かつては映画愛好家たちが自宅に置いているイメージもあったプロジェクター。現在では大幅な低価格化とともに小型化・高性能化が進み、家庭用はもちろんビジネスでのプレゼンなど、幅広い用途で使われるようになりました。

今回はそんなプロジェクターの現状を大解剖。家庭用とビジネス用の使い方に応じた選び方と、目的別のおすすめ機を一挙にご紹介します。

家庭用とビジネス用では選び方が違う

By: amazon.co.jp

現在のプロジェクターは、大きく分けると家庭用・ビジネス用・モバイル用の3種類。特に、家庭用とビジネス用は見た目があまり変わりませんが、2つはそれぞれの目的に最適化されています。実際の使い勝手や画質など大きく異なるので、後悔のないプロジェクターの選び方としては兼用にせずそれぞれ目的別に買うのがベターです。

プロジェクターの種類

パネルタイプでの種類

By: amazon.co.jp

プロジェクターとは、まず小さなパネルに映像を出力し、背後から光を透過させてスクリーンに映し出す機器です。そして、このパネルには「液晶・DLP・LCOS」の3種類があります。

液晶は、3つのパネルに赤・緑・青の3原色を当てて、透過した映像を投影する方式。動きの速い映像では残像が出やすいですが、色彩の再現性が高くホームシアター向きです。

また、近年はDMDと呼ばれるマイクロミラー反射型パネルに光を当てて、反射した映像を投写するDLP方式も一般化。液晶と変わらない価格帯に加え、残像もなく画質も良好です。このタイプは小型化も進んでいますが、「レインボーノイズ」と呼ばれる色のにじみが見られる場合がある点には留意する必要があります。

さらに、DLPと同じ反射タイプですが、ミラーではなく液晶を使っているのがLCOS方式。輝度が高く、画質追求型の家庭用ハイエンドモデルプロジェクターに多く採用されています。技術的に小型化が難しいうえ、高価なのが現状です。

解像度による種類

By: amazon.co.jp

プロジェクターはテレビやデジタルカメラ同様、解像度によって大きく種類が分かれます。具体的には、SVGA(800×600)、WXGA(1280×800)、SXGA(1280×1024)、いわゆるフルHDであるWUXGA(1920×1200)、4K(3840×2160)など。

選び方のポイントとしては、家庭用の据え置き型ならフルHD以上、ビジネス用ではこれ以下でも実用面に問題はありません。モバイルの場合だと、SXGAでもかなり高画質なモデルです。

輝度による種類

By: amazon.co.jp

プロジェクターの最大の明るさ(輝度)を示す単位「ルーメン」は、家庭用では1000~2000、ビジネス用では2500以上が一般的。会議室などで使用する場合は、2500ルーメン以上のものを選ぶのおすすめです。

なお、バッテリー内蔵型のモバイル用プロジェクターでは100~500ルーメン程度が多いですが、暗めの部屋での使用なら特に問題ありません。

アスペクト比と投写距離

By: amazon.co.jp

プロジェクターの基本スペックを表す「アスペクト比」とは、画像の縦横比のこと。ホームシアターとして使う家庭用なら、テレビ・映像素材の標準である16:9が一般的で、特記しない場合もこれに当てはまる場合が多いです。ビジネス用としての選び方なら、従来型の4:3タイプでも問題ありません。

プロジェクターの選び方でポイントになるのが「投写距離」です。プロジェクターは、光源とスクリーン(投影場所)との間に画面の大きさに応じた距離が必要。通常は100インチの大きさで投影するために3m近くなくてはなりません。ただし、歪みを調節する補正機能があれば斜めから映せるので、その分距離を稼げます。機種ごとのスペックと使用したい場所も確認しましょう。

なお、最近では1m未満の投写距離でも100インチを映せる「超単焦点プロジェクター」も登場しているので、狭い場所でも大画面で見たい方におすすめです。

サイズと電源

By: amazon.co.jp

プロジェクターをサイズと電源に着目して大きく分けると、据え置き用とモバイル用の2種類。プロジェクターは据え置きが前提なので、それなりの大きさがあります。特に家庭用の高級機は画質最優先のため、かなり大きく重いものが多いです。ビジネス用の場合は、オフィス内での移動も考慮したコンパクトな機種もありますが、モバイル用とは区別しておきましょう。

この持ち運び可能なモバイルプロジェクターは、据え置き機とは比較にならないくらい小さくて軽く、手の平に収まるサイズのものがほとんどです。また、バッテリーを内蔵しているため、AC電源のない屋外でも使用できます。

家庭用プロジェクターの選び方

By: amazon.co.jp

家庭用プロジェクターの選び方としては、解像度がフルHD以上あるかどうかが目安。もちろんアスペクト比は16:9が基本です。ビジネス用ではない1000~2000ルーメン程度の輝度で、高コントラストの機種を選ぶのがおすすめ。入力端子は最低限HDMIがあれば十分です。パネルは液晶方式がおすすめで、置き場所と予算に余裕があるならLCOS方式も検討しましょう。

家庭用プロジェクターは映画愛好家向けの超高級機も存在するだけに、上位機種のスペックは向上する一方。それだけにどの程度の価格で折り合いをつけるかが選び方のポイントです。

今後のトレンドを踏まえた選び方なら4K

By: amazon.co.jp

配信やUHD BDディスク、さらには高画質の4K対応機も登場。ハイエンドの家庭用プロジェクター必須装備として、今後は4Kが主流になっていきます。

コンテンツのさらなる拡大や東京オリンピックの4K放送もあり、今後は一気に普及することが予測されるので、選び方のひとつとして気に留めておきましょう。

ビジネス用プロジェクターの選び方

By: amazon.co.jp

ビジネス用プロジェクターは、明るいオフィスでも使えることを想定しており、全体的にルーメンが高め。その一方、画質よりも資料の文字やグラフ、写真がよく見えることが優先されています。したがって、コントラスト比よりも明るい中ではっきりと見えるだけの輝度が重要。具体的な選び方としては、据え置きなら2500ルーメン以上がひとつの目安です。

なお、PCが前提なのでHDMIなどの有線接続がメインですが、無線LAN機能もあると一層便利。

機能面重視の選び方なら映像補正機能

By: amazon.co.jp

機能面を重視したプロジェクターの選び方としては、映像の補正が重要です。プロジェクターはスクリーンに対して正面から投影するのが前提で、そうでなければ歪んで映ります。多忙なビジネスの現場での使用を念頭に置く場合、台形補正と呼ばれる機能がどこまで充実しているかが選び方のポイントです。

特にビジネス用モデルでは強化されていて、通常の縦方向に加えて横方向も対応、さらにワンタッチでの自動補正を搭載している機種もあります。よりスムーズに使用できることを重視した選び方なら、映像補正機能をチェックしましょう。

プロジェクターのおすすめメーカー

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

ビジネス向けプロジェクターでは、国内外でも長年シェア1位を獲得しています。画質はもちろん、プレゼンで使いやすい機能の充実しているのが特長。ラインナップも豊富で予算に応じて選べるので、プロジェクターを買うならまず最初に検討したいメーカー。

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

常に時代の最先端の画質・規格に対応したハイクオリティー機を生産し続けています。近年も4Kにいち早く対応。ハイクラス機はサイズや重量よりも、スペックを重視した大型モデルが多いのも特長です。他にも、カジュアルなコンパクト機や投写距離の短い超単焦点機などのバリエーションもあります。

ベンキュー(BenQ)

By: amazon.co.jp

ビジネス向けプロジェクターが好評でラインナップが豊富なおすすめメーカーです。色再現性の高さに加え、高解像度・高輝度ながらハイコスパを実現しているのが魅力。

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

モバイルプロジェクターに力を入れているメーカーです。バッテリー内蔵型の手の平サイズタイプでは、市場を牽引している存在。画質のよさに加えて、各種調整機能や対応入力など使い勝手も抜群。

やや大きめのモバイル機もラインナップされているので、利用シーンに応じて選べます。バッテリー内蔵型のプロジェクターにこだわる選び方ならエイスースがおすすめです。

プロジェクターに専用スクリーンは必要?

By: amazon.co.jp

家庭用プロジェクターで手軽にホームシアターを楽しみたいなら、壁面や天井への投写で簡易的に楽しむのもアリです。

ビジネス用途でも同様ですが、大事な会議やプレゼンのためなら字・図表・写真がよく見える専用スクリーンはあった方が仕事がスムーズに進みます。

モバイルプロジェクターの場合は出先で映すことになるので、無理にスクリーンを用意する必要はありません。

イチオシの家庭用プロジェクター7選

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EH-TW5350

商品価格 ¥ 90,000

本格的な家庭用プロジェクターとして人気のハイコスパな3D対応機種。液晶パネル式で輝度は2200ルーメン、画素数は1920x1080のフルHD対応です。

圧倒的なシェアを誇るビジネス用モデルでの豊富なノウハウを活かした高画質と多機能が魅力。ホームモデルの中では輝度が高く、35000:1の高コントラスト比も特長です。横方向にも対応した台形補正で投写距離を節約。80インチスクリーンへの最短投写距離は約2.2mで、6畳間程度のスペースしかなくても大画面での投写が可能です。

豊富な入出力端子に加え、Bluetooth接続できる機能も便利。気になる冷却ファンの音も最小27dBと静か。家庭用本格派プロジェクターとしてはエントリーモデルですが、4Kが不要ならこれで十分という1台です。

ソニー(SONY) ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1

商品価格 ¥ 89,600

ソニー独自開発の小型レンズや光学モジュールを採用し、超短焦点を実現した家庭用ポータブル超短焦点プロジェクター。なんと壁に密着した状態からでも22インチ画像が映し出せます。さらに、壁から約28cm離すだけで、最大80インチでの投写も可能です。

オートフォーカス機能を搭載しているため、手動による微調整の必要がなく、プロジェクター初心者の方にもおすすめです。ソニー独自のSXRDパネルを採用することにより、高精細な映像を片手で掴める本体幅約8cmの小型サイズで実現しています。輝度は100ルーメン、画素数は1366×768と高画質です。

DBPOWER ミニLEDプロジェクター

商品価格 ¥ 11,080

リーズナブルな価格が魅力の家庭用プロジェクター。液晶パネルでコントラスト比1000:1、輝度は1500ルーメンで解像度は800×480。投写対応するサイズは、32〜176インチまでです。

スペック的にはプロジェクター初心者向けですが、リーズナブルなモデルでありながら、お得感は高いです。縦±15度の台形補正機能も搭載。HDMI、VGA、AV入力に加え、USBメモリ、SDカードにも対応しています。重量は950g、動作音も静かなので、プロジェクターを気軽に使ってみたい方におすすめです。

ベンキュー(BenQ) ホームプロジェクター HT2050

商品価格 ¥ 78,800

フルHDと3Dに対応した家庭用プロジェクター。DLPパネルでコントラスト比は15000:1、輝度は2200ルーメン、解像度は1920×1080です。

本体上部にあるレンズ調節ネジで、画面の位置を上105~115%移動させることができるレンズシフト機能を搭載しています。従来機の重低音をさらに強化した10Wx1の高音質チャンバー型スピーカーを内蔵。3D視聴も念頭においた選び方にはおすすめの1台です。

ソニー(SONY) 4K HDRホームシアタープロジェクター VPL-VW535

商品価格 ¥ 814,000

4096×2160画素のリアル4Kを実現した家庭用プロジェクター。350000:1の超ハイコントラスト比で、輝度1800ルーメン。4K60p/24p 10ビットのHDR表示対応なので、UHD BDはじめ、各種4K映像素材のよさを存分に引き出します。2D・3Dコンテンツを4K映像信号に変換する「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」も搭載。

ハイエンド向け家庭用プロジェクターの選び方としては、価格とスペックのバランスがよく、4K映像にも対応しているおすすめ機種です。

エルジー(LG) プロジェクター PF1000UG

商品価格 ¥ 131,284

超単焦点プロジェクターの高性能機です。38cmの距離から100インチ、60インチならわずか11cmあれば投写できます。しかも、画素数はフルHDの1920×1080。コントラスト比は150000:1、輝度1000ルーメンで3Dにも対応とハイスペックです。LEDランプ採用で約30000時間とスタミナは十分です。

HDMI端子を2つ装備し、Bluetooth接続もできるのもポイントです。コンパクトな本体にもかかわらずステレオスピーカーも内蔵しているので、スクリーンと本機があれば思う存分ホームシアターを楽しめます。

エイサー(Acer) ホームモデル H6502BD

商品価格 ¥ 73,616

基本スペックに優れた家庭用プロジェクターです。DLPパネルでコントラスト比が20000:1、画素数はフルHDの1920x1080。輝度3400ルーメンと、明るい部屋でも使えます。

標準でエコモードを搭載し、従来比50%以上の待機電力を削減。さらに、長時間使用による色味の劣化を抑止する「カラー・セーフ2 テクノロジー」を搭載しています。

イチオシのビジネス用プロジェクター6選

エプソン(EPSON) ビジネスプロジェクター EB-S04

商品価格 ¥ 35,001

コントラスト比は最大15000:1で、輝度3000ルーメンと十分なスペックを備えたビジネス向けプロジェクター。パネルタイプは液晶で、画素数は800x600とやや控えめです。

縦方向は自動、横方向はレバー式による手動補正です。端子は、HDMI端子をはじめ基本はカバー。Wi-Fiには別売りの無線LANユニットが必要です。スクリーンは100インチサイズでも約3mあれば投写可能。約2.4kgという軽さでオフィス内での持ち運びも楽々です。

ベンキュー(BenQ) プロジェクター MH530

商品価格 ¥ 57,732

ベンキューのビジネス向けプロジェクター人気モデル。輝度は3200ルーメン、コントラスト比は10000:1、画素数は1920x1080のフルHD対応です。DLPパネルでアスペクト比は16:9。

色再現性を高める「BrilliantColor テクノロジー」を採用しており、プレゼンテーションモードでは字や図表もクッキリ映せます。1.9kgと軽量なので、オフィス内での移動もラクラクです。

補正機能が縦方向のみで手動なのが懸念されますが、機能を簡略化することによりフルHD画質ながら価格を抑えているのがポイント。コスパ良好なプロジェクターを探している方におすすめです。

エプソン(EPSON) ビジネスプロジェクター EB-W420

商品価格 ¥ 55,800

エプソンのビジネス用モデルとしてバランスのよい機種です。液晶パネル採用のコントラスト比15000:1で、輝度は3000ルーメン、画素数は1280x800と十分許容範囲です。

10万円超の機種よりも投写距離が必要ですが、広さのあるオフィス内なら問題ありません。

縦横両方に対応する台形補正機能、Wi-Fiにもオプション対応といった多機能性もポイントです。選び方としては、スタンダードで過不足の無い機種を求める方に向いています。

ベンキュー(BenQ) プロジェクター MS527

商品価格 ¥ 26,999

リーズナブルなビジネス用としておすすめの機種です。DLPパネルでコントラスト比13000:1、輝度3300ルーメンとなかなかのハイスペック。画素数は800x600でアスペクト比4:3である点には注意が必要です。

ただし、「BrilliantColor テクノロジー」を採用するなど、画質面では上位機同様のスペックを備えています。ランプの寿命も最大約1万時間と長く、交換コストが抑えられるのも見逃せません。

重量1.9kgと据え置きにしては軽いので、移動も容易です。コスパ優先の選び方で画素数・アスペクト比が問題ない方におすすめです。

リコー(RICOH) エントリープロジェクター PJ K111

商品価格 ¥ 34,800

DLPパネルで輝度3000ルーメン、画素数は800x600でアスペクト比4:3と、ビジネス用としてもエントリーモデルのプロジェクター。HDMI、RGBなど必要な入力を備えるなどほぼ標準的なスペックですが、3Dに対応しているのが特長です。

設置してからのサポートも充実。故障時だけでなく、年間保守契約やスポット保守契約など、使い方に合わせてメニューを選べるのも嬉しいポイント。選び方としては、購入後のアフターサービスを求める方におすすめです。

エプソン(EPSON) ビジネスプロジェクター EB-1780W

商品価格 ¥ 100,689

バッテリー非搭載のビジネス向けモバイルプロジェクター。輝度3000ルーメン、コントラスト比も最大10000:1とハイスペック。アスペクト比16:9で画素数は1280x800です。

このスペックでは1.8kgと非常に軽量な上、サイズもビジネスバッグに余裕を持って入れられるコンパクトさ。出先でも据え置き機同等の明るさと画質で行えるので、急な会議やプレゼンにも対応できます。

イチオシのモバイルプロジェクター5選

エイスース(ASUS) ポケットLEDプロジェクター ZenBeam E1

商品価格 ¥ 32,769

バッテリー搭載型モバイルプロジェクターの人気モデル。110×29×83mmの手のひらサイズに、6000mAhのバッテリーを内蔵し、最長約5時間の連続駆動が可能です。このサイズで最大120インチを投影できます。2W出力のモノラルスピーカーも内蔵するので、スピーカーを持ち歩く必要もありません。

DLPパネルで輝度150ルーメン、画素数は854x480。MHL対応のHDMI入力を備えるのでスマートフォンやタブレットとも接続できます。また、モバイルバッテリーとして使えるのも便利。高性能と手頃な価格を両立しており、汎用性の高いモバイルプロジェクターです。

キャノン(Canon) ミニプロジェクター C-5

商品価格 ¥ 20,701

リーズナブルな価格が魅力のバッテリー搭載型モバイルプロジェクター。DLPパネルで輝度は50ルーメン、画素数は640x480でアスペクト比は4:3です。

124×20×71mm、重さ169gは胸ポケットにも収まるほどコンパクトさで、バッテリー駆動時間は最長3時間。PCやスマートフォン、タブレットとは、ミニHDMIケーブル1本で簡単に接続できます。選び方としては、軽量かつコンパクトな点を重視する方におすすめです。

ヴィヴィテック(Vivitek) LEDモバイルプロジェクター QUMI Q3PLUS

商品価格 ¥ 48,055

コンパクトなボディに高性能を詰め込んだバッテリー内蔵モバイルプロジェクターです。176×102×28mmの片手サイズ。

輝度500ルーメン、コントラスト比5000:1、1280×720画素とモバイルプロジェクターの中ではハイスペックな機種です。8000mAhのバッテリーを内蔵し、2時間の駆動が可能。Wi-Fi、Bluetoothに加え、microSDカードにも対応。さまざまなデバイスから投影できます。

Android OS 4.4.2を搭載しているのも特徴。動画アプリの映像をそのままできるのが魅力です。

エルジー(LG) LEDプロジェクター Minibeam PH550G

商品価格 ¥ 40,900

最大100インチ投影可能なうえ、174×116×48mmと片手で持てるモバイルプロジェクター。DLPパネル方式で1280×800画素、コントラスト比100000:1、輝度は550ルーメンというスペックです。フル充電の状態で2.5時間連続駆動できるバッテリーを内蔵。

コンパクトで軽量、しかもリーズナブルな価格ながら上位機のPF1000UG同様の機能性も備えます。Bluetoothスピーカーに音声を飛ばすことも可能。台形補正にも対応し、三脚に設置もできるので、屋内用にも使いやすいです。

エイスース(ASUS) モバイルプロジェクター S1

商品価格 ¥ 36,032

バッテリー内蔵型モバイルプロジェクターのハイスペックモデルです。サイズは110.5×102×30.7mmとモバイル用としてはやや大きめながら、据え置き型に迫る性能を備えています。

DLPパネルで輝度最大800ルーメン、コントラスト比100000:1、アスペクト比16:9で画素数1280×800と高性能。HDMI、RGBなど豊富な入力に加え、無線LANにも対応。スマホ、タブレットからワイヤレスで映すこともできます。選び方としてはモバイル用でも高機能なプロジェクターにこだわる方におすすめです。