炭火でバーベキューを楽しむ際に、火おこしに時間がかかったり火加減の調整が難しかったりと大変な思いをした方も多いのではないでしょうか。「ガス式バーベキューコンロ」なら面倒な炭火おこしが不要で後片付けも簡単に行えるため、バーベキュー初心者におすすめのアイテムです。

ただし、ガス式バーベキューコンロは卓上型やスタンド型など、用途に合わせて選ぶ必要があります。そこで今回は、おすすめのガス式バーベキューコンロを紹介するとともに、ガス式と炭火式の違いについても解説するので参考にしてみてください。

ガス式バーベキューコンロとは?

By: amazon.co.jp

ガス式バーベキューコンロとは、燃料にカセットボンベとも呼ばれる「CB缶」や、屋外でも火力が安定しているLPガスの「OD缶」を使用する野外用のコンロです。炭を一切使用しないので、面倒な火おこしや後片付けは必要ありません。

主にガス缶を1つ使用する「シングルバーナータイプ」や2つ使用する「ツーバータイプ」に分かれます。また、形状は卓上型やスタンド型などの製品があり、各メーカーからさまざまな製品がリリースされているので利用シーンに合ったモデルを選びやすいバーベキューコンロです。

炭火とガス式の違い

炭を使用するバーベキューコンロは火おこしや火加減調整、後片付けに手間がかかります。そのため、炭の扱いに慣れていないバーベキュー初心者にはやや難易度の高いコンロです。ただし、炭火の遠赤外線効果によって食材をおいしく調理できるため、炭火タイプにこだわるという方も少なくありません。特にバーベキューの雰囲気をより楽しみたい中〜上級者に人気があるバーベキューコンロです。

一方のガス式は、ガス缶をセットするだけで簡単に調理できるのが最大の特徴です。炭を扱わないため、後片付けも簡単。バーベキュー初心者におすすめのバーベキューコンロです。

燃料のガス缶が調達しやすいことも魅力で、スーパー・コンビニ・ドラッグストアなどで手軽に入手できます。さらに、火加減の調整もしやすく食材にムラなく火を通せるので、誰にでもおいしい料理が楽しめるのも魅力です。

ガス式バーベキューコンロのおすすめメーカー

イワタニ(Iwatani)

By: amazon.co.jp

岩谷産業株式会社が手がけており、ガス式燃焼器具では国内トップクラスのシェアを誇るブランド。オレンジと白のおなじみのガス缶を使用した家庭用カセットコンロや、アウトドア用に設計されたガス式バーベキューコンロが人気です。

ラインナップもトップクラスのブランドならではの豊富さ。通常モデルに加えて焼き肉・たこ焼き・炉端焼き用など、さまざまなタイプがリリースされています。

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

コールマンは1900年にアメリカのオクラホマ州で創業されたアウトドアブランド。創業当初はガソリン式ランプの販売をおこなっていましたが、現在ではあらゆるアウトドア関連のアイテムを生み出しています。日本だけでなく世界中のアウトドア愛好家から支持されているアウトドア用品総合ブランドです。

バーベキューコンロにおいては、炭火式にくわえてガス式のモデルもリリースしており、特に「ロードトリップグリル」シリーズはアメリカンバーベキューの雰囲気が楽しめる製品として人気があります。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

https://www.amazon.co.jp/dp/B07DDBTHS3?tag=s02a3-22

By: amazon.co.jp

パール金属株式会社が手掛けるアウトドア用品総合ブランド。バーベキュー用品のほか、キャンプ用品・釣り・登山・カヌーなどのレジャー用品において4000以上もの製品をラインナップしているのが魅力です

コストパフォーマンスに優れたアイテムを多くリリースしていることから、多くのアウトドア好きに支持されています。低価格ながら使いやすいアウトドア用品が多く、ユーザーから高い評価を受けているブランドです。

ガス式バーベキューコンロのおすすめモデル

イワタニ(Iwatani) カセットフー マーベラスII CB-MVS-2

イワタニ(Iwatani) カセットフー マーベラスII CB-MVS-2

風が気になるアウトドアでの使用に適したガス式バーベキューコンロです。取り外し可能のトップカバーとバーナーの周りを囲む風防リングによる「ダブル風防ユニット」を採用しており、海辺のように風が強いシチュエーションにも対応できます。

また、バーナーには282個もの炎口を備えた「多孔式バーナー」を搭載。風に弱いガス式コンロの弱点を克服したモデルなので、炭火の扱いに自信が持てないバーベキュー初心者におすすめします。

ほかにも、手軽にさまざまな料理が楽しめる「イワタニアクセサリーシリーズ」と組み合わせられるのもポイント。焼き肉プレート・たこ焼きプレート・鉄板焼きプレート・焼き肉グリルなど、それぞれの料理に適したプレートを使い分けることで、アウトドアクッキングの幅が広がるモデルです。

イワタニ(Iwatani) カセットフー 風まる ブローケース入り CB-KZ-1-A

イワタニ(Iwatani) カセットフー 風まる ブローケース入り CB-KZ-1-A

徹底的に風をさえぎることにこだわって開発されたガス式バーベキューコンロです。外側と内側のダブル風防により、空気を通しても風は通さない2段階式のプロテクト構造を採用。ごとくの上に乗せる調理器具の大きさにかかわらず、しっかりと風の入り込みを防げます。

本製品はトップカバーのないタイプなので、テーブルを囲んで3~4人でバーベキューを楽しみたい場合におすすめです。また、専用のキャリングケースを付属しているのもポイント。すっきりと収納できるので持ち運びする際に便利です。

イワタニ(Iwatani) カセットフー アウトドアこんろ タフまる CB-ODX-1

イワタニ(Iwatani)  カセットフー アウトドアこんろ タフまる CB-ODX-1

「風まる」と同様、ダブル風防ユニットを搭載したガス式バーベキューコンロ。最大の特徴は優れた耐久性です。耐荷重は20㎏で、一般的なカセットコンロでは乗せられないダッチオーブンも12インチ(約30cm)までのタイプなら難なく使用できます。

ガス缶をカチッとセットするだけのカセットガスタイプなので、アウトドア初心者でも手軽に本格的なアウトドアクッキングを楽しめるおすすめモデルです。また、イワタニの純正アクセサリーを使用してさまざまな料理が楽しめるのもポイント。アウトドアクッキングの幅が広がります。

イワタニ(Iwatani) スモークレス焼肉グリル やきまる CB-SLG-1

イワタニ(Iwatani)  スモークレス焼肉グリル やきまる CB-SLG-1

手軽に焼き肉が楽しめるカセットガス式のバーベキューコンロ。幅303×高さ149×奥行278mmとコンパクトなサイズで、持ち運びや使い勝手が良好です。炭火をおこすのが面倒なときや、2~3人で手軽に焼き肉を楽しみたいときに重宝します。

本製品のおすすめポイントは煙の発生が少ないこと。焼き肉をおこなう際には大量の煙に悩まされることもありますが、「プレート温度の高温下防止」と「脂を水皿に落とす仕組み」により、煙の発生を抑えられます。室内でも焼き肉が楽しめるので、アウトドアと自宅の両方で活用したい方におすすめです。

イワタニ(Iwatani) 炉ばた焼器 炙りや CB-ABR-1

イワタニ(Iwatani)  炉ばた焼器 炙りや CB-ABR-1

七輪で楽しんでいるような「あぶり焼き」や「炉ばた焼き」が手軽に楽しめるガス式コンロです。網をはずしてステーを立てれば串焼きもできるので、アウトドアでの料理の幅がさらに広がります。

また、炭火とは異なりテントの中や自宅でも使用可能。通常タイプのガス式バーベキューコンロを持っている方の、2台目のガス式コンロとしてもおすすめします。

イワタニ(Iwatani) テーブルトップ型BBQグリル フラットツイングリル CB-TBG-1

イワタニ(Iwatani) テーブルトップ型BBQグリル フラットツイングリル CB-TBG-1

テーブルに直置きできるタイプのバーベキューコンロです。スタンド式で使用する一般的なツーバーナーコンロとは異なり、カセットガスを装着してもフラットになる独自構造を採用しています。

2つのコンロはそれぞれ独立しているので、2口カセットコンロとして使用できるのがおすすめポイント。さらに、グリルは取り外し可能なので、片方でグリルを楽しみながらもう片方で鍋を温めるなど、幅広い料理が可能です。

イワタニ(Iwatani) スタンド型BBQグリル グリルスター CB-SBG-1

イワタニ(Iwatani)  スタンド型BBQグリル グリルスター CB-SBG-1

イワタニのカセットガス式コンロのなかでも最上級のモデル。着脱式のスタンドを搭載しており、テーブルの直置きもできる2WAYタイプで、さまざまなシーンに対応できるバーベキューコンロです。重量は、スタンド式タイプとしては軽量な約13㎏。大型タイヤを採用したキャリーにより移動も簡単です。

火力をそれぞれ調整できる2つのグリルは、プレートを取り外せばゴトクとしても使用できるのがポイント。片方でとろ火調理をしながら、もう片方では強火でお肉を焼くなどの幅広いアウトドアクッキングが楽しめます。

また、卓上カセットコンロと同等の安全装置を搭載しており、初めて使用する方にも安心です。

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナーUS-1900 610305

ユニフレーム(UNIFLAME)  ツインバーナーUS-1900 610305

2本のCB缶を使用するツーバーナーガス式バーベキューコンロです。素材にアルミニウムとステンレスを採用しており、重さはわずか3.9㎏ほどと軽量。風防を折りたためばコンパクトに持ち運びできるので、女性におすすめのモデルです。

機能性にも優れており、カセットボンベを温めるパワーブースター(加湿器)を搭載。液化ガスの気化を促進するため、CB缶の弱点である低温下での出力ダウンを防止しています。

コールマン(Coleman) ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066

コールマン(Coleman)  ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066

5~6人での使用に最適なスタンド式のガス式バーベキューコンロです。アメリカンスタイルの本格的なバーベキューが楽しめます。火力は最高時約5000kcalと高火力。470g缶を2本使用した場合、約2~4時間の燃焼が可能です。

重量は約18㎏と重めですが、ホイールが付いているので移動も簡単。また、組み立てもワンタッチでセットできるので使い勝手も良好です。大型バーベキューグリルながら各パーツは取り外し可能なため、掃除やメンテナンスが苦手な方にもおすすめします。

コールマン(Coleman) ロードトリップグリル エクスカーション 2000027316

コールマン(Coleman) ロードトリップグリル エクスカーション 2000027316

LPガスのOD缶2本を使用するバーベキューコンロです。左右の火力はそれぞれ独立して調整可能なので、食材の火の通り方を見ながら微妙な火力の調整ができます。また、大型バーベキューコンロながら大型ホイールを搭載しており、移動や持ち運びが簡単です。

特に、駐車場からバーベキュー場所まで距離がある場合に重宝します。調味料や調理器具を置けるサイドテーブルを装備しているので、調理を快適に行えるのもメリットです。

コールマン(Coleman) パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド 2000021950

コールマン(Coleman)  パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド 2000021950

2本のOD缶を使用するLPガス式バーベキューコンロ。最大の特徴は圧倒的な高火力です。最大で7000kcalと、分厚い塊肉もすばやく焼き上げます。その抜群の火力から「一度使用したら炭火には戻れない」ともいわれており、炭火の扱いが苦手な人のみならず、ベテランキャンパーにもおすすめしたいモデルです。

また、背面の両サイドに備えたカバーが風の入り込みを防ぐため、燃料を無駄にせず効率的な燃焼を可能にしています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア ガスツーバーナーコンロ UF-0017

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア ガスツーバーナーコンロ UF-0017

左右独立式の2バーナーガス式バーベキューコンロです。最大の特徴は超薄型のスッキリしたボディ。収納時の高さはわずか80mmなので、車のちょっとした隙間へ収納したい場合に重宝します。また、本体裏側にはくぼんだ取っ手がついており、持ち運びの際にも便利です。

折りたたみできる脚がついているのも当モデルの特徴。地面に置いた際には、ロースタイルでのキャンプにちょうどよい高さになるのも魅力です。

チャーブロイル(Char-Broil) パティオビストロ 240 ガスバーベキューコンロ CB-002R

チャーブロイル(Char-Broil)  パティオビストロ 240 ガスバーベキューコンロ  CB-002R

1948年からバーベキュー用グリルを販売しているチャーブロイルのガス式バーベキューコンロ。大型のLPガスボンベを接続して使用するのが最大の特徴で、ガスの消費量を気にせずに大人数での本格的なアメリカンスタイルのバーベキューを楽しめます。

なお、使用する際にはガスボンベのほかに、圧力調整器やLPガス用ゴム管が必要になるので注意しておきましょう。