「AIアシスタント」と呼ばれる対話型の音声サービスに対応し、音声操作でさまざまな指示が出せると話題の「スマートスピーカー」。既にアメリカでは大人気ですが、日本でもAmazon・Google・LINEといった大手企業から製品が続々とリリースされ、人気を集めています。

ネットワークを構築すれば話しかけるだけで音楽鑑賞やインターネット検索、対応家電の操作、買い物などを簡単にできるのが特徴です。そこで今回はスマートスピーカーのおすすめ人気モデルをご紹介。気になっている方は、ぜひチェックしておきましょう。

スマートスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

スマートスピーカーとは、音声操作ができる「AIアシスタント」を搭載したスピーカーの総称で、AIスピーカーとも呼ばれます。Wi-FiやBluetoothといった無線通信接続も可能。

これまで手動で行っていた家電・ガジェット関係の機能を「音声のみ」で操作できるのが最大の特徴です。

スマートスピーカーでできること

対話形式での音声アシスタントが可能

By: rakuten.co.jp

音声アシスタント機能は、インターネット検索・対応家電の操作・メモ・スケジュール管理などができます。「今日の天気は?」「今日のニュースは?」などと質問すると、音声で回答してくれるほか、「音量を上げて」「照明を暗くして」といった指示にも対応可能。

スマートスピーカーは音声アシスタント機能に加えて、ユーザーの好みを学習し自分だけの1台へと変化していくのが魅力です。

音楽再生やさまざまな便利機能が使える

By: line.me

スピーカーと称しているように、ネット接続・音声操作を活かして音楽再生機としても活躍します。例えば、「クラシック音楽を流して」と声をかければ、登録している音楽配信サービスから適したプレイリストを探して再生できるほか、ユーザーの好みに応じた再生も可能です。

また、スマートスピーカーはスマホアプリと同様、企業や個人がアプリを開発できるプラットフォームを備えています。最近では、電車の遅延情報や天気予報などのアプリが増えており、より便利に使えるのも魅力のひとつです。

スマートスピーカーの選び方

メーカーで選ぶ

By: amazon.co.jp

Amazon、Google、LINEをはじめ、最近ではソニー、JBL、オンキヨーなど他メーカーからも続々とスマートスピーカーが販売されています。音声操作ができるという基本的な性能は同じですが、搭載しているAIの種類によって対応できるサービスなどが変わってくるので注意しましょう。

現在、基本となるAIアシスタント機能のプラットフォームを提供するのは、Amazon・Google・LINEの3社。それぞれが提供するオリジナルコンテンツとの連携も踏まえ、どのAIが自分にとって使いやすいかを確認することが重要です。

その上で各メーカーの特色を見て、最もライフスタイルに合うスマートスピーカーはどれかを検討しましょう。

基本機能をチェック

ストリーミングサービスの種類

音楽重視であれば、ストリーミングサービスの種類は外せないポイント。

「Googleアシスタント」はSpotify、Google Play Music、auうたパス、「Amazon Alexa」はAmazon Prime Music、Amazon Music Unlimited、「LINE Clova」はLINE Musicとそれぞれ利用できるストリーミングサービスが違います。

価格や収録されている楽曲数にも差があるので、利用したいストリーミングサービスがある場合は、それに対応しているスマートスピーカーを選びましょう。

音声認識機能の高さ

By: sony.jp

スマートスピーカーは、音声で操作するのが基本。そのため、音声認識能力が高く、読み上げの音声もできるだけ自然な方がストレスなく使用できます。

音声認識能力の高さでは「Googleアシスタント」と「Amazon Alexa」がおすすめ。特にGoogleアシスタントは、日本語の音声認識能力に優れています。一方、読み上げ音声のスムーズさでは「LINE Clova」がおすすめです。

各スマートスピーカーの特徴を比較

グーグル(Google)

By: rakuten.co.jp

「Google Chrome」でおなじみのGoogleからは「Google Home」「Google Home Mini」という2種類のスマートスピーカーが販売されています。Googleアシスタントを搭載しており、Google Play MusicとSpotifyのストリーミングサービスに対応しているのが特徴。

さまざまなGoogleサービスと連携しており、Google検索やマップ、カレンダーなどを音声で操作できるため、普段からGoogleサービスを多用している方におすすめです。

また、Googleのスマートスピーカーは他メーカーに比べて音声認識能力が高いのが特徴。スケジュール管理をする際も、人の声を判別できるため家族での使用に適しています。さらに、音楽の好みを学習してプレイリストを作成してくれるなど、自分仕様に変化してくれるのも魅力です。

ライン(LINE)

By: line.me

LINEが販売しているスマートスピーカーは「LINE Clova WAVE」「LINE Clova Friends」の2種類。搭載しているAIは「Clova」で、Wi-FiとBluetoothを搭載しており、LINE MUSICに対応しているのもポイントです。

メッセージアプリLINEを音声で操作できるのが最大の特徴。メッセージの送信、受信メッセージの読み上げはもちろん、LINE Clova Friendsなら通話もできるので、普段からLINEアプリをよく使っている方におすすめです。

搭載された赤外線通信リモコン機能を使えば、音声だけで対応家電の操作が可能。童話の読み聞かせなど他メーカーにはないユニークな機能もあり、幅広い世代が楽しんで使えるスマートスピーカーです。

ソニー(SONY)

By: sony.jp

ソニーが販売しているスマートスピーカーは、Wi-FiとBluetoothに対応した「LS-S50G」です。搭載しているAIは 「Googleアシスタント」で、Google Play MusicとSpotifyに対応しています。

ソニーならではの「対向配置2wayスピーカーシステム」を搭載し、360°部屋のどこにいても高音質でコンテンツを楽しむことが可能。ジェスチャーコントロール機能により、音楽の再生や音量の調節などを本体上部に手をかざすだけで行えるのも魅力です。

オンキヨー(Onkyo)

By: amazon.co.jp

オンキヨーが販売しているスマートスピーカーは「G3」と「P3」の2種類。G3に搭載しているAIは 「Googleアシスタント」です。Google Play MusicとSpotifyのストリーミングサービスに対応しています。P3に搭載しているAIは「Amazon Alexa」で、ストリーミングサービスはG3と同じなのがポイント。どちらもWi-FiとBluetoothに対応しています。

音響機器メーカー、オンキヨーのスマートスピーカーは音質が魅力。小型ながら大型スピーカー並みのクリアで豊かな音を楽しめます。

DTS Play-Fi機能によって、対応するオーディオ機器へハイレゾ音源を伝送させることも可能。Amazonのサービスを楽しみつつ高音質にもこだわりたい人には「P3」がおすすめです。

ジェイビーエル(JBL)

By: harman-japan.co.jp

JBLからは「LINK10」「LINK20」という2種類のスマートスピーカーが販売されています。搭載しているAIは「Googleアシスタント」、ストリーミングサービスはGoogle Play MusicとSpotifyに対応。

バッテリーは、リチウムイオン充電池を搭載しており、約5時間使用できるのが特徴です。また、防水機能も備えているので、キャンプなどアウトドアでの利用にもおすすめ。スピーカーメーカーならではのハイクオリティな音質はもちろん、デザイン性の高さも魅力です。

スマートスピーカーのおすすめ

アマゾン(Amazon) Amazon Echo

本製品は、スマートスピーカーが話題を呼ぶきっかけとなったモデル。搭載されているAI「Alexa」は音声認識の質が高く、問いかけに対して1秒以内に返答するというスピーディーな反応が特徴です。

Amazonの各種サービスやFireTV・Kindleといったデバイスとも連携でき、タクシーを呼ぶ・英語学習をするなどの機能も搭載されています。機能性が高くリーズナブルなスマートスピーカーを探している方におすすめです。

グーグル(Google) Google Home GA3A00538A16

本製品は、音声認識AI「Googleアシスタント」を搭載したスマートスピーカー。Googleが積み上げてきた検索データベースや音声解析の技術が組み込まれた機能性の高さが特徴です。GmailやGoogleカレンダー、Googleマップ、Google Play MusicなどさまざまなGoogleサービスに対応しています。さらに、AndroidやChromeCastとも連携が可能です。

日本語音声認識能力が高く、呼びかけに対する返答もスムーズ。1台で6人まで音声を登録・識別できるのも他のスマートスピーカーにはないメリットです。

グーグル(Google) Google Home Mini GA00210JP

本製品は、「Google Home」をよりコンパクトにしたスマートスピーカーです。幅98×高さ42mmという手のひらサイズで、重さも約170gと軽量。価格は6000円前後とリーズナブルなのも魅力。

スピーカーとマイクのスペックは多少Google Homeに劣りますが、スマートスピーカーとしての機能はほぼ同等。モバイルバッテリーやPCから充電ができるため外出先で使えます。室内だけではなく、外でも使えるスマートスピーカーを探している方におすすめです。

ライン(LINE) Clova WAVE NLS500JP

本製品は、無料メッセージアプリLINEを普段からよく利用している方におすすめです。音声だけでメッセージの送受信ができ、スマホを持たなくてもコミュニケーションが楽しめます。

他メーカーのスマートスピーカーと同様、検索やスケジュール・アラーム管理機能などを搭載。音楽は定額音楽配信サービス「LINE MUSIC」が利用可能です。また、赤外線機能を搭載しており、対応家電を音声操作できるのが特徴。バッテリー内蔵型なので持ち運んでの使用も可能です。

ライン(LINE) Clova Friends Sally NLS110

LINEが開発したAIアシスタント「Clova」を搭載したモデルです。スマートスピーカーとは思えない、LINEキャラクターをモチーフにしたポップなデザインが魅力です。

本製品は、LINEのメッセージだけではなく、通話もできるのが最大の特徴。ポップなデザインはお子さんのいる家族にもおすすめです。

ソニー(SONY) 防水Bluetoothワイヤレススピーカー LF-S50G

Googleアシスタントを搭載したソニーのスマートスピーカー。ソニーならではの高音質設計「対向配置2wayスピーカーシステム」が全方位に良質なサウンドを届けてくれます。水しぶきに強く水拭きも可能な防滴仕様なので、キッチンなど水回りでの使用もおすすめです。

本体上部に手をかざすだけで指示できるジェスチャー機能や、本体の時刻表示など、日常をより快適にしてくれる機能が備わっています。

オンキヨー(Onkyo) スマートスピーカー P3 VC-PX30

他メーカーのものに比べてサイズ感がやや大きいオンキヨーのスマートスピーカー。2基ずつ搭載したウーファーとパッシブラジエーターが、広がりのあるパワフルな音を届けてくれます。音質にこだわりたい方におすすめのモデルです。

DTS Play-Fi機能を搭載しているので、ハイレゾ音源を対応機種に伝送させることが可能。Amazon Alexa対応なので、Amazonのサービスをよく利用している方におすすめのスマートスピーカーです。

ジェイビーエル(JBL) スマートスピーカー LINK20 JBL LINK20

Googleアシスタント搭載のスマートスピーカー。高性能フルレンジスピーカーを2基搭載し、コンパクトながら迫力あるサウンドが楽しめます。

バッテリー内蔵型&ウォータープルーフ仕様なのでアウトドアシーンでの利用にもおすすめ。キッチンや浴室など水しぶきがかかる場所でも安心して使えます。