スクリーンや壁に画像を映し出す「プロジェクター」。会議などのビジネスシーンでよく見かけるアイテムですが、最近は4Kに対応した高画質モデルも登場するなど、使い勝手が向上しています。

そこで今回は、4K対応プロジェクターのおすすめモデルをピックアップ。購入する際のポイントやおすすめメーカーについてもご紹介するので、購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

4K対応プロジェクター購入時のポイント

パネルタイプ

By: epson.jp

プロジェクターは液晶(3LCD)パネル・DLPパネル・LCOSパネルの3種類に分けられます。さまざまな用途で使用したい方や明るさを重視する方は、液晶パネルがおすすめです。コントラストが高くてしっかりと映像表現を楽しみたい場合はDLPパネルがベスト。予算に余裕がある方は、高解像度で優れた投影を実現してくれるLCOSパネルがおすすめです。

最大輝度

By: epson.jp

プロジェクターを選ぶときは、明るさを示す「最大輝度」にも注目しましょう。最大輝度はルーメンという単位で表され、この数値が大きければ大きいほど明るくなります。

ビジネスシーンで使う場合は2500ルーメン以上が望ましいですが、家庭用プロジェクターであれば1000〜2000ルーメンほどで十分使用可能です。

暗めの部屋でプロジェクターを使う場合は、最大輝度が低いモデルでもそれほど問題ありません。プロジェクターを使用する部屋の明るさに応じて選んでみてください。

HDR

By: epson.jp

HDRは「ハイダイナミックレンジ」の略で、従来の映像にあるようないわゆる“白とび”や“黒つぶれ”がなくなり、映像本来の明るさと色をリアルに表現できる高画質技術のことを指します。

「Ultra HD Blu-ray」のHDR映像や、「Netflix」「dTV」などで配信されているHDR映像を楽しむためには、プロジェクター本体がHDR映像信号に対応していることが必要。高画質映像を見たい場合はチェックしておきましょう。

HDCP2.2

By: amazon.co.jp

「スカパー!」の4Kチャンネルなど、著作権保護されたコンテンツを楽しみたい場合は、HDMI入力端子が「HDCP2.2」という規格に対応している必要があります。機種やメーカーによって対応の有無が異なるため、しっかり確認しておきましょう。

4K対応プロジェクターのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.jp

ソニーは国内外で高い人気を集めているメーカー。ブラウン管テレビの時代から高い技術と画質を備えており、その美しい映像で評価されています。家庭用プロジェクターに関しては、画質にこだわったネイティブ4K対応プロジェクターを数多く展開しているのが特徴です。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: jvckenwood.com

JVCケンウッドはオーディオのイメージが強いですが、老舗の映像機器メーカーでもあります。日本ビクター時代に業界初となる倍速液晶技術を開発したことでも有名です。現在はNHKと共同で8Kプロジェクターを開発するなど、その高い技術力に定評があります。

2013年には、8K解像度表示ができる世界初の量産型業務用プロジェクターを発表。ホームシアター向け4Kプロジェクターでもその高い技術が活かされており、根強いファンの多いメーカーです。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

エプソンは、ビジネスプロジェクター市場で14年連続世界1位を獲得しており、国内に関しては20年以上連続してトップシェアを誇るメーカー。また、家庭用ホームシアター向けのプロジェクターにも力を入れており、リーズナブルなモデルからハイエンドモデルまで幅広いバリエーションを揃えています。

4K対応プロジェクターのおすすめ

JVCケンウッド(KENWOOD) D-ILAプロジェクター DLA-X990R

JVCケンウッド(KENWOOD) D-ILAプロジェクター DLA-X990R

明るい場所でも高画質を楽しめる4K対応プロジェクターです。パネルタイプはLCOSで、最大輝度は2000ルーメン。独自の「4K e-shift5」テクノロジーを採用し、高精細で臨場感あふれる映像表現を実現しています。自宅で映画や写真を大画面で楽しみたい方におすすめです。

HDRに対応しているのもポイント。細かな画質調整を自動で設定してくれるので、簡単に高精細なコンテンツを鑑賞できます。HDCP2.2にも対応しており、4K配信やブルーレイなどの著作権保護コンテンツを楽しめるのも魅力です。

3D映像も再生可能で明るく色鮮やかな映像を楽しめます。数多くの賞を受賞している、多機能な4K対応プロジェクターです。

JVCケンウッド(KENWOOD) DLPプロジェクター LX-UH1

JVCケンウッド(KENWOOD) DLPプロジェクター LX-UH1

JVCケンウッドによる4K対応プロジェクターのなかで、エントリーモデルに位置付けられている人気製品です。サイズが幅33×奥行33×高さ14cmとコンパクトなため、スペースを取らずすっきりと設置できます。

1.6倍ズームを搭載しており、幅広い投写距離を選択可能。100インチに投写する場合、壁から3〜4.8mの位置に設置でき、スペースの限られた部屋でも柔軟に設置できます。そのため、投写距離を長く取るのが難しいマンション住まいの方にもおすすめ。パネルタイプはDLPで、最大輝度は2000ルーメンであり、明るい場所でも色再現に優れた高精細な映像を楽しめます。

HDRに対応しているので、リアルな色彩やディテールも表現可能。HDCP2.2対応のHDMI端子を搭載しており、さまざまな著作権保護コンテンツを視聴できるのもメリットです。コストを抑えて4K対応プロジェクターを入手したい方は、ぜひ検討してみてください。

エプソン(EPSON) dreamio ホームプロジェクター EH-TW8300W

エプソン(EPSON) dreamio ホームプロジェクター EH-TW8300W

エプソンによる人気の4K対応プロジェクターです。独自の「4Kエンハンスメントテクノロジー」を用い、4KやフルHDの映像を4K相当の高画質で描写します。パネルタイプは液晶パネルで、最大輝度は2500ルーメンです。

高コントラストな映像表現が可能で、明るいリビングでも色鮮やかな映像を楽しめます。HDRに対応しており、より鮮明で再現性の高い描写を行えるのもポイント。HDMI端子はHDCP2.2対応型で、4K配信コンテンツなども視聴できます。

2.1倍ズームレンズを搭載し、短い焦点距離を実現しているのもメリット。6畳間程度のスペースでも100インチの大画面投写を行えます。手軽に自宅で動画鑑賞をするのにおすすめの4K対応プロジェクターです。

ベンキュー(BenQ) ホームシネマ・プロジェクター CineHome HT2550

ベンキュー(BenQ) ホームシネマ・プロジェクター CineHome HT2550

お手頃価格の4K対応プロジェクターです。830万画素の高解像度と独自の「CinematicColor」技術により、色彩豊かで臨場感あふれる映像を楽しめます。パネルタイプはDLPで、最大輝度は2200ルーメンです。

輝度が高いため、リビングなどの明るい居室でも高精細な動画を鑑賞できます。光学ズーム機能を搭載しており、幅広い投写距離で映像を視聴できるのもメリット。100インチの場合は約3.25mの距離から投写でき、スペースの限られた居室にも使えます。4K対応プロジェクターのエントリー機を探している方におすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4K HDR対応レーザープロジェクター HU80KS

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 4K HDR対応レーザープロジェクター HU80KS

持ち運びに優れたタワー型デザインの4K対応プロジェクターです。幅17×奥行17×高さ47cmの小型ボディなのですっきりと設置でき、直接床に置いて使用することも可能。本体には持ち手が付いている上、ワンプッシュで電源コードの巻き取りを行えるため、移動や収納も容易です。

パネルタイプはDLPで、最大輝度は2500ルーメン。HDRにも対応しており、最大150インチの大画面で高精細な映像を楽しめます。HDMI端子がHDCP2.2に対応しているので、著作権保護コンテンツを再生できるのもメリットです。

また、webOSを搭載しており、Wi-Fi環境があれば外部機器を使わず本機のみでYouTubeなどのオンライン動画を投写できます。利便性の高い4K対応プロジェクターとしておすすめの製品です。

番外編:ネイティブ4K対応プロジェクターのおすすめ

By: jvckenwood.com

ネイティブ4Kとは、「DCI-4K」とも呼ばれ、解像度が4096×2160を備えるディスプレイやデバイスを示す用語です。アメリカの大手映画制作会社が加盟する「Digital Cinema Initiative」という団体により、デジタルシネマ向けの規格として定められました。

4Kというと解像度がフルHDの4倍である「UHD-4K」を指すこともありますが、この解像度は3840×2160です。UHD-4Kがテレビ産業を中心としているのに対し、ネイティブ4Kは映画産業を中心に普及しています。そのため、特に映画鑑賞の用途におすすめです。より高画質な映像を楽しみたい方はチェックしてみてください。

ソニー(SONY) ビデオプロジェクター VPL-VW255

ソニー(SONY) ビデオプロジェクター VPL-VW255

リアルな映像を楽しめる4K対応プロジェクターです。パネルタイプはLCOSで、ソニー独自のネイティブ4Kパネルを搭載しており、高精細かつ自然な描写の映像を楽しめます。3Dコンテンツも2Dコンテンツと同じく4K解像度で視聴できるのもメリットです。

また、独自の「データベース型超解像処理LSI」により、フルHD解像度の映像信号を4K映像信号に変換可能。フルHD映像もよりきめ細やかな画質で視聴できます。さらに、HDRに対応しているため、立体感や奥行き感に優れた映像を鑑賞できるのも魅力です。

また、HDCP2.2対応のHDMI端子を搭載しているので、4K放送や4K配信などのコンテンツも視聴できます。明るさは1500ルーメンで、家庭用としても使用可能。人気の高いネイティブ4K対応プロジェクターを探している方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ビデオプロジェクター VPL-VW855

ソニー(SONY) ビデオプロジェクター VPL-VW855

ハイグレードな4K対応プロジェクターです。レーザー光源を採用し、力強い映像表現や正確な色再現を実現。迫力あるリアルな4K映像を鑑賞できます。2200ルーメンの高輝度と2万時間の長時間使用を両立しているのもポイントです。

パネルタイプはLCOSで、ソニー独自のネイティブ4Kパネルと「データベース型超解像処理LSI」を搭載。2Dの4K映像だけでなく、3DコンテンツやフルHD映像も高精細な画質で楽しめます。4K解像度専用設計の「ARC-F」レンズを採用しており、画面の隅々まで高品位かつ緻密に描写するのもメリットです。

より精細な映像を視聴できるHDRや、広い色再現領域を持つ「トリルミナスディスプレイ」も採用しています。さらに、HDCP2.2対応のHDMI端子を搭載しており、さまざまな4K配信コンテンツを楽しめるのも魅力。高画質な4K映像や3D映像を楽しみたい方におすすめのモデルです。

JVCケンウッド(KENWOOD) D-ILAプロジェクター DLA-V9R

JVCケンウッド(KENWOOD) D-ILAプロジェクター DLA-V9R

8K解像度表示を行えるハイクオリティな4K対応プロジェクターです。独自の「8K/e-shiftテクノロジー」により、フルHDや4K映像を8192×4320の8K映像へ変換し、高精細で臨場感あふれる映像を投写します。

パネルタイプはLCOSで、最大輝度は2200ルーメンです。さらに、ネイティブ4K「D-ILA」デバイスを搭載することで、緻密で滑らかな映像再生を実現。リビングなどの遮光が難しい空間でも、鮮明な4K映像を楽しめます。

また、HDRに対応しており、情報量の多い映像を正確に表現できるのもポイント。HDCP2.2にも対応しているので、幅広い著作権保護コンテンツの4K映像を鑑賞できます。そのほか、「低遅延モード」を搭載しているため、大画面でゲームをしたい方にもおすすめです。

2Dだけでなく3D映像を高画質で視聴できるのも魅力。さまざまな映像を高画質にこだわって鑑賞したい方におすすめの製品です。