映像を大画面で視聴したい時に活躍してくれるプロジェクター。オフィスでの使用をイメージされる方も多いかと思いますが、最近は家庭でも活用している方が増えてきています。ある程度の投影スペースを確保できないと十分に楽しめないのが注意すべきポイントですが、短焦点プロジェクターであれば至近距離からでも投射が可能。住居空間での使用でもしっかり対応できるのがメリットです。

そこで今回は短焦点プロジェクターのおすすめモデルをご紹介。持ち運びに便利なコンパクトタイプもピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

短焦点プロジェクターとは?

By: amazon.co.jp

単焦点プロジェクターとは一般的なプロジェクターとは異なり、投射画面まで必要な距離(焦点距離)が短くても対応できるモデルです。

例えば、100インチの画面のために焦点距離が3m必要だった場合、単焦点プロジェクターであれば1m台で対応できる場合があります。よって、設置場所や設置環境に対する自由度の高さが単焦点プロジェクターのメリットです。

なお、単焦点プロジェクターは使い勝手がよい分、投射には高い技術が求められるため、製品は総じて高額になります。その点は留意しておきましょう。

短焦点プロジェクターの選び方

用途で選ぶ

By: sony.jp

プロジェクターは短焦点に限らず、ビジネス用途とホームシアター用途の2つのタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。

ビジネス向けには画質を追求するよりも、明るめの場所でもはっきり映る輝度(ルーメン)の高さがポイント。使い勝手を考慮するとさまざまな出力に対応しているかどうかも重要です。

一方、ホームシアターでの用途では、映像美を意識すると少なくともフルHD(解像度1920×1080)以上は欲しいところ。また、プロジェクターは冷却ファンの騒音が気になることが多いので、静音性の高いモノを選ぶのがおすすめです。

パネルで選ぶ

By: sony.jp

プロジェクターは映像を映し出すためのパネルによっても分けられます。主となるのは「液晶」「DLP」「LCOS」の3つです。

「液晶」のメリットは価格帯の安さ。動きの速い映像で残像が出やすいのはデメリットですが、一方で色再現性は良好なのでビジネスユース向けと言えます。

「DLP」はマイクロミラー反射型パネル(DMD)に光を当てて反射した映像を投影するタイプ。最近は低価格化が進んでいるので、急激に普及しています。残像もなく、コントラストを高くしやすいなど画質も良好。小型の製品が多く、ホームシアターやゲーム用途に向いています。ただ、「レインボーノイズ」と呼ばれる色のにじみが見られる場合があるので、そこは懸念材料となります。

「LCOS」は前述の「DLP」と同じ反射タイプながら、ミラーではなく液晶を使っているのがポイント。輝度が高く、高画質で視聴することができます。ただ、高価かつ本体サイズが大型になりやすいのが弱点。同パネルは予算との兼ね合いを考慮して選ぶようにしましょう。

4K対応の有無で選ぶ

By: epson.jp

フルHDを大幅に上回る高画質を楽しめる4K。画質素材はディスクメディアのUHD BDや各種ネット動画配信などが対応しています。

4K品位を忠実に映すには解像度3840×2160を満たすのが条件。単焦点プロジェクターにも対応機は登場し始めていますが、まだまだ高価なのが現状です。

入力端子で選ぶ

外部接続をスムーズに行うには端子の種類を把握しておくことが重要。USB端子はいくつあるのか、映像機器で頻繁に使うHDMI端子が備わっているのかなどはしっかりチェックしておきましょう。

また、ビジネスシーンではさまざまな端子に対応しているモデルであれば、より使い勝手は良好。Wi-FiやBluetooth、SDカード対応などの有無も併せて確認しておきましょう。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

プロジェクターを選ぶ上でまずチェックしておきたいスペックは、明るさを表す値である輝度(ルーメン)。この数字が大きいほど明るい投影が可能になります。また、コントラスト比も重要。これは画面のもっとも明るい場所と暗い場所を比率で、この比率が高くなるほど、黒色がしっかりと映し出されます。

なお、短焦点プロジェクターは投射距離を短くするために、設置位置のズレによる図形の歪みが目立ちやすいのは留意すべきポイント。補正機能が搭載されている製品のほうが便利なので、選ぶ際に確認しておきましょう。

超短焦点かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

短焦点プロジェクターのなかでも、さらに焦点距離が短くて済むのが「超短焦点プロジェクター」と呼ばれるモノです。数十cmの距離で80インチといった大画面が投射可能で、100インチでも1m以内で映せる場合もあります。

投射距離が十分に取れない場所では大変便利ですが、技術的に難しいだけ価格は割高。また、短い距離で映すことに注力しているので、「距離を離して300インチの大画面をカバーしたい」といった用途には向きません。超短焦点プロジェクターをチョイスする場合は、使う用途とその必要性をしっかり考えてから購入に踏み切りましょう。

短焦点プロジェクターのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

高い技術とノウハウを要する世界的大メーカー。プロジェクターに関してはいち早く4Kに対応し、全体的にサイズや重量よりも画質を重視した大型モデルが多いのも特徴です。

短焦点プロジェクターにおいては家庭でも使いやすいお手頃価格の製品からコンパクトな超単焦点モデルまで揃えているのもポイントです。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

国内外におけるビジネス向けプロジェクターに置いて、長年シェア1位を獲得しているエプソン。画質はもちろん、プレゼンや会議などビジネス用途で使いやすい機能をしっかり網羅しているのが特徴です。

家庭用にも根強い人気があり、ホームシアターでの用途でも便利な機能がしっかり搭載されています。安定感、信頼性の面でも好印象。トータルバランスの優れた短焦点プロジェクターを求めている方は押さえておくべきメーカーです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

By: amazon.co.jp

短焦点プロジェクターのなかでも超単焦点型を揃えているのが特徴。短焦点型では珍しいバッテリー内蔵の機種もラインナップしています。

小型で軽量なモデルをラインアップしていますが、比較的に価格帯はリーズナブル。寝室などの室内はもちろん、テント内などのアウトドアシーンでもプロジェクターを楽しみたいにおすすめのメーカーです。

短焦点プロジェクターのおすすめ人気モデル

ソニー(SONY) ポータブルスマートプロジェクター G1109

パネルに液晶ディスプレイデバイス「SXRD」を用いた短焦点プロジェクター。「ハイ、 エクスペリア」と呼びかけることで音声認識を開始し、天気予報や今日の予定などの情報検索ができます。Android OSが搭載されており、Google Playのアプリケーションを楽しめるモデルです。

画素数は1366×768、輝度は100ルーメンで、23インチ〜最大80インチまでの投影が可能。ボタンを極力少なくすることで幅6.9cmというコンパクトサイズにまとまっており、さまざまな生活シーンに溶け込むシンプルなデザインとなっています。バッテリー内蔵型で連続使用時間は約1時間。家の中で持ち運んで楽しめるアイテムです。

ソニー(SONY) プロジェクター ポータブル LSPX-P1

メーカーが独自に開発した超短焦点レンズや光化学モジュールにより、壁から約28cm離すだけで最大80インチの大きさで投影できる超短焦点型のプロジェクター。片手で簡単に持ち運べる本体幅約8cmの小型サイズに、約2時間使用が可能なバッテリーとスピーカーを内蔵しているのが特徴です。

LCOSパネルの「SXRD」を採用しており、画素数は1366×768。輝度100ルーメンと高画質で、オートフォーカス機能も搭載しています。壁に時計を投影することも可能なので、さまざまな用途で用いられる万能型のアイテムです。

エプソン(EPSON) プロジェクター EB-S05

輝度3200ルーメンと明るく、コントラスト比15,000:1の短焦点プロジェクター。パネルには液晶(透過型3LCD)を採用しており、照明を消したりブラインドを閉めたりしなくても、投写画面がはっきり見えます。

サイズは幅302×高さ77×奥行234mmで、重さは2.4kg。使用したい場所まで簡単に運ぶことが可能なほか、置き場所にも困らず、会議やプレゼンなどのビジネスシーンで大いに役立つアイテムです。

エプソン(EPSON) プロジェクター EB-435

By: epson.co.uk

透過型3LCDの液晶を採用しており、0.8mで80インチを投写可能な超短焦点レンズが搭載されているWXGAモデルのプロジェクター。机の端におけるので、スペースの有効活用が可能。幅345x高さ105x奥行277mmの据え置きタイプです。

16Wスピーカー内蔵で外部スピーカーの接続が必要なく、部屋の隅々まで音が届きます。輝度は3000ルーメン、画素数1280×800なので、明るい部屋でも問題なく投影が可能です。

エプソン(EPSON) プロジェクター EB-1780W

サイズは幅292×高さ44×奥行213mmとA4サイズで、重さ約1.8kgと持ち運びに便利な薄型の短焦点プロジェクター。ノートパソコンや資料と一緒にバッグに入れて持ち運べるので、外出先のプレゼンや研修などのビジネスシーンで使いやすいモデルです。

自動タテ補正機能が搭載されており、縦方向の画面の歪みを自動的に補正可能。輝度も3000ルーメンと高く、明るい映像を投影できます。スムーズに使えるおすすめの製品です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) レーザープロジェクター HF85JG

パネルはDLP方式で、約2万時間の長寿命と画質を両立したレーザー光源の超短焦点フルHDモデルのプロジェクター。8cmで90インチ、12cmで100インチ、20cmで120インチの投影が可能です。サイズが幅131×高さ309×奥行129mmと持ち運びに適します。

輝度は1000ルーメンで、画素数は1920×1080。フルHD(1920×1080)の高精細映像に対応しており、大迫力の映像が楽しめます。投影する壁と平行に置かなくても画面の歪なく投影可能な台形補正機能を搭載していることもポイントです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) プロジェクター PF1000UG

パネルにDLPを採用し、投影面からわずか38cmで100インチの大画面での投影が可能な超短焦点型のプロジェクター。輝度1000ルーメン、画素数1920×1080でフルHDにも対応しており、臨場感と迫力のある映像が楽しめます。

スマホやタブレット、PCに無線で簡単に接続でき、Bluetoothで外部スピーカーに繋げるのでワイヤレスでの使用が可能。幅131×高さ309×奥行129mmとコンパクトサイズで、壁への投影はもちろん、天井に映して寝転がりながら映画などを楽しむこともできます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) LEDプロジェクター PH450UG

投影面からわずか33cmで80インチの投影が可能な超短焦点プロジェクター。サイズは幅132×高さ85×奥行200mmと手のひらよりも少し大きいぐらいのサイズ感で、重さは1.1kg。簡単に持ち運びが可能なモデルです。

輝度は450ルーメン、画素数は1280×720。バッテリー内蔵型になっており、1回の充電で約2.5時間稼働するのもポイント。Wi-Fiで機器と接続するので、ワイヤレスでいつでもどこでも使用可能です。

ベンキュー(BenQ) DLPプロジェクター TH671ST

わずか1.5mの短距離で約100型の大画面投影が可能な短焦点モデルのプロジェクター。スペースを取らず、さまざまな映像をフルハイビジョンで楽しめます。輝度が3000ルーメンと高いため、明るい室内照明でもハッキリと投影可能です。

低遅延で、残像の少ない映像を写せるので、スポーツなどの激しい動きにも対応。また、パワフルな低音と歯切れの良いサウンドを提供するMaxxAudioサウンドエンハンス技術を採用しており、臨場感のある音も楽しめます。

ベンキュー(BenQ) プロジェクター MW632ST

わずか1mの投影距離で、64型(16:10)の大画面視聴が可能な短焦点プロジェクター。3200ルーメンの高輝度と13000:1の高コントラスト比で、広い会議室や蛍光灯をつけている明るい部屋の中でも明るくメリハリのある画像を映し出せるのが特徴です。

HDMI端子を2つ搭載しており、さまざまなAV機器と接続できます。転送時のデジタルデータの劣化が少なく、忠実な投影が可能。ランプセーブモードを活用すれば、ランプの寿命を最大約1万時間まで延ばせるので、長く使えるのもポイントです。

ベンキュー(BenQ) プロジェクター MW826ST

チリやホコリの侵入を防ぐカラーホイールセンサー搭載で、不具合が起こりにくいことが魅力的な短焦点プロジェクター。わずか1mで約95型の投写が可能。3400ルーメンと高輝度なので、ビジネスシーンでの活用におすすめのアイテムです。

サイズは幅237×高さ116×奥行296mm‎、重さは約2.6kg。パネルはDLP‎‎を採用しており、‎コントラスト比は20000:1と高く、‎テキストや数値、表といった投写もクリア。反射型マイクロミラーを完全にオフに切替えることで、しっかりした黒色を映し出せるのも特徴です。

ELEPHAS LEDプロジェクター CL760

輝度3300ルーメンのLEDランプを採用し、明るい部屋でも投影可能な短焦点プロジェクター。起動が早く、電源を押すと数秒で映像が投影されます。

解像度1280×800で1080PフルHDにも対応。HDMI・VGA・SD・USB・AVなどの多種多様の入力端子を搭載しており、さまざまなAV機器と接続することが可能です。

TAXAN データプロジェクター KG-PS303WX

1.24mの距離で80インチの大画面投映が可能な短焦点プロジェクター。輝度は3000ルーメンあり、小スペースや小会議室などでの狭い場所であっても使い勝手がよいのが特徴です。

サイズは幅261×高さ78×奥行190mm、重さ1.9kgのモバイルタイプなので、簡単に持ち運びが可能。電源ボタンを押してからわずか15秒で映像を投影でき、外出先でプレゼンをする際におすすめのアイテムです。

SK Telecom 超小型レーザープロジェクター LB-UH6CB

各辺55mmと立方体の形をしている短焦点プロジェクター。小型ながらも推奨画面サイズは最大で100インチで、かなり大型の画面まで映し出せます。フォーカス調整も不要です。

入力インターフェースはHDMIやMiracast、AirPlayに対応しています。AirPlayを使えばiPhoneやiMacとコードレスで接続し、投影することが可能。さまざまなシーンでオールマイティーに活躍できる実用性の高いアイテムです。

エイサー(Acer) プロジェクター H6517ST

サイズは幅314x高さ93×奥行223mm、重さ2.4kg。わずか1.1mの距離で100インチ投映が可能な短焦点プロジェクターです。天井にプロジェクター本体を上下反転させて取り付ける際、投映映像も自動的に反転する自動上下反転機能を搭載しています。

フルHD対応のモデルで、迫力ある映像が楽しめるのもポイント。3000ルーメンと高輝度なので、明るい室内でも見やすい映像を投映可能です。

QKK 小型プロジェクター

1万円以下で購入できるリーズナブルな短焦点プロジェクター。輝度は2200ルーメンで、1080PフルHDに対応。LEDランプの動作寿命が5万時間と長く、25年以上使えるのも特徴です。

入力インターフェースはAV、USB、microSD、VGA、HDMIと多く、スマホやタブレット、ゲーム機など幅広く対応。「とりあえず短焦点プロジェクターを使ってみたい」というユーザーやコスパ優先で製品を選びたい方におすすめです。

オプトマ(Optoma) DLPプロジェクター EH320UST

投影面から31cmという短い距離で、100インチもの大画面を投影可能な天吊設置式の超短焦点プロジェクター。輝度は4000ルーメンと高輝度でフルHDにも対応。ホームシアターにもビジネスにも使えるアイテムです。

エコプラスモードを活用すれば、ランプの寿命は6500時間まで対応。万が一交換する場合でも、天吊設置のまま交換することが可能なので、簡単にメンテナンスできるのもポイントです。