映像を大画面で視聴したいときに活躍するプロジェクター。オフィスで使用されるイメージがあるかも知れませんが、最近では家庭でも活用している方が増えてきています。

そこで今回は、短焦点プロジェクターのおすすめモデルをご紹介。持ち運びに便利なコンパクトタイプもピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

短焦点プロジェクターとは?

By: rakuten.co.jp

短焦点プロジェクターとは一般的なプロジェクターとは異なり、投射画面まで必要な距離(焦点距離)が短くても対応できるモデルです。

例えば、100インチの画面のために焦点距離が3m必要だった場合、短焦点プロジェクターであれば1m台で対応できる場合があります。よって、設置場所や設置環境に対する自由度の高さが短焦点プロジェクターのメリットです。

なお、短焦点プロジェクターは使い勝手がよい分、投射には高い技術が求められるため、総じて高額になります。その点は留意しておきましょう。

短焦点プロジェクターの選び方

用途で選ぶ

By: epson.jp

プロジェクターは短焦点に限らず、ビジネス用途とホームシアター用途の2つのタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。

ビジネス向けには画質を追求するよりも、明るめの場所でもはっきり映る輝度(ルーメン)の高さがポイント。使い勝手を考慮すると、さまざまな出力に対応しているかどうかも重要です。

一方、ホームシアターでの用途では、映像美を意識すると少なくともフルHD(解像度1920×1080)以上は欲しいところ。また、プロジェクターは冷却ファンの騒音が気になることが多いので、静音性の高いモノを選ぶのがおすすめです。

パネルで選ぶ

By: lg.com

プロジェクターは映像を映し出すためのパネルによっても分けられます。主となるのは「液晶」「DLP」「LCOS」の3つです。

「液晶」のメリットは価格帯の安さ。動きの速い映像で残像が出やすいのはデメリットですが、一方で色再現性は良好なのでビジネスユース向けと言えます。

「DLP」はマイクロミラー反射型パネル(DMD)に光を当てて反射した映像を投影するタイプ。最近は低価格化が進んでおり、急激に普及しています。残像もなく、コントラストを高くしやすいなど画質も良好。小型の製品が多く、ホームシアターやゲーム用途に向いています。ただし、「レインボーノイズ」と呼ばれる色のにじみが見られる場合があるのがデメリットです。

「LCOS」は前述の「DLP」と同じ反射タイプながら、ミラーではなく液晶を使っているのがポイント。輝度が高く、高画質で視聴できます。ただし、高価かつ本体サイズが大型になりやすいのが弱点。予算との兼ね合いを考慮して選びましょう。

4K対応の有無で選ぶ

フルHDを大幅に上回る高画質を楽しめる4K。画質素材はディスクメディアのUHD BDや各種ネット動画配信などに対応しています。

4K品位を忠実に映すには、解像度(3840×2160)を満たすのが条件。短焦点プロジェクターにも対応機は登場し始めていますが、まだまだ高価なのが現状です。

入力端子で選ぶ

By: amazon.co.jp

外部接続をスムーズに行うには、端子の種類を把握しておくことが重要。USB端子はいくつあるのか、映像機器で頻繁に使うHDMI端子が備わっているのかなどはしっかりチェックしておきましょう。

また、ビジネスシーンではさまざまな端子に対応しているモデルであれば、より使い勝手は良好。Wi-FiやBluetooth、SDカード対応などの有無も併せて確認しておきましょう。

機能で選ぶ

By: lg.com

プロジェクターを選ぶ上でまずチェックしておきたいスペックは、明るさを表す値である輝度(ルーメン)。この数字が大きいほど、明るい投影が可能になります。また、コントラスト比も重要。これは画面のもっとも明るい場所と暗い場所の比率で、この比率が高くなるほど、黒色がしっかりと映し出されます。

なお、短焦点プロジェクターは投射距離を短くするために、設置位置のズレによる図形の歪みが目立ちやすいのは留意すべきポイント。補正機能が搭載されている製品のほうが便利なので、選ぶ際に確認しておきましょう。

超短焦点かどうかで選ぶ

By: lg.com

短焦点プロジェクターのなかでも、さらに焦点距離が短くて済むのが「超短焦点プロジェクター」と呼ばれるモノです。数十cmの距離で80インチといった大画面が投射可能で、100インチでも1m以内で映せる場合もあります。

投射距離が十分に取れない場所では大変便利ですが、技術的に難しいだけあって価格は割高。また、短い距離で映すことに注力しているので、「距離を離して300インチの大画面をカバーしたい」といった用途には向きません。超短焦点プロジェクターをチョイスする場合は、使う用途とその必要性をしっかり考えてから購入に踏み切りましょう。

短焦点プロジェクターのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

高い技術とノウハウを要する世界的大メーカー。プロジェクターに関してはいち早く4Kに対応し、全体的にサイズや重量よりも画質を重視した大型モデルが多いのも特徴です。

短焦点プロジェクターにおいては、家庭でも使いやすいお手頃価格の製品からコンパクトな超短焦点モデルまで揃っているのもポイントです。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

国内外におけるビジネス向けプロジェクターにおいて、長年シェア1位を獲得しているエプソン。画質はもちろん、プレゼンや会議などビジネス用途で使いやすい機能をしっかり網羅しているのが特徴です。

家庭用にも根強い人気があり、ホームシアターでの用途でも便利な機能がしっかり搭載されています。安定感、信頼性の面でも好印象。トータルバランスの優れた短焦点プロジェクターを求めている方は押さえておくべきメーカーです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

By: amazon.co.jp

短焦点プロジェクターのなかでも超短焦点型を揃えているのが特徴。短焦点型では珍しいバッテリー内蔵の機種もラインナップしています。

小型で軽量なモデルをラインアップしていますが、価格帯は比較的リーズナブル。寝室などの室内はもちろん、テント内などのアウトドアシーンでもプロジェクターを楽しみたい方におすすめのメーカーです。

短焦点プロジェクターのおすすめモデル

エプソン(EPSON) ビジネスプロジェクター EB-W05

エプソン(EPSON) ビジネスプロジェクター EB-W05

ビジネス用途向けのコスパに優れた短焦点プロジェクターです。上位モデル並みの性能とビジネスシーンで役立つ機能を搭載しながら、安い価格で購入できるのが魅力。重さも約2.5kgと軽量なので、会議室間や営業先への持ち運びが苦になりません。

WXGA解像度(1280×800)の3LCDパネルを搭載。対応する画面サイズは30〜300インチで、40インチ時の投写距離が約1.1mと短いのもポイントです。会議室で数人規模の打ち合わせを行う際にも重宝します。

明るさは3300lm、コントラスト比は15000:1と高めで、明るい会議室でも見やすいのが特徴。ボタン1つで画面の歪みを補正できる「ピタッと補正機能」も搭載されています。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EH-TW5650

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EH-TW5650

自宅を手軽にホームシアター化できる短焦点プロジェクターです。フルHD解像度の明るく鮮やかな3LCDパネルを搭載。2500lmの明るさと60000:1の高いコントラスト比があるので、フルHDコンテンツを充実した環境で楽しめます。

80インチのワイドスクリーンに投写する場合、最短投写距離が約2.3mと短くて済むのが特徴。6畳間程度のスペースでも迫力のある大画面投写が可能です。また、オプションの天吊金具を使えば、天井にも設置できます。

Apple TVやChromecastなどのメディアストリーミング端末と接続すれば、HuluやYouTubeなどの動画サービスも投写可能。また、Wi-Fiでスマホやタブレットの画面をミラーリングできます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 超短焦点LEDプロジェクター PH450UG

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 超短焦点LEDプロジェクター PH450UG

バッテリーを内蔵する超短焦点プロジェクターです。幅132×奥行き200×高さ85mmの小型ボディにも関わらず、わずか33cmの距離から80インチの大画面が投写可能なのが特徴。重さも1.1kgと軽く、持ち運びが苦にならないので、モバイル用のプロジェクターとしても活躍します。

内蔵バッテリーを搭載するのもポイント。ケーブルレス状態でも最長2.5時間の駆動が可能です。また、Wi-Fi接続でスマホやタブレットと、Bluetooth接続で外部スピーカーと連携できるので、自由なスタイルでコンテンツが楽しめます。

HD解像度のDLPパネルを採用。明るさが450lmと低く、暗い室内での使用に限られてしまうのが難点ですが、コントラスト比が100000:1と高いため投写映像を見やすいのが魅力です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 超短焦点プロジェクター PF1000UG

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 超短焦点プロジェクター PF1000UG

優れたコスパが魅力の超短焦点プロジェクターです。投写面からわずか38cmの距離で、50型テレビの4倍となる100インチの大画面投写が可能。プロジェクターと投影面の間にあまり空間を確保できない場所でも、迫力のある大画面でコンテンツが楽しめます。

フルHD解像度のDLPパネルを搭載。重さ1.9kgの軽量コンパクトなボディでありながら、1000lmの明るさと150000:1のコントラスト比があるので、高画質で映画やゲームを満喫するのにおすすめです。

充実した外部接続も特徴。Wi-Fi接続でスマホやタブレットと、Bluetooth接続で外部スピーカーと連携できます。また、USBポートを搭載しているので、USBメモリなどに記録したコンテンツも投写可能です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 超短焦点レーザープロジェクター HF85LS

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 超短焦点レーザープロジェクター HF85LS

人気モデルの使いやすさをさらに向上させた超短焦点プロジェクターです。わずか8cmほどの距離から90インチの大画面を投写できるのが特徴。20cm程度離せば60型テレビの4台分となる120インチの超大画面で迫力のある映像が楽しめます。

フルHD解像度のDLPパネルを搭載。コントラスト比は150000:1ですが、明るさが1500lmに上がっているので、明るい室内でも鮮明な映像が見られます。

また、「TruMotion」機能がコマの自動生成によってフレームレートの低い映像も滑らかにしてくれるので、スポーツやレーシングの動画鑑賞にもおすすめです。画面の歪みを補正する「4コーナー台形補正」機能も搭載。遠隔操作が可能なマジックリモコンも付属します。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 超短焦点4Kレーザープロジェクター HU85LS

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 超短焦点4Kレーザープロジェクター HU85LS

自宅のホームシアター化におすすめのハイエンド超短焦点プロジェクターです。わずか6cm程度の距離から90インチの大画面を投写できるほか、壁から18cmほど離せば120インチの超大画面も投写が可能。部屋のスペースを犠牲にすることなく大画面を楽しめます。

4K解像度のDLPパネルを搭載。2700lmの明るさと2000000:1のコントラスト比という充実したハイスペックを持っています。また、RGBそれぞれ異なる3つのレーザー光源を使用することで色再現性を向上し、DLPパネルの弱点であるレインボーノイズも効果的に低減。映画もゲームもワンランク上の高画質が堪能できます。

プロジェクター単体でウェブサービスが利用できるwebOSにも対応。NetflixなどVODサービスの視聴もできるおすすめの製品です。

ベンキュー(BenQ) モバイルプロジェクター GV1

ベンキュー(BenQ) モバイルプロジェクター GV1

旅行のお供としてもおすすめのモバイルプロジェクターです。重さ708gの軽量コンパクトなボディのため持ち運びが簡単なのが特徴。便利なチルトヒンジによって狭いスペースでも最大100インチの大画面が投写できるので、旅館などで旅の思い出を振り返るのにも使えます。

セットアップが簡単なのも特徴。電源を入れてからわずか4ステップでWi-Fi連携したスマホやタブレットからの映像を投写できるので、大画面での視聴がストレスなく楽しめます。自動台形補正に対応しているのもポイントです。

明るさは200lmで、コントラスト比は100000:1。Android OSを搭載しているので、プロジェクター単体でもYouTubeなどを楽しめます。Bluetoothスピーカーとして使えるのも魅力です。

ベンキュー(BenQ) WXGA短焦点プロジェクター MW632ST

ベンキュー(BenQ) WXGA短焦点プロジェクター MW632ST

優れたコスパで高い人気のある短焦点プロジェクターです。わずか約1mで60インチの投写ができ、約1.5mも離れれば100インチの大画面を投写可能なのが特徴。スペースの限られた部屋はもちろん、小さな会議室や教室でも重宝します。

WXGA解像度(1280×800)のDLPパネルを搭載。13000:1の高コントラスト比と、3200lmという上位モデル並みの明るさがあるので、明るい場所でも鮮明な映像が見られます。また、オプションの3Dメガネを使えば3D映像を楽しめるのも魅力です。

入力端子にはHDMIポートを2基搭載。内1基はMHL対応なので、接続したAndroidデバイスを充電しながら画面のミラーリングが行えます。

ベンキュー(BenQ) フルHD短焦点プロジェクター TH671ST

ベンキュー(BenQ) フルHD短焦点プロジェクター TH671S

ゲーミング用途に特化して開発された、フルHD解像度の短焦点プロジェクターです。わずか1.5mの距離から100インチの大画面投写が可能。3000lmの明るさと10000:1のコントラスト比という、家庭用としては充実したスペックを持ちながら、価格がリーズナブルなのも魅力です。

デジタルマイクロミラーデバイス(DMD)の採用によって、DLPパネルの応答速度が16.67msと速いのが特徴。レーシングやFPSなど、表示の遅延が攻略の命取りとなるゲームでも、少ない残像感でストレスなくプレイできます。

さらに、照明環境に応じて投写映像の明るさを自動調節する「LumiExpert」機能も搭載。コンテンツごとに最適化された再生品質で、迫力のあるサウンドを楽しめるサウンドモード機能も魅力です。

エイサー(Acer) フルHD短焦点プロジェクター H6517ST

エイサー(Acer) フルHD短焦点プロジェクター H6517ST

ホームシアターの入門用としてもおすすめのコスパが良好な短焦点プロジェクターです。わずか1.1mの距離から100インチの大画面が投写できるのが特徴。また、ズーム機能も搭載しているので、設置場所の自由度が高いのもポイントです。

フルHD解像度のDLPパネルを搭載。明るさは3000lm、コントラスト比は10000:1あるので、明るいリビングルームでも鮮明な映像を楽しめます。加えて、オプションの3Dメガネを使えば、迫力のある3D映像を簡単に楽しめるのも魅力です。

天井にも取り付けでき、投写映像は自動で反転するので、細かな設定は不要。さらに、本体内部へのほこりの侵入を防ぐために密閉度の高い設計が採用されており、熱対策も万全なので、長時間の使用でも安心です。

iOCHOW ミニプロジェクター IO2

iOCHOW ミニプロジェクター IO2

Android OSを搭載するポケットサイズのモバイルプロジェクターです。幅137×奥行き80×高さ20mmと手のひらに収まるサイズと、約435gという軽さが特徴。小型・軽量ボディにも関わらず、最大で100インチの大画面を投写できます。

WVGA解像度(854×480)のDLPパネルを搭載。明るさ1400lm、コントラスト比2000:1とモバイルプロジェクターとしては十分な性能を持っています。5000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、最長1.5時間の駆動が可能なのも特徴です。

接続にはHDMIによる有線とWi-Fiによる無線の両方に対応。さらに、Android OSを搭載しており、プロジェクター単体でウェブ検索やYouTubeの視聴も楽しめます。

オプトマ(Optoma) WXGA超短焦点DLPプロジェクター W320UST

オプトマ(Optoma) WXGA超短焦点DLPプロジェクター W320UST

ビジネスや教育の現場で重宝されている、人気の短焦点プロジェクターです。わずか32cmの近距離から100インチの大画面を投写できるのが特徴。発表者の影が入らずに大画面でのプレゼンができるので、会議や講義にもおすすめです。

WXGA解像度(1280×800)のDLPパネルを搭載。明るさ4000lm、コントラスト比20000:1のハイスペックなので、明るい会議室や教室でも鮮明な映像が見られます。また、内蔵スピーカーで音声の出力も可能です。

ビジネスシーンで役立つ機能も充実。誤って電源を落とした場合にすぐ再起動できる「クイックレジューム機能」や、複数人で使用する場合の電源切り忘れを防止する「自動シャットアウト機能」を搭載しています。

ソニー(SONY) 超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター VPL-VZ1000

ソニー(SONY) 超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター VPL-VZ1000

極上の映像品質が堪能できるハイエンドの超短焦点プロジェクターです。80〜120インチまでの画面サイズに対応しており、100インチの大画面投写がわずか16cmの距離で実現できるのが特徴。壁際に設置できるので生活動線の妨げになりません。

独自のレーザー光源「Z-Phosphor」の採用により、2500lmの高輝度と約20000時間の長時間使用を実現。コントラスト比も極めて高く、4K HDR映像も幅広い階調で細部まで美しく表現できます。また、映画などフレームレートの少ない映像も「モーションフロー」機能によって滑らかに映せるのもポイントです。

気軽には手が出せない価格ですが、自宅で極上のホームシアターを構築したい方におすすめです。