スクリーンや壁に画像を映し出す「プロジェクター」。会議などのビジネスシーンでよく見かけるアイテムです。最近は4Kに対応した高画質モデルも登場するなど、機能が向上しています。

そこで今回は、4K対応プロジェクターのおすすめモデルをピックアップ。購入する際のポイントやおすすめメーカーについてもご紹介するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

4K対応プロジェクター購入時のポイント

パネルタイプ

By: rakuten.co.jp

プロジェクターは液晶(3LCD)パネル・DLPパネル・LCOSパネルの3種類に分けられます。さまざまな用途で使用したい方や明るさを重視する方は、液晶パネルがおすすめです。

コントラストが高い映像表現を楽しみたい場合はDLPパネルがぴったり。予算に余裕がある方は、高解像度で優れた投影を実現してくれるLCOSパネルをチェックしてみてください。

最大輝度

By: epson.jp

プロジェクターを選ぶときは、明るさを示す「最大輝度」にも注目しましょう。最大輝度はルーメンという単位で表され、この数値が大きければ大きいほど明るくなります。

ビジネスシーンで使う場合は2500ルーメン以上が望ましいといわれていますが、家庭用プロジェクターであれば1000〜2000ルーメンほどで十分使用可能です。

暗めの部屋でプロジェクターを使う場合は、最大輝度が低いモデルでもあまり問題ありません。プロジェクターを使用する部屋の明るさに応じて選んでみてください。

HDR

By: epson.jp

HDRは「ハイダイナミックレンジ」の略で、従来の映像にあるようないわゆる「白とび」や「黒つぶれ」がなくなり、映像本来の明るさと色をリアルに表現できる高画質技術のことを指します。

「Ultra HD Blu-ray」のHDR映像や、Netflix・dTVなどで配信されているHDR映像を楽しむためには、プロジェクター本体がHDR映像信号に対応していることが必要。高画質映像を見たい場合はチェックしておきましょう。

HDCP2.2

By: epson.jp

「HDCP2.2」は、4K映像などの4Kコンテンツの著作権を保護するために定められた新しい著作権保護規格のことを指します。「スカパー!」の4Kチャンネルなど、著作権保護されたコンテンツを楽しみたい場合は、HDMI入力端子が「HDCP2.2」に対応していなければなりません。

しかし、機種やメーカーによって対応の有無が異なるので規格に対応している製品かしっかりと確認し、購入を検討しましょう。

4K対応プロジェクターのおすすめメーカー

ジェーブイシー(JVC)

By: rakuten.co.jp

オーディオ機器の老舗メーカー。日本ビクター株式会社時代に業界初となる倍速液晶技術を開発したことでも有名です。また、NHKと共同で8Kプロジェクターを開発するなど、高い技術力に定評があります。

2013年には、8K解像度表示ができる世界初の量産型業務用プロジェクターを発表。ホームシアター向け4Kプロジェクターでも高い技術が活かされており、根強いファンの多いメーカーです。

エプソン(EPSON)

By: rakuten.co.jp

エプソンは、ビジネスプロジェクター市場で14年連続世界1位を獲得しており、国内に関しては20年以上連続してトップシェアを占めているメーカーです。

また、家庭用ホームシアター向けのプロジェクターにも力を入れていて、リーズナブルなモデルからハイエンドモデルまで幅広いバリエーションを揃えています。コストパフォーマンスの高い製品を探している方にもおすすめです。

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

ソニーは国内外で高い人気を集めているメーカー。ブラウン管テレビの時代から高い技術と画質を備えており、美しい映像で評価されています。

家庭用プロジェクターに関しては、画質にこだわったネイティブ4K対応プロジェクターを数多く展開しているのが特徴。ベッドルームやリビングなど、家の中の好きな場所で高画質な映像を楽しめる点もメリットです。

4K対応プロジェクターのおすすめ

ジェーブイシー(JVC) DLPプロジェクター LX-UH1

ジェーブイシー(JVC) DLPプロジェクター LX-UH1 2018

比較的リーズナブルな価格帯で手に入る4Kプロジェクターが欲しい方におすすめの製品。2000ルーメンの高輝度を実現しており、遮光が難しい昼間のリビングなどの環境でも綺麗な映像を楽しめます。また、HDRに対応しているのもうれしいポイント。細部のきらめきやディテールをしっかりと表現します。

本製品は、幅333×高さ135×奥行き331.5mmとコンパクトなのも特徴のひとつ。天吊り設置や棚置き設置など部屋のインテリアやスペースにあわせて、さまざまな場所に設置できます。

さらに、投影される映像の位置を簡単に調整できる「レンズシフト」を搭載しているのもメリット。高解像度パネルのパフォーマンスを損なうことなく、快適に視聴を始められるため便利です。

ジェーブイシー(JVC) DLPプロジェクター LX-NZ30

ジェーブイシー(JVC) DLPプロジェクター LX-NZ30 2023

明るくなめらかな映像を楽しめる、4Kプロジェクターを探している方におすすめの製品です。ブルーレーザーダイオード光源「BLU-Escent」を採用しているのもうれしいポイント。高輝度を備えており、完全遮光が難しい日中のリビングなどでも、ハイクオリティな映像を楽しめます。

また、ハイダイナミックレンジ技術を搭載しているのも魅力のひとつ。リアルな色合いを再現し、映像コンテンツへの深い没入感を体験できます。さらに、放送などで使用される「ハイブリッド・ログ・ガンマ方式」にも対応。信号検知時には自動で適した画質モードへと切り替わります。

「低遅延モード」がついている点もメリット。100インチを超える大画面でもラグの少ない映像を映し出せるため、映像を大きく映してさまざまなゲームを快適にプレイできます。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター EH-LS650

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター EH-LS650 2023

部屋の奥行きが確保しにくいときでも快適に設置できる、4Kプロジェクターを求めている方におすすめの製品です。超短焦点レンズを採用しており、壁から約14cmの場所に置くことで80インチの画面が投影可能。インテリアの邪魔になりにくく、プロジェクターを楽しみながら自由度の高い家具のレイアウトができます。

また、最大120インチの大画面を映せるのもうれしいポイント。専用アプリ「Epson Setting Assistant」を活用すると、投影画面をカメラで撮影するだけで自動で歪み補正を行えます。さらに、Android TVに対応しているのもメリット。YouTubeやPrime Videoなどの多彩な映像コンテンツを体験できるほか、音声アシスタントにも対応しています。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター EH-TW6250

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター EH-TW6250 2022

直観的に使える補正機能が魅力の4Kプロジェクターです。設置時の動きを感知して縦方向の歪みを自動補正する「タテ自動台形補正」、横方向の歪みを簡単に補正できる「ヨコ補正スライド式レバー」を搭載しています。斜め横からでも綺麗に投影が可能で、子どもや年配の方でも操作しやすい点がおすすめです。

さらに、1.6倍ズームレンズを採用しているのもうれしいポイント。100型に投影する場合、前後約1.8mの幅で設置場所の移動ができるためインテリアの邪魔になりにくい製品です。

また、3LCD方式の高画質を実現しているのもメリット。明るいリビングなどでも色鮮やかな映像を視聴可能です。ダイナミック・ビビッド・ナチュラル・シネマの4つのカラーモードを活用すると、投影コンテンツや環境に適した色合いへと設定できます。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター EH-LS800

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター EH-LS800 2022

大画面で投影できる製品を探している方におすすめの4Kプロジェクター。80~150インチの投写が可能で、部屋の壁全体に映像を映し出せるのも特徴のひとつです。また、超短焦点レンズを採用しているのもうれしいポイント。壁から約2.5cmの場所に置き、80インチの大画面が楽しめるため、さまざまな場所へ設置できます。

Android TVを搭載しているのも魅力。YouTubeをはじめとする多彩な映像コンテンツを大画面で視聴可能です。音声操作ができるGoogleアシスタントがついているのもメリット。観たい番組などをスムーズに検索できて便利です。さらに、4000ルーメンの明るいレーザー光源で日中もくっきりと鮮明な映像を映し出します。

アンカー(ANKER) Nebula Cosmos Laser 4K D23505F1

アンカー(ANKER) Nebula Cosmos Laser 4K D23505F1 2022

充実した投影補正により、起動後すぐに映像視聴を始められる4Kプロジェクター。「グリッドレス自動台形補正機能」を搭載しており、映像を遮らずに補正できるのもうれしいポイントです。また、高速オートフォーカスを備えているのもメリット。起動後すぐにピントが合い、快適に視聴を楽しめます。

本体にハンドルが付いているため、さまざまな場所に持ち運びやすい点も特徴。大きさはハンドル部分を除くと約263×約220×約165mmで、コンパクトサイズなのも魅力です。

レーザー光源を使用することにより、高輝度と鮮やかな映像が実現できます。さらに、プロジェクターの前を横切ると自動で映像が暗くなる「アイガード機能」がついているので、小さな子どもがいる家庭でも安心して使用可能です。

アンカー(ANKER) Nebula Cosmos Max

アンカー(ANKER) Nebula Cosmos Max 2021

高精細な映像に加えて、高音質を楽しめる4Kプロジェクターが欲しい方におすすめの製品。「Dolby Digital Plus」を採用しているため、360°に広がる臨場感のある音質を体感できます。日々の映画鑑賞を快適にできるアイテムです。

また、さまざまな接続方法に対応しているのもうれしいポイント。USBやHDMI接続をはじめ、Bluetoothを使用して手持ちのスピーカーと接続したり、ミラーリング機能でスマートフォンの画面を映し出したりできます。さらに、Android TV 9.0も搭載。YouTubeやNetflixなどの豊富な映像コンテンツを簡単に再生可能です。

ベンキュー(BENQ) 4Kハイエンドゲーミングプロジェクター X3000i

ベンキュー(BENQ) 4Kハイエンドゲーミングプロジェクター X3000i 2022

大画面でゲームを楽しめる4Kプロジェクターを求めている方におすすめの製品。RPG・FPS・SPGと3種類の専用ゲームモードを備えているのもうれしいポイントです。3840×2160の4K映像に加えて、HDR10に対応しているのも魅力のひとつ。髪や服の繊維までをリアルに描き出し、映像コンテンツへの没入感を高めます。

また、「ダイナミックステレオエンハンスメント」機能を搭載しているのもメリット。サウンドの深みや存在感を引き立たせ、映像の中に入り込んだような臨場感を体験できます。

ベンキュー(BENQ) 4K HDRプレミアムホームシアタープロジェクター HT3550i

ベンキュー(BENQ) 4K HDRプレミアムホームシアタープロジェクター HT3550i

Android TV搭載で多彩なコンテンツを大画面で快適に楽しめる4Kプロジェクター。YouTubeやHulu、Prime Video、Spotifyなどにすぐにアクセスできます。また、Google Playのアプリも使用可能で、映像コンテンツだけでなくゲームなどをプレイできるのもうれしいポイントです。

「CinematicColor」技術を採用しているのもメリット。映画館で観ているような繊細な色表現と高画質を自宅で便利に体感できる点もおすすめです。

ベンキュー(BENQ) 4K HDR 高輝度ホームエンターテインメントプロジェクター TK700i

ベンキュー(BENQ) 4K HDR 高輝度ホームエンターテインメントプロジェクター TK700i 2023

高輝度出力が可能で、明るい場所でも綺麗な映像を楽しめる製品が欲しい方におすすめの4Kプロジェクター。本製品は3200 ANSIルーメンの明るさを備えており、スポーツ観戦なども快適に視聴できるのが特徴のひとつです。

また、16msの低遅延視聴ができるのもうれしいポイント。なめらかな動きやすばやい反応が重要なゲームなどを大画面でプレイできます。さらに、スポーツモードを搭載しているのもメリット。スタジアムの芝やユニフォームのカラーを鮮明に表現し、スタジアムで観戦しているような臨場感を体験可能です。

番外編:ネイティブ4K対応プロジェクターのおすすめ

By: victor.jp

ネイティブ4Kは「DCI-4K」とも呼ばれ、解像度が4096×2160を備えるディスプレイやデバイスを示す用語です。アメリカの大手映画制作会社が加盟する「Digital Cinema Initiative」という団体により、デジタルシネマ向けの規格として定められました。

4Kというと解像度がフルHDの4倍である「UHD-4K」を指すこともあります。UHD-4Kがテレビ産業を中心としているのに対し、ネイティブ4Kは映画産業を中心に普及しています。そのため、特に映画鑑賞の用途におすすめです。より高画質な映像を楽しみたい方はチェックしてみてください。

ジェーブイシー(JVC) 4K D-ILAプロジェクター DLA-V50

ジェーブイシー(JVC) 4K D-ILAプロジェクター DLA-V50 2022

エントリーモデルのネイティブ4Kプロジェクターです。JVC独自の「4K D-ILAデバイス」を採用しているのが特徴。超高圧水銀ランプとの組み合わせにより、1900lmの高輝度で高精細映像の投写を実現します。ホームシアターを手軽に構築したい方にもおすすめです。

映像制作者の意図を忠実に再現する画質モード「FILMMAKER MODE」を搭載しているのもポイント。さらに、「Frame Adapt HDR」や「Theater Optimizer」などシーンに応じて動的に効果を最適化するHDR機能も充実しています。映画館さながらの、臨場感あふれる映像美が楽しめます。

台形補正など、設置に関わる設定を一元管理できる「設置設定モード」も搭載。また、最高で4K 120fps入力にも対応しており、「低遅延モード」も備えているため、本格的なゲーミングプロジェクターとしても活用可能です。

ソニー(SONY) 4Kビデオプロジェクター VPL-XW5000

ソニー(SONY) 4Kビデオプロジェクター VPL-XW5000 2022

小型ボディに高画質技術を凝縮したネイティブ4Kプロジェクターです。3原色ごとに1つのLCOSチップを使用した新設計のネイティブ4Kパネル「4K SXRD」を搭載。対象の細部までクリアに描き出しつつ、高精細かつ自然な色彩表現が堪能できるので、画質にこだわりのある方におすすめです。

また、レーザー光源「Z-Phosphor」を採用することで、2000lmの明るさと約2万時間の長時間使用を実現しているのもポイント。同社のテレビでも好評の映像エンジンをプロジェクター用にカスタマイズした「X1 Ultimate for projector」も搭載しており、高品質な映像美を味わえます。

さらに、新開発の光学ブロックにより、コンパクト設計ながら自然な明るさで臨場感あふれる映像を映せるのも魅力。「IMAX Enhanced」にも対応しているので、IMAXシアターのような映像とサウンドが自宅のリビングでも体感可能です。

ソニー(SONY) 4Kビデオプロジェクター VPL-XW7000

ソニー(SONY) 4Kビデオプロジェクター VPL-XW7000 2022

ソニー最高峰のネイティブ4Kプロジェクターです。LCOSチップを活用した「4K SXRD」や、同社のブラビアの技術を応用した「X1 Ultimate for projector」など先進の映像技術を搭載。加えて、レーザー光源「Z-Phosphor」で3200lmの高輝度を実現しています。日中の明るい部屋でも映画鑑賞を存分に楽しみたい方におすすめです。

また、光学系に新開発の「ACFレンズ」を採用しているのもポイント。画面全体がクリアで精細感あふれる映像を投写でき、周辺部の色にじみや歪みもしっかり補正可能です。視界の隅々まで映像への違和感がなくなるので、より深い没入感で鑑賞が楽しめます。

映像制作者の意図に近いHDR映像を再現できる「HDRリファレンス」モードを搭載しているのも魅力。映画館と同じ画面縦横比のシネマスコープサイズに簡単設定できる「ピクチャーポジション」機能も使用可能です。