小さくて軽く、小回りが利きやすい「ペティナイフ」。フルーツを切るのはもちろん大きかったり硬かったりしなければお肉や魚、野菜も切ることが可能です。そのため、家庭での調理ならペティナイフは万能包丁としても使うことが可能です。そこで今回は、ペティナイフの選び方をはじめ、おすすめのメーカーとモデルをご紹介します。

ペティナイフとは?

By: kai-group.com

ペティナイフとは、洋包丁の中で万能包丁として使われる牛刀を小さくしたモノです。フルーツを切る包丁というイメージが強いのですが、ペティナイフは小回りの利く万能包丁として使用可能。もちろん三徳包丁や牛刀の方が適している食材もありますが、家庭で使用する分にはペティナイフで事足りるシーンが多くあります。

そのため、ペティナイフをメインの包丁として使用し状況に応じて三徳包丁や牛刀などを使用する、というように使い分けるのもおすすめ。あまり知られていないだけでペティナイフは万能に使えるため、家庭用のメイン包丁としても十分に役目を果たしてくれる包丁です。

どんなものを切るのにおすすめ?

ペティナイフは幅広い食材に使えます。フルーツや野菜はもちろん、スーパーなどで売られている市販の肉を切るのにも活躍。大きな魚でなければ魚を3枚におろすことも可能です。家庭で行う料理の範囲内なら、大半の食材をカバーできます。

ただし、ペティナイフはそのサイズの小ささから、硬い食材や大きな食材を切るのには不向きです。大きな硬い肉の塊や、カボチャなどの硬い野菜を切るのには適しておらず、このような食材には怪我を防ぐためにも三徳包丁などを使うのがおすすめ。

また、キャベツの千切りなど、柔らかくてもサイズの大きな食材を大量に切るのはペティナイフに向いていません。逆に言えば、ここで挙げたような食材以外なら、ペティナイフはあらゆるシーンで活躍するのでおすすめです。

ペティナイフの選び方

ペティナイフの長さ・サイズをチェック

By: amazon.co.jp

ペティナイフは厳密に基準があるわけではありませんが、刃渡り9〜15cmほどのモノが一般的。平均的な三徳包丁が刃渡り18cmほどであることからも、小さく取り扱いやすいサイズであるのが分かります。

適切な刃渡りと持ち手の長さは、掌の大きさや台所の広さ、どの程度の調理を行うのかなどの事柄から想定してみましょう。メイン用の包丁として使うなら、汎用性の高い刃渡り13〜15cmの大きなサイズがおすすめです。お店のような本格的な料理をするのでなければ、15cmのペティナイフで大半の食材を調理できます。

メイン用には三徳包丁などを使い、ペティナイフはサブ用として使うのなら、刃渡り12cmほどのモノがおすすめ。また、お手入れで研ぐ際は、刃渡りの短い方がキレイに研ぎやすいという点も考慮しておきましょう。

ペティナイフの素材をチェック

ステンレス製

By: amazon.co.jp

ステンレス製は、お手入れが簡単で最も人気があります。錆びにくく、ニオイがつきにくいため気楽に取り扱えるのがメリット。特に、持ち手と刃が一体になったオールステンレス製のタイプは汚れが隙間に残りにくいため、衛生的に使用できると評判です。

切れ味は鋼製のペティナイフに比べると落ちますが、一般的な家庭での調理には十分な性能を持ちます。扱いが容易なので、ペティナイフの素材についてこだわりがなければステンレス製がおすすめです。

鋼製

By: kai-group.com

鋼製は、切れ味に優れているのが最大の魅力です。錆びやすいため、使用後にしっかりと水気を切り湿気を避けて保管する必要があります。お手入れに気を使いますが、例え錆びてしまったとしても洗って研ぎ直せば再び使用可能です。

気楽に扱えるペティナイフを探している方には向きませんが、切れ味を求める方にはおすすめ。手間がかかる分愛着が湧きやすく、包丁にこだわりを持つ方には最適な素材です。

セラミック製

By: amazon.co.jp

セラミック製は、他の包丁のように金属のニオイが食材に移る心配がなく、錆びないのがメリットです。また、切れ味を長く保つことができ、軽量なのもポイント。食器洗い機にも入れられ、取り扱いが簡単なので人気があります。

ただし、硬いので刃が欠けやすいというデメリットも。また、軽くて弾性が乏しいため、大きな食材や硬い食材を切るのには不向きです。普段金属の包丁に慣れている方は、使いづらく感じる場合もあります。研ぐ際は通常の砥石ではなく、専用のシャープナーが必要です。

柄の部分の素材をチェック

By: rakuten.co.jp

持ち手となる柄の部分にも、ステンレス製や木製などさまざまな種類があります。ステンレス製であれば、錆びにくくお手入れもラクにできるのでおすすめ。

しかし、木製の場合は刃と柄の間に汚れがたまりやすいのが欠点です。「口金」と呼ばれる刃と柄を繋げている金属が付いているモノを選ぶと汚れがたまりにくくなるのでおすすめです。また、抗菌性に優れた木材を採用した製品もラインナップしているのでチェックしてみてください。

ペティナイフのおすすめメーカー

藤次郎

By: tojiro.net

日本でも指折りの金物産地である、新潟県燕三条でハイクオリティな刃物を製造する「藤次郎」。伝統と熟練の技を大切にしながらも革新的な切れ味の高い包丁を生み出していることで人気のメーカーです。

国内でも数少ない一貫製造によるこだわりの包丁は、プロの料理人も愛用するほどの高い品質を誇ります。ラインナップも豊富なため、用途や予算に応じた最適な1本を見つけることが可能。ペティナイフ選びで迷ったら、まず検討してもらいたいメーカーです。

貝印 関孫六

By: kai-group.com

「関孫六」は貝印による家庭向け包丁ブランドです。貝印は岐阜県関市の刃物メーカー。関市は現在国内の包丁製造における50%のシェアを占めており、鎌倉時代に刀剣作りによって栄えた街です。

鎌倉時代、関の数いる名匠の中でも特に優れた鍛治職人であった「関孫六兼元」。その技を現代に伝えるのが、この「関孫六」です。

最上の切れ味を持ちながら、ラインナップが豊富なため、家庭向けに作られた手頃な価格の製品も多くあります。コストパフォーマンスに優れたペティナイフが手に入る、おすすめのブランドです。

グローバル(GLOBAL)

By: rakuten.co.jp

吉田金属工業は、1954年に金属加工の街である新潟県燕三条でステンレス製品メーカーとして操業開始しました。同社の包丁の中でも特に人気があるのがオールステンレス一体構造の「GLOBAL」シリーズです。

「GLOBAL」の包丁はプロの料理人にも愛用者が多く、世界中で高い支持を受けています。優れた切れ味だけでなく、スタイリッシュなデザインは現在に至るまで数々のデザイン賞を獲得。プロ仕様の1本を探している方におすすめのメーカーです。

ペティナイフのおすすめモデル

藤次郎 DPコバルト合金鋼割込ペティナイフ150mm 口金付 F-802

人気メーカー「藤次郎」のペティナイフ。刃渡りが15cmと比較的大きなサイズであり、メインに使う万能包丁にもおすすめです。刃は、芯材にコバルト合金鋼、側材に13クロムステンレス鋼を採用し、複合して製造しています。

コバルト合金鋼は硬度が高く、切れ味がよいのが長所。2つの金属を複合することで、プロ仕様の切れ味と取り扱いの手軽さを両立しているのが最大のメリットです。刃と持ち手の接合部分には、汚れが溜まるのを防ぐ口金が付いているので、衛生的に使用できます。

持ち手には、アウトドアナイフにも用いられる積層強化材を採用しており、耐久性が高く経年変化に強い仕様。幅広い方におすすめできる、ハイクオリティな1本です。

藤次郎 PRO DPコバルト合金鋼割込ペティナイフ120mm F-883

藤次郎のオールステンレス製ペティナイフ。刃と持ち手が一体になっており、汚れが残りにくく丸洗いが可能なため、衛生的に使用できておすすめです。

刃には、芯材にコバルト合金鋼、側材に13クロムステンレス鋼を複合。プロが使うような鋭い切れ味を持ちながらも、手入れが手軽にできるのが魅力です。刃渡りの長さは12cmなので小回りが利きやすく、サブ用包丁として活躍します。

ステンレス製の持ち手にはトルネード模様が施されているため、濡れた手でも滑りにくくしっかりグリップ可能。オールステンレス製のペティナイフとして人気のあるアイテムです。

貝印 関孫六 ダマスカス ペティナイフ120mm AE5202

関孫六の上位シリーズである「ダマスカス」のペティナイフです。刃に異なるステンレスを32層折り重ねることで生まれる「ダマスカス模様」が特徴。独自の刃付け技術による、プロのニーズにも応えられる鋭い切れ味が魅力です。

切れ味の持続性が高く、研ぎやすいのもポイント。ステンレスの口金と刃を溶接して接続しているので、水分や汚れが溜まりにくく衛生的です。持ち手には、天然木に特殊加工を施した積層強化材を採用。木材の手触りと逆三角の形がフィット感を高めています。

持ち手に鋲を採用していないため、デザイン性に優れているのもポイント。刃渡り12cmの使いやすいサイズなので、さまざまなシーンで活躍するおすすめの1本です。

貝印 関孫六 匠創 ペティナイフ120mm AB5163

刃と持ち手が一体となったオールステンレスのペティナイフ。錆びに強く、食器洗い機に対応しているため簡単に洗浄できるのがメリットです。刃には、炭素を多く含んだ鋼材を採用しているため、切れ味のよさを長く保つことが可能。

さらに、「スキ加工」と「三段階研削加工」によって刃先を薄く仕上げ、より切れ味を高めています。ステンレス製の持ち手はグリップ感が高く、扱いやすい流線型のデザイン。持ち手内部まで刀身を通しているため、刃と持ち手のバランスがよく、扱いやすさに優れるおすすめモデルです。

グローバル(GLOBAL) ペティナイフ130mm GS-3

吉田金属工業による人気シリーズ「GLOBAL」のペティナイフです。オールステンレス製のスタイリッシュなデザインが大きな魅力。刃と持ち手が一体となっているので洗いやすく、清潔に保てます。

刃渡りの長さは13cmで、野菜や果物の飾り切り、刺身を切る際の引き切りがしやすいサイズ感です。グリップ部分には丸いくぼみがいくつも開けられており、握りやすいように設計されています。手頃な価格でありながら、クオリティの高い1本です。

ヘンケルス(HENCKELS) ロストフライ ペティナイフ

ドイツの有名な刃物ブランド「ヘンケルス」のペティナイフ。「ロストフライ」は1973年の発売以来1200万本を超えるベストセラーシリーズです。刃渡り13cmの扱いやすいサイズで、シンプルでクラシカルなデザインが魅力です。

刃には特殊ステンレス鋼を採用し、刃付けは職人の手により研ぎ上げられているため高い切れ味を誇ります。持ち手にはPOM樹脂を採用しており、重厚な質感と優れた耐久性が持ち味。食洗機対応で、お手入れが手軽なのもメリットです。

リーズナブルながらもクオリティが高く人気のシリーズの製品なので、試しにペティナイフを使ってみたいと考えている方にもおすすめです。

ヘンケルス(HENCKELS) HIスタイルエリート ペティナイフ

持ち手のカラバリが豊富で、全8色のカラーから好みに合わせて選択できます。持ち手は人間工学に基づいたグリップしやすいデザインで、ほどよい重量があるため扱いやすいのが魅力です。

刃渡りは13cmの長さで、小回りが利く使いやすいサイズです。刃には特殊ステンレス鋼を採用しており、シャープな切れ味を楽しめます。食洗機での丸洗いが可能なので、手入れが簡単なのもポイント。

持ち手にはABS樹脂を採用しており、軽量かつ食品衛生性に優れています。持ち手が鮮やかなカラーリングのモデルは珍しいので、華やかなデザインが好きな方におすすめです。

ツヴィリング(Zwilling) ツインフィン ペティナイフ

ドイツ発の「ツヴィリング」はプロ仕様の包丁として人気があります。熟練した職人の技術と最新テクノロジーを融合した包丁は、スムーズな切れ味が評判。このペティナイフはオールステンレス製の斬新なフォルムが特徴で、持ち手が握りやすい左右非対称のデザインです。

刃には、独自の特殊ステンレス鋼を採用しており、錆びにくくシャープな切れ味が長く続きます。刃渡りは13cmの長さなので、メイン用としてもサブ用としても使えておすすめです。

下村工業 ヴェルダン ペティナイフ OVD-13

リーズナブルで高品質な人気のペティナイフです。オールステンレスの一体構造かつ食洗機対応で、お手入れしやすいのが魅力。刃渡りは12.5cmの長さで、果物を切ったりするのに丁度いいサイズ感。

刃の素材には「ステンレスモリブデン鋼」を採用しており、切れ味も十分な性能。お手頃価格のペティナイフを探している方にぜひ検討してもらいたい、おすすめモデルです。

京セラ(KYOCERA) ペティナイフ130mm FKR-130-N

セラミック製の人気ペティナイフ。京セラはセラミックナイフを30年間に渡って開発しており、セラミックの持ち味を活かした包丁で評判です。セラミック製の包丁は鋭い切れ味が長く続く点や、酸に強く錆びにくい点などがメリット。

刃渡りは13cmの扱いやすくほどよいサイズ。刃には切れ味を追求した独自のフォルムを採用し、より食材を切りやすいようデザインされています。持ち手は握りやすく手にフィットしやすい形状で、安定感のある操作性のよさがポイント。

耐熱性が高いため食器洗い機で洗浄でき、お手入れも簡単。また、セラミック製なので漂白剤を使用した除菌も可能で、長期に渡って衛生的に使用できます。セラミック製のペティナイフを探している方におすすめのアイテムです。

ミソノ(Misono) モリブデン鋼シリーズ ペティナイフ120mm

刃物の製造で有名な岐阜県関市のメーカー「ミソノ」。伝統の職人技術と機械による先端技術を複合し、優れた包丁を生産しています。ミソノの包丁は、そのクオリティの高さからプロの料理人にも愛用者が多く、人気がある製品です。

本製品は、豊富なラインナップのなかでも家庭向けシリーズのモデル。リーズナブルでありながら品質が高いと評判の1本です。刃に13クロム・ステンレス・モリブデン鋼を採用し、錆びに強く家庭用として十分な切れ味を有します。

刃渡りは12cmのコンパクトなサイズなので、扱いやすいサブ用包丁としても活躍。コストパフォーマンスに優れるおすすめの製品です。