映像を大画面で視聴したいときに活躍するプロジェクター。オフィスで使用されるイメージがあるかも知れませんが、最近では家庭でも活用している方が増えてきています。

そこで今回は、短焦点プロジェクターのおすすめモデルをご紹介。持ち運びに便利なコンパクトタイプもピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

短焦点プロジェクターとは?

By: rakuten.co.jp

短焦点プロジェクターとは一般的なプロジェクターとは異なり、投射画面まで必要な距離(焦点距離)が短くても対応できるモデルです。

例えば、100インチの画面のために焦点距離が3m必要だった場合、短焦点プロジェクターであれば1m台で対応できる場合があります。よって、設置場所や設置環境に対する自由度の高さが短焦点プロジェクターのメリットです。

なお、短焦点プロジェクターは使い勝手がよい分、投射には高い技術が求められるため、総じて高額になります。その点は留意しておきましょう。

短焦点プロジェクターの選び方

用途で選ぶ

By: epson.jp

プロジェクターは短焦点に限らず、ビジネス用途とホームシアター用途の2つのタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。

ビジネス向けには画質を追求するよりも、明るめの場所でもはっきり映る輝度(ルーメン)の高さがポイント。使い勝手を考慮すると、さまざまな出力に対応しているかどうかも重要です。

一方、ホームシアターでの用途では、映像美を意識すると少なくともフルHD(解像度1920×1080)以上は欲しいところ。また、プロジェクターは冷却ファンの騒音が気になることが多いので、静音性の高いモノを選ぶのがおすすめです。

パネルで選ぶ

By: lg.com

プロジェクターは映像を映し出すためのパネルによっても分けられます。主となるのは「液晶」「DLP」「LCOS」の3つです。

「液晶」のメリットは価格帯の安さ。動きの速い映像で残像が出やすいのはデメリットですが、一方で色再現性は良好なのでビジネスユース向けといえます。

「DLP」はマイクロミラー反射型パネル(DMD)に光を当てて反射した映像を投影するタイプ。最近は低価格化が進んでおり、急激に普及しています。残像もなく、コントラストを高くしやすいなど画質も良好。小型の製品が多く、ホームシアターやゲーム用途に向いています。ただし、「レインボーノイズ」と呼ばれる色のにじみが見られる場合があるのがデメリットです。

「LCOS」は前述の「DLP」と同じ反射タイプながら、ミラーではなく液晶を使っているのがポイント。輝度が高く、高画質で視聴できます。ただし、高価かつ本体サイズが大型になりやすいのが弱点。予算との兼ね合いを考慮して選びましょう。

4K対応の有無で選ぶ

フルHDを大幅に上回る高画質を楽しめる4K。画質素材はディスクメディアのUHD BDや各種ネット動画配信などに対応しています。

4K品位を忠実に映すには、解像度(3840×2160)を満たすのが条件。短焦点プロジェクターにも対応機は登場し始めていますが、まだまだ高価なのが現状です。

入力端子で選ぶ

By: amazon.co.jp

外部接続をスムーズに行うには、端子の種類を把握しておくことが重要。USB端子はいくつあるのか、映像機器で頻繁に使うHDMI端子が備わっているのかなどはしっかりチェックしておきましょう。

また、ビジネスシーンではさまざまな端子に対応しているモデルであれば、より使い勝手は良好。Wi-FiやBluetooth、SDカード対応などの有無も併せて確認しておきましょう。

機能で選ぶ

By: lg.com

プロジェクターを選ぶうえでまずチェックしておきたいスペックは、明るさを表す値である輝度(ルーメン)。この数字が大きいほど、明るい投影が可能になります。また、コントラスト比も重要。これは画面のもっとも明るい場所と暗い場所の比率で、この比率が高くなるほど、黒色がしっかりと映し出されます。

なお、短焦点プロジェクターは投射距離を短くするために、設置位置のズレによる図形の歪みが目立ちやすいのは留意すべきポイント。補正機能が搭載されている製品のほうが便利なので、選ぶ際に確認しておきましょう。

超短焦点かどうかで選ぶ

By: lg.com

短焦点プロジェクターのなかでも、さらに焦点距離が短くて済むのが「超短焦点プロジェクター」と呼ばれるモノです。数十cmの距離で80インチといった大画面が投射可能で、100インチでも1m以内で映せる場合もあります。

投射距離が十分に取れない場所では大変便利ですが、技術的に難しいだけあって価格は割高。また、短い距離で映すことに注力しているので、「距離を離して300インチの大画面をカバーしたい」といった用途には向きません。超短焦点プロジェクターをチョイスする場合は、使う用途とその必要性をしっかり考えてから購入に踏み切りましょう。

短焦点プロジェクターのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: rakuten.co.jp

高い技術とノウハウを要する世界的大メーカー。プロジェクターに関してはいち早く4Kに対応し、全体的にサイズや重量よりも画質を重視した大型モデルが多いのも特徴です。

短焦点プロジェクターにおいては、家庭でも使いやすいお手頃価格の製品からコンパクトな超短焦点モデルまで揃っているのもポイントです。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

国内外におけるビジネス向けプロジェクターにおいて、長年シェア1位を獲得しているエプソン。画質はもちろん、プレゼンや会議などビジネス用途で使いやすい機能をしっかり網羅しているのが特徴です。

家庭用にも根強い人気があり、ホームシアターでの用途でも便利な機能がしっかり搭載されています。安定感、信頼性の面でも好印象。トータルバランスの優れた短焦点プロジェクターを求めている方は押さえておくべきメーカーです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

By: amazon.co.jp

短焦点プロジェクターのなかでも超短焦点型を揃えているのが特徴。短焦点型では珍しいバッテリー内蔵の機種もラインナップしています。

小型で軽量なモデルをラインアップしていますが、価格帯は比較的リーズナブル。寝室などの室内はもちろん、テント内などのアウトドアシーンでもプロジェクターを楽しみたい方におすすめのメーカーです。

短焦点プロジェクターのおすすめモデル

ソニー(SONY) 超短焦点ホームプロジェクター VPL-VZ1000

超短焦点で4K画質の投射ができる高性能な短焦点プロジェクターです。スクリーンから16cmの距離で100インチの大画面投射が可能。映画やテレビ番組を高画質で視聴したい方にピッタリです。

また、パネルはLCOSを採用しており、高輝度かつノイズの少ないきれいな画質で投射できます。スクリーンのほぼ真下から映せるので、設置場所を選びません。

スタイリッシュでインテリアに馴染みやすいデザインなのもポイント。高価ですが、まるで劇場で観ているかのような本格的な環境を整えたい方におすすめです。

ソニー(SONY) プロジェクターポータブル LSPX-P1

壁際に設置するだけで22〜80インチまでの大画面投射ができる超短焦点プロジェクター。スクリーンとの距離が近いので、映像に影が映り込みにくいのが特徴です。

付属のワイヤレスユニットにBlu-rayレコーダーを接続すれば、プロジェクターでテレビ番組やBlu-rayディスクから映画鑑賞も可能。専用のアプリをスマホにインストールするだけで、スマホをリモコン代わりで使える操作性のよさも魅力です。

インテリアに溶け込むシンプルなデザインもうれしいポイント。使わないときは壁に時計や天気を表示したり画像をポスターのように映したりして楽しめます。

エプソン(EPSON) ホームプロジェクター dreamio EH-LS500

機能性に優れた家庭用の短焦点プロジェクターです。超短焦点レンズを採用しており、50cmの距離から80インチの大画面投射が可能。液晶パネルを採用し、独自技術で4K相当の高画質を楽しめるのが特徴です。

また、輝度が4000ルーメンと明るく、日中や明るい部屋で視聴できるのも魅力のひとつ。「Android TV」端末を同梱しているので、Wi-Fi環境があれば、HuluやNetflixなどのVODサービスを単体で楽しめます。

超短焦点かつ4K対応モデルとしてはリーズナブルに購入できるので、コストを抑えつつ機能性も妥協したくない方におすすめです。

エプソン(EPSON) プロジェクター EB-535W

ビジネスシーンに適した高性能な短焦点プロジェクターです。わずか83cmの距離から80インチの大画面出力ができる超短焦点モデル。投射面の近くに設置できるので、会議室や学校の教室などで使用したい方におすすめです。

輝度が3400ルーメンと明るいため、明るい部屋でも鮮明に映像を投射可能。HDMI端子・VGA端子・S端子・USB・コンポジットなど豊富な入力端子に対応しているので、幅広い機器と接続できます。

スクール・ビジネスシーンで使える多機能な超短焦点モデルを探している方は、検討してみてください。

エプソン(EPSON) プロジェクター EB-L200SW

満足度の高い短焦点プロジェクター。見た目としてはロングセラーの従来モデル「EB-535W」と似ていますが、光源は水銀ランプ光源からレーザー光源に、輝度は3400ルーメンから3800ルーメンにスペックアップしているのが特徴です。

また、Wi-Fi対応になり、周辺機器との連携がよりスムーズになったのもポイント。一方で、大型ハーフカットレンズの短焦点レンズを採用し、投影距離83cmでワイド80型の大画面に対応する点は共通しています。

特にビジネスシーンや教育現場での使用に適した1台なので、リモート体制を整えるべく、スクリーン映像を活用したいと考えている方はぜひチェックしておきましょう。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) レーザー光源プロジェクター CineBeam HF85LS

ビジネス用・ホーム用どちらでも使える汎用性の高い短焦点プロジェクターです。わずか20cmの距離から120インチの大画面出力ができる超短焦点モデル。プロジェクターとスクリーンの間に障害物が入らず、快適に使えるのも特徴です。

輝度が1500ルーメンで、フルHD解像度の高画質映像も鮮明に投射可能。また、「LG Screen Share機能」により、スマホやパソコンの画面をワイヤレスで表示できるのも魅力です。Bluetoothにも対応しているので、スピーカーやイヤホンで音声を楽しめます。

画面の歪みを低減できる「4コーナー台形補正機能」を搭載しているのもポイント。ホームプロジェクターとして使える超短焦点モデルを探している方におすすめです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 超短焦点4Kレーザープロジェクター CineBeam HU85LS

スタイリッシュなデザインが魅力のハイエンド超短焦点プロジェクターです。わずか9.8cmの距離から100インチの大画面投射ができるほか、壁から18.3cm離せば、120インチの超大画面も投射可能。限られたスペースにも設置でき、映画館のような迫力ある大画面を楽しめます。

4K解像度のDLPパネルを搭載しているのも魅力。輝度2700ルーメン、コントラスト比2000000:1と充実したスペックを備えています。12箇所のエッジの調節もできるので、あらゆる角度から歪みの少ない投射可能です。

Wi-FiによるスマホのキャストやHDMIの有線接続など幅広い接続に対応しているのも利点。単体でNetflixやAmazonプライムビデオなどのVODサービスも視聴できます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 超短焦点 LEDプロジェクター PH450UG

高性能かつコンパクトな超短焦点プロジェクターです。壁からわずか7cmで40インチ、33cmで80インチの大画面投射が可能。1回の充電で最大2.5時間使用できるバッテリーを内蔵しており、コンセントがない場所で使えるのも特徴です。

Bluetoothによる外部スピーカーとの接続やWi-Fi Directによるスマホやタブレットとの接続、PCともワイヤレス接続できるので、複雑な配線が不要。長寿命といわれるLEDライトを採用しているのも魅力です。

3D映像に対応しており、迫力ある映像を大画面で楽しむことが可能。超短焦点プロジェクターとしては比較的リーズナブルに購入できるのもおすすめのポイントです。

パナソニック(Panasonic) DLPプロジェクター インテリアシアター TH-100FP1

スタイリッシュなキューブ調のデザインでインテリアにも馴染みやすい短焦点プロジェクターです。60インチの大画面をわずか17cmの距離から投射できる超短焦点を実現。最大120インチの大画面で映し出せるので、迫力ある映像を楽しみたい方にもおすすめです。

輝度が2700ルーメンと、明るい部屋でも快適に視聴可能。「お部屋ジャンプリンク」に対応した、同じパナソニックのBlu-rayレコーダーと接続すれば、録画番組や映画を楽しめます

ダブルウーハーに加えて、パッシブラジエーターを2基搭載し、迫力ある重低音サウンドを実現。おしゃれかつ高性能な短焦点プロジェクターを探している方は、チェックしてみてください。

ベンキュー(BenQ) DLPプロジェクター TH671ST

大画面でゲームを楽しみたい方におすすめの短焦点プロジェクターです。DMDによる約16.67msのレスポンス速度で、スピード感のあるゲームや映像も低遅延かつ低残像を実現。ゲームだけでなく、スポーツを視聴したい方にもおすすめです。

また、ジャンルに合わせたサウンドモードを搭載しているのも魅力のひとつ。シネマモード・スポーツモード・音楽モード・ゲームモードがあり、映像に適した音声で楽しめます。

1.5mの距離で100インチの大画面出力ができるのもポイント。映像の歪みを調節できる「縦台形補正機能」も備えているので、さまざまな場所から簡単に投射できます。

ベンキュー(BenQ) モバイルプロジェクター GV1

重量わずか708gの軽量設計を実現したコンパクトタイプの短焦点プロジェクターです。家庭・ビジネス両方のシーンで使用できる汎用性の高さが特徴。Bluetoothスピーカーを備えており、映像を投射しないときはスマホから音楽を流して楽しめます。

また、便利な傾斜ヒンジによって、限られたスペースでも最大100インチの大画面投射が可能。簡単にセットアップできるので、機械が苦手な方にもおすすめです。

自動台形補正に対応しているため、あらゆる角度から歪みなく映せるのもポイント。輝度200ルーメン、コントラスト比100000:1とモバイルプロジェクターとしては十分なスペックなので、手軽に持ち運んで使えるモデルを探している方は検討してみてください。

アンカー(ANKER) Nebula Capsule II

多機能かつコンパクトな短焦点プロジェクター。円柱形のスタイリッシュなデザインでインテリアにも馴染みます。また、Bluetoothスピーカーを搭載しており、映像を映さないときはストリーミングサービスなどから音楽を流して楽しめるのも特徴です。

HDMIやUSBの有線接続はもちろん、Wi-FiやBluetooth、Chromecastでのワイヤレス接続に対応しているのも魅力。1回の充電で約2.5時間の連続駆動が可能なので、キャンプなどアウトドアシーンで使いたい方にもおすすめです。

Android TVを搭載しているため、単体でさまざまなVODサービスを楽しめるのもポイント。機能性に優れた高コスパなモデルです。

ビューソニック(ViewSonic) LEDプロジェクター HDR X10-4K

1.77mの距離から100インチの大画面出力が可能な短焦点プロジェクターです。4K出力に対応しており、高画質で映画やドラマを視聴できるのが特徴。また、「Harman Kardon」のスピーカーを搭載しているので、劇場レベルの迫力ある映像とサウンドを楽しめます。

輝度は2400ルーメンでコントラスト比は3000000:1。深みのある黒を表現できるため、暗いシーンが多い映画もきれいに映し出せます。加えて、Wi-FiやBluetooth機能を搭載しているのも魅力。スマホからのミラーリングやBluetoothスピーカーとしても活用できます。

本体サイズは261×166×271mmとやや大きめですが、4Kに対応した本格的な短焦点プロジェクターを探している方におすすめです。

リコー(RICOH) 短焦点プロジェクター PJ WX4241N

スクール・ビジネスシーンに最適な短焦点プロジェクターです。80インチの大画面をわずか80cmの距離から投射可能。教室でも特別な台や天吊りが不要で、設置しやすいのが特徴です。

また、「横台形補正」機能により、あらゆる角度から観やすく投射できるのも魅力のひとつ。3300ルーメンと明るく、壁色補正モードを使うことで黒板などに投射しても観やすく色味を補正します。

排気口もレンズ面に配置されているので、視聴している人に熱風がかからず快適に視聴可能。電子ペンで投影面に文字や図形が書き込める「電子黒板機能」など学習に便利な機能を備えているのもおすすめポイントです。

エイスース(ASUS) 小型ミニプロジェクター ZenBeam S2

コンパクトサイズの短焦点プロジェクター。わずか1mの距離で40インチ、3mの距離で120インチの大画面投射ができます。497gと軽量設計なので、複数の部屋に持ち運んで使いたい方にもおすすめです。

本体に6000mAhのバッテリーを内蔵しており、1回の充電で最大3.5時間の連続駆動が可能。コンセントがない場所でも、長時間のプレゼンや映画鑑賞ができます。スマホやタブレット、PCなどとワイヤレスで簡単に接続できるのもポイント。USB Type-CやHDMIの有線接続にも対応しています。

短焦点プロジェクターとしては比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方もチェックしてみてください。

ポップインアラジン(popIn Aladdin) popIn Aladdin 2 PA20U01DJ

高画質で視聴できるDLPを採用した天吊りタイプの短焦点プロジェクター。家庭用として設計されており、映画やテレビ番組の視聴におすすめです。また、スクリーン不要で、壁にもきれいに投射できます。

無料のオリジナルコンテンツからYouTubeやHulu、NetflixなどのVODサービスまで幅広く搭載しているのも魅力。壁面との距離0.85〜2.09mからおよそ40〜120インチの画面サイズで映像を楽しめます。700ルーメンの明るさに対応し、寝室など暗い空間での視聴にピッタリ。高音質スピーカーも内蔵しているので、迫力ある映像体験を実現します。

部屋を照らすLEDライトとしても使用できるので、多機能なモデルを探している方にもおすすめです。