家庭用からビジネス用まで、幅広い種類のプロジェクターを展開しているエプソン。高画質に定評があるのはもちろん、機能性が高く、ラインナップが豊富なのも人気の理由です。

エプソンのプロジェクターにはさまざまなモデルが発売されているため、初めて購入する際は迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、エプソンのプロジェクターの特徴や選び方を踏まえたうえで、おすすめのモデルをご紹介します。

エプソンのプロジェクターの特徴

3LCD方式を採用

By: epson.jp

プロジェクターの投影方法は、液晶方式とDLP方式の2種類が主流です。しかし、エプソンのプロジェクターは、3枚の液晶ディスプレイを用いる3LCD方式を採用しています。クリアで美しい映像を映し出せるのが特徴です。

全白とカラーの両方を明るく映し出せるのもメリット。周囲が明るい場所でも、しっかりと映像が視認できます。加えて、光の3原色である赤・緑・青を制御後に合成するため、原色に忠実な色が再現できます。

スクリーン上でちらつきが発生しにくく、虹のような模様が浮き上がるカラーブレークアップが起こりにくいのも魅力。目に優しく、長時間の視聴でも負担がかかりにくいのもポイントです。

個人用からビジネス用まで幅広くラインナップ

By: epson.jp

個人用のモノからビジネス用のモデルまで、さまざまなプロジェクターをラインナップしているのもエプソンの特徴です。個人向けにはコンパクトなモデルが多いほか、Android TV機能を搭載したモノや動画配信サービスに対応したモノも展開しています。

ビジネス向けのプロジェクターでは、オフィスや教育現場での使用に適した製品から、外出先への携行に適したコンパクトな製品までをラインナップ。なかには、常設に適したモノや配線ダクトに取り付けられるモノもあります。用途や自分の好みに合わせて選びやすいのが魅力です。

ワイヤレスで投写できるモデルも

By: epson.jp

エプソンが手掛けるプロジェクターのなかには、スマートフォン内にある写真やファイル、Webサイトをプロジェクターに投写できる「Epson iProjection」に対応したモデルがあります。

iPhoneとAndroidの両方で使用できるのが特徴。また、スマートフォンに搭載されたカメラの映像がリアルタイムに投影できる機能も付いています。パソコンへ一度データを取り込む手間を省けるのがメリットです。

エプソンのプロジェクターの選び方

用途やシーンに合ったモデルを選ぼう

家庭用のホームプロジェクター

By: epson.jp

ホームプロジェクターは、家庭での映画鑑賞などを想定して画質重視の設計が採用されています。明暗差の大きさを示すコントラスト比が高めに設定されているのが特徴。明るい部屋でも映像の暗い部分が黒く引き締まって見えるため、臨場感のある投写映像が楽しめます。

エプソンでは、レーザー光源を採用したホームプロジェクターを発売しているのもポイント。映像の明るさや色彩が安定するまでの時間が短いので、電源を入れたらすぐに高画質なエンターテインメントが視聴可能です。

映像の音質も重視する方には、老舗音響メーカーのヤマハが開発した高性能スピーカーを搭載するモデルもおすすめ。また、VODコンテンツの視聴や、スマホ画面のミラーリングなどが楽しめるAndroid TV内蔵のモデルも人気があります。

会議やプレゼンで使えるビジネスプロジェクター

By: epson.jp

ビジネスプロジェクターは、オフィスや会議室でのプレゼンや講義を想定して視認性重視の設計が採用されています。コスパの優れたスタンダードモデルでも、ルーメンの数値が高めに設定されているのが特徴。明るい部屋でも照明を落とさずに鮮明で見やすい映像が投写できます。

エプソンでは、ビジネスプロジェクターのラインナップが豊富なのもポイント。小会議室から大人数を収容できる大ホールまで、開催する会議の規模や会議室の広さに応じて適切な解像度のモデルを選べます。

会議に役立つ便利な機能が充実しているのも魅力。最大50台のタブレット・パソコンから4台を選択して画面に分割表示できる機能や、専用ペンで画面に直接書き込めるデジタルホワイトボード機能を備えたモデルも発売されています。

ルーメン(明るさ)が高いほど明るい部屋でも綺麗に投影できる

By: epson.jp

ルーメン(lm)とは、プロジェクターから発せられる光の量を示すのに使われている単位のことです。ルーメンの数値が大きいモノほど光の量も大きくなり、明るい部屋でも鮮明で見やすい映像が投写できます。

明るい室内で100インチ以上の映像を楽しみたい場合は、2000ルーメン以上に対応するモデルを選ぶのがおすすめ。エプソンでは大半のプロジェクターはルーメンが高めに設計されているので、昼間でも綺麗な映像が楽しめます。

解像度をチェック

フルHD(1920×1080)以上のモデルがおすすめ

By: epson.jp

プロジェクターの解像度とは、投写できる映像のきめ細かさのこと。投写映像は小さな光の点で構成されています。点の数が多いほど高解像度になり、細部までくっきりとシャープに映し出せるので、映像がより見やすくなるのが特徴です。

エプソンのプロジェクターを選ぶ際は、フルHD(1920×1080)以上の解像度に対応するモデルを選ぶのがおすすめ。DVDやブルーレイに収録された映画はもちろん、YouTubeの投稿動画もフルHD解像度が基本なので、普段使いには十分に満足できる画質で映像の視聴が楽しめます。

ビジネス用途の場合、最低でもフルHD以上の解像度のモノが便利。解像度が上がるほど表示領域も広くなり、図表や図面を1画面で広範囲までしっかりと表示できるため、多人数で会議やプレゼンを行う際にも重宝します。

さらに高解像度の4Kモデルも

By: epson.jp

画質をより重視する方には、4K(3840×2160)解像度に対応するプロジェクターもおすすめです。フルHDと比較して4倍も高解像度なので、映画やゲームの映像を投写する場合もより細部まで忠実に再現でき、臨場感のある映像美を楽しめます。

エプソンの4K対応ホームプロジェクターでは、独自技術「4Kエンハンスメントテクノロジー」が採用されているのも特徴。1画素を斜めに0.5画素ずつシフトさせることで、スクリーン上に投写する映像の解像度を2倍にし、4K相当の解像度を実現しています。

出力には開口率の高いフルHDのパネルを流用できるため、4Kパネルを使用する一般的な4Kプロジェクターよりも効率的に光を活用できるのがポイント。3LCD方式との相乗効果によって鮮明かつ高精細で没入感の高い映像が味わえます。

投射距離をチェック

By: epson.jp

エプソンのプロジェクターを購入する際、投射距離を事前にチェックしておくのがおすすめです。投射距離とは、レンズから映像を映すスクリーンまでの距離のこと。距離が合っていないと、映像がぼやけてしまう可能性があるため、注意が必要です。

エプソンのプロジェクターは、ビジネス向けのモデルの方が個人向けのモデルよりも投射距離の長いモノが多い傾向にあります。使用する部屋の広さに応じて適したモノを選びましょう。

短焦点モデルなら省スペース

By: epson.jp

エプソンが手掛けるプロジェクターなかには、短焦点モデルも展開されています。短焦点モデルは、通常のプロジェクターよりも短い距離で映像を映し出せるのが特徴。スクリーンの近くに設置できるなど、省スペースでの使用に適しています。

また、短焦点モデルのなかには、壁に取り付けられるモノがあるのもポイント。常設に適しているため、教育現場などへの導入におすすめです。使用する環境に応じて、デスクトップモデルか壁掛けモデルかを選んでみてください。

天井に投影できるモデルも

By: epson.jp

エプソンが手掛けるホームプロジェクターには、タテに設置することで天井に投影できるモデルもラインナップされています。壁に映像を映し出すのが難しい場合に役立つのがメリットです。

タテに設置して天井に星空を映し出すことで、自宅で手軽にプラネタリウムなどが楽しめるのがポイント。加えて、映画やドラマといった幅広いコンテンツを寝転がりながら鑑賞できます。

ワイヤレス機能をチェック

By: epson.jp

エプソンが手掛けるホームプロジェクターなかには、ワイヤレス機能が備わっているモデルもあります。パソコンをはじめとするAV機器などとケーブルで接続する必要ないのが特徴。配線が絡まる心配などを軽減できるのもメリットです。

有線接続でないため、配置場所に困りにくいのも嬉しいポイント。AV機器との距離やケーブルの長さなどを考慮する必要もありません。また、部屋のなかをすっきりとした状態に保ちやすいのも特徴です。

エプソンのプロジェクターおすすめ|家庭用

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EH-TW750

エントリーモデルのホームプロジェクターです。解像度はフルHDで、リーズナブルな価格ながら3400ルーメンの明るさに対応。また、約2.3mの距離で100インチの大画面が投写できるため、気軽にホームシアターを楽しみたい方にもおすすめです。

画面の補正機能が充実しているのもポイント。設置時に動きを検知して縦方向の歪みを自動的に補正する「タテ自動台形補正」と、直感的なレバー操作で横方向の歪みを簡単に補正できる「ヨコ台形補正」を搭載しています。

スクリーンミラーリングにも対応した無線LAN機能を内蔵しているのも魅力。スマホやタブレットの画面に表示させた写真や動画を、プロジェクターの大画面で鑑賞できます。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EH-TW5825

設置時の動きを感知し、方向の歪みを自動的に補正できるエプソンのホームプロジェクターです。直感的なレバー操作で、簡単に画面の補正が行えます。加えて、高い所へ逆さに設置することで、狭いスペースでも大画面を投影できるのが特徴です。

3LCD方式により、明るい室内でも視認しやすい綺麗な映像を実現。さらに、映像の解像感を調節し、際立った映像に仕上げる「イメージ強調機能」も搭載しています。

Bluetoothに対応しているため、ヘッドホンなどにワイヤレスで接続できます。また、NETFLIXやAmazon Prime Videoなどの配信サービスも利用が可能。手軽に高画質を楽しみたい方におすすめのプロジェクターです。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EF-11

3LCD方式を採用しているエプソンのホームプロジェクターです。明るい室内でも、鮮やかな映像を楽しめるのが特徴。加えて、カラーブレーキングが起こりにくく、ノイズが発生しにくいのも魅力です。

放熱の少ないレーザー光源を採用しており、静かな動作音で点灯までの時間も短いのがメリット。また、レーザーライトの出力は50~100%の間で調節できます。

スマートフォンやPCの映像をワイヤレスでダイレクトに投影できるのもポイント。Android TVやNETFLIXなどの動画コンテンツも楽しめます。なお、コンパクトサイズなので、持ち運びしやすいプロジェクターを探している方にもおすすめです。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EF-100BATV

3LCD方式を採用しており、レーザー光源による高画質が楽しめるエプソンのホームプロジェクターです。2000ルーメンの高輝度を実現しているのが特徴。室内が明るくても、見やすい映像が投影できます。

環境や映像の種類に応じて、ダイナミック・ブライトシネマ・ナチュラル・シネマと4つのカラーモードが選択可能。加えて、サウンドモードもスタンダード・ボーカル・ミュージック・ムービーの4モードから選べます。

シンプルかつ洗練された見た目で、さまざまなインテリアに馴染みやすいのもメリット。また、本体サイズが幅210×奥行227高さ×88mmとコンパクトのため、すっきりと設置できます。デザイン性と機能性に優れた、おすすめのプロジェクターです。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EF-12

場所を選ばずホームシアターが楽しめる高機能なホームプロジェクターです。おしゃれなスクエアデザインの本体は軽量コンパクトなので、自宅内での持ち運びが簡単。ボタンひとつで画面の歪みを補正できる「自動設置調整機能」や、天井投写にも対応しているため、プロジェクターを初めて使う方におすすめです。

Android TV機能を搭載しているのもポイント。スマホ画面のミラーリングはもちろん、YouTubeやHuluなどのVODコンテンツを視聴したり、Googleアシスタントを利用した音声検索で見たい動画を検索したりできます。

レーザー光源の採用によって、コントラスト比が2500000:1と高いのも特徴。輝度は1000ルーメンと控えめですが、部屋を真っ暗にしなくても高画質なフルHD投写が楽しめます。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EH-LS300

限られた設置スペースでも快適に使用できる、短焦点モデルのホームプロジェクターです。レンズからわずか約46cmの距離に80インチの大画面投写が可能。100インチを投写する場合でも、本体背面とスクリーンとの間の距離は約26cmと短く済むので、壁際に設置してテレビ代わりに使うのもおすすめです。

3LCD方式とレーザー光源の採用によって、3600ルーメンの明るさと2500000:1の高コントラスト比を実現しているのもポイント。解像度はフルHDで、表示コンテンツに合わせて画質を調節するエプソン独自の画質調整機能も搭載しています。

パワフルな3Dサウンドが体感できるヤマハの2.1chスピーカーを内蔵しており、迫力の高音質が味わえるのも魅力。スマホ内の音楽をワイヤレス再生できるBluetoothスピーカーとしても使用が可能です。また、Android TV機能も搭載しています。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EH-LS500

壁際に置くだけで4K大画面のホームシアターが楽しめる短焦点モデルのホームプロジェクターです。レンズからわずか約50cmの距離で80インチの大画面投写が可能。家具のように無駄なくすっきり配置でき、インテリアに調和しやすいデザインを採用しているので、おしゃれなプロジェクターを探している方にもおすすめです。

4000ルーメンの高輝度と、2500000:1の高コントラスト比を備えているのもポイント。映像の解像感を調節して映像の質感をより向上させる「イメージ強調機能」も搭載しており、自然で見やすい表示で鑑賞が楽しめます。

Android TV機能と2基の10Wスピーカーを内蔵しているため、VODコンテンツの視聴や音声検索の利用などが可能なのも魅力です。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EH-TW7100

4K大画面がリビングで手軽に楽しめるおすすめのホームプロジェクターです。「4Kエンハンスメントテクノロジー 」に対応。また、HDCP2.2対応のHDMI入力端子を2基搭載し、HDR10やHLGなどの主要なHDR規格もサポートしています。

前後のコマを比較して中間のコマを自動生成する「フレーム補間技術」に対応するのもポイント。速い動きの映像も残像感を抑えてシャープに投写できるので、スポーツ観戦などにも重宝します。また、3D映像の表示も可能です。

「ピタッと補正」 に加えて、1.6倍光学ズームレンズや、投写位置を上下左右へ自由に調節できる「レンズシフト」機能も搭載しているのも魅力。初めての方でも簡単に設置の準備が可能です。輝度は3000ルーメンで、10Wスピーカーを2基内蔵しています。

エプソンのプロジェクターおすすめ|ビジネス用

エプソン(EPSON) ビジネスプロジェクター EB-W06

比較的リーズナブルな価格で購入できる、エプソンの人気ビジネスプロジェクターです。解像度はWXGA(1280×800)とフルHDよりも一回り低いものの、輝度が3700ルーメンと高いのが特徴。明るい会議室でも十分な投写画質が得られるので、コスパを重視する方におすすめです。

重さ約2.5kg、幅30.2×奥行23.4×高さ7.7cmと軽量コンパクトなのもポイント。スペースの限られた会議室でも置き場所に困りにくいのがメリットです。

斜めの位置からでも画面の歪みを直感的に補正できる「ピタッと補正」を搭載しているのも魅力。初めてプロジェクター使う方でも安心です。

エプソン(EPSON) ビジネスプロジェクター EB-992F

便利な機能が充実したスタンダードモデルのビジネスプロジェクターです。「タテ自動台形歪み補正」と「スライド式ヨコ台形補正」を組み合わせた「ピタッと補正」機能を搭載。斜めの位置からでも簡単に画面の補正が行えます。

解像度はフルHDで、4000ルーメンの高輝度に対応するのもポイント。90〜100インチの大画面でもくっきり鮮明に投写できるので、中規模の会議室や教室での利用にもおすすめです。また、部屋の隅々まで音声が伝わる16Wのスピーカーを内蔵しています。

スクリーンミラーリングに対応しているのも魅力。スマホやタブレットとは、メニュー画面に表示されたQRコードを端末のカメラで読み取るだけで簡単に接続が可能です。端末カメラで撮影している映像のリアルタイム投写もできるので、紙ベース資料を使った会議での情報共有などにも重宝します。

エプソン(EPSON) ビジネスプロジェクター EB-1795F

持ち運びしやすい、おすすめのビジネス向けモバイルプロジェクターです。フルHD解像度と3LCD方式に対応しながら、重さ約1.8kg、幅29.2×奥行き21.3×厚さ4.4cmと軽量かつコンパクト。収納性や携帯性に優れているため、営業や出張にプロジェクターを持参することが多い方にもおすすめです。

小型ながら輝度が3000ルーメンと明るいのもポイント。また、短焦点レンズの搭載によって短い距離からでも大画面の投写が可能です。ボタン1つでスクリーンの枠に合わせて画面を補正できる「フレームフィット機能」で、会議の準備も素早く行えます。

スクリーンミラーリングに対応した無線LAN機能を備えているのも魅力。スマホやタブレットの画面をワイヤレス投写ができ、スライドの操作も端末上で行えます。

エプソン(EPSON) ビジネスプロジェクター EB-2265U

大規模な会議にも対応できる高性能なビジネスプロジェクターです。持ち運びも可能な約4.7kgの重量ながら、輝度が5500ルーメンと高いのが特徴。最大300インチまでの大画面投写も可能なので、大きなホールで行う会議や講義などにもおすすめです。

フルHD解像度を超えるWUXGA(1920×1200)に対応し、アスペクト比16:10のワイド画面を投写する場合でも高解像度が得られるのもポイント。建物の設計図などの高精細な図面や、項目の多いエクセルの表を使用しながら会議やプレゼンを行う際に重宝します。

セッティングが簡単なのも魅力。画面の縦方向と横方向の歪みを自動で補正できる「自動タテヨコ補正」や、「フレームフィット機能」を搭載しています。また、最大50台の端末から4台を選んで画面を分割表示できるため、比較学習などへの活用も可能です。

エプソン(EPSON) ビジネスプロジェクター EB-1485FT

板書しながら進める会議や授業などにおすすめのビジネスプロジェクターです。壁やボードに取り付けることで上方からデジタルホワイトボードの画面を投写が可能。付属の電子ペンで画面への書き込みができ、書き込んだ内容の移動や再編集も自在に行えます。

ケーブル1本でパソコンとの接続が可能。パソコンを介して投写したスライドには、電子ペンで直接書き込めます。また、プロジェクターの投写画面からはパソコンの操作も行えるので、投写画面とパソコンとを行き来する必要がないのも便利です。

プロジェクターの投写画面をネットワークを介して配信できるのも特徴。定刻で行う授業や会議に重宝する「タイマー表示機能」も備えています。解像度がフルHD、5000ルーメンとハイスペックなのも魅力です。

エプソン(EPSON) ビジネスプロジェクター 短焦点デスクトップモデル EB-L200SW

ワイド80型の大画面が投影できるエプソンのビジネスプロジェクター。投写面近くの机などにも設置可能で、置き場所に困りにくいのがメリットです。

ランプの交換が不要なレーザー光源を採用しており、導入後のコストと手間が低減できます。また、画像の歪みが簡単に補正できる「ピタッと補正」機能付きで、素早くセッティング可能なのもおすすめポイントです。

エプソン(EPSON) ビジネスプロジェクター 超短焦点壁掛対応モデル EB-750F

ほぼ真上から投写できる、超短焦点壁掛対応のビジネスプロジェクターです。スクリーンに影が映り込みにくいのが特徴。加えて、3600ルーメンの高輝度を実現しており、室内が明るくても使えるのが魅力です。

画面の歪みを補正できるため、黒板などの湾曲した投影面でも使用可能。会議や教育現場など、さまざまな場所で活躍するおすすめのプロジェクターです。

エプソンのプロジェクターの売れ筋ランキングをチェック

エプソンのプロジェクターのランキングをチェックしたい方はこちら。