画像や映像コンテンツを壁やスクリーンに投影することができる「プロジェクター」。もともと会議やプレゼンなどのビジネスシーンで使われることが多かったのですが、製品の使い勝手が広がったことにより、最近ではホームシアターに活用する方も増えてきています。

そこで今回は、数あるプロジェクターのなかでも家庭用におすすめのプロジェクターをご紹介。用途別に分けて製品をピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

家庭用プロジェクターとビジネス用プロジェクターの違い

By: amazon.co.jp

プロジェクターを大きく分類すると、家庭用プロジェクターとビジネス用プロジェクターの2種類に分けることができ、それぞれ特徴が異なります。

家庭用プロジェクターは、映像コンテンツの視聴やゲームでの利用を想定して設計されており、色の再現性など「画質」を重要視したモデルが多いのが特徴。また、画面の微調整がしやすいようにスクリーンの真正面から投影しなくても映像が歪まない「レンズシフト機能」などを搭載しているモデルが多く、映像を最大限楽しめるように配慮されています。

一方、ビジネス用プロジェクターは、オフィスで使用することを想定して設計されているのが特徴。会議室などで電気をつけたままプレゼンできるように、明るさ(ルーメン)の高いモデルが多い傾向にあります。また、コンセントのないところでも使えるバッテリー駆動タイプも人気です。

プロジェクターを買う前にチェックしたいポイント

投影距離をチェック

By: epson.jp

プロジェクターの投影距離はしっかりチェックすべきポイント。機種ごとに最大の投影距離や推奨投影距離が異なるので、ご自身が使いたいと思っている場所と製品スペックを事前に比較しておきましょう。

設置環境をチェック

設置スペースに余裕がある場合は「ホームプロジェクター」

By: epson.jp

設置スペースに比較的余裕がある場合は、ホームプロジェクターがおすすめ。製品を選ぶ上でチェックすべきポイントは設置方法です。

テーブルの上に乗せるのはもちろん、三脚にも対応しているか、天井に映し出すことは可能か、などは使い勝手にも関わってくることなので、しっかりと確認しておきましょう。

なお、壁際にプロジェクターを設置したいなら、本体が前面吸排気になっているタイプがおすすめ。プロジェクターは使い続けていると高温になることが多いため、壁際のような風通しの悪い場所に設置する場合は、熱がこもらないように配慮する必要があります。

設置スペースに余裕がない場合は「短焦点プロジェクター」

By: sony.jp

プロジェクターを使用したいけれど、設置スペースを十分に確保できないという場合は「短焦点プロジェクター」がおすすめ。スクリーンとプロジェクターとの距離を短くしても、通常のモデルと同等のサイズを投影できるのが特徴です。

なお、短焦点プロジェクターであれば最小距離が1m未満でも事足りる機種が多く、壁際に設置する際でもストレスなく使えます。

プロジェクターの選び方

プロジェクターを使用する目的をチェック

ゲーム

By: epson.jp

プロジェクターでゲームをプレイしたいなら、HDMI端子やゲームモードを搭載しているかをチェックしましょう。最新ゲーム機のPS4やニンテンドースイッチはHDMI端子を採用しているので、プロジェクターもHDMIに対応していれば直接繋ぐことができます。

また、ゲーム用に最適化された「ゲームモード」を搭載したプロジェクターならば、高画質な映像でプレイすることが可能。なかには、映像処理設定を切り替えることで表示遅延を軽減する機能を搭載しているモデルもあります。家庭用プロジェクターでゲームを楽しみたい方は、ぜひおさえておきましょう。

映画鑑賞

By: epson.jp

映画鑑賞にプロジェクターを使うならディスプレイと同様、プロジェクターも解像度をしっかりチェックしましょう。ビジネス用途であれば最重要視するほどではありませんが、家庭用プロジェクターの場合は高画質の4K映像に対応したモデルがおすすめ。なお、予算との兼ね合いでリーズナブルなモデルを探している方は、HD(フルハイビジョン)に対応しているモデルを選ぶようにしましょう。

テレビ・DVD

By: epson.jp

プロジェクターでテレビやDVDを鑑賞したい方はランプ寿命もしっかりチェックすべきポイント。機種ごとに最大使用可能時間が表記されており、耐久性の目安となります。また、モバイル用途やアウトドアシーンなどでも活用したい場合はバッテリーの駆動時間もしっかり確認しておきましょう。

持ち運びで選ぶ

ポータブル型プロジェクター

By: amazon.co.jp

持ち運んで使用したいならポータブル型プロジェクターがマスト。バッテリーを内蔵しているか着脱式になっているかの違いはありますが、電源なしで動作するのが特徴です。

屋外でも使用できるため、深夜のアウトドアシーンで撮影した動画を視聴するなど、便利な使い方が可能。比較的コンパクトなサイズの製品が揃っているので、ビジネス用途にもおすすめです。

据え置き型プロジェクター

By: epson.jp

室内で位置を固定して使うなら、据え置き型プロジェクターがおすすめ。ポータブル型と比べて明るく投影できるモデルが多く、高性能なアイテムであれば4K映像を楽しむこともできます。

さらに、ゲームやシネマなど、用途によって最適な画質モードを備えているほか、映像のなめらかさに関係するノイズ軽減機能やフレーム補完技術を採用しているなど、映像のクオリティ重視の方は据え置き型プロジェクターがおすすめです。

プロジェクターの明るさ(ルーメン)で選ぶ

1000ルーメン以下

1000ルーメン以下のモデルはモバイルプロジェクターに多く採用されており、「とりあえず大画面で投影したい」という方やリーズナブルな製品を探している方、気軽に家庭用プロジェクターを活用したい方におすすめです。

1000〜2000ルーメン

家庭用プロジェクターでは、1000~2000ルーメンの製品が主流。なお、高性能なモデルであってもルーメンの数値がそこまで高くないモデルがありますが、その場合は暗い場所での使用を前提としていることも考えられます。価格が高いからといってルーメンの数値も比例して高いとは限らないので、注意しておきましょう。

2000ルーメン以上

ビジネス用プロジェクターのように明るい場所で使用することが想定されている場合は、2000ルーメン以上がおすすめ。なお、製品の明るさとスクーンサイズの推奨サイズは比例する形になるので、明るさが3000ルーメン前半であればスクリーンサイズは60~80型前後、3000ルーメン後半であればスクリーンサイズは80~100型前後、4000ルーメンを越えるとスクリーンサイズは100型以上が目安です。

家庭用プロジェクターとしてはかなりオーバースペックになりうる数値なので、用途に対応して製品スペックがしっかり見合うかは事前に確認しておきましょう。

解像度と縦横比をチェック

By: sony.jp

正しい投影を行うためには、解像度が重要。解像度は「800×600」のように表記され、それぞれ「横方向に800個の点、縦方向に600個の点で画像を表現する」という意味です。つまり、数値が高いほうが高精細な画面を表示できます。パソコンと接続する場合はパソコン側の解像度とプロジェクターの解像度を合わせるのが無難です。

また、ゲーム機やBlu-rayプレーヤーと接続するなら、最適でもフルHD対応、予算に余裕がある場合は高画質の4Kに対応している製品がおすすめです。

さらに、プロジェクターの縦横比(アスペクト比)もしっかりチェックすべきポイント。これは画面の横と縦の比率を表す数値で、横と縦の比率が「◯:◯」のように表記されています。

なお、最近では映像コンテンツやパソコン画面の多くが16:9の比率になっているため、プロジェクターも16:9の比率が使えるモデルを購入しましょう。

入力・接続端子をチェック

By: amazon.co.jp

入力・接続に対応する端子が充実しているかどうかも製品を選ぶ上でしっかり確認しておきましょう。ゲーム機やパソコン、Blu-rayプレーヤーなどと接続する場合はHDMI端子が必須。近年の機器は、HDMIで映像と音声の両方の信号を伝送できます。

なお、古いパソコンと接続する場合は、パソコン側がVGA端子による出力しか対応していないこともあるので要注意。ビジネス用にプロジェクターを購入するなら、念のためHDMIとVGAの両方に対応できるモデルを購入するのがおすすめです。さらに、USBポートやMicroSDカードスロットも充実しているモデルであれば拡張性が高く、さらに使い勝手は良好です。

プロジェクターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

国内外におけるビジネス向けプロジェクターにおいて、長年トップクラスのシェアを獲得しているエプソン。画質はもちろん、プレゼンや会議などビジネス用途で使いやすい機能をしっかり網羅しているのが特徴です。

家庭用にも根強い人気があり、ホームシアターでの用途でも便利な機能がしっかり搭載されています。トータルバランスの優れた家庭用プロジェクターを探している方はおさえておくべきメーカーです。

ベンキュー(BenQ)

By: amazon.co.jp

ベンキューは比較的安価な電気製品を展開している台湾メーカー。据え置き型はもちろん、ポータブルモデル、短焦点モデルなど、数多くのラインアップを揃えているのが特徴です。

高性能なゲーミングデバイスメーカーとしても有名で、プロジェクターにおいてもゲーム向けモデルを数多くリリースしています。エンタメ用のプロジェクターを探している方におすすめのメーカーです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

高い技術とノウハウを要する世界的メーカー。プロジェクターに関してはいち早く4Kに対応し、全体的にサイズや重量よりも画質を重視した大型モデルが多いのも特徴です。

プロジェクターにおいては家庭でも使いやすいお手頃価格の製品からコンパクトな超単焦点モデルまで揃えているのもポイント。長く使い続けられる家庭用プロジェクターを探している方におすすめです。

安さで選ぶ家庭用プロジェクターのおすすめ

DR.J LED プロジェクター

DR.J LED プロジェクター

1万円以下で購入できる小型プロジェクター。明るさは2400ルーメン、映像は1080PフルHDに対応しており、気軽にホームシアターを楽しめるのが特徴です。

投影距離は1〜5mで、投影サイズは32〜170インチ。角度に関しては台形補正機能が搭載されており、上へ19°、下へ10°の調節が行えます。また、冷却ファンが搭載されており、静音性に配慮しているのもポイント。端子も充実しており、PCやスマホ、ゲームなどさまざまな機器と接続できるのも魅力です。

ひと通りの機能が揃っていながらも価格帯はリーズナブルでコスパは良好。初めて家庭用プロジェクターの導入を検討している方はぜひチェックしておきましょう。

QKK 2600ルーメン 小型プロジェクター

静音性に優れた低価格な家庭用プロジェクターです。熱分散性能に優れた冷却システムを搭載している上、熱を持ちやすい電源部を外付け方式にすることで、ファンの音を抑制。音を気にせず映画やゲームに集中できます。

また、明るさ2600ルーメンにコントラスト比は1000:1、解像度は800×400と低価格ながら機能性が高いのもポイント。HDMI入力をはじめ、USB・microSD・AV・VGAと豊富な入力に対応しており、古い映像機器やパソコンとも接続できます。さらに、底部に穴があり、カメラの三脚を装着できるので設置の自由度を高められて便利です。

GooDee ミニプロジェクター YG200

GooDee ミニプロジェクター YG200

小型の家庭用プロジェクター。サイズは135×100×60mm、重さは約267gで、コンパクトにまとまっているのが特徴です。

明るさは1200ルーメンで、投影サイズは24〜60インチまで、投影距離は80〜200cmまで対応。また、全体的に丸みを帯びたデザインを採用しているので、ポップな印象に仕上がっているのもポイントです。

なお、本製品は冷却システムを採用しており、静音性に配慮しているのも魅力。価格は1万円以下とリーズナブルなので、コスパ重視で製品を選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

ABOX プロジェクター 小型 短焦点 3000ルーメン

ABOX プロジェクター 小型 短焦点 3000ルーメン

明るさ3000ルーメンに対応した家庭用プロジェクターで、やや明るい部屋でも見やすい画面を投影することができます。解像度は1280×720とHD画質相当。HDMI・USB・microSD・AV・VGAと接続方法が豊富で、イヤホン出力端子を搭載しているのもポイントです

また、焦点調整機能が付いているので、画面のボケを防止してくれます。さらに、上下15°まで調整できる台形補正機能により水平面に置かなくても投影可能。内蔵スピーカーはステレオ仕様のため、広がりのあるサウンドを実現しています。動作音を抑えた冷却ファンもポイント。本格的なホームシアター用プロジェクターの入門機としておすすめです。

GooDee プロジェクター 1920*1080リアル解像度 3600lm

安価ながらフルHDコンテンツをそのまま投影できるプロジェクター。解像度は1920×1080で、明るさも3600ルーメンあり、家庭用からビジネス用まで幅広く使えます。

HDMIをはじめ各種入力も充実している上、スピーカーも内蔵しています。画面サイズの調整は投影距離だけで行うので、大画面が欲しい場合は必要な距離を確認しましょう。

小型で使いやすい家庭用プロジェクターのおすすめ

ソニー(SONY) DLP投影方式 LED光源モバイルプロジェクター MP-CD1

ソニー得意の小型化技術と高性能を凝縮した小型プロジェクターです。本体サイズは83×150×16mm、重量は約280gと軽量コンパクトながら、HDMI/MHL端子・3.5mmオーディオ出力端子・USB Type-C端子と実用性の高い入出力を搭載。幅広い機器と接続して投影が可能です。

また、スピーカーを内蔵しているため、外部スピーカーを準備する必要もないので便利。約5秒の素早い起動が可能なので映したい時にすぐに使えます。約3.5mの距離から120型画面を投写できるのも特徴。光源寿命が約5万時間もあるので、長く使えるおすすめのプロジェクターです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) LEDポータブル プロジェクター Minibeam PH550G

Bluetooth音声出力を備えた小型プロジェクターです。外部スピーカーにワイヤレスで接続できるのが特徴。本体にもステレオスピーカーも内蔵しているので手軽に使うことも可能です。

また、バッテリー駆動対応機としてはハイスペックな明るさ550ルーメンを実現。HDMI端子・USBポート・D-Sub15ピン・ヘッドホン端子など入出力も充実しています。小型機では珍しい3D映像に対応しているのも魅力です。

ライソン(LITHON) ミニプロジェクター KK-00523

手のひらサイズの家庭用プロジェクターです。コンパクトながら最大で80インチまで投影可能。壁はもちろん、天井に映し出すこともできるため、ベットに寝転びながら映画鑑賞などを楽しめます。

最大輝度は30ルーメン、 コントラスト比は1000:1。重さは280gと軽量なので、携帯にも便利です。そのほか、スピーカーが内蔵されているところや、リモコンが付いてくるところもポイント。リーズナブルな価格の家庭用プロジェクターを探している方にもおすすめの製品です。

ヴィヴィテック(VIVITEK) LEDモバイルプロジェクター QUMI Q38

バッテリー内蔵のハイスペックなモデル。最高輝度600ルーメンと、モバイル機とは思えない明るさで幅広いコンテンツを見やすく投影できます。

フルHD解像度に10000:1の高コントラストで、高精細かつ陰影感に富んだ表現力も魅力。Android OSと無線LAN搭載により、本機だけでネット上のコンテンツを再生できるのも便利です。iOS/Android端末のワイヤレス投影もできます。

また、12000mAhの大容量リチウムイオンバッテリーを内蔵しているため、2時間の連続駆動が行えます。AC電源での使用も可能な上、HDMI端子は4K入力もできるので、室内用のメイン機としても活躍可能。モバイルと据え置き用途を1台で済ませたい方にもおすすめです。

映画鑑賞に最適な家庭用プロジェクターのおすすめ

エプソン(EPSON) プロジェクター EB-W05

大手メーカーによる家庭用プロジェクターなかでトップクラスの人気モデルです。明るさは3300ルーメン、15000:1のコントラスト比と、明るい部屋でも映画を楽しめる高性能さが特徴。解像度は1280×800とやや低めですが、その分価格が抑えられています。フルHD解像度のBlu-rayではなく、SD解像度のDVD中心に映画を鑑賞する分には十分な性能です。

また、斜め横からでも投写できる「ピタッと補正」機能は、投影距離を取りにくい空間でも便利。2.5kgの軽量設計と静音設計で使い勝手のよいおすすめのプロジェクターです。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EH-TW5650

本製品はフルHD解像度プロジェクターの代表的な存在。明るさ2500ルーメンに60000:1の高コントラスト比を備え、ブルーレイのような高画質な映画コンテンツを鮮明かつ陰影感豊かに描写します。倍速機能「フレーム補間技術」も搭載しており、なめらかな動きで映像を楽しめます。斜め横からの投影が可能になる「ピタッと補正」機能も便利。

また、スマホ・タブレットなどからの映像が入力できるMHLにも対応したHDMI入力のほか、D-Sub15ピン入力により、旧式のパソコンとの接続も可能。USBメモリも接続できます。さらに、内蔵スピーカーとBluetooth入出力も搭載しているため、本機の音を外部スピーカーにワイヤレスで鳴らせます。トータルバランスの高さから家庭用に幅広くおすすめできる優秀モデルです。

エイサー(Acer) DLPプロジェクター H6530BD

長時間視聴時の目の疲労に配慮したフルHD対応DLPプロジェクターです。 眼精疲労の原因といわれているブルーライトを最大30%軽減する「Acer BluelightShield」を搭載。ブルーライトにさらされることの多い現代人にとってうれしい機能です。

また、独自の「Dynamic Blackテクノロジー」を搭載しており、暗いシーンでも細部まで鮮明に映し出せるので、映画の演出や意図も汲み取りやすくなります。3500ルーメンの高輝度、コントラスト比10000:1と基本スペックも充実。3D表示に対応するのもおすすめポイントです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) レーザー超短焦点プロジェクター HF85JG

投影距離を大幅に短くできる「超短焦点型プロジェクター」です。わずか20cmで120インチ、8cmでも90インチの大画面を投影できます。また、画面の歪み補正をする「自動キーストーン」と「4コーナー台形補正」によって、斜めからの投影も可能。置き場所の自由度も高めています。

パネルはなめらかで明るい映像が特徴のDLP方式で、約2万時間の長寿命と画質を両立したレーザー光源を使用。解像度は1920×1080のフルHD、明るさは1500ルーメンと高スペックなのも特徴です。本体もコンパクトなので、場所をとりたくない方にもおすすめします。

ゲームに最適な家庭用プロジェクターのおすすめ

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EH-TW650

解像度1920×1080のフルHDタイプの液晶プロジェクター。明るさは3100ルーメン、コントラスト比も15000:1と、昼間でもゲームができる十分なスペックを備えます。

また、液晶タイプで気になる遅延や残像を抑えた「ゲームモード」を搭載。動きの早いアクションゲームやFPSゲームも快適にプレイできます。

通常の縦だけでなく横からの投影画像補正も可能なので、置き場所や方向の自由度も高いのもポイント。明るくメリハリのある画質は、映画・テレビなど幅広い映像にもおすすめです。

ベンキュー(BenQ) DLPプロジェクター 短焦点モデル TH671ST

ゲーム向けの機能を充実させたフルHD解像度対応DLPプロジェクター。16.67msの高速な応答速度を採用しており、スピード感のあるゲームも低遅延かつ残像の少ない映像で楽しめます。照明環境に応じて自動的に輝度を最適に調整する「LumiExpert」機能も搭載しているので、部屋の明るさに関わらずゲームに没頭できます。

また、「MaxxAudioサウンドエンハンス技術」を採用したサウンドモード機能も搭載。「ゲーム」のほか4つのモードにより、コンテンツに合った音質で外部スピーカーのサウンドを演出します。画質だけでなく音にもこだわりたい方におすすめのゲーム向けプロジェクターです。

ベンキュー(BenQ) 短焦点プロジェクター HT2150ST

明るさ2200ルーメン、コントラスト比15000:1のフルHD解像度対応DLPプロジェクター。マイクロ秒単位の応答速度と低遅延を備える「ゲームモード」を搭載しているのが特徴です。動きのブレや遅れを最小限に抑えて、快適なゲームプレイを実現できます。

映像設定は初心者向けのプリセットが用意される一方で、細かい自由調整も可能なので幅広いユーザーに適合。約1.5mで約100型大画面を投写できる短焦点対応なので設置自由度が高いのも魅力です。10W×2の大出力ステレオスピーカーを内蔵しているため、外部スピーカーなしでも迫力のゲームサウンドが楽しめます。

ELEPHAS LEDプロジェクター CL760

ゲーム用におすすめのコスパのよいプロジェクター。3600ルーメンの明るさに1280×800画素と、低価格ながら優秀なスペックで幅広いゲーム機の高画質を十分に堪能できます。最短1mから投影可能なため、設置場所が限られていても使用可能です。

ステレオスピーカーも内蔵しているので、追加購入なしにゲームサウンドが楽しめるのも魅力。また、静音設計のためプレイに集中できます。ランプは5万時間の長寿命を誇るLEDなので、長時間プレイする方にもおすすめです。

超高画質な4K対応プロジェクターのおすすめ

ベンキュー(BenQ) ホームプロジェクター TK800

パネル解像度3840×2160により4K映像に対応したDLPプロジェクター。明るさは3000ルーメン、コントラスト比10000:1のスペックを備えています。

従来よりも明暗差を拡大した表示を可能にするHDR規格にも対応。自然に近い陰影感を体感できます。プロジェクターに多くのノウハウと実績を持つメーカーだけに、機能面、使いやすさもばっちり。4Kプロジェクター入門機としてもおすすめです。

ソニー(SONY) 4K/3D対応ビデオプロジェクター VPL-VW255

ソニーによる高画質志向の4K/HDR対応プロジェクターです。独自開発の反射型ディスプレイデバイス、「ネイティブ4K SXRDパネル」を搭載。画素のツブツブが目立たずスムーズな映像が得られる反射型の利点を生かし、映画フィルムのようになめらかな高精細・高コントラストの画質を実現しています。

また、最新画像エンジンの搭載により、暗部階調の表現力を向上。陰影感に富んだリアルな映像美を堪能できます。HD画質素材も4Kに変換可能なのでBlu-rayや録画もきめ細かい映像で楽しめます。

最大18Gbpsの高速伝送により、最新のHDMI規格である4K/60p映像の入力にも対応。上位機から一部機能を省くことで価格を抑えた、高画質のプロジェクターです。

JVCケンウッド(KENWOOD) D-ILAホームシアタープロジェクター DLA-V7

JVCケンウッドのハイスペック4K/HDR対応プロジェクター。独自開発の反射型ディスプレイデバイス、「ネイティブ4K D-ILA」を搭載。コントラスト比80000:1のハイスペックと高輝度化の相乗効果でリアリティあふれる高画質映像を体感できます。

センサーを使用して設置環境や使用状況に応じて画質を最適化できる「オートキャリブレーション機能」も搭載。「レンズシフト」機能により設置の自由度が高いのも特徴です。ホームシアター初心者でも卓越した画質を簡単に手に入れられます。

また、ゲームに最適な「低遅延モード」も搭載。HDRは「HDR10」と「HLG」に対応しているので、幅広い4Kコンテンツで陰影感に優れた映像を堪能可能です。コンテンツを問わずに高画質を楽しめる4Kプロジェクターです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) レーザー4Kプロジェクター CineBeam HU80KS

47.4×16×16cmの長方体形状により、設置場所を選ばないスリムな4K/HDR対応DLPプロジェクター。重量は約6.7kgと軽量で持ち運びに便利なハンドルも付いています。電源コードは巻き取り式で邪魔にならない上、直接床に置いて設置できるのも魅力です。

投影位置も補正機能付きで簡単に調節可能。天井への投影もできます。また、LGのテレビにも搭載されている多機能操作系「webOS」を搭載。本機とネット環境があればNetflixやYouTubeなども試聴可能です。

さらに、明るさが2500ルーメン、コントラスト比が150000:1とスペックも充実。ランプ交換が不要な長寿命レーザー光源を使用しているのでランニングコストにも優れます。家庭で4Kコンテンツを存分に楽しめる注目モデルです。

プロジェクターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

プロジェクターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。