小さくて軽く、小回りが利きやすい「ペティナイフ」。フルーツを切ることはもちろん大きかったり硬かったりしなければ、肉や魚、野菜も切れるモデルもあります。

そこで今回は、ペティナイフのおすすめのメーカーとモデルをご紹介。選び方も解説しているので選ぶ際の参考にしてみてください。

ペティナイフとは?

By: kai-group.com

ペティナイフとは、洋包丁の中で万能包丁として使われる牛刀を小さくしたモノです。フルーツを切る包丁というイメージが強いのですが、ペティナイフは小回りの利く万能包丁として使用可能。肉や魚などを切るメイン包丁として使うこともできます。もちろん三徳包丁や牛刀の方が適している食材もありますが、家庭で使用する分にはペティナイフで事足りるシーンも少なくありません。

そのため、ペティナイフをメインの包丁として使用し状況に応じて三徳包丁や牛刀などを使用する、というように使い分けるのもおすすめ。あまり知られていないだけでペティナイフは万能に使えるため、家庭用のメイン包丁としても十分に役目を果たしてくれる包丁です。

どんなものを切るのにおすすめ?

ペティナイフは幅広い食材に使えます。フルーツや野菜はもちろん、スーパーなどで売られている市販の肉を切るのにも活躍。大きな魚でなければ魚を3枚におろすことも可能です。家庭で行う料理の範囲内なら、大半の食材をカバーできます。

ただし、ペティナイフはそのサイズの小ささから、硬い食材や大きな食材を切るのには不向きです。大きな硬い肉の塊や、カボチャなどの硬い野菜を切るのには適しておらず、このような食材には怪我を防ぐためにも三徳包丁などを使うのがおすすめ。

また、キャベツの千切りなど、やわらかくてもサイズの大きな食材を大量に切るのはペティナイフに向いていません。逆に言えば、ここで挙げたような食材以外なら、ペティナイフはあらゆるシーンで活躍するのでおすすめです。

ペティナイフの選び方

刃渡りの長さをチェック

メイン包丁として使うなら「150mm」がおすすめ

By: amazon.co.jp

メイン用の包丁として使うなら、汎用性の高い刃渡り130~150mmの大きなサイズがおすすめです。お店のような本格的な料理をするのでなければ、150mmのペティナイフで大半の食材を調理できます。

サブ包丁なら「120mm」で十分

By: amazon.co.jp

メイン用には三徳包丁などを使い、ペティナイフはサブ用として使うのなら、刃渡り120mmほどのモノがおすすめ。お手入れで研ぐ際は、刃渡りの短い方がキレイに研ぎやすいという点も魅力です。

刃の素材をチェック

サビにくくて初心者におすすめの「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

ステンレス製は、お手入れが簡単で最も人気があります。錆びにくく、ニオイがつきにくいため気楽に取り扱えるのがメリット。特に、持ち手と刃が一体になったオールステンレス製のタイプは汚れが隙間に残りにくいため、衛生的に使用できると評判です。

切れ味は鋼製のペティナイフに比べると落ちますが、一般的な家庭での調理には十分な性能を持ちます。扱いが容易なので、ペティナイフの素材についてこだわりがなければステンレス製がおすすめです。

切れ味に優れたプロ向け素材「鋼製」

By: kai-group.com

鋼製は、切れ味に優れているのが最大の魅力です。錆びやすいため、使用後にしっかりと水気を切り湿気を避けて保管する必要があります。お手入れに気を使いますが、例え錆びてしまったとしても洗って研ぎ直せば再び使用可能です。

気楽に扱えるペティナイフを探している方には向きませんが、切れ味を求める方にはおすすめ。手間がかかる分愛着が湧きやすく、包丁にこだわりを持つ方には最適な素材です。

食材にニオイが移りにくい「セラミック製」

By: amazon.co.jp

セラミック製は、他の包丁のように金属のニオイが食材に移る心配がなく、錆びないのがメリットです。また、切れ味を長く保つことができ、軽量なのもポイント。食
洗機にも入れられ、取り扱いが簡単なので人気があります。

ただし、硬いので刃が欠けやすいというデメリットも。また、軽くて弾性が乏しいため、大きな食材や硬い食材を切るのには不向きです。普段金属の包丁に慣れている方は、使いづらく感じる場合もあります。研ぐ際は通常の砥石ではなく、専用のシャープナーが必要です。

いいとこ取りの万能素材「ダマスカス鋼製」

By: amazon.co.jp

「ダマスカス鋼」とは、インドの「ウーツー鋼」を起源とする鋼素材のこと。ダマスカス鋼で造られた刃物は、しなやかさと鋭い切れ味を有していました。鍛造過程で表面に現れる独特の縞模様が特徴で、中世ヨーロッパでは珍重されていました。

しかし、当時の技法を完全に再現するのは難しく、現在では刃芯に「モリブデン鋼」を用い、その上からダマスカス鋼を何十層も重ねる鍛造方法を採用しています。複雑に現れた縞模様は高級感があり、錆びにくく切れ味も抜群。ただし、製造コストがかかる分、高額であることを留意しておきましょう。

刃の構造をチェック

オールマイティに活躍する「両刃」

By: amazon.co.jp

左右両側に刃がついているのが「両刃」の包丁です。向きがないため、右利きの方でも左利きの方でも使用できます。また、垂直に刃が入るため、まっすぐに食材を切ることが可能です。

野菜の輪切りや角切りを得意としていますが、それ以外にも魚や肉などを切る際も活躍してくれるので、1本あると何かと重宝します。ただし、刃先が薄い分硬い食材を切ると刃こぼれしやすいので、定期的に研いで切れ味を保つことが重要です。

魚や果物の皮むきが得意な「片刃」

By: pixabay.com

「片刃」は、その名の通り片側だけに刃がついた包丁のことを指します。切った食材が離れやすいので、魚をおろす時や、果物や野菜の皮むきに使いたい方におすすめです。

グリップ部分の素材をチェック

水に濡れても滑りにくい「木製グリップ」

By: amazon.co.jp

木製のグリップのペティナイフは、手触りもよく水に濡れても滑りにくいのが特徴。ただし濡れたままにしておくと、グリップの差し込み口から水が侵入し錆びの原因になることがあるため注意が必要です。

なお、木製グリップは万が一消耗してしまった場合でも、修理・交換ができるモデルもあるので長年愛用できるペティナイフを探している場合はチェックしておきましょう。

頑丈で煮沸消毒にも対応できる「金属製グリップ」

By: amazon.co.jp

衛生面を重視したい方は、金属製のグリップがおすすめ。刃と柄がステンレス一体型の「オールステンレス」の場合は、煮沸消毒や食洗機に対応できるので衛生的に使えます。また、錆びにくいため長く使用することも可能です。

ペティナイフのおすすめメーカー

藤次郎

By: tojiro.net

日本でも指折りの金物産地である、新潟県燕三条でハイクオリティな刃物を製造する「藤次郎」。伝統と熟練の技を大切にしながらも革新的な切れ味の高い包丁を生み出していることで人気のメーカーです。

国内でも数少ない一貫製造によるこだわりの包丁は、プロの料理人も愛用するほどの高い品質を誇ります。ラインナップも豊富なため、用途や予算に応じた最適な1本を見つけることが可能。ペティナイフ選びで迷ったら、まず検討してもらいたいメーカーです。

貝印 関孫六

By: kai-group.com

「関孫六」は貝印による家庭向け包丁ブランドです。貝印は岐阜県関市の刃物メーカー。関市は現在国内の包丁製造における約50%のシェアを占めており、鎌倉時代に刀剣作りによって栄えた街です。

鎌倉時代、関の数いる名匠の中でも特に優れた鍛治職人であった「関孫六兼元」。その技を現代に伝えるのが、この「関孫六」です。

最上の切れ味を持ちながら、ラインナップが豊富なため、家庭向けに作られた手頃な価格の製品も多くあります。コストパフォーマンスに優れたペティナイフが手に入る、おすすめのブランドです。

グローバル(GLOBAL)

By: rakuten.co.jp

吉田金属工業は、1954年に金属加工の街である新潟県燕三条でステンレス製品メーカーとして操業開始しました。同社の包丁の中でも特に人気があるのがオールステンレス一体構造の「GLOBAL」シリーズです。

「GLOBAL」の包丁はプロの料理人にも愛用者が多く、世界中で高い支持を受けています。優れた切れ味だけでなく、スタイリッシュなデザインは現在に至るまで数々のデザイン賞を獲得。プロ仕様の製品を探している方におすすめのメーカーです。

ペティナイフのおすすめモデル

藤次郎 PRO DPコバルト合金鋼割込ペティナイフ120mm F-883

藤次郎のオールステンレス製ペティナイフ。刃とグリップに継ぎ目のない一体型ハンドルのため、丸洗いして衛生的に使えるのが魅力です。刃には、高純度の鉄鉱石をステンレス鋼で挟み込んだ、特殊な合金鋼複合材を採用。鋭い切れ味を有しながら、お手入れも楽な利便性の高い1本です。

ステンレス製のグリップには、トルネード模様を施しているため、水濡れしても滑りにくいのがポイント。刃渡り120mmと小回りが利くので、サブ包丁としてフルーツの皮むきなどにもおすすめです。

藤次郎 DPコバルト合金鋼割込ペティナイフ150mm 口金付 F-802

刃渡り150mmとペティナイフとしては長さがあるので、メイン包丁としても活躍できる1本です。刃の芯材にはコバルト合金、側材には13クロームステンレスを採用することで、優れた切れ味とメンテナンスのしやすさを両立しています。

ステンレス製の口金と刀身を溶接し一体型に仕上げてあるため、接続部分に汚れがたまりにくく衛生的なのも魅力です。グリップにはアウトドアナイフにも使用される積層強化材を採用。切れ味がよく手入れもしやすいおすすめのペティナイフです。

貝印 関孫六 包丁 ペティ 120mm 匠創 AB5163

オールステンレス製のペティナイフ。グリップ内部にまで刃身を貫通させ融接することで、耐久性に優れているのが最大の魅力です。食洗機にも対応しているためラクに洗えます。

ハンドルは流線型のデザインで、グリップ感に優れており扱いやすいのが魅力。渡りは120mmと小ぶりなので、細かい皮むきや飾り切りにおすすめです。

貝印 関孫六 ダマスカス ペティナイフ 150mm AE5203

異なるステンレス鋼を33層重ねることにより生まれる独特な縞模様が美しい、ダマスカス鋼製ペティナイフ。独自の刃付け技術によって、鋭い切れ味に仕上がっています。

手にフィットしやすい逆三角形のグリップには、天然木に特殊加工を施した積層強化木を採用。刃渡りは150mmと長く、小さな魚をおろす際にも重宝します。

貝印 関孫六 4000ST ペティナイフ 150mm AB-5228

魚をさばいたり、お刺身をキレイに切ったりしたい方におすすめのペティナイフ。関孫六の「4000ST」シリーズは、錆びに強いハイカーボンステンレス鋼製です。刃芯がそのままグリップまで通った「本通し仕様」で、長時間使用しても疲れにくい刀身バランスが特徴。

通常の出刃包丁では大きすぎる小魚も、小回りが利くので皮や骨を身からはがしやすく便利です。グリップは水に強い積層強化木を採用。濡れた手でも滑りにくいため安全に使いやすいのが魅力です。普段使いの1本としておすすめの1本です。

グローバル(GLOBAL) ペティナイフ 130mm GS-3

吉田金属工業の人気シリーズ「グローバル」のペティナイフ。スタイリッシュなデザインが魅力のオールステンレス製です。グリップには、丸く小さなくぼみがいくつも開けられており、濡れた手で握っても滑りにくいグリップ力も有しています。

刃渡りは130mmとやや小さめながら、野菜や果物などの飾り切りなどはもちろん、先の細い刃先を利用して、刺身などを美しく切る引き切りにも最適です。幅広い食材に対応できるおすすめの1本です。

グローバル(GLOBAL) 皮むき ペティナイフ GS-38

野菜や果物の皮むきに最適なグローバルのペティナイフ。刃渡り10cmとコンパクトな仕様のため小回りがききやすく、細かな皮むきや飾り切りなどの際に便利です。流れるような流線型のグリップで、手にしっかりとフィットするのも魅力。

オールステンレス製で、錆びにも強く丈夫なためキャンプやバーベキューなどアウトドアシーンでの調理にも活躍します。細工切りや面取りなど細かな作業がしやすいペティナイフを探している方はぜひチェックしてみてください。

ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS) HIスタイルエリート ペティナイフ 16800-431

おしゃれなデザインのペティナイフを探している方におすすめなのが、ヘンケルスのステンレス製「HIスタイルエリート」シリーズ。カラーバリエーションが豊富で、キッチンのイメージカラーに合わせて選べます。

グリップは人間工学に基づいた握りやすいデザイン。軽量設計なので長時間使用しても疲れにくいのが特徴です。また、食洗機にも対応でき、お手入れがラクなことも魅力のひとつ。刃渡り130mmとコンパクトなので、一人暮らしのキッチンにもぴったりです。

ヘンケルス(ZWILLING J.A.HENCKELS) ロストフライ ペティナイフ 10070-830

本製品はシンプルで使い勝手のよいデザインで、家庭で気軽に使えるペティナイフとして人気です。ハイカーボンステンレス鋼を採用した刃芯は、錆びにくくお手入れしやすいのが魅力。

刃付けは職人がひとつひとつ手作業で行っているため、鋼製に負けない鋭い切れ味に仕上がっています。グリップにはABS樹脂を採用し、軽量で食洗機に入れて洗える手軽さもメリット。リーズナブルな価格で、初心者の方にもおすすめです。

ツヴィリング(Zwilling) ツインセルマックス M66 ペティナイフ 30860-130

ツヴィリングのなかでも最高の硬度であるMC66スチールを刃芯に、高級刃物鋼で3層にサンドイッチすることで、鋭い切れ味と持続性を生み出しています。腐食や錆びの発生も少なく、お手入れしやすいのも魅力です。

握りやすいグリップには、特殊なキャンバス生地に樹脂をしみ込ませ、重ねて成型したキャンバスマイカルタを採用。艶やかで美しい波目の文様が特徴です。刃渡りは130mmとコンパクトで、フルーツや野菜をカットする際に向いています。

ツヴィリング(Zwilling) ツインフィン ペティナイフ 30840-130

本ペティナイフはオールステンレス製の斬新なフォルムが特徴で、持ち手が握りやすい左右非対称のデザインです。刃には、独自の特殊ステンレス鋼を採用しており、錆びにくくシャープな切れ味が持続します。刃渡りは130mmのため、メイン用としてもサブ用としても使えておすすめです。

ビクトリノックス(VICTORINOX) ペティナイフ スイスクラシック 6.7701E

家庭用からプロ仕様まで、バラエティーに富んだキッチンツールを提案するスイス生まれのビクトリノックス。なかでも「スイスクラシック」は、おしゃれなデザインと使い勝手を考慮した機能性が魅力のシリーズです。刃材はステンレスで錆びにくく、お手入れしやすいのがポイント。

人間工学に基づいてデザインされたカラフルなグリップは、手にほどよくフィットし滑りにくいポリプロピレン素材を採用しています。刃渡りは10cmとコンパクト。また、軽量なので皮むきや飾り切りなど細かい作業に向いています。

京セラ(KYOCERA) ペティナイフ 130mm FKR-130-N

お手入れのしやすさを重視したいなら、京セラのセラミック製ペティナイフがおすすめです。熱に強く、煮沸消毒や漂白除菌、食洗機にも対応できるため清潔に使用できます。シャープな切れ味で、やわらかいサンドイッチやつぶれやすいトマトも、すっと刃が入っていくのでキレイな断面に仕上がります。

セラミックは硬い素材で、切れ味が長持ちするのも大きなメリット。ただし、落としたり、硬い食材を無理に切ったりすると、刃こぼれや刃そのものが割れてしまう場合があるため注意が必要です。刃渡りは、お刺身やフルーツなどのカットにぴったりな130mm。お手入れがしやすく、扱いやすいペティナイフを探している方におすすめです。

京セラ(KYOCERA) ナイフファインプレミアシリーズ ぺティナイフ FKR-130HIP-FP

刃こぼれしやすいというセラミックの弱点を、独自の熱間静水圧プレス加工によって克服した製品。従来のホワイトブレードのモノより、約20%も強度をアップしています。

万が一、まな板から床にナイフを落とした場合を想定し、刃こぼれを最小限に抑える丸い刃先もポイント。グリップにオレフィン系エラストマー樹脂を採用したことで、滑りにくいのはもちろん抗菌仕様で衛生面にも配慮。高耐熱仕様のため、食洗機にも対応できます。刃渡り130mmで、サンドイッチや野菜、フルーツのカットにおすすめのペティナイフです。

下村工業 ヴェルダン ペティナイフ 125mm OVD-13

下村工業の金属一体成形型ペティナイフ。刃芯にはモリブデン鋼を採用し、手研ぎ本刃付けによるプロ仕様のシャープな切れ味に仕上げています。また、手に程よくフィットする、流れるようなフォルムのグリップもポイント。

ステンレス製のグリップ一体型で、食洗機や煮沸消毒にも対応できるため衛生的に使えるのも魅力です。刃渡りは12.5cmと小ぶりで、果物や野菜の皮を向いたりするのにぴったりなサイズ。価格もリーズナブルで手に届きやすいおすすめのペティナイフです。

下村工業 雲竜(UN-RYU) ペティナイフ 120mm UNR-03

本ペティナイフは、軟質と硬質のステンレスを交互に33層重ねていくことで、美しいダマスカス模様をつくり出しています。刃芯には硬度の高いV金10号を採用し、職人仕込みの本格的な刃付けにより、優れた切れ味と持続性を実現しています。

ステンレスの口金付きで隙間から水分が染み込みにくく、衛生的に使いやすいのが魅力です。グリップには、ナチュラルな風合いがおしゃれな強化積層合板を採用。優れた切れ味のペティナイフを探している方におすすめです。

ミソノ(Misono) UX10 ペティナイフ 150mm No.733

刃物メーカーとして、800年以上の伝統を誇るミソノ。「UX10」は、ステンレス鋼包丁の最高峰シリーズ。ヨーロッパ製の高純度ピュアステンレス特殊鋼を採用し、切れ味と研ぎやすさを追求した1本です。

また、錆びにくく、切れ味の持続性に優れているのも魅力です。刃渡り150mmと長めで、メイン包丁としてもぴったり。高額ですが、質にこだわりのある方はぜひチェックしてみてください。

ミソノ(Misono) モリブデン鋼シリーズ ペティナイフ 120mm No.531

本ペティナイフは、リーズナブルでありながら品質が高いと評判の1本です。刃に13クロム・ステンレス・モリブデン鋼を採用し、錆びに強く家庭用として十分な切れ味を有しています。

刃渡りは120mmのコンパクトなサイズなので、扱いやすいサブ用包丁としても活躍。コストパフォーマンスに優れるおすすめのペティナイフです。

ヤクセル 曜 69層鋼 ペティナイフ

刃物のまち、岐阜県関市で生まれたメーカー「ヤクセル」のペティナイフです。66層もの鋼材を重ねて鍛造したダマスカス模様はまさに芸術品。刃芯には高い硬度と錆びにくさを併せ持った、コバルト合金VG10号を採用しています。大切な工程はすべて手作業で仕上げており、プロをも唸らせる優れた切れ味が魅力です。

グリップは、天然素材に樹脂を染み込ませたカンバスマイカルタを採用。耐熱や耐水、耐衝撃に優れており、さらに滑り止め効果も兼ね備えています。また、使い込むほどに手になじみ、お手入れ次第で長く愛用できます。

hana by YEBISU YAIBA ペティナイフ

ナチュラルな天然木のグリップがおしゃれなペティナイフ。67層の鋼が用いられており、美しいダマスカス模様が浮かび上がっています。刃芯には最高品質の日本製VG-10を採用しているため、鋭い切れ味に仕上がっているのもポイントです。

グリップには水分を通しにくいホワイトオークを採用。美しい木目でおしゃれなキッチンのインテリアを損ないません。グリップの先にある金属製の留め具には、ご縁を結ぶとされる「梅結び」の刻印入り。贈り物としてもおすすめのペティナイフです。