スクリーンや壁に画像を映し出す「プロジェクター」。会議などのビジネスシーンでよく見かけるアイテムですが、最近は4Kに対応した高画質モデルも登場するなど、使い勝手が向上しています。

そこで今回は4K対応プロジェクターのおすすめモデルをピックアップ。購入する際のポイントやおすすめメーカーについてもご紹介するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

4K対応プロジェクター購入時のポイント

パネルタイプ

By: epson.jp

プロジェクターは液晶(3LCD)パネル・DLPパネル・LCOSパネルの3種類に分けられます。さまざまな用途で使用したい方や、明るさを重視する方には液晶パネルがおすすめです。コントラストが高くてしっかりと映像の表現を楽しみたい場合はDLPパネルがベスト。予算に余裕がある方は、高解像度で優れた投影を実現してくれるLCOSパネルがよいでしょう。

最大輝度

By: epson.jp

プロジェクターを選ぶときは、明るさを示す「最大輝度」にも注目しましょう。最大輝度はルーメンという単位で表され、この数値が大きければ大きいほど明るくなります。

ビジネスシーンで使う場合は2500ルーメン以上が望ましいですが、家庭用プロジェクターであれば1000〜2000ルーメンほどで十分使用可能です。

暗めの部屋でプロジェクターを使う場合は、最大輝度が低いモデルでもそれほど問題ありません。プロジェクターを使用する部屋の明るさに応じて選んでみてください。

HDR

By: epson.jp

HDRは「ハイダイナミックレンジ」の略で、従来の映像にあるようないわゆる“白とび”や“黒つぶれ”がなくなり、映像本来の明るさと色をリアルに表現できる高画質技術のことを指します。

「Ultra HD Blu-ray」のHDR映像や、「Netflix」「dTV」などで配信されているHDR映像を楽しむためには、プロジェクター本体がHDR映像信号に対応していることが必要。高画質映像を見たい場合はチェックしておきましょう。

HDCP2.2

By: amazon.co.jp

「スカパー!」の4Kチャンネルなど、著作権保護された配信コンテンツを楽しみたい場合は、HDMI入力端子が「HDCP2.2」という規格に対応している必要があります。機種やメーカーによって対応の有無が異なるため、しっかり確認しておきましょう。

4K対応プロジェクターのおすすめメーカー

ソニー

By: amazon.jp

ソニーは国内外で高い人気を集めているメーカー。ブラウン管テレビの時代から高い技術と画質を誇り、その美しい映像で評価されています。家庭用プロジェクターに関しては、画質にこだわったネイティブ4K対応プロジェクターを数多く展開しているのが特徴です。

JVCケンウッド

By: jvckenwood.com

JVCケンウッドはオーディオのイメージが強いですが、老舗の映像機器メーカーでもあります。日本ビクター時代に業界初となる倍速液晶技術を開発したことでも有名です。現在はNHKと共同で8Kプロジェクターを開発するなど、その高い技術力に定評があります。

2013年には、8K解像度表示ができる世界初の量産型業務用プロジェクターを発表。ホームシアター向け4Kプロジェクターでもその高い技術が活かされており、根強いファンの多いメーカーです。

エプソン

By: amazon.jp

エプソンは、ビジネスプロジェクター市場で14年連続世界1位を誇り、国内に関しては20年以上連続してトップシェアを誇るメーカー。また、家庭用ホームシアター向けのプロジェクターにも力を入れており、リーズナブルなモデルからハイエンドモデルまで幅広いバリエーションを揃えています。

4K対応プロジェクターおすすめ(4K UHD)

エプソン(EPSON) dreamio EH-TW8300W


 
液晶パネルタイプの4K対応プロジェクター。最大輝度が2500ルーメンと明るいのが特徴です。コントラストが高いので立体感のある映像を楽しめる他、HDRにも対応しています。

2.1倍ズームレンズが搭載されており、前後の幅が約3.3mでも100型の投影ができるため、設置場所を選ばないのが魅力です。付属の「WirelessHD トランスミッター」を使えば、プレーヤーなどからワイヤレスで映像を流せます。狭い部屋でも大画面の映像を楽しみたい方におすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) 4K HDR対応 D-ILAプロジェクター DLA-X590R-B

265Wの高出力ランプで最大輝度1800ルーメンの明るさを生み出す4K対応プロテクター。明るい部屋でも鮮明な映像を楽しめるのが特長です。コントラストが高いため明暗がはっきりしています。

「ピュアダイレクトモード」により、ゲームやスポーツなど激しく動く映像の表示遅延を低減して、滑らかに見せてくれるのがポイント。「オートHDRピクチャーモード」に対応しているため、HDRコンテンツもきれいに見られます。上級モデルにも負けない基本性能の高さが魅力のモデルです。

JVCケンウッド(KENWOOD) 4K HDR対応 D-ILAプロジェクター DLA-X990R

「4K e-shift5テクノロジー」が搭載されており、精細な画質で4Kコンテンツが楽しめるプロジェクター。コントラストの高さを活かしたまま映像を映し出すため、階調を豊かに表現できるのが魅力です。黒色を美しく描写できるので、明暗や奥行きのある映像を楽しみたい方にも適しています。

豊富な項目で自分好みの映像に調整できるのもポイント。表現力や画質に妥協したくない方におすすめの4K対応プロジェクターです。HDCP2.2にも対応しています。

番外編:ネイティブ4K対応プロジェクターおすすめ(DCI 4K)

By: sony.jp

ネイティブ4K(DCI 4K)は、映画制作会社が加盟している「Digital Cinema Initiatives」という団体で定められた4K規格のことを指します。解像度は4096×2160です。より高画質な4K映像を楽しみたい場合は、ネイティブ4K対応のプロジェクターを選ぶとよいでしょう。ここからは番外編として、ネイティブ4K対応プロジェクターのおすすめモデルをご紹介します。

ソニー(SONY) 4K/3D対応 ビデオプロジェクター VPL-VW245

独自の4K液晶パネル「4K SXRD」を搭載していて、3D映像も4K画質で映し出すプロジェクター。立体感のあるリアルな映像を楽しみたい方におすすめです。

動きの早い映像を低遅延で見せてくれる「遅延低減モード」に対応しているため、ゲームをプレイしたりスポーツ映像を視聴したりしたいときに適しています。最大輝度は1500ルーメン。ランプ低の状態であれば約6000時間動作する長寿命仕様も魅力です。

ソニー(SONY) 4K HDRホームシアタープロジェクター VPL-VW745

ソニー独自の4K液晶パネル「4K SXRD」とレーザー光源「Z-Phosphor」が搭載されているネイティブ4K対応プロジェクター。光源寿命が約2万時間で非常にパワフルです。最大輝度が2000ルーメンと明るいため、隅々まで鮮明に表現してくれます。

4K用モーションフローを採用することにより、残像感のない滑らかな映像を映し出せるのもポイント。HDRに対応しているので、映像には立体感や精細感があります。色の再現領域が広い「トリルミナスディスプレイ」が用いられているため、豊かな色合いでコンテンツを見たい方におすすめです。

ソニー(SONY) 超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター VPL-VZ1000

独自の4K液晶パネル「4K SXRD」やレーザー光源「Z-Phosphor」などソニーの技術を集めた高級プロジェクター。スクリーンから最短約16cmの非常に短い距離で映像を投影できるため、場所を取らないのが特長です。壁の近くに設置可能なので、人の影が映り込まないのもポイント。約26cmまで離せば120インチの大画面で映像を映してくれます。

最大輝度は2500ルーメンと明るめ。生活動線を大きく変えずに、狭い部屋でもネイティブ4Kの高画質映像を楽しみたい方におすすめです。

ソニー(SONY) 4K HDRホームシアタープロジェクター VPL-VW5000

最大5000ルーメンの驚異的な明るさで映像を映し出す超高級プロジェクター。繊細かつ純度の高い色再現が可能で、大画面でもリアルで迫力のある4K映像を楽しめます。

このモデル最大の魅力は、徹底したシアタークオリティ性能。4K解像度専用に設計されたレンズを採用している他、映像に応じてコントラストを自動調整する「コントラストエンハンサー」機能が搭載されています。

毎秒24フレームで作られた映像を滑らかに動かす「モーションエンハンサー」にも対応しているのも魅力。最先端の映像技術が楽しめる1台です。