最新のiPad Proで搭載されたことでも話題のUSB-Cポート。それ以外にもスマートフォンや周辺機器にもUSB-Cが採用されている機種も増えており、徐々に普及しつつあります。

しかし、従来の周辺機器はUSB-Cポートにはそのままでは接続できず、これらの機器を使用するには周辺機器のコネクタに適合するUSB-C変換アダプターが必要です。そこで今回は、USB-C変換アダプターの選び方を踏まえた上で、端子の種類ごとにおすすめのアダプターを紹介します。

USB-C変換アダプターの選び方

規格をチェック

By: amazon.co.jp

USB-C変換アダプターを購入する際は、まず使用したい周辺機器に採用されているコネクタの規格を確認しましょう。周辺機器のコネクタとUSB-C変換アダプターの接続ポートが一致しないと、当然その機器は使用できないので注意が必要です。

例えば、SDカードリーダーやプリンターには従来形状のUSB(USB-A)やmicroUSB。プロジェクターにはHDMI、外付けモニターにはDisplayPortというように、周辺機器に応じて採用されているコネクタの規格は異なります。

また、従来形状のUSBコネクタにも複数の規格に分かれ、コネクタ部分の色が白色のUSB2.0と、青色のUSB3.1 Gen1(USB3.0)とUSB3.1 Gen2が主な分類です。さらに、microUSBコネクタにも複数の規格が存在。

Micro-A、Micro-B、3.0 Micro-Bというように、コネクタ部分の形状が主に3種類に分かれるので注意が必要です。

転送速度をチェック

By: amazon.co.jp

使用する周辺機器の規格で使える転送速度にUSB-C変換アダプターが対応しているかも重要なポイント。どんなに高速な転送速度が使える周辺機器でも、USB-C変換アダプターが下位規格の転送速度にしか対応していないものでは、その周辺機器のパフォーマンスを最大限に発揮できません。

その状態が顕著に現れるのが従来形状のUSBコネクタ(USB-A)を採用する周辺機器です。USBコネクタには最大480Mbpsの転送速度を持つUSB2.0、その約10倍の転送速度となる最大5GbpsのUSB3.1 Gen1(USB3.0)、さらにその2倍となる最大10GbpsのUSB3.1 Gen2の3種類があります。

例えば、USB3.1 Gen1の転送速度に対応するSDカードリーダーをUSB-C変換アダプターを介してパソコンに接続した場合、USB2.0にしか対応していないUSB-C変換アダプターでは本来の転送速度での使用はできず、USB2.0の速度となってしまうため注意が必要です。

正規認証ロゴの有無をチェック

By: amazon.co.jp

USB-C変換アダプターのパッケージには「正規認証品」や「規格認証品」と書かれたロゴが記載されているものも存在します。

これらはUSB規格を定める業界団体であるUSB-IFの認証テストに合格した製品にのみ記載されるものです。正規認証ロゴは主に2種類があり、5Gbpsの転送速度に対応した製品には「SuperSpeed USB」、10Gbpsに対応したものには「SuperSpeed+ USB」のロゴが表示されます。

正規認証ロゴが記載されていない製品は全く使えないというわけではありません。しかし、認証されていない製品では期待したパフォーマンスが得られない可能性があるばかりか、発火や機器の故障といったリスクがあることを念頭に入れておく必要があります。

正規認証ロゴが記載されたUSB-C変換アダプターは非認証のものと比べてやや高価であることが難点。しかし、パフォーマンスや安全性を重視する場合は可能なかぎり正規認証ロゴの貼られた製品を選ぶことをおすすめします。

ケーブルの長さをチェック

By: amazon.co.jp

USB-C変換アダプターに付属するケーブルにはさまざまな長さのものが存在。10cm程度の短いものから、1mを超える長いものまではもちろん、なかにはケーブルが省略されているものもあります。アダプターに付属するケーブルの長さは周辺機器を使用する環境に応じて選ぶとよいでしょう。

例えば、MacBookのようにUSB-Cポートが1基だけのパソコンでは、ケーブルが省略されているものでも比較的問題なく使えます。しかし、MacBook Proのように2基のポートが隣接しているパソコンで複数の周辺機器を使用する場合は、ケーブルにある程度の長さがないとアダプター同士が干渉し合って同時に接続できない場合もあるため注意が必要です。

また、使用したい周辺機器のケーブルが短い場合や、スマートフォンやパソコンの画面を少し離れた場所にあるテレビに映し出したい場合などは、1mや1.8mなどの長めのケーブルを搭載するUSB-C変換アダプターを選ぶことをおすすめします。

USB-C変換アダプターおすすめ|USB-A

ベルキン(belkin) USB-Cケーブル Type-C to Aアダプター USB-IF認証 14cm F2CU036BTBLK-A

メス側に従来のUSB規格であるUSB-Aポートを搭載したUSB-C変換アダプター。外付けHDDやSDカードリーダーなどのUSB-Aコネクタを搭載した周辺機器を、USB-Cポートを備えた最新のパソコンやスマートフォンでも活用できるのがメリットです。

本機はUSB-IFの正規認証である「SuperSpeed USB」を取得しているので、USB3.1 Gen1(USB3.0)規格の最大転送速度5Gbpsが利用できます。また、下位互換もあるので、USB2.0規格の古い周辺機器も使用可能です。

ケーブルの長さは14cmで、充電出力は1.5Aなのでスマートフォンの充電も可能。ドライバーのインストールは不要で、ポートに挿すだけですぐに使えます。

エレコム(ELECOM) USB-Cケーブル A-C 1m USB3.1Gen2 USB-IF認証 USB3-AC10NBK

片方にUSB-Aコネクタを搭載したUSB-C変換アダプター。本機はUSB-IFの正規認証である「SuperSpeed+ USB」を取得しているので、最新であるUSB3.1 Gen2規格の最大転送速度10Gbpsが利用できます。下位互換もあるのでUSB2.0やUSB3.0の機器も使用可能です。

また、最大5V/3Aとなる大電流の供給が可能なため、タブレットやパソコンの充電にも活用できるのも特徴。ケーブルの長さも1mあるので、コンセントが机の下など少し離れた場所にあってもストレスなく差し込めます。

耐久性が抜群なのも本機の魅力。難燃性の素材を採用するほか、ケーブル部分の3重シールドで外部ノイズを防いで安定した接続ができます。

USB-C変換アダプターおすすめ|Micro-B

エレコム(ELECOM) USB2.0 Type-C 変換アダプター typeC-microB TB-MBFCMADBK

メス側にmicroUSB Micro-Bポートを搭載したUSB-C変換アダプター。一世代前のスマートフォンやタブレット、デジタルカメラなどにmicroUSB Micro-Bコネクタはよく採用されていましたが、本機を使用すればそれらの機器を最新のパソコンでも接続できるようになります。

USB規格としてはUSB2.0に対応し、最大で480Mbpsの転送速度での接続が利用可能。また、最大5V/3Aの大電流の供給が可能なため、USB-Cポート搭載のタブレットもmicroUSB Micro-Bコネクタの古い充電器を使用して充電できます。本機にはケーブルはありませんが、その分コンパクトに使えるのも特徴です。

USB-C変換アダプターおすすめ|HDMI

ベルキン(belkin) USB-C to HDMI 変換アダプター USB-IF認証 14cm F2CU038btBLK

メス側にHDMIポートを搭載したUSB-C変換アダプターです。HDMIケーブルを介して接続するタイプのテレビや外付けディスプレイ、プロジェクターを使用する際におすすめ。

最大でシネマ4K(4096×2160)の解像度での出力が可能なことに加えて、フレームレートも最大で60Hzまで対応しているため、アクション映画やFPSゲームなどの高速な映像出力が要求されるコンテンツでも滑らかな映像で楽しめます。

さらに、保護コンテンツの再生用にHDCP2.2もサポート。iTunesビデオやNetflixの映像コンテンツも問題なく利用できます。また、HDR動画の出力にも対応しており、通常の映像よりも明暗のバランスが取れたダイナミックな映像を楽しむのにおすすめです。

USB-C変換アダプターおすすめ|VGA

ベルキン(belkin) USB-C to VGA 変換アダプター USB-IF認証 15cm F2CU037BTBLK-A

メス側にVGAポートを搭載した、ケーブルの長さが15cmのUSB-C変換アダプターです。VGAケーブルを介して接続するタイプのテレビや外付けディスプレイ、プロジェクターを使用する際におすすめ。

本機はUSB-IF認証を取得しているのでパフォーマンスや安全性は折り紙付きです。加えて、2年間のメーカー保証が付帯するため、長期に渡って安心して使い続けられます。

USB-C変換アダプターおすすめ|DVI

UGREEN USB C to DVI 変換アダプター 1m 40557A

DVIコネクタを搭載したUSB-C変換アダプター。アナログ信号での接続を行うVGAに続く形で、デジタル信号での接続を可能にしたのがDVIです。HDMIが世に出るまではデスクトップパソコン用の外付けディスプレイやプロジェクターなどに広く採用されていました。

DVI 24ポートを搭載する周辺機器を、最新のパソコンなどで使用したい場合に本機はおすすめ。最大フルHD(1920×1080)の解像度と60Hzのフレームレートに対応します。

ドライバー不要で挿すだけで簡単に接続が可能。ただし、DVI仕様の制限でオーディオ出力には対応していないため、音声出力もしたい場合は別途オーディオケーブルと外部スピーカーが必要です。

USB-C変換アダプターおすすめ|DisplayPort

RICOV USB-C – DisplayPort 変換ケーブル 4K60p対応 1.8m 50018

DisplayPortコネクタを搭載したUSB-C変換アダプター。DisplayPortはDVIの後継としてHDMIの対抗となる形で登場した映像インターフェースです。

現在ではUSB-CやHDMIが主流となっていますが、少し前の外付けディスプレイにはDisplayPortを採用した機種が存在していました。そういった映像出力機器をUSB-Cポートを備えた最新のパソコンなどで使用したい場合は本機がおすすめです。

最大で4K(3840×2160)の解像度と60Hzのフレームレートに対応するので、外付けディスプレイのパフォーマンスを最大限に発揮できます。1.8mのケーブルには3重シールドが採用されており、外部ノイズの干渉を受けにくいのも特徴です。

USB-C変換アダプターおすすめ|有線LAN(RJ-45)

ベルキン(belkin) USB-C to Gigabit Ethernetアダプター F2CU040BTBLK-A

メス側にGigabit Ethernetポートを搭載したUSB-C変換アダプター。備え付けのモデムやWi-FiルーターからLANケーブルを引っ張り、本機を介してパソコンのUSB-Cポートに接続することで有線でのインターネット接続が利用できるようになります。

旅行や出張で宿泊するホテルには無料Wi-Fiが用意されていることが多く、速度が遅い場合や接続が不安定な場合でも、本機を利用すれば接続環境を改善可能です。また、自宅で高画質なストリーミング動画やオンラインゲームを楽しむこともできます。

ケーブルの長さは15cmで本機はUSB-IFの正規認証を取得しているほか、2年間のメーカー保証が付くので安心して利用可能です。

USB-C変換アダプターおすすめ|マルチポート

DTG Type-C to HDMI 変換アダプター D-8

1つ3役が可能なマルチポートを搭載したUSB-C変換アダプターです。最新のiPad ProやMacBookなどのUSB-Cポートが一つしかない機器では、充電しながらほかの周辺機器を同時に使用できないのが悩みの種ですが、本機を使えば簡単に解決できます。

本機はUSB-Cポートに加えて、USB-Aポート(USB3.0)とHDMIポートを搭載。3つのポートは同時利用が可能なので、USB-Cポートで充電しながらHDMIポートから外部ディスプレイに映像出力ができるほか、USB-AポートにマウスやUSBメモリなど差して使用することもできます。

USB-Cポートは最大10Gbps、USB-Aポートは最大5Gbpsの転送速度が使用可能。HDMIポートは最大4K解像度での映像出力に対応しています。

Satechi USB-Cマルチポート Proハブ ST-CMBP

多彩なマルチポートを搭載したMacBook Pro専用のUSB-C変換アダプター。最新の2018年モデルも含めて2016年以降に発売されたMacBook Proに対応しており、隣接した2基のUSB-Cポートに接続する形で使用します。

本機には合計6基のポートが搭載。 内訳はUSB-Cポートが2基(内1基は5K映像の出力が可能)、USB3.0ポートが2基、最大4K30Hzの映像出力が可能なHDMIポートが1基、SDとmicroSDのカードスロットが各1基ずつ付属します。

性能面の優秀さだけではなく、デザイン面でもMacBook Proと統一感があるのも本機の魅力。強いこだわりでMacBook Proをとことん使い倒したい方におすすめです。

番外編:USB-A変換アダプターおすすめ|USB-C

aceyoon USB Aオス USB-Cメス アダプター 2点セット

これまでご紹介してきた商品とは真逆のコンセプトを持つもので、オス側にUSB-Aコネクタ、メス側にUSB-Cポートを搭載した変換アダプターです。MacBookなどのUSB-Cポートのみを搭載する機器を普段愛用している方は、周辺機器もUSB-C専用のものしか所有していない場合もあるでしょう。

そういったUSB-C周辺機器を、会社のパソコンなど従来のUSB-Aポートを備えた機器で使用したい場合は本機がおすすめ。最新のUSB3.1 Gen2技術を採用しており、最大10Gbpsの転送速度に対応するのが特徴です。

また、最大3Aまでの急速充電にも対応しているので、スマートフォンもタブレットもしっかりと充電できる性能を持ちます。