「ランドリーラック」を使えば、洗濯機上のデッドスペースを収納として活用できます。ランドリーラックには、おしゃれな立て掛け型やスリムな突っ張り型、防水パンの上に設置できるタイプなど、さまざまな製品があり、どれを選べばよいのか迷ってしまうことも。

そこで、今回はランドリーラックの選び方やおすすめの製品をご紹介します。洗剤や柔軟剤、バスケットなどの置き場所に困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ランドリーラックの選び方

タイプで選ぶ

置き型

By: amazon.co.jp

床に置くタイプのランドリーラックです。4本脚で、しっかりした作りのモノが多いのが特徴。洗剤や柔軟剤といった洗濯用品をはじめ、タオルや洗濯物など、たくさんのモノを収納したい方におすすめです。

置き型のランドリーラックはさまざまなデザインの製品があるのも特徴。たくさんの製品のなかから、アンティーク調や木製など好きな雰囲気のモノや、インテリアに合ったデザインの製品を選ぶことが可能です。

ただし、置き型のランドリーラックは、比較的広い設置スペースを必要とします。防水パンと重なると設置できない可能性もあるので、設置場所に収まるサイズかどうか、事前に確認しておきましょう。

突っ張り型

By: amazon.co.jp

天井と床に突っ張って設置するタイプのランドリーラック。支柱が2本程度で、設置スペースが小さく済むのが特徴です。

洗濯機の背面、もしくは側面に設置して使うので、スリムな印象を与えます。洗濯機の横にすき間がない家庭や、ランドリーラックの脚をなるべく見えないように隠したい方にぴったりです。

突っ張り型のランドリーラックは、収納スペースが比較的限られている場合が多いため、収納するモノが少ない方におすすめ。また、固定するためのつまみは、洗濯機より高い位置にあると、設置が楽になります。

立て掛け型

By: amazon.co.jp

壁に立て掛けるだけのランドリーラックです。設置済みの洗濯機を動かさずに設置できる場合が多く、一人暮らしの方など、人手が足りない場合におすすめ。また、支柱が少なく、洗濯機周りがすっきりした印象になります。

ただし、立て掛け型のランドリーラックは壁に立て掛けているだけなので、安全面に配慮が必要です。耐震グッズなどを使用し、ランドリーラックが揺れたり、倒れたりしないように気をつけましょう。

収納力や耐荷重の高さで選ぶ

By: amazon.co.jp

洗濯洗剤や柔軟剤、洗濯ネット、ハンガー、タオルなど、洗濯機の周りには意外とたくさんのモノがあります。より収納力に優れたランドリーラックを探している場合は、棚板の多いタイプがおすすめ。

さらに、サイドにメッシュパネルが付いているモノであれば、フックやカゴを引っ掛けて、新たに収納スペースを作ることが可能です。タオルハンガーが付いており、バスタオルなどを掛けておける製品もあります。

ただし、ランドリーラックは製品によって耐荷重が異なるため、たくさんのモノを収納する場合には注意が必要です。棚板1枚の耐荷重が5kg程度の製品が多く、なかには10kg程度の耐荷重があるタイプもあります。事前に収納するモノの重量を確認して、重さに耐えられる製品を選びましょう。

機能性の高さで選ぶ

伸縮機能付き

By: amazon.co.jp

「事前に洗濯機のサイズを測って購入したのに、誤差があって洗濯機が入らない」といった失敗に備えるなら、伸縮機能付きのランドリーラックがおすすめ。縦幅と横幅のどちらが調節可能か、または両方調節可能かを確認しておきましょう。

伸縮機能が付いていれば、設置時に蛇口がラックに当たったり、洗濯機を開けたときフタがラックに当たったりといった想定外の状況でも対応可能です。

また、洗濯機を買い替えたり、引っ越したりするときにも、伸縮機能は便利に使えます。洗濯機のサイズや設置可能なスペースの幅が変わっても、伸縮機能でラックのサイズを調節して設置できるので、ランドリーラックを買い換える必要がありません。

ハンガーバー付き

By: amazon.co.jp

ハンガーバー付きのランドリーラックは、ちょっとした物干しとして使えます。部屋干しや陰干しをしたいとき、少しの洗濯物であれば、洗濯機から出して、そのままハンガーにかけて干すことが可能。別の場所にラックを用意する必要がないので、省スペースなのも嬉しいポイントです。

また、スプレータイプの洗濯洗剤などを掛けておくことも可能。収納スペースが足りない場合は、フック付きのカゴなどを掛けて収納場所を作れます。高い収納力のランドリーラックを探している方におすすめです。

アジャスターや補強フレーム付き

By: amazon.co.jp

ランドリーラックを設置したい場所に防水パンや段差がある場合、がたついてしまう恐れがあります。がたつきを放置したままラックを使っていると、倒れたり、破損したりする可能性も。

脚にアジャスターが付いているモノであれば、脚の高さを調節できるので、がたつきを抑えられます。引越しなどで設置する場所が変わる可能性のある方にもおすすめです。

より安全面に配慮するのであれば、補強フレームが付いたモノがおすすめ。ランドリーラックの横揺れを防ぎ、安定させることが可能です。補強フレームが洗濯機で隠れる位置にあると、見た目にもすっきりした印象になります。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

ランドリーラックは、脱衣所や洗面所といった水回りで利用することが多いため、サビに強いステンレス製がおすすめです。

サビにくいので、洗い終わった洗濯物を少しかけておくといった使い方もできます。きちんとお手入れをすれば、ひとつのランドリーラックを長く使えるのが嬉しいポイントです。

ほかにも、比較的価格の安いスチール製や、おしゃれなデザインの木製ランドリーラックなどがあります。ステンレス以外のランドリーラックを利用する場合は、こまめに換気を行い水が付いたらすぐに拭き取るなどして、対策を行いましょう。

ランドリーラックのおすすめモデル

平安伸銅工業 ハンガーも掛けられる3段タイプ伸縮ランドリーラック L-5

洗濯機のサイズに合わせて設置できるランドリーラックです。棚の高さは112〜172cmまでを10cm刻みで、横幅は60〜93cmまでを自在に調節できます。設置時に洗濯機が入るか不安な方におすすめです。

本体には棚が3段と、ハンガーバーが付いています。ハンガーバーには、使用後のタオルを掛けておいたり、少しだけ洗濯物を部屋干ししたりと、便利に使うことが可能です。

棚板1枚あたりと、ハンガーバーの耐荷重は5kg。ランドリーラックの総耐荷重は20kgあるので、たっぷり収納できます。たくさんの洗濯用品をランドリーラックに収納したい方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンガーバー付ランドリーラック HLR-181P

ラック上部にハンガーバーが付いたランドリーラックです。ハンガーバーの耐荷重は5kgで、ちょっとした洗濯物を掛けておくのにぴったり。スプレーボトルなども引っ掛けておけます。

棚板にすき間がなく、フラットなのもポイント。小さな洗濯小物などを置いても、棚板のすき間から下に落ちてしまう心配がありません。洗濯バサミなどの収納場所に困っている方にもおすすめです。

洗濯機の裏に隠れる部分には、ランドリーラックのぐらつきを抑える「すじかい棒」が付いています。小さな子供やペットがいる家庭など、特に安全面に配慮したい場合はぜひチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) バスケット付きランドリーラック LRP-211

取り外しできるバスケット付きのランドリーラックです。バスケットは、洗濯物の仕分けに使ったり、タオルの収納に使ったりと、さまざまな使い方ができます。バスケットと棚は入れ替えられるので、ちょうどよい高さに配置して利用可能です。

棚部分のサイドにはメッシュパネルが設置されており、棚に置いたモノが横から落下するのを防ぎます。さらに、フックなどを引っ掛ければ、カゴやブラシなどを掛けておくことも可能。収納するモノが多い方におすすめです。

背面には補強フレームが付いているので、横揺れを抑えられます。また、脚には高さを微調整できるアジャスターが付いているため、設置する床に段差があっても、ぐらつきを抑えることが可能です。

ビーカム(BCOM) ランドリーラック GSL02FB

さびにくいステンレスパイプを使用したランドリーラックです。2.5cmの太いパイプを使っているので、比較的丈夫なのが特徴。ひとつのランドリーラックをなるべく長く使いたい方におすすめです。

棚板は、10cm幅のプラスチック板が横に複数枚並べられ、1枚ずつ取り外せる仕様です。数枚取り外してバスケットを置く、といった使い方も可能。自由にカスタマイズして使えるのが嬉しいポイントです。

前面にはフロントバーが設置されています。比較的低い位置にバーがあり、バスマットやバスタオルなどを掛けておくのにおすすめです。また、ラック上部にはハンガーバーも付いているので、ちょっとした洗濯物も掛けておけます。

山善(YAMAZEN) ランドリーラック TLR-17743

天然木パインを使用した、木製のシンプルなランドリーラックです。インテリアを木目調で揃えている家庭や、ナチュラルなデザインが好きな方におすすめ。

棚板は1段あたりの耐荷重が約10kgで、重めの洗剤なども収納できます。また、棚の高さは6cm間隔で11段階に調節できるので、収納するモノに合わせた空間づくりが可能。デッドスペースを減らしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

さらに、天板にこぼれ止めが付いていたり、脚にアジャスターが付いていたりと、機能が充実しているのも特徴です。サイドにはタオルハンガーとフックも設置されているため、さまざまなモノを整理して収納できます。

ロウヤ(LOWYA) ランドリー収納

デザイン性が高く、おしゃれなランドリーラックを探している方におすすめの製品です。本製品は、サイド部分がアンティーク調のメッシュパネルになっており、洗濯機周りを優雅な空間に演出します。

木目調の棚板は、厚み1.6cmと丈夫に作られており、高級感のある仕上がりです。キズや汚れに強いPVC仕上げを採用しており、長くきれいに使えます。

ラック上部にはハンガーバーが付いており、少しだけ部屋干ししたいときに便利です。さらに、棚板部分にはストッパーが付いているので、板がズレにくいのも特徴。ランドリーラックをおしゃれかつ安全に使いたい方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ステンレス突張りランドリーラック STL-270

人気の突っ張り式ランドリーラックです。ステンレス製でさびにくく、長く使えるのがポイント。こまめに水気を拭き取ったり、換気をしたりといった頻繁なお手入れが面倒な方におすすめです。

縦幅は約200〜270cmまで、横幅は約67〜97cmまでの間で、自由に調節可能。測った洗濯機のサイズに誤差があった場合にも、突っ張り棒を伸縮させて差をカバーしやすいので安心です。

棚の高さも自由に伸縮させられるため、置くモノや収納カゴのサイズに合わせて、効率的に収納スペースを作ることが可能。収納するモノが落ちにくいよう、棚板がメッシュになっているのも嬉しいポイントです。

平安伸銅工業 突っ張りランドリーラック L-6

防水パンの縁にも設置できるランドリーラックです。突っ張り棒の下キャップに付いているパッドを、専用パッドに取り替えるだけで、防水パンの縁にも設置できます。洗濯機を設置するスペースの床が防水パンで埋まっている場合などにおすすめです。

また、支柱の中央部分にグリップがあるのもポイント。グリップがあまりに高い位置や低い位置にあるとグリップを回しにくく、突っ張りが甘くなってしまう可能性がありますが、本製品は中央部分で回せるのでしっかりと固定可能です。

置き型のランドリーラックだと子供やペットが遊んで倒してしまわないか不安な方は、ぜひチェックしてみてください。

ぼん家具 ランドリーラック

棚板の高さが調節可能で、ドラム式洗濯機にも縦型洗濯機にも対応したランドリーラックです。フレームははしご状になっており、横棒にフックを掛けるだけで棚板を設置できます。高さを楽に変えられるので、収納するモノに合わせて収納スペースを構成することが可能です。

防水パンに対応しているため、賃貸住宅などでも利用できます。また、幅は60cmと比較的スリムなのも特徴。限られたスペースを有効活用して、洗濯物や洗濯用品をおしゃれに収納したい方におすすめです。

カラーバリエーションは、ウォールナット×ブラック、オーク×ブラック、ホワイト×ホワイトの3パターン。インテリアに合わせたカラーを選べるのがポイントです。

山崎実業 立て掛けランドリーシェルフ タワー 2482

立て掛けるタイプのランドリーラックです。壁に立て掛けるだけなので、洗濯機を動かさずに済む場合が多く、一人暮らしの方など人手が少なくても簡単に設置できます。設置に不安がある方にもおすすめです。

棚は天板を合わせて3段あり、たくさんのモノを収納可能。上部にハンガーバーが付いているため、陰干しや部屋干しをするのに便利です。

フレームはホワイトまたはブラックから選べます。ハンガーバーは天然木が採用されており、ナチュラルでおしゃれな雰囲気。支柱が少ない分すっきりした印象になり、どんな部屋にも馴染みやすいのが嬉しいポイントです。

ランドリーラックの楽天市場ランキングをチェック

ランドリーラックの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。