年末年始に買い換えることが多いアイテムといえば「手帳」。仕事やプライベートの予定を管理できるのはもちろん、最近流行りの「1日1ページ手帳」をチョイスすれば日記代わりにも使えます。

毎年さまざまな手帳が各メーカーから発売されるため、「自分にはどの手帳が合うのか分からない……」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、2019年版手帳のおすすめモデルをご紹介します。初めて手帳を選ぶ方はもちろん、毎年買い換えている方もぜひ参考にしてみてください。

手帳を使うメリットとは?

By: amazon.co.jp

デジタル全盛期の現代、「予定の管理はスマートフォンのカレンダーアプリで十分」と考えている方も多いかもしれませんが、手帳には手帳ならではのメリットがあります。

特に、キーボードで入力をするカレンダーアプリと異なり、手で直感的に書き込めるという点が大きなメリット。ちょっとしたメモを取りたいときにも、手帳を開くだけでサッと記入が可能です。

手帳のタイプ(フォーマット)は大きく分けて3つ

マンスリータイプ

By: amazon.co.jp

マンスリータイプの手帳はカレンダーと同じようなレイアウトとなっており、月単位で予定の管理ができます。予定を書き込めるスペースは小さいですが一覧で確認できるため、月全体の流れを大まかに把握しておきたいときに便利です。ほかのタイプと比べて手帳本体が薄くなるので、持ち歩きやすさを重視する方にも適しています。

仕事の進行管理やタスク管理ツールとして手帳を使いたい場合は、マンスリータイプの中でもガントチャートタイプと呼ばれるモノがおすすめ。棒グラフのようなレイアウトとなっており、期限が定められている作業の管理をしっかりと行えます。

ただし、ガントチャートタイプ単体の手帳は少なく、この後ご紹介するウィークリータイプと一緒になっていることが多いので注意しましょう。

ウィークリータイプ

By: amazon.co.jp

バランスが取れた汎用性の高い手帳を探している方におすすめのウィークリータイプ。その名の通り、週単位で予定を管理できるのが特徴です。

ウィークリータイプは、その中でもさまざまな種類に分かれています。スケジュール欄とメモ欄を同じくらい使いたい方は、ページの左側に1週間の予定を書き込めて、右側にメモを書き込める週間レフトタイプが最適です。

「メモ欄はあまり使わないから左右両ページを使って1週間の予定をしっかり管理したい……。」という方は、ブロックタイプやリンクアップタイプの手帳がおすすめ。1週間の予定を時間軸で管理したい場合は、バーチカル(バーティカル)タイプの手帳をチェックしてみてください。

デイリー(1日1ページ)タイプ

By: amazon.co.jp

1日1ページ単位で予定を書き込んでいくのがデイリータイプの手帳。書き込めるスペースが大きいので、毎日たくさんの予定を抱えている方に適しています。撮った写真を貼り付けたり、イラストを描いたりして日記代わりに使うのもおすすめです。

デイリータイプの手帳は「ほぼ日手帳」やノルティの「U365」など、今やマンスリータイプやウィークリータイプに負けないくらいバリエーションが豊富なので、好みの1冊を見つければ予定管理だけに留まらないライフログアイテムとして活躍してくれます。

手帳の選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

手帳を購入するときの重要ポイントはサイズ選び。常に持ち歩く方であれば、カバンの中であまり場所を取らないコンパクトなモデルをチョイスしましょう。

ただし、小さすぎると予定を記入するスペースも狭くなってしまうため要注意。持ち歩きやすさと書きやすさの両方を重視するのであれば、A6〜B6前後の手帳がおすすめです。

一方、書き込む量が多い方や、自宅もしくは会社に置いて使う方はA5〜B5前後の大きなサイズがベスト。手帳を持ち歩くのかどうか、書き込む量はどのくらいかという2点から自分の用途に合うサイズを選んでみてください。

始まり月で選ぶ

By: amazon.co.jp

手帳はモデルによってページの始まり月が異なります。年末年始に手帳を買い換えたい方は、1月始まりのモノがベスト。学生さんなど新学期に合わせて買い換えたい場合は、4月始まりの手帳を選ぶのがおすすめです。

また、中には7月始まりの手帳や10月始まりの手帳もあります。ライフスタイルに合わせて使いやすい始まり月のモデルをチョイスしてみましょう。

表紙のデザインや素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

ビジネス用の手帳と割り切るのであれば、ブラックやダークブラウンのシンプルな手帳が適していますが、プライベート用の手帳としても使いたいのであれば表紙のデザインや素材にこだわるのがおすすめです。

動物の写真や有名なアニメのキャラクターが表紙に印刷されている手帳など、さまざまなメーカーから個性的なモデルが展開されており、ほかの人との差を付けたいときに最適。あまり堅くない職業に就いている方であれば、仕事で使う手帳でもあえてユニークなデザインのモノをチョイスすると話のタネになるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

上手に使うための手帳術

仕事とプライベートで書き分ける

By: amazon.co.jp

マンスリーページとウィークリーページの両方が付いている手帳を使用する場合、どちらか一方だけを使って、もう一方は白紙のまま使い終えてしまうことがあります。

両方を有効的に使うためには、「マンスリーページにはプライベートの予定」「ウィークリーページには仕事の予定」と内容によって書き分けるのがおすすめです。

もしシフト制の仕事をしている方であれば、逆にマンスリーページへ出勤日を書き込むようにすると、1ヶ月の流れをひと目で確認できて便利に使えます。仕事やプライベートのスタイルに合わせて上手に書き分けてみてください。

年間スケジュールを活用する

By: amazon.co.jp

手帳の巻頭に付いていることが多い年間スケジュール。ここは1年の流れを一覧でチェックできるため、体重の管理など継続して取り組みたい目標を書き込んでゆくのがおすすめです。また、大切な人の誕生日や記念日などをメモしておくページとしても活用できます。

なお、2019年の5月1日に限り祝日とすることが決定し、祝日法で2019年のGWが10連休となりますが、既に印刷を終えて販売されている手帳に関してはこの祝日が反映されていません。手帳を選ぶ際は念のためご注意ください。

手帳用の小物を使いこなす

By: amazon.co.jp

せっかく手帳を使うのであれば、手帳用の小物も揃えるのがおすすめ。コンパクトな手帳を使う場合、普段愛用しているボールペンをそのまま使うと文字が太くて潰れてしまうことがありますが、手帳用の細いボールペンを使用すれば小さなスペースにもしっかりと書き込めます。

「お気に入りのボールペンを見つけたのに手帳にペンホルダーが付いていない……」という場合は、クリップタイプの手帳用ペンホルダーを使うと便利です。

また、付箋を使ってページを見やすくするのもポイント。透明タイプの付箋を活用すれば、書いた文字に重ねて使用できます。手帳の使い方は十人十色。自分に合う手帳術や小物を見つけていくのも、手帳の楽しみ方のひとつです。

2019年版手帳のおすすめ|マンスリータイプ

高橋手帳 リベルデュオ1 No.261

高橋手帳 リベルデュオ1 No.261

“手帳は高橋”というフレーズでお馴染み「高橋手帳」の2019年版モデル。日曜始まりのフォーマットを採用しており、カレンダーと同じように予定の記入ができます。月間ページの左側にメモスペースが用意されているのもポイントです。

記入スペースの大きさが平日と土日で変わらない「土日均等タイプ」のため、仕事の予定もプライベートの予定もしっかり書き込みたい方に適しています。非常にシンプルかつ価格もリーズナブルなので、初めて手帳を使う方にもおすすめです。

高橋手帳 ディアクレールR1 No.491

高橋手帳 ディアクレールR1 No.491

「予定をたくさん書き込めるマンスリー手帳が欲しい」という方におすすめの2019年版モデル。日付ブロックにそれぞれ横罫線が3本引いてあるので、予定が複数ある場合でもキレイに記入できます。各ページにインデックスが付いているため、目的のページをすぐに開けるのも魅力です。

月間ページのほかに「横ケイメモ」と「方眼メモ」が2ページずつ用意されており、メモを取ることが多い方でも便利に使えます。皮革調の素材を採用した落ち着きのあるデザインもポイントです。

ノルティ(NOLTY) ウィック5 1751

ノルティ(NOLTY) ウィック5 1751

以前は能率手帳という名前で親しまれていたメーカー「NOLTY」の2019年版マンスリー手帳。スリムなデザインでジャケットの内ポケットに入れやすいため、スーツを着用する職業の方におすすめです。土日の記入スペースが狭い平日重視タイプの手帳なので、仕事の予定をたくさん書きこみたい方に適しています。

ノルティ(NOLTY) アクセス1 6478

ノルティ(NOLTY) アクセス1 6478

大きすぎず小さすぎないB6サイズの2019年版マンスリー手帳。月と月の間に4ページのメモスペースがあるため、記入量が多い方に適しています。1日1日のブロックが大きめにデザインされているのもポイント。月別のインデックスが付いているタイプなので、目的のページを見つけやすいのが魅力です。

カラーバリエーションは柔らかい印象のキャメルと爽やかなインディゴブルー、そしてシンプルなダークグレーの3種類が用意されているので、好みや利用シチュエーションに応じて選んでみてください。

コクヨ(KOKUYO) キャンパスダイアリー ニ-CMSD-A5-19

コクヨ(KOKUYO) キャンパスダイアリー ニ-CMSD-A5-19

大手文房具メーカー「コクヨ」が販売している2019年版マンスリー手帳。同社の看板商品ともいえる「キャンパスノート」と同じ原紙を採用しており、にじみや裏移りを起こしにくいのが特徴です。月間ページに方眼罫が引かれているため、小さな文字でもキレイに記入できます。

方眼罫の四角を活用すればチェックボックスとしても使用可能。横に線を引いて予定を区切るという使い方もできます。自分流の使い方が探せるおすすめのモデルです。

コクヨ(KOKUYO) キャンパスダイアリー ニ-CTMLB-A5-19

コクヨ(KOKUYO) キャンパスダイアリー ニ-CTMLB-A5-19

卓上カレンダーとしても使える縦開きタイプの2019年版マンスリー手帳。月間ページに加えて、メモスペースとして使える方眼罫ページが用意されています。スタンドパーツが付いているため、卓上に置いて使いたいときはワンタッチで立てられるのが魅力です。

月間ページのレイアウトが月曜始まりになっているので、平日と土日の予定を分けたい方に最適。年度計画表ページが付いているため、年間を通しての予定もしっかり把握したい方にも適しています。

キョクトウ(KYOKUTO) FOBCOOP PBF93W19

キョクトウ(KYOKUTO) FOBCOOP PBF93W19

ポリプロピレン素材の透明カバーが付いており、水濡れや汚れから本体を守れる2019年版マンスリー手帳。付属のゴム紐を使えば、カバンの中に入れていても開かないようにホールドできます。月間ページの記入スペースが大きめなので、しっかりと予定を書き込めるのが特徴です。

手帳本体と透明カバーのほか、5mm方眼罫のノートもセットになっており一緒に持ち歩けるため、予定以外のメモなどもたくさん書きたい方に適しています。

モレスキン(Moleskine) マンスリーダイアリー DSB12MN2Y19

モレスキン(Moleskine) マンスリーダイアリー DSB12MN2Y19

イタリアの手帳メーカー「モレスキン」が展開している2019年版モデル。黒一色の非常にシンプルな表紙デザインを採用しているので、ビジネスシーンで使える手帳を探している方に適しています。優しいアイボリーカラーの紙を用いているのが特徴です。

世界の時差表や飛行滞在時間表が付いているため、海外への旅行や出張が多い方におすすめ。月間ページに加えて年間ページや罫線ページも用意されており、予定をスマートに管理できます。

エトランジェディコスタリカ(etranger di costarica) 手帳 DMD-C-02

エトランジェディコスタリカ(etranger di costarica) 手帳 DMD-C-02

おしゃれで個性的な手帳を探している方におすすめの2019年版モデル。犬や猫など可愛らしい動物の写真が表紙に印刷されており、カバンやデスクから取り出したときにインパクトを与えられます。赤・青・黄・緑の4色刷りでポップな印象に仕上がっている月間ページも魅力です。

手帳の末尾には6mm横罫のページが用意されているので、ちょっとしたメモを取りたいときに便利。デザイン性に優れたおすすめのマンスリー手帳です。

ユナイテッドビーズ(UNITED BEES) 手帳 T191-B5-205

ユナイテッドビーズ(UNITED BEES) 手帳 T191-B5-205

表紙にさりげなく施されたストライプ柄が特徴的な2019年版マンスリー手帳。中のページに関してもカラフルでおしゃれなデザインに仕上がっています。月間ページの左側にあるメモスペースにはチェックボックスも付いており、ToDoリストや買い物リストとして使うと便利です。

カラーバリエーションはファイン・マリン・ライト・ローズの4種類で、それぞれストライプの柄や表紙に書かれている文字の色が異なるので、好みに合わせてチョイスしてみてください。

2019年版手帳のおすすめ|ウィークリータイプ

高橋手帳 ニューダイアリー6 No.82

高橋手帳 ニューダイアリー6 No.82

シンプルな週間レフトタイプの2019年版ウィークリー手帳。メモページには横罫線が引かれていますが、週間ページには線が引かれていないため、自分好みの書き方で予定を記入できます。皮革調の落ち着いたデザインなので、プライベートはもちろんビジネスシーンにも最適です。

高橋手帳 シャルムR4 No.354

高橋手帳 シャルムR4 No.354

上質な素材感とポップなカラーが調和している独特な雰囲気の2019年版ウィークリー手帳。落ち着いたカラーバリエーションも用意されているので、仕事用の手帳としても十分使えます。

フォーマットは週間バーチカルを採用しているため、予定を時間軸でしっかり管理したい方におすすめ。土日のスペースを抑えて平日のスペースを広く取ってあるタイプなので、平日重視の手帳を探している方に最適です。

高橋手帳 フェルテ7 No.237

高橋手帳 フェルテ7 No.237

たっぷりと予定を書き込める週間リンクアップタイプの2019年版ウィークリー手帳。高橋手帳の「第5回手帳大賞」で最優秀企画賞を受賞したユーザー考案のモデルです。週間ページは横罫線スペースに加えて十字に区切ったスペースが用意されており、さまざまな使い方ができます。

ノルティ(NOLTY) ポケット1 1901

ノルティ(NOLTY) ポケット1 1901

小型で持ち歩きやすいモデルを探している方におすすめの2019年版ウィークリー手帳。コンパクトなサイズでありながら、メモスペースに引かれている横罫線の幅が広いため、余裕を持って記入できるのが特徴です。

フォーマットはシンプルな週間レフトタイプなので、週間予定もメモもバランスよく書き込めます。週間ページには小さく時間軸が付いているため、予定を時間ごとにしっかり管理したい方に最適です。

ノルティ(NOLTY) 能率手帳1 小型版 1111

ノルティ(NOLTY) 能率手帳1 小型版 1111

月間ガントチャートタイプと週間レフトタイプがひとつになった2019年版手帳。60年以上の長い歴史があります。月間ガントチャートのページは、長期的な生産管理やプロジェクト管理を行いたいときに便利です。

週間ページには時間軸が付いており、1時間刻みで予定を管理したい方に適しています。薄めのクリーム色とグリーンを組み合わせたレトロなページデザインもポイントです。

ほぼ日手帳 weeks ホワイトライン

ほぼ日手帳 weeks ホワイトライン

コピーライター・糸井重里氏が発行している人気シリーズ「ほぼ日手帳」の2019年版ウィークリータイプ。「トモエリバー」と呼ばれる薄くて軽い用紙を採用しているのが特徴です。ページのフォーマットは週間レフトタイプ。右側のメモスペースには方眼罫が引かれています。

全240ページと充実した内容でありながら、厚みが約9mmでサイズも長財布ほどなのでスマートに収納可能。週間ページの下部に掲載されている”週の言葉”もポイントです。

ほぼ日手帳 weeks ドラえもん/ホンワカパッパ

ほぼ日手帳 weeks ドラえもん/ホンワカパッパ

人気キャラクター「ドラえもん」とコラボしている2019年版ほぼ日手帳weeks。表紙と裏表紙に描かれているドラえもんは、泣いていたり笑っていたりと表情豊かなので見ていて飽きません。ベースとなるカラーもドラえもんをイメージした水色が採用されています。

ページレイアウトやサイズ感などは通常のほぼ日手帳weeksとほとんど変わらず、使いやすさと持ち歩きやすさを両立させているのが特徴。ドラえもん好きな方は必見のモデルです。

コクヨ(KOKUYO) ジブン手帳 ファーストキット ニ-JF1W-19

コクヨ(KOKUYO) ジブン手帳 ファーストキット ニ-JF1W-19

コクヨが展開しているジブン手帳は、「DIARY」「LIFE」「IDEA」の3冊からなるライフログ手帳。「DIARY」は月間ブロックと週間バーチカルが用意されている手帳で、スケジュール管理に活用できます。4年分カレンダーが付いているほか、”今年の目標”というページも用意されているので、年単位の目標を立てたい方に最適です。

「LIFE」は夢や人生設計、座右の銘などを書き込める手帳となっており、ライフログ用アイテムとして使えます。ほかにも家系図が書けたり、ジブン年表が作れたりとユニークなページが用意されているのが魅力です。「IDEA」はグリッド罫のノートなのでメモ帳として使用ができます。

トラベラーズノート(Traveler’s Note) 手帳 27762006

トラベラーズノート(Traveler's Note) 手帳 27762006

1960年代に誕生した自社開発の用紙を採用している2019年版ウィークリー手帳。ボールペンはもちろん、万年筆で書いてもにじみにくいのが特徴です。表紙に牛革を使用しているため、使えば使うほど手に馴染んでいきます。

レイアウトは週間レフトタイプなので、予定もメモもしっかり書き込みたい方におすすめ。また、冊子は前半・後半で6ヶ月ごとに分かれており、スマートに持ち歩けるのが魅力です。

レイメイ藤井 ショートサイズ 手帳 RFD1928A

レイメイ藤井 ショートサイズ 手帳 RFD1928A

スマートフォンよりも小さいコンパクトサイズの2019年版ウィークリー手帳。見開きで2週間分の予定を記入できるフォーマットになっています。土日祝日が色分けされており、平日と区別しやすいのが特徴です。

手帳の中身は週間ページのほか、見開きで1ヶ月の予定をチェックできる月間ページも付いています。各ページの左側には横罫線のメモスペースが用意されており、ToDoリストとしても使えて便利です。

グリーン・ブラック・ブルー・レッドと4種類のカラーバリエーションが展開されているのもポイント。また、表紙をしっかり閉じられるゴムバンドが付いているため、カバンに入れていてもページがばらけずキレイに持ち歩けます。

モレスキン(Moleskine) 手帳 DHB12WN3Y19

モレスキン(Moleskine) 手帳 DHB12WN3Y19

ハードタイプのカバーを採用しているモレスキンの2019年版ウィークリー手帳。日付と曜日の文字が小さいシンプルなレイアウトなので、自由に伸び伸びと記入できるのが特徴です。180°にしっかりと開く平面タイプなので、ラクに文字を書けます。

栞が付いているほか、表紙を閉じておけるゴムバンドが付いているため使いやすさも良好。シンプルで使い勝手のよい手帳を探している方におすすめです。

無印良品 上質紙クラフト表紙ウィークリーノート

無印良品(MUJI) 上質紙クラフト表紙ウィークリーノート

家具や生活雑貨など幅広い商品を取り扱うメーカー「無印良品」の2019年版ウィークリー手帳。同メーカーらしいシンプルで素朴なデザインが特徴です。見開きで2週間の予定が確認できるフォーマットを採用しています。

横罫線が引かれたページも用意されているため、簡単なメモなどを取りたいときに便利。500円以下のリーズナブルな価格で入手できるのも魅力です。

2019年版手帳のおすすめ|デイリータイプ

ほぼ日手帳 オリジナル

デイリー(1日1ページ)タイプの代名詞ともいえる「ほぼ日手帳」の2019年版モデル。3.7mm方眼の用紙を採用しており、文字を書くのはもちろんイラストを描くのにも便利です。

各ベージの下には「ほぼ日イトイ新聞」から選ばれた”日々の言葉”が掲載されているため、読み物としても充実しているのが特徴。専用カバーが豊富に用意されているので、自分好みのモノを見つけてみてください。

ノルティ(NOLTY) U365 6527

ノルティ(NOLTY) U365 6527

予定が書き込める「スケジュールライン」とメモなどを記入できる「グリッドノート」がひとつのページにある斬新なデザインの2019年版デイリー手帳。時間ごとの予定やToDoリストなどさまざまな情報をひと目でチェックしたい方に最適です。

1年の目標を書き込めるページや、アイディアを溜めておくためのページが用意されており、さまざまな使い方ができます。

高橋手帳 torinco1 No.555

高橋手帳 torinco1 No.555

1日の予定を時間軸でしっかり管理できる2019年版デイリー手帳。方眼罫が各ページに採用されているので、文字を書いたりイラストを描いたりしやすいのが特徴です。

ブロックタイプの月間ページが付いているため、1ヶ月の予定を俯瞰でチェックすることもできます。月単位と日単位の両方で予定を管理したい方に最適です。

エディット(EDiT) スープル 19WDR-ETB01-NV

エディット(EDiT) スープル 19WDR-ETB01-NV

イタリア製のPU素材を採用している2019年版デイリー手帳。商品名の「スープル」はフランス語で”しなやかな”という意味があり、その名前の通り柔らかくて手触りのよい表紙に仕上がっているのが特徴です。コンパクトなB7サイズなので、カバンに入れても邪魔にならずラクに持ち歩けます。

年間プランやパーソナルデータを記入できるページがあるのもポイント。ナイトブルー・マロンブラウンなど落ち着いた色のモデルはもちろん、アプリコットオレンジ・ターコイズブルー・カナリアイエローなど発色のよいカラーバリエーションも揃っているため自分好みの1冊を見つけられます。

イーエスダイアリー(ES DIARY) 1日1ページ 手帳

イーエスダイアリー(ES DIARY) 1日1ページ 手帳

OKシュークリームと呼ばれる上質な紙が採用されており、書きやすくて目にも優しい2019年版デイリー手帳。ページが平面に開きやすい「糸がかり製本」という方法で閉じられています。

曜日や日付などの書体は見やすいカッパープレートを採用。チェックボックス付きのToDoリストや充実した巻末付録など、使いやすさを考え抜いているのが魅力です。

フランクリン・プランナー(Franklin Plannner) 1日1ページ 64200

フランクリン・プランナー(Franklin Plannner) 1日1ページ 64200

週の始めに「ウィークリーコンパス」と「ウィークリータスク」のページが用意されており、1週間の目標や大まかな予定を立てやすい2019年版デイリー手帳。土曜日と日曜日のページが見開きで並ぶため、週末の予定も把握しやすいのが特徴です。

「プランナーガイド&フォーム」と「スケジュールページ」の2冊がセットになっており、月間支出や月間予算など金銭の管理ができるページが用意されているのもポイントです。

モレスキン(Moleskine) デイリーダイアリー PEANUTS限定版 DPE12DC3Y19

モレスキン(Moleskine) デイリーダイアリー PEANUTS限定版 DPE12DC3Y19

大人気キャラクター「スヌーピー」でお馴染みのピーナッツの世界が楽しめる2019年版デイリー手帳。表紙と裏表紙はもちろん、表紙裏や裏表紙裏もピーナッツを感じさせるデザインが採用されています。

デイリーページは時間軸と横罫線が引かれたシンプルなフォーマットなので、書き方を問わず自由に記入できるのが特徴です。

ミドリ(MIDORI) MDノートダイアリー 27730006

ミドリ(MIDORI) MDノートダイアリー 27730006

“「余白」には理由があります。”をテーマにした2019年版デイリー手帳。予定を記入できるスペースの外に余白が多く作られており、メモなどをたっぷり書き込めるのが魅力です。書き心地がよいメーカー独自の「MD用紙」を採用しているのも特徴。万年筆で書いても裏抜けしにくいためキレイに使えます。

番外編:手帳用のおすすめ小物

ゼブラ(ZEBRA) 手帳用ボールペン T-3

ゼブラ(ZEBRA) 手帳用ボールペン T-3

スリムなサイズでスマートに持ち歩ける手帳用ボールペン。ステンレス加工が施されているシンプルなでデザインが特徴で、手帳の雰囲気を邪魔しません。細いペン軸でありながら快適かつ軽快に記入できます。ペンホルダーはもちろん、リングタイプの手帳であればリング部分にも差しておけるのが魅力です。

ミドリ(MIDORI) ミニクリップペンホルダー 82220006

ミドリ(MIDORI) ミニクリップペンホルダー 82220006

ミドリのミニクリップペンホルダーは、ペンホルダーが付いていない手帳でも、表紙に差し込んでペンをホールドできる便利なアイテム。収縮性の高いバネをホルダー部分に採用しているため、軸が太い3色ボールペンも差せるのが魅力です。

また、本体がとても薄いので、表紙にペンホルダーを差し込んでいる状態でも段差などが気にならずスマートに使えます。

ポストイット(Post-it) 付箋 ジョーブ 680MSH

ポストイット(Post-it) 付箋 ジョーブ 680MSH

手帳に付箋を付けて予定の管理がしたい方に最適なアイテム。ページの目次代わりに貼るのはもちろん、大切な予定を忘れないための目印としてページ内に貼るのもおすすめです。付箋の上からボールペンや鉛筆などで文字を書くこともできます。透明タイプなので、付箋を貼った下の文字が隠れないのもポイントです。

コクヨ(KOKUYO) ペンケース ウィズプラス F-VBF170-4

コクヨ(KOKUYO) ペンケース ウィズプラス F-VBF170-4

手帳と一緒に複数の筆記具を持ち歩けるアイテム。本体の裏側にコーナーベルトが付いており、手帳の表紙などに挟めるのが特徴です。滑り止めのゴムにより、ズレ落ちにくいのもポイント。約8本の筆記具が入れられるメイン収納部のほか、フロントのポケットには約4本の筆記具を収納できます。

カラーバリエーションはネイビー・ブラウン・ブラック・レッドの4種類。手帳の色や使用シチュエーションに応じて選んでみてください。

オロビアンコ(Orobianco) ブックバンド THV-GA01-13

オロビアンコ(Orobianco) ブックバンド THV-GA01-13

ファッションブランド「オロビアンコ」が展開しているブックバンド。手帳に付けておけば、カバンの中などでページが開かないようにしっかりホールドできます。

おしゃれなデザインなので、シンプルな手帳のアクセントとして使うのもおすすめ。エンブレム部分にはヌメ革が使われており、使えば使うほど味が出てきます。