少人数から大人数まで、バーベキューを楽しむ際に必須である「バーベキューコンロ」。ガスを使用するタイプや炭を使用するタイプなど、仕組みや形もさまざまありますが、コールマンの製品は信頼性が高く、ラインナップも豊富です。

今回は、高性能で使いやすいコールマンのバーベキューコンロをご紹介します。お気に入りのバーベキューコンロを探してみてください。

コールマンのバーベキューコンロの特徴

By: amazon.co.jp

バーベキューコンロは大きく分けて、炭を使う「チャコール」式とガス式の2種類に分けられます。コールマンのバーベキューコンロはどちらも細かいところにも気を配り、ちょっとした場面にも役に立つ機能を備えているのが特徴です。

ラインナップも豊富で、目的に合わせて使い分けができます。たとえば、一部のチャコール式は焼き網の高さを自在に変更でき、全体の火加減を容易に調整可能です。また、炭を乗せる部位「ロストル」を引き出し式にしたことで、スムーズな炭の継ぎ足しを実現したバーベキューコンロもあります。

コールマンのバーベキューコンロは、かゆい所に手が届く嬉しい機能を備えた製品が豊富。自分に合った最適なバーベキューコンロを探してみましょう。

コールマンのバーベキューコンロの選び方

高さで選ぶ

設置が簡単な「卓上タイプ」

By: amazon.co.jp

卓上タイプのバーベキューコンロは、省スペースでの設置・使用が可能です。1〜3人程度の少人数で楽しみたい場合や、各自で好きなものを焼く「焼肉スタイル」で楽しみたい場合におすすめ。

軽量なモデルが多いため、軽自動車でも持ち運びしやすく、簡単に設置や収納が可能です。また、後片付けがしやすいのも特徴。女性だけで手軽にバーベキューを楽しみたい方にも向いています。

テーブルがなくても楽しめる「脚付きタイプ」

By: amazon.co.jp

脚付きタイプのバーベキューコンロは地面に直接設置できるため、テーブルがなくても使用可能な手軽さが特徴です。また、個別にテーブルから離して設置することで、小さい子供に配慮した使用も可能。

製品によっては高さを複数段階に調節できるものもあります。そのため、立ったまま楽しみたい場合や、アウトドアチェアとの組み合わせでゆったりとバーベキューを楽しみたい場合などさまざまな場面に対応可能。

また、脚をたたんでコンパクトに収納できるタイプも多いため、気軽さを求める方におすすめです。

焼き面積で選ぶ

By: amazon.co.jp

バーベキューコンロを使用する際、使用人数によって必要な面積も異なります。たとえば、2~3人程度の少人数の場合は30×20cm程度のサイズがおすすめ。5人程度でのバーベキューの場合は、一回り大きな40×30cmサイズあたりがよいでしょう。

さらに6人以上の大人数の場合、最低でも60×40cm以上のサイズを選ぶ必要があります。基本的にコールマンのバーベキューコンロは目安人数が記載されているため、参考にしてみましょう。

人数に対して大きすぎるバーベキューコンロを用意した場合、片付けの手間が余分にかかってしまいます。また、ガスや炭などの燃料を余分に消費してしまうため、なるべくちょうどよいサイズを選ぶよう心がけてください。

コールマンのバーベキューコンロおすすめモデル

コールマン(Coleman) クールステージテーブルトップグリル

コールマン(Coleman) クールステージテーブルトップグリル

2〜4人で使用するのにちょうどよい、焼き面積が約22.5×34.5cmのコンパクトなチャコール式バーベキューコンロです。炭を使用している最中も底面が熱くなりづらいため、卓上で使用するのに向いています。

また、炭を入れる部分は周囲のメッシュ部分から独立しているため、取り外しが可能。炭の処理など、後片付けがとても簡単にできます。

そのほか、本体重量は約2.5kgと軽量で持ち運びもスムーズ。携行性に優れているため、女性や年配の方も気軽に使用できるのが魅力のひとつです。

コールマン(Coleman) クールスパイダーステンレスグリル

コールマン(Coleman) クールスパイダーステンレスグリル

安価で入手できる上に、シンプルな構造で手軽にバーベキューを楽しめるチャコール式バーベキューコンロです。焼き面積は約30×45cmで、3〜5人程度のバーベキューに向いています。

本製品は全体にステンレス製を採用。耐久性に優れているだけでなく、シルバーは見た目も美しいためスタイリッシュさを求める方にもおすすめです。

また、炭の交換や補給を簡単に実施できる「引き出し式ロストル」を搭載。ハイスタイル・ロースタイルの2段階で高さ調節が可能で、立ったまま調理したりアウトドアチェアと組み合わせて使用したりとさまざまな場面に活用できるおすすめのバーベキューコンロです。

コールマン(Coleman) クールスパイダーステンレスグリルグランデ

コールマン(Coleman) クールスパイダーステンレスグリルグランデ

必要に応じてハイ・ローの2段階の高さ調節が可能な脚付きタイプのバーベキューコンロです。本製品は炭の出し入れが簡単な「引き出し式ロストル」を搭載。火加減の調整や炭の交換がとてもスムーズにおこなえます。

また、ステンレス製メッシュボディにより通気性がよく、炭の燃焼効率がよいのも特徴です。焼き面積が約38×68cmと広いため、半面を鉄板にして焼きそばなどを調理しつつ隣の網で焼肉を楽しむことも可能。

さらに、全体がステンレスで作られているため耐久性が高く、長期間愛用できます。コンパクトに収納できるため持ち運びも便利。6人以上の大人数でバーベキューを楽しみたい方におすすめです。

コールマン(Coleman) クールスパイダープロ

コールマン(Coleman) クールスパイダープロ

耐久性のあるステンレスを使用し、長く愛用できるチャコール式バーベキューコンロです。食材や焼き加減によって焼網の高さを3〜10cmの間で4段階変更が可能。これにより燃料を炭としながらも火力の調整が自由自在に行えます。

焼き面積は約30×45cmなので、3〜5人でのバーベキューシーンにおすすめ。また、炭の補充・交換がしやすい「引き出し式ロストル」を搭載しており、長時間バーベキューを楽しみたい方におすすめです。

コールマン(Coleman) クールステージツーウェイグリル

コールマン(Coleman) クールステージツーウェイグリル

ハイ・ローの2段階で高さ調節が可能な脚付きであることに加え、卓上タイプにも切り替えできるコールマンの「ツーウェイグリル」タイプです。通気性のよいステンレス製メッシュボティによって火力を維持しやすく、底面に熱が伝わりづらいため木製テーブルでも安心。

焼面サイズは約30×45cmなので3〜5人での使用に適しています。また、脚をたたんでコンパクトに収納できるため、軽自動車でも難なく運搬可能。気軽にバーベキューを楽しみたい方におすすめです。

コールマン(Coleman) パックアウェイグリルⅡ

コールマン(Coleman) パックアウェイグリルⅡ

丸い形状を活かした入れ子式の収納が特徴のコンパクトなバーベキューコンロです。デザインとカラーもおしゃれに作られているのが特徴。専用ケースに入れてハンドバッグのように持ち運べます。

炭を乗せるチャコールトレイと下部に大きめの隙間があるため、卓上でも使用可能。焼面サイズは直径約28cmと2〜3人程度の少人数で使用する場合におすすめです。

そのほか、パーツが少ないため、後片付けも簡単にできるのもポイント。価格も安価なため、バーベキューコンロのほかに焚き火台として1つ用意したい時にもおすすめです。

コールマン(Coleman) パワーハウスLPツーバーナーストーブ2

コールマン(Coleman) パワーハウスLPツーバーナーストーブ2

折りたたんでコンパクトに収納できる、ツーバーナーのガス式バーベキューコンロです。キャリーハンドルが付属していて片手でもスムーズに持ち運びできます。

本製品は2口のガスコンロを搭載し、最大火力はそれぞれ約3500kcalと大火力。フタは取り外し可能なため、大きめの鉄板や鍋にも対応可能です。焼肉はもちろん、炒め料理や煮物にもおすすめ。

また、風を遮る風防も付属しているため耐風性に優れ、アウトドアシーンで安定した火力を求める方にもおすすめです。さらに、火力の微調整がしやすく、調整はツマミを回すだけなので操作性も抜群。脚付きですが、底面から設置面までの距離があるため卓上でも使用可能です。

コールマン(Coleman) ロードトリップグリルLXE-J

コールマン(Coleman) ロードトリップグリルLXE-J

脚付きタイプのガス式バーベキューコンロ。使用時の高さは112.5cmで、テーブルから少し離れたところで立ったまま調理したいときにおすすめです。

本製品は約2500kcalの高火力コンロを2口搭載。焼き台とフタは耐摩耗性・耐腐食性に優れた「ホーロー加工」を施しています。そのため、フタを閉めればオーブンやピザ窯としても使えるのが魅力です。

また、着火は点火ボタンを押すだけととても簡単。ツマミがついているため、火力調整も自由自在です。さらに、サイドテーブルとアクセサリホルダーを備えているため、焼き上がり時の盛り付けやトングなどの調理器具も使用しやすくなっています。そのほか、ホイールとハンドルを備えているので、移動がスムーズにおこなえるのも魅力です。