PS4などでゲームを楽しむ場合、かつてはテレビが主流でしたが、最近は「プロジェクター」を活用している方も増えてきています。その理由は手軽に持ち運べることや、テレビよりも比較的低価格ながら大画面でゲームを楽しめることが挙げられ、特に単焦点プロジェクターであれば個室でも十分対応できます。

そこで今回はゲーム用におすすめのプロジェクターをご紹介。お気に入りのソフトを思う存分楽しみたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

ゲームに適したプロジェクターの特徴

プロジェクターと言っても、ビジネス用から家庭用までさまざまなタイプがあります。ゲームを楽しむ場合は、ゲーム機に合った解像度の製品を選び、明るさを示す輝度は高めのモノが最適。さらにゲームプレイのストレスとなる遅延が起きにくく、稼働する際の静音性にも優れているモデルがおすすめです。

なお、プロジェクターのなかには「ゲームモード」が用意されている機種があるので、購入する際はしっかりとチェックしておきましょう。

プロジェクターでゲームを楽しむために必要なモノは?

By: amazon.co.jp

プロジェクターを使う際に重要となるのが投射距離の確保。一般的なモデルだと、80インチ以上で投影するには2〜3mの投射距離が必要となります。ただし、短焦点モデルであれば数10cmほどの場所に置いて80インチクラスの大画面を投影することが可能。より狭い空間でゲームを楽しみたい方によっては短焦点モデルのほうが便利です。

ちなみに、プロジェクターを投影する際にはスクリーンを用意するのが理想ですが、ほとんどの場合、画面サイズさえ合っていれば白い壁でも十分対応できます。

また、プロジェクターとゲーム機とを接続する際にはケーブルも必要。なかでもHDMIケーブルであれば、1本で高品位なデジタル伝送ができます。なお、「PS4 pro」で4K/HDRに対応したゲームを本来の画質で遊ぶには、4K/HDR対応プロジェクターに加え、Ultra HD Premiumロゴを取得した伝送速度18GbpsのハイスピードHDMIケーブルが必要です。

ゲーム用プロジェクターの選び方

画質で選ぶ

By: amazon.co.jp

プロジェクターは1万円以下の製品から100万円以上のハイエンドモデルまで価格幅があります。価格差の大きな要因は対応する解像度の違いです。

解像度はフルハイビジョン(フルHD・1920×1080画素)以上が望ましいですが、1280×800画素の製品であれば快適に遊べます。「PS4 Pro」のような4K出力対応ゲーム機であれば、4K対応のプロジェクターがおすすめ。さらに、明暗の差を拡大して、よりリアルな陰影感を表現できるHDR(ハイダイナミックレンジ)規格に対応しているかも重要です。

明るさで選ぶ

プロジェクターの輝度はルーメン(lm)という単位で表示されます。この数値が大きければ大きいほど、プロジェクターから投影される映像は明るくなります。明るいほど昼間の部屋でも違和感なくプレイすることが可能。昼間のプレイを中心に楽しむなら3000ルーメン以上、夜間のカーテンを閉めた部屋で楽しむのが中心でも、1500ルーメン以上ある製品をチェックしてみてください。

暗いところと明るいところの差であるコントラスト比も重要。この数値が低いと明暗のメリハリの少ないぼやけた印象の映像になります。ホラーやFPSのような暗いシーンが多いゲームの場合では、リアリティだけでなくプレイの質にも影響しかねません。コントラスト比は10000:1以上あると、明暗がはっきりと区別できます。

遅延(ラグ)の少なさで選ぶ

プロジェクター内ではさまざまな信号処理が行われるため、入力に対して投射映像がわずかに遅れる遅延現象が避けられません。動きの速いゲームによっては、違和感を覚えることもあります。

ゲーム用のプロジェクターを選ぶ際には遅延を減らして、画質も自動調節できる「ゲームモード」が用意されているかは必ずチェックしましょう。

静音性をチェック

騒音を気にせず快適にゲーミングを楽しみたい場合には静音性の高さも重要。プロジェクターは駆動時に発生する熱を軽減するために放熱用の冷却ファンを内蔵していますが、冷却ファンの騒音が大きすぎるとプレイに集中できない場合があります。

駆動音を気にせずゲームをプレイする際の目安としては、騒音値が30dB前後のモデルを選ぶのがおすすめ。人間の囁き声程度の大きさに駆動音が抑えられているので、RPGでシリアスなイベントシーンを進める場合にも気が逸らされずに楽しめます。

さらに、FPSなどのプレイ時にも活躍。駆動音で足音などがかき消されないので、索敵やステルス行動も効率よく行えます。

その他の機能で選ぶ

By: lg.com

十分な投射距離が取れない場合は、数10cmの短い距離で大画面が投射できる短焦点型プロジェクターがおすすすめ。持ち運んで友人の家などで投射したい場合は、小型のモバイル対応モデルが便利です。

また、特に正面から投射できない環境では映像の補正機能が重要。プロジェクターはスクリーンに対して正面から投射するのが前提で、そうでなければ歪んで映ってしまいます。しかし、台形補正機能があれば、設置の制約をカバーすることが可能。 通常の縦に加えて横方向、さらにワンタッチでの自動補正がある機種もあります。

ゲーム用プロジェクターのおすすめモデル

アンカー(ANKER) モバイルプロジェクター Nebula Capsule II

外出先でも手軽にゲーミングが楽しめる

自宅以外でも手軽にゲーミングが楽しめる人気のモバイルプロジェクターです。HDMIやUSBのほか、Wi-FiやBluetoothによるワイヤレス接続にも対応。外出先でもさまざまなスタイルで使用できるので、友人宅で一緒にゲームを楽しみたい場合にもおすすめです。

重さ約750g、高さ約15×直径約8cmの軽量コンパクトボディながら、画面全体の平均輝度が200ANSIルーメンと明るいのも特徴。解像度も1280×720あるので十分な高画質が得られます。

連続駆動時間は最大3時間。急速充電機能を備えており、USB-PD対応の充電器を使えばわずか約2.5時間で充電を完了可能です。また、Android TVを内蔵しているので、ゲームなどの多彩なアプリも楽しめます。

アンカー(ANKER) スマートプロジェクター Nebula Cosmos

手頃な価格でありながら高性能

ゲーミング用としても活躍するコスパ良好なスマートプロジェクターです。フルHD、900ANSIルーメンの高性能が手頃な価格で楽しめるのが特徴。HDMIとUSB Type-Aを2ポートずつ備えており、Nintendo SwitchやPS4などにも接続できます。

コンテンツのフレームレートを上げる独自機能「ダイナミック・スムージング」を搭載。レーシングやFPSなど動きの激しいゲームでも残像感を抑えた滑らかな表示で楽しめます。台形補正機能を備えているのでセットアップがしやすいのも魅力です。

サウンドが360°に広がるスピーカーユニットも内蔵。さらに、騒音値が32dB以下と静かなので、駆動音を気にせずゲームに集中したい方にもおすすめです。また、Bluetoothによるスマホ画面のミラーリングも利用できます。

アンカー(ANKER) スマートプロジェクター Nebula Cosmos Max

PS4 ProやPS5のスペックを発揮できる4K対応

4K対応のスマートプロジェクターです。4K解像度と1500ANSIルーメンによる高画質投影が可能なのが特徴。4K出力対応のHDMIポートを備えているので、PS4 ProやPS5のスペックを発揮してゲームをプレイしたい方にもおすすめです。

「ダイナミック・スムージング」機能によってアクションやレーシングなど動きの激しいゲームも繊細かつ滑らかに表示が可能。また、10Wスピーカーを4基内蔵しているので、ゲーム中のセリフやBGMも臨場感たっぷりに体感できます。

「オートフォーカス」機能を使えば投影先の壁やスクリーンに迅速なピント合わせが可能なのでセットアップも簡単。さらに、Android TVを搭載しているのでアプリを通じて多彩なコンテンツが楽しめます。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EH-TW750

明るい室内でも色鮮やかで美しい大画面で楽しめるゲーム向けプロジェクターです。フルHDの液晶パネルを搭載しており、家庭用ゲーム機の映像を高精細で楽しめるのが特徴。輝度は3400ルーメン、コントラスト比は16000:1と高性能なので、部屋の照明を落とさずにゲームが遊べます。

優れた色再現性を有する3LCD方式を採用しているので、明るいリビングでもカラー映像を明るく鮮やかに映写が可能。また、コンテンツや部屋の環境に合わせて最適な表示設定が可能なカラーモードには、ゲーム専用のモードも搭載されています。

「ヨコ補正スライダー」を使えば、斜め横に置いた状態でも直感的なレバー操作で画面の補正が簡単にできるのも特徴。2基のHDMIやWi-Fiも内蔵しています。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EH-LS500

壁の前に置くだけで4Kの大画面が堪能できるゲーム向けプロジェクターです。超短焦点レンズを搭載しており、壁際からわずか50cmの距離に置くだけで80インチの投影が可能。長い投影距離の確保が不要なので、テレビ感覚でプロジェクターを使いたい方にもおすすめです。

4K HDR・18Gbpsに対応。PS4 ProやPS5の高画質を引き出して美麗なグラフィックでゲームが楽しめます。さらに、「フレーム補間技術」によって60fpsの映像も120fpsで表示が可能。FPSやレーシングも残像感を抑えたシャープな映像でプレイできます。

輝度は4000ルーメン、コントラスト比は2500000:1とハイスペック。4K入力に対応するHDMIポートを3基備えているほか、Android TV機能も搭載しています。

ベンキュー(BenQ) モバイルプロジェクター GV1

ホームパーティーでも手軽にゲームが楽しめるモバイルプロジェクターです。本体上部に投影角度を15°まで調節できる便利な傾斜ヒンジを搭載。自動台形補正機能も備えているので、100インチの大画面が初心者でも簡単にセットアップできます。

解像度480p、輝度200ANSIルーメン、コントラスト比100000:1とコンパクトながら携帯用としては高いスペックが充実。Wi-FiやBluetoothを備えるほか、同梱のHDMI-USB Type-Cアダプターを使えばPS4やNintendo Switchなどとも有線接続が可能です。

重量約708g、高さ約15.5cmと軽量でコンパクトなのも魅力。リーズナブルな価格で入手できるので、外出先で友人とゲームをプレイすることが多い方にもおすすめです。

ベンキュー(BenQ) ホームエンターテイメントプロジェクター TH671ST

優れたコスパで人気のあるゲーム向けプロジェクターです。16.67msとコントローラー入力時の遅延時間が少ないのが特徴。高速レスポンスで操作時の反映タイムラグを抑えられるので、スピードを最重視するスポーツゲームやFPSなどにもおすすめです。

フルHDの解像度、輝度3000ルーメン、コントラスト比は10000:1と基本性能がハイスペックなのも魅力。加えて、部屋の照明や環境光に合わせて表示を自動で最適化する「LumiExpert」技術によって、常に見やすい状態でゲームが楽しめます。

わずか1.5mの距離で100インチの大画面投影が可能なのもポイント。縦方向の台形補正機能も備えているので、簡単にセットアップができます。

ベンキュー(BenQ) ゲーミングプロジェクター TH685

没入感の高いプレイが堪能できるゲーミングプロジェクターです。解像度はフルHDですが、リアルな明暗差が得られるHDR出力に対応。さらに、「エンハンストゲームモード」を有効にすれば暗いシーンの視認性が向上するので、FPSでの索敵も効率的に行えます。

応答速度が8.3msと高速なのでコントローラー操作の反映スピードが重要となるスポーツゲームやアクションゲームでも活躍。また、120Hzのリフレッシュレートに対応するので、激しい動きのあるシーンも残像感を抑えた滑らかな表示が可能です。

臨場感の高いサウンドが体感できる5Wスピーカーも内蔵。投影距離に合わせて画面サイズを80〜150インチで選べる1.3倍ズームのほか、自動台形補正や投影高の調節機能も備えています。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) プロジェクター PH450UG

小型ボディに超短焦点レンズを搭載したゲーム向けのモバイルプロジェクターです。スクリーンからわずか33cmで80インチの大画面を投影できるのが特徴。また、重さ約1.1kg、奥行き約20cmと軽量コンパクトなので自宅内での持ち運びも楽々行えます。

解像度は720p、コントラスト比は100000:1と小型モデルとしては充実したスペックを搭載。さらに、最長2.5時間の連続駆動が可能なバッテリーも内蔵しているので、コンセントから離れた場所でも手軽に投影が楽しめます。

入力接続ポートにはUSBとHDMIを搭載。家庭用ゲーム機のほか、アダプターを使えばiPhoneやAndroidスマホの画面もミラーリングできます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) プロジェクター HF85LS

迫力の大画面が至近距離から投影できるゲーム向けのプロジェクターです。壁からわずか20cmの距離で120インチの大画面が投影できるのが特徴。わずかなスペースでも壁際に置くだけで使えるので、テレビ感覚でゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

小型ボディながら、フルHD解像度で1500ルーメンの輝度と150000:1のコントラスト比を確保。フレーム補間技術「TruMotion」によってFPSやレーシングなどのゲーム映像も滑らかで見やすい状態で楽しめます。

縦横両方向の表示歪みを調節できる「4コーナー台形補正」機能を搭載しているので、プロジェクターを投影面と平行に設置できない場合でも正確なセットアップが可能。入力接続ポートにはHDMIとUSBを2基ずつ備えています。

ビューソニック(ViewSonic) DLPホームシアタープロジェクター PX747-4K

4K HDR投影に対応する人気のゲーム向けプロジェクターです。フルHDの4倍も高精細な4Kの映像美が手頃な価格で楽しめるのが特徴。HDR表示にも対応するので、逆光や暗いシーンもリアルで見やすい明るさでプレイできます。

3500ルーメンと高輝度なので明るい部屋でも照明を落とさずに使用が可能。コントラスト比も12000:1と高いので、FPSで影に隠れた敵も見逃さずに対応できます。入力接続ポートには4K対応のHDMIを2基搭載。PS4 ProやPS5のスペックを発揮した美麗グラフィックが堪能できます。

投影映像の歪みを修正する「縦横台形補正」を搭載。また、投影面を垂直方向にシフトできる「120%オフセット」機能も備えているので、プロジェクターを天井に配置したい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ビデオプロジェクター VPL-HW60

映画館のようなグラフィックでゲームに没頭できる高性能プロジェクターです。劇場用シネマプロジェクターでも採用されている反射型液晶デバイス「SXRD」を搭載。コントラストと応答速度に優れた臨場感のあるゲーム映像が体感できます。

「データベース型超解像処理LSI」の搭載もポイント。入力された映像ソースをリアルタイムで分析してデータベース上にある画像から情報を補間することで、フルHDながら4Kに迫る高い解像感でゲームが楽しめます。

輝度1800ルーメン、コントラスト比120000:1とハイスペック。さらに、「遅延低減モード」も備えており、アクションゲームやFPSなどシビアなタイミングが要求されるゲームも快適にプレイできます。画質にこだわりのあるPS4ユーザーにおすすめです。

ソニー(SONY) ビデオプロジェクター VPL-VW255

PS4 ProやPS5のスペックを最大限に発揮できるゲーム向けの高性能プロジェクターです。映画館のシネマプロジェクターにも導入が進むネイティブ4Kパネル「4K SXRD」と、より解像感を高める「データベース型超解像処理LSI」を搭載。さらに、HDR出力にも対応しています。

コンテンツに合わせて映像表示を最適化できる9種類の「ピクチャープリセット」も用意。メリハリのある色再現や応答性に優れた画質に設定できる「ゲーム」も選択可能です。また、高速レスポンスを誇る「遅延低減モード」も使用できます。

4K入力に対応するHDMIポートを2基搭載。かなり高価ですが、最高峰の美麗グラフィックでゲームに没頭したい方におすすめです。