キャンブで焚き火台を活用する際に欠かせないのが「バーベキュー炭」。どれも似たものに見えますが、炭にはさまざまな種類があり、用途によって使い分けると、より充実したアウトドアライフを過ごすことができます。

そこで今回は、バーベキューで使う炭のおすすめ製品をご紹介。着火のしやすさや火力の強弱、持続性、煙の発生量などが異なるので、興味がある方はぜひ使い比べてみてください。

バーベキュー用の炭の種類

黒炭

By: amazon.co.jp

黒炭は、ナラやクヌギなどの木材を専用の土窯で炭焼し、密閉鎮火して作られた木炭です。白炭に比べると火力は落ちますが、火がつけやすく扱いが簡単なところが特徴。炭のなかでも比較的リーズナブルで、手軽に購入できるスタンダードなタイプです。

燃焼時間が短いため、適度に炭を加える必要がありますが、着火しやすいのが特徴。キャンプ初心者にもおすすめの炭です。なお、材料にマングローブなどが使われている輸入の黒炭は大きさが不揃いで軽いのが特徴。バーベキュー用としてホームセンターなどでも販売されています。

黒炭は着火しやすいのが魅力ですが、燃焼時間は短く、煙の量が多いので注意しましょう。価格がリーズナブルで手軽に購入できるため、炭を大量に使うバーベキューなどにおすすめです。

白炭(備長炭)

By: amazon.co.jp

白炭は木材を高い温度で焼き、灰をかけて冷却・消火した炭のこと。代表的なモノとしては高級料亭でも使用されている「備長炭」が有名です。

火力が安定しており、黒炭に比べると燃焼時間がよいのが特徴。長時間の火力維持が可能なので、料理に向いており、炭を継ぎ足す回数が少なくて済みます。

また、着火後にはすぐに炭全体が赤くなるため、燃焼スピードが速いのも魅力です。ただし、その分高価なモノが多く、黒炭に比べると着火するのに少し手間がかかることもあります。炭の着火に慣れている方におすすめのバーベキュー炭です。

オガ炭(オガライト)

By: amazon.co.jp

おがくずを炭にした後に、粉砕して固めて加工したモノ。形状は、四角形や六角形がほとんどで、比較的リーズナブルでありながら高品質の炭として知られています。

オガ炭は、成形する際に接着剤を使用していないので、臭いなどは気にする必要はありません。やや着火しにくいですが、火が長持ちしやすく、頻繁な炭の継ぎ足しが不要な点が魅力です。

なお、製品のなかには「オガ備長炭」というモノもありますが、正確には備長炭と同クオリティのオガ炭のことを指します。備長炭は使われていないので、その点は留意しておきましょう。

着火加工型成型炭

By: amazon.co.jp

その名の通り、着火加工がしてあり、ライターで直接炭に火をつけることができるタイプの炭。形状としてはハチの巣型やちくわ型など、種類がいくつかあるのが特徴です。

火おこしから焼くまでの時間が短いので、手軽にバーベキューをしたい方や火付けに慣れていない初心者におすすめ。なお、少し値段が高いことと、なかには粘着剤などの臭いが気になるモノもあるので、そうした点は注意しておきましょう。

炭の選び方

使用する場所で選ぶ

キャンプ場などの広い場所で使用する場合や、狭い場所で使う場合など、バーベキュー炭を使う場所によってもおすすめのモノは異なります。特に庭先などで使用する際は、煙の量に注意が必要です。

例えば、安価なマングローブ炭は、炭の継ぎ足しが頻繁に必要だったり、炎や煙が多かったりします。そのため、庭先などの狭い場所では使用する際に注意が必要です。

狭い場所に適した炭は、着火加工型成型炭や白炭(備長炭)などが挙げられます。また、風の強い場所でバーベキューをする際には、灰が飛び散りにくい炭を選ぶのがおすすめです。

使用用途で選ぶ

バーベキューで食事をする際に食材を一気に焼きたい場合や、夜などに火をつけてじっくり温まりたい場合など、シチュエーションや用途によってもおすすめの炭は異なります。

火をつける速さが欲しいのであれば、黒炭や着火加工型成型炭がおすすめ。黒炭や着火加工型成型炭は、着火しやすいのでバーベキュー初心者も扱いやすい傾向にあります。

じっくりとした火を楽しみたい場合は、長時間燃え煙が少ない白炭を使用しましょう。また、着火加工型成型炭は価格が高いことから、炭を追加する際は安い炭を使うなど、使い分けるのもおすすめです。

バーベキュー用炭のおすすめ

炭 岩手切炭 楢(なら)堅一級品

炭 岩手切炭 楢(なら)堅一級品

国産の良質な「ならの木」を材料に採用した黒炭のなかでも、職人が手作りした炭として人気のある「岩手切炭」です。容量は6kgと、大人数のバーベキューでおすすめの大容量。なお、黒炭はオガ炭や備長炭と比べると、火おこしは簡単なので初心者にも扱いやすいですが、燃焼時間は若干短くなります。

形や大きさが揃っているのもポイント。炭を組む際は縦に並べてやすく、倒れにくいのが特徴です。また、厚紙の袋に入っているのも魅力。袋の開け口を折りたたんでおけば湿気の侵入を防げるので、炭を長期間保存したい際にも便利です。

しらおい木炭 15kg ナラ・切り 北海道産

しらおい木炭 15kg ナラ・切り 北海道産

北海道の「大西林業」が製造する炭です。しおらい木炭は、火付きがよく火力も強い黒炭。徹底的に管理された精錬作業でじっくりと時間をかけて作られているため、白炭にも負けないレベルの火力と燃焼時間を実現しています。

炭の長さは30cm。キャンプやバーベキューなどアウトドアはもちろん、好みの長さにカットすれば火鉢や七輪でも活躍します。また、信頼の日本製であることもポイント。海外製の安価な木炭とは異なり、嫌な煙やニオイも少ないのが魅力です。

着火・火力・火持ち・煙やニオイなど、トータルバランスが優れているのもポイント。満足度の高い炭を探している方におすすめです。

炭魂 大黒オガ備長炭 一級品

炭魂 大黒オガ備長炭 一級品

原料にオガ粉を採用した炭。化学物質を一切使用しない製材所で製造しており、厳しく管理された生産工程を経ているので無添加自然材料の安全な製品です。

高火力で燃焼時間も長く、着火もしやすいのが特徴。着火するまでの時間は20分ほどで、火が回れば約2~3時間は火力を維持できます。

長持ちする火を利用して、バーベキューの後にそのまま焚き火として暖まるのもおすすめです。また、追加する炭も少なく済むため経済的なのもポイント。灰も少ないので、バーベキューの後片付けも簡単です。

白炭 土佐備長炭 小丸2kg 無水洗 国産品

白炭 土佐備長炭 小丸2kg 無水洗 国産品

約1300℃で木材を炭化させ、手間ひまかけて作られる最高級白炭です。信頼の国産品である土佐備長炭で、白炭ならではの抜群の火力と燃焼時間を発揮します。

備長炭なので火の調整がしやすいのが特徴。火持ちのよさを利用してかたまり肉やダッチオーブンをかける際など、調理時間が長くなりがちな場合におすすめです。

バーベキュー初心者で着火に不安があるのなら、「火おこし器」を使用すると便利。ただ、備長炭の場合はいきなり強火を当てると炭が割れて飛び散ることがあり大変危険なので、着火の際は注意しましょう。

また、木炭は燃焼すると一酸化炭素が発生します。換気には十分気を配って使用してください。

FUKAYA ハイブリッド備長BBQ炭

FUKAYA ハイブリッド備長BBQ炭

木材にマレーシア産の植林マングローブを採用したバーベキュー向けの炭。独特な成形によってきれいな円錐形に仕上がっているので、小型なので七輪や小さめのバーベキューコンロで使用する際におすすめです。

天然素材なので、石油などの燃焼促進剤を使っていないのがポイント。火おこしの際の嫌な刺激臭や煙が発生しません。また、炎も小さいため、食材を焦がすことなく、赤外線効果でじっくりと調理ができます。

ロゴス(LOGOS) 固形燃料 エコココロゴス ミニラウンドストーブ4

ロゴス(LOGOS) 固形燃料 エコココロゴス ミニラウンドストーブ4

ヤシガラを成形した炭です。ヤシガラを再利用して有効活用するため、エコな炭として注目されています。着火剤などを使わずとも、ライターやマッチで火をつければ即着火できるのがポイント。わずか1分でバーベキューの準備が整います。また、1個でステーキ4枚以上焼けるほどの高火力も魅力のひとつです。

サイズは約7.5×3.5cmと超小型なのも特徴。七輪や小型のバーベキューグリルでも使用しやすいため、少人数でバーベキューを楽しむ際におすすです。

山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション 厳選木炭

山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション 厳選木炭

材料にマングローブを採用した木炭です。1箱の容量は5kgで、4~7人ほどのバーベキューに適しています。5kg×4個セットで小分けされているので、使い切りしやすいのがポイント。また、持ち運びや保管も簡単です。

均一な形状で扱いやすい小丸タイプのマングローブ木炭を厳選しており、炭を組む際に便利。並べやすく火力の調整もしやすい炭です。

ウェーバー(weber) ブリケット 炭 5kg 17651

ウェーバー(weber) ブリケット 炭 5kg 17651

本格的なアメリカンバーベキューが楽しめるグリルを手がけている「ウェーバー」の炭。小さい石のような形状が特徴的で、「黒いダイヤモンド」とも呼ばれています。材料は良質なココナッツの殻。硫黄や化学薬品は一切使用されていないため、100%オーガニックな炭です。

均一な丸型の形状によって焼きムラの少ない調理が可能。また、着火もしやすく長時間高温度を保つためバーベキュー初心者にもおすすめです。

神鍋白炭 2.5kg 兵庫県産

神鍋白炭 2.5kg 兵庫県産

火持ちがよく、火力の調整がしやすい白炭です。容量は2.5kgと4人程度のバーベキューにおすすめ。間伐材を使用した着火剤がついているので、炭の扱いに慣れていない初心者にも使いやすい炭です。

神鍋白炭の特徴は、備長炭にも負けない強い火力。さらに、火持ちもよく長持ちするためコストも抑えられます。

なお、使用する際は一酸化炭素が発生するため、換気に十分注意してください。また、着火剤を大量に使用するなど一気に火をつけると、炭が割れて飛び散ることもあるので、その点も気をつけておきましょう。

阿波木炭 最高級 樫 6kg

阿波木炭 最高級 樫 6kg

木材に樫の木を使用した備長炭。職人が手間ひまかけて作った最高級の阿波木炭です。黒いススが出にくいのが特徴で、焼いている食材が黒くなりません。

火が上がりづらく安定しているので火力の調整もしやすく、食材をじっくりと調理する際にも便利。また、海外の輸入木炭などと比べると火力は3倍ほど長持ちするので、バーベキューの後に暖を取りたい場合にもおすすめです。

バンドック(BUNDOK) 焼肉屋 炭 5kg BD-396

バンドック(BUNDOK) 焼肉屋 炭 5kg BD-396

木炭の粉で成形した炭。安定した火力で火持ちがよいのが特徴です。燃焼時間は約3~4時間と長い火持ちが特徴ですが、着火に時間がかかるので注意する必要があります。調理する前には、着火にかける時間を確保しておきましょう。

サイズは25×21×16.5cmと、小さめなのも特徴。また、手で折ることも可能なので、名前のとおり小さめのバーベキューグリルで焼き肉を楽しむ際におすすめです。

バーベキュー用炭の火のおこし方

着火剤を使って火をおこす

固形の着火剤を使用して火をおこす際は、バーベキューの炭を「8の字かまど式」で組むのがポイント。炭を8の字の形に組んだら8の字の丸部分に着火剤を置いてライターで火をつけます。

着火して火を大きくなったところで炭を上に重ね、空気を送りながら火が全体に回るのを待ちましょう。炭全体が白っぽくなり中心に熾火ができていれば炭おこし成功です。

着火剤を使用せず火をおこす

着火剤を使用せずに火をつける際は、炭を立てて並べ、その中央にねじった新聞紙を投入しましょう。着火したら上に炭を重ね、空気を送りながら火が回るのを待ちます。

熾火ができて煙が出なくなれば炭おこし成功。また、炭の組み方としては、2本ずつ交互に積み重ねていく「井桁型」もおすすめです。

井桁式は、キャンプファイヤーでも用いられる組み方で、火が回りやすく初心者にも火をおこしやすい方法。ただし、火の回りがよすぎるので、燃焼時間が短めなのが難点です。8の字かまど式と用途によって使い分けることのがおすすめです。

火おこし器を使って火をおこす

もっとも手軽に火おこしする方法が火おこし器を使用する方法です。空気を効率的に循環させることで小さな炎でも簡単に火をおこせます。

火おこし器の中に炭を入れたら炭床に着火剤をセット。火をつければ短時間で火が全体に回るので、バーベキューグリルなどに移しましょう。

また、火消し壷など炭を消化しつつ保管もできる容器があればさらに便利。次回にバーベキューや焚き火を楽しむ際に再利用できます。