AIアシスタントによる音声操作で、さまざまな指示が出せると話題の「スマートスピーカー」。日本でもAmazon・Google・LINEといった大手企業から製品が続々と発売され、人気を集めています。

対応する機器やサービスとネットワークを構築すれば話しかけるだけで音楽鑑賞やインターネット検索、対応家電の操作、買い物などを簡単にできるのが特徴です。そこで今回はスマートスピーカーのおすすめ人気モデルをご紹介。気になっている方は、ぜひチェックしておきましょう。

スマートスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

スマートスピーカーはGoogleの「Googleアシスタント」やAmazonの「Alexa」といった音声を認識可能な人工知能を搭載しているスピーカー。話しかけるだけの簡単操作で、音楽鑑賞はもちろん天気・ニュースの確認や商品の注文、さらには家電のコントロールなどの幅広い機能を利用できます。

スマートスピーカーでできること

対話形式での音声アシスタント

By: amazon.co.jp

音声アシスタント機能は、インターネット検索や対応家電の操作、メモ、スケジュール管理などができます。「今日の天気は?」「今日のニュースは?」などと質問すると、音声で回答するほか、「音量を上げて」「照明を暗くして」といった指示にも対応可能。

スマートスピーカーは音声アシスタント機能に加えて、ユーザーの好みを学習し自分だけの1台へと最適化できるのが魅力です。

音楽再生やさまざまな便利機能が使える

By: amazon.co.jp

スピーカーと称しているように、ネット接続と音声操作を活かして音楽再生機としても活躍します。例えば、「クラシック音楽を流して」と話しかければ、登録している音楽配信サービスから適したプレイリストを探して再生できるほか、ユーザーの好みに応じた再生も可能です。

また、スマートスピーカーはスマホのアプリと同様、企業や個人がアプリを開発できるプラットフォームを備えています。最近では、電車の遅延情報や天気予報などのアプリが増えており、より便利に使えるのも魅力のひとつです。

IoT家電の操作

By: amazon.co.jp

「IoT」とはInternet of Thingsの略で、インターネット機能を持ったモノのこと。IoTに対応したスマートスピーカーならば、インターネットを通じて、同じくIoTに対応した家電を音声でコントロールすることが可能です。リモコンを使わずにテレビのチャンネルや音量を変えたり、手が塞がっていても声だけで照明を付けられたりと、利便性がよりいっそう向上します。

ニュースや記事の読み上げ

By: amazon.co.jp

スマートスピーカーは、ポッドキャストなどで配信されているニュースの再生はもちろん、一部の機種ではWebニュースの記事を音声合成によって読み上げる機能が搭載されているのも魅力です。家事や身支度をこなしながらでもハンズフリーで情報にアクセスできるため、忙しい朝に重宝します。

スマートスピーカーの選び方

搭載しているAIをチェック

Googleアシスタント

By: googleusercontent.com

GoogleアシスタントはGoogleの他サービスとの連携が可能。GoogleカレンダーやGoogleマップを普段から利用している方に適したAIです。検索機能は通常のパソコンと同等で、情報の精度も良好。また、音声認識の性能が高く、家族それぞれの声を聞き分けて返答します。1台のスマートスピーカーを家族で共有したい場合におすすめです。

Alexa

By: amazon.co.jp

Alexaは、Amazon Primeとの連携が可能なのがメリット。Amazon Prime会員であれば、Amazon Prime VideoやAmazon Prime Musicの豊富なコンテンツを堪能できます。また、各社から展開されている拡張コンテンツ「スキル」を活用することで、自分好みのカスタマイズが実現するのもポイント。ニュースや料理レシピ、交通情報などを手軽にチェックできます。

Clova

By: line.me

「Clova」はLINE社のスマートスピーカーに搭載されているAIアシスタント。LINEの読み上げや送信に対応しており、ハンズフリーでメッセージのやりとりが可能です。また、童話や昔話を読み上げるユニークな機能を搭載しているので、小さい子供がいる家庭で特に活躍が期待できます。

基本機能をチェック

ストリーミングサービスの種類

By: amazon.co.jp

スマートスピーカーで音楽機能を利用したいのであれば、ストリーミングサービスの種類は外せないポイントです。「Googleアシスタント」はSpotify・Google Play Music・auうたパス、「Amazon Alexa」はAmazon Prime Music・Amazon Music Unlimited、「LINE Clova」はLINE Musicとそれぞれ利用できるストリーミングサービスが違います。

価格や収録されている楽曲数にも差があるので、利用したいストリーミングサービスがある場合は、それに対応したスマートスピーカーを選びましょう。

音声認識機能の高さ

By: amazon.co.jp

スマートスピーカーは、音声で操作するのが基本。そのため、音声認識能力が高く、読み上げの音声もできるだけ自然な方がストレスなく使用できます。

音声認識能力の高さでは「Googleアシスタント」と「Amazon Alexa」がおすすめ。特にGoogleアシスタントは、日本語の音声認識能力に優れています。一方、読み上げ音声のスムーズさで選ぶなら、「LINE Clova」が便利です。

スマートスピーカーのおすすめメーカー

アマゾン(Amazon)

By: amazon.co.jp

Amazonは、1994年に設立された、アメリカ・ワシントン州に拠点を置くテクノロジー企業。AIの開発やクラウドコンピューティングに重点を置いており、ECサイトの運営も行っています。

AmazonのスマートスピーカーはAmazon Prime VideoやAmazon Musicなど、Amazonが提供しているサービスと連動するのが特徴。AIアシスタントのAlexaが搭載されており、スケジュールの管理や音楽の再生などが行えます。

グーグル(Google)

By: google.com

Googleは1998年に設立されたアメリカの企業。インターネット関連のサービスに特化しており、世界規模の検索エンジンやオンライン広告、クラウドコンピューティングなどの事業を展開しています。

GoogleのスマートスピーカーはGoogleアカウントやChromecastなどのサービスと紐づけられるのがポイント。「OK Google」と話しかけるだけで起動するのが特徴で、動画の再生や書籍の読み上げなどが行えます。

ライン(LINE)

By: line.me

LINEは、韓国最大級のインターネットサービス会社「NAVER Corporation」の子会社として設立された日本のインターネット関連企業。企業名と同じコミュニケーションサービスを展開していることで有名です。

LINEのスマートスピーカーは、LINEの送信やLINE Newsの読み上げができるのがポイント。音声認識AIアシスタント「Clova」を搭載しており、「ねぇ、クローバ」と話しかけるだけで、さまざまな機能が活用できます。

また、ミニオンズなどキャラクターモチーフのモデルがラインナップされているのも特徴。子供のいる家庭への導入におすすめです。

スマートスピーカーのおすすめモデル

アマゾン(Amazon) Echo Show 5

5.5インチのスクリーンを搭載したスマートスピーカー。スクリーン上に映し出された天気の情報を確認したり歌詞を見たりと、さまざまな情報が一目で視認できるのが特徴です。また、ディスプレイ上に時計を表示させることもできます。

Alexaを活用することで、手軽にビデオ通話などが楽しめるのもポイント。声で操作するので、手が塞がっていても音楽やラジオなどが楽しめます。また、音声をクラウドに送信しないようにできるなど、プライバシー面も良好です。

本体サイズが幅148×奥行73×高さ86mmとコンパクトで、あらゆる場所へ邪魔にならず設置できるのも魅力。Wi-Fi簡単設定に対応している機種なので、初めてスマートスピーカーを購入する方にもおすすめのアイテムです。

アマゾン(Amazon) Echo Studio

曲名やアーティスト名、ジャンルを話しかけることで音楽を再生するスマートスピーカー。内蔵された5つのスピーカーが部屋を覆い尽くすように音を発信するので、没入感のあるサウンドが楽しめます。

Apple MusicやSpotifyなど、さまざまなストリーミングサービスに対応しているのが魅力。Amazon Music HDに登録することで、よりビットレートの高い音楽を楽しめます。スマートスピーカーを通して質のよい音楽を楽しみたい方におすすめです。

明かりをつけたり扇風機をつけたりと、互換性のあるスマート家電を音声で操作できるのもポイント。Alexa対応赤外線コントローラーと組み合わせることで、既存の赤外線リモコン家電も音声操作が可能です。

アマゾン(Amazon) Echo Dot with clock

LEDディスプレイを搭載し、時刻や外気温、タイマーが表示できるスマートスピーカー。昼夜問わず必要な情報が一目で視認できるのが特徴です。

本体サイズが幅99×奥行99×高さ43mmとコンパクトで、台所や寝室など、あらゆる場所に設置できるのがポイント。部屋の明るさに応じてディスプレイ輝度を自動調節する光センサーを内蔵しているので、就寝時の使用にもおすすめです。

アナウンス機能を使うことで、AlexaアプリやEchoデバイスとの連動が可能。内線のような使い方もできます。また、マイクやカメラの制御ができたり音声録音の管理ができたりと、プライバシー面にも優れているアイテムです。

グーグル(Google) Nest Mini

ユーザーごとの声を識別する「Voice Match」を搭載しているスマートスピーカー。ユーザーごとに情報がカスタマイズでき、話し手に応じた情報を提供します。家族で使用するのにおすすめの製品です。

食材のカロリーなど日常生活に関わることや月までの距離といった雑学的なモノまで、気になったことがあれば話しかけるだけで調べられます。また、翻訳機能が備わっているので、話しかけた言葉を対応言語に変換できるのも魅力です。

Bluetoothを介してスマートフォンと連動させることで、スマートフォン内の音楽を再生できるのもポイント。Chromecast接続のテレビをつけたり明かりを消したりと、家電や照明の操作も行えます。

グーグル(Google) Nest Hub

テレビやエアコンなどのさまざまな対応デバイスをダッシュボードでコントロールできるスマートスピーカー。話しかけるだけで温度や音量などの調節が行えます。また、照明の操作も行えるので、寝室での利用にもおすすめです。

SpotifyやYouTubeなどのサービスも視聴できます。また、Netflixも利用できるため、TVドラマや映画を楽しむことも可能です。

Voice Match機能を活用すれば、「OK Google、おはよう」と声をかけるだけで、その日に必要な情報が確認できます。また、1日の終わりに「OK Google、おやすみ」と声をかければアラームの設定や消灯が自動的に行われます。スケジュールの管理が簡単にできるスマートスピーカーを探している方におすすめです。

ライン(LINE) Clova Friends Sally NLS110JP

本体サイズ72×72×166mm、重量378gとコンパクトなので、場所を気にせず設置できるスマートスピーカー。バッテリーを内蔵しており、家の中での持ち運びはもちろん、アウトドアシーンへの携行もおすすめです。

話しかけるだけで、LINE MUSICの操作が行えます。曲の停止や早送り、巻き戻しなどの基本的なことはもちろん、曲名の検索やおすすめの曲の再生など、AIを駆使した動作も可能。LINE MUSIC以外に家電の操作なども行えます。

LINEと連動させることで、メッセージの送受信や読み上げなどができるのもポイント。無料電話なども話しかけるだけで行えます。LINEキャラクターをモチーフとしたポップな見た目が特徴で、子供のいる家庭にもおすすめのアイテムです。

ボーズ(Bose) Home Speaker 500

GoogleアシスタントとAmazon Alexaを搭載しているスマートスピーカー。GoogleとAmazon両方のサービスと連動するので、幅広い使い方ができます。マイクは8つ搭載されており、周囲が騒がしくても声を認識するのが魅力です。

SpotifyやAmazon Music、Apple Musicなど、さまざまな音楽配信サービスに対応しています。また、Bose Musicアプリを使用すれば、スマートフォンから検索などを行えます。さらに、製品本体からも感覚的な操作が可能です。

本体サイズは170×203×109mm。シームレスなアルミボディで、デザイン性にも優れています。スマートスピーカーを通して、さまざまな音楽を楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ボーズ(Bose) Portable Smart Speaker

1回の充電で、最大12時間使用できるスマートスピーカー。家の中で持ち運べるのはもちろん、アウトドアへの携行にもおすすめです。高い耐久性や防滴性を持っているので、水辺でも使用できます。

Wi-Fiを使用することで、音声コントロールやインターネットからのストリーミングなどを行うことが可能。Bluetooth接続で、スマートフォンやタブレットに保存された音楽コンテンツが再生できます。

優れた集音性を誇り、音楽を再生していても声を認識するのがポイント。話しかけるだけでメッセージの送信やタイマーの設定などが行えます。家の中でも外でも音楽を楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ソニー(SONY) ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB402G

Googleアシスタントを搭載しているスマートスピーカー。Chromecastをはじめとした、Googleが提供しているサービスと紐づけられるのが特徴です。話しかけるだけでGoogleカレンダーに登録した予定が確認できます。

口径約53mmのフルレンジスピーカーユニットが2基搭載されているので、迫力のある重低音で音楽を楽しむことが可能。また、ライブ会場のような音の広がりが魅力のモードが備わっています。スマートフォンに保存した音楽やストリーミングなどの再生が行えるのもポイント。

防水・防塵仕様なので、お風呂やキッチンなどの水場で使用できるのも魅力。また、サビにも強いため、アウトドアシーンでも活躍します。さまざまな場所での使用におすすめのアイテムです。

オンキヨー(ONKYO) Smart Speaker G3 VC-GX30

Googleアシスタントを搭載しているスマートスピーカー。「OK Google」と話しかけるだけで、テレビやエアコンなど、さまざまな機器をコントロールできます。

オンキヨーのノウハウが活かされているのが魅力です。エンクロージャー内にロングストロークドライバーとソフトドーム型ツィーターを用い、音質を向上。また、木製の本体内の共振をマッピングし、エンクロージャーのバランスを決めることで微調整を行い、クリアな音質を実現しました。

Google Play MusicやSpotifyなど、あらゆる音楽配信サービスからストリーミング再生が行えます。また、オンキヨー独自のスイッチングアンプシステムが発熱を低減しているのもポイント。利便性と耐久性を兼ね備えるアイテムです。

スマートスピーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スマートスピーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。