「Bluetoothレシーバー」は、Bluetooth非対応のデバイスをBluetooth機器として使えるようにする便利なアイテム。普段使っている有線イヤホンと繋いでワイヤレスで音楽を楽しんだり、カーオーディオに接続したりと、1台でさまざまなシーンに対応できます。

そこで今回は、おすすめのBluetoothレシーバーをご紹介。併せて選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

Bluetoothレシーバーとは?

By: amazon.co.jp

Bluetoothレシーバーは、Bluetooth非対応のデバイスに接続することでBluetooth接続を可能にするアイテム。有線タイプのイヤホンやヘッドホンに接続することで、スマートフォンやタブレットの音声をワイヤレスで楽しめます。

また、テレビやスピーカー、カーオーディオなど、さまざまなデバイスで使用できるのも魅力。最新のスマートフォンやタブレットは、イヤホンジャックを搭載していないモノも多いので、ひとつ持っておくと重宝します。

Bluetoothレシーバーの選び方

コーデックをチェック

SBC

By: fiio.jp

SBC(SubBand Codec)は、多くのBluetoothレシーバーで使われているコーデックです。汎用性が高くいろいろなBluetooth対応デバイスで使えるため、古いデバイスから最新のデバイスまであらゆる製品で使えます。また、SBCを採用したBluetoothレシーバーは価格の安い製品が多いため、コストパフォーマンス重視で選びたい方にもおすすめです。

ただし、SBCは高音域が消えたり無音のときにノイズが発生したりしてしまうなど、音質はそれほどよくないため、高音質で音楽を楽しみたい方は別のコーデックを選ぶのがおすすめ。デバイスの組み合わせによっては音の途切れや遅延が発生することもあるので、動画やゲームを楽しみたい場合は注意が必要です。

AAC

By: audio-technica.co.jp

AAC(Advanced Audio Coding)は、主にiPhoneやiPadなどのiOSデバイスで使われているコーデックです。音の圧縮率だけ見るとSBCとほとんど変わりませんが、送信時のタイムラグがほとんど発生しないため、動画やゲームで使っても違和感なく快適に楽しめます。また、高音域の表現力にも優れているので、動画やゲームだけでなく高音質で音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

ただし、ACCは基本的にiOSを搭載したデバイスのみでしか使えないため、Androidを搭載したスマートフォンやタブレットで使いたい方は注意しましょう。

aptX

By: amazon.co.jp

aptXは、主にAndroidを搭載したデバイスで使われているコーデックです。圧縮率がSBCと比べても非常に小さいため、高音域でも音が消えず、音の遅延もほとんどありません。数あるコーデックのなかでも音質が優れているため、高音質で音楽を楽しみたい方におすすめ。また、SBCのように途中で音が途切れにくいので、音楽はもちろん動画やゲームで使うのにもおすすめです。

ただし、aptXは使えるデバイスの種類がAndroidデバイスに限られているため、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスで使う予定の方はくれぐれも注意が必要です。

aptX HD

By: fiio.jp

aptX HDは、半導体メーカーであるCSR社が開発した、aptXを拡張したコーデック。オーディオ向けのプロファイル「A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)」で使われるコーデックで、Bluetoothで音楽を聴く際に、ほかのコーデックよりも音の遅れが気になりにくいのが魅力です。

aptXはハイレゾ非対応なのに対し、aptX HDはハイレゾ相当の音源に対応していることから、より高品質な再生が可能。ただし利用するには、送信側と受信側がともにaptX HDに対応していることが必要なので、事前に確認しておきましょう。

Bluetoothのバージョンをチェック

By: amazon.co.jp

ストレスなく快適に音楽を楽しみたいなら「Ver5.0」がおすすめ。従来のバージョンと比べても通信速度が約2倍に向上しているので、高解像度のハイレゾ音源もサクサク快適に楽しめます。また、通信範囲が約4倍に拡大しているので、広い部屋で移動しながら使うのにもおすすめ。音の遅延も少ないため、ゲームや動画を楽しむのにもおすすめです。

ただし、Ver5.0は新しい規格だけあって対応しているデバイスが現状では少ないので要注意。Ver5.0に対応したデバイス以外との接続では、低いバージョンで接続されてしまうため、留意しておきましょう。

Ver4.0~

Ver4.0~は最近の主流となっているバージョンです。多くのスマートフォンやタブレットで採用されており、いろいろなデバイスで使えるなどの利点があります。また、従来のバージョンと比べても省電力機能が向上しており、デバイスの電池持ちがよくなっているのも魅力のひとつ。

ただし、全体的な性能はVer5.0よりも劣るため、通信速度や通信範囲を重視する方は注意が必要です。また、音の遅延も少なからず発生するため、動画やゲームを快適に楽しみたい方にはあまり向いていません。

Ver3.0~

Ver3.0~は現在の主流であるVer4.0~の一世代前にあたる規格です。少し前の規格ですが、通信速度はVer4.0~よりも早いため、ストレスなく快適に音楽が楽しめます。また、Ver3.0~を採用したBluetoothレシーバーは価格が安いため、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめ。

ただし、Ver4.0~やVer5.0と比べると消費電力が大きいため、長時間連続して使うのにはあまり向いていません。また、Ver4.0~とVer3.0~は通信方式が異なっており、デバイスによっては使えないことがあるため、選ぶ際には注意しましょう。

クラスをチェック

By: fiio.jp

Bluetoothはあらかじめ電波の有効範囲が「クラス(Class)」という単位で分けられています。現在使われているクラスには、通信範囲が最大100mの「Class1」、最大10mの「Class2」、最大1mの「Class3」の3種類があります。

スマートフォンやタブレット、オーディオ機器などほとんどのBluetoothデバイスには、通信範囲が最大10mの「Class2」が採用されているため、Bluetoothレシーバーを選ぶ際には「Class2」または「Class1」に対応した製品を選びましょう。

ちなみに、Bluetoothレシーバーが「Class1」、スマートフォンが「Class2」のようにそれぞれクラスが違う場合には、下位のクラスに合わせて繋がるようになっているため、わざわざBluetoothデバイス間で同じクラスに合わせる必要はありません。

プロファイルをチェック

ひと口にBluetoothデバイスといっても、スマートフォンやタブレット、キーボードやマウスのようにいろいろなデバイスがあります。当然デバイスの種類が違えば音楽や画像などやり取りするデータも違っており、送受信する信号も大きく異なります。そこで重要になるのが、Bluetooth通信時の動作や送受信の内容が定義された「プロファイル」です。

Bluetoothデバイスで使われている主なプロファイルには、音声を伝送する「A2DP」、ハンズフリー通話を行う「HFP」、ヘッドセットと音声を送受信する「HSP」、AV機能のリモコン機能を制御する「AVRCP」などがあります。使う用途に合ったプロファイルをしっかり選ばないとBluetoothレシーバーが正常に機能しないため、選ぶ際にはプロファイルもしっかりとチェックしてみてください。

サイズと重さをチェック

By: audio-technica.co.jp

外出時に使う場合、携帯しやすいようにできるだけ軽量なモノを選びたいところ。手持ちのプレーヤーやスマートフォン本体よりも軽い、90~100g以内の軽量タイプが理想的です。

またBluetoothレシーバーは、手のひらに収まるコンパクトなモノから操作のしやすい長方形のモノまで、さまざまなサイズが展開されています。荷物のかさばりを少なくするためにも、コンパクトかつ軽量なモノを選ぶのがおすすめです。

バッテリーの持ちをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothレシーバーのバッテリーは、一度の充電で連続再生時間が長いモノがおすすめです。連続稼働時間の短い機種を頻繁に充電する方法もありますが、充電のしすぎはバッテリーの劣化に繋がります。理想としては、フル充電状態で7時間以上持つモノを選びましょう。

通勤通学時や外出時など利用シーンはさまざまですが、普段の連続使用時を考慮したうえで、1~2時間ほどのゆとりがあるバッテリーを選ぶと安心です。

使用シーンをチェック

有線ヘッドホン・イヤホン

By: amazon.co.jp

有線ヘッドホン・イヤホンにBluetoothレシーバーを接続する場合は、操作ボタンを搭載した多機能なモデルがおすすめ。スマートフォンを操作しなくても音量調節や曲送りができるほか、マイクが搭載されているモノを選べば、ハンズフリー通話も可能です。

ゲームをプレイする際に使用したい場合は、できるだけBluetoothのバージョンが高く、遅延の少ないモデルを選びましょう。カバンや洋服などに取り付けられるクリップを搭載しているモデルであれば、ゲーム中に邪魔になりません。

カーオーディオ

By: aukey.com

カーオーディオに接続したい場合は、シガーソケットから電源を取れるタイプがおすすめ。長時間のドライブでも、バッテリー残量を気にすることなくワイヤレスで音楽を楽しめます。電源ボタンがないタイプであれば、車のエンジンをかけるだけで使用可能です。

USBポートを搭載しているモノであれば、スマートフォンの充電も同時に行えます。さらに、着信応答ボタンとマイクを搭載したモデルを選べば、ハンズフリー通話も可能。カーオーディオの多くはAUX端子を搭載しているため、AUXケーブルを搭載したモデルもおすすめです。

オーディオ機器

コンポやアンプなどのオーディオ機器に接続したい場合は、AACやaptX、aptX HDなど高音質なコーデックに対応したモデルがおすすめ。据え置きで使うことが想定されるため、サイズが大きくてもバッテリー持ちがよいモデルを選びましょう。

また、接続したい機器が光デジタル接続に対応している場合は、光デジタル対応のBluetoothレシーバーがおすすめ。光デジタルケーブルを使うことで、より高音質で音楽を楽しめます。

Bluetoothレシーバーのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーはイヤホンやヘッドホンなど、さまざまな種類の音楽製品を取り扱っている家電メーカーです。Bluetoothレシーバーのバリエーションも豊富なので、使う用途やシチュエーションに合わせて適した1台が選べます。

高音質なAACに対応した製品もラインナップされているので、音質にこだわりたい方はチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM)

By: elecom.co.jp

エレコムは、車載タイプやレシーバータイプの製品を主に取り扱っているメーカー。対応機器にかざすだけでペアリングができる「NFC」や、手軽に操作ができる「スライドスイッチ」など、便利な機能が充実しているため、使いやすさを重視する方におすすめです。

また、iPhoneやiPadに入っている音楽を高音質で楽しめる「AAC」に対応し、Apple製品との接続にも適したモデルもラインナップされています。

フィーオ(FiiO)

フィーオは、2007年に中国で設立されたオーディオメーカー。特にポータブルオーディオ製品に力を入れており、デジタルオーディオプレーヤーやポータブルヘッドホンアンプ、インイヤーイヤホンを中心に展開しています。

フィーオのBluetoothレシーバーは、クアルコム製のチップを搭載しており、安定した接続と高音質が魅力。AACやapt X HD、LDACなど複数の高音質なコーデックに対応したモデルも取り扱っています。スタイリッシュなデザインなので、おしゃれなBluetoothレシーバーを探している方にもおすすめです。

Bluetoothレシーバーのおすすめ

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット SBH24

マイク搭載でハンズフリーでの通話を楽しめる

外出先で音楽を楽しみやすいBluetoothレシーバーです。好みのヘッドホンを3.5mmのイヤホンジャックへ接続すれば、ワイヤレスで使えます。

本体にはマイクが搭載されているので、スマートフォンをいちいち手に持つことなく通話できるのが魅力です。マルチファンクションキーを押せば、音声検索を行うことが可能。

また、NFCを使ったペアリング方式を使用できます。スマートフォンをかざすだけで、接続を完了できるのが便利です。接続規格は、Bluetooth Ver.4.2に対応。コーデックには、SBCとAACを採用しています。高音質で音楽を楽しめるおすすめのBluetoothレシーバーです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット SBH56

スマートフォンのカメラアプリをリモート操作できる

音楽鑑賞だけでなく通話も快適に行えるBluetoothレシーバーです。「発信者名読み上げ」機能をONにすれば、電話帳に登録された人物名を自動で読み上げられるのが特徴。ハンズフリーで応答もできます。

また、カメラのリモート操作機能を搭載。カメラキーを長押しすることでスマートフォンのカメラアプリを起動し、ワンタッチで撮影できるのがポイントです。ほかにも、セルフタイマー機能などを使用できます。

さらに、SBCやAACのコーデックを採用。iPhoneなどのiOSデバイスで使用しやすいおすすめのBluetoothレシーバーです。

エレコム(ELECOM) Bluetoothオーディオレシーバー LBT-AVWAR501XBK

コンパクトサイズで置き場所を選ばない

オーディオ機器をワイヤレス化できるBluetoothレシーバーです。据え置き型ながら、サイズは約60×17×60cmとコンパクト。オーディオ機器の近くに本体を置いても、スペースを取りません。

また、NFCペアリングを採用。スマートフォンをタッチするだけで、簡単に接続できます。BluetoothのClass 1に対応。幅広い範囲でしっかりとデータを受信できるのが魅力です。

バージョンにはBluetooth 5.0を用いています。本製品には、3.5mmのステレオミニケーブルだけでなく、RCA変換ケーブルも付属。幅広いオーディオ機器へ接続できます。スマートフォンの音楽をオーディオ機器で楽しみたい方におすすめのBluetoothレシーバーです。

フィーオ(FiiO) Bluetoothアンプ BTR3K

一度に最大2台のデバイスとペアリングできるBluetoothレシーバー。デバイスを切り替えるたびに、再度ペアリングを行う必要がないのが魅力です。

AACのほか、SBC・aptX・aptX LLなど主要コーデックに対応。幅広いデバイスで使用できます。接続デバイスの音量と本製品の音量を個別設定できるため、より細かに音量調節を行えるのも嬉しいポイントです。

1.5時間の充電で、約11時間の連続再生ができるのも魅力。短い充電時間で長く連続使用できるBluetoothレシーバーがほしい方におすすめです。

アンカー(ANKER) Anker Soundsync A3341011

送信機としての役割も果たせるBluetoothレシーバーです。トランスミッターモードにすれば、Bluetooth機能がないテレビなどをワイヤレス化できるのが魅力。最大2台までのBluetoothイヤホンへ接続できます。

通常のレシーバーモードにすれば、スマートフォンから音響機器へ、楽曲を簡単に送信できるのがポイント。最大2台までの同時ペアリングを行って、接続機器を瞬時に切り替えられます。

また、RCAケーブル・Micro USBケーブル・AUXケーブルなどを付属。カーオーディオをはじめとした機器へも接続できます。1台で多彩な役割を果たせるおすすめのモデルです。

アンカー(ANKER) Anker Soundsync Bluetoothレシーバー A3352011

安価で使い勝手のよいBluetoothレシーバーです。Bluetooth 5.0に対応しており、接続性能は最大約9mまで。スピーカーやヘッドホンはもちろん、付属のAUXケーブルを使えばカーオーディオもワイヤレス化することができます。

サイズは50×29×10mmとポケットサイズで、持ち運びやすいのがポイント。180mAh容量のバッテリーを搭載しており、最大12時間の再生に対応しています。コスパに優れたBluetoothレシーバーを探している方におすすめです。

ロジクール(Logicool) Bluetoothオーディオレシーバー BB200

スピーカーを手軽にワイヤレス化できるBluetoothレシーバーです。3.5mmオーディオケーブルとRCAケーブルの入力に対応。さまざまな種類のスピーカー機器へ接続できるのがメリットです。

機器との接続は、搭載する「ワンプッシュペアリングボタン」を一度押すだけで完了。切断されてしまっても再び接続の範囲内に入れば、自動で再接続できます。また、最大2台までのペアリングを行えるのが特徴。スマートフォンの音楽を気軽に再生したい方におすすめのBluetoothレシーバーです。

オーキー(Aukey) Bluetoothレシーバー BR-C1

A2DPやAVRCPに対応したBluetoothレシーバー。「マルチボタン」を搭載しており、3秒間押し続けるだけで簡単にペアリングできるのが魅力です。

接続端子には3.5mmオーディオジャックを採用。通信範囲は最大10mなので、部屋にあるスピーカーと接続すれば、ソファなどでくつろぎながら音楽や動画鑑賞を楽しめます。簡単に操作できるBluetoothレシーバーがほしい方におすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホンアンプ AT-PHA55BT

高音質で音楽を楽しめるBluetoothレシーバーです。アンプやDACには、Hi-Fi品質の集積回路を採用。ジッターの抑制やクロック制御を効果的に行うことで、クリアな音質を実現します。

コーデックは、LDAC・aptX・AACに対応。ボリュームを32段階と細かく調節できるのがうれしいポイントです。一度フル充電をすれば、外出先で最大8時間連続の再生を行えます。

オーディオテクニカの音響技術が凝縮された高品質なBluetoothレシーバーです。

バッファロー(BUFFALO) Bluetoothオーディオトランスミッター&レシーバー 低遅延対応モデル BSHSBTR500BK

レシーバーだけでなくトランスミッターの機能も使用できるおすすめのBluetoothレシーバーです。自宅のスピーカーや車のカーオーディオに繋いでスマートフォンの音楽を楽しんだり、Bluetooth対応ヘッドホンでテレビゲームを楽しんだりできるのが魅力です。

Bluetoothの受信・送信時は、最大2台までの同時接続を行えます。コーデックは、SBCやaptXだけでなく、aptX low latencyにも対応しているのが特徴。ゲームや動画を再生したときに、音声の遅延を最小限に抑えられます。

プロファイルはA2DPに対応し、快適に再生できるBluetoothレシーバーです。

ラディウス(radius) Bluetoothオーディオトランスミッター RK-BT100C

USB Type-Cコネクタを搭載した機器と接続できるBluetoothレシーバー。対応機種が多く、スマホやタブレットのほか、Nintendo Switchなどのゲーム機にも接続できるのが特徴です。専用のドライバーをインストールする必要がなく、気軽に使用できます。

通信方式にはBluetooth 5.0を採用。コーデックはスタンダードなSBCに加え、低遅延なaptX、aptX LLにも対応しています。低遅延かつ高品質なサウンドを実現できるので、動画の視聴やゲームプレイ時にもおすすめです。

マイク音声情報の受信に対応しているのもポイント。マイク入力が可能な機器と接続すればゲームやアプリのボイスチャット機能も使えます。高機能で扱いやすいおすすめのモデルです。

エーディーブイ(ADV) Accessport Air

最大9時間駆動するロングバッテリーを搭載したBluetoothレシーバー。通信方式にはBluetooth 5.0を採用しており、さまざまな機器に接続できるのが特徴です。aptX・aptX LL・AACコーデックに対応しているため、遅延の少ない高品質なサウンドを楽しめます。

本体にシャツクリップが備えられているのも魅力。シャツやジーンズに取り付けて使用できるため、コードによる制限を最小限に抑えられます。また、コントロールボタンにも素早くアクセス可能。手軽に操作できて便利なモデルです。

BluetoothレシーバーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

BluetoothレシーバーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。