映像を大画面で視聴したいときに活躍するプロジェクター。オフィスで使用されるイメージがあるかも知れませんが、最近では家庭でも活用している方も増えてきています。

そこで今回は、短焦点プロジェクターのおすすめモデルをご紹介。持ち運びに便利なコンパクトタイプもピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

短焦点プロジェクターとは?

By: rakuten.co.jp

短焦点プロジェクターとは一般的なプロジェクターとは異なり、投射画面まで必要な距離(焦点距離)が短くても対応できるモデルです。

例えば、100インチの画面のために焦点距離が3m必要だった場合、短焦点プロジェクターであれば1m台で対応できる場合があります。設置場所や設置環境に対する自由度の高さが短焦点プロジェクターのメリットです。

なお、使い勝手がよい分、投射には高い技術が求められるため、高額のモノが多いのは留意点。予算に余裕を持っておくと選ぶ幅が広がります。

短焦点プロジェクターの選び方

用途で選ぶ

By: epson.jp

プロジェクターは短焦点に限らず、ビジネス用途とホームシアター用途の2つのタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。

ビジネス向けには画質を追求するよりも、明るめの場所でもはっきり映る輝度(ルーメン)の高さがポイント。使い勝手を考慮すると、さまざまな出力に対応しているかどうかも重要です。

一方、ホームシアターでの用途では、映像美を意識すると少なくともフルHD(解像度1920×1080)以上は欲しいところ。また、プロジェクターは冷却ファンの騒音が気になることが多いので、静音性の高いモノを選ぶのがおすすめです。

パネルで選ぶ

By: epson.jp

プロジェクターは映像を映し出すためのパネルによっても分けられます。チェックしたいのは、「液晶」「DLP」「LCOS」の3つです。

「液晶」のメリットは価格帯の安さ。動きの速い映像で残像が出やすいのはデメリットですが、一方で色再現性は良好なのでビジネスユース向けといえます。

「DLP」は、マイクロミラー反射型パネル(DMD)に光を当てて反射した映像を投影するタイプ。低価格化が進んでおり、広く普及しています。残像もなく、コントラストを高くしやすいなど画質も良好。小型の製品が多く、ホームシアターやゲーム用途に向いています。

「LCOS」は前述の「DLP」と同じ反射タイプながら、ミラーではなく液晶を使っているのがポイント。輝度が高く、高画質で視聴できます。ただし、高価かつ本体サイズが大型のモノが多いのは弱点。予算との兼ね合いを考慮して選びましょう。

4K対応の有無で選ぶ

By: benq.com

フルHDを大幅に上回る高画質を楽しめる4K。画質素材はディスクメディアのUHD BDや各種ネット動画配信などに対応しています。

4K品位を忠実に映すには、解像度(3840×2160)を満たすのが条件。短焦点プロジェクターにも対応機は登場し始めていますが、まだまだ高価なのが現状です。

入力端子で選ぶ

By: amazon.co.jp

外部接続をスムーズに行うには、端子の種類を把握しておくことが重要。USB端子はいくつあるのか、映像機器で頻繁に使うHDMI端子が備わっているのかなどはしっかりチェックしておきましょう。

また、ビジネスシーンではさまざまな端子に対応しているモデルであれば、より使い勝手は良好。Wi-FiやBluetooth、SDカード対応などの有無も併せて確認しておきましょう。

機能で選ぶ

By: epson.jp

プロジェクターを選ぶ上でチェックしておきたいスペックは、明るさを表す値である輝度(ルーメン)。数字が大きいほど、明るい投影が可能です。また、コントラスト比も重要。画面のもっとも明るい場所と暗い場所の比率で、比率が高いほど、黒色がしっかりと映し出されます。

なお、短焦点プロジェクターは投射距離を短くするために、設置位置のズレによる図形の歪みが目立ちやすいのは注意すべきポイント。補正機能が搭載されている製品のほうが便利なので、選ぶ際に確認しておきましょう。

近い距離から大画面が移せる「超短焦点プロジェクター」も

By: vavajapan.com

短焦点プロジェクターのなかには、さらに焦点距離が短い「超短焦点プロジェクター」と呼ばれるタイプもあります。明確な定義はないものの、多くの場合、壁やスクリーンからの距離が約30cm以内でも100インチ前後の画面を投影可能です。

なかには、壁にぴったりとくっ付けた状態で映像を投影できるモデルもあります。通常の短焦点プロジェクターよりも高価ではあるものの、限られたスペースでも気軽に大画面を楽しめるのがメリット。狭い部屋でもプロジェクターを利用したい方はチェックしてみてください。

短焦点プロジェクターのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

「ソニー」は、高い技術とノウハウを要する世界的メーカー。プロジェクターに関してはいち早く4Kに対応し、全体的にサイズや重量よりも画質を重視した大型モデルを展開しています。

短焦点プロジェクターにおいては、家庭でも使いやすいお手頃価格の製品からコンパクトな超短焦点モデルまで揃っているのがポイントです。

エプソン(EPSON)

By: epson.jp

国内外におけるビジネス向けプロジェクターにおいて、長年大きなシェアを有している「エプソン」。画質はもちろん、プレゼンや会議などビジネス用途で使いやすい機能をしっかり網羅しているのが特徴です。

家庭用にも根強い人気があり、ホームシアターでの用途でも便利な機能が搭載されています。安定感、信頼性の面でも好印象。トータルバランスの優れた短焦点プロジェクターを求めている方は押さえておくべきメーカーです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

By: lg.com

「LGエレクトロニクス」は、短焦点プロジェクターのなかでも超短焦点型を揃えているのが特徴。短焦点型では珍しいバッテリー内蔵の機種もラインナップしています。

小型で軽量なモデルを展開していますが、価格帯は比較的リーズナブル。寝室などの室内はもちろん、テント内などのアウトドアシーンでもプロジェクターを楽しみたい方におすすめのメーカーです。

短焦点プロジェクターのおすすめモデル

エプソン(EPSON) ドリーミオ ホームプロジェクター EF-11

コンパクトで持ち運びが便利な、おすすめの短焦点プロジェクター。光沢のある素材とレザーのような素材が組み合わされており、スタイリッシュな見た目に仕上げられています。小型かつ軽量なので、1箇所に固定せずに使用可能です。

色鮮やかな映像を投影できる、3LCD方式を採用。輝度も約1000ルーメンと十分なため、部屋を暗くしなくても明るい映像を楽しめます。スピーカーが内蔵されている点も魅力です。

スマートフォンやパソコンの画面をワイヤレスで投影できる、スクリーンミラーリングにも対応。さらに、HDMI端子も搭載されています。

ベンキュー(BenQ) スモールスペースWXGAビジネスプロジェクター MW632ST

ビジネスにおすすめの短焦点プロジェクター。DLP方式を採用しており、約1.5mの距離でおよそ100インチの大画面を投影可能です。広い会議室や講義室はもちろん、パーティションで区切られた狭いスペースでも、大画面を投影して画像や映像を共有できます。

台形補正機能にも対応。自動的に歪みが補正されるので、手動で微調節する手間がかかりにくい点が魅力です。解像度は1280×800で、明るさは3200ルーメン。コントラストが高いため、グラフやテキストなどもクッキリと表現できます。

スピーカーも内蔵されているので、単体で映像の投影と音声を再生が可能。また、HDMIポートを2基搭載しており、さまざまな機器と接続して切り替えながら使用できます。

ベンキュー(BenQ) ビデオゲーム用ホームエンターテインメント・プロジェクター TH671ST

大画面でゲームをプレイしたい方にもおすすめの短焦点プロジェクター。照明環境に応じて自動的に輝度を調節する機能が搭載されています。3000ルーメンの輝度に対応しているので、明るい部屋でもくっきりと見やすい映像を投影可能です。

およそ1.5mの距離で100インチの画面を投影できるため、一般的な広さのリビングでも無理なく大画面の映像を楽しめます。台形補正機能にも対応。また、16.67msの応答速度も魅力のひとつです。動きの早いゲームも快適にプレイできます。

ベンキュー(BenQ) 4K HDR 短焦点ゲーミングプロジェクター TK700STi

4K映像を投影できるおすすめの短焦点プロジェクター。Android TVが搭載されているため、アプリをインストールして各種動画配信サービスのコンテンツを視聴可能です。AirPlay・Miracast・Chromecastにも対応しています。

4Kかつ60Hz、またはフルHDかつ120Hzの高解像で滑らかな映像を投影可能。応答速度も16.67msと高速なので、ゲームも快適にプレイできます。また、FPSモードのようなゲーム向けのモードも利用可能です。

垂直・水平・回転の3要素に対応した、台形補正機能も搭載。設置場所を問わず、真っ直ぐな映像を投影可能です。

エクスジミー(XGIMI) Elfin プロジェクター

使い勝手に優れたおすすめの短焦点プロジェクターです。電源を入れてから約5秒で起動するのが特徴。自動台形補正機能やオートフォーカス機能も搭載されているので、思い立ったときにスムーズに使い始められます。

スクリーンを認識し、自動でサイズを調節できる「オートアジャスト機能」にも対応。また、本体とスクリーンの間の障害物を検知し、画面サイズを変化させる「障害物回避機能」も備えています。

Android TVを使用できるのもポイント。さまざまなアプリを本体に直接インストールして利用できるため、単体で動画配信サービスの豊富なコンテンツを視聴できます。

アンカー(ANKER) Nebula Capsule II プロジェクターD2421N12

携帯性にも優れたおすすめの短焦点プロジェクター。一般的な500mlの缶よりもコンパクトなサイズなので、カバンに入れて気軽に持ち運び可能です。自宅はもちろん、バーベキューやキャンプなどのアウトドアでも活用できます。

投影できる画面は、最大100インチ。オートフォーカス機能と台形補正機能も搭載されています。また、Android TVも内蔵されているため、さまざまなアプリをインストールして豊富な動画コンテンツを視聴可能です。

HDMIやUSBによる有線接続のほか、Wi-Fi・Bluetooth・Chromecastなどのワイヤレス接続にも対応。映像を投影せず、スピーカーとしても活用可能です。

ポップインアラジン(popIn Aladdin) popIn Aladdin 2 プロジェクター

家庭で大画面を楽しめる、おすすめの短焦点プロジェクター。シーリングライトにプロジェクター機能が組み込まれているため、設置にスペースを取りません。一般的な引掛シーリングがあれば、工事不要で取り付けられるのが魅力です。

YouTubeやNetflixなどの動画配信サービスを楽しめるのはもちろん、スマートフォンのミラーリングにも対応。AirPlay対応の高音質なスピーカーも搭載されているので、天井から音が降り注ぐような体験が可能です。

キヤノン(Canon) 短焦点プロジェクター WUX500ST

LCOSパネルを採用した、おすすめの短焦点プロジェクター。1920×1200の高解像度に対応しており、精細な画像・映像を映し出せます。スクリーンとの設置距離1.2mで、100インチの大画面を表示可能。短焦点モデルながら最大75%のレンズシフト量を実現していると謳われているのが特徴です。

輝度は5000ルーメン。2000:1とコントラスト比も高く、細部まではっきりと視認しやすい仕様です。有線接続に加え、Wi-Fiを使用したワイヤレス接続も可能。パソコンからダイレクトにプロジェクターへ繋ぎ、ワイヤレスでの投影ができます。

調節機能が豊富に備わっているのもポイント。画像の四隅をそれぞれ調節できる「4点キーストーン補正」や、2台のプロジェクターから投影した画像を滑らかに重ね合わせる「エッジブレンディング」など便利な機能を搭載しています。

超短焦点プロジェクターのおすすめモデル

ソニー(SONY) 超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター VPL-VZ1000

ホームシアターにおすすめの超短焦点プロジェクター。スクリーンから約16cmの至近距離でも、100インチの大画面を投影可能です。投影距離が短いため影が映り込む可能性が低いのがメリット。また、天井からの吊り下げや天井投写などにも対応しています。

2500ルーメンの明るさも魅力のひとつ。HDRもサポートしており、高コントラストで立体感のある映像を体験可能です。また、「モーションフロー」にも対応しているので、24フレームの映像を滑らかに再現できます。

スタイリッシュなデザインもポイント。配線を隠すカバーが用意されており、スマートに設置できます。

エプソン(EPSON) ドリーミオ ホームプロジェクター EH-LS300

明るい環境でも使いやすい、おすすめの短焦点プロジェクター。液晶方式の採用により3600ルーメンの明るさを実現しているので、部屋を暗くせずに鮮やかな映像を投影可能です。HDR10やHLGにも対応し、高コントラストな映像を楽しめます。

壁から約46cmの距離で80インチの画面を投影可能。限られたスペースにも設置しやすく、手軽に大画面の映像を楽しめます。投影できる画面の最大サイズは、120インチ。解像度は、フルHDに対応しています。

Android TVの搭載もポイント。動画配信サービスのアプリを導入すれば、単体でさまざまな動画コンテンツを視聴できます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 超短焦点プロジェクター HF85LSR

限られたスペースでも大画面の映像を楽しめる、おすすめの超短焦点プロジェクター。8cmの距離で90インチ、20cmの距離で120インチの大画面を投影可能です。省スペースなのはもちろん、障害物や人によって影が映りこむ可能性も軽減できます。

解像度はフルHDに対応。輝度も1500ルーメンと高いので、見やすく鮮やかな映像を投影可能です。台形補正機能も搭載。壁やスクリーンに対して平行に設置できない場合でも、歪みの少ない自然な映像を楽しめます。

HDMIのほか、USBポートも搭載。メモリを接続すれば、保存されている動画や画像、ドキュメントファイルなども投影可能です。また、Bluetooth経由でヘッドホンやスピーカーなどとも接続できます。

ファンロジー(FunLogy) FunLogy 4000 超短焦点プロジェクター FUN4000

迫力のある映像を楽しめる、おすすめの超短焦点プロジェクター。焦点距離が短いため狭い部屋でも使いやすいほか、壁から430cm離せば最大300インチの画面を投影可能です。

ANSI4000ルーメンに対応した明るい映像も魅力のひとつ。中心部分だけではなく、隅までしっかりと明るく表示可能です。また、台形補正機能も搭載されているので、歪みの少ない綺麗な映像を投影できます。

ファンロジー(FunLogy) FunLogy Pro プロジェクター

高性能でおすすめの超短焦点プロジェクター。最短投影距離0cmを実現しており、壁にピッタリとくっ付けた状態でも70インチの画面を投影可能です。眩しさを感じたり壁と本体の間にあるモノの影が映ったりすることが少なく、快適に使用できます。

壁から距離を取れば、投影サイズを70~300インチの間で調節可能。大画面で映画を楽しみたい場合にも活用できます。解像度は1920×1080ピクセル。上下補正や左右補正のほかズーム補正と1点補正にも対応しており、歪みの少ない映像を楽しめます。

10Wスピーカーを2基搭載しているのもポイント。調節できる音量の幅や表現できる音域が広く、ダイナミックなサウンドを体験可能です。また、別売りの金具を使用すれば天吊りもできるため、会社や店舗などでも利用できます。

HDMIのほか、VGA端子とS端子からの入力に対応。ケーブルを接続するだけで簡単に映像を投影できます。

ファンロジー(FunLogy) FunLogy Air 超短焦点プロジェクター

インテリアに違和感なく溶け込みやすい、スッキリとしたデザインを採用した、おすすめの超短焦点プロジェクター。A4サイズ程度のスペースがあれば収納できるほか重量も軽いので、設置場所を固定せずに使用可能です。

投影できる画面サイズは、60~230インチ。壁からの距離が0cmでも60インチの大画面を投影可能です。底面に搭載されている3箇所のネジを回転させると本体の角度が変わるため、微調節しながら台形補正を行えます。

本体にステレオスピーカーが内蔵されているのも魅力のひとつ。別途スピーカーやヘッドホンを用意しなくても、単体で映像と音声の両方を楽しめます。

また、Android OSを搭載しているのもポイント。Wi-Fiにも対応しているので、アプリをインストールしてさまざまな動画を楽しめます。

ババ(VAVA) 4K UHD対応 超短焦点レーザープロジェクター VA-LT002

大画面かつ高精細な映像を体験できる、おすすめの超短焦点プロジェクター。4K解像度に対応しているので、映画やゲームなどの映像を細部まで美しく表現できます。HDR10もサポートしており、鮮やかで高コントラストな映像を再現可能です。

投影できる画面サイズは、80~150インチ。約18cmの距離で100インチの投影が可能なため、限られたスペースでも大画面の映像を楽しめます。自動ピント調節機能やエッジ補正機能が搭載されているのもポイントです。

高性能なスピーカーが備えられているので、ハイクオリティなサウンドも楽しめます。また、覗き込みを検出できる機能も魅力のひとつ。目へのレーザー照射を自動で予防できるため、子供がいる家庭でも安全性を確保しながら使用できます。

エクスジミー(XGIMI) AURA プロジェクター

滑らかな映像を楽しめる、おすすめの超短焦点プロジェクター。インテリアに溶け込みやすい、スタイリッシュな流線型のデザインを採用しています。HDMIやUSBポートで有線接続ができるほか、Wi-FiやBluetoothによる無線接続も利用可能です。

約20cmの投影距離で100インチの大画面を実現。4K解像度に対応しているため高精細な映像を投影できるほか、独自のフレーム補完技術の採用によりブレや残像感の少ないスムーズな映像を視聴可能です。また、8点式自動台形補正技術にも対応しています。

Android TVも搭載。プロジェクター単体でHuluやYouTubeなどの動画配信サービスを楽しめます。また、GoogleアシスタントやChromecastも内蔵されているので、音声で操作したりスマートフォンの画面を映したりすることも可能です。