ネットやSNS上ですぐに個人情報が拡散されてしまう昨今。コピー機などから出力した書類も同様でオフィスはもちろん、家庭でもデータの漏洩を未然に防ぐ「シュレッダー」があると安心できます。

最近ではリーズナブルかつ便利な製品がリリースされ、ラインナップも豊富です。そこで今回は、おすすめのシュレッダーをランキング形式でご紹介します。選び方も解説しているので参考にしてみてください。

家庭用シュレッダーは手動と電動どっちがよい?

手動タイプのメリットとデメリット

By: amazon.co.jp

手動タイプのシュレッダーは、電源いらずでどこでも使えるのがメリットです。軽量なモノが多いので持ち運びにも便利。

デメリットは自分でレバーなどを回して裁断しなければならないので、腕が疲れることです。個人情報が載っているハガキや書類を裁断するなど、ちょっとした時にしか使わないという方におすすめです。

電動タイプのメリットとデメリット

By: amazon.co.jp

電動タイプのシュレッダーは、自動で裁断してくれるので力を使わず手間がかからないのがメリット。一度に複数枚の紙を裁断でき、CDやDVD、クレジットカードなど厚みのあるモノも裁断できるモデルもリリースされています。そのため、裁断スピード・処理枚数などの使い勝手重視なら電動タイプがおすすめです。

デメリットとしては「動作音が出る」「電気代がかかる」「サイズもそれなりに大きい」という点が挙げられます。ただし、電動タイプのなかには、デスクの上に置いて使えるコンパクトサイズのモノや静音設計のモノもあるのでチェックしてみてください。

家庭用シュレッダーの選び方

セキュリティ性で選ぶ

By: amazon.co.jp

セキュリティ重視の場合は、文字が読み取れないように細かく裁断してくれるシュレッダーを選びましょう。裁断後のサイズが幅3~4mm、長さ10~20mm程度がおすすめの目安です。

本体のサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

家庭用とはいえ、性能が優秀なモデルはある程度スペースを要します。まずは設置場所を考えて、最適なサイズのシュレッダーを選ぶようにしましょう。置き場所がないという方は、卓上サイズやキャスター付きで移動がしやすいアイテムを選ぶのがおすすめです。

処理能力で選ぶ

By: amazon.co.jp

書類や郵便物のほか、CDなども裁断したい場合は、処理能力の高さが重要。何を裁断できるのかに加えて、一度に処理できる枚数や連続稼働時間などの処理能力をしっかりと確認して置きましょう。

静音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

シュレッダーは意外と動作音が大きいモノが多く、マンションやアパートでは騒音になるケースが考えられます。なるべくストレスを感じたくない方は静音性を重視してください。

使い勝手のよさで選ぶ

By: amazon.co.jp

家庭用のシュレッダーは、基本的にホッチキスの針を外さなければならないモノが多く、ひとつひとつ対応するのは何かと面倒。できるだけ手間がかからないモノがよいのであれば、ホッチキスの針が付いたままでも裁断できるシュレッダーを選びましょう。

家庭用電動シュレッダーのおすすめランキング

第1位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) シュレッダー P10HCS

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) シュレッダー P10HCS

A4用紙を一度に10枚裁断できるパワーが特徴の家庭用電動シュレッダー。連続10分間裁断できるため、一度に郵便物や書類を効率的に処理できます。パワフルながら静音設計なので、デスク脇に置いても作業の邪魔にならないのがポイントです。

ダストボックスは17Lと大容量なので、こまめにゴミを捨てる必要がなく快適に使えます。裁断方法はクロスカットタイプを採用しており、細かく裁断することが可能です。

DVD・CD・カード類も裁断でき、ダストボックス内で分別できるのが魅力。ダストボックスが外れると作動しない仕組みで安全面にも配慮しています。 移動に便利なキャスターが付いているので、ゴミを捨てる際に便利。一度に多くの用紙をカットできるモノを探している方におすすめです。

第2位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) クロスカット シュレッダーPSD-AF1044

サンワサプライ クロスカット(SANWA SUPPLY) シュレッダーPSD-AF1044

本製品はハンドル部分を押し込んで細断くずを圧縮できるのが特徴。手を汚さずにゴミ捨ての回数を減らせるので、書類を大量に処分する方におすすめです。ダストボックスの容量は約21LでA4用紙約420枚分を収納できます。

A4用紙を1度に10枚裁断できるパワーも魅力。裁断方式はクロスカットタイプ。クレジットカードも裁断できるので、溜まってしまいがちな不要なカードを処理することが可能です。

オートスタート・ストップモード機能を搭載。紙が投入されると自動細断し、終了すると自動停止します。紙詰まりによるモーターの焼き付けを防止するオートカットオフ機能も搭載していて安心。ゴミをこまめに捨てずにすむ家庭用電動シュレッダーを探している方におすすめです。

第3位 iCODIS シュレッダー

iCODIS シュレッダー

ダストボックスの容量が15Lの大容量シュレッダー。A4用紙を一度に5枚裁断でき、約5分間連続運転できます。裁断方式は3x9mmの細かいクロスカットタイプなので安心です。

質量が4.2kgと軽量な上に、ハンドルで簡単に移動ができ、使用場所を変えたりゴミを捨てたりする際に便利です。逆回転機能が付いているので、用紙が詰まっても簡単に取り出せます。

本体からダストボックスが外れたり、モーターが熱くなりすぎたりすると自動停止する機能が搭載されており、安全性にも配慮されています。デザインがシンプルでインテリアに溶け込むこともポイント。容量が多く、楽に移動できるモノを探している方におすすめです。

第4位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) シュレッダー P8GC

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) シュレッダー P8GC

A4用紙を一度に8枚細断できるパワーと3.7m/分の高速細断が魅力の家庭用電動シュレッダー。100枚の書類を約1分間で細かく裁断できるので、不要な用紙や書類がたまりやすい方におすすめです。

スリムでスタイリッシュなデザインなので、デスクの下に置いても邪魔になりにくいこともポイント。コンパクトながら、A4用紙約80枚分が入る8.9Lの大容量ダストボックスを備えているのでゴミ捨ての回数を減らせます。

万が一、紙が詰まっても逆転スイッチを押せば簡単に紙を取り出すことが可能。連続使用でモーターが熱くなりすぎると自動停止するので安心して使用できます。おしゃれなデザインとパワフルさを兼ね備えた製品です。

第5位 サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ストレートカットシュレッダー PSD-AB66

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ストレートカットシュレッダー PSD-AB66

手持ちのゴミ箱に乗せて使える便利なシュレッダー。本体の端が伸縮し、直径280~410mmのゴミ箱に対応できるので、1台あればさまざまな場所で簡単に用紙の裁断ができます。コンパクトなので、使用しないときはデスクの引き出しなどに収納できて便利です。

一度にA4用紙を6枚裁断でき、不要な書類が大量に出ても問題なく処理できます。裁断方法はストレートカットタイプで、6mm幅に細長くカット可能。連続運転時間は約2分間です。

安全設計基準をクリアし、本体内に指が入らない構造なので安心して使えるのがポイント。オートカットオフ機能により、紙詰まりによるモーターの焼き付きも防げます。場所を取らずに収納できて、頻繁に使わない方にもおすすめのアイテムです。

第6位 GBC シュレッダー GSHA11M-B

GBC シュレッダー GSHA11M-B

卓上でも使用できるコンパクトなアイテム。小さくても一度にA4用紙5枚を裁断できるパワーを備えています。極小裁断のマイクロクロスカットを採用していることが魅力です。

ダストボックスの容量は6LでA4用紙を約36枚収納できます。CDやDVDなどのメディアも裁断でき、約20枚分のゴミを収納可能。ダストボックスは用紙とメディアで分別されているので、ゴミを捨てる際の仕分けが不要です。

本体カラーはブラックとホワイトがあるので、デスク周りのイメージに合わせて選ぶことが可能。本体質量は5kgと軽量なので、好きな場所に移動して使用できます。コンパクトながら機能が充実している家庭用電動シュレッダーです。

第7位 ナカバヤシ(NAKABAYASHI) シュレッダー HES-T02BK

ナカバヤシ(NAKABAYASHI) シュレッダー HES-T02BK

コスパのよいシュレッダーを探している方におすすめのモデル。リーズナブルながら、コピー用紙だけでなくDVDやCDなどのメディアも約3×18mmに小さく裁断します。

一度に裁断できる枚数はA4が2枚まで。ダストボックス容量は3.6Lと小さめなので、用紙を処分する頻度が少ない方に適しています。本体サイズは幅300×奥行き144×高さ201mmとコンパクトなので、卓上のシュレッダーとしても使用可能です。

ダストボックスが透明なので、ゴミの溜まり具合を確認しながら使えます。本体質量が2.9kgと軽量なため、楽に移動することが可能。10・11号のホチキスもそのまま裁断できるおすすめの家庭用電動シュレッダーです。

第8位 フェローズ(Fellowes) シュレッダー 4756701

フェローズ(Fellowes) シュレッダー 4756701

書類を綴じているクリップやホチキスも一緒に裁断できるパワフルな家庭用電動シュレッダー。一度に9枚までのA4用紙を処理でき、連続3分間使用できるので、不要な書類や見られたくない情報をまとめて処分するのに便利です。

裁断方法は4×35mmのクロスカットで小さな文字や数字もしっかりカットします。ダストボックスの容量は14LでA4用紙を約180枚分収納できるため、頻繁なゴミ捨ては不要です。シンプルなデザインとカラーも魅力です。

クレジットカードやCDなども裁断可能。ロックスイッチがあるので、子供のいたずらによる事故も防げます。ダストボックスの容量が多く、ホチキスやクリップを外さずに裁断できるモノを探している方におすすめです。

第9位 アスカ(Asmix) クロスカットシュレッダー S38

アスカ(ASKA) クロスカットシュレッダー S38

コスパのよさが魅力の家庭用電動シュレッダー。定格使用時間は2分と短めですが、一度に7枚のA4用紙を裁断できるので効率よく使えます。A4用紙を裁断するスピードが6秒と早いのもポイントです。

ダストボックスの容量は約9.7LでA4用紙を約100枚収納できます。4×28mmのクロスカットで文字をしっかりカットすることが可能です。スリムでコンパクトなデザインなので、デスクの下や空きスペースに設置できます。

低価格モデルにも関わらず、オートスタート機能や自動停止安全スイッチを備えているのが魅力。逆転スイッチもあるので用紙の詰まりにも対応できます。使い勝手のよいおすすめのアイテムです。

電動シュレッダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

電動シュレッダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。