プレゼンや大人数での会議といったビジネスシーンに不可欠なアイテム「プロジェクター」。最近ではスマホと一緒に使いやすいポータブルタイプの製品も多く販売されており、保存してある写真や動画を大画面で観られるなどプライベートでも楽しめます。

そこで、今回はスマホ対応プロジェクターのおすすめモデルをご紹介。選び方のポイントについても解説するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

スマホ対応プロジェクターの選び方

接続方式をチェック

有線接続

By: amazon.co.jp

ゲームなど遅延なく映像を投影したいときには有線接続がおすすめです。スマホとプロジェクターを有線接続するには「HDMI変換アダプター」を利用するのが一般的。「microUSB to HDMI」や「USB Type-C to HDMI」など、端末側の端子形状に合わせることが必要です。iPhoneなら「Lightning to HDMI」アダプターを使用しましょう。

また、「MHL(Mobile High-definition Link)」規格に対応しているかもポイントです。MHLとはアメリカのSilicon Image社が開発した、携帯機器向けの高速映像転送用インターフェースのこと。スマホとプロジェクターの両方が同規格に対応している場合は、変換アダプターを使う必要はありません。

MHLケーブル1本でシンプルに接続することが可能です。Android端末を中心に採用されているので、購入前にチェックしてみてください。

ワイヤレス接続

By: lg.com

プロジェクターとスマホを手軽に接続したい方には、Wi-Fi機能を搭載したモデルをおすすめします。スマホの画面がワイヤレスで簡単にミラーリングできるので便利。

また、接続用のケーブル類を持ち歩く必要がないので外出時の荷物が減らせるだけでなく、うっかり忘れてしまうといったミスもありません。訪問先でスマートにプレゼンをおこないたい方にもおすすめのタイプです。

明るさをチェック

By: amazon.co.jp

プロジェクターの明るさ(輝度)はルーメン(lm)という単位で表されます。昼間の室内や蛍光灯のついた会議室での使用がメインの場合、できるだけ高輝度のモデルがおすすめです。逆に、小さな画面を映すだけだったり暗い部屋で使用したりするのであれば、輝度の低い製品でも問題はありません。

なお、単位には「ANSIルーメン」と「ルーメン」との2つが存在します。前者のANSI(アンシ)とはアメリカの国家規格協会が定めており、投影される面の明るさの平均値を表した、いわばプロジェクター用の規格。

後者は性能上の最大値だったり、一部分の明るさだったりする可能性があるので注意が必要です。ANSIルーメンの方がより実使用に合った数字といえますが、両者を単純に比較することはできないので覚えておきましょう。

スピーカーの有無をチェック

By: amazon.co.jp

映画や動画の視聴などエンターテイメントを楽しみたいなら、スピーカーの有無も重要なチェックポイントです。スピーカーを内蔵していないプロジェクターでは、外付けすることになるので注意が必要。

持ち運ぶ機会が多く、移動先でも音声付きで映像を投影したい場合は、スピーカー内蔵タイプを選択しましょう。一方、プロジェクターをプレゼンなど音声不要の用途でしか利用しないのであれば、スピーカーの有無にこだわる必要はありません。

電源方式をチェック

By: amazon.co.jp

プロジェクターを選ぶ際は電源方式もしっかりチェックしましょう。電源方式は主に内蔵バッテリーとACコンセントの2タイプに分けられます。

内蔵バッテリータイプはコンセントを探す必要がなくどこでも使えるのがメリット。客先でのプレゼンなど、持ち運んで使用する機会が多い方におすすめのタイプです。ほかにも、キャンプの夜に映画を鑑賞するといった楽しい使い方もできます。

一方、ACコンセントタイプは、電池残量を気にせず長時間利用したいシーンで便利。比較的輝度の高い製品も多いので、自宅や会社の会議室など決まった場所で使う用途に適しています。

スマホ対応プロジェクターのおすすめモデル

アンカー(Anker) モバイルプロジェクター Nebula Capsule II

明るさが200ANSIルーメンのプロジェクターです。500mlのアルミ缶よりも小さいコンパクトなボディを採用。リビングや寝室など好みの場所に置いて使用できます。9700mAhの大容量バッテリーを内蔵しているのが特徴です。動画の投影はWi-Fi接続をしながらでも約2.5時間の使用が可能。

コンセントのない場所でも、映画を楽しめます。また、Power Deliveryに対応したUSB-Cポートを搭載しているのもポイント。大容量バッテリーにも関わらず2.5時間ほどでフル充電ができるため、長時間待つ必要はありません。HDMI端子を搭載しているので有線接続にも対応できます。

アンカー(Anker) モバイルプロジェクター Nebula Mars II

Android 7.1を搭載したモデルです。YouTubeやNetflixなどのコンテンツを簡単に利用することが可能。明るさは300ANSIルーメンと高輝度性能を有しているため、最大150インチの大迫力映像をクリアに投影できます。

さらに、合計20Wのデュアルスピーカーも搭載するなど、映画や動画を楽しむのにおすすめのプロジェクターです。「1秒オートフォーカス機能」を搭載しているのも魅力。設置場所を変えるたびに手動で設定し直す手間もかかりません。

スマホとの接続には、Wi-Fiによるワイヤレス接続もしくは、HDMIを使った有線接続のいずれかが利用できます。「Nebula Connectアプリ」をダウンロードしておけば、スマホをリモコン代わりに使うことも可能。使い勝手のよさにもこだわって設計されたモデルです。

LG LEDプロジェクター PH450UG

超単焦点タイプのプロジェクターです。投影面からわずか33cmで80インチの大画面を映すことが可能。小さな部屋で使うのにも便利なおすすめのモデルです。バッテリーを内蔵しているため、コンセントに繋がなくても最大2.5時間使用できます。

スマホとはWi-Fi・HDMIどちらでも接続することが可能。また、MHL規格に対応しているため、スマホ側も対応していれば変換アダプターを使用する必要はありません。スピーカーは搭載していませんが、Bluetoothに対応しているので外部スピーカーが利用できます。リビングのサウンドバーと接続して、迫力のサウンドで映画を楽しむことが可能です。

USBメモリに保存したOfficeやPDFファイルを再生できるのもポイント。会議やプレゼントといったビジネスシーンでも活躍します。重量は約1.1kgと比較的軽量のため持ち運ぶことも可能です。

LG LEDポータブルプロジェクター PF50KS

大画面を手軽に楽しめるプロジェクターを探している方におすすめのモデルです。最大100インチの画面を投影することが可能。フルHD表示に対応しているため高精細な画面で映画や動画が観られます。垂直方向自動キーストーンをサポートしており、歪み補正が簡単にできるので便利です。

最長2.5時間動作するバッテリーを搭載。また、スマホとはWi-Fiで、スピーカーとはBluetoothで接続できるなど、完全ワイヤレスで使用できるのも本モデルの魅力です。コンパクトなボディは約1kgと軽量なため、簡単に持ち運んで使えます。

ソニー(SONY) モバイルプロジェクター MP-CD1

持ち運びに便利なモバイルプロジェクターです。本体サイズは83×150×16mm、重量は約0.28kgとコンパクトで軽量なのが特徴。5000mAhのバッテリーを搭載しているため、コンセントのない場所でも手軽に使用できます。客先などでプレゼンをする機会が多い方におすすめのモデルです。

モバイルバッテリーとしての機能を有しているのも魅力。投影中にスマホの充電をすることも可能です。小型モデルながら明るさは105ANSIルーメンを確保しています。ビジネスシーンで活躍する製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ベンキュー(BenQ) モバイルプロジェクター GV1

100インチの大画面を投影できるプロジェクターです。チルトヒンジ機構を採用しているのが特徴。ヘッド部を15°の範囲で傾斜するため観やすい高さに映せます。また、自動台形補正機能を搭載しているのでセットアップも容易です。

スマホとはWi-Fiを利用しワイヤレスで接続が可能。ただし、HDMI端子を使った有線接続には対応していないので注意しましょう。USB-Cポートを搭載しており、同ポートを採用したノートパソコンなどとの有線接続は可能です。

5Wの強力なスピーカーを内蔵しているのも本モデルの特徴。Bluetooth接続に対応しているため、迫力あるサウンドがワイヤレスで楽しめます。また、バッテリーを搭載しているので、ポータブルタイプのBluetoothスピーカーとしても利用することが可能です。

GooDee 小型プロジェクター G220

かわいいデザインが特徴のモデルです。取り外しができる三脚を搭載。1.5〜2.5mの距離で40〜60インチ画面の投影ができ、デスクやテーブルの上はもちろん、天井から吊り下げて使用することも可能です。明るさは2000ルーメンですが、ANSI規格ではないので暗い部屋での使用が推奨されています。

スマホとはHDMI変換アダプターを利用して接続するため、別途用意が必要な点に注意。価格も手頃なので子供へのプレゼントにもおすすめです。

GooDee ミニプロジェクター

照明を落とした部屋で、映画や動画を鑑賞するのにおすすめのプロジェクターです。スマホとはHDMI変換ケーブルで有線接続が可能。40〜200インチの大画面で観られるうえに、ステレオスピーカーを内蔵しているため高音質のサウンドが楽しめます。

新型の冷却システムを採用しているのも魅力。ファンの作動音が静かなので映像と音に集中できます。コスパのよい製品を探している方も、チェックしてみてください。

FunLogy 小型プロジェクター X-03

手軽にワイヤレス接続のできるプロジェクターが欲しい方におすすめのモデルです。Wi-Fiのない環境でも、スマホとダイレクトに接続してミラーリングできるのが特徴。スマホに保存してあるコンテンツを簡単に観ることが可能です。

6000mAhのバッテリーを搭載しています。コンセントがなくても約2時間動作するため使用する場所を選びません。スリムでスタイリッシュなデザインもポイント。重量も0.4kgと軽量なので簡単に持ち運ぶことが可能です。

90°回転式のヘッドを採用しています。壁面だけでなく天井に投影して、ベッドに寝転びながら映画を観るのもおすすめの楽しみ方のひとつです。

FunLogy 小型プロジェクター FUN BOX 2

厚さがわずか3cmの、スリムでコンパクトなプロジェクターです。重量も0.64kgしかないため、リュックやカバンに入れて気軽に持ち運ぶことが可能。Wi-Fi環境さえあれば、スマホやパソコンの画面を簡単にミラーリングできます。

3000mAhのバッテリーを内蔵。テーブル上に置くだけでなく三脚や天井吊り下げなど、状況に応じて設置方法を選べるのもポイントです。HDMIとVGAポートを搭載しており、スマホ以外にもさまざまな機器との有線接続に対応できます。

Artlii Mana ミニプロジェクター

5200mAhの内蔵バッテリーで約3時間動作するモデルです。コンセントのない場所でも動画や映画が楽しめるので便利。モバイルバッテリーからの充電も可能なため、長時間の映画でも心配ありません。

Wi-Fi接続に対応しているのでワイヤレスで投影することが可能です。iPhoneならAirplay、AndroidデバイスならMiracastを利用して簡単にミラーリングできます。また、3D技術をサポートしており3D動画の投影が可能なのもポイント。DLP-Link 3Dメガネを準備して、迫力ある映像を楽しんでみてください。

PTVDISPLAY 小型プロジェクター

手のひらにも乗せられるコンパクトなプロジェクターです。本体サイズは148×80×18mm。リュックやカバンに入れて気軽に持ち歩けます。Wi-Fiに対応しておりHDMIポートも搭載しているため、無線・有線どちらの方式でも接続することが可能です。

明るさは100ANSIルーメンを確保。40〜120インチの大きさまで投影することが可能です。フルHD表示に対応しているので鮮明な映像が楽しめます。

iCODIS ミニプロジェクター RD-818

明るさが200ANSIルーメンある高輝度モデルです。最大120インチの大画面を投影することが可能。オートキーストーン補正機能を備えているため、歪みの少ない映像が観られます。

4200mAhのバッテリーを内蔵しているので、使用場所を選ばず、フル充電で最大2時間の投影が可能です。スマホとの接続はHDMI端子による有線接続。重さが380gと軽量なため気軽に持ち運べるのもおすすめのポイントです。

iOCHOW ミニプロジェクター iO2

可動式のレンズユニットを搭載したプロジェクターです。90°の範囲で回転するため適切な角度で投影することが可能。下にモノを挟むなどして調節する必要がないので便利です。

5000mAhのバッテリーを搭載し、動作時間は約1.5時間。最大120インチの大きな画面で、プレゼンや会議などの用途に使用可能です。また、iPhoneやAndroidスマホとはWi-Fiで簡単に接続できます。

ELEPHAS ミニ3Dプロジェクター

3D動画の投影が可能で、気軽に大迫力の映像を楽しみたい方におすすめのプロジェクター。ただし、3D動画を観るには別途「DLP-Link 3Dメガネ」が必要です。

約2〜3時間動作するバッテリーを内蔵しているため、コンセントのない場所でも使用可能。室内だけでなくキャンプなどアウトドアシーンでも活躍します。手のひらに乗るコンパクトなボディは重量も約0.28kgと非常に軽量。付属の収納バッグに入れて気軽に携帯できます。