシュレッダー B03W

アスカ クロスカットシュレッダー B03W

スタイリッシュな卓上の電動シュレッダーです。薄型タイプで、デスク上にすっきりと設置できます。コンパクトでありながらA4コピー用紙にも対応しており、一度に最大で3枚裁断できるのも魅力です。

カットサイズは約4×10mmで、連続稼働時間は約10分と長時間使用可能。また、ダストボックスの容量が約4Lと、卓上タイプのなかでは大きめなのもポイントです。

本体重量が約2.1kgと軽いので移動させる際もラクにできます。薄型タイプの電動シュレッダーを探している方におすすめです。

第13位 MONICA クロスカットシュレッダー CB590X

MONICA クロスカットシュレッダー CB590X

約4×25mmのサイズに書類を裁断し、情報を保護します。一度にA4コピー用紙を約5枚投入でき、CDやクレジットカードにも対応。ダストボックスは紙ゴミとCDなどのプラスチック類を自動で分別するので、ゴミ捨ても容易です。

ダストボックスの容量は約10Lで大量のゴミを溜められます。本体サイズは約幅15×奥行36×高さ40cmと大きめですが、キャスター付きなので移動も簡単。動作音が65dBに抑えられており、静音性にも優れています。

ダストボックスが正しくセットされないと作動しないインターロックスイッチや、モーターのオーバーヒート防止機能など、安全装置も複数搭載。キャスター付きでラクに移動できる電動シュレッダーを探している方はぜひチェックしてみてください。

電動シュレッダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電動シュレッダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。