プレゼンや大人数での会議といったビジネスシーンに不可欠なアイテム「プロジェクター」。最近ではスマホと一緒に使いやすいポータブルタイプの製品も多く販売されており、保存してある写真や動画を大画面で観られるなどプライベートでも楽しめます。

そこで今回は、スマホ対応プロジェクターのおすすめモデルをご紹介。選び方のポイントについても解説するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

スマホ対応プロジェクターの魅力

By: xgimi.com

スマホ対応プロジェクターは、スマホに表示されている映像を大画面で視聴できる点が魅力です。スマホに保存されている映像だけでなく、VODサービスの動画やゲームのプレイ映像なども大きな画面で楽しめます。

プロジェクターから出力された映像は壁に投影できるため、テレビやモニターがなくとも使用可能。コンパクトなモデルもラインナップされているので、外出先で動画を楽しみたい方にもおすすめです。

スマホ対応プロジェクターの選び方

接続方式をチェック

有線接続

By: rakuten.co.jp

ゲームなど遅延なく映像を投影したいときには有線接続がおすすめです。

スマホとプロジェクターを有線接続するには「HDMI変換アダプター」を利用するのが一般的。「microUSB to HDMI」や「USB Type-C to HDMI」など、端末側の端子形状に合わせる必要があります。iPhoneなら「Lightning to HDMI」アダプターを使用しましょう。

ワイヤレス接続

By: ankerjapan.com

プロジェクターとスマホを手軽に接続したい方には、Wi-Fi機能を搭載したモデルを要チェック。スマホの画面がワイヤレスで簡単にミラーリングできるので便利です。

また、接続用のケーブル類を持ち歩く必要がないため外出時の荷物が減らせるだけでなく、うっかり忘れてしまうといったミスも防げます。訪問先でスマートにプレゼンをおこないたい方にもおすすめのタイプです。

明るさをチェック

By: ankerjapan.com

プロジェクターの明るさ(輝度)はルーメン(lm)という単位で表されます。昼間の室内や蛍光灯の点いた会議室での使用がメインの場合、できるだけ高輝度のモデルがおすすめです。逆に、小さな画面を映すだけだったり暗い部屋で使用したりするのであれば、輝度の低い製品でもあまり問題はありません。

なお、単位には「ルーメン」のほか、「ANSIルーメン」「ISOルーメン」などがあります。ANSIルーメンはアメリカの国家規格協会が定めており、投影される面の明るさの平均値を表したプロジェクター用の規格。対してISOルーメンは、国際標準化機構が定めた規格です。

ルーメンはメーカーによって測定方法が異なるので、注意が必要。製品の明るさを比較する場合、ANSIルーメン同士やISOルーメン同士を比較するようにしましょう。

スピーカーの有無をチェック

By: ankerjapan.com

映画や動画の視聴などエンターテイメントを楽しみたいなら、スピーカーの有無も重要なチェックポイント。スピーカーを内蔵していないプロジェクターでは、別途外付けすることになるので注意が必要です。

持ち運ぶ機会が多く、移動先でも音声付きで映像を投影したい場合は、スピーカー内蔵タイプを選択しましょう。一方、プロジェクターをプレゼンなど音声不要の用途でしか利用しないのであれば、スピーカーの有無にこだわる必要はありません。

電源方式をチェック

By: ankerjapan.com

プロジェクターを選ぶ際は電源方式もしっかりチェックしておきましょう。電源方式は主に内蔵バッテリーとACアダプターの2タイプに分けられます。

内蔵バッテリータイプは、コンセントを探す必要がなくどこでも使いやすいのがメリット。客先でのプレゼンなど、持ち運んで使用する機会が多い方におすすめのタイプです。ほかにも、キャンプで映画を鑑賞するといった使い方もできます。

一方、ACアダプタータイプは、電池残量を気にせず長時間利用したいシーンで便利。比較的輝度の高い製品も多いので、自宅や会社の会議室など決まった場所で使う用途に適しています。

パネルの種類をチェック

By: xgimi.com

プロジェクターのパネルにはLCD・DLP・LCOSの3種類が存在し、それぞれ映像の質が異なります。きれいな映像を楽しみたい方は、あらかじめパネルもチェックしましょう。

LCDは、据え置き型に多く採用されています。色を繊細に再現できる点や、種類が豊富な点が特徴です。ただし、長時間の連続使用が苦手な点や、経年劣化により色ムラが発生しやすい点がデメリットです。

DLPは、経年劣化しにくく長時間連続使用しやすいのがメリット。またコントラストが高いため、鮮明な映像を描写できます。小型のプロジェクターにも多く採用されている方式です。

LCOSはハイエンドモデルに搭載されていることが多く、全体的に高スペックな点が特徴。解像度やコントラストが高く、滑らかな映像を楽しめます。映像の質を重視する方におすすめです。

スマホ対応プロジェクターのおすすめ|人気

アンカー(ANKER) Nebula Cosmos Laser 4K D23505F1

アンカー(ANKER) Nebula Cosmos Laser 4K D23505F1 2022

明るく鮮やかな4K映像を映し出せるレーザー光源を採用したスマホ対応プロジェクターです。2200ANSIルーメンの明るさがあり、昼間の明るい部屋でも映像コンテンツを楽しめます。

AirPlay・Chromecast・Android TV対応で、スマホからスムーズにミラーリング可能。別売りのTVチューナーを使うことで地上波のテレビも再生可能です。

HDMI・Bluetoothなどの豊富なインターフェースがあり、HDMI変換アダプターを使えば有線接続もできます。Blu-rayレコーダー・PS5などさまざまなデバイスと接続でき、DVDの再生やゲームプレイにもおすすめです。

アンカー(ANKER) Nebula Capsule 3 Laser D2426N11

アンカー(ANKER) Nebula Capsule 3 Laser D2426N11 2022

500ml缶ほどのコンパクトなスマホ対応プロジェクターです。本体に8Wのスピーカーを内蔵しており、好きな部屋で手軽に映像と音楽が楽しめます。リビング・子供部屋・寝室など、さまざまな部屋への持ち運びにおすすめです。

レーザー光源を採用したフルHDの高解像度で約2.5時間再生でき、長編の映画も楽しめます。スマホやタブレットから観たいコンテンツを手軽にミラーリング可能。HDMIで有線接続でき、スマホゲーム・ライブ配信などの再生もおすすめです。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター EH-LS650

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター EH-LS650 2023

焦点距離約14cmで、80インチの大画面を映し出せる超短焦点タイプのスマホ対応プロジェクターです。最大120インチの大きな映像を投影可能。明るさが3600ルーメンあり、明るい部屋でもシャープな4K映像を再生できます。

本体にヤマハの2.1ch高音質スピーカーを搭載しており、本製品のみで音楽と映像を再生可能です。Android TV・Chromecast built-inなどに対応しており、音楽・映画など幅広いコンテンツをスムーズに再生できます。

エプソン(EPSON) ビジネスプロジェクター 短焦点デスクトップモデル EB-L210S

エプソン(EPSON) ビジネスプロジェクター 短焦点デスクトップモデル EB-L210S 2023

ビジネスシーンにおすすめのスマホ対応プロジェクターです。83cmの焦点距離で80インチの大画面を投影可能。プレゼンやミーティングで資料を大きく写したいときに便利です。明るさが4000 ルーメンあり、明るい会議室でもはっきりと映し出せます。

画像の歪みを簡単に補正する「ピタッと補正」機能や「1.35倍デジタルズーム」機能を搭載しており、スムーズにセッティング可能。ミラーリング機能やエプソンの専用アプリを使い、スマホに保存した資料や画像を簡単に投写できます。

アラジン エックス(Aladdin X) Aladdin Marca

アラジン エックス(Aladdin X) Aladdin Marca 2023

壁から24cmの距離で100インチの大画面が投写できるスマホ対応プロジェクターです。さまざまな映像コンテンツをフルHD画質と2.1chサラウンドで手軽に再生可能。AC電源タイプなので、バッテリー切れを気にせず楽しめます。

自動補正機能が充実しており、初めての方も簡単にセッティング可能です。ミラーリングのほかBluetoothでのワイヤレス接続やHDMIの有線接続に対応しており、スマホとも簡単に接続できます。

ベンキュー(BenQ) 4Kフラグシップホームシアタープロジェクター HT4550i

ベンキュー(BenQ) 4Kフラグシップホームシアタープロジェクター HT4550i 2023

高画質な4K映像を投写できるスマホ対応プロジェクターです。メーカー独自の「HDR-PRO」技術により、細部まで高解像度で投写可能。さらに、最大輝度値に合わせて自動調節する「HDR10+」により、幅広いコンテンツを高画質で再生できます。

また、オリジナルのアスペクト比とフレームレートで再生できる「フィルムメーカーモード」も魅力。味わい深いフィルム映画のノイズまで再生でき、映画好きの方におすすめです。Android TVを内蔵しており、幅広いコンテンツが楽しめます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) ポータブル フルHDレーザープロジェクター PF510Q

LGエレクトロニクス(LG Electronics) ポータブル フルHDレーザープロジェクター PF510Q 2023

コンパクトなスマホ対応プロジェクターです。リビング・テラス・キャンプ場など、幅広い場所への持ち運びにおすすめ。フルHD画質で、最大120インチの大画面を投写できます。

webOS・AirPlay 2・Screen Share・Bluetoothと、幅広い接続方法に対応。スマホだけでなく、PC・タブレットなど幅広い機器と簡単に接続可能です。歪みの自動補正機能があり、初めて使う方も簡単にセッティングできます。

エクスジミー(XGIMI) HORIZON Ultra

エクスジミー(XGIMI) HORIZON Ultra 2023

細部まで高画質で映し出せるスマホ対応プロジェクターです。Dolby Visionに対応した4K映像を最大200インチの大画面で投写可能。Android TV・Airscreenなどを搭載しており、幅広いコンテンツを高画質で再生できます。

スタイリッシュでおしゃれな本体には、HDMIポートを搭載。さらに、12Wスピーカーを2基内蔵しており、スマホ対応プロジェクター本体だけで高画質な映像と音楽を再生できます。

JMGO N1 Ultra

JMGO N1 Ultra 2023

片手で簡単に角度や向きを調節できるスマホ対応プロジェクターです。天井にも投影でき、ベッドやソファに寝転がったまま4Kの高画質映像を楽しめるのが魅力。自動補正機能があり、さまざまな壁や天井へ最大150インチの大画面を投写できます。

本製品はAndroid TV 11を搭載。HDMIでの有線接続もできます。また、HDMI接続時のスピードは平均10msと低遅延なので、スマホゲームの投写にもおすすめです。

スマホ対応プロジェクターのおすすめ|安い

アンカー(ANKER) Nebula Astro D2400521

アンカー(ANKER) Nebula Astro D2400521 2020

約380gと軽量で、コンパクトなスマホ対応プロジェクターです。リビング・子供部屋・オフィスなど、さまざまな部屋に持ち運んで使えます。

本製品は最大100インチの大画面で投写可能。約2.5時間の連続再生ができるため、映画の視聴にもおすすめです。Android 7.1を搭載しており、Wi-Fiと接続するだけで幅広い映像コンテンツが楽しめます。

Bluetooth・AirPlay・ミラーキャストなどを使ったワイヤレス接続に対応しているのもおすすめポイントです。

ベンキュー(BenQ) フルHD天井シアタープロジェクター GV31

ベンキュー(BenQ) フルHD天井シアタープロジェクター GV31 2023

壁や天井に投影できるスマホ対応プロジェクターです。オートフォーカスと自動台形補正機能があり、さまざまな壁面や天井にフルHD画質の映像を投影可能。2.1chスピーカーを搭載しており、映像と同時に迫力のあるサウンドを再生できます。

ChromecastやAirPlayに対応しており、AndroidスマホやiPhoneの映像を手軽にミラーリング可能。Android TVも内蔵し、幅広い映像コンテンツを再生できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) モバイルプロジェクター 400-PRJ023

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) モバイルプロジェクター 400-PRJ023 2017

胸ポケットに入れて持ち運べる名刺サイズのスマホ対応プロジェクターです。コンパクトながらも最長2時間連続使用でき、USB給電をしながらの投影もできます。

最長3mの焦点距離で60インチの映像を投写でき、ダイヤルで簡単にピントを調節できます。裏面には三脚取り付け用のネジ穴があり、手持ちの三脚と組み合わせれば天井にも投影可能。寝転がりながら、映像コンテンツを楽しみたい方にもおすすめです。

AndroidスマホやiPhoneにダウンロードしたコンテンツをHDMIでの有線接続により投影可能。本体にはスピーカーに加え、3.5mmステレオミニジャックを搭載しており、深夜や早朝でもゆっくりと映像コンテンツが楽しめます。

MiraArc モバイルプロジェクター CINEMAGE mini

MiraArc モバイルプロジェクター CINEMAGE mini 2022

最大180インチの大画面で投写できるスマホ対応プロジェクターです。バッテリーを内蔵しており、約2時間コードレスで使用可能。テラスやキャンプ場など屋外への持ち運びにもおすすめです。

Android TVを内蔵しており、幅広いコンテンツを再生可能。25dB以下で静かに運転し、映画のシリアスなシーンも快適に視聴できます。AirPlay・Miracast・Eshareに対応しており、スマホからのミラーリングも可能です。

スマホ対応プロジェクターのおすすめ|小型

アンカー(ANKER) Nebula Vega Portable D2121N11

アンカー(ANKER) Nebula Vega Portable D2121N11 2020

20000mAhの大容量バッテリーを搭載しているスマホ対応プロジェクターです。最大約3時間の連続再生が可能なので、電源のない場所で使用したい方におすすめです。

Android TV 9.0を搭載しており、YouTubeやHuluなど5000以上のアプリを使用可能。4W出力のスピーカーを2つ搭載しているほか、Dolby Digital Plusにも対応しています。深みのあるステレオサウンドを楽しみたい方にもおすすめです。

さらに、最大13°まで角度調整ができるフラップを搭載しています。三脚を使わずに投影角度を調整できるのが便利です。台形補正機能により、自動垂直や手動水平の補正に対応しています。プロジェクターが斜めに設置されていても映像を投影可能です。

ベンキュー(BenQ) モバイルプロジェクター GS50

ベンキュー(BenQ) モバイルプロジェクター GS50 2021

アウトドアで使用したい方におすすめのスマホ対応プロジェクター。70cmの落下衝撃耐性を有しており、軽量かつ耐久性に優れているのがメリットです。さらに、IPX2の防滴構造で、スピーカーが防滴フィルムで保護されています。

ベンキュー独自のCinematicColorにより、色彩をリアルに表現可能です。色域が広いため、アウトドアでも魅惑的な映画体験を可能にすると謳っています。

BenQ Smart Controlアプリを使うことで、スマホからプロジェクターを操作可能。手軽に操作できるモデルを求める方にもおすすめです。

エクスジミー(XGIMI) Halo+

エクスジミー(XGIMI) Halo+ 2017

外出先で使用したい方におすすめのスマホ対応プロジェクターです。2.5時間持続するバッテリーを内蔵しているため、電源のない場所でも使用可能。キャンプなどのアウトドアにも適しています。サイズが約114×145×172mmとコンパクトなので、持ち運びやすい点もメリットです。

ポータブルタイプにしては輝度が高く、700ISOルーメンの明るさで映像を出力できます。また、フルHDの映像を最大200インチの大画面で楽しめるのもポイント。パネルにはDLPを採用しているため、鮮明な映像を描写できます。

またフレーム補間技術のMEMCを採用しているのも特徴です。動きの激しい映像を投影する際にブレにくく、シャープな映像を維持できるといわれています。スポーツやゲームの映像を出力したい方にもおすすめ。エクスジミー独自のX-VUE2.0により、色彩を細かく表現できるのも魅力です。

ダンベイ(Dangbei) Emotn N1 ED-N1-WTJP-A2S1

ダンベイ(Dangbei) Emotn N1 ED-N1-WTJP-A2S1 2023

HDR10とHLG技術に対応しているスマホ対応プロジェクターです。鮮やかなコントラストとリアルな黒色を表現できると謳っています。パネルにはLCDを採用しているため、色を繊細に再現できるモデルがほしい方におすすめです。

画質はフルHDに対応しており、最大120インチの大きさで出力可能。明るさは500ANSIルーメンに対応しています。Dolby Audioをサポートしているため、臨場感のある音声を楽しめるのもメリットです。

また、HDMIポート・USBポート・Wi-Fi・Bluetoothを用いて、さまざまな機器と接続できます。Netflix・Prime Video・YouTubeがプリインストールされているのもポイントです。

さらに、本体の底面にはスタンドを搭載しており、投影角度を最大12°まで調整できます。ToFのオートフォーカスにより、手間をかけずに準備ができるのも魅力です。