画像や映像コンテンツを壁やスクリーンに投影することができる「プロジェクター」。もともと会議やプレゼンなどのビジネスシーンで使われることが多いアイテムですが、製品の使い勝手が広がったことにより、最近ではホームシアターに活用する方も増えてきています。

そこで今回は数あるプロジェクターのなかでも家庭用におすすめのプロジェクターをご紹介。用途別に分けて製品をピックアップしたので、購入を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

家庭用プロジェクターとビジネス用プロジェクターの違い

By: amazon.co.jp

プロジェクターを大きく分類すると、家庭用プロジェクターとビジネス用プロジェクターに2分することができ、それぞれ特徴が異なります。

家庭用プロジェクターは、映像コンテンツの視聴やゲームでの利用を想定して設計されており、色の再現性など「画質」を重要視したモデルが多いのが特徴。また、画面の微調整がしやすいようにスクリーンの真正面から投影しなくても映像が歪まない「レンズシフト機能」などを搭載しているモデルが多く、映像を最大限楽しめるように配慮されています。

一方、ビジネス用プロジェクターは、オフィスで使用することを想定して設計されているのが特徴的で、重要なのはプロジェクターの明るさです。製品の明るさは「ルーメン」という単位で表記され、ビジネス用プロジェクターではより数値の高い製品の方が使い勝手は良好です。

プロジェクターを買う前にチェックしたいポイント

投影距離をチェック

By: amazon.co.jp

プロジェクターの投影距離はしっかりチェックすべきポイント。機種ごとに最大の投影距離や推奨投影距離が異なるので、ご自身が使いたいと思っている場所と製品スペックを事前に比較しておきましょう。

設置環境をチェック

設置スペースに余裕がある場合は「ホームプロジェクター」

By: epson.jp

設置スペースに比較的余裕がある場合は、ホームプロジェクターがおすすめ。製品を選ぶ上でチェックすべきポイントは設置方法です。

テーブルの上に乗せるのはもちろん、三脚にも対応しているか、天井に映し出すことは可能か、などは使い勝手にも関わってくることなので、しっかりと確認しておきましょう。

なお、壁際にプロジェクターを設置したいなら、本体が前面吸排気になっているタイプがおすすめ。プロジェクターは使い続けていると高温になることが多いため、壁際のような風通しの悪い場所に設置する場合は、熱がこもらないように配慮する必要があります。

設置スペースに余裕がない場合は「短焦点プロジェクター」

By: amazon.co.jp

プロジェクターを使用したいが、設置スペースを十分に確保できない場合は「短焦点プロジェクター」がおすすめ。同製品はスクリーンとプロジェクターとの距離を短くしても、通常のモデルと同等のサイズを投影できるのが特徴です。

なお、短焦点プロジェクターであれば最小距離が1mを未満でも事足りる機種が多く、壁際に設置する際でもストレスなく使えるのもポイントです。

プロジェクターの選び方

プロジェクターを使用する目的をチェック

ゲーム

By: epson.jp

プロジェクターでゲームをプレイしたいなら、画面解像度、HDMI端子、ゲームモードが揃っているかをチェックしましょう。なお、近年人気のゲーム機である「PS4」や「ニンテンドースイッチ」はHDMI端子で接続することが可能です。

また、プロジェクターによっては、ゲーム用モードを備えるほか、映像処理設定を切り替えることで表示遅延を軽減する機能を搭載しているモデルもあります。家庭用プロジェクターでゲームを楽しみたい方は、ぜひ抑えておきましょう。

映画鑑賞

By: epson.jp

映画鑑賞にプロジェクターを使うならディスプレイと同様、プロジェクターも解像度をしっかりチェックしましょう。ビジネス用途であれば最重要視するほどではありませんが、家庭用プロジェクターの場合は高画質の4K映像に対応したモデルがおすすめ。なお、予算や懐事情との兼ね合いでリーズナブルなモデルを求めている方は、HD(フルハイビジョン)に対応しているモデルを選ぶようにしましょう。

また、音質についても注意が必要。外部スピーカーと接続する場合やヘッドホンを活用する場合は別ですが、持ち運びや使い勝手を考慮するとなると、本体から発せられる音質が頼りになります。映画鑑賞のクオリティに差が出てくる部分でもあるので、しっかりとチェックしておきましょう。

テレビ・DVD

By: epson.jp

プロジェクターでテレビやDVDを鑑賞したい方はランプ寿命もしっかりチェックすべきポイント。機種ごとに最大使用可能時間が表記されており、耐久性の目安となります。また、モバイル用途やアウトドアシーンなどでも活用したい場合はバッテリーの駆動時間もしっかり確認しておきましょう。

持ち運びで選ぶ

ポータブル型プロジェクター

By: amazon.co.jp

持ち運んで使用したいならポータブル型プロジェクターがマスト。バッテリーを内蔵しているか着脱式になっているかの違いはありますが、電源なしで動作するのが特徴です。

屋外でも使用できるため、深夜のアウトドアシーンで撮影した動画を視聴するなど、便利な使い方が可能。比較的コンパクトなサイズの製品が揃っているので、ビジネス用途にもおすすめです。

据え置き型プロジェクター

By: epson.jp

室内で位置を固定して使うなら、据え置き型プロジェクターがおすすめ。ポータブル型と比べて明るく投影できるモデルが多く、高性能なアイテムであれば4K映像を楽しむこともできます。

さらに、ゲームやシネマなど、用途によって最適な画質モードを備えているほか、映像のなめらかさに関係するノイズ軽減機能やフレーム補完技術を採用しているなど、映像のクオリティ重視の方は据え置き型プロジェクターが候補となります。

プロジェクターの明るさ(ルーメン)で選ぶ

1000ルーメン以下

1000ルーメン以下のモデルはモバイルプロジェクターに多く採用されており、「とりあえず大画面で投影したい」という方やリーズナブルな製品を求めている方、気軽に家庭用プロジェクターを活用したい方におすすめです。

1000~2000ルーメン

家庭用プロジェクターでは、1000~2000ルーメンの製品が主流。なお、高性能なモデルであってもルーメンの数値がそこまで高くないモデルがありますが、その場合は暗い場所での使用を前提としていることも考えられます。価格が高いからといってルーメンの数値も比例して高いとは限らないので、注意しておきましょう。

2000ルーメン以上

ビジネス用プロジェクターのように明るい場所で使用することが想定されている場合は、2000ルーメン以上がおすすめ。なお、製品の明るさとスクーンサイズの推奨サイズは比例する形になるので、明るさが3000ルーメン前半であればスクリーンサイズは60~80型前後、3000ルーメン後半であればスクリーンサイズは80~100型前後、4000ルーメンを越えるとなるとスクリーンサイズは100型以上が目安となります。

家庭用プロジェクターとしてはかなりオーバースペックになりうる数値なので、用途に対応して製品スペックがしっかり見合うかは事前に確認しておきましょう。

解像度と縦横比をチェック

By: sony.jp

正しい投影を行うためには、解像度が重要。解像度は「800×600」のように表記され、それぞれ「横方向に800個の点、縦方向に600個の点で画像を表現する」という意味です。つまり、数値が高いほうが高精細な画面を表示できます。パソコンと接続する場合はパソコン側の解像度とプロジェクターの解像度を合わせるのが無難です。

また、ゲーム機やBlu-rayプレーヤーと接続するなら、最適でもフルHD対応、予算に余裕がある場合は高画質の4Kに対応している製品がおすすめです。

また、プロジェクターの縦横比(アスペクト比)もしっかりチェックすべきポイント。これは画面の横と縦の比率を表す数値で、横と縦の比率が「◯:◯」のように表記されています。

なお、近年では映像コンテンツやパソコン画面の多くが16:9の比率になっているため、プロジェクターも16:9の比率が使えるモデルを購入しましょう。

入力・接続端子をチェック

By: amazon.co.jp

入力・接続に対応する端子が充実しているかどうかも製品を選ぶ上でしっかり確認しておきましょう。ゲーム機やパソコン、Blu-rayプレーヤーなどと接続する場合はHDMI端子が必須。近年の機器は、HDMIで映像と音声の両方の信号を伝送できます。

なお、古いパソコンと接続する場合は、パソコン側がVGA端子による出力しか対応していないこともあるので要注意。ビジネス用プロジェクターを購入するなら、念のためHDMIとVGAの両方に対応できるモデルを購入するのがおすすめです。さらに、USBポートやMicroSDカードスロットも充実しているモデルであれば拡張性が高く、さらに使い勝手は良好です。

プロジェクターのおすすめメーカー

エプソン

By: amazon.co.jp

国内外におけるビジネス向けプロジェクターに置いて、長年シェア1位を獲得しているエプソン。画質はもちろん、プレゼンや会議などビジネス用途で使いやすい機能をしっかり網羅しているのが特徴です。

家庭用にも根強い人気があり、ホームシアターでの用途でも便利な機能がしっかり搭載されています。安定感、信頼性の面でも好印象。トータルバランスの優れた家庭用プロジェクターを求めている方は押さえておくべきメーカーです。

ベンキュー

By: amazon.co.jp

ベンキューは比較的安価な電気製品を販売している台湾メーカー。ポータブルモデル、短焦点モデル、ゲーム向きモデルなど、数多くのラインアップを揃えているのが特徴です。

ソニー

By: amazon.co.jp

高い技術とノウハウを要する世界的大メーカー。プロジェクターに関してはいち早く4Kに対応し、全体的にサイズや重量よりも画質を重視した大型モデルが多いのも特徴です。

プロジェクターにおいては家庭でも使いやすいお手頃価格の製品からコンパクトな超単焦点モデルまで揃えているのもポイント。長く使い続けられる家庭用プロジェクターを探している方におすすめです。

安さで選ぶ家庭用プロジェクターのおすすめ

DBPOWER PJ06

リーズナブルな価格ながら、多くの入力方式に対応したプロジェクター。HDMIやVGA端子を使えばパソコンやゲーム機と接続できるほか、USBメモリを接続できます。

投影距離は1~5mで、32~176インチまでの大画面をカバー。台形補正機能がついていて、本体に搭載されたレバーを用いて縦に±15度まで調整できます。

本体にスピーカーを内蔵している上に、AV端子を備えていて音声の外部出力にも対応。さらに、ヘッドホンの接続も可能です。なお、低消費電力のLEDランプを採用しており、20000時間の使用に耐える耐久ポイントです。

QKK 2200ルーメン 小型プロジェクター

リーズナブルながら2200ルーメンに対応している家庭用プロジェクター。HDMIやVGA端子を搭載するのはもちろんのこと、USB端子を2つも搭載しているのが特徴です。

また、LEDランプの寿命は50000時間と耐久性も良好。カメラの三脚ともセットで使うことができるので、テーブルが設置できない場所でも活用したい時に重宝するモデルです。

ピーナッツ・クラブ(Peanuts club) ミニプロジェクター KK-00523

コンパクトサイズでとにかく安価な製品がほしい方におすすめのミニプロジェクター。重量わずか280gで、手のひらに収まるほどのサイズながら、80インチまでの投影に対応しています。

対応メディアは、USBメモリ、64GB以下のMicroSDカード、AVケーブルの3つ。AVI、FLV、MPGなどの主要な動画形式に対応しているため、パソコンからUSBメモリにデータを移し替えるだけで、すぐに動画が視聴できます。

また、本製品には遠隔操作できるリモコンも付属。離れた場所から便利に活用したい方にも最適な1台です。

小型で使いやすい家庭用プロジェクターのおすすめ

ベンキュー(BenQ) ポータブルプロジェクター GS1

キャンプモードを搭載した小型プロジェクター。外出先のアウトドアシーンで、映画やその日に撮影した動画などを楽しみたい時に活躍してくれる1台です。

本製品には着脱可能なポータブルバッテリーを付属。室内では重量570gのコンパクトサイズで狭いスペースに収納できるため、外出先ではケーブル不要で活用できます。

HDMIやMicroSDカードに対応するほか、最新型のUSB3.0端子も装備。Bluetooth接続によるワイヤレス通信も可能です。ワンタッチで設定が完了するため、機械に疎い方でも快適に利用できるところもおすすめです。

エイスース(ASUS) モバイルプロジェクター S1

仕事にも遊びにも使える手のひらサイズのプロジェクター。最大約3時間も投影可能なバッテリーを内蔵していて、電源が自由に取れないビジネスの場などでも活用できます。

また、電源ボタンを押下してから約5秒で画面を映し出せるのもポイント。ちょっとした合間でもスムーズに使えるので、使い勝手のよい家庭用プロジェクターを求めている方におすすめです。

エイスース(ASUS) ZenBeam Go E1Z

PCだけではなく、スマホやタブレットとUSBで簡単に接続できるUSBポケットプロジェクター。充電式バッテリーを内蔵していて最大5時間の投影が可能です。

3.7m距離を離すことで、120インチの投影に対応。設置場所の関係で投写画面が斜めになってしまっても、「自動台形補正機能」の力で自動的に長方形に補正するところもおすすめです。

SKテレコム(SK Telecom) UO SmartBeamLaser LB-UH6CB

各辺5.5㎝の立方体デザインが特徴的なプロジェクター。レーザープロジェクターなので、ピント合わせが不要なところが特徴です。

コンパクトサイズながら、100インチの大画面投影に対応。1280×720、16:9のワイド画面の解像度を採用しているほか、バッテリーも約120分持続するなど、使い勝手は良好です

ソニー(SONY) モバイルプロジェクター MP-CD1

キャリングケースを付属したモバイルプロジェクター。スマホとほぼ変わらない胸ポケットにも収まるサイズで、重量も約280gと軽量なモデルです。

1.0wのモノラルスピーカーを内蔵しているほか、オーディオ出力端子も備えていて外部スピーカーとの接続も可能。側面には「フォーカススライドキー」が搭載されており、片手でも手軽にフォーカス調整など、使い勝手に優れた1台です。

ヴィヴィテック(Vivitek) QUMI Q8J-BK

重量621gのコンパクトサイズながら、フルHD解像度に対応したモバイルプロジェクター。明るいは800ルーメンで、Wi-Fiを用いたワイヤレス接続に対応できるのもポイントです。

専用アプリ「QUMI Cast」を使うだけで、動画・画像ファイルを投影できる上に、DropBoxやGoogle Driveなどクラウド上のデータもアプリからコントロールが可能。キックスタンドや三脚取付ネジ穴も備えていて、傾斜投影や高さ調整も簡単です。

ソニー(SONY) ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1

壁際に置くだけで22~80インチの大画面を映し出せる超短焦点プロジェクター。同梱のワイヤレスユニットに、Blu-rayレコーダーやケーブルテレビのチューナーを繋ぐことで、テレビや映像コンテンツを存分に楽しむことができます。

オートフォーカス機能を搭載しているため、手動による微調整の必要がなく、使い勝手は良好。ソニー独自のSXRDパネルを採用することにより、高精細な映像を片手で掴める本体幅約8cmの小型サイズにまとまっているのもポイントです。

映画鑑賞に最適な家庭用プロジェクターのおすすめ

エプソン(EPSON) dreamio EH-TW650

フルHD液晶パネルを搭載したプロジェクター。3100ルーメンの明るさで、Blu-rayなどのフルHD映像を最大限楽しみたい方におすすめです。

約2.3mの投影距離で、100インチの大画面に対応。ダイナミック、ブライトシネマ、シネマ、ゲームの4つのモードを用意しているのもポイントです。

HDMI端子を2つ搭載するなど外部デバイスとの接続も快適。無線LANを内蔵していて、スマホやタブレットとの連携もスムーズに行えるのも魅力な1台です。

ゲームに最適な家庭用プロジェクターのおすすめ

ベンキュー(BenQ) 短焦点フルHDホームシアタープロジェクター HT2150ST

ゲームを大画面で楽しみたい方におすすめのプロジェクター。迫力ある100インチの映像を投写するために必要な距離はわずか1.5mと、低スペースで臨場感を堪能できるのが特徴です。

動きのブレや遅れをしっかりとカバーできるのもポイント。なお、本製品には10Wx2のチャンバー型スピーカーを搭載しており、重低音がしっかりしているのも魅力です。

LGエレクトロニクス・ジャパン(LG Electronics Japan) 超短焦点LEDプロジェクター PF1000UG

38cmの距離で100インチの投影ができる超短焦点LEDプロジェクター。Bluetoothで外部スピーカーとのワイヤレス接続が可能なので、大画面かつ大音量でゲームを楽しみたい方におすすめです。

HDMI端子以外にも、USB端子、VGA端子、光デジタル音声入出力端子、AV入力端子、コンポーネント入力端子、ヘッドホン端子など、豊富な接続端子に対応できるのもポイント。高価格ではありますが、その分長く活用できる家庭用プロジャクターを求めている方にとっては候補となる製品です。

ベンキュー(BenQ) 短焦点 Full HDプロジェクター TH671ST

ビジネスからゲームまで幅広い用途で活用できるプロジェクター。3000ルーメンの明るさで、明るい部屋でもしっかりと快適に投影できるのが特徴です。

また、本製品はサウンドモード機能が充実しているのもポイント。低音・高音ともに良好で、臨場感あふれるサウンドを体感できます。なお、サウンドのモードはシネマ、音楽、スポーツ、ゲームの4つにそれぞれ分かれているので、ソフトのポテンシャルをしっかりと引き出せる家庭用プロジェクターを求めている方におすすめです。

超高画質な4K対応プロジェクターのおすすめ

エプソン(EPSON) dreamio EH-TW8300W


 
液晶パネルタイプの4K対応プロジェクター。最大輝度が2500ルーメンと明るいのが特徴です。コントラストが高いので立体感のある映像を楽しめる他、HDRにも対応しています。

2.1倍ズームレンズが搭載されており、前後の幅が約3.3mでも100型の投影ができるため、設置場所を選ばないのが魅力です。付属の「WirelessHD トランスミッター」を使えば、プレーヤーなどからワイヤレスで映像を流せます。狭い部屋でも大画面の映像を楽しみたい方におすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) 4K HDR対応 D-ILAプロジェクター DLA-X590R-B

265Wの高出力ランプで最大輝度1800ルーメンの明るさを生み出す4K対応プロテクター。明るい部屋でも鮮明な映像を楽しめるのが特長です。コントラストが高いため明暗がはっきりしています。

「ピュアダイレクトモード」により、ゲームやスポーツなど激しく動く映像の表示遅延を低減して、滑らかに見せてくれるのがポイント。「オートHDRピクチャーモード」に対応しているため、HDRコンテンツもきれいに見られます。上級モデルにも負けない基本性能の高さが魅力のモデルです。

JVCケンウッド(KENWOOD) 4K HDR対応 D-ILAプロジェクター DLA-X990R

「4K e-shift5テクノロジー」が搭載されており、精細な画質で4Kコンテンツが楽しめるプロジェクター。コントラストの高さを活かしたまま映像を映し出すため、階調を豊かに表現できるのが魅力です。黒色を美しく描写できるので、明暗や奥行きのある映像を楽しみたい方にも適しています。

豊富な項目で自分好みの映像に調整できるのもポイント。表現力や画質に妥協したくない方におすすめの4K対応プロジェクターです。HDCP2.2にも対応しています。

プロジェクターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

プロジェクターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。