AIアシスタントによる音声操作で、さまざまな指示が出せると話題の「スマートスピーカー」。日本でもAmazon・Google・LINEといった大手企業から製品が続々と発売され、人気を集めています。

対応する機器やサービスとネットワークを構築すれば話しかけるだけで音楽鑑賞やインターネット検索、対応家電の操作、買い物などを簡単にできるのが特徴です。そこで今回はスマートスピーカーのおすすめ人気モデルをご紹介。気になっている方は、ぜひチェックしておきましょう。

スマートスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

スマートスピーカーはGoogleの「Googleアシスタント」やAmazonの「Alexa」といった音声を認識可能な人工知能を搭載しているスピーカー。話しかけるだけの簡単操作で、音楽鑑賞はもちろん天気・ニュースの確認や商品の注文、さらには家電のコントロールなどの幅広い機能を利用できます。

スマートスピーカーでできること

対話形式での音声アシスタント

By: amazon.co.jp

音声アシスタント機能は、インターネット検索や対応家電の操作、メモ、スケジュール管理などができます。「今日の天気は?」「今日のニュースは?」などと質問すると、音声で回答するほか、「音量を上げて」「照明を暗くして」といった指示にも対応可能。

スマートスピーカーは音声アシスタント機能に加えて、ユーザーの好みを学習し自分だけの1台へと最適化させられるのが魅力です。

音楽再生やさまざまな便利機能が使える

By: amazon.co.jp

スピーカーと称しているように、ネット接続と音声操作を活かして音楽再生機としても活躍します。例えば、「クラシック音楽を流して」と話しかければ、登録している音楽配信サービスから適したプレイリストを探して再生できるほか、ユーザーの好みに応じた再生も可能です。

また、スマートスピーカーはスマホのアプリと同様、企業や個人がアプリを開発できるプラットフォームを備えています。最近では、電車の遅延情報や天気予報などのアプリが増えており、より便利に使えるのも魅力のひとつです。

IoT家電の操作

By: amazon.co.jp

「IoT」とはInternet of Thingsの略で、インターネット機能を持ったモノのこと。IoTに対応したスマートスピーカーならば、インターネットを通じて、同じくIoTに対応した家電を音声でコントロールすることが可能です。リモコンを使わずにテレビのチャンネルや音量を変えたり、手がふさがっていても声だけで照明を付けられたりと、利便性がよりいっそう向上します。

ニュースや記事の読み上げ

By: amazon.co.jp

スマートスピーカーは、ポッドキャストなどで配信されているニュースの再生はもちろん、一部の機種ではWebニュースの記事を音声合成によって読み上げる機能が搭載されているのも魅力です。家事や身支度をこなしながらでもハンズフリーで情報にアクセスできるため、忙しい朝に重宝します。

スマートスピーカーの選び方

搭載しているAIをチェック

Googleアシスタント

By: books.rakuten.co.jp

GoogleアシスタントはGoogleの他サービスとの連携が可能。GoogleカレンダーやGoogleマップを普段から利用している方に適したAIです。検索機能は通常のパソコンと同等で、情報の精度も良好。また、音声認識の性能が高く、家族それぞれの声を聞き分けて返答します。1台のスマートスピーカーを家族で共有したい場合におすすめです。

Alexa

By: amazon.co.jp

Alexaは、Amazon Primeとの連携が可能なのがメリット。Amazon Prime会員であれば、Amazon Prime VideoやAmazon Prime Musicの豊富なコンテンツを堪能できます。また、各社から展開されている拡張コンテンツ「スキル」を活用することで、自分好みのカスタマイズが実現するのもポイント。ニュースや料理レシピ、交通情報などを手軽にチェックできます。

Clova

By: clova.line.me

「Clova」はLINE社のスマートスピーカーに搭載されているAIアシスタント。LINEの読み上げや送信に対応しており、ハンズフリーでメッセージのやりとりが可能です。また、童話や昔話を読み上げるユニークな機能を搭載しているので、小さい子供がいるご家庭で特に活躍が期待できます。

基本機能をチェック

ストリーミングサービスの種類

By: amazon.co.jp

スマートスピーカーで音楽機能を利用したいのであれば、ストリーミングサービスの種類は外せないポイントです。「Googleアシスタント」はSpotify・Google Play Music・auうたパス、「Amazon Alexa」はAmazon Prime Music・Amazon Music Unlimited、「LINE Clova」はLINE Musicとそれぞれ利用できるストリーミングサービスが違います。

価格や収録されている楽曲数にも差があるので、利用したいストリーミングサービスがある場合は、それに対応したスマートスピーカーを選びましょう。

音声認識機能の高さ

By: rakuten.co.jp

スマートスピーカーは、音声で操作するのが基本。そのため、音声認識能力が高く、読み上げの音声もできるだけ自然な方がストレスなく使用できます。

音声認識能力の高さでは「Googleアシスタント」と「Amazon Alexa」がおすすめ。特にGoogleアシスタントは、日本語の音声認識能力に優れています。一方、読み上げ音声のスムーズさで選ぶなら、「LINE Clova」が便利です。

スマートスピーカーのおすすめメーカー

アマゾン(Amazon)

By: amazon.co.jp

アメリカ・ワシントンで1994年に設立したAmazonは、世界最大級の通販サイトを運営するWebサービス企業。どこにでも置きやすいコンパクトサイズのモノから大型のタッチスクリーンを搭載したモノまで、幅広いラインナップのスマートスピーカーを取り揃えています。

グーグル(Google)

By: biccamera.com

アメリカ・カリフォルニア州に本拠地を置くテクノロジー企業。さまざまなWeb向けのサービスを提供し、世界中の人々に親しまれています。Googleのスマートスピーカーは音声認識性能の高さがポイント。ストレスフリーな操作感を楽しみたい方におすすめです。

ライン(LINE)

By: biccamera.com

インターネット電話やテキストチャットが可能なSNSサービスを提供するLINE。テキストメッセージの送受信に対応したスマートスピーカーを展開しています。また、一部のモデルはユーモラスなデザインを採用しているため、置いておくだけで目を楽しませてくれるのが魅力です。

スマートスピーカーのおすすめ

アマゾン(Amazon) スマートスピーカー Echo 第3世代

アマゾン(Amazon) スマートスピーカー Echo 第3世代

AIアシスタント「Alexa」を搭載したスマートスピーカー。音声操作による音楽再生をはじめ、Kindle本の読み上げ、情報の検索、ハンズフリー通話、スマート家電の操作といった、便利な機能を備えています。

Amazonの各サービスと連携できるのも魅力。特に音声ショッピング機能の便利さは通販大手ならではの強みです。また、「スキル」と呼ばれるアプリをインストールすることで、タクシーを呼んだり、英語学習をしたり、地域のゴミの日を教えてくれたりと、機能の追加も可能です。

Echoはスピーカーとしての性能も良好。Dolby対応プレミアムスピーカーによって、広がりのあるサウンドが楽しめます。コスパに優れたおすすめのスマートスピーカーです。

アマゾン(Amazon) スマートスピーカー Echo Dot 第3世代

アマゾン(Amazon) スマートスピーカー Echo Dot 第3世代

外形寸法99×99×43mmの小型サイズで、「Amazon Alexa」に対応したスマートスピーカー。コンパクトながら、Amazon Echo第3世代同様の機能を搭載しています。

ステレオミニジャックおよびBluetoothによる音声出力を備えており、外部スピーカーへの接続も可能。小型ボディのため、本体のみでの音楽再生には制約がありますが、音声出力によって補えるのがポイント。また、第2世代ではできなかった、本機を2台使用してのステレオ再生もできます。

価格も比較的リーズナブルなので、スマートスピーカーを安く試してみたい方や2台目、サブ機が欲しい方におすすめです。

アマゾン(Amazon) スマートスピーカー Echo Studio

アマゾン(Amazon) スマートスピーカー Echo Studio

Echoシリーズでは随一の高音質を備えた「Amazon Alexa」搭載スマートスピーカー。5つのスピーカーを内蔵しており、Echoシリーズ初となる立体音響規格「Dolby Atmos」と「Sony 360 Reality Audio」に対応し、音に包まれるような3Dオーディオを体感できるのが魅力です。

内蔵アンプの最大出力も330Wのハイパワー。広めの空間でも余裕のあるサウンドを響かせます。また、Echoシリーズでは唯一、定額音楽配信サービス「Amazon Music HD」によるハイレゾ音源再生に対応。CDを上回る音域や情報量を持ったサウンドを堪能できます。

他社の定額音楽配信サービスや、Bluetooth・アナログ・光デジタルによる音声入力にも対応。幅広い音源をハイクオリティに楽しめるおすすめのスマートスピーカーです。

アマゾン(Amazon) スクリーン付きスマートスピーカー Echo Show 5

アマゾン(Amazon) スクリーン付きスマートスピーカー Echo Show 5

5.5インチのスクリーンを備えたスマートスピーカー。音楽だけでなく、Amazon Prime Videoをはじめとする動画コンテンツも楽しめます。

Echoシリーズのスピーカーと同様に音声操作で時刻やニュース、天気などの確認ができるほか、Alexa対応家電のコントロールも可能。料理のレシピや買い物リスト、カレンダーなどを画面上で確認できるので日常生活に役立ちます。

Alexaアプリか、スクリーン付きのEchoデバイスを持っている家族や友人とビデオ通話が可能。スクリーンにより使い道が広がるスマートスピーカーです。

グーグル(Google) スマートスピーカー Google Home GA3A00538A16

グーグル(Google) スマートスピーカー Google Home GA3A00538A16

Google社自らが開発したスマートスピーカーです。「Googleアシスタント」に対応。Googleが積み上げてきた、膨大な検索データベースや音声解析、ユーザーの趣向解析などの情報や技術を使えることが大きな強みです。

呼びかけに対する認識能力が高く、調べものに対する答えも的確で、会話も比較的自然なメリットがあります。また、学習能力も高度。1台で6人分の音声の登録や識別できるのも特徴。 スマートスピーカーとのスムーズな対話と動作を重視する方におすすめです。

さらに、Android OSやChromeCastとの連携に加え、Gmail・Googleカレンダー・Play Musicなど、多数のGoogle Webサービスを活用できます。NetflixやSpotify、ラジコなどストリーミングサービスとの連携もポイント。今後の連携・提携先の増加も見込め、将来性の高いスマートスピーカーとして要チェックです。

グーグル(Google) Google Home Mini

グーグル(Google) Google Home Mini

「Google Home」同様の機能を備えつつ、サイズは幅98×高さ42mm、重さは約170gと大幅に小型、軽量化したスマートスピーカー。 また、Micro USBから給電できるのが「Google Home」との違いです。

モバイルバッテリーでも動作できるので、外出や旅行先にも持っていけるのがメリット。スマートスピーカーを持ち歩きたい方や、サブ機にも最適です。価格も安いので、スマートスピーカーの入門機としてもおすすめできます。

ライン(LINE) スマートスピーカー Clova WAVE NLS500JPNV

ライン(LINE) スマートスピーカー Clova WAVE NLS500JPNV

「LINE Clova」搭載のスマートスピーカー。LINEメッセージの音声での送受信はもちろん、インターネットでの調べものやスケジュール管理、アラーム機能なども備えています。また、定額音楽配信サービス「LINE MUSIC」が利用可能です。

赤外線リモコンに対応したテレビやエアコンなどの家電を音声で操作可能なのも特徴です。バッテリーは内蔵されているので、好きな場所に設置できます。日本で普及している「LINE」を活かせるスマートスピーカーです。

ライン(LINE) スマートスピーカー Clova Friends Sally NLS110JP

ライン(LINE) スマートスピーカー Clova Friends Sally NLS110JP

LINEキャラクターをモチーフにした「LINE Clova」搭載スマートスピーカー。かわいらしいデザインとポップなカラーリングで子供用にもぴったりです。

くちばしを1度押すと一時停止機能、長押しすると「Clova」に声をかけたときと同じ状態になるなど、感覚的に操作できるのもポイント。スマホを触ることなく、LINEメッセージの送信やLINE無料通話が可能なのも便利です。

また、Bluetoothスピーカーとしても利用可能。軽量でコンパクトなボディにはバッテリーも内蔵しているので、モバイル用のスピーカーとしても活用できます。

アップル(Apple) スマートスピーカー HomePod

アップル(Apple) スマートスピーカー HomePod

Appleが開発したスマートスピーカー。独自のAIアシスタント「Siri」を搭載しており、ニュースや天気予報の確認、アラームのセットなど、さまざまな操作を音声で行えます。6基のマイクによる音声認識能力の高さも魅力です。

また、定額音楽配信サービス「Apple Music」を利用しての音楽の再生が可能。さらに、AppleのAirPlay機能を使って、Wi-Fi接続機器からの音楽をCD同等の高品位で再生できます。

メッシュ生地で覆われた円筒形のデザインがおしゃれ。内部には7基のツイーター、天面にはウーファーを搭載しており、360°方向に迫力のあるサウンドを響かせます。設置場所や室内環境に応じた音質に自動で調節する「空間認識技術」もポイントです。

なお、各種設定にはiPhoneやiPadなどのiOSデバイスが必須。iOSデバイスとの連携性に優れている点からもApple製品のユーザーにおすすめです。

オンキヨー(ONKYO) スマートスピーカー P3 VC-PX30(B)

オンキヨー(ONKYO) スマートスピーカー P3 VC-PX30(B)

「Amazon Alexa」対応スマートスピーカー。国内を代表するオーディオメーカーであるオンキヨーのノウハウを活かした高音質が魅力です。2基ずつ搭載したウーファーとパッシブラジエーターにより、ワイドレンジでパワフルなサウンドを鳴らします。

また、「DTS Play-Fi」機能により、Wi-Fi経由でメディアサーバーやスマホに保存された音源を、対応オーディオ機器への送信が可能です。さらに、スマートスピーカーでは数少ない、ハイレゾ音源再生が楽しめるのも魅力。スマートスピーカーに高音質さを求める方におすすめです。

ソニー(SONY) 防水Bluetoothワイヤレススピーカー LF-S50G

ソニー(SONY) 防水Bluetoothワイヤレススピーカー LF-S50G

「Googleアシスタント」を搭載したスマートスピーカー。世界的なオーディオメーカーであるソニーの技術を活かした高音質さが魅力です。 新開発の「対向配置2ウェイスピーカーシステム」により、音声が全方向に広がる360°サウンドを実現。大出力18Wのアンプと中高域を厚くした音質チューニングもポイントです。

簡単にペアリングができるNFC機能も搭載しているので、Bluetoothスピーカーとしての使い勝手も良好。また、天面に手をかざして動かすだけでさまざまな操作ができるジェスチャー操作もポイントです。本体に時刻を表示可能なのも便利。IPX3相当の生活防水対応なので、キッチンのような水しぶきのかかりやすい場所でも使用できます。

ソノス(Sonos) スマートスピーカー Sonos One ONEG1JP1

ソノス(Sonos) スマートスピーカー Sonos One ONEG1JP1

サウンドにこだわりたい方におすすめのスマートスピーカー。メジャーな定額音楽配信サービスであるSpotify・Amazon Music・Apple Music・YouTube Musicなど、50種類以上のサービスに対応しているのが特徴です。

AIアシスタントは「Amazon Alexa」に対応しており、音声による音楽再生操作が可能。また、複数の定額音楽配信サービスを横断検索できる専用アプリが便利です。

さらに、部屋の音響特性を計測して自動で音質チューニングを行う「Trueplay」も搭載。設置場所に応じて最適なサウンドで音楽が楽しめます。専用スピーカー「Sonos One SL」を追加すると、広がり感と立体感に優れたステレオサウンドで再生可能です。