プレゼンや大人数での会議といったビジネスシーンに不可欠なアイテム「プロジェクター」。最近ではスマホと一緒に使いやすいポータブルタイプの製品も多く販売されており、保存してある写真や動画を大画面で観られるなどプライベートでも楽しめます。

そこで、今回はスマホ対応プロジェクターのおすすめモデルをご紹介。選び方のポイントについても解説するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

スマホ対応プロジェクターの選び方

接続方式をチェック

有線接続

By: amazon.co.jp

ゲームなど遅延なく映像を投影したいときには有線接続がおすすめです。スマホとプロジェクターを有線接続するには「HDMI変換アダプター」を利用するのが一般的。「microUSB to HDMI」や「USB Type-C to HDMI」など、端末側の端子形状に合わせることが必要です。iPhoneなら「Lightning to HDMI」アダプターを使用しましょう。

また、「MHL(Mobile High-definition Link)」規格に対応しているかもポイントです。MHLとはアメリカのSilicon Image社が開発した、携帯機器向けの高速映像転送用インターフェースのこと。スマホとプロジェクターの両方が同規格に対応している場合は、変換アダプターを使う必要はありません。

MHLケーブル1本でシンプルに接続することが可能です。Android端末を中心に採用されているので、購入前にチェックしてみてください。

ワイヤレス接続

By: lg.com

プロジェクターとスマホを手軽に接続したい方には、Wi-Fi機能を搭載したモデルを要チェック。スマホの画面がワイヤレスで簡単にミラーリングできるので便利です。

また、接続用のケーブル類を持ち歩く必要がないので外出時の荷物が減らせるだけでなく、うっかり忘れてしまうといったミスも防げます。訪問先でスマートにプレゼンをおこないたい方にもおすすめのタイプです。

明るさをチェック

By: amazon.co.jp

プロジェクターの明るさ(輝度)はルーメン(lm)という単位で表されます。昼間の室内や蛍光灯のついた会議室での使用がメインの場合、できるだけ高輝度のモデルがおすすめです。逆に、小さな画面を映すだけだったり暗い部屋で使用したりするのであれば、輝度の低い製品でも問題はありません。

なお、単位には「ANSIルーメン」と「ルーメン」との2つが存在します。前者のANSI(アンシ)とはアメリカの国家規格協会が定めており、投影される面の明るさの平均値を表した、いわばプロジェクター用の規格です。

後者は性能上の最大値だったり、一部分の明るさだったりする可能性があるので注意が必要。ANSIルーメンの方がより実使用に合った数字といえますが、両者を単純に比較することはできないので参考として覚えておきましょう。

スピーカーの有無をチェック

By: amazon.co.jp

映画や動画の視聴などエンターテイメントを楽しみたいなら、スピーカーの有無も重要なチェックポイントです。スピーカーを内蔵していないプロジェクターでは、外付けすることになるので注意が必要。

持ち運ぶ機会が多く、移動先でも音声付きで映像を投影したい場合は、スピーカー内蔵タイプを選択しましょう。一方、プロジェクターをプレゼンなど音声不要の用途でしか利用しないのであれば、スピーカーの有無にこだわる必要はありません。

電源方式をチェック

By: amazon.co.jp

プロジェクターを選ぶ際は電源方式もしっかりチェックしておきましょう。電源方式は主に内蔵バッテリーとACアダプターの2タイプに分けられます。

内蔵バッテリータイプはコンセントを探す必要がなくどこでも使えるのがメリット。客先でのプレゼンなど、持ち運んで使用する機会が多い方におすすめのタイプです。ほかにも、キャンプの夜に映画を鑑賞するといった楽しい使い方もできます。

一方、ACアダプタータイプは、電池残量を気にせず長時間利用したいシーンで便利。比較的輝度の高い製品も多いので、自宅や会社の会議室など決まった場所で使う用途に適しています。

スマホ対応プロジェクターのおすすめモデル

アンカー(Anker) Android搭載モバイルプロジェクター Nebula Astro

軽量コンパクトなスマホ対応プロジェクターです。約380gと軽いほか、最大100インチの大画面投影が可能。自宅はもちろん、友人宅や旅行先のホテルなどにも気軽に持ち運んで上映会が楽しめます。

Android 7.1を搭載しているのも特徴。Wi-Fiに繋ぐだけでNetflixやHuluなどのVODコンテンツが視聴できます。スマホとの接続方法も豊富で、HDMIやUSB Type-Cの有線接続に加えて、Wi-Fi・Bluetooth・AirPlayを使ったミラキャストも可能です。

輝度は100ANSIルーメンで、最長2.5時間の動画再生に対応。小さな子供のいる家庭に重宝するアイガード機能やペアレンタルコントロール機能も備えています。

アンカー(Anker) Android搭載モバイルプロジェクター Nebula Apollo

小型ながら充実した映画鑑賞が楽しめるAndroid搭載のスマホ対応プロジェクターです。DLPの先進的な投影技術によって、480p映像が200ANSIルーメンの明るさで最大100インチの大画面に投影できます。

6Wのスピーカーを内蔵しているのもポイント。充実した音響効果で映画や音楽の鑑賞が楽しめるほか、Bluetoothスピーカーとの連携も可能です。なお、バッテリーは最長4時間の動画再生に対応します。

350ml缶サイズのアルミボディを採用しているので、耐久性が高く、運びやすさも良好。天面にはタッチパネルを備えているので、メニュー選択から映画や音楽の再生までスマホ感覚で操作できます。

アンカー(Anker) Android TV搭載モバイルプロジェクター Nebula Capsule II

機能性に優れたスマホ対応プロジェクターです。200ANSIルーメンの明るさと720pのHD解像度による投影を実現。オートフォーカス機能を搭載しているので、壁や天井に投影する際のピント合わせが自動でスムーズに行えます。

3600以上のアプリが楽しめるAndroid TV 9.0を搭載し、Chromecastでのワイヤレス接続にも対応。バッテリーは最長3時間の動画再生が可能ですが、USB-PD対応の充電器を使えば約2.5時間で急速充電できます。

サンワサプライ(Sanwa Supply) モバイルプロジェクター 400-PRJ023

スマホ感覚で手軽に持ち歩けるコンパクトなモバイルプロジェクターです。重さ約128gと軽く、幅約9.8×奥行き約7.5×厚さ約1.3cmと名刺ケース程度の大きさしかないのが特徴。ビジネスバッグやスーツのポケットにも簡単に収納できます。

DLPの採用によって小型ながら30ANSIルーメンでの投影に対応。また、スピーカーも内蔵しているので、動画資料を使用するプレゼンなどにも活躍します。底面にテーブル三脚を装着することで投影時の高さを確保できるのもポイントです。

スマホとはMHL変換アダプターなどを使ってHDMIケーブルで接続。最長2時間の連続投影が可能ですが、付属のUSBケーブルを使えば充電しながらの投影もできます。

サンワサプライ(Sanwa Supply) モバイルプロジェクター 400-PRJ026

壁や天井にも見やすい角度で投影できるスマホ対応プロジェクターです。投影する映像の位置を最大90°まで変えられる角度調節機能を搭載。三脚を使わなくても見やすい高さに手早く調節できます。

自動台形補正機能を備えているので角度を変えた場合でも投影映像が歪まないのもポイント。また、重さ約370g、幅約15.4×奥行き約9.6×厚さ約2.7cmと軽量コンパクトながら、200ANSIルーメンでの投影に対応します。

バッテリーは最長1.5時間の連続投影ができるほか、付属のACアダプターを使って充電しながらの投影も可能。また、緊急時は容量6500mAhのモバイルバッテリーとしても使用でき、iPhone SE 第2世代が2回以上充電できます。

エイスース(ASUS) ポケットLEDプロジェクター ZenBeam E1

大画面をポケットに入れて持ち歩けるスマホ対応プロジェクターです。重さは約307g、サイズは幅約8×奥行き約11×高さ約3cm。軽量コンパクトながら最大150ルーメンの明るさと120インチの大画面投影に対応しています。

MHLに対応するHDMIポートを搭載。対応するAndroidスマホやタブレットであれば、市販の変換アダプターを使用して接続できます。また、2Wのモノラルスピーカーと6000mAhのバッテリーを内蔵しているのも特徴。最長5時間の連続投影が可能なほか、出力用のUSB Type-Aポートを使えばスマホの充電も可能です。

エイスース(ASUS) モバイルプロジェクター S1

近距離からでも大画面の投影が楽しめるスマホ対応プロジェクターです。最大200ルーメンの明るさで30〜100インチの大画面投影が可能。また、約1mの近距離からでも41インチの投影ができるため、プロジェクターと壁の距離が広く取れない場合でも使えます。

重さ約342g、幅約11×奥行き約10×高さ約3cmと手のひらサイズなのもポイント。モバイルバッテリーとしても使える6000mAhのバッテリーを内蔵しており、電源が確保できない場所でも最長3時間の投影が楽しめます。

2Wのスピーカーも搭載しているのも魅力。スマホとの接続にはHDMIを使用しますが、MHLに対応するのでスマホを充電しながらの投影も可能です。

ベンキュー(BENQ) モバイルプロジェクター GV1

ワイヤレスで使える手軽さが人気のスマホ対応プロジェクターです。Wi-FiやBluetoothを使って簡単に接続できるのが特徴。電波干渉を受けにくい5GHz帯のWi-Fiも利用できるので、安定した投影が楽しめます。また、USB Type-Cを使った有線接続を利用すれば、モバイル機器を充電しながらの投影も可能です。

重さわずか708gのボックス型の本体には、投影角度を15°まで変えられる角度調節機能を搭載。加えて、自動台形補正機能も備えているので、角度を変えるだけの簡単セットアップで歪みのない映像が視聴できます。内蔵のAndroid TVによってVODコンテンツ・音楽・ゲームなどが楽しめるのも魅力です。

ウエノモノ(UENO-mono) ミニスマートプロジェクター KABĒNI

スマホサイズの本体に多彩な機能を備えたプロジェクターです。幅8×奥行き14.5×厚さ1.8cmと6インチのスマホよりも小さいのが特徴。重さも約216gと軽く、Wi-FiやBluetoothによるワイヤレス接続が利用できるので手軽に扱えます。

Android 7.1を搭載しているのもポイント。YouTubeやNetflixがプリインストールされているほか、その他のVODサービスもアプリをインストールすればプロジェクター単体でも視聴できます。

明るさは1000ルーメンで、最大140インチの大画面投影に対応。形状記憶機能を備えた付属のミニ三脚を使えば、天井にも簡単に投影が可能なのも魅力です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) LEDポータブルプロジェクター PH550G

1台でプライベートもビジネスも両方のシーンで活躍できる、スマホ対応プロジェクターです。軽量コンパクトなのでビジネスバッグへの収納も簡単。また、ACアダプターに加えて、最長2.5時間の連続投影が可能なバッテリーも内蔵しています。

スマホとはHDMIケーブルを使った有線接続のほか、Wi-Fiによるミラーリングでの使用も可能。さらに、背面のUSB Type-Aポートを使えば、USBメモリ内に保存したスライドなども投影できます。

明るさは550ルーメンで、HD720の高解像映像を最大100インチの大画面に投影が可能。加えて、3D映像の再生にも対応しており、別売の3Dメガネを使えば臨場感のある3D映画も鑑賞できます。

Vamvo モバイルプロジェクター vamvo S1

スマホと簡単に直接接続できるモバイルプロジェクターです。接続にはスマホの充電にも使用するUSBケーブルで繋ぐだけと簡単。HDMI接続のように変換アダプターが必要なく、Wi-Fiのように接続が不安定にならないのが魅力です。

重さは約270gで、サイズは幅8.5×奥行き14.7×高さ2.4cm。スマホ2個分ほどのミニサイズなので、外出先への持ち運びも手軽に行えます。DLP技術の採用によってコンパクトながら、100ANSIルーメンの明るさと最大100インチの大画面を実現しているのもポイントです。

バッテリーの連続駆動時間は最長2時間。5000mAhのモバイルバッテリーとしても使用できます。

POYANK データプロジェクター TP-01

優れたコスパで人気のある据え置き型のスマホ対応プロジェクターです。安い価格ながら4500ルーメンの高出力に対応するのが特徴。加えて、HD720の高解像映像を最大170インチの大画面で投影できます。

スマホとはWi-Fi接続に加えて、充電用のUSBケーブル1本で接続できるのもポイント。iPhoneもAndroidスマホも変換アダプター不要で簡単に安定して投影できます。

HDMIポートを使えばChromecastなどの機器を追加できるのも魅力。YouTubeやNetflixなどが大画面で楽しめる、おすすめのモデルです。

ELEPHAS WiFiプロジェクター W13

長期間使用できる据え置き型のスマホ対応プロジェクターです。内蔵のLEDランプは最長5万時間と耐久性に優れているのが特徴。1日8時間使用しても15年間は交換不要で使えます。また、作動音が静かなので、寝室での使用にもおすすめです。

リーズナブルな価格ながら3000:1の高コントラストを実現しており、鮮明な映像投影が楽しめるのも魅力。4600ルーメンの明るさで最大200インチの大画面投影が可能なので、ホームシアターシステムとしても活用できます。

スマホとの接続は、Wi-Fiによるワイヤレス接続とUSBケーブルによる有線接続の2種類が選べるのもポイント。また、底面には天井への設置も可能な三脚穴を備えています。

QKK WiFiプロジェクター AK-83

初めての方でも手軽に設置できる、据え置き型のスマホ対応プロジェクターです。100インチのスクリーンが付属するのが魅力。自宅に白壁やスクリーンなど投影用の設備をまだ用意していない場合でも、設備を追加購入することなく簡単に使い始められます。

スマホとの接続は充電にも使うUSBケーブルを使用するだけと簡単。加えて、Wi-Fiによるワイヤレス接続にも対応しています。HDMIポートも備えているので、家庭用ゲーム機やブルーレイプレーヤー、スマートテレビ機器などの接続も可能です。

明るさは4500ルーメンと高出力。HD720の高解像映像を最大170インチの大画面に投影できます。また、台形補正機能を備えているのもポイントです。

YABER 小型HDプロジェクター Y60

迫力のあるサウンドが楽しめるスマホ対応プロジェクターです。本体にはHiFiスピーカーを内蔵しているのが特徴。外付けスピーカーと繋がなくても、映像と一緒に高音質なステレオサウンドが楽しめます。

縦型ディスプレイ技術によって、コンパクトながら6000ルーメンの明るさを実現。高コントラストで彩りの鮮やかな映像が投影できます。また、出力解像度はHD720に対応しており、最大200インチの投影が可能です。

スマホとの接続にはHDMIポートを使用。USB Type-Aポートを使えば、USBメモリや外付けHDDに保存した映像も投影が可能です。加えて、360°反転機能を備えているので、天吊り状態でも使用できます。