キャンブでの調理で焚き火台を活用する際に欠かせないのが「バーベキュー炭」。どれも似たり寄ったりのように見えますが、炭にはさまざまな種類があり、用途によって使い分けると、より充実したアウトドアライフを過ごすことができます。

そこで今回は、バーベキューで使う炭のおすすめ製品をご紹介。着火のしやすいさや火力の強弱、持続性、煙の発生量などが異なるので、興味がある方はぜひ使い比べてみてください。

バーベキュー用の炭の種類

黒炭

By: amazon.co.jp

黒炭は、ナラやクヌギなどの木材を専用の土窯で炭焼し、密閉鎮火して作られた木炭です。白炭に比べると火力は落ちますが、火がつけやすく扱いが簡単なところが特長です。バーベキュー用の炭のなかでも比較的リーズナブルで、ホームセンターなどで手軽に購入できるスタンダードな炭。

燃焼時間が短いため、適度に炭を加える必要がありますが、着火しやすいという点では初心者にもおすすめの炭です。また、材料にマングローブなどが使われている輸入の黒炭もあります。ホームセンターなどで、多く販売されているバーベキュー用のリーズナブルな炭です。大きさが不揃いで軽いのが特長。

着火しやすいところが魅力ですが、燃焼時間は短く煙の量が多い面もあります。とはいえ、価格がリーズナブルで手軽に購入できるので、炭を大量に購入しなけらばいけないときなどにおすすめです。

白炭(備長炭)

By: amazon.co.jp

白炭は木材を炭化させ、高い温度で焼成し灰をかけて冷却・消火して作る炭のことを指します。代表的なモノに備長炭があり、高級な炭として高級料亭でも使用されています。

火力が安定しており、黒炭に比べると燃焼時間がよいのが特長。長時間の火力維持が可能なので、料理に向いており、炭をつぎ足す回数が少なくて済むのもメリット。

また、着火後にはすぐに炭全体が赤くなり燃焼スピードも速いです。ただし、その分高価なモノが多く黒炭に比べると着火するのに少し手間がかかることも。炭の着火に慣れている方などにおすすめのバーベキュー炭です。

オガ炭(オガライト)

By: amazon.co.jp

おがくずを炭にした後に、粉砕して固めて加工したモノがオガ炭。四角形や六角形をしているのがほとんどで、比較的リーズナブルかつ高品質の炭です。

オガ炭は接着剤を使用していないので、臭いなどは気にする必要はありません。着火しにくいですが、火が長持ちしやすく、頻繁な炭の継ぎ足さしが不要なところが特長です。

なお、製品のなかには「オガ備長炭」なるモノもありますが、これは正確に言うと備長炭と同様のクオリティのオガ炭のことで、言い換えるなら“備長炭風のオガ炭”
のことです。

着火加工型成型炭

By: amazon.co.jp

名前の通り、着火加工がしてありライターで直接炭に火をつけることができます。火おこしから焼くまでを一気にできるので、手軽にバーベキューをしたい方におすすめです。

ただし、少し値段が高いことと、炭によっては粘着剤などの臭いが気になる場合があります。ハチの巣型やちくわ型など、形の種類がいくつかあるのが特長。初心者におおすすめのバーベキュー炭です。

炭の量って?

By: amazon.co.jp

バーベキューの炭を購入する際はどのくらいの量は必要なのかも気になるところ。一般的に炭は3㎏・5㎏・10㎏といった単位で売られているため、その基準を目安に購入します。

また、大人ひとりあたり1kg、1時間あたり1kgを目安に家族5人で3時間であれば4~5㎏位がおすすめ。ただし、あくまでも目安なので、コンロ数や炭の質などにより異なることもあります。バーベキューの途中で火が止まるのを避けたい方は、少し多めに購入するのがいいかもしれません。

炭の選び方

使用する場所で選ぶ

キャンプ場などの広い場所で使用する場合や、庭など狭い場所で使う場合など、バーベキュー炭を使う場所によってもおすすめのモノは異なります。

例えば、ホームセンターでよく販売されているマングローブ炭は、炭の継ぎ足しが頻繁に必要だったり炎や煙が多かったりします。そのため、庭先などの狭い場所では困ることも。

また、小さなお子さんのいるキャンプでは危険なこともあります。無難なのは、着火加工型成型炭や白炭(備長炭)など。いずれにしても、バーベキューをする際は使う場所に適した炭を選ぶのがおすすめです。

使用用途で選ぶ

バーベキューで食事をする際に食材を一気に焼きたいのか、夜などに火をつけてじっくり温まりたいのかなどによってもおすすめの炭は異なります。火をつける速さが欲しいのであれば、黒炭や着火加工型成型炭がおすすめ。黒炭や着火加工型成型炭は、着火しやすいのでバーベキュー初心者も扱いやすいです。

じっくりとした火を楽しみたい場合は、長時間燃え煙が少ない白炭がおすすめ。また、着火加工型成型炭は価格は高いことから、炭を追加する際は安い炭を使うなど、使い分けるのもアリです。

バーベキュー用炭のおすすめ

炭 岩手切炭 楢(なら)堅一級品

黒炭でも人気の銘柄であえる岩手切炭。火付きのよさから、誰にでも扱いやすいことが特長の炭です。木質のよい国産の”なら”の木で作られているのが魅力。バーベキューで焼き魚を楽しむ際におすすめです。新聞紙や木屑などで火起こしで簡単に火をおこせるおすすめのバーベキュー炭です。

しらおい木炭 15kg(ナラ・切り)北海道産

北海道から産地直送のしらおい木炭。炭を叩くと、土釜で焼き上げた炭ならではの金属音を味わえる黒炭です。白炭に劣らない火力の強さが特長。また、黒炭ですが煙やニオイが少ないのも魅力。

高い技術の製錬作業で焼き上げられているため、立ち消えなどもなく、最後の1個まできれいに使いきることのできるおすすめのバーベキュー炭です。

炭魂 大黒オガ備長炭 一級品

原料にオガ粉が使用されたバーベキュー炭。長時間燃焼することや室内の使用ができるところが特長です。煙が比較的に少なめなところもポイント。火付けに少し手間がかかるので、火おこし器などの器具や黒炭とのコンビで使用するのもアリです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オガ 備長炭

バーベキューコンロやアウトドアグッズのメーカー、キャプテンスタッグが販売しているオガ備長炭。リーズナブルで煙が少なく、火持ちがいいことが特長です。

2kgから販売しているので、少人数でのバーベキューなどにもおすすめ。値段ともに非常にコスパのいい商品です。オガ炭の特徴的でもある火付けには少し時間がかかりますが、気軽に使えるので、オガ炭の入門としてもおすすめです。

白炭 土佐備長炭 小丸2kg 無水洗 国産品

質の高いバーベキューをしたい方におすすめのバーベキュー炭である白炭。備長炭はバーベキューというよりは高級料理店や串屋、うなぎ屋などが使用しますが、バーベキューにも使用することができます。

備長炭は火のコントロールがしやすく、火持ちがいいので、大きな肉を焼くときやダッヂオーブンを使用するときなどに使うのにも向いています。ただし、重量があるのには考慮する必要あり。室内で使用する際は、1時間に3回程度換気をしましょう。

ハイブリッド備長BBQ炭

ライター1本で着火できるバーベキュー炭。手軽にバーベキューを楽しみたい方におすすめの製品です。この製品は、均一な円錐形になっており、火の調節などがしやすいところが魅力。

木材には環境にやさしいマングローブの粉炭が使われています。煙やニオイは少なめ。価格も比較的リーズナブルなおすすめのバーベキュー炭です。

ロゴス 固形燃料 エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4

円柱形に穴が空いたところが特徴的なバーベキュー炭。七輪などにも使えるサイズ感が魅です。着火剤が不要で約1分でバーベキューが開始でき、火力も十分なので手軽に楽しみ方におすすめ。ライターやマッチで着火できます。1つあれば、約4枚のステーキが焼ける能力もポイントです。