映画や動画を大画面で鑑賞したい場合にプロジェクターがあると便利です。現在は軽量コンパクトに設計されているモデルも発売されており、一人暮らしの部屋でも使用しやすい製品が増加。短焦点モデルや天井投影できるモデルなど、各メーカーが多種多様な製品を展開しています。

そこで今回は、一人暮らしにおすすめのプロジェクターをご紹介。選び方のコツも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

一人暮らしでプロジェクターを使うメリット

By: xgimi.com

テレビを設置する際には、ある程度のスペースが必要。一人暮らしで部屋のスペースが限られている場合は、テレビの置き場所に困ってしまうことがあります。

壁や天井に映像を投影するプロジェクターであればモニターが必要なく、省スペースで設置可能。テレビほど広いスペースがなくても導入できます。また、テレビを設置した際に生じやすい圧迫感を抑えられるのもメリット。自由に使用できるスペースを広く取りたい場合に便利です。

さらに、テレビよりも大画面で映画や動画を鑑賞できるのもポイント。コンパクトなモデルであれば、外出先に携帯して友達や恋人と一緒に映像を楽しめます。

プロジェクターはテレビの代わりになる?

By: cinemage.jp

プロジェクターをテレビの代わりに使用することは可能です。一人暮らしのワンルームなど、限られたスペースに設置しやすいプロジェクターは大きなメリット。さらに、大画面で視聴できるのも魅力です。

ただし、プロジェクター単体ではテレビの視聴はできません。別途「テレビチューナー」が必要です。テレビチューナーは、有線・無線の2パターンで接続が可能。モデルによって接続方法が異なるので、プロジェクターのスペックをチェックしてみてください。

省スペースながら大画面でテレビを視聴できるプロジェクターですが、ちょっとしたデメリットも。部屋が明るいと画面が見にくく、カーテンなどで明るさの調整が必要になります。明るい場所でも視聴したい方は、なるべく画面を明るく設定できるモノを選びましょう。

一人暮らし向けプロジェクターの選び方

なるべく小さいサイズのモノがおすすめ

By: ankerjapan.com

一人暮らしの方がプロジェクターを導入する際は、ポータブルタイプなど、なるべくサイズの小さなモデルを選ぶのがおすすめ。最近ではコンパクトなだけでなく、重量が3kg以下の軽量モデルも増えています。

また、小型ながら本体にバッテリーを内蔵しているモデルも存在します。コンセントが近くにない場合はもちろん、場所を変えて映画や動画を鑑賞したい場合にも便利です。

ただし、ポータブルタイプのプロジェクターは、据え置き式に比べると画質や輝度が劣る可能性があります。購入する際は、サイズや重量に加えて、輝度や画質などのスペックもしっかりと確認しておきましょう。

部屋のレイアウトに合った投影距離をチェック

狭い部屋には短焦点プロジェクターを

By: aladdinx.jp

狭めの部屋に一人暮らししている場合には、短焦点プロジェクターが便利。投影距離が短い場合でも、一般的な製品と同等の画面を投影できるのが特徴です。短焦点プロジェクターは、1m以下の距離で投影できるモデルが多め。壁面近くにプロジェクターを設置できるのが魅力です。

ただし、スクリーンに投影する場合には注意が必要。波をうったような歪みが目立つ可能性があるので、なるべく壁面に投影するのがおすすめです。

天井投影できるタイプもおすすめ

By: xgimi.com

プロジェクターのなかには、壁面だけでなく天井に映像を投影できるモデルが存在します。真上に投影できる製品を使用すれば、ベッドに横になった状態で映画や動画の鑑賞が可能。ゆったりとリラックスした姿勢で映像を楽しめるのが魅力です。

また、本棚やラック、デスクの設置によって、壁面にスペースを確保できない場合にも便利。購入する際は、真上への投影に対応しているかも確認しておくのがおすすめです。

最大投影サイズをチェック

By: benq.com

プロジェクターを購入する際は、事前に最大投影サイズをチェックしておくのも重要なポイントです。確保可能な壁面のスペースや、映画や動画をどの程度の大画面で鑑賞したいかに応じて、プロジェクターが投影できるサイズを確認してみましょう。

ただし、映す画面のサイズは、投影距離によっても左右されます。同じ60インチの画面を映す場合でも、製品によって必要になる投影距離が異なるので注意。最大投影サイズとあわせて、投影距離も確認しておくのがおすすめです。

画面の明るさ(ルーメン)をチェック

By: rakuten.co.jp

プロジェクターを選択する際にチェックしておくスペックとして重要なのが、画面の明るさ「ルーメン(lm)」です。部屋を暗くして使用できる場合には輝度の低いモデルでも問題ありませんが、日光が差し込むような室内で利用する場合は高輝度なモデルを選ぶ必要があります。

家庭用のプロジェクターは、1000~2000ルーメンのモデルが一般的。暗い部屋で使う場合でも、画質を重視するのであれば1500ルーメン以上の製品を選んでみてください。

また、照明のついた部屋や日光が入る部屋で使う場合は3000ルーメン以上の製品がおすすめ。ただし、輝度の高い製品ほどサイズが大きくなる傾向があるので、注意しましょう。

解像度とアスペクト比をチェック

By: rakuten.co.jp

プロジェクターで映画や動画を鑑賞する場合には、「アスペクト比」や「解像度」にもこだわって選択するのがおすすめです。アスペクト比は投影される映像の横:縦の比率を表すスペック。4:3の製品も存在しますが、16:9や16:10の製品が主流です。映像やパソコンの画面を投影する場合には、16:9や16:10のモデルを選びましょう。

また、映像の精細さを左右する解像度は、1920×1080のフルHD相当や3840×2160の4K相当を目安に選ぶのがポイント。数値が大きいほど、より精細な映像が投影できます。

接続方法をチェック

By: rakuten.co.jp

プロジェクターを接続する方法には、無線・有線の2種類があります。無線で接続できるタイプのモノは、本体を好きな場所に設置して使用できる点がメリット。ケーブルの存在を気にせず使用できるため、すっきりとした空間を演出したい方におすすめです。

なお、プロジェクター本体が無線LANに対応していないと無線での接続はできないので、購入前に確認しておきましょう。

有線の場合、ケーブルを繋ぐだけで簡単に接続できます。細かい設定が必要ないため、手軽に接続できるモノが欲しい方におすすめです。

HDMI接続に対応したモノを選べば、パソコン・テレビチューナー・DVDプレーヤーなどと接続できます。さまざまなコンテンツを楽しみたい方は、プロジェクターの接続方法だけでなく、対応しているケーブルも確認しておくと安心です。

スピーカーが内蔵されているかどうか

By: ankerjapan.com

スピーカーが内蔵されているプロジェクターは、臨場感あふれる空間を堪能できるのが魅力。音楽・映画・ドラマなどを迫力のある音で楽しみたい方におすすめの機能です。

また、プロジェクターの設置場所によって音の聞こえ方が異なるのが特徴。天井に設置するタイプのモノを選べば、上から聞こえるため音を部屋全体に広げられます。

本体にスピーカーが内蔵されているモノは、別でスピーカーを用意する必要がないのもメリットです。本格的な音響を手軽に楽しみたい方は、スピーカーが内蔵されているプロジェクターを選んでみてください。

YouTubeやNetflixなどを利用したいならAndroid TV対応モデルを

By: ankerjapan.com

プロジェクターでYouTubeやNetflixなどを鑑賞したい場合は「Android TV」に対応したモデルがおすすめです。Wi‐Fiに接続するだけで、さまざまなアプリを本体にダウンロードできます。

映像配信サービスをはじめ、多彩なコンテンツを楽しめるのが魅力。「Googleアシスタント」対応モデルであれば、音声による操作も可能です。

映像出力機器を接続する必要がないので、わずらわしいケーブルがなく、すっきり設置できます。

一人暮らし向けプロジェクターのおすすめメーカー

アンカー(ANKER)

By: rakuten.co.jp

充電器・ポータブル電源・イヤホン・ロボット掃除機などの幅広いデジタル機器を取り揃えているアンカー。ライフスタイルに寄り添ったアイテムを展開し、スマートな暮らしを支えています。

プロジェクターにも力を入れており、小型のモバイルプロジェクターから据え置きのホームプロジェクターまで、さまざまな種類を販売しているのが特徴。ニーズに合った製品を見つけたい方におすすめのメーカーです。

天井に設置できるシーリングプロジェクターは、設置スペースを取らずスマートに使用可能。スピーカーが内蔵されており、臨場感のある音響を楽しみたい方にもおすすめです。高機能なプロジェクターを求める方は、ぜひチェックしてみてください。

ベンキュー(BenQ)

By: rakuten.co.jp

ベンキューは、パソコン周辺機器や照明などを販売するメーカー。優れたディスプレイ技術により、高品質な製品を多く販売しています。

プロジェクターにおいても、一般・ビジネス向けのモノを展開しているのが特徴です。ゲーミング・ホームシアター・モバイルなどシーンに合ったシリーズを展開しています。

手軽にプロジェクターを楽しめるモバイルシリーズでは、壁だけでなく天井に投影できるため寝転がりながら使用したい際にも重宝します。迫力のある映像や音楽を堪能したい方にもおすすめ。小型で持ち運びもできるため、さまざまなシーンで活躍するプロジェクターを探している方は視野に入れてみてください。

エプソン(EPSON)

By: rakuten.co.jp

1983年に創業したエプソンは、東京都に本社を構える大手メーカーです。一般向けからビジネス向けまで豊富な製品を販売しており、用途に合わせて選べるのが魅力。プリンター・パソコン・プロジェクターなどラインナップが豊富なメーカーです。

家庭用から業務用まで幅広い種類が展開されているプロジェクター。4Kの高画質なモノや高音質のモノが多く、自宅で映画館のような臨場感を味わいたい方にぴったりです。

短焦点のプロジェクターや大画面で投影できるモノもあるため、スペースの限られた一人暮らしの部屋にもおすすめ。高機能なプロジェクターを求める方は視野に入れてみてください。

一人暮らし向けプロジェクターのおすすめ

アンカー(ANKER) モバイルプロジェクター Nebula Capsule II D2421N12


アンカー(ANKER) モバイルプロジェクター Nebula Capsule II D2421N12
コンパクトボディで持ち運びに便利

アウトドアなどにも持ち出して使える、一人暮らし向けのプロジェクターを探している方におすすめのモデルです。500ml缶より小さいコンパクトなボディを採用。重さも約740gと軽量なので容易に持ち運べます。

バッテリーを内蔵しているため、電源のない場所でも利用可能。また、Dolby Digital対応の8Wスピーカーシステムを内蔵しており、迫力あるサウンドが楽しめます。

Android TVを搭載しているのが特徴。アプリを本体に直接ダウンロードできるので、パソコンやAVプレーヤーを接続する必要はありません。YouTubeをはじめPrime VideoやNetflixなど、さまざまなサービスに対応しています。

アンカー(ANKER) モバイルプロジェクター Nebula Astro D2400521


アンカー(ANKER) モバイルプロジェクター Nebula Astro D2400521

ボールのような可愛らしいデザインが特徴のプロジェクターです。コンパクトなサイズなので、一人暮らしの部屋におすすめ。Android 7.1を搭載しているため、Amazon Prime VideoやYouTube kidsなどの多彩なコンテンツが視聴できます。

Nebula Connect アプリをインストールすることで、スマホをリモコンとして利用できるのも便利です。

アンカー(ANKER) モバイルプロジェクター Nebula Vega Portable D2121N11


アンカー(ANKER) モバイルプロジェクター Nebula Vega PortableD2121N11
HDR10対応により鮮やかな映像が楽しめる

1980×1080ピクセルのフルHD解像度を備えたモデルです。HDR10に対応しているため、明暗差の大きな映像をキレイに表示可能。映画や動画を鑑賞するのにおすすめのプロジェクターです。最大13°角度調節ができるフラップ付きなので、見やすいアングルに合わせられます。

オートフォーカス機能を搭載しているため、ピント合わせの手間を軽減。さらに、台形補正機能も備えるなど使い勝手は良好です。HDMIとUSB接続のほか、Bluetooth経由でのワイヤレス接続にも対応しています。スマホの画面をミラーリングする際に便利です。

アンカー(ANKER) Nebula Nova

アンカー(ANKER) Nebula Nova 2021

スピーカーが内蔵されているシーリングタイプのプロジェクターです。10Wの高出力スピーカーを搭載しており、部屋全体に迫力のある音が響き渡るのが魅力。スピーカーを別で用意する必要がないのもポイントです。

シーリングタイプなので、天井照明としても使用可能。天井につけっぱなしにできるため、収納スペースを確保する必要がありません。使いたいときにすぐに使用できるのも魅力のひとつです。

工事不要で簡単に設置でき、手軽に臨場感あふれる映像や音響を堪能できます。最大120インチの大迫力な映像をフルHDの高画質で投影可能。また、Android TV 9.0を搭載しており、さまざまなコンテンツを楽しみたい方におすすめです。

別売りのチューナーを購入すれば、リアルタイムで地上波テレビを見られるのも特徴。ワイヤレス接続に対応しているので、使い勝手も良好です。

ベンキュー(BenQ) モバイルプロジェクター GV11


ベンキュー(BenQ) モバイルプロジェクター GV11
天井投影にも対応可能なプロジェクター

無段階の角度調節機構を搭載しており、天井投影に対応したプロジェクター。ベッドで寝転びながら映画を鑑賞したい方におすすめのモデルです。

自動台形補正機能を備えているため、設置場所を変えるたびに手動で調節する手間を軽減します。部屋が狭く、壁との距離が十分確保できない方などにもおすすめです。

出力5Wのスピーカーを1つ搭載。270°広がるサウンド設計がされているので、設置場所にかからずクリアな音が届けられます。また、本体下部の側面に音を拡散する機構が設けられており、天井投影の際に聴き取りやすいのもポイントです。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EF-12


エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EF-12

ヤマハの高音質スピーカーを搭載したモデルです。音質を重視する方におすすめのプロジェクター。ヤマハ独自のDPSテクノロジーとAudioEngineを採用しているため、小型のボディながらパワフルかつ臨場感のあるサウンドが楽しめます。

Android TV機能を搭載しており、さまざまな動画配信サービスが利用できるのも便利です。さらに、「Epson Online Meetings」アプリを搭載しているのもポイント。Webカメラとマイクを接続すれば、大画面でWeb会議に参加できます。オンラインレッスンなどでも活躍するので、気になる方はチェックしてみてください。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクターdreamio EH-TW6250


エプソン(EPSON) ホームプロジェクターdreamio EH-TW6250

独自の「4Kエンハンスメントテクノロジー」を採用したプロジェクターです。1ピクセルをズラして重ねることで、フルHDパネルながら4K相当の解像度を実現しているのが特徴。購入コストを抑えつつ高精細な映像を楽しみたい、一人暮らしの方におすすめのモデルです。

フロントに10Wのスピーカーを内蔵しているため、音付きのコンテンツが気軽に視聴できます。コントラスト比が35000:1と高いので、メリハリの効いた鮮明な映像を見ることが可能です。Googleの音声操作に対応しているのも特徴。話しかけるだけで番組の検索や本体の操作がおこなえます。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター EH-LS650W

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター EH-LS650W 2023

短焦点で投影できるプロジェクター。超短焦点レンズを採用し、壁から約14cmの距離で80インチの大画面を投影できます。最大120インチの大画面で映せるのも魅力です。

ヤマハの高性能スピーカーを搭載し、クリアな音響を楽しめます。4K相当の高画質な映像を投影できるので、色鮮やかな映像にこだわりたい方にもぴったり。音質・画質を重視したい方はチェックしてみてください。

Android TVを搭載しており、YouTube・prime videoなど、さまざまなコンテンツを楽しめます。Googleアシスタントにより音声操作もできるので、手軽に使用できるのもポイントです。

シンプルなデザインは、インテリアに馴染みやすいのが魅力。おしゃれなプロジェクターを探している方は、ぜひ視野に入れてみてください。

アラジン(Aladdin) 照明一体型3in1プロジェクター Aladdin X2 Plus

アラジン(Aladdin) 照明一体型3in1プロジェクター Aladdin X2 Plus

シーリングライトに、高性能プロジェクターと高音質スピーカーを搭載した人気のモデルです。天井に引掛シーリングがある環境なら、自分で取り付けられる手軽さが特徴。プロジェクターの設置場所を確保するのが難しい一人暮らしの方や、部屋のレイアウトを変えずに使いたい方などにおすすめです。

電源は引掛シーリングから供給されるため、電源ケーブルを引き回す面倒はありません。6畳の間取りで75〜100インチが投影サイズの目安なので、購入時の参考にしてみてください。

ヒューレット・パッカード(HP) シネマプロジェクター CC200


ヒューレット・パッカード(HP) シネマプロジェクター CC200

洗練されたおしゃれなデザインの一人暮らし向けプロジェクター。約2.1mの距離から、最大80インチの大画面を投影できます。フルHDで鮮明な映像を楽しめるのもポイントです。

ChromecastやFire TV Stickなどを挿し込むことで、コンテンツを楽しむことが可能。USBポート2つとHDMIポート、DCポートを備えており、さまざまなデバイスを接続できます。

本製品は次世代LEDを使用しており、動作寿命が最大20000時間と長いのも魅力。物持ちやデザインを重視する方におすすめのモデルです。

エクスジミー(XGIMI) MoGo 2 Pro XK04T

エクスジミー(XGIMI) MoGo 2 Pro XK04T

世界で評価されるプロジェクターブランド「エクスジミー」のプロジェクターです。投影サイズは、40~200インチに対応。400ISOルーメンの輝度を採用しており、明るく鮮明かつ大画面を実現しています。

全自動の台形補正やオートフォーカスを可能にする「インテリジェント環境適応技術」を搭載。「障害物自動回避」「自動アジャスト」機能など、投影サイズや位置を数秒で調整できるので、素早く簡単にセッティングができます。

「Android TV 11.0」を備えており、YouTubeをはじめ、さまざまなコンテンツを楽しめるのが魅力。また「Google Assistant」を使用すれば、音声でプロジェクターの操作ができるようになり便利です。

エクスジミー(XGIMI) Elfin XL03A

エクスジミー(XGIMI) Elfin XL03A

最大200インチの大画面で、フルHDの映像を視聴できるプロジェクターです。独自の画像エンジンシステム「X-VUE2.0」を搭載。コントラストに優れた、クリアでなめらかな映像が楽しめます。

世界的オーディオメーカー「Harman/Kardon社」の3Wスピーカーを2基内蔵。「dts-HD」や「DOLBY AUDIO」などに対応する高音質のサウンドを実現しており、音質に優れたプロジェクターを求める方におすすめのモデルです。

低遅延に対応した「ゲームモード」を搭載しているのもポイント。プロジェクターの大画面で、迫力のあるゲームを体感できます。インテリアに馴染みやすいシンプルなデザインが魅力です。

ミラアーク(MiraArc) CINEMAGE mini

ミラアーク(MiraArc) CINEMAGE mini

さまざまなシーンで活用したい方におすすめのプロジェクターです。本体サイズは幅72×奥行72×高さ106mm。重量は390gと軽量コンパクトな設計です。350ml缶と同じくらいのサイズなので、気軽に持ち運べます。

昼間でも明るい輝度120ANSIルーメンを採用。最大投影サイズは約180インチで、上下の自動台形補正と左右の手動台形補正を備えています。また、バッテリーを搭載しているので、電源が取れない場所でも使用できるのがポイントです。

YouTubeやTVerなど、さまざまな映像配信サービスを楽しめる「Android TV 11.0」を内蔵。Wi‐Fiに接続するだけで使用できるので、別途映像出力デバイスを用意する必要がなく便利です。

UENO-mono KABENI PRO

UENO-mono KABENI PRO

「スマホの画面から目を解放する」をコンセプトに開発されたモバイルプロジェクター。Wi‐Fiと投影する壁があれば、いつでもどこでも鑑賞できる手軽さが魅力です。普段スマホで見ている動画を最大150インチの大画面で楽しめます。

Netflixやprime videoなど、さまざまなコンテンツにアクセスできる「Android OS」を内蔵。本体にスピーカーを搭載しており、プロジェクター単体で鑑賞できるのがメリットです。

輝度3000ルーメンでフルワイドVGAの解像度を採用。天井への投影を可能にする三脚やリモコンも付属しているオールインワンタイプで、購入後すぐプロジェクターを楽しみたい方におすすめです。

VOPLLS プロジェクター

VOPLLS プロジェクター 2023

軽量で持ち運びにも適した小型サイズのプロジェクターです。本体サイズは約173×125×67mmとコンパクトな設計のため、省スペースで設置できます。軽量で扱いやすいモノを探している方はチェックしてみてください。

ワイヤレス接続に対応しているほか、HDMI・AV・USB・3.5mmオーディオポートなど、さまざまな端子を備えているのも特徴。パソコンやテレビチューナーとも有線接続できるので、用途に合わせて使用できます。有線・無線に対応しているモノが欲しい方におすすめです。

12000ルーメン輝度を採用しており、明るい部屋でも快適に使用できるのが特徴。鮮明な映像を映せるので、ダイナミックな映像を堪能したい際にも活躍します。壁・天井に投影できるため、シーンに合わせて好きな場所に映せるのもポイントです。

高機能ながら比較的安いので、初期費用を抑えられます。コスパを重視したい方は、チェックしてみてください。

関連リンク
・一人暮らしにおすすめのプロジェクター(ビックカメラ)

プロジェクターの売れ筋ランキングをチェック

プロジェクターのランキングをチェックしたい方はこちら。