壁やスクリーンに映像を投影できる「プロジェクター」。もともと会議やプレゼンなどのビジネスシーンで使われることが多かった製品ですが、高性能化が進み、最近ではホームシアターに活用する方も増えてきています。

そこで今回は、数あるプロジェクターのなかでも家庭用におすすめのプロジェクターをご紹介。用途別に分けて製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

家庭用とビジネス用のプロジェクターの違い

家庭用プロジェクターは、映像コンテンツの視聴やゲームでの利用を想定して設計されており、色の再現性など画質を重要視したモデルが多いのが特徴。また、画面の歪みなどを微調整しやすいモデルもあり、映像を最大限楽しめるように配慮されています。

一方、ビジネス用プロジェクターは、オフィスで使用することを想定して設計されているのが特徴。会議室などで電気をつけたままプレゼンできるように、明るさ(ルーメン)の高いモデルが多い傾向があります。また、コンセントのないところでも使えるバッテリー駆動タイプも人気です。

家庭用プロジェクターの選び方

投影サイズに必要な投写距離をチェックしよう

By: amazon.co.jp

投写距離とは、プロジェクターのレンズから、映像を映し出すスクリーンまでの距離のこと。基本的にプロジェクターは、投写距離が長いと画面サイズが大きくなり、投写距離が短いと画面サイズが小さくなります。

製品にもよりますが、100インチサイズの映像を投影するには、およそ2~3mの距離が必要。あらかじめプロジェクターを置く場所とスクリーンの距離を計測して、適した投写距離の機種を選ぶことが大切です。

また、投写距離をチェックする際には、最大投影距離ではなく「推奨投影距離」を参考にするのがポイント。ズーム機能の有無やレンズ性能などによっても投写距離は変わるので、しっかりと確認しましょう。

設置スペースに合わせたタイプを選ぼう

設置スペースに余裕があるなら「ホームプロジェクター」

By: amazon.co.jp

プロジェクターを設置するスペースに余裕がある場合は、一般的な投影が可能なホームプロジェクターがおすすめ。スクリーンから離れた場所に設置して使用するため、大きな映像を投影できます。

また、プロジェクターの種類や部屋の形にもよりますが、6~10畳程度の広さがあれば臨場感あふれる迫力ある映像が視聴可能です。

なお、ホームプロジェクターを選ぶ際には、プロジェクターの設置場所も大切なポイント。家具の配置などでスクリーンの正面にプロジェクターを設置できない場合には、投影した映像の歪みを調節する「台形補正機能」を搭載したモデルを選んでおくと安心です。

設置スペースが限られているなら「短焦点プロジェクター」

By: amazon.co.jp

プロジェクターの設置スペースを十分に確保できない場合は短焦点プロジェクターがおすすめ。焦点距離の短い短焦点レンズで映像を広く拡散して投影するため、狭い部屋でも迫力ある大画面映像が映し出せます。

また、コンパクトなモデルや、バッテリーを内蔵したモデルを選べば、好きな場所に持ち運んで大画面映像が楽しめるのも魅力です。

一方で、短焦点プロジェクターは、価格が高くなりやすいデメリットがあります。通常のホームプロジェクターと比べてスクリーンへの投影角度が大きくなり、微細な歪みが発生する点にも注意が必要です。なお、短焦点プロジェクターでも専用のスクリーンを利用すれば、歪みを気にせずクオリティの高い映像が楽しめます。

短焦点プロジェクターについて詳しく知りたい方はこちら

解像度と縦横比

「フルHD」以上のモデルがおすすめ

By: epson.jp

フルHDは、一般的な家庭用プロジェクターが採用している解像度。お気に入りの映画・ゲームを楽しんだり、地上デジタル放送でスポーツ番組を見たりするのにぴったりです。

YouTubeなどの動画コンテンツではフルHD画質が主流となっているので、映像のクオリティを重視するなら、最低でもフルHDに対応しているモデルを選びましょう。

また、解像度をチェックする際には、画面の比率を表すアスペクト比も大切なポイント。一般的には16:9の横長のモノが主流ですが、価格の安い一部のモデルや、ビジネス用のモデルは主に4:3の縦横比を採用しています。しかし、4:3は映画やゲームを楽しむのには不向きなので、選ぶ際には注意が必要です。

より高画質な映像を楽しみたいなら「4K」

By: lg.com

高画質な映像でプロジェクターを楽しみたいなら、フルHDよりも解像度がさらに高い4Kがおすすめ。お気に入りの映画やゲームを臨場感あふれるリアルな映像で楽しめます。また、大画面で美しい映像を楽しみたい方にもぴったりです。

一方で、4K対応のプロジェクターは、安いモデルでも10万円前後からと価格が高い傾向があります。さらに、視聴する動画の画素数が小さいと粗く表示される点にも注意が必要です。映画やゲームを高画質で楽しみたいなら、プロジェクターの解像度だけでなく、接続するデバイスや表示するコンテンツの対応画質もしっかりと確認しておくことが大切です。

予算に余裕がある方は、シネマクオリティの画質が楽しめるDCI-4Kに対応したモデルを選ぶのもおすすめ。自宅にいながらまるで映画館にいるような臨場感が体験できます。

4K対応プロジェクターについて詳しく知りたい方はこちら

接続端子をチェック

By: amazon.co.jp

プロジェクターを選ぶ際には、接続端子の種類や数も大切なポイント。家庭用ゲーム機やパソコン、Blu-rayプレーヤーを接続して使うならHDMI端子は必須です。

また、複数のデバイスをプロジェクターに繋げて使うなら、HDMI端子が2つ以上はあると便利。わざわざケーブルを抜き差ししなくても、ボタンひとつで簡単に映像が切り替えられます。

なお、パソコンを接続する場合、一部の古いモデルはVGA端子やUSBケーブルを使用する場合があります。そのため、あらかじめ接続したいデバイスの入力端子をしっかりと確認しておくことも大切です。SDカードスロットやWi-Fiなどに対応した拡張性の高いモデルを選べば、さまざまな用途やシチュエーションで活躍します。

音質が気になるならスピーカーのW数をチェック

By: amazon.co.jp

スピーカー内蔵のプロジェクターを選べば、別途スピーカーを用意しなくても臨場感のあるサウンドが楽しめます。スピーカーの出力はW数で表記されており、基本的にはW数が大きいほど大きな音を出せる仕様です。

ほかにも、出力できる音量の大きさを表す音圧レベルや、再生可能な音域を表す周波数特性なども、スピーカーの性能をチェックするうえでは重要なポイント。また、部屋の広さに合わせてスピーカーを選ぶこともおすすめです。

スマホ対応モデルならPCいらずで手軽に動画を楽しめる

By: amazon.co.jp

より快適にプロジェクターを使いたいなら、スマホと接続できるモデルを選ぶのがおすすめ。Wi-FiやBluetoothを利用して接続するミラーリングに対応していれば、お気に入りの動画や写真がワイヤレスで気軽に楽しめます。

ミラーリング対応のプロジェクターは、パソコン・スマホ・タブレットなど複数のデバイスから接続が可能。家族や友人と思い出の写真・動画を共有したり、お気に入りのゲームを大画面で楽しんだり、さまざまな使い方ができます。

プロジェクターがミラーリングに対応していない場合には、MHL変換アダプターを利用してスマホと接続するのもひとつ。有線接続にはなりますが、パソコンがなくても手軽にプロジェクターで映像が楽しめます。

スマホ対応プロジェクターについて詳しく知りたい方はこちら

天井投影対応モデルならベッドで寝ながら視聴が可能

By: amazon.co.jp

十分な投影スペースを確保できない場合には、天井投影に対応したモデルがおすすめ。プロジェクターを設置する位置や、部屋のレイアウトに関係なく、迫力のある大画面映像が楽しめます。

寝室にプロジェクターを置けば、リラックスした状態で映像を楽しんだり、子供の寝かしつけに使えたりなど、さまざまな使い方ができるのもうれしいポイントです。

天井をスクリーン代わりに使うのは効果的ですが、光を反射しやすい素材の天井や、ラメが入った天井だと、投影した映像がキラキラしてきれいに見えないことがあります。また、照明が大きかったり、天井に凹凸があったりする場合も映りが悪くなるので、あらかじめ天井の状態をチェックしておきましょう。

ゲームをプレイするなら遅延の少ないモデルを選ぼう

By: benq.com

プロジェクターでゲームを快適に楽しみたいなら、入力遅延の少ないモデルを選ぶのがおすすめ。基本的には、応答速度の値が小さいほど入力遅延が少なくなり、ゲームを快適に楽しめます。

また、低遅延モード・ゲームモードなどの入力遅延を抑える機能がついていれば、より快適にゲームがプレイ可能です。

なお、プロジェクターでゲームを楽しむ際には、動作音も大切なポイント。あまりにも冷却ファンの騒音が大きすぎるとゲームに集中できない場合も。静音性の高いモデルを選ぶと快適にゲームが楽しめます。

ゲーム用プロジェクターについて詳しく知りたい方はこちら

投影方式の違いと特徴

By: epson.jp

LCD方式

LCD方式は、液晶パネルを内蔵しており、ランプからの光を赤色・緑色・青色の3色に分解して投影する方式です。価格の安いエントリーモデルから、業務用のハイエンドモデルまで幅広いモデルに採用されています。

輝度が高いため、色鮮やかな映像や、明るい映像を視聴するのにおすすめ。プライベートからビジネスユースまで幅広く使えます。

一方で、黒色が少しグレー気味に表示される傾向があるので注意が必要です。

DLP方式

DLP方式は、レンズで集約したランプの光を微細な反射型ミラーに当て、その反射光を別のレンズで拡大して映像を映し出します。プロジェクターを構成するパーツの数が少なく、低コスト・軽量化しやすいのが特徴。主にコンパクトなプロジェクターや、価格の安いプロジェクターに採用されています。

ただし、製品によっては虹のような模様「カラーブレーキング現象」が見えてしまうことがあるので留意しておきましょう。

LCOS方式

LCOS方式は、シリコン基板上の液晶に映像を表示し、基板背後の反射板で光をレンズに反射させて映像を投影します。

4K対応モデルなどのハイエンドユーザー向けのプロジェクターで採用されており、高解像度の美しい映像を楽しめるのが特徴です。

一方で、構造が複雑ゆえに本体のサイズが大きくなってしまうのがデメリット。設置場所が限られてくるので、気軽にプロジェクターを楽しみたい方には向いていません。

プロジェクターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

国内外におけるビジネス向けプロジェクターにおいて、長年トップクラスのシェアを獲得しているエプソン。画質はもちろん、プレゼンや会議などビジネス用途で使いやすい機能をしっかり網羅しているのが特徴です。

また、家庭用も根強い人気があり、ホームシアターでの用途でも便利な機能がしっかり搭載されています。トータルバランスの優れた家庭用プロジェクターを探している方におすすめのメーカーです。

ベンキュー(BenQ)

By: amazon.co.jp

ベンキューは比較的安価な電気製品を展開している台湾メーカー。据え置き型はもちろん、ポータブルモデルや短焦点モデルなど、数多くのラインナップを揃えているのが特徴です。

高性能なゲーミングデバイスメーカーとしても有名で、プロジェクターにおいてもゲーム向けモデルを数多く展開しています。エンタメ用のプロジェクターを探している方におすすめのメーカーです。

ソニー(SONY)

高い技術とノウハウを要する世界的メーカー。プロジェクターに関してはいち早く4Kに対応し、全体的にサイズや重量よりも画質を重視した大型モデルが多いのも特徴です。

プロジェクターにおいては家庭でも使いやすい手頃な価格の製品から、コンパクトな超短焦点モデルまで揃えているのがポイント。長く使い続けられる家庭用プロジェクターを探している方におすすめです。

家庭用プロジェクターのおすすめ|低価格モデル

DR.J LEDプロジェクター HI-04NEW

比較的リーズナブルな価格で購入できるプロジェクターです。明るさは4000ルーメン。映像入力は1080pのフルHD解像度に対応しています。気軽にホームシアターを楽しめるのが特徴です。

投影距離は1〜5mで、投影サイズは32〜170インチ。台形補正機能が搭載されており、投影角度を上へ19°、下へ10°調節できます。また、冷却ファンが搭載されており、静音性に優れているのもポイントです。

入力端子はmicroSD・VGA・USB・HDMI・AVポートと充実しており、PCやスマホ、ゲームなどさまざまな機器と接続可能。また、本体にステレオスピーカーを内蔵しているので、オーディオ機器を別途で用意しなくても臨場感のあるサウンドが楽しめます。コスパに優れたおすすめモデルです。

エアリア(AREA) LED PROJECTOR 2 SD-PJHD02

2500ルーメンの明るさで投影できる家庭用プロジェクター。搭載している3枚のレンズは全てガラス製で、映像を拡大・投影する際に起こる画質の劣化を抑えているのが特徴です。

投影距離は1.55~5.2mで、36~150インチまでの幅広い画面投影サイズに対応。大型のスピーカーを内蔵しているため、外部スピーカーに接続しなくても臨場感のある音を楽しめます。必要に応じて外部スピーカーやイヤホンも接続できるのもポイントです。

高品質のLEDランプを採用しており、約50000時間の投影が可能。三脚の取り付けにも対応しているため、さまざまなシーンで使用できます。汎用性の高いプロジェクターを探している方におすすめのモデルです。

Jinhoo 小型プロジェクター 5500LM M30

基本性能が充実した家庭用プロジェクターです。5500ルーメンの明るさで投影できるほか、コントラスト比が4000:1と高いのも特徴。1080pフルHD入力対応で、高解像度の映像を存分に楽しめます。

また、Wi-Fi経由でiOSやAndroidデバイスと接続可能。ケーブルを使用しなくてもスマホやタブレットに接続できます。もちろん、有線でも接続できるようにUSBポートやHDMI入力などもあり、使い勝手のよさが魅力です。

独自開発された冷却システムを採用しているのもポイント。効果的に本体を冷やすことで製品寿命の延長が期待できます。さらに、100インチの専用のスクリーンが付属。別途スクリーンを購入する必要がなく、導入コストを抑えられるのもメリットです。

そのほか、リモコンが付属しており、手元で操作できるのも便利な点。セットアップが簡単で、プロジェクターの初心者にもおすすめのモデルです。

家庭用プロジェクターのおすすめ|小型モデル

アンカー(ANKER) Nebula Astro プロジェクター D2400521

ボール型のデザインを採用した小型プロジェクターです。サイズは約91.2×82×89.2mm、重量は約380gと小型かつ軽量。友人の家や旅行先などへ持ち運びやすいのがうれしい点です。

また、Android7.1を標準搭載。室内にWi-Fi環境があれば、NetflixやYouTubeなどの動画配信サービスも楽しめます。使用時間やアプリを制限できる「ペアレンタルコントロール機能」がついているので、小さな子供がいても安心です。

接続方法は、HDMI・USB・Wi-Fi・Bluetooth・AirPlayと非常に多彩。家族で気軽に映画を楽しみたい方におすすめです。

アンカー(ANKER) Nebula Capsule プロジェクター

350ml缶ほどのコンパクトサイズを採用した小型プロジェクターです。サイズは約高さ120×直径68mm。リビングや寝室などの室内はもちろん、キャンプ場などの屋外へも持ち運んで使用できます。

また、Android7.1を標準搭載。NetflixやYouTubeといった動画コンテンツを映し出せるなど、より幅広くエンターテイメントを楽しめます。一度の充電で最大4時間ビデオを再生できるので、映画を丸々1本視聴することも可能です。

さらに、Bluetooth・Wi-Fi・HDMI・USBの接続方法に対応。家族や友人などとエンターテイメントを楽しみたい方におすすめの小型プロジェクターです。

ビューソニック(ViewSonic) M1 mini プロジェクター

アウトドアなどでも使用しやすい小型プロジェクターです。電源には、内蔵バッテリー方式を採用。最大で約2.4時間駆動し続けられるのがメリットです。電源が足りなくなったら、モバイルバッテリーを使って充電できます。

また、JBLの高性能スピーカーを搭載。コンパクトながら、迫力あるサウンドでライブ映像や映画などを楽しめるのでおすすめです。事前のセットアップはすぐに完了するので、簡単に使用を開始できます。

さらに、短焦点で利用できるのがポイント。およそ1.09mの距離で40インチ、およそ2.18mの距離で80インチの画面を映し出せます。ポケットに入れたり付属のストラップでカバンにつけたりして、気軽に持ち運べるのが魅力です。

家庭用プロジェクターのおすすめ|映画鑑賞向け

エプソン(EPSON) dreamio プロジェクター EH-LS300B

120インチのフルHD画質で映画を楽しめる家庭用プロジェクターです。本製品は、短焦点レンズを採用。約46cmの投影距離で、80インチの画面を映し出せるのが魅力です。

また、ヤマハの2.1ch高性能スピーカーを搭載。本格的なスピーカーシステムとほぼ同等の性能で、ダイナミックな3Dサラウンドを聴けます。シアター・テレビ・スタジオ・スタジアム・ライブ/コンサート・カラオケの6モードを選択できるのが特徴です。

さらに、Android TV機能を採用。Wi-Fi環境があれば、登録している動画配信サービスを思う存分楽しめます。高音質で楽しめるおすすめの家庭用プロジェクターです。

エプソン(EPSON) dreamio プロジェクター EH-TW5750

フルHDの高画質で映画を視聴できる家庭用プロジェクターです。色の表現方法に3LCD方式を採用。明るい部屋でも色鮮やかに発色できるのがポイントです。

また、BluetoothやHDMIなどによる接続に対応。Android TV端末やApple TV端末などをつなげることで、さまざまな動画コンテンツを楽しめます。

エイスース(ASUS) ASUS ZenBeam S2 プロジェクター

スタイリッシュなデザインの家庭用プロジェクターです。サイズは、幅120×高さ35×奥行120mmと小型。重量は497gと軽いので、キャンプなどの外出先へ気軽に持ち運べます。

また、6000mAhのバッテリー容量を搭載。ECOモードにすれば、一度の充電で最大3.5時間使用できます。加えて、ポータブルモバイルバッテリーとしても使えるのがメリットです。

さらに、台形補正機能を採用。投影角度によって生じる台形の歪みを、最大±30°まで補正できます。音響技術には「ASUS SonicMaster」を用いているので、映画やライブ映像などを大迫力のサウンドで楽しむことが可能です。

家庭用プロジェクターのおすすめ|ゲーム向け

エイスース(ASUS) ASUS F1 プロジェクター

シャープなデザインの家庭用プロジェクターです。オートフォーカス機能を搭載。投影した映像を内蔵カメラで認識し、焦点を自動で合わせられるのがメリットです。

リフレッシュレートは120Hzと良好。ゲームの最中に、ラグやモーションブラーが発生しにくいのでおすすめです。1200ルーメンの明るさ、そして25~210インチの画面サイズでゲームを楽しめます。

また、2.1chのスピーカーを内蔵。2つのステレオスピーカーと1つのサブウーファーで、パワフルなサウンドを出力できます。ほかにも、ワイヤレス投影機能や自動補正機能などを採用。プレゼンなどでの使用にも適しています。

ベンキュー(BenQ) 3500 ルーメン HDR ゲーミングプロジェクター TH685

低遅延で快適にゲームをプレイできる家庭用プロジェクターです。応答速度は8.3msと良好。スポーツやシューティングなど、瞬発力を必要とするゲームでより優位に立ちやすくなります。

解像度は、1080pのフルHD画質を採用。機器をゲームモードにすれば、ひとつひとつの画像を微調整して、暗いシーンを鮮明に映し出せます。隠しコマンドを見つけたり、敵の位置を確認したりしやすいので快適です。

また、「CinematicMasterAudio+2」の音響技術を搭載。RPGやスポーツなどのゲームをするときに、より臨場感あふれるサウンドで没頭できます。

家庭用プロジェクターのおすすめ|4K対応

ソニー(SONY) ビデオプロジェクター VPL-VW775

光源にレーザー光源を採用した家庭用プロジェクターです。2000ルーメンの輝度で約20000時間使用し続けられるのが魅力。映像信号の遅延が少なく、細部まできれいに映し出せるのがおすすめポイントです。

パネルには、ソニー独自の「4K SXRD」を搭載。画像の輪郭や、細かな部分の表現などを明瞭に映し出せるのが優れている点です。さらに、ネイティブ4Kパネルを採用。3D・2Dのどちらも臨場感あふれる映像で楽しめます。

ほかにも、4Kブルーレイディスクにも採用されている「HDR方式」に対応。立体感や奥行き感、精細感に優れ、画面から浮かび上がってくるようなリアルな映像で視聴できます。画質にとことんこだわりたい方に適した家庭用プロジェクターです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) CineBeam 4K HU70LSB プロジェクター

140インチの大画面で映像を楽しめる、おすすめの家庭用プロジェクターです。4種類のLEDや、高いコントラストを有する「DMD」などを採用。自然かつ鮮明な色で、原色をリアルに再現できます。

また、1.25倍ズーム機能に対応。付属するリモコンのショートカットキーを使って、画面の倍率を簡単に調節できるので便利です。通常の卓上設置はもちろん、天井にも設置できます。

さらに、NetflixやAmazon Prime Video、YouTubeといった動画サービスに対応。Wi-Fiなどのインターネット接続を利用して、手軽に映画を視聴できます。ほかにも、HDMI・Slimport・AVアダプターなどの有線接続が使用できる点もおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) DLPプロジェクター LX-NZ3

複数のプロジェクターアワードで受賞歴がある家庭用プロジェクターです。レーザー光線の技術である「BLU-Escent」を採用。3000ルーメンの輝度と約20000時間の寿命で、快適に使用し続けられます。

また、「オートトーンマッピング」機能を搭載。HDR10に対応したコンテンツの画質を、自動で調節できるのがポイントです。さらに、最大で1.6倍までのズーム機能を利用できます。高性能な家庭用プロジェクターを探している方におすすめです。

プロジェクターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

プロジェクターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。