PS4などでゲームを楽しむ場合、かつてはテレビが主流でしたが、最近は「プロジェクター」を活用している方も増えてきています。その理由は手軽に持ち運べることや、テレビよりも比較的低価格でありながら大画面でゲームを楽しめることが挙げられ、特に単焦点プロジェクターであれば個室でも十分対応できます。

そこで今回はゲーム用におすすめのプロジェクターをご紹介。お気に入りのソフトを思う存分楽しみたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

ゲームに適したプロジェクターの特徴

プロジェクターと言っても、ビジネス用から家庭用までさまざまなタイプがあります。ゲームを楽しむ場合は、ゲーム機に合った解像度の製品を選び、明るさを示す輝度は高めのモノが最適。さらにゲームプレイのストレスとなる遅延が起きにくく、稼働する際の静音性にも優れているモデルがおすすめです。

なお、プロジェクターのなかには「ゲームモード」が用意されている機種があるので、購入する際はしっかりとチェックしておきましょう。

プロジェクターでゲームを楽しむために必要なモノは?

By: amazon.co.jp

プロジェクターを使う際に重要となるのが投射距離の確保。一般的なモデルだと、80インチ以上で投影するには2〜3mの投射距離が必要となります。ただし、単焦点モデルであれば数10cmほどの場所に置いて80インチクラスの大画面を投影することが可能。より狭い空間でゲームを楽しみたい方によっては短焦点モデルのほうが便利です。

ちなみに、プロジェクターを投影する際にはスクリーンを用意するのが理想ですが、ほとんどの場合、画面サイズさえ合っていれば白い壁でも十分対応できます。

また、プロジェクターとゲーム機とを接続する際にはケーブルも必要。なかでもHDMIケーブルであれば、1本で高品位なデジタル伝送ができます。なお、「PS4 pro」で4K/HDRに対応したゲームを本来の画質で遊ぶには、4K/HDR対応プロジェクターに加え、Ultra HD Premiumロゴを取得した伝送速度18GbpsのハイスピードHDMIケーブルが必要です。

ゲーム用プロジェクターの選び方

画質で選ぶ

By: amazon.co.jp

プロジェクターは1万円以下の製品から100万円以上のハイエンドモデルまで価格幅があります。価格差の大きな要因は対応する解像度の違いです。

解像度はフルハイビジョン(フルHD・1920×1080画素)以上が欲しいですが、1280×800画素あれば快適に遊べます。「PS4 Pro」のような4K出力対応ゲーム機であれば、4K対応のプロジェクターがおすすめ。 さらに、明暗の差を拡大して、よりリアルな陰影感を表現できるHDR(ハイダイナミックレンジ)規格に対応しているかも重要です。

明るさで選ぶ

プロジェクターの輝度はルーメン(lm)という単位で表示されます。この数値が大きければ大きいほど、プロジェクターから投影される映像は明るくなります。明るいほど昼間の部屋でも違和感なくプレイすることが可能。昼間のプレイを中心に楽しむなら3000ルーメン以上、夜間のカーテンを閉めた部屋で楽しむのが中心でも、1500ルーメン以上は欲しいところです。

暗いところと明るいところの差であるコントラスト比も重要。この数値が低いと明暗のメリハリの少ないぼやけた印象の映像になります。ホラーやFPSのような暗いシーンが多いゲームの場合では、リアリティだけでなくプレイの質にも影響しかねません。コントラスト比は10000:1以上あると、明暗がはっきりと区別できます。

遅延(ラグ)の少なさで選ぶ

プロジェクター内ではさまざまな信号処理が行われるため、入力に対して投射映像がわずかに遅れる遅延現象が避けられません。動きの速いゲームによっては、違和感を覚えることもあります。

ゲーム用のプロジェクターを選ぶ際には遅延を減らして、画質も自動調整してくれる「ゲームモード」が用意されているかは必ずチェックしましょう。

その他の機能で選ぶ

By: lg.com

十分な投射距離が取れない場合は、数10cmの短い距離で大画面が投射できる短焦点型プロジェクターがおすすすめ。持ち運んで友人の家などで投射したい場合は、小型のモバイル対応モデルが便利です。

また、特に正面から投射できない環境では映像の補正機能が重要。プロジェクターはスクリーンに対して正面から投射するのが前提で、そうでなければ歪んで映ってしまいます。しかし、台形補正機能があれば、設置の制約をカバーすることが可能。 通常の縦に加えて横方向、さらにワンタッチでの自動補正がある機種もあります。

なお、プロジェクターは稼働する際の熱を冷却するため、ファンが搭載されていますが、その音がストレスになることも多々あります。騒音が気になる方は、本体に「静音モード」を備えているかどうかもしっかりチェックしておきましょう。

ゲーム用プロジェクターのおすすめモデル

エプソン(EPSON) プロジェクター EB-W05

最大輝度3300ルーメン、15000:1のコントラスト比と、明るい部屋でもゲームを十分に楽しめるプロジェクター。画素数は1280×800とやや低めですが、その分価格が抑えられています。

より正確な色の再現が可能な3LCD方式を採用した液晶パネルタイプで、液晶ディスプレイを3枚使用することで色の再現性と階調性を高めています。

斜め横からでも投写できる「ピタッと補正」機能は、投射距離を取りにくい空間で便利です。2.5kgの軽量と静音設計で室内での使用にぴったりです。明るく自然な高画質で、ホームシアター、プレゼンテーション用途にも活躍できます。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EH-TW650

画素数1920×1080のフルHDタイプとしてハイコスパな液晶プロジェクター。最大輝度3100ルーメン、コントラスト比も15000:1と昼間でもゲームができる十分なスペックです。

100インチまでの最短投射距離は約2.3m。斜めから映像を投射した際の映像の歪みを補正してくれる「ピタッと補正」機能も搭載されているので、限られた空間でも大画面でゲームを楽しめます。「ゲームモード」も備えるので動きの俊敏なアクションゲームやFPSゲームにもぴったりです。

なお、本製品はプロジェクター単体ですが、本機とスクリーンとセットになった「EH-TW650S」もラインナップされています。購入する際はぜひ確認しておきましょう。

ソニー(SONY) 4K/3D対応 ビデオプロジェクター VPL-VW245

4096×2160画素の「ネイティブ4K SXRDパネル」の搭載により、4K映像をそのまま投射できるプロジェクターです。HDRにも対応するので、陰影感に富んだ映像を投影することが可能。高画質でゲームを堪能できます。

フルHDの映像信号を4Kに変換する回路も搭載。フルHD品位のゲームも4K同様の高精細な美しさで楽しめるのもポイントです。大型の本格モデルながら動作音は26dBと静か。ゲームに没頭できる描写力は、幅広い映像コンテンツの再生にもおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) レーザー超短焦点プロジェクター ProBeam HF85JG

わずか20cmで120インチ、8cmで90インチと、超短距離でも大画面で投影できる短焦点プロジェクター。

画面の歪み補正をする「自動キーストーン」と「4コーナー台形補正」によって、プロジェクターを投影面と平行に設置できない場合でも、歪みのない映像を投射できるのが特徴です。

解像度が1920×1080画素のフルHD、最大輝度が1500ルーメン、コントラスト比が150,000:1と短焦点型にしてはハイスペック。ゲームも十分に楽しめます。20000時間の長寿命ランプもポイント。ヘビーユーザーにおすすめのモデルです。

エイサー(Acer) DLPプロジェクター H6530BD

フルHD解像度対応のDLPプロジェクター。3500ルーメンの高輝度により、日中の明るい室内でも鮮やかなゲーム映像を映し出すことが可能です。コントラスト比10000:1に加え、独自の「Dynamic Blackテクノロジー」を搭載し、暗いシーンでも鮮明に映し出せます。

ブルーライトを最大30%軽減する「Acer BluelightShield」を搭載しており、長時間のプレイにも配慮。機能と価格のバランスが良好の1台です。

ベンキュー(BenQ) ホームプロジェクター TK800

パネル画素数3840×2160により4K解像度に対応したDLPプロジェクター。最大輝度3000ルーメン、コントラスト比10000:1のスペックを備えます。DLPパネルは液晶方式に比べて残像感が少ないので、動きの激しいゲームにおすすめです。4K映像のHDR規格にも対応。明暗の差の拡大による自然な陰影感を体感できます。

4K対応ながら10万円台前半で購入できる価格帯も魅力。4K対応ゲームを手軽に楽しみたい方におすすめです。

ベンキュー(BenQ) ホームプロジェクター HT2550

コンパクトな4K/HDR対応DLPプロジェクターです。本体サイズは353×272×135mm、重さは約4.2kgと4K対応型としては破格の小型、軽量。最大輝度は2200ルーメン、コントラスト比が10000:1。中心からズレた位置に設置しても、自動でゆがみを補正し、四角形の画面に修正してくれる「縦自動台形補正機能」を搭載しています。

金具を用いての天吊り設置も可能。なお、「エコノミー」モードであれば稼働音は29dBと静音性も良好。手軽にプロジェクターを持ち運んで、さまざまな場所で4K映像を楽しみたい方におすすめです。

ベンキュー(BenQ) DLPプロジェクター MW550

最大輝度3600ルーメン、コントラスト比20000:1と、明るくメリハリのある映像が楽しめるDLPプロジェクター。解像度は1280×800です。

投影画面が正しく四角形で投写されるよう調整できる「台形補正機能(縦方向手動±40°)」を搭載しているのもポイント。価格帯も魅力なので、ゲーム用途に限らず汎用性の高いプロジェクターを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ベンキュー(BenQ) 短焦点プロジェクター HT2150ST

最大輝度2200ルーメン、コントラスト比15000:1のフルHD解像度対応DLPプロジェクター。マイクロ秒単位の応答速度と低入力遅延を備える「ゲームモード」を搭載し、動きのブレや遅れを最小限に抑えて、快適にゲームをプレイできます。

約1.5mで約100型のフルHD画面を投写できる短焦点対応で、設置の自由度も高め。10W×2の大出力アンプを内蔵したステレオスピーカーも備えているので、外部スピーカーなしでも迫力のサウンドが楽しめます。

ベンキュー(BenQ) DLPプロジェクター 短焦点モデル TH671ST

DLPパネルモデルを採用した短焦点プロジェクター。輝度は3000ルーメンで、画素数はフルHD対応の1920×1080です。100インチの大画面が約1.5mの短距離から投射できるのが特徴。スペックが充実している上に、価格も10万円以下とハイコスパなおすすめモデルです。

また、ゲームに適した低遅延もポイント。16.67msの応答速度で、スピードのあるゲームも低遅延かつ残像の少ない映像で楽しめます。照明環境に応じて自動的に輝度を変化させる「LumiExpert」機能を採用。これにより、さまざまな照明環境でも最適な明るさでゲームに没頭できます。

「MaxxAudioサウンドエンハンス技術」を採用したサウンドモード機能を搭載。ゲームのほか、シネマやスポーツ、音楽などそれぞれのコンテンツに合った映像を投影できるので、使い勝手は良好です。

ELEPHAS LEDプロジェクター CL760

ハイコスパな液晶プロジェクター。3300ルーメンの最大輝度に1280×800画素と、エントリークラスとしては上出来のスペックです。アスペクト比が16:9に対応しているのもポイント。投射推奨距離は1~5mのため、スペースが限られている部屋でも安心して使えます。

高音質のステレオスピーカーを内蔵しているのもポイント。一方で、稼働音はゲームの妨げにならず、静音性は良好です。コスパ優先でプロジェクターを選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

ビューソニック(ViewSonic) ホームシアタープロジェクター PX727-4K

画素数3840×2160で、4KおよびHDRに対応したDLPプロジェクター。最大輝度は2200ルーメン、コントラスト比は10000:1です。

2系統のHDMI入力を持つのでゲーム機と映像機器の同時接続が可能。また、「RGBカラーホイール」による発色のよさも魅力です。

標準ではやや動作音が大きいものの、「静音モード」も用意されているのは及第点。まだ日本では知名度が高くないメーカーですが、充実したスペックを要しながらも、10万円台前半の安さは魅力です。