シャワーの先端に装着する「シャワーヘッド」。最近は節水効果を高めたモデルをはじめ、水圧を調節できるモデル、細かい泡でマッサージができるモデルなど、高機能なシャワーヘッドが次々と登場しています。

そこで今回は、シャワーヘッドのおすすめをご紹介。特殊な工具を使わなくても簡単に交換できるので、快適にバスタイムを過ごしたい方はぜひチェックしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

シャワーヘッドを交換するメリット

By: amazon.co.jp

既存のモノを使い続けることが多いシャワーヘッド。そのままでも十分ですが、よりよいモノに変えることで使い勝手が改善されることも。

シャワーヘッドを交換することによって、節水効果や水圧改善に加え、マイクロバブルなどの機能を備えているアイテムを活用すれば美容効果も期待できます。気になる方はぜひ導入を検討してみましょう。

シャワーヘッドの選び方

取り付け口のタイプで選ぶ

シャワーヘッドの交換は、既存のシャワーヘッドを外して新しいシャワーヘッドに付け替えるだけ。専門の業者を呼ぶ必要はないので、容易に対応できます。

ただ、旧シャワーヘッドと新シャワーヘッドの規格が異なると取り付けができないこともあるので、その点は注意。製品によってはシャワーホースごと交換する場合も考えられます。取り付け可能がどうかは事前にしっかりと確認しておきましょう。

重さで選ぶ

市場に流通しているシャワーヘッドの重さは200〜300gが一般的。シャワーヘッド単体ではそこまで重さを感じませんが、使用時には水圧がかかるので、実際の重量以上に重さを感じます。

機能性重視であれば、重さがあってもやや大きめのほうがおすすめ。モード切り替えが多様だったり、高い節水効果が期待できたり、グリップ部分でオンオフの切り替えができたりと、使い勝手に配慮されています。

一方、取り回し重視であれば軽量のシャワーヘッドがおすすめ。特に小さな子供がいる場合は、手首への負担を考慮して軽いシャワーヘッドを選ぶようにしましょう。

水圧で選ぶ

シャワーヘッドを交換する際は、シャワーの水圧も気になるところ。各メーカーでは少量の水でも勢いが変わらないよう、水の出る穴を小さくしたり穴の数を変えたりと、さまざまな工夫が施されています。選ぶ際は穴の大きさや数、配列にも着目するようにしましょう。

なお、水圧が弱すぎると手応えがない一方、強すぎても肌あたりがキツくなりストレスを感じることがあります。気になる方は強弱の調節が可能な汎用性の高いアイテムを選ぶようにしましょう。

節水機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

シャワーヘッドを選ぶうえで、思いのほか重要となるのが「節水機能」。節水機能を備えたモデルを選ぶと使用効率がアップするので、水道代だけではなく、ガス代や電気代の節約も期待できます。

また、手元でシャワーが止められる「止水機能」が付いていれば、オンオフ切り替えが容易なのでさらに便利。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

シャワーヘッドは長年使っていると内部に汚れが溜まり、目詰まりを起こして水の出が悪くなってしまうことがあります。機能性を維持するためには定期的なメンテナンスが重要となるので、シャワーヘッドを選ぶ際はお手入れのしやすさもしっかりとチェックしておきましょう。

シャワーヘッドの汚れの原因は水垢や石鹸のカス、皮脂などです。水垢は必然的に溜まるほか、石鹸のカスや皮脂は体を洗ったときや流したときに飛び散るため、放っておくとカビが生えることも懸念されます。

洗い方は、いずれの場合もスポンジや歯ブラシを使うのが常套ですが、シャワーの穴に詰まっている場合は竹串や爪楊枝を使うのがおすすめ。特に複雑な構造を採用している製品はより手間がかかるので、その点は留意しておきましょう。

シャワーヘッドのおすすめ

田川化工 節水パワーヘッド 助太刀

田川化工 節水パワーヘッド 助太刀 2R-a

強力な水圧と高い節水率がポイントのシャワーヘッド。水の勢いを示すシャワーの飛距離は約3mで、マンションの上層階に住んでいる方でもしっかりと水流が感じられるのが特徴です。

サイズはシャワー面の直径5.6cmで、全長20cm、重さは300g。付属品にはアタッチメントが同梱されており、使用の有無はシャワーのメーカーによって異なります。

なお、節水率は約50%と謳うほどで、水道料金の大幅カットが期待できるのも魅力。見た目はシンプルながら、非常にパワフルに使えるおすすめのシャワーヘッドです。

アラミック(Arromic) 節水シャワープロ プレミアム

アラミック(Arromic) 節水シャワープロ プレミアム

上質なバスタイムを堪能できるおすすめのシャワーヘッド。ステンレスコーティング処理を施したメタリックカラーのボディを採用しており、キズや汚れに強いのが特徴です。

散水穴は極小サイズの0.3mmで、計250個の穴から水流を発するのもポイント。極細の高速水流によって心地よい刺激となめらかな肌ざわりを体感できるのも魅力です。

また、水流の強弱が分けられるので、使い勝手も良好。ボディや頭皮などしっかり洗い流したいときは「ハード水流」、肌が敏感な方や小さな子供の洗い流しには「ソフト水流」と、切り替えが可能です。

さらに、節水率は約60%と謳っているのも注目すべき点。トータルバランスに優れたおすすめのアイテムです。

アラミック(Arromic) サロンスタイル/スカルプケアシャワー SSC-24N

アラミック(Arromic) サロンスタイル/スカルプケアシャワー SSC-24N

頭皮や髪の洗い流しにこだわって作られたシャワーヘッド。製品名の通り、エステや美容サロンで施術されているような使用感が特徴で、心地よい刺激の水流を作り出すのが特徴です。

散水板のサイズは0.5mmで、計38個の強力水流を中央に配置。また、散水板は二重仕様のほか、フィルターを設置することによって、水道水に含まれる不純物のカットにも貢献しています。

節水率は50%を謳っており、水道代を節約できるのもポイント。マット調に処理されたデザインもおしゃれです。クオリティの高いシャワーヘッドを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

アラミック(Arromic) 3Dアースシャワー 3DE-24N

アラミック(Arromic) 3Dアースシャワー 3DE-24N

ヘッド部分の角度が上下90°、左右360°自在に設定できるシャワーヘッド。既存のシャワーフックの場所が使いにくい場合に重宝するアイテムです。

また、ペットをシャワーでケアする場合やお風呂の掃除する際にも使い勝手がよいので便利。単純にシャワーを浴びるだけでなく、さまざまな用途に活用できます。

さらに、約50%の節水効果があると謳っており、低水圧に配慮しているのもポイント。散水板とは別にフィルターが設置されているので、水道水の不純物を除去して目詰まりを予防できるのも魅力です。

アラミック(Arrromic) イオニックCシャワー ICS-24N

アラミック(Arrromic) イオニックCシャワー ICS-24N

水道水の塩素を除去できると謳うシャワーヘッド。同社製品の「塩素除去専用ビタミンC」を本体内部挿入することで、クリーンに使えるのが特徴です。

また、本製品は増圧かつ効率のよい拡散角度に設計されているのがポイント。水流はスピード換算で時速6km、距離換算で120cm、有効拡散角度は12°と使い勝手に配慮しているのも魅力です。

アクアラブ(Aqua Love) シャワーヘッド

アクアラブ(Aqua Love) シャワーヘッド

リーズナブルな価格帯ながら多様な水流が楽しめるシャワーヘッド。タイプはミストやレイン、ジェットなど計5種類に対応しているのが特徴です。

切り替えはスライドスイッチ式を採用しているので容易。さらに、ヘッドの根元にシャワー自体のオンオフボタンが用意されているので、使い勝手は良好です。

ミスト+レインモードを活用すれば従来品に比べて約50%の節水ができると謳われており、水道代への配慮もされています。快適なバスタイムを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

サンエイ(SANEI) シャワーヘッド レイニー

サンエイ(SANEI) 節水ストップシャワーヘッド PS303-80XA-LP7

満足度の高いコスパ良好のおすすめ製品。スレンレスシャワー板から放たれる水流は0.3mm×239ヵ所で、心地よい極細の水流を体感できるのが特徴です。

また、吐水の範囲は直径20cmと広いのもポイント。シャワー板の大きさやヘッドに採用した特殊ドーム形状など、細部にまでこだわっています。

さらに、手元にはスイッチが用意されているので、オンオフもスムーズ。シャワー版は容易に外せるので、お手入れも簡単です。

タカギ(takagi) シャワーヘッド キモチイイシャワピタT

タカギ キモチイイシャワピタT JSB012

安価ながらクオリティの高い水流を発するシャワーヘッド。0.3mmの極細の穴が計234個均等配列されており、密度の高い水流を体感できるのが特徴です。

本製品は、水圧が低くてもシャワーに勢いをプラスすることができる節水低水圧タイプ。水道料金とガス料金を合算した節湯率は約31%と謳っており、光熱費に配慮できるのも魅力です。

オンオフ切り替えは手元のボタンで素早く対応することが可能。さらに、シャワーヘッドの交換も簡単で、同梱のアダプターを活用すれば、ほぼすべてのシャワーホースと接続できます。汎用性の高いおすすめのアイテムです。

カクダイ(KAKUDAI) 低水圧用マッサージストップシャワーヘッド 356-705

カクダイ(KAKUDAI)  低水圧用マッサージストップシャワーヘッド 356-705

通常の広範囲をカバーするシャワーはもちろん、より直線的なマッサージシャワーも発することができるアイテム。シャワーヘッドの根元部分に切り替えボタンが装備されているので、オンオフのほか、スムーズにモード切り替えにも対応が可能です。

発売から年数が経過したロングセラーモデルで、価格が良心的なのもポイント。コスパ重視の方はぜひチェックしておきましょう。

カクダイ(KAKUDAI) リラックスシャワー 356-900

カクダイ リラックスシャワー 356-900

シンプルな見た目ながら、肌ざわりのよい水流で体をケアできるシャワーヘッド。メタル仕様の吐水口に0.3mmの極細の穴が計261ヵ所も配置されており、微細シャワーを体感できるのが特徴です。

吐水口の中央部は束状、外周部は等間隔に一列配置と分けているのもポイント。これにより、勢いのある水と繊細な噴射の双方を同時に発します。

また、低水圧に対応しているので、マンション上層部に住んでいる方にもおすすめ。細部にまで配慮された使い勝手良好のモデルです。

田中金属製作所(TKS) ボリーナ ワイド TK-7007

田中金属製作所(TKS) ボリーナ ワイド TK-700

シャワーヘッドとしては高価格帯のハイエンドモデル。「ウルトラファインバブル」と呼ばれる0.0001mm未満の超微細な気泡を生成することにより、美容や健康に効果が期待できるのが特徴です。

皮膚や頭皮の汚れをしっかり落とすことによって、髪や肌のケアにつながります。また、節水率も約50%と高く、経済的に使えるのも魅力です。

さらに、人間はもちろん、ペットを洗うのにもおすすめ。きめ細かいシャワーによって細部の汚れも優しく落とせるほか、毛並みも艶やかに潤い、不快なニオイを対策する際にも便利です。満足度の高いシャワーヘッドを求めている方はぜひチェックしてみてください。

オムコ東日本 シャワーヘッド AMANE

オムコ東日本 シャワーヘッド AMANE

全体的に丸みを帯びた形状のシャワーヘッド。サイズは約77×202×128mmで、重さは約158gと見た目に反して軽く、曲線フォルムを採用しているのが特徴です。

穴は直径0.19mmと極小で、計615ヵ所と非常に多数。発する水はミスト仕様で、肌ざわりは良好です。水速は約50kmで、既存のシャワーヘッドの約2.5倍と謳うほどの水量。シャワーヘッドの水流に繊細さを求める方はぜひチェックしておきましょう。

リクシル(LIXIL) INAX エコフル多機能シャワー BF-SB6

リクシル(LIXIL) INAX エコフル多機能シャワー BF-SB6

住宅設備機器メーカー「リクシル」のシャワーヘッド。本製品はシャワーヘッドのみの仕様で、シャワー用途の「ミスト吐水」はもちろん、霧状に噴射する「エコフルスプレー」や直線的な水流を発する「マッサージ」など、モード切り替えに対応しているのが特徴です。

なお、シャワーホースが必要な場合は別途購入することになりますが、樹脂製防カビホースの「メタル調シルバーホース」と通常の「メタルホース」をラインナップ。長さはいずれも1.6mです。購入を検討している方はぜひ併せてチェックしておきましょう。

水生活製作所 ミストップ・リッチシャワー SH216-2T

水生活製作所 ミストップ・リッチシャワー SH216-2T

岐阜県山県市に拠点を構える「水生活製作所」のシャワーヘッド。「ファインバブル」と呼ばれるマイクロナノサイズのバブルを発生させることで、高い洗浄効果が期待できるのが特徴です。

モードは「シャワー水流」と「ミスト水流」の2種類。「シャワー水流」は直径約10cm、「ミスト水流」は直径約16cmと違いはありますが、いずれの場合も肌あたりはよく、快適なバスタイムを過ごせます。

グリップ部分の直径約3cmでスリム。手元にオンオフ切り替えのボタンがあるので、操作も快適です。メタル仕様でラグジュアリーな装いなので、おしゃれなシャワーヘッドを探している方にもおすすめです。

トートー(TOTO) エアインシャワーヘッド(アダプター付) THYC48

トートー(TOTO) エアインシャワーヘッド(アダプター付) THYC48

国内大手メーカー「TOTO」のシャワーヘッド。見た目はごく普通のアイテムですが、水流を発する際に空気を含ませることによって、水滴が大粒になり、心地よい肌ざわりを体感できるのが特徴です。

また、従来よりも約35%の節約ができると謳うほど、水道代に配慮できるのもポイント。自宅のシャワーヘッドを少しランクアップさせたいと考えている方は、ぜひチェックしておきましょう。

トートー(TOTO) ワンダービート THYC10R

トートー(TOTO) ワンダービート THYC10R

通常シャワーのスプレー吐水はもちろん、スパイラル状に水流が噴射される「ワンダービート」にも対応したシャワーヘッド。1分間に約1600回の高速回転をすることによって、断続感のある強い旋回水流を生み出せるのが特徴です。

水流の強さを活かし、効率的にお風呂を掃除することもでき便利。なお、節水率はスプレー吐水時約15%、ワンダービート吐水時は約30%とモードによって違いがあるので、その点は留意しておきましょう。

トーシン(Toshin) AngelAir Watersaving シャワーヘッド TH-007

トーシン(Toshin) AngelAir Watersaving シャワーヘッド TH-007-PI

トップの形状に円形を採用したシャワーヘッド。水流を発する際に空気を含ませることによって、水滴が大粒化し、心地よい肌ざわりを体感できるのが特徴です。

吐水口にエラストマー素材の突起を設けることによって、お手入れに配慮しているのも魅力。軽くこするだけで簡単に汚れを落とせます。

カラーは定番のホワイトやクロムメッキのほか、ピンク・ゴールド・レッドなど、ラインナップが豊富なのもポイント。バスルームをおしゃれに彩りたい方にもおすすめです。

サモドラ(samodra) シャワーヘッド SPW-201

サモドラ シャワーヘッド  SPW-201

衛生的に使えるシャワーヘッド。内部にセットされた活性炭カートリッジに水流が通ることによって、水道水に含まれる残留塩素のケアが期待できるのが特徴です。

カートリッジの交換目安は1日10分のシャワー利用で約5〜6ヵ月。取り付け方法はグリップ部分からヘッドパーツを外して挿入するだけなので、簡単にできるのも魅力です。

また、0.3mmの極小穴を採用しており、水の勢いは繊細。節水率は約50%と謳っているため、光熱費のコスト削減にもつながります。美容や健康を意識している方はぜひチェックしてみてください。

グローエ(GROHE) リレクサ ファイブ ハンドシャワー

グローエ(GROHE) リレクサ ファイブ ハンドシャワー

ドイツの水栓メーカー「グローエ」のシャワーヘッド。同社は数多くのアイテムを取り揃えていますが、なかでも本製品の「リレクサ」シリーズはロングセラーモデルとして知られている製品です。

モードは5種類。通常の「ノーマル」のほか、発泡性の優しい「シャンペン」、断続的な水流が続く「マッサージ」、集中的に強めの水流を発する「ジェット」、柔らかい水流の「レイン」から選べます。

また、散水板に採用されたシリコン突起は汚れが落としやすいので、お手入れも容易。見た目にも高級感があり、ラグジュアリーな装いに仕上がっているのも魅力です。

東レ(TORAY) トレビーノ トレシャワーRS53

東レ(TORAY) トレビーノ トレシャワーRS53

大手メーカー「東レ」のシャワーヘッド。本製品は家庭用浄水器で有名な「トレビーノ」シリーズのアイテムで、複数ラインナップを揃えています。

本製品は活性炭をカートリッジとしてセットして使用するのが特徴。水道水の塩素除去に効果が期待できるので、美容や健康を意識している方におすすめです。

カートリッジの寿命は約5ヵ月。水流は、浄水と原水とで切り替えが可能です。髪や身体を洗うときは浄水、お風呂を掃除するときは原水と、使い分けられます。なお、原水シャワーは同社の従来製品と比べて節水率は約30%。水道代に配慮できるのもポイントです。

MTG リファ ファインバブル RF-MB2307B

MTG リファ ファインバブル RF-MB2307B

ヘッド内の独自構造によって普通の水よりも細かくて小さな泡「ウルトラファインバブル」と「マイクロバブル」を含んだ水を発するシャワーヘッド。美容と健康に配慮した水流を発することで高い効果が期待できるのが特徴です。

サイズは84×136×244mm、重さは340gとやや重厚感はありますが、水圧で手首が持っていかれることを防げるのもポイント。また、約40%の節水効果を謳っており、水道代に配慮できるのも魅力です。美容や健康志向に高い関心がある方はぜひチェックしておきましょう。