映画や動画を大画面で鑑賞したい場合に「プロジェクター」があると便利です。現在は軽量コンパクトに設計されているモデルも発売されており、一人暮らしの部屋でも使用しやすい製品が増加。短焦点モデルや天井投影できるモデルなど、各メーカーが多種多様な製品を展開しています。

そこで今回は、一人暮らしにおすすめのプロジェクターをご紹介。選び方のコツも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

一人暮らしでプロジェクターを使うメリット

By: amazon.co.jp

テレビを設置する際には、ある程度のスペースが必要。一人暮らしで部屋のスペースが限られている場合は、テレビの置き場所に困ってしまうことがあります。

壁や天井に映像を投影するプロジェクターであればモニターが必要なく、省スペースに設置可能。テレビほど広いスペースがなくても導入できます。また、テレビを設置した際に生じやすい圧迫感を抑えられるのもメリット。自由に使用できるスペースを広く取りたい場合に便利です。

さらに、テレビよりも大画面で映画や動画を鑑賞できるのもポイント。外出先に携帯して、友達やカップルで映像を楽しむ際にもおすすめです。

一人暮らし向けプロジェクターの選び方

なるべく小さいサイズのモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

一人暮らしの方がプロジェクターを導入する際は、なるべくサイズの小さなモデルを選ぶのがおすすめ。最近ではコンパクトなだけでなく、重量が3kg以下の軽量モデルも増えています。

また、小型ながら本体にバッテリーを内蔵しているモデルも存在。コンセントが近くない場合はもちろん、場所を変えて映画や動画を鑑賞したい場合にも便利です。

ただし、ポータブルタイプのプロジェクターは、据え置き式に比べると画質や輝度が劣る可能性があります。購入する際は、サイズや重量に加えて、輝度や画質などのスペックもしっかりと確認しておきましょう。

部屋のレイアウトに合った投影距離をチェック

狭い部屋には短焦点プロジェクターを

By: amazon.co.jp

狭めの部屋に一人暮らししている場合には、短焦点プロジェクターが便利。投影距離が短い場合でも、一般的な製品と同等の画面を投影できるのが特徴です。短焦点プロジェクターは、1m以下の距離で投影できるモデルが多め。壁面近くにプロジェクターを設置できるのが魅力です。

ただし、スクリーンに投影する場合には注意が必要。波をうったような歪みが目立つ可能性があるので、なるべく壁面に投影するのがおすすめです。

天井投影できるタイプもおすすめ

By: rakuten.co.jp

プロジェクターのなかには、壁面だけでなく天井に映像を投影できるモデルが存在します。真上に投影できる製品を使用すれば、ベッドに横になった状態で映画や動画の鑑賞が可能。ゆったりとリラックスした姿勢で趣味を楽しめるのが魅力です。

また、本棚やラック、デスクの設置によって、壁面にスペースを確保できない場合にも便利。購入する際は、真上への投影に対応しているかも確認しておくのがおすすめです。

最大投影サイズをチェック

By: amazon.co.jp

プロジェクターを購入する際は、事前に最大投影サイズをチェックしておくのも重要なポイントです。確保可能な壁面のスペースや、映画や動画をどの程度の大画面で鑑賞したいかに応じて、プロジェクターが投影できるサイズを確認してみましょう。

ただし、映す画面のサイズは、投影距離によっても左右されます。同じ60インチの画面を映す場合でも、製品によって必要になる投影距離が異なるので注意が必要。最大投影サイズとあわせて、投影距離も確認しておくのがおすすめです。

画面の明るさ(ルーメン)をチェック

By: rakuten.co.jp

プロジェクターを選択する際にチェックしておくスペックとして重要なのが、画面の明るさ「ルーメン(lm)」です。部屋を暗くして使用できる場合には輝度の低いモデルでも問題ありませんが、日光が差し込むような室内で利用する場合は高輝度なモデルを選ぶ必要があります。

家庭用のプロジェクターは、1000~2000ルーメンのモデルが一般的。暗い部屋で使う場合でも、画質重視するのであれば1500ルーメン以上の製品を選んでみてください。

また、照明のついた部屋や日光が入る部屋で使う場合は3000ルーメン以上の製品がおすすめ。ただし、輝度の高い製品ほどサイズが大きくなる傾向があるので、注意しましょう。

解像度とアスペクト比をチェック

By: amazon.co.jp

プロジェクターで映画や動画を鑑賞する場合には、「アスペクト比」や「解像度」にもこだわって選択するのがおすすめです。アスペクト比は投影される映像の横:縦の比率を表すスペック。4:3の製品も存在しますが、16:9や16:10の製品が主流です。映像やパソコンの画面を投影する場合には、16:9や16:10のモデルを選びましょう。

また、映像の精細さを左右する解像度は、1920×1080のフルHD相当や3840×2160の4K相当を目安に選ぶのがコツ。数値が大きいほど、より精細な映像が投影できます。

一人暮らし向けプロジェクターのおすすめ

アンカー(ANKER) Nebula Capsule II D2421N12

最大で100インチの大画面で鑑賞できる一人暮らし向けのプロジェクターです。本体サイズは約直径80×高さ150mmとコンパクトで、500ml缶よりも小さい設計。重量も約740gと軽いので、携帯性に優れています。

また、バッテリーを内蔵しているのもポイント。Wi-Fi通信を利用して動画を鑑賞する際には、約2.5時間の連続再生が可能です。さらに、Dolby Digitalに対応した8Wのスピーカードライバーを搭載しているのもメリット。迫力のあるサウンドで音楽鑑賞が楽しめます。

接続方法は、HDMI・USB・Wi-Fi・Bluetooth・Chromecastなどに対応。幅広い機器との接続できる点がおすすめです。

アンカー(ANKER) Nebula Astro D2400521

球状のデザインが特徴的な一人暮らし向けのプロジェクターです。リンゴのようなコンパクトなサイズを採用しているにもかかわらず、最大100インチの画面を投影できるのが特徴。重量は約380gと軽く、持ち運んで使用する場合にも便利です。

また、壁面だけでなく天井に映像を投影できるのもポイント。ベッドに横になりながら、映画や動画を鑑賞したい場合にもおすすめです。Android 7.1を搭載しており、Amazon Prime VideoやNetflix、YouTubeなどを簡単に視聴できるのも魅力。多彩なコンテンツをWi-Fi通信を利用して楽しめます。

さらに、「Nebula Connect アプリ」を利用すれば、スマホをリモコンとしても使用できるのもメリット。本体から離れた場所にいても操作が可能です。

アンカー(ANKER) Nebula Vega Portable D2121N11

投影角度の調節が可能な一人暮らし向けのプロジェクターです。フラップが付いており、最大13°まで投影角度を調節できるのが特徴。三脚を使わず、デスクやラックに設置して使用する場合に便利です。

アスペクト比は16:9、解像度は1920×1080のフルHD相当。HDR10にも対応しており、精細かつ鮮やかな映像を投影できるのが魅力です。また、オートフォーカス機能や台形補正機能を備えているのもポイント。ピント調節をする手間を省けるだけでなく、本体を斜めに設置した場合でも映像投影できるのがメリットです。

接続方法は、HDMI・USB・Wi-Fi・Bluetooth・Chromecastなどに対応。合計8Wのスピーカーが内蔵されているので、スマホやタブレットとBluetoothでワイヤレス接続して音楽鑑賞することもできます。

popIn Aladdin Aladdin Vase PA21AV01JXX

かわいらしいフォルムの一人暮らし向けプロジェクターです。インテリアとしても映える外観を有しているのが特徴。デスクやサイドテーブル、ラックなど、見える位置に収納しておく場合に便利です。

投影サイズは最大100インチ。10°までの角度調節ができる内蔵レンズを搭載しています。台形補正機能を備えているので、斜めに設置した場合でもきれいに投影可能です。

また、スマートライトとして使用できるのもポイント。スリープモードや音にあわせて光を演出するサウンドモードなどが搭載されている点もおすすめです。

エプソン(EPSON) dreamio EF-12

1000ルーメンの明るさに対応している一人暮らし向けのプロジェクターです。Android TV機能を搭載しており、Wi-Fi通信を利用して有料および無料の動画配信サービスを楽しめるのが特徴。Googleアシスタントを使った音声検索ができる点も魅力です。

本体は、コンパクトなスクエアデザインを採用。レザーのような高級感ある質感を有しており、部屋やインテリアの種類を選ばずマッチしやすいのもポイントです。

投影サイズは30~150インチの間で調節が可能。60インチで投影する際には、133cmの投写距離が必要です。また、縦置きで天井に投影できるのもメリット。ベッドに寝転んでホームシアターを楽しみたい場合にもおすすめです。

エプソン(EPSON) dreamio EF-100WATV

2000ルーメンの明るさに対応している一人暮らし向けのプロジェクターです。デザイン性に優れているのが特徴。スタイリッシュなスクエアなフォルムを採用しており、部屋やインテリアにマッチしやすいのが魅力です。

本体サイズは幅210×奥行227×高さ88mm。設置場所が限られている場合にも便利です。投影サイズは30~150インチの間で調節が可能。大画面で映画や動画を鑑賞したい場合にもおすすめです。

ベンキュー(BenQ) Wi-FiおよびBluetoothスピーカー付き モバイルプロジェクター GV1

傾斜ヒンジが搭載されている一人暮らし向けのプロジェクターです。15°の範囲で角度を調節できるのが特徴。垂直自動台形補正機能も備えており、設置場所から最大77cmの高さまで100インチの映像を投影できるのが魅力です。

また、Wi-FiやBluetoothなどのワイヤレス接続に対応しているのもポイント。スマホの画面を大きく投影したい場合はもちろん、気軽に音楽を鑑賞したい場合にも便利です。バッテリーでの連続使用時間は約3時間。持ち運んで使用する場合にもおすすめです。

ベンキュー(BenQ) 2.1チャンネルBluetoothスピーカー搭載 LED モバイルプロジェクター GV30

135°までの角度調節機能を備えている、一人暮らし向けのプロジェクターです。オートフォーカス機能や自動垂直台形補正機能を搭載しているのが特徴。壁面はもちろん、天井や勾配天井にも映像を投影できます。

また、2.1chのスピーカーを内蔵しているのもメリット。ウーファーによるパワフルかつ重厚な低音を楽しめます。本体サイズは幅120×高さ195.8×奥行185mm。ハンドストラップも付いており、気軽に持ち運べる点もおすすめです。

FunLogy 小型プロジェクター FunLogy Mini

スマホほどのコンパクトなサイズを実現している一人暮らし向けのプロジェクターです。本体サイズは140×69×16mm。重量も216gと軽く、携帯性に優れているのが特徴です。

また、4000mAhのバッテリーを内蔵しているのもポイント。長時間使用できるだけでなく、外出先でスマホを充電するモバイルバッテリーとしても利用できます。

付属品としては、リモコンを同梱。操作の際に本体に近づく必要がなく、リラックスした体勢のまま映画や動画が鑑賞できる点もおすすめです。

FunLogy 超短焦点プロジェクター FunLogy Air

超短焦点の一人暮らし向けのプロジェクターです。壁際0cmに設置しても60インチの大画面を投影できるのが特徴。プロジェクターと壁面の間に人が通って映像が途切れてしまうトラブルを軽減できるのも魅力です。

また、アンテナケーブルやチューナーを内蔵したレコーダーを接続すれば、テレビ代わりに使えるのもポイント。テレビの設置スペースが確保できない場合や圧迫感を抑えたい場合にもおすすめです。

エアリア(AREA) LED PROJECTOR 2 SD-PJHD02

比較的手頃な価格で購入できる一人暮らし向けのプロジェクターです。多彩な入力インターフェースを備えているのが特徴。HDMI・VGAなどのケーブルで接続できるだけでなく、USBメモリに保存している音楽や写真、映像なども投影できます。

また、2500ルーメンの明るさに対応しているのもポイント。豊かな色再現も実現しています。最大投影サイズは100インチ超え。大画面で映画や動画を鑑賞できます。

さらに、大型のガラスレンズを搭載しているのもメリット。レンズ上部のダイヤルを回せば、ピントや傾きを簡単に調節できます。リモコンを同梱しており、本体から離れた場所で操作できる点もおすすめです。

ラマス(RAMASU) DVDプレイヤー一体型プロジェクター RA-PD080

リーズナブルな価格で購入できる、コスパに優れた一人暮らし向けプロジェクターです。本体にDVDプレーヤーを搭載しているのが特徴。HDMIやVGAケーブル経由で映像を投影できるだけでなく、DVDに保存してある動画や映画も鑑賞できます。

また、スピーカーが内蔵されているのもポイント。別途スピーカーを購入する手間やコストがかからない点もおすすめです。リモコンやレンズカバー、AVケーブルなどを同梱。収納する際にレンズを保護できるのも魅力です。

XGIMI MoGo Pro

ハーマンカードンのデュアルスピーカーを搭載している、一人暮らし向けのプロジェクターです。Gold Ear Philosophyに基づいて、サウンド調節されているのが特徴。バランスに優れた高音質なサウンドを楽しめるので、音楽鑑賞用としても利用できます。

また、重量が0.9kgと軽いのもポイント、外出先に持ち運んで使用する頻度が高い場合にも便利です。投影サイズは30~100インチの間で調節が可能。プライベートな空間で大画面に映像を投影できるのが魅力です。

また、リモコンが同梱されているのもポイント。「OK Google」と呼びかけて音声でコントロールできる点もおすすめです。

XGIMI Elfin

ミニマルなデザインの一人暮らし向けプロジェクターです。コンパクトなサイズながら高機能。レンズ保護機能も搭載されており、気軽に持ち運べるのが魅力です。

解像度は1920×1080のフルHD相当。精細な映像を投影できるのがポイントです。最大投影サイズは200インチと大きめ。大画面で迫力のある映像を楽しみたい場合にも便利です。

また、ハーマンカードンの3Wスピーカーを2基内蔵。スマホやタブレットとBluetoothで接続して、ワイヤレスで音楽を鑑賞できる点もおすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) LG CineBeam HU70LS

3840×2160の4K解像度に対応している一人暮らし向けのプロジェクターです。精細な映像を投影できるのが特徴。最大140インチの大画面を投影でき、迫力ある映像を楽しめます。

また、HDR10に対応しているのもポイント。明暗の表現性能に優れています。TruMotionによって滑らかな映像が楽しめるのも魅力です。

ピントや投影する映像のサイズは手軽に調節可能。本体に備えているレバーやスイッチでコントロールできるほか、リモコンのショートカットキーでも設定できます。