不要な書類などを細断し、記載された情報の漏えい対策に役立つ「シュレッダー」。自宅に届くハガキなどに書かれた個人情報を処分する目的で、家庭用シュレッダーの需要も高まっています。

そこで今回は、家庭用シュレッダーの選び方やおすすめのモデルをご紹介。各製品の特徴も解説するので、ぜひ自分に合った家庭用シュレッダーを選ぶための参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

家庭用シュレッダーの選び方

頻繁に使用するなら「電動タイプ」がおすすめ

By: rakuten.co.jp

在宅ワークの方など、使用頻度が高い場合は電動タイプの家庭用シュレッダーがおすすめです。書類のカットが楽に行えるのはもちろん、細断能力も高いので作業がスムーズ。一度に複数枚を効率よく細断できます。

電動シュレッダーは大きな動作音がネックになる場合もありますが、静音性に優れた製品も展開されています。静音タイプの製品を選べば騒音が気になりにくく、マンションやアパートといった集合住宅をはじめ、一緒に暮らす家族の方など周囲に配慮して使用可能です。

使用頻度が低いならコンパクトで安い「手動タイプ」も

By: amazon.co.jp

使用頻度が低い場合には、手動タイプを選ぶのもおすすめ。ハンドルを手で回してカットする仕様で手間はかかるものの、コンパクトなうえ価格の安い製品が多いのがポイントです。また、大きな騒音が発生する心配がなく、集合住宅や夜間でも安心して使えます。

ただし、電動タイプと比較して細断能力が低い点には注意が必要。一度に1~2枚程度しかカットできない製品が多いため、自宅に届く郵便物の細断など、最低限の個人情報を保護するための使用に適しています。

手動シュレッダーについて詳しく知りたい方はこちら

設置場所に合わせたサイズを選ぼう

By: amazon.co.jp

使用する環境に合ったサイズで選ぶのもポイント。大型タイプは大量の書類を処理しやすいほか、ダストボックスの容量も大きいモノが多いですが、部屋の広さによっては置き場所に困る場合があります。

一方で、小さなサイズは狭いスペースでも使いやすいのが特徴。ダストボックスの容量が小さいため、書類の大量処理や頻繁な細断には不便な面があるものの、手軽で使い勝手がよいのがメリットです。設置場所を変えて使用することが多い方にも適しています。

セキュリティ性を重視するならカット方式をチェック

書類を細かくカットする「クロスカット」

By: amazon.co.jp

縦と横方向の細断により書類を細かくカットできるクロスカットタイプ。多くの製品に採用されているカット方式で、幅広いモデルが展開されています。セキュリティ性が比較的高いうえ、価格が安い製品のラインナップが多いのも特徴です。

コスト面とセキュリティ面のバランスに優れているのが魅力。コスパの高さにこだわって選びたい方にもおすすめのタイプです。

ただし、カットの細かさは各モデルによって異なります。そのため、セキュリティ性を高めたい場合には、細断サイズをチェックしてより細かくカットできるモデルを選んでみてください。

クロスカットよりさらに細かくカットする「マイクロクロスカット」

By: rakuten.co.jp

非常に細かくカットでき、セキュリティ性の高さを求める方におすすめのマイクロクロスカット。重要な情報が記載されている書類などを、安全に処分したい場合の使用に適しています。

また、細かくカットできるため、紙片などの堆積量を少なく抑えやすいのも特徴。大量の書類を処分しやすく、ゴミを捨てる手間も減らせるので、作業効率の向上にも貢献します。

「ストレートカット」は安価だがセキュリティ性はイマイチ

By: rakuten.co.jp

縦方向のみの細断で、手動タイプなど価格が安い製品に多いストレートカット。リーズナブルで気軽に選びやすいものの、セキュリティ性が低い傾向にあり、重要書類の処分には注意が必要です。

カットした紙を繋ぎ合わせると比較的復元しやすく、文字が判別できる場合があります。とくに、縦書きで記載された文字は復元がしやすくなる点にも留意しておきましょう。高いセキュリティ性を求めず、重要度が低い書類を処分する際には手軽で便利なタイプです。

処理能力をチェック

重ねて細断できる枚数

By: amazon.co.jp

1回の投入で重ねて細断できる「最大細断枚数」をチェックして選ぶのもポイント。最大細断枚数が多いタイプほど、大量の書類などを処分する場合にシュレッダーにかける回数が減らせます。

家庭用シュレッダーは、一般的に最大細断枚数が2~5枚程度までの製品を多く展開。処理する枚数が多くなるほど、最大細断枚数によって作業時間の差も大きくなります。そのため、効率よく作業を行いたい場合には最大細断枚数がより多い製品の購入を検討してみてください。

細断速度

By: rakuten.co.jp

作業効率の高さにこだわる場合には、細断速度もチェックしたいポイント。細断のスピードが速くなればカットする時間が短縮され、スムーズに作業が行いやすくなります。

細断速度は「◯m/分」のように、1分間に何m細断できるかで表示。家庭用シュレッダーは1分間で2m前後の細断速度を備えている製品が多く展開されています。よりスピーディにカットしたい方は、3m/分以上のモデルを検討してみてください。

連続使用時間

By: rakuten.co.jp

多くの書類を効率よく処理するためには、連続使用時間も確認しましょう。電動タイプのシュレッダーはモーターによって稼働するため、使用時間が長くなるほど温度が上昇し負荷が大きくなります。

そのため、各モデルにはそれぞれ連続使用時間が設定されており、決められた時間になると休止時間が必要です。家庭用シュレッダーの場合は、連続使用時間が2~10分程度までの製品が多く展開されています。

連続して細断できる時間が長ければ、時間内に処理できる書類の枚数も多くなるのがポイント。作業効率を高めたい方は連続使用時間の長いモデルを選ぶのがおすすめです。

あると便利な付加機能をチェック

ホッチキス対応なら留めた書類もそのままカットできる

By: sanwa.co.jp

ホッチキスの針に対応するタイプのシュレッダーも展開されています。ホッチキス対応の製品を使用すれば、針で留めた状態のまま書類をカットできて便利です。細断前にホッチキスの針を取り外す手間も省けるので、作業効率の向上も期待できます。

ただし、ホッチキス対応のモデルを選ぶ場合には、細断できる針のサイズに注意が必要。書類などを留める際には10号サイズの針を使用するケースが多いものの、なかには大きめの針が使われている場合もあります。

留めている針のサイズをチェックし、対応するシュレッダーで細断を行いましょう。

カード・CD・DVDのカットに対応したモデルも

By: amazon.co.jp

カード・CD・DVDなど、書類以外のカットに対応したモデルも展開されています。クレジットカードをはじめ、音声や映像などからも重要な個人情報が漏えいする可能性があるため、気になる方はチェックしてみてください。

なお、紙類とメディア類のダストボックスが別に備わっているタイプの製品もあります。ダストボックスが分かれていれば、ゴミが分別しやすいので便利です。

リバース機能があれば詰まった紙を取り除ける

By: sanwa.co.jp

シュレッダーを使用するときは、紙詰まりに注意が必要です。定格細断枚数を超えてしまったり、折れ曲がった紙を入れたりしてしまうことで発生する可能性があります。あらかじめ一度に入れられる紙の枚数などを確認しましょう。

紙詰まりが発生したときに便利なのがリバース機能。刃の回転の向きを変えられるスイッチを搭載した製品は、紙が詰まったときに紙を取り出しやすいのがメリットです。

静音設計のモデルは動作音が気になりにくい

By: rakuten.co.jp

シュレッダーの動作音が気になる方は、静音性に優れたモデルをチェック。モーター音が気になりにくい設計を採用したモノは、マンションなどの集合住宅でも使いやすいのがメリットです。

運転音を確認したいときは、デシベルと呼ばれる単位を確認しましょう。できる限り数値が少ないモデルを選ぶのがおすすめ。50dbで静かな事務所、40dbで図書館や静かな住宅地の昼程度の騒音レベルなので、事前にチェックしてみてください。

安全性をチェック

By: amazon.co.jp

シュレッダーを選ぶときには、安全性をチェックすることが大切。安心して使える機能を豊富に備えているモデルがおすすめです。

例えば、ダストボックスが正しい形でセットされていないと運転を開始しない機能は、ごみ捨ての途中で誤作動を起こす心配を軽減できます。さらに、投入口に指が入らないような構造の製品だと、怪我のリスクなどを抑えられます。

紙くずの取り出し方をチェック

By: amazon.co.jp

ダストボックスの中に入った紙くずの取り出し方も確認しておきましょう。ヘッド部分を外しやすいモデルだと、紙くずが溜まったらすぐに捨てられるのがメリットです。

紙くずの捨てやすさにこだわりたい方は、引き出し式のダストボックスを採用したモデルがおすすめ。ヘッド部分を外さずにダストボックスを取り外せるため、捨てた後もすぐに使い始められます。

家庭用シュレッダーのおすすめメーカー

フェローズ(Fellowes)

By: amazon.co.jp

フェローズとは、アメリカで創立された老舗のシュレッダーメーカー。スタイリッシュなデザインが特徴で、シックな雰囲気のある製品が欲しい方に適しています。家だけでなくオフィスにも設置しやすいのが魅力です。

まとめて数十枚の紙を一気に細断できるモデルもあるので、大量の書類を処分したいときにもぴったり。仕事でスムーズに使える製品を選びたい方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: rakuten.co.jp

アイリスオーヤマは、家電や寝具、インテリアなどさまざまな生活用品を展開しているメーカーです。シュレッダーはラインナップが多いので、より自分に適したモデルを選べます。家庭用だけでなく業務用も扱っているのもポイントです。

また、白色のシンプルなデザインから木目調のナチュラルなデザインなど、おしゃれな製品が多いのも魅力。見た目にこだわって選びたい方にも適しています。

ナカバヤシ(Nakabayashi)

By: amazon.co.jp

ナカバヤシは、アルバムなどの紙製品や事務機器などを展開するメーカーです。シュレッダーについては、電動タイプと手動タイプの両方を取り扱っています。用途や設置場所に応じて選びやすいのがメリットです。ほかにも、静音性が高いモデルや時短で細断できるモデルなど、機能性が高い製品が多く揃っています。

また、シンプルなデザインを採用しているのも魅力。黒や白などの落ち着いた色味が揃っているので、気軽に設置できます。

家庭用シュレッダーのおすすめ|電動

フェローズ(Fellowes) デスクサイドシュレッダー コンパクト 家庭用 16MC


フェローズ(Fellowes) デスクサイドシュレッダー コンパクト 家庭用 16MC

大量の書類を処理する場合におすすめの家庭用シュレッダー。空冷ファンを搭載することにより、30分の連続使用時間を実現しています。細断速度は2m/分、定格細断枚数は5枚で、たくさんの紙を効率的に細断できる点もメリットです。

また、11号針までのホッチキスで留めた書類をそのまま投入してカット可能。ホッチキスを外す手間が省けるため、作業の時短につながります。2×12mmのマイクロカットを採用し、セキュリティ性が高いので、個人情報などを記載した書類の処分にもおすすめです。

さらに、13Lの大容量ダストボックスを搭載し、A4用紙を約250枚分収容できるため、ゴミ捨ての頻度を抑えられます。

フェローズ(Fellows) オートフィードシュレッダー AutoMax 90M 4621801

フェローズ(Fellows) オートフィードシュレッダー AutoMax 90M 4621801

トレイに紙をセットするだけで自動で細断できるシュレッダー。最大90枚のA4用紙を7分以下でカットできます。処分する書類の量が多い方におすすめです。

自動だけでなく、手差しでも細断できるのがメリット。一度にA4用紙9枚まで投入できます。ホッチキスの針は11号まで対応しています。

高さは約61cmとデスクの下に入れやすいコンパクトサイズも魅力。テレワークで使いたい方やオフィスに設置したい方にもぴったりです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) シュレッダー P5GCX

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) シュレッダー P5GCX

テレワークにぴったりなコンパクトサイズのシュレッダー。クロスカットタイプなので、個人情報が掲載された書類も手軽に処理できます。さらに、細かくカットすることで、ゴミのかさを減らせるのも魅力です。

ホッチキスの付いた書類も5枚まで一度に投入可能。針は10号と11号に対応しており、毎回外す手間を省けるのがメリットです。

本製品は逆転スイッチが付いているのもポイント。紙が詰まっても刃が逆転するため、簡単に取り出せます。また、ダストボックスが正しくセットされていないと作動しないなど、安心して使える機能も充実しているのが魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) パーソナルシュレッダー P4HMSV


アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) パーソナルシュレッダー P4HMSV
大容量ダストボックスを搭載

静音性に優れた家庭用シュレッダーです。空転時の運転音が約45dBで静か。細断時の騒音値も66dBと比較的静かなので、周囲に配慮して作業できます。深夜・早朝に使う機会のある方におすすめです。

また、細断サイズ約2×11mmのマイクロクロスカットにより、書類を細かくカットできるため、重要な情報や個人情報の漏えいをしっかり予防できます。セキュリティ性を重視する方にぴったりです。

加えて、A4コピー用紙を約4枚同時に細断可能。細断速度は約2m/分で、10分の連続使用ができます。約12Lの大容量ダストボックスを搭載し、紙くずをたくさん収容できるのもメリット。たまった書類をまとめて処理する場合に便利です。

さらに、移動に便利なキャスター付きで、使わないときはスムーズにデスク下へ収納できます。使い勝手のよいおすすめの人気製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 超静音シュレッダー P6HCS


アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 超静音シュレッダー P6HCS
集合住宅などで使用したい場合にもおすすめ

紙以外にCD・DVD・BDもカットできる家庭用シュレッダー。書類の重要な情報はもちろん、メディアに保存された個人情報も守りたい方におすすめです。また、約4×25mmのクロスカットによって紙を細かくカットできます。セキュリティ性が比較的高いのが魅力です。

A4コピー用紙を最大6枚まで同時に細断可能。定格枚数の5枚で細断する場合、細断速度が約2.2m/分なので、複数枚の書類を効率よく処理できます。10分間連続して使用できるため、多くの書類を一気に処分したい場合に便利です。

さらに、空転時の運転音が45dBと静か。集合住宅などで使用したい場合にもおすすめの人気モデルです。

ナカバヤシ(Nakabayashi) パーソナルシュレッダ NSE-DTM01

ナカバヤシ(Nakabayashi) パーソナルシュレッダ NSE-DTM01

テーブルやカウンターに置いて使えるサイズが特徴のシュレッダー。コンパクトなモデルが欲しい方に適しています。シンプルなデザインなので、出したままにしてもインテリアに馴染みやすいのがメリットです。

紙だけでなく、CDやカードにも対応しているのが便利。CDは3分割、カードは2〜3分割するのがポイントです。

また、モーター音が気になりにくい仕様なのも魅力。静音性に優れた製品を選びたい方におすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 電動シュレッダー 400-PSD008

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 電動シュレッダー 400-PSD008

細かく紙を細断できるおすすめのシュレッダー。1度に最大6枚まで入れられるため、一気に処理したいときにも便利です。さらに、両側から紙を投入できるので、向きを問わず使用できます。

ホッチキスが付いた紙にも対応しているのがポイント。針を外す必要がなく、スピーディーに細断できます。また、CDやDVDもカットできるのが魅力です。

ダストボックスは、A4のコピー用紙を350枚分収容できます。大容量で、こまめにゴミ袋に捨てる手間を省けるのがメリット。さらに、CDやDVDは別の場所に入るため、分別しやすいのも特徴です。

アコ・ブランズ・ジャパン GBC マイクロカットシュレッダ A11M GSHA11M

アコ・ブランズ・ジャパン GBC マイクロカットシュレッダ A11M GSHA11M

デスクの上で使えるシュレッダーが欲しい方におすすめの製品。コンパクトサイズなので、省スペースで置けるのがメリットです。A4サイズの書類も5枚までであれば一気に細断できます。

紙だけでなくCD・DVD・カードにも対応しており、5分割に細断するのがポイントです。さまざまな用途で使えるシュレッダーが欲しい方にも適しています。

アコ・ブランズ・ジャパン GBC マイクロカットシュレッダ A26M

アコ・ブランズ・ジャパン GBC マイクロカットシュレッダ A26M

スタイリッシュな見た目が特徴のシュレッダーです。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色をラインナップ。コンパクトサイズで、机の下や家具の隙間に置きやすいのがメリットです。

A4のコピー用紙であれば5枚同時に投入可能。3分間連続使用ができるので、まとめて書類を処理できます。さらに、細断速度は1.5m/分と、スピーディーに細断できるのが魅力です。

本製品はオートカットオフ機能を搭載しているのもポイント。連続運転中にモーターに負担がかかったときに、自動で運転を停止します。さらに、本体からダストボックスが離れると自動で停止する、インターロックスイッチ機能も付いているのが便利です。

アスカ(Asmix) クロスカットシュレッダー B03

アスカ(Asmix) クロスカットシュレッダー B03

省スペースで使える薄型なのが特徴のシュレッダーです。テーブルやデスクの上で使用できる製品が欲しい方におすすめ。また、クロスカットタイプなので、見られたくない書類なども安心して細断できます。

A4サイズにも対応しており、コピー用紙も気軽に投入できるのがポイント。さらに、溜まった紙くずは、上のシュレッダー部分を取り外すだけで簡単に捨てられるのも便利です。

家庭用シュレッダーのおすすめ|手動

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドシュレッダー H1ME


アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドシュレッダー H1ME

基本的な機能が充実した家庭用シュレッダーです。約3×23mmのクロスカットにより、A4コピー用紙・ハガキなどの紙を比較的細かくカット可能。CD・DVDは3分割、プラスチック製カードは4分割にできるため、保存された個人情報の漏えいも予防できます。

本体サイズは約幅335×奥行145×高さ175mmで、デスクの上で使いやすいサイズ感。約1.7kgと軽いので、好きな場所に移動させて使いたい方にもおすすめです。

安いため、手に取りやすいのもポイント。手動式シュレッダーを試してみたい方はチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドシュレッダー H62ST

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドシュレッダー H62ST

リーズナブルな価格のシュレッダーが欲しい方におすすめの製品。ストレートカットタイプで、気軽に使用できるのがメリットです。はがきやダイレクトメールを処分したい場合に適しています。

A4サイズのコピー用紙は、折りたたんで投入するのがポイント。さらに、ダストボックスは最大でA4用紙5枚分まで入れられるため、紙をまとめて細断できます。

ナカバヤシ(Nakabayashi) ハンドシュレッダE02 NSH-E02

ナカバヤシ(Nakabayashi) ハンドシュレッダE02 NSH-E02

A4のコピー用紙やハガキにも対応しているシュレッダー。クロスカットタイプなので、細かく細断したい方にも適しています。さらに、スリム形状かつシンプルなデザインのため、インテリアに馴染みやすいのが魅力です。

本体とダストボックスがズレにくい構造もポイント。かみ合わせが深く、力を入れて細断しても本体のガタつきを抑えられます。さらに、本体に縁取りが付いていることで、ダストボックスに溜まったゴミを簡単に捨てられるのが便利です。

ナカバヤシ(Nakabayashi) ハンディーシュレッダ NSH-H01

ナカバヤシ(Nakabayashi) ハンディーシュレッダ NSH-H01

小型で扱いやすいサイズのシュレッダーです。使わないときでも机の上に置いておけるだけでなく、引き出しの中に簡単に収納できるのがメリット。手軽に持ち運べるモデルを選びたい方にもおすすめです。

はがきサイズに対応しており、ストレートカットタイプなのがポイント。手で持って回すだけで簡単に細断できます。いつでも気軽に使用しやすい、おすすめのモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ハンドシュレッダー PSD-MC2223

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ハンドシュレッダー PSD-MC2223

書類も処理しやすいクロスカットタイプのシュレッダー。セキュリティ性が高い製品が欲しい方に適しています。手動タイプなので、机の上にも置きやすく電源が必要ないのもポイントです。

大型なハンドルを搭載しているのもメリット。握りやすく、簡単に紙を細断できます。さらに、投入口に指が入らない設計なので、安心して使用可能です。

また、ダストボックスは引き出し式を採用。簡単に溜まったゴミを捨てられるのが便利です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 手動シュレッダー 400-PSD010


サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 手動シュレッダー 400-PSD010

リーズナブルでコスパに優れた人気の家庭用シュレッダーです。紙を細断できるほか、DVD・CD・クレジットカード・プラスチックカードのカットにも対応しています。

2×10mmのマイクロカットが可能。復元が難しいので、個人情報や重要情報などの漏えいをしっかり防ぎたい場合におすすめです。加えて、A4コピー用紙を2枚同時に細断できるため、効率よく作業を行えます。

さらに、約3.5Lのダストボックスを搭載し、A4用紙約33枚分の紙くずを収容可能。引き出し式のため、ゴミ捨てが簡単です。

さらに、ハンドルを含まないサイズが幅304×奥行135×高さ180mmとスリムで、置き場所に困りにくく便利。底面に緩衝用スポンジを備えており、設置場所に跡が残る心配も減らせます

無印良品 ハンドシュレッダー 38915430


無印良品 ハンドシュレッダー 38915430

A6コピー用紙を2枚同時に細断できる家庭用シュレッダー。ハガキにも対応しています。本体を手で持ちながら、端にあるハンドルを回すことで細断可能です。

約幅182×奥行50×高さ30mmとコンパクトなほか、自立するため収納場所に困りません。シンプルなデザインでインテリアに馴染みやすいので、出しっぱなしにしたい方にもおすすめの手動式シュレッダーです。

アスカ(Asmix) ハンドマイクロカットシュレッダー HM05

アスカ(Asmix) ハンドマイクロカットシュレッダー HM05

スタイリッシュなデザインが魅力のシュレッダーです。カラーバリエーションはホワイトとグレーの2色で、落ち着いた色味が揃っています。

A4サイズの紙にも対応しており、書類を手軽に投入できます。さらに、マイクロカットタイプのため、細かく細断できる製品が欲しい方にもぴったりです。

ハンドルはロング仕様で、回しやすいのがメリット。また、ダストボックスは引き出し式なので、扱いやすいシュレッダーを探している方にもおすすめです。

アスカ(Asmix) ハンドシュレッダー HS70

アスカ(Asmix) ハンドシュレッダー HS70

ハガキサイズに対応しているため、ダイレクトメッセージなどを処理したい方におすすめのシュレッダー。ストレートカットタイプで、簡単に使用できます。ヘッドガイドが付いていることで、簡単に紙を投入できるのもポイントです。

本製品は、クリア素材なのでゴミの量を確認しやすい仕様。また、ラッピング用の緩衝材を作れるのも魅力です。さまざまな用途で使える製品を選びたい方はチェックしてみてください。

オーム電機(OHM) OffiStyle クロスカットハンドシュレッダー 大容量タイプ00-5647

オーム電機(OHM) OffiStyle クロスカットハンドシュレッダー 大容量タイプ00-5647

大容量のシュレッダーが欲しい方におすすめの製品です。CD・DVD・カードにも対応しているのもポイント。ダストボックスは紙とCDが分かれているので、分別の手間を省けて捨てられるのも便利です。

さらに、取っ手が付いていることで、片手でヘッド部分を外してゴミを捨てられます。デスクの上にも設置しやすいのもポイント。シンプルで使いやすいモデルを探している方はチェックしてみてください。

家庭用シュレッダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

家庭用シュレッダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。