壁やスクリーンに映像を投影できる「プロジェクター」。もともと会議やプレゼンなどのビジネスシーンで使われることが多かった製品ですが、高性能化が進み、最近ではホームシアターに活用する方も増えてきています。

そこで今回は、数あるプロジェクターのなかでも家庭用におすすめのプロジェクターをご紹介。用途別に分けて製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

家庭用プロジェクターとビジネス用プロジェクターの違い

家庭用プロジェクターは、映像コンテンツの視聴やゲームでの利用を想定して設計されており、色の再現性など「画質」を重要視したモデルが多いのが特徴。また、画面の歪みなどを微調整しやすいモデルもあり、映像を最大限楽しめるように配慮されています。

一方、ビジネス用プロジェクターは、オフィスで使用することを想定して設計されているのが特徴。会議室などで電気をつけたままプレゼンできるように、明るさ(ルーメン)の高いモデルが多い傾向にあります。また、コンセントのないところでも使えるバッテリー駆動タイプも人気です。

プロジェクターを買う前にチェックしたいポイント

投影距離をチェック

By: epson.jp

プロジェクターの投影距離はしっかりチェックすべきポイント。機種ごとに最大の投影距離や推奨投影距離が異なるので、使用場所と製品スペックを事前に比較しておきましょう。なかでも、投影距離が取れない場所で使用したい場合は、短焦点プロジェクターがおすすめです。

設置環境をチェック

設置スペースに余裕がある場合は「ホームプロジェクター」

By: epson.jp

設置スペースに比較的余裕がある場合は、ホームプロジェクターがおすすめ。製品を選ぶうえでチェックすべきポイントは設置方法です。

テーブルの上に乗せるのはもちろん、三脚にも対応しているかや、天井に映し出せるかなどは使い勝手にも関わってくることなので、しっかりと確認しておきましょう。

なお、壁際にプロジェクターを設置したいなら、本体が前面吸排気になっているタイプがおすすめ。プロジェクターは使い続けていると高温になることが多いため、壁際のような風通しの悪い場所に設置する場合は、熱がこもらないように配慮する必要があります。

設置スペースに余裕がない場合は「短焦点プロジェクター」

By: lg.com

プロジェクターを使用したいけれど、設置スペースを十分に確保できない場合は「短焦点プロジェクター」がおすすめ。スクリーンとプロジェクターとの距離を短くしても、通常のモデルと同等のサイズを投影できるのが特徴です。

なお、短焦点プロジェクターであれば最小距離が1m前後というモデルもあり、壁際に設置する際でもストレスなく使えます。

解像度と縦横比をチェック

By: benq.com

解像度は、映し出される映像のきめ細かさを表す数値のことで、プロジェクターの画質に大きく関わる重要なポイント。800×600のように表記されており、数値が高いほど高繊細な映像を映し出せます。フルHDであれば1920×1080、4Kであれば4096×2400と分けられているので、高画質で映像を楽しみたい方はチェックしてみてください。

また、画面の比率を表す縦横比(アスペクト比)も要チェック。表示できる画面の横と縦の比率を数値で表しており、一般的に16:9の横長のモノが主流です。ただ、ビジネス用やリーズナブルなモデルのなかには4:3の縦横比のモノも。4:3は映画鑑賞などには不向きな比率なため、購入の際はしっかり確認しておきましょう。

入力・接続端子をチェック

プロジェクターをさまざまな機器と接続したい場合は、入力・接続端子をチェックするのも重要なポイントです。

一般的にパソコンやゲーム機、Blu-rayプレーヤーと接続するには「HDMI端子」が必須。現在販売されているほとんどの製品にHDMI端子が採用されており、映像と音声の両方をまとめて伝送できます。プロジェクターに複数の機器を接続したまま使う場合、HDMI端子のポートが2つ以上あると便利です。

古いタイプのパソコンを接続する場合、VGA端子しか対応していないことも。自分の接続したい機器がどの端子に対応しているかも併せてチェックしておきましょう。また、USBポートやSDカードスロットが搭載されているモデルであれば、拡張性が高く使用できるのでおすすめです。

プロジェクターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

国内外におけるビジネス向けプロジェクターにおいて、長年トップクラスのシェアを獲得しているエプソン。画質はもちろん、プレゼンや会議などビジネス用途で使いやすい機能をしっかり網羅しているのが特徴です。

家庭用にも根強い人気があり、ホームシアターでの用途でも便利な機能がしっかり搭載されています。トータルバランスの優れた家庭用プロジェクターを探している方におすすめのメーカーです。

ベンキュー(BenQ)

By: amazon.co.jp

ベンキューは比較的安価な電気製品を展開している台湾メーカー。据え置き型はもちろん、ポータブルモデル、短焦点モデルなど、数多くのラインアップを揃えているのが特徴です。

高性能なゲーミングデバイスメーカーとしても有名で、プロジェクターにおいてもゲーム向けモデルを数多く展開しています。エンタメ用のプロジェクターを探している方におすすめのメーカーです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

高い技術とノウハウを要する世界的メーカー。プロジェクターに関してはいち早く4Kに対応し、全体的にサイズや重量よりも画質を重視した大型モデルが多いのも特徴です。

プロジェクターにおいては、家庭でも使いやすいお手頃価格の製品からコンパクトな超短焦点モデルまで揃えているのもポイント。長く使い続けられる家庭用プロジェクターを探している方におすすめです。

安い家庭用プロジェクターのおすすめ

ELEPHAS 小型プロジェクター W13

コンパクトでコスパに優れた家庭用プロジェクター。ノイズを軽減し、高い静音性を実現しているのが特徴です。本体にはHDMI端子が搭載されており、ゲーム機やパソコンなどさまざまな機器と接続可能。HDMI変換アダプターを使えばiPhoneやAndroidなどスマホ画面を映し出せます。

明るさは4200ルーメンで、映像の明るさとコントラストのバランスが取れているのも魅力のひとつ。30〜200インチの大画面で鮮やかに映画やゲームが楽しめます。カメラ三脚などと互換性があり、自由に角度調節ができるのもポイント。リーズナブルで基本性能を備えたプロジェクターを探している方におすすめです。

APEMAN 小型プロジェクター LC350

リーズナブルながら1080pの高画質が楽しめる家庭用プロジェクターです。4000ルーメンと明るく鮮明な映像を映し出せるのが特徴。暗い部屋での使用が推奨されていますが、少し光がある環境でも使用できるとされています。

投射距離は1〜3.8mから選べるため、最大180インチの大画面で迫力ある映像を楽しむことが可能。また、本体には排熱システムを採用しており、ファンの音が小さくノイズを低減しています。壁際への設置を考えている方にもおすすめです。

AKART DVDプレーヤー搭載プロジェクター APRJ01DV

DVDプレーヤーが搭載されたプロジェクター。借りてきたDVDを手軽に投影できるため、映画やドラマをよく視聴する方に適しています。画面サイズは30〜150インチまで調節可能です。

明るさは2000ルーメンのため、画面サイズが大きくても鮮明な映像を映し出しやすいのがポイント。本体の重さは約1.1kgと軽量で、部屋の移動もラクラク行えます。リビングや寝室など好みに合わせて使う場所を変えられて便利です。

本製品はmicroSDスロットやHDMI端子なども備わっており、さまざまな外部データの投影が可能。充実のインターフェイスで使い勝手も良好です。

COOAU プロジェクター A4300BK

1080pフルHDの高画質に対応した家庭用プロジェクターです。4600ルーメンの高輝度を活かして細部まで鮮明に表現可能。さらに、色再現性の高い「LCD光学エンジン」により高繊細かつ鮮やかな映像を楽しめます。

最大200インチの大画面で視聴できるのもポイント。ハイコントラストにより全体の明暗がはっきりしているので、立体感や奥行き感を演出します。

豊富な接続方式に対応しているのも魅力のひとつ。AV・VGA・HDMI・USBの入力端子を備えており、パソコンやBlu-rayプレーヤー、ゲーム機などさまざまな機器を接続できます。

本体には優れた冷却システムを採用。長時間使用しても熱を持ちにくく、運転中ファンの音が小さめなので映像に集中できます。高性能ながらリーズナブルに購入できるので、予算を抑えたい方にもおすすめです。

小型家庭用プロジェクターのおすすめ

フェリクロス(FELICROSS) PicoCube X

手のひらサイズで気軽に持ち運べるキューブ型のモバイルプロジェクターです。約5.5cm四方のコンパクトサイズに加え、重さは約174gほどと非常に軽量。HDMI端子を搭載しており、さまざまな機器と接続できるのはもちろん、Wi-fi経由でスマホやタブレットの画面を簡単に投影できます。

投影距離は18~250cmまで幅広く対応。光をデジタル制御する最新のDLP技術により、輝度100ANSIルーメンながら、照明をつけたままの室内でも鮮明な映像を映し出せます。

また、最大約2時間の連続投影が可能なバッテリーを搭載しているのもポイント。microUSBポートを備えており、モバイルバッテリーで給電しながらも使えます。

さらに、Android OSを内蔵しているのも魅力。単体でインターネット接続ができるため、スマホやパソコンに繋がなくてもYouTubeなどの映像コンテンツが楽しめます。

アンカー(ANKER) Nebula Capsule II

さまざまなVODサービスに対応した「Android TV」を内蔵した小型家庭用プロジェクター。3600以上のアプリでエンターテイメントを楽しめます。

Wi-Fi利用時では動画を約2.5時間、音楽を約10時間連続再生できる大容量バッテリーを内蔵しているのも魅力のひとつ。キャンプなどで映画を視聴したい場合も、手軽に持ち運んで利用できます。

スタイリッシュでおしゃれなデザインと高い機能性もポイント。インテリアとしても馴染みやすく、テレビの周辺に設置しても違和感がありません。やや値段は張りますが、高性能かつコンパクトなプロジェクターを探している方におすすめです。

ベンキュー(BenQ) モバイルプロジェクター GS2

家族揃って楽しめる小型家庭用プロジェクター。人とプロジェクターの距離が約30〜50cmになると、「アイプロテクションセンサー」が作動してLEDライトを一時的にオフします。子供が不意に近づいたときに、目を保護するのが特徴です。

本製品には「ペアレンタルタイマー」といった機能が搭載されており、子供のプロジェクター使用時間を保護者が管理できます。メーカー独自の「LumiExperテクノロジー」により、映像の明るさを自動的に調節して最適化された映像を映し出せるのもポイント。解像度は1280×720で、明るさは500ルーメンです。

出力が4WのBluetoothスピーカーが内蔵されているため、音楽も楽しめます。さらに、「Aptoide TV」を備えているので、YouTubeなどのストリーミングサービスをインストールしてワイヤレスで利用できるのも魅力です。

ビューソニック(ViewSonic) ミニプロジェクター M1mini

ポップでシンプルなデザインの小型家庭用プロジェクター。本体サイズは11×10.4×2.7cm、重さは約0.28kgと軽量コンパクトで、カバンなどに入れて自由に持ち運べるのが魅力です。

最短64cmからの投射が可能で、画面サイズは24~100インチまで幅広く対応。レンズカバーを兼ねたアームを使えば、投射角度を簡単に調節できます。さらに、±40°までの自動台形補正に対応しているため、自分で細かい調節をする必要がなく便利です。

最大約2.4時間再生可能なバッテリーを内蔵しているのも特徴。モバイルバッテリーからでも簡単に充電できるので、電源のない場所でも気軽に使えます。高音質なスピーカーも内蔵しているため、アウトドアシーンで映画を楽しみたい方にもおすすめです。

XGIMI Halo モバイルプロジェクター WK03A

300インチ以上の大画面を投影できるフルHDの小型家庭用プロジェクター。オーディオ機器で有名なハーマンカードンと提携して開発を行った5W×2スピーカーを内蔵。映画やドラマなどを視聴するときに高品質なサウンドを楽しめるほか、Bluetoothスピーカーとしても利用できます。

本製品には「Android TV」が備わっているのもポイント。YouTubeやAmazon Prime Video、Spotifyなどのストリーミングサービスを利用可能です。内蔵されているバッテリーは大容量で、1時間の充電で4時間分の映画を見たり8時間分の音楽を聴いたりできます。屋外に持ち運んで使用したい方にもおすすめです。

映画鑑賞に最適な家庭用プロジェクターのおすすめ

エプソン(EPSON) dreamio ホームプロジェクター EF-100W

高性能なスピーカーを搭載した映画鑑賞に適した家庭用プロジェクターです。3LCD方式に加えレーザー光源を採用。小型ながら2000ルーメンと明るく、メリハリある高画質映像を表現します。ダイナミック・プライトシネマ・ナチュラル・シネマの4つのカラーモードを搭載し、好みのカラーモードを選択できるのもポイントです。

5Wモノラルスピーカーを内蔵し、4つのサウンドモードを採用。映像に合わせてセリフを聞きやすくしたり、映画館のように低音高音を強調したりできます。スタイリッシュでおしゃれなデザインも魅力のひとつ。インテリアに馴染みやすいので、リビングなど目立つ場所へ設置したい方にもおすすめです。

ベンキュー(BenQ) プロジェクター MW632ST

高性能な短焦点WXGAを採用した家庭用プロジェクターです。わずか1.5mの距離でおよそ100型の大画面を投射可能。子供部屋や寝室など省スペースに設置したい方におすすめです。

オプションの3D専用メガネを使用することで、迫力ある3D映像を視聴可能。さらに、10Wのスピーカーを搭載しているので、まるで映画館のような臨場感も味わえます。

「ランプセーブモード」を搭載しているのも魅力のひとつ。ランプ寿命最大約10000時間を実現し、ランプのメンテナンス頻度を抑えてランニングコストを低減できます。多機能ながら低価格で購入できるので、コスパを重視する方にもおすすめです。

ゲームに最適な家庭用プロジェクターのおすすめ

ベンキュー(BenQ) ホームプロジェクター TK800M

巨大な120インチの画面で高画質を楽しめるゲームに最適な家庭用プロジェクター。XPR技術で1フレーム830万ピクセルを再現し、4K UHDの高解像度に対応しているのが特徴です。細部まで鮮明ではっきりとした映像を表現できるので、4K対応ゲームも快適にプレイできます。さらに、バランスの取れたハイコントラストを採用。明暗にメリハリがあるので、暗めな映像でもしっかり対応します。

ゲームのプレイに最適化された「ゲームモード」を搭載しているのもうれしいポイント。HDMI端子の接続にも対応しているため、さまざまなゲーム機を接続して遊べます。

また、本体重量4.2kgと軽量設計で、洗練されたコンパクトなデザインや直感的に使える操作性の高さも魅力。持ち運んで使用したい方や機械が苦手な方にもおすすめです。

ベンキュー(BenQ) DLPプロジェクター TH585

暗く影の多いシーンも鮮明に映し出せる「ゲームモード」を搭載した、ゲームに最適な家庭用プロジェクター。16ms程度の低入力遅延を実現し、スムーズにゲームのプレイに集中できるのが特徴です。3500ルーメンの高輝度に対応しているうえに、明るい部屋でもフルHDの高画質が楽しめるので、昼間にプレイしたい方にもおすすめです。

さらに、10Wのスピーカーを内蔵しているのもポイント。クリアなサウンドで、より没入感を味わえます。また、1.1倍ズームを搭載し、狭い部屋でも大画面出力が可能。迫力ある大画面で快適にゲームをプレイしたい方におすすめのプロジェクターです。

ベンキュー(BenQ) ゲーミングプロジェクター TH685

8.3msの低入力遅延に対応したゲームに最適な家庭用プロジェクターです。画像を調節し、暗いシーンをより鮮明に映し出せる「ゲームモード」を搭載しているのが特徴。3500ルーメンの高輝度を実現しているので、明るい場所でもフルHDの高画質でゲームをプレイできます。

さらに、大迫力の5Wスピーカーを内蔵しており、高音域で立体感のあるサウンドを体感できるのも魅力。ゲームはもちろん、映画やスポーツ鑑賞などさまざまなシーンで活用できます。

また、PS4やNintendo Switchなどさまざまな人気ゲーム機に対応しているのもポイント。さまざまなジャンルのゲームが楽しめるプロジェクターを探している方におすすめです。

4K対応プロジェクターのおすすめ

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EH-TW8400

4Kの高画質映像とHDR対応のハイコントラストを実現した高性能な家庭用プロジェクター。近くで見ても美しい映像を表現できるのが特徴です。

4K放送や配信映像を大画面で視聴できるのも魅力。クリアで鮮やかな映像を楽しめる「3LCD方式」を採用しているので、カラーブレーキングのない美しい映像を自宅で体験できます。

接続端子はHDMIを2口搭載しており、複数の機器を接続できるのもポイント。映画館のような迫力ある映像を高画質で視聴したい方におすすめのプロジェクターです。

ソニー(SONY) ビデオプロジェクター VPL-VW255

リアルな映像を体験できる4K対応の家庭用プロジェクターです。同社独自のネイティブ4Kパネル0.74型「4K SXRD」を搭載し、高繊細かつ自然な表現が可能。通常では見えにくい被写体の輪郭や微妙なディテールまでリアルに再現できるのが特徴です。さらに、独自の解像技術「データベース型超解像処理LSI」を採用し、フルHD解像度の映像も4K相当に処理できます。

また、HDR 10方式によりハイコントラストを実現。大画面でも明暗をはっきりさせることで立体感や奥行き感が増し、その場にいるかのような臨場感を再現します。画像処理で発生する映像遅延を短縮する「遅延低減モード」を搭載。「PS4 Pro」などのゲーム機の魅力を最大限に活かし、ストレスなくプレイできます。画質重視の方におすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) プロジェクター CineBeam HU70LS

よりリアルさを追求した迫力ある4K映像が楽しめる家庭用プロジェクター。「XPR技術」により、フルHDの4倍となる830万ピクセルの高繊細映像を実現。4つのLEDでハイコントラスト表現を可能にし、リアルな映像を再現できるのが特徴です。最大140インチの大画面で視聴できる「1.25倍ズーム」も魅力のひとつ。自宅でも映画館のような臨場感が味わえます。

また、高繊細な4K映像でも1秒間に60フレームの再生に対応。映像のフレーム間に新たにフレームを挿入する「TruMotion」を採用することで、スピーディな映像もよりなめらかに表現します。Wi-Fiでスマホと接続すれば手軽にミラーリングできるのもうれしいポイント。使い勝手のよい高性能プロジェクターを探している方におすすめです。

プロジェクターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

プロジェクターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。