スクリーンや壁に画像を映し出す「プロジェクター」。会議などのビジネスシーンでよく見かけるアイテムですが、最近は4Kに対応した高画質モデルも登場するなど、使い勝手が向上しています。

そこで今回は、4K対応プロジェクターのおすすめモデルをピックアップ。購入する際のポイントやおすすめメーカーについてもご紹介するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

4K対応プロジェクター購入時のポイント

パネルタイプ

By: benq.com

プロジェクターは液晶(3LCD)パネル・DLPパネル・LCOSパネルの3種類に分けられます。さまざまな用途で使用したい方や明るさを重視する方は、液晶パネルがおすすめです。

コントラストが高くてしっかりと映像表現を楽しみたい場合は、DLPパネルがぴったり。予算に余裕がある方は、高解像度で優れた投影を実現してくれるLCOSパネルをチェックしてみてください。

最大輝度

By: ankerjapan.com

プロジェクターを選ぶときは、明るさを示す「最大輝度」にも注目しましょう。最大輝度はルーメンという単位で表され、この数値が大きければ大きいほど明るくなります。

ビジネスシーンで使う場合は2500ルーメン以上が望ましいですが、家庭用プロジェクターであれば1000〜2000ルーメンほどで十分使用可能です。

暗めの部屋でプロジェクターを使う場合は、最大輝度が低いモデルでもそれほど問題ありません。プロジェクターを使用する部屋の明るさに応じて選んでみてください。

HDR

By: ankerjapan.com

HDRは「ハイダイナミックレンジ」の略で、従来の映像にあるようないわゆる“白とび”や“黒つぶれ”がなくなり、映像本来の明るさと色をリアルに表現できる高画質技術のことを指します。

「Ultra HD Blu-ray」のHDR映像や、「Netflix」「dTV」などで配信されているHDR映像を楽しむためには、プロジェクター本体がHDR映像信号に対応していることが必要。高画質映像を見たい場合はチェックしておきましょう。

HDCP2.2

By: epson.jp

「スカパー!」の4Kチャンネルなど、著作権保護されたコンテンツを楽しみたい場合は、HDMI入力端子が「HDCP2.2」という規格に対応している必要があります。機種やメーカーによって対応の有無が異なるため、しっかり確認しておきましょう。

4K対応プロジェクターのおすすめメーカー

JVCケンウッド(KENWOOD)

JVCケンウッドはオーディオのイメージが強いですが、老舗の映像機器メーカーでもあります。日本ビクター時代に業界初となる倍速液晶技術を開発したことでも有名です。現在はNHKと共同で8Kプロジェクターを開発するなど、その高い技術力に定評があります。

2013年には、8K解像度表示ができる世界初の量産型業務用プロジェクターを発表。ホームシアター向け4Kプロジェクターでもその高い技術が活かされており、根強いファンの多いメーカーです。

エプソン(EPSON)

By: epson.jp

エプソンは、ビジネスプロジェクター市場で14年連続世界1位を獲得しており、国内に関しては20年以上連続してトップシェアを誇るメーカー。また、家庭用ホームシアター向けのプロジェクターにも力を入れており、リーズナブルなモデルからハイエンドモデルまで幅広いバリエーションを揃えています。

ソニー(SONY)

By: sony.jp

ソニーは国内外で高い人気を集めているメーカー。ブラウン管テレビの時代から高い技術と画質を備えており、その美しい映像で評価されています。家庭用プロジェクターに関しては、画質にこだわったネイティブ4K対応プロジェクターを数多く展開しているのが特徴です。

4K対応プロジェクターのおすすめ

エプソン(EPSON) ドリーミオ ホームプロジェクター EH-LS12000


3LCD方式を採用したおすすめの4K対応プロジェクター。2.1倍ズームレンズを搭載しているので、100インチに投影する場合は前後方向に約3.3の幅で設置場所を調節可能です。前面吸排気を採用しているため、壁際にも設置できます。

縦方向と横方向両方の歪み補正にも対応。水平に設置しにくい場所でも、まっすぐで見やすい映像を投影可能です。輝度が約2700ルーメンと明るいのもポイント。HDR10+やHLGにも対応しており、鮮やかでダイナミックな映像を楽しめます。

フレームを補完する機能も搭載。60フレームの映像を約120フレーム相当として再生できるので、滑らかで残像感の少ない映像を体験可能です。また、ダイナミックやビビットなど、コンテンツに合わせて選べるカラーモードも用意されています。

リモコン操作にも対応。リモコンには、暗がりでも操作しやすいようにイルミネーションボタンも搭載されています。

エプソン(EPSON) ドリーミオ ホームプロジェクター EH-LS500


壁際に置いても大画面を楽しめる、おすすめの4K対応プロジェクター。投射可能な映像サイズは、約65~130インチ。超短焦点レンズを採用しているので、投写距離約50cmでも約80インチの大画面を映し出せます。

独自の「4Kエンハンスメントテクノロジー」の採用による、高精細な映像が特徴。HDR10やHLGもサポートしています。また、HDMI入力端子が3つ搭載されており、3つ全ての端子がHDCP2.2に対応しているため、4K放送の映像も投影可能です。

Android TV端末が同梱されている点も魅力のひとつ。付属のケーブルを使用すると、本体にAndroid TV端末を格納しながら接続可能です。さまざまな動画配信サービスを利用できるのはもちろん、Googleアシスタントも活用できます。

さらに、ゲーム向けのモードも搭載。応答速度を向上させる処理を適用できます。

アンカー(ANKER) Nebula Cosmos Laser 4K D23505F1


コンパクトで扱いやすい、おすすめの4K対応プロジェクター。小型に設計されているうえハンドルも搭載されているので、気軽に移動させながら使用可能です。投影サイズは、最大約150インチ。設置距離約1.68mで、60インチの映像を投影できます。

自動台形補正機能に対応。グリッドレス仕様のため、投影中の映像を遮らずスムーズに歪みを補正可能です。また、高速オートフォーカスにも対応。スクリーンを検知すると自動的に投影サイズをスクリーンに収める、スクリーンフィット機能も搭載されています。

Android TVに対応しているのも魅力。YouTubeやAmazon Prime Videoなどさまざまな動画配信サービスを利用可能です。リモコンには、一部のサービスをワンタッチで起動できるボタンも用意されています。

アイガード機能の搭載もポイント。プロジェクターの前を横切ると、自動で映像が暗くなります。

アンカー(ANKER) Nebula Cosmos Max D2150512


高画質ながら手軽に使用できる、おすすめの4K対応プロジェクター。スタイリッシュなデザインを採用しているので、インテリアを問わずに設置可能です。1500ANSIルーメンの明るさに対応しているため、昼夜を問わず明るい映像を楽しめます。

投影サイズは、30~150インチに対応。オートフォーカス機能が搭載されているので、面倒な調節をしなくても自動的にクッキリとした映像を映し出せます。また、台形補正機能にも対応しているため、正面以外にも設置可能です。

フレームレートを上げる「ダイナミック・スムージング」に対応している点も魅力のひとつ。映画やゲームなどを投影する場合に、滑らかな映像を実現できます。Android TVも搭載されているので、さまざまなアプリをインストール可能です。

さらに、多彩な入力方法もポイント。有線接続はもちろん、Bluetoothでスピーカーも接続可能です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 超短焦点 レーザー4Kプロジェクター HU715QW


設置場所の自由度が高いおすすめの4K対応プロジェクター。壁から32cmの距離で120インチ、17cmでも90インチの投影が可能な、超短焦点レンズを採用しています。限られたスペースでも、気軽に大画面を体験可能です。

独自の「webOS」を搭載している点が特徴のひとつ。Wi-Fiまたは有線LANでインターネットに接続すると、さまざまな動画配信サービスのアプリやブラウザなどを利用可能です。また、本体には高性能なスピーカーも内蔵されています。

ベンキュー(BenQ) 4K・DLPホームプロジェクター TK800M


スポーツ観戦におすすめの比較的安い4K対応プロジェクター。コンパクトな形状を採用しているので、設置場所を選びにくい点が魅力です。輝度が約3000ルーメンと明るいのもポイント。昼間のリビングでも明るく見やすい映像を投影できます。

HDR10とHLGにも対応。コントラストの高い立体感のある映像を体験可能です。サッカー観戦に最適なフットボールモードやさまざまな競技に適したスポーツモードなども搭載されており、より臨場感のある映像を楽しめます。

スピーカーの内蔵も魅力のひとつ。独自のイコライザーアルゴリズムの採用により、迫力のあるサウンドを実現しています。

エクスジミー(XGIMI) AURA


高性能なおすすめの4K対応プロジェクター。約20cmの距離で約100インチの大画面を投影できる、超短焦点レンズを搭載しています。8点式台形補正機能も搭載されており、微調節しながら簡単に歪みの少ない綺麗な映像を投影可能です。

独自のフレーム補完技術の搭載もポイント。スポーツやアクション映画のような動きの激しい映像も、滑らかに補完して再生可能です。また、Android TVが搭載されているので、さまざまな動画配信サービスを単体で利用できます。

人を感知するとレーザー光を消灯する機能にも対応。子供のいる家庭でも安全に使用可能です。

ベンキュー(BenQ) ライフスタイルプロジェクター GK100


短い距離でも大画面を映し出せる、おすすめの4K対応プロジェクター。キューブ型のシンプルかつコンパクトなデザインを採用しています。約1.77mの距離をとるだけで約100インチの大画面を投影できるので、限られたスペースでも有効活用可能です。

Aptoide TVアプリを搭載しており、さまざまな動画コンテンツを楽しめます。また、スマートフォンとワイヤレスで接続できる点も特徴。スマートフォンに保存された動画や画像を、簡単に大画面に投影して楽しめます。

エプソン(EPSON) ドリーミオ ホームプロジェクター EH-TW7000


シンプルで扱いやすい、おすすめの4K対応プロジェクター。「ピタッと補正」と呼ばれる台形歪み補正機能が搭載されているので、斜めから投影した場合でも歪みの少ない映像を楽しめます。前面排気構造の採用により、設置場所の自由度が高い点も魅力です。

HDCP2.2に対応したHDMI端子を2基搭載。動画配信サービスだけではなく、4K放送の映像も楽しめます。HDR10・HLGに対応しているのもポイント。HDR設定は16段階で調節できるため、コンテンツに合わせて好みの設定を適用できます。

ベンキュー(BenQ) 短焦点ゲーミングプロジェクター TK700STi


大画面でゲームをプレイしたい方におすすめの4K対応プロジェクター。ゲーム向けに設計されたエンジンが採用されており、遅延が最小限に抑えられています。ゲームモードもFPS・RPG・SPGの3種類が用意されており、タイトルに合わせて選択可能です。

Android TVに対応しているのもポイント。Google Playからさまざまな動画配信サービスのアプリをインストールして、好みのコンテンツを視聴可能です。複数のサウンドモードも搭載されているため、迫力のあるサウンドも体験できます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4Kレーザープロジェクター HU710PW


フラットなデザインがおしゃれな、おすすめの4K対応プロジェクター。最大300インチの投影に対応しているので、自宅でも大画面で映画やドラマなどを楽しめます。HDRやHLG、HGiGなどにも対応し、コンテンツに適した設定を適用可能です。

歪み補正機能も搭載。合計15ヶ所のポイントで歪みを補正できるため、設置場所や壁の歪みなどに合わせて綺麗な映像を投影可能です。

各種操作には、付属のリモコンを使用可能。暗い環境でも使いやすいように、リモコンにはボタンが光る構造を採用しています。

番外編:ネイティブ4K対応プロジェクターのおすすめ

By: victor.jp

ネイティブ4Kとは、「DCI-4K」とも呼ばれ、解像度が4096×2160を備えるディスプレイやデバイスを示す用語です。アメリカの大手映画制作会社が加盟する「Digital Cinema Initiative」という団体により、デジタルシネマ向けの規格として定められました。

4Kというと解像度がフルHDの4倍である「UHD-4K」を指すこともありますが、この解像度は3840×2160です。UHD-4Kがテレビ産業を中心としているのに対し、ネイティブ4Kは映画産業を中心に普及しています。そのため、特に映画鑑賞の用途におすすめです。より高画質な映像を楽しみたい方はチェックしてみてください。

JVCケンウッド(KENWOOD) D-ILAプロジェクター DLA-V50


美しい映像を気軽に体験できる、おすすめのネイティブ4K対応プロジェクター。口径65mmのレンズには、15群17枚のオールガラスレンズが採用されています。「設置設定モード」を活用すると、設置場所に合わせた台形補正や画面マスクなどが可能です。

4K120p入力に対応している点が特徴のひとつ。早い動きを滑らかに表現できるので、映画やドラマはもちろん、ゲームコンテンツの表示にも適しています。低遅延モードを適用すれば、より快適にゲームをプレイ可能です。

1900ルーメンの輝度もポイント。リビングのような遮光しにくい環境でも、明るく鮮やかな映像を投射可能です。HDR10やHDR10+、HLGなどの規格にも対応しているため、コントラストの高い立体感のある映像を楽しめます。

リモコンも付属。各種設定は離れた位置からでもスムーズに行えます。

ソニー(SONY) ビデオプロジェクター VPL-VW275


高精細な映像を楽しめる、おすすめのネイティブ4K対応プロジェクター。1500ルーメンの高輝度に対応しており、遮光しにくい環境でも明るい映像を投影可能です。レンズは2.06倍の電動ズームに対応しているので、投写距離を柔軟に調節できます。

HDRをサポートしている点も特徴。フレームごとにダイナミックレンジを調節する「ダイナミックHDRエンハンサー」や、SDRコンテンツの明るい部分・暗い部分を自動的に補正する「コントラストエンハンサー」などにも対応しています。

「モーションフロー」機能も搭載。一般的な映画のような毎秒24フレームで作成された映像を補完し、滑らかな動きを実現できます。

ランプの寿命が約6000時間と長いのもポイント。2時間の映画を1週間に2本見るような使い方であれば、単純計算で約28年耐えられるため、長期間使用できます。

ソニー(SONY) ビデオプロジェクター VPL-VW875


約2200ルーメンの明るさが魅力的なおすすめのネイティブ4K対応プロジェクター。高性能ながらコンパクトなサイズに抑えられているので、自由な場所に設置可能です。また、背面排気方式を採用しているため、排気による影が映りこむ心配もありません。

2系統のHDMI入力端子を搭載。HDCP2.2に対応しているので、「スカパー!」の4Kチャンネルのような著作権保護されたコンテンツも楽しめます。「ピクチャーポジション」機能を利用すると、コンテンツに合わせてアスペクト比を調節可能です。

さらに、本製品はHDRもサポート。「HDRリファレンス」モードも搭載されており、階調表現をより正確に描写できるので、オリジナルに最大限近い映像を楽しめます。

「遅延低減モード」の搭載もポイント。画質モードをゲームに設定すると遅延を最小限に抑えられるため、タイミングが重要なゲームも快適にプレイ可能です。